研究者総覧

吉田 伸治Yoshida Shinjiヨシダ シンジ

所属部署名研究院生活環境科学系住環境学領域
職名准教授
Last Updated :2022/10/06

researchmap

プロフィール情報

  • 吉田, ヨシダ
  • 伸治, シンジ

学位

  • 博士(工学), 東京大学

研究キーワード

  • 都市・建築環境
  • urban and building environmental engineering

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災), 建築環境、建築設備

経歴

  • 2016年04月, 9999年, 奈良女子大学, 生活環境科学系, 准教授, 日本国
  • 2005年10月, 2016年03月, 福井大学 工学研究科 都市建築設計, 准教授, 日本国
  • 2001年10月, 2004年12月, 福井大学, 工学部, 講師
  • 2000年01月, 2001年10月, 日本学術振興会特別研究員

学歴

  • 2001年, 東京大学, 工学系研究科, 建築学専攻, 日本国
  • 2001年, 東京大学, Graduate School, Division of Engineering, Department of Architecture
  • 1996年, 新潟大学, 工学部, 建設学科, 日本国
  • 1996年, 新潟大学, Faculty of Engineering, Department of Civil Engineering and Architecture

所属学協会

  • 空気調和・衛生工学会, 1997年04月, 9999年
  • 日本建築学会, 1996年04月, 9999年
  • 人間ー生活環境系学会, 2017年04月, 9999年

Ⅱ.研究活動実績

論文

  • 査読あり, 英語, Building Simulation, Evaluation of effects of windows installed with near-infrared rays retro-reflective film on thermal environment in outdoor spaces using CFD analysis coupled with radiant computation, Shinji YOSHIDA; Akashi MOCHIDA, 2018年10月, 11, 5, 1053, 1066, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, Proceedings of the 8th Japanese-German Meeting on Urban Climatology, Effects of windows with near-infrared-ray retro-reflective film on outdoor thermal environment in a three-dimensional cubic cavity-type street canyon, Shinji Yoshida; Akashi Mochida; Tatsuya Harima; Taro Omura; Tsutomu Nagahama, 8th Japanese-German Meeting on Urban Climatology
    2017年3月25日~29日
    神戸大学, 2017年03月25日, 289, 294, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 査読あり, 英語, FOURTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON COUNTERMEASURES TO URBAN HEAT ISLAND, (UHI 2016), Numerical Analysis of the Effects of Windows with Heat Ray Retro-Reflective Film on the Outdoor Thermal Environment within a Two-Dimensional Square Cavity-Type Street Canyon, Shinji Yoshida; Saori Yumino; Taiki Uchida; Akashi Mochida, This study aimed to investigate the effects of installing windows with heat ray retro-reflective film for their impact on thermal environments within two-dimensional square cavity-type street canyons. The numerical analysis was conducted under the meteorological conditions of a particular hot summer in Tokyo using a computational method proposed by the present authors. The computational method was based on computational fluid dynamics (CFD) analysis coupled with radiant computation, unsteady heat conduct computation, and human thermoregulation computation for pedestrians. Two different types of windows installed in the western building surface were compared: (1) single float glass with a heat ray retro-reflective film, and (2) single float glass with heat shading film. Through comparison, it was clarified that adopting the heat ray retro-reflective film on the building surface improved the radiant and the outdoor thermal environment during the summer. (C) 2016 The Authors. Published by Elsevier Ltd., 2016年, 169, 169, 384, 391, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 査読あり, 英語, Proceedings of the 9th International Conference on Urban Climate (ICUC9), An evaluation of the effects of heat ray-reflective film on the outdoor thermal environment using a radiant analysis method, Shinji YOSHIDA; Saori YUMINO; Akashi MOCHIDA; Taiki UCHIDA, July 20-24, 2015
    Toulouse, France, 2015年07月20日, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 査読あり, 英語, Proceedings of the 9th International Conference on Urban Climate (ICUC9), Guidelines and evaluation tools for heat island countermeasures for several cities in Japan and other East Asian countries, Shinji YOSHIDA; Taiki SATO; Hideki TAKEBAYASHI; Takahiro TANAKA; Akashi MOCHIDA; Ryozo OOKA; Ryuichiro YOSHIE; Qiong LI, July 20-24, 2015
    Toulouse, France, 2015年07月20日, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 査読あり, その他, 日本建築学会技術報告集, 東アジア・日本の諸都市のヒートアイランド対策ガイドラインと評価ツールの比較に関する研究, 東アジア諸都市のヒートアイランド対策ガイドライン検討ワーキンググループ(WG構成員:吉田伸治, 佐藤大樹, 竹林英樹, 田中貴宏, 持田灯, 大岡龍三, 義江龍一郎, 李瓊), 2015年02月, 21, 47, 199, 204, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, Journal of heat island institute international, Effect of windows with heat ray retro-reflective film on outdoor thermal environment and building cooling load, Shinji YOSHIDA; Saori YUMINO; Taiki UCHIDA; Akashi MOCHIDA, 2015年02月, 9, 2, 67, 72, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読無し, 英語, Proc. 9th International Conference of Urban Climate, Countermeasure guidelines and evaluation tools against heat island phenomena for several cities in Japan and East Asia, Yoshida Shinji; Sato Taiki; Takebayashi Hideki; Tanaka Takahiro; Mochida Akashi; Ooka Ryozo; Yoshie Ryuichiro; Li Qiong, 2015年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 査読あり, 日本語, 空気調和・衛生工学会 論文集, 公益社団法人 空気調和・衛生工学会, 人体各部の投影面積率を用いた室内空間における人体の放射受熱量評価に関する研究 : 第2報-部位別放射受熱量の算出と不均一放射環境の評価への適用, 佐藤 大樹; 大黒 雅之; 吉田 伸治, 人体各部の投影面積率を用いて,計算負荷が小さく,かつ部位別の評価が行える人体の放射解析手法を提案する。第1報での壁面と人体各部との形態係数算出に続き,本報では,壁面からの部位別放射受熱量の算出方法を示す。また,本手法は,部位間の形態係数を事前に用意することで,人体の他部位からの放射熱を含む部位別の総放射受熱量の算出まで拡張可能であることも示す。さらに,部位別の投影面積率の導入や椅子等による壁面からの放射熱伝達の遮蔽の考慮等,提案する一連の手法が,人体の放射受熱量の評価に及ぼす効果について考察を行うと共に,姿勢,体型,向きの異なる人体を多数配置した解析を行い,室内空間の放射環境の把握に適用した例を示す。, 2015年, 40, 214, 9, 17
  • 査読あり, 日本語, 空気調和・衛生工学会 論文集, 公益社団法人 空気調和・衛生工学会, 人体各部の投影面積率を用いた室内空間における人体の放射受熱量評価に関する研究 : 第1報-人体形状モデルによる投影面積率算出と至近距離壁面との形態係数評価, 佐藤 大樹; 大黒 雅之; 吉田 伸治, 不均一放射環境が予想される室内空間の計画では,特定の人配置を想定した人体各部の放射熱伝達量の詳細評価と同時に,人を多数配置した解析により広く分布としての空間の熱放射特性の評価も必要となる。そこで,投影面積率を用いた人体全身の形態係数計算手法を人体部位別の形態係数計算に拡張し,多くの人配置でも部位別の評価が可能な計算負荷の小さい人体の放射解析手法を提案する。本報ではまず,本手法の前提となる部位別投影面積率を人体形状モデルから取得する方法を示す。そして,投影面積率による方法では予測誤差が大きくなる人と壁面の距離が小さい場合でも,部位分割することで大幅に予測精度が向上し室内空間へ適用可能となることを示す。, 2014年, 39, 202, 1, 9
  • 査読あり, 英語, Proceedings of 8th Windsor Conference: Counting the Cost of Comfort in a changing world, Study on Evaluation of Effects of Inhomogeneous Radiant Environment for Pedestrian in Summer Season using a Coupled Numerical Simulation based on CFD Analysis, 吉田 伸治; Taiki Sato; Masayuki Oguro, 2014年, W14064
  • 査読あり, 日本語, 日本建築学会環境系論文集, 多分割人体体温調節モデルと連成したCFD解析に基づく不均一屋外温熱環境評価に関する研究(その1) 人体を覆う仮想球を覆う屋外空間の不均一放射環境の分析, 吉田 伸治; 佐藤 大樹; 大黒 雅之, In this paper, we propose a new calculation method for evaluating the inhomogeneous outdoor thermal environment by incorporating a multi-node human thermoregulation model into the simulation method based on CFD analysis of the outdoor thermal environment. We also investigated the effects of weather conditions on the inhomogeneity of the radiant environment for pedestrians using the proposed calculation method. Two different weather condition cases are investigated in this study: (1) a scorching hot day and (2) a cloudy day. The analysis confirmed the effectiveness of the proposed method in the evaluation of the inhomogeneity of the radiant environment in outdoor space., 2014年, 79, 705, 967, 977, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, Visualization in Engineering, A heatstroke prediction and prevention system for outdoor construction workes, Nobuyuki Yabuki; Takuya Onoue; Tomohiro Fukuda; 吉田 伸治, 2013年, 2013, 1, 11, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読無し, 日本語, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 社団法人日本建築学会, 40463 数値気候モデルMM5を用いた北陸地方の局地気候解析に関する研究(その3) : 北陸地方各都市の冬季の局地気候分析(メリスケールシミュレーション,環境工学I), 井上 理史; 吉田 伸治; 大岡 龍三; 川本 陽一, 2010年07月20日, 2010, 951, 952
  • 査読あり, その他, 土木情報利用技術論文集, VRアバターを用いた屋外温熱環境の仮想体験に関する研究, 尾上 拓也; 矢吹 信喜; 吉田 伸治; 福田 知弘, 2010年, 19, 193, 200
  • 査読無し, 日本語, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 社団法人日本建築学会, 40318 数値気候モデルMM5を用いた北陸地方の局地気候分析に関する研究(その2) : 福井平野内の都市化地域の差異が夏季局地気候に与える影響(メソ気象モデル(MM5・WRF),環境工学I), 竹内 結; 吉田 伸治; 大岡 龍三; 川本 陽一, 2009年07月20日, 2009, 687, 688
  • 査読無し, 日本語, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 社団法人日本建築学会, 40317 数値気候モデルMM5を用いた北陸地方の局地気候解析に関する研究(その1) : 北陸地方各都市の夏季の局地気候分析(メソ気象モデル(MM5・WRF),環境工学I), 井上 理史; 竹内 結; 吉田 伸治; 大岡 龍三; 川本 陽一, 2009年07月20日, 2009, 685, 686
  • 査読無し, 日本語, 日本建築学会北陸支部研究報告集, 社団法人日本建築学会, 4-17 数値気候モデルMM5を用いた福井地方の局地気候解析(環境系), 竹内 結; 吉田 伸治; 大岡 龍三; 川本 陽一, 数値気候モデル(MM5)を用いて福井地方の局地気候解析を行い、福井平野における都市化が地域の気候に及ぼす影響を分析した。この分析では福井平野内における水田を建物用地化させる地域の差異による影響に着目した。解析の結果、夏季日中においては福井市の風上にあたる平野北部地域の都市化の方が、南部地域の都市化と比べ熱環境悪化のリスクが大きいことが確かめられた。, 2009年07月12日, 52, 259, 262
  • 査読あり, 英語, JOURNAL OF WIND ENGINEERING AND INDUSTRIAL AERODYNAMICS, Analysis of regional characteristics of the atmospheric heat balance in the Tokyo metropolitan area in summer, Taiki Sato; Shuzo Murakami; Ryozo Ooka; Shinji Yoshida, The heat island phenomenon in the Tokyo metropolitan area has spread ever more widely, and it is now too wide to treat as a single regional phenomenon. In this paper, the authors have analyzed the climate on an urban scale in summer, and compared the regional characteristics of the atmospheric heat balance at the center of Tokyo, an inland satellite city, and a satellite city on the other side of Tokyo Bay, using a computational fluid dynamics (CFD) simulation. From the results of the analysis, the authors quantitatively demonstrate the mechanism of diurnal change in air temperature and absolute humidity in these areas, focusing on the heat balance. While the sea breeze prevents the air temperature from increasing in the center of Tokyo, it is less effective as a heat sink in leeward areas, such as the inland satellite city. At the satellite city on the other side of Tokyo Bay, the horizontal wind has some influence on the climate. Additionally, the authors tried to classify the regional characteristic of air temperatures by average air temperature and diurnal range. (c) 2008 Published by Elsevier Ltd., 2008年10月, 96, 10-11, 1640, 1654, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 日本語, 住宅総合研究財団研究論文集, 戸建住宅団地内の夏季暑熱環境緩和のための最適設計に関する研究, 吉田 伸治; 大岡 龍三; 陳 宏, 2007年, 33, 369, 380, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 日本語, 日本建築学会環境系論文集, 日本建築学会, 樹木の成長、樹種の違いが樹冠の葉面積密度・光学的深さに及ぼす影響, 実測に基づく街路樹の日射遮蔽効果の評価手法に関する研究, 吉田 伸治; 中井敦; 大岡 龍三, Planting of trees is the most useful technique to ease the outdoor thermal environment in summer. This paper describes a method to evaluate the shading effect of street tree on solar radiation based on field observation. In former part of this paper, the method to estimate parameters for evaluating the shading effect of tree crown on solar radiation is described. Using data from field observations of the amount of global solar radiation, solar radiant transmittance of tree crown, and sky view factor, we estimate leaf area density, optical length, and 'ak', that is the product of leaf area density and extinction coefficient, in this study. In the latter part of this paper, the authors evaluate the 'ak' of street trees in Fukui city, and examine the disposition of leaves in tree crown by the data from field observations of azimuth of leaves, inclination of leaves, and tree height. By these examinations, it is clarified that 'ak' is affected by tree species and growth of street tree., 2006年, 71, 605, 103, 110, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 日本語, 日本建築学会環境系論文集, 日本建築学会, 都市キャノピーモデルを組み込んだメソスケールモデルによる関東地方の都市気候解析, 原山 和也; 大岡 龍三; 村上 周三; 吉田 伸治; 瀬戸島 政博; 近藤 裕昭, Three-dimensional meteorological meso-scale model is often used to solve the mechanism of urban heat island. On the meso-scale analysis, one-dimensional heat balance model is used mainly as ground boundary conditions. However it is necessary to include the effects of building canopy exactly in order to analyze thermal environment at pedestrian level in urban area. On the other hand, one-dimensional urban canopy model is also used commonly to analyze urban climate. This model can predict thermal environment at pedestrian level easily. However it is impossible to analyze three-dimensional property of climate including effects of advection and diffusion by this model due to the assumption of horizontally homogeneous flow and temperature field. In this paper, meteorological meso-scale model is incorporated with the urban canopy model as the boundary conditions. The 3D detailed digital map information is utilized for representing the building canopy model. The urban thermal environment in Tokyo metropolitan area is analyzed by means of this new method proposed here and the structure of urban heat island is clarified., 2005年, 592, 75-82, 75, 82, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 日本語, 日本建築学会環境系論文集, 日本建築学会, 室内空気のスギ花粉個数濃度とアレルゲン(Cry j1)濃度について スギ花粉による室内空気汚染の防止に関する研究 (1), 大橋 えり; 吉田 伸治; 大岡 龍三; 宮沢 博, The concentration of airborne cedar pollen particles and the level of cedar pollen allergen (Cry j1) were measured in a Japanese private house. The samples were collected with gravitational settlement method and also with an 8stage-type Andersen sampler. During March through the beginning of April, the concentration of cedar pollen was 1.5〜0.5 grains/m^3 in 2003, and 0.4〜0.3 grains/m^3 in 2004. The allergen Cry j1 concentration was 8.0〜1.8pg/m^3 in 2003, and bellow 1.6pg/m^3 in 2004. From the comparison of the particulate count of cedar pollen and cedar pollen allergen level in each height of gravitational settle plate position, we reached the conclusion that there existed allergen particles with much smaller in size and different in shape in the air besides the ordinary cedar pollen. The calculation shows that each ordinary indoor cedar pollen particle has 6pg of Cry j1 respectively., 2005年, 594, 39-44, 39, 43, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 日本語, 日本建築学会環境系論文集, 日本建築学会, ヒートアイランド緩和方策が夏季と冬季の都市熱環境へ及ぼす影響の数値解析 夏季・冬季の都市気候特性の分析及び緑化と高アルベド化の効果の検討, 佐藤 大樹; 村上 周三; 大岡 龍三; 吉田 伸治; 原山 和也; 近藤 裕昭, Various Countermeasures against urban heat island in the summer season have been proposed such as greening and high albedo surface etc. However, the effects of these countermeasures in winter season have not yet clarified. In order to evaluate the effects of countermeasures, it is necessary to make clear the impacts of these countermeasures in each season. In this paper, the authors have simulated the urban scale climate in summer and winter. The structure of thermal environment in each season was analyzed based on an "Urban Heat-Balance Model". In this analysis, the mechanism of diurnal changes of air temperature and absolute humidity was examined. Furthermore, the environmental influence by greening and high albedo surface was analyzed in each season. In the summer season, these countermeasures have great impact on urban thermal environment. On the other hand, although high albedo surface reduces temperature, there are less impact in the winter season., 2004年, 577, 577, 55, 62, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 日本語, 日本建築学会環境系論文集, 日本建築学会, 都市の熱代謝モデルの提案と緑化に係わる熱収支分析 都市気候モデルに基づく東京の都市熱環境の分析, 大岡 龍三; 吉田 伸治; 村上 周三; 佐々木 澄; 持田 灯; 吉野 博, Various scenarios on urban planning have been proposed to minimize the impacts of urbanization on urban climate. Among them, replanting at the urbanized area such as roof planting is the most popular measure used, and major cities have actually introduced programs to promote the urban tree planting. The method of tree planting surely decreases air temperature, but an increase in air humidity has subsequently occurred. Thus, these two aspects should be considered simultaneously in order to evaluate the effects of urban planting. A new concept for evaluating the countermeasure for heat island, which considers the generation and transports of sensible heat and latent heat within urban region, is proposed as "Urban Thermal Metabolism model" in this paper. The impact of urban tree planting on urban climate in Tokyo is quantitatively evaluated based on this model., 2004年, 69, 579, 73, 80, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 日本語, 日本建築学会環境系論文集, 日本建築学会, 都市の熱収支モデルを用いた夏季の東京首都圏における大気熱収支構造の地域性の比較, 佐藤 大樹; 村上 周三; 大岡 龍三; 吉田 伸治, Heat island phenomena in Tokyo metropolitan area has spread more and more widely. The characteristics of this heat island phenomena are different for each regional area. Therefore, it is necessary to examine the atmospheric heat balance in more detail for each regional area. In this paper, the authors have simulated urban scale climate for Tokyo metropolitan area in summer, and compared the regional characteristic of atmospheric heat balance at the center of Tokyo, the southern part of Saitama, and Ichihara city, based on an "Urban Heat Balance Model". From the results of simulation and observation data, the sea breeze has great impacts on the climate at the center of Tokyo. The effect of sea breeze on the southern part of Saittama is not strong. At Ichihara city, the wind from windward side has some affect on the climate of this area. Additionally, the authors tried to classify the regional characteristic of air temperature by average temperature and diurnal range., 2004年, 69, 586, 61, 68, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 日本語, 第17回風工学シンポジウム論文集, 都市の対流・放射環境を評価するための新しい指標NCROの提案, 原山 和也; 大岡 龍三; 吉田 伸治; 村上 周三, 2002年12月, 17, 77, 82, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 日本語, 日本建築学会計画系論文集, 日本建築学会, 団地内キャニオン空間内における夏期の屋外温熱環境の実測, 吉田 伸治; 村上 周三; 成田 健一; 高橋 岳生; 大岡 龍三; 持田 灯; 富永 禎秀, The authors have carried out the field measurement of outdoor thermal environment in summer in order to collect the measured data of outdoor thermal environment for evaluating the prediction accuracy of a method developed by the authors to assess the outdoor climate with the aid of CFD (Computational Fluid Dynamics). Spatial distributions of wind velocity, temperature, humidity and radiation are measured within courtyard canyon space around apartment complex located in Tokyo. The values of physical parameters which affect outdoor thermal environment, such as albedo, convective heat transfer. moisture availability, leaf area density and so on, are estimated from the results of this measurement. It is also clarified that the effects of tree planting on outdoor thermal and wind climates., 2002年, 67, 552, 69, 76, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 日本語, 日本建築学会計画系論文集, 日本建築学会, 数値モデルによる計算結果と観測データを併用した都市スケールの気候解析, 竹林 英樹; 森山 正和; 村上 周三; 大岡 龍三; 持田 灯; 芝池 英樹; 吉田 伸治, Regional climate in Kinki district is analyzed by numerical prediction tool based on Mellor-Yamada model. In order to clarify the characteristics of the overall regional climate, the method of using and compensating the calculation result and the observation result together is examined. Since the nesting technique is used, in the target area, the calculation result and the observation result are adjusted. By considering the distribution of air temperature and wind vector obtained by the calculation and by the observation, the recommendation to urban and building planning can be proposed., 2002年, 67, 556, 63, 68, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 日本語, 日本建築学会計画系論文集, 日本建築学会, 非定常な対流・放射・伝導を考慮した3次元の屋外温熱環境予測手法の開発 第1報 非定常放射・伝導解析による数値解析と精度検証, 原山 和也; 吉田 伸治; 大岡 龍三; 持田 灯; 村上 周三, The purpose of this research is to develop a prediction method of outdoor thermal environment based on unsteady coupled simulation of convection, radiation and conduction. The prediction method of outdoor thermal environment has been already Proposed by the authors based on the steady coupled simulation. However the method based on steady state simulation is obviously insufficient for predicting thermal environment since the heat storage effect of solid material cannot be considered. This paper consists of two parts. In the first part, the unsteady radiation and conduction analysis method is introduced and the heat storage effect of solid material is numerically investigated for simple building model using this method. In the latter part, accuracy of the prediction method developed here is examined by comparing its results with the field measurement data., 2002年, 67, 556, 99, 106, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 日本語, 第17回風工学シンポジウム論文集, 屋外温熱環境形成寄与率CROを用いた街区の風系と温熱環境評価に関する研究, 吉田 伸治; 原山 和也; 大岡 龍三; 村上 周三; 持田 灯, 2002年, 71, 76, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 日本語, 日本建築学会技術報告集, CFDを利用した屋外温熱空気環境設計手法に関する研究-川風の温熱空気環境改善効果の解析-, 大黒 雅之; 村上 周三; 森川 泰成; 持田 灯; 足永 靖信; 大岡 龍三; 吉田 伸治; 小野 浩史, 2002年, 16, 185, 190, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 日本語, 東京大学博士論文, 連成数値解析による屋外温熱環境の評価と最適設計法に関する研究, 吉田伸治, 2001年03月, 学位論文(博士)
  • 査読あり, 日本語, 日本建築学会計画系論文集, 日本建築学会, 都市火災伝搬における火の粉飛散の数値解析, 白石 靖幸; 加藤 信介; 吉田 伸治; 村上 周三, The main driving forces for the propagation of urban fires are the thermal radiation from the fire and the leaping flames due to the drifting firebrands. In the present work, drifting firebrands in an urban fire are numerically simulated by means of CFD with a turbulence model. Firebrands are treated as airborne particles subject to sedimentation due to the gravity. Characteristics of brand drifting are investigated under various wind conditions, sedimentation speed and locations of a brand source. 1) When the approaching flow is relatively slow, the vertical thermal plume is raised by the fire and reaches up to around 100m height. In comparison, when the approaching flow is fast, the incoming flow acts to suppress the thermal plume. 2) The sedimentation fluxes over the downstream building roofs increase under high wind conditions, so the risk of the fire spreading increases on the leeward side of the fire. 3) Drifting patterns measured with the sedimentation fluxes over the downstream building roofs and so on, depend much on the effective diameter of brands. 4) When the upward plane of the building catches fire, the circulation flow in front of the burning surface suppresses thermal diffusion in the horizontal direction. In contrast, when the leeward plane of the building catches fire, the leeward circulation behind the building promotes horizontal thermal diffusion. The latter flow results in the reduction in the velocity of thermal plume. 5) When the roof or the leeward plane of the building catches fire, it developed into hot ascending flow patterns which promote the drifting of the firebrand., 2001年, 66, 546, 187, 192, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 日本語, 風工学シンポジウム論文集, ヒートアイランド現象の解析とその対策技術の総合的評価のためのSoftware Platform の開発と風環境の解析事例, 持田 灯; 村上 周三; 金相璡; 近藤 裕昭; 島田 昭男; 玄地 裕; 吉田 伸治, 2000年12月01日, 16, 137, 142, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 日本語, 第16回風工学シンポジウム論文集, 街区形状の変化が屋外風系と温熱環境に及ぼす影響の数値解析, 原山 和也; 吉田 伸治; 村上 周三, 2000年12月, 119, 124, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 日本語, 日本建築学会計画系論文集, 日本建築学会, 樹木モデルを組み込んだ対流・放射・湿気輸送連成解析による樹木の屋外温熱環境緩和効果の検討, 吉田伸治; 大岡龍三; 持田灯; 富永禎秀; 村上周三, In this study, velocity, temperature and humidity fields in urban area were analyzed using a new three dimensional plant canopy model developed by the authors. The model for the plant canopy developed here considers the following effects : (1) drag force of the planted trees, (2) shading effects on shortwave and longwave radiations, (3) production of latent heat from the plant canopy. Three cases were carried out here in order to evaluate the relaxation effect of plants on the outdoor thermal environment. In easel, green area ratio of ground surface was assumed 10%, while the green area ratio of ground surface was changed to 100% in case2. Furthermore plant canopies were set on the ground surface of case2 in case3. By comparing the distributions of scalar wind velocity, ground surface temperature, MRT (Mean Radiant Temperature) and SET (Standard Effective Temperature) in these three cases, effects of the plant canopy were clarified., 2000年10月, 65, 536, 87, 94, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, Computational Wind Engineering 2000, Software platform for the total analysis of wind climate and urban heat island-integration of CWE simulations from human scale to urban scale-, Shuzo Murakami; Akashi Mochida; Sangjin Kim; Ryozo Ooka; Shinji Yoshida; Hiroaki Kondo; Yutaka Genchi; Akio Shimada, 2000年09月, 23, 26, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 査読あり, 英語, Computational Wind Engineering 2000, CFD Prediction of Thermal Comfort in Microscale Wind Climate, Shinji Yoshida; Shuzo Murakami; Ryozo Ooka; Akashi Mochida; Yoshihide Tominaga, 2000年09月, 27, 30, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 査読あり, 日本語, 日本建築学会計画系論文集, 数値気候モデルによる都市化がもたらす関東地方の気候変化のメカニズムの解析, 金相璡; 村上周三; 持田 灯; 大岡龍三; 吉田伸治, 2000年08月, 534, 534, 83, 88, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 日本語, 日本建築学会計画系論文集, 対流・放射・湿気輸送を連成した屋外環境解析に基づく緑化の効果の分析, 吉田伸治; 村上周三; 持田灯; 大岡龍三; 富永禎秀; 金相璡, 2000年03月, 65, 529, 77, 84, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, Journal of Wind Engineering and Industrial Aerodynamics, CFD analysis of wind climate from human scale to urban scale, Shuzo Murakami; Ryozo Ooka; Akashi Mochida; Shinji Yoshida; Sangjin Kim, The rapid growth of computational wind engineering (CWE) has led to an expansion of the research fields of wind engineering. CWE has made it possible to analyze various physical processes associated with wind climate around humans and in urban areas. This paper reviews recent achievements in CWE and its application to wind climate in scales ranging from human to urban scale. © 1999 Elsevier Science Ltd. All rights reserved., 1999年, 81, 1-3, 57, 81, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 日本語, 第15回風工学シンポジウム論文集, 対流・放射・湿気輸送連成解析による屋外環境共生空間に関する研究-CFDによる屋外の気流分布と温熱環境に対する緑地の影響の検討-, 吉田伸治; 村上周三; 持田灯; 大岡龍三; 富永禎秀; Sangjin KIM, 1998年12月, 15, 91, 96, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 査読あり, 日本語, 第14回風工学シンポジウム論文集, 新潟地方の局地気象に関する数値解析 水田の有無が夏季の外部環境に及ぼす影響, 赤林伸一; 持田灯; 村上周三; 富永禎秀; 吉田伸治; 金相璡, 1996年12月, 14, 49, 54, 研究論文(学術雑誌)
  • 日本語, 学術講演会論文集, 社団法人空気調和・衛生工学会, C-48 スギ花粉による室内空気汚染 (4) : アンダーセンサンプラーを用いた野外実測より, 大橋 えり; 吉田 伸治; 大岡 龍三; 宮沢 博, 2002年08月08日, 14, 3, 1397, 1400
  • 日本語, 学術講演会論文集, 社団法人空気調和・衛生工学会, F-32 河川岸に建つ住宅団地の屋外温熱環境に対する屋上緑化および保水性舗装の効果に関する数値解析 : (その1)計算概要および夏期昼間平均風速時の解析結果, 大黒 雅之; 村上 周三; 森川 泰成; 持田 灯; 足永 靖信; 大岡 龍三; 吉田 伸治, 2002年08月08日, 14, 2, 1017, 1020
  • 日本語, 学術講演会論文集, 社団法人空気調和・衛生工学会, F-34 屋外温熱環境形成寄与率CROに関する研究 : (その5)都市の対流・放射環境を評価するための新しい指標NCROの提案, 原山 和也; 大岡 龍三; 吉田 伸治; 村上 周三, 2002年08月08日, 14, 2, 1025, 1028
  • 日本語, 学術講演会論文集, 社団法人空気調和・衛生工学会, F-28 都市の熱代謝に基づく熱環境評価に関する研究 : (その2)都市の熱代謝モデルによる東京都区部の熱環境評価, 大岡 龍三; 吉田 伸治; 原山 和也; 村上 周三; 持田 灯, 2002年08月08日, 14, 2, 1001, 1004
  • 日本語, 学術講演会論文集, 社団法人空気調和・衛生工学会, F-33 河川岸に建つ住宅団地の屋外温熱環境に対する屋上緑化および保水性舗装の効果に関する数値解析 : (その2)夏期昼間弱風時の解析結果, 足永 靖信; 村上 周三; 森川 泰成; 持田 灯; 大岡 龍三; 吉田 伸治; 大黒 雅之, 2002年08月08日, 14, 2, 1021, 1024
  • 日本語, 学術講演会論文集, 社団法人空気調和・衛生工学会, B-27 非定常な対流・放射・伝導を考慮した屋外温熱環境予測評価手法に関する研究(その2) : 非定常伝熱解析への対流計算の組み込みと実在街区を対象とした予測手法の精度検証, 原山 和也; 吉田 伸治; 村上 周三; 大岡 龍三; 持田 灯, 2001年08月10日, 13, 2, 645, 648
  • 日本語, 学術講演会論文集, 社団法人空気調和・衛生工学会, B-25 屋外温熱環境形成寄与率CROに関する研究(その2) : CROを用いた街区の温熱環境構造の検討, 吉田 伸治; 原山 和也; 村上 周三; 大岡 龍三; 持田 灯, 2001年08月10日, 13, 2, 637, 640
  • 日本語, 学術講演会論文集, 社団法人空気調和・衛生工学会, B-26 建物外表面の高アルベド化に伴う屋外空間の温熱快適性の変化に関する数値解析, 佐々木 澄; 持田 灯; 吉野 博; 村上 周三; 吉田 伸治; 大庭 万希子, 2001年08月10日, 13, 2, 641, 644
  • 日本語, 学術講演会論文集, 社団法人空気調和・衛生工学会, E-63 非定常な放射・伝導の連成解析による壁体蓄熱と室内環境の検討, 原山 和也; 吉田 伸治; 村上 周三; 大岡 龍三; 持田 灯; 伊香賀 俊治, 2000年08月10日, 12, 3, 1597, 1600
  • 日本語, 学術講演会論文集, 社団法人空気調和・衛生工学会, D-53 団地内キャニオン空間における夏季の温熱環境に関する研究(その2) : 流れ場に関する数値解析と実測の比較, 磐田 靖子; 村上 周三; 大岡 龍三; 持田 灯; 吉田 伸治, 1999年08月10日, 11, 3, 1441, 1444
  • 日本語, 学術講演会論文集, 社団法人空気調和・衛生工学会, D-42 3次元樹木モデルを用いた緑化の温熱環境緩和効果の検討(その1) : 緑地の租類の違いが気流、温度、湿度分布に及ぼす影響, 原山 和也; 村上 周三; 持田 灯; 大岡 龍三; 富永 禎秀; 吉田 伸治, 1999年08月10日, 11, 3, 1397, 1400
  • 日本語, 学術講演会論文集, 社団法人空気調和・衛生工学会, D-43 3次元樹木モデルを用いた緑化の温熱環境緩和効果の検討(その2) : 緑地の種類の違いが温熱快適性に及ぼす影響, 富永 禎秀; 村上 周三; 持田 灯; 大岡 龍三; 吉田 伸治; 原山 和也, 1999年08月10日, 11, 3, 1401, 1404
  • 日本語, 学術講演会論文集, 社団法人空気調和・衛生工学会, D-54 団地内キャニオン空間における夏季の温熱環境に関する研究(その3) : 温熱環境に関する数値解析と実測の比較, 吉田 伸治; 村上 周三; 大岡 龍三; 持田 灯; 磐田 靖子, 1999年08月10日, 11, 3, 1445, 1448
  • 日本語, 学術講演会論文集, 社団法人空気調和・衛生工学会, F-35 数値モデルによる関東地方の夏季の都市気候解析(その2) : 初期温位分布、海水面温度、地中の熱容量及び人工排熱量の影響に関する検討, 持田 灯; 村上 周三; 金 相〓; 大岡 龍三; 吉田 伸治, 1997年07月20日, 9, 3, 1261, 1264
  • 日本語, 学術講演会論文集, 社団法人空気調和・衛生工学会, F-34 数値モデルによる関東地方の夏季の都市気候解析(その1) : 流れ場・温度場に関する観測データとの比較, 金 相〓; 村上 周三; 持田 灯; 大岡 龍三; 吉田 伸治, 1997年07月20日, 9, 3, 1257, 1260
  • 日本語, 学術講演会論文集, 社団法人空気調和・衛生工学会, B-42 基礎杭利用地熱空調システムの研究開発 : (その4)福井県の事務所ビルへの基礎杭利用地熱空調システムの導入効果の検討, 吉田 伸治; 大岡 龍三; 竹内 正紀; 宮本 重信; 加賀 久宣; 宮本 英和, 2002年08月08日, 14, 3, 1257, 1260
  • 日本語, 生産研究, 東京大学, <研究速報>街区形状の変化が屋外風系と温熱環境に及ぼす影響の数値解析 (<特集>乱流の数値シミュレーション(NST)), 原山 和也; 村上 周三; 吉田 伸治, 2001年01月, 53, 1, 72, 75
  • 日本語, 生産研究, 東京大学, <研究速報>対流・放射・湿気輸送連成解析による緑地の温熱環境緩和効果の検討(<特集>乱流の数値シミュレーション), 吉田 伸治; 村上 周三; 持田 灯; 大岡 龍三; 富永 禎秀, 2000年01月, 52, 1, 83, 86
  • 日本語, 生産研究, 東京大学, <研究速報>都市火災伝搬における火の粉飛散の数値解析 (<特集>乱流の数値シミュレーション(NST)その15), 白石 靖幸; 加藤 信介; 村上 周三; 吉田 伸治; 林 吉彦, 特集 乱流の数値シミュレーション(NST)その15, 1999年01月, 51, 1, 61, 64
  • 日本語, JWE : 日本風工学研究会誌 : Journal of Wind Engineering, Japan Association for Wind Engineering, CWE2010 参加報告, 義江 龍一郎; 安部 諭; 飯塚 悟; 伊藤 嘉晃; 大風 翼; 大場 正昭; 大屋 裕二; 勝地 弘; 神田 亮; 北林 興二; 白澤 多一; 曹 曙陽; 富永 禎秀; 友清 衣利子; 野澤 剛二郎; 野田 稔; 萩島 理; 丸山 敬; 持田 灯; 吉田 伸治, 2010年10月31日, 125, 347, 363
  • 日本語, 生産研究, 東京大学, <研究解説>都市の熱代謝モデルの提案と東京都区部の熱環境評価=Proposal of urban thermal metabolism model and evaluation of thermal environment in Tokyo, 原山 和也=Kazuya Harayama; 大岡 龍三=Ryuzo Ooka; 吉田 伸治=Shinji Yoshida; 村上 周三=Shuzo Murakami, 2003年01月, 55, 1, 75, 80

MISC

  • 査読無し, 日本語, 第45回人間―生活環境系シンポジウム報告集, 冬期の住宅内の温熱環境と安全性に関する研究 (第3報) 都道府県毎の戸建住宅生活者の冬期起床時血圧の分析に基づく安全性の評価, 吉田伸治, 2021年12月, 53, 56, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 査読無し, 日本語, 第45回人間―生活環境系シンポジウム報告集, 奈良町の町家内の温熱・空気環境の形成機構分析に関する研究 (その2)町家の庭と屋内における夏期実測調査, 里見朋香; 吉田伸治, 2021年12月, 57, 60, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 日本語, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 屋外歩行者の温熱生理特性と機能・空間心理特性を考慮した環境設計手法の開発 (その 3) 夏季暑熱環境条件が歩行者の交差点信号待ち場所の選択行動に与える影響分析, 吉田伸治, 2021年09月, D, 2133, 2134, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 査読無し, 日本語, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 奈良町の町家内の温熱・空気環境の形成機構の評価に関する研究(その 1)実在町家内の微気候評価のための CFD 解析, 里見 朋香; 吉田伸治, 2021年09月, D, 817, 818, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 査読無し, 日本語, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 住宅台所内における熱中症リスクの緩和手法に関する研究(その 2)戸建住宅の LDK を対象とした CFD 解析の精度検証, 木村美文; 吉田伸治, 2021年09月, D, 795, 796, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 査読無し, 日本語, 日本建築学会大会学術講演梗概集, プリズムの形状が再帰性反射材の反射特性に与える影響に関する研究, 二岡佳子; 吉田伸治, 2021年09月, D, 2087, 2088, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 査読無し, 日本語, ナント経済月報, 再帰性反射機構を活用した夏季街路空間の暑熱環境の改善効果の評価に関する研究, 吉田 伸治, 2020年09月, 2020, 9, 12, 17, 記事・総説・解説・論説等(その他)
  • 査読無し, 日本語, 日本風工学会誌, 風環境と人体の体温調節との関わり, 吉田 伸治, 2020年07月, 45, 3, 28, 35, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 査読無し, 日本語, 環境工学I, 日本建築学会, 40552 非住宅(民生業務部門)建築物の環境関連データベース構築に関する研究 その144 東日本大震災後における商業施設のエネルギー消費実態 2016年度調査, 山崎 政人; 山口 容平; 下田 吉之; 岩前 篤; 甲谷 寿史; 竹林 英樹; 近本 智行; 宮崎 ひろ志; 吉田 伸治; 村上 周三; 坊垣 和明; 亀谷 茂樹; 高口 洋人; 半澤 久; 吉野 博; 奥宮 正哉; 浅野 良晴; 村川 三郎; 依田 浩敏, 2017年07月20日, 2017, 1149, 1150
  • 日本語, 学術講演梗概集, 一般社団法人日本建築学会, 40348 指向性反射を考慮した放射伝熱シミュレーションによる熱線再帰性反射フィルムの評価(その4) : メッシュ分割が日射の指向性反射の予測精度に与える影響(市街地形態・熱環境,環境工学I,学術講演会・建築デザイン発表会), 吉田 伸治; 弓野 沙織; 内田 大貴; 持田 灯, 2015年09月04日, 2015, 729, 730
  • 日本語, 学術講演梗概集, 一般社団法人日本建築学会, 40344 人体を覆う仮想球を用いた数値解析手法による不均一放射熱環境評価(その1) : 建物外表面のアルベドが不均一放射熱環境形成に与える影響(市街地形態・熱環境,環境工学I,学術講演会・建築デザイン発表会), 東 真史; 吉田 伸治, 2015年09月04日, 2015, 721, 722
  • 日本語, 学術講演梗概集, 一般社団法人日本建築学会, 40429 指向性反射を考慮した放射伝熱シミュレーションによる熱線再帰性反射フィルムの評価(その2) : 指向性反射を考慮した放射伝熱解析手法の概要(反射技術,環境工学I,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会), 弓野 沙織; 吉田 伸治; 持田 灯; 内田 大貴, 2014年09月12日, 2014, 899, 900
  • 日本語, 学術講演梗概集, 一般社団法人日本建築学会, 40430 指向性反射を考慮した放射伝熱シミュレーションによる熱線再帰性反射フィルムの評価(その3) : 単体建物周辺の放射熱環境解析(反射技術,環境工学I,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会), 矢野 将太; 弓野 沙織; 吉田 伸治; 持田 灯; 内田 大貴, 2014年09月12日, 2014, 901, 902
  • 日本語, 学術講演梗概集, 一般社団法人日本建築学会, 41208 屋外歩行者の温熱生理特性と機能・空間心理特性を考慮した環境設計手法の開発(その1) : 夏季屋外温熱環境条件が歩行者の適応行動に与える影響の実測(選抜梗概,熱的快適性の適応モデルの現状と課題(3),オーガナイズドセッション,環境工学II,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会), 吉田 伸治, 2014年09月12日, 2014, 431, 434
  • 日本語, 学術講演梗概集, 一般社団法人日本建築学会, 40428 熱交換塗料の建物熱負荷削減効果の評価に関する研究(その2) : 屋外スケールモデル実験による検討(反射技術,環境工学I,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会), 香月 壮亮; 吉田 伸治; 瀧本 浩史, 2014年09月12日, 2014, 897, 898
  • 日本語, 日本建築学会北陸支部研究報告集, 一般社団法人日本建築学会, 4-11 建物エネルギー解析ツールBESTによる福井市内のゼロ・エネルギー住宅の熱環境性能の評価(計画系), 矢野 将太; 吉田 伸治, 2014年07月13日, 57, 242, 245
  • 日本語, 日本建築学会北陸支部研究報告集, 一般社団法人日本建築学会, 4-21 指向性反射を考慮した放射伝熱解析手法による屋外温熱環境評価に関する研究(その1) : 指向性反射の影響を組み込んだ放射熱環境の概要(計画系), 吉田 伸治; 弓野 沙織; 持田 灯; 内田 大貴, 2014年07月13日, 57, 310, 313
  • 日本語, 学術講演梗概集, 一般社団法人日本建築学会, 40443 連成数値解析による夏季屋外歩行者に対する温熱環境の不均一性評価に関する研究(その1) : 太陽高度、天候が放射環境の不均一性に与える影響(街路空間温熱環境,環境工学I,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会), 峠 尭大; 吉田 伸治; 佐藤 大樹; 大黒 雅之, 2013年08月30日, 2013, 901, 902
  • 日本語, 学術講演梗概集, 一般社団法人日本建築学会, 40442 屋外都市模型COSMOを対象とした放射解析に基づく非定常熱収支解析の精度検証(街路空間温熱環境,環境工学I,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会), 佐々木 澄; 弓野 沙織; 吉田 伸治; 持田 灯, 2013年08月30日, 2013, 899, 900
  • 日本語, 学術講演梗概集, 一般社団法人日本建築学会, 40447 指向性反射を考慮した放射伝熱シミュレーションによる熱線再帰性反射フィルムの評価 : (その1)3次元放射収支測定による熱線再帰性反射フィルムの効果と人体への影響の評価(建物外皮対策,環境工学I,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会), 弓野 沙織; 持田 灯; 大風 翼; 吉田 伸治, 2013年08月30日, 2013, 909, 910
  • 日本語, 学術講演梗概集, 一般社団法人日本建築学会, 40444 連成CFD解析の戸建住宅団地の環境設計への適用に関する研究(その2) : 夏季日中の屋外放射熱環境の不均一性の評価(街路空間温熱環境,環境工学I,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会), 吉田 伸治, 2013年08月30日, 2013, 903, 904
  • 日本語, 学術講演梗概集, 一般社団法人日本建築学会, 41117 CFD解析とBESTの連成数値解析による伝統的建築物の環境負荷と通風性能の評価に関する研究(その1) : 金沢市主計町の町家内の温熱環境評価(住宅の温熱環境,環境工学II,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会), 山内 正志; 吉田 伸治; 小坂 宗義, 2013年08月30日, 2013, 233, 234
  • 日本語, 学術講演梗概集, 一般社団法人日本建築学会, 41079 熱交換塗料の建物熱負荷削減効果の評価に関する研究(その 1) : 屋外実測・非定常一次元熱伝導解析による分析(遮熱技術,環境工学II,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会), 矢野 将太; 吉田 伸治; 香月 壮亮, 2013年08月30日, 2013, 157, 158
  • 日本語, 日本建築学会北陸支部研究報告集, 一般社団法人日本建築学会, 4-21 東アジア諸都市のヒートアイランド対策ガイドライン提案に関する研究(その1) : 国内のヒートアイランド対策ガイドラインの比較調査(環境系), 吉田 伸治; 佐藤 大樹; 竹林 英樹; 田中 貴宏; 持田 灯; 大岡 龍三; 義江 龍一郎, 2013年05月19日, 56, 127, 130
  • 日本語, 日本建築学会北陸支部研究報告集, 一般社団法人日本建築学会, 4-10 数値解析による夏季屋外歩行者に対する放射環境の不均一性評価に関する研究(環境系), 峠 尭大; 吉田 伸治; 佐藤 大樹; 大黒 雅之, 2013年05月19日, 56, 123, 126
  • 日本語, 日本建築学会北陸支部研究報告集, 一般社団法人日本建築学会, 4-20 簡易「ルーフポンド」の熱負荷削減効果に関する研究(その3) : 実測によるルーフポンドが室内温熱環境に及ぼす影響(環境系), 岸本 ほのか; 香月 壮亮; 吉田 伸治, 2013年05月19日, 56, 227, 230
  • 日本語, 福井大学大学院工学研究科研究報告, 福井大学, 実測による福井駅前広場空間の夏季温熱快適性評価に関する研究, 吉田 伸治, This paper describes to investigate effects of the present condition on the thermal comfort in the space around Fukui railway station using the field observation. The meteorological condition and the thermal environment on both of the rest places in east and west sides in the station were measured during the summer season in 2010. From the observational results, it is attempted to evaluate effects of the countermeasure techniques against the severe hot environment in the station square., 2013年03月29日, 61, 11, 16
  • 日本語, 学術講演梗概集, 一般社団法人日本建築学会, 41047 樹脂サッシ窓枠を用いた内窓の室内熱環境緩和効果の評価に関する研究(その1) : 実測による冬期の熱環境緩和効果の評価(外皮と熱環境評価,環境工学II,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会), 吉田 伸治; 小坂 宗義; 高村 正彦, 2012年09月12日, 2012, 93, 94
  • 日本語, 学術講演梗概集, 一般社団法人日本建築学会, 41323 CFD解析による伝統的建築物内の環境評価に関する研究(その1) : 金沢市主計町の町屋内の通風環境評価(通風性能評価,環境工学II,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会プログラム), 小坂 宗義; 吉田 伸治, 2012年09月12日, 2012, 653, 654
  • 日本語, 学術講演梗概集, 一般社団法人日本建築学会, 40376 連成CFD解析の戸建住宅団地の環境設計への適用に関する研究(その1) : 夏季における団地内風環境評価(CFDモデリング,環境工学I,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会), 新田 竜輔; 吉田 伸治, 2012年09月12日, 2012, 789, 790
  • 日本語, 日本建築学会北陸支部研究報告集, 一般社団法人日本建築学会, 4-17 北信越地域における非住宅建築物の環境関連データベース構築に関する研究 : その3 平成23年度夏季節電実態調査(環境系), 近藤 隆太; 浅野 良晴; 高村 秀紀; 久保 猛志; 永野 紳一郎; 飯野 秋成; 堀 祐治; 吉田 伸治, 本研究では、「非住宅建築物の環境関連データベース検討委員会」の活動の一環として行われた、全国の非住宅建築を対象としたエネルギー消費量に関するアンケート調査の中の北信越地域におけるエネルギー消費量についての分析を行った。エネルギー消費量は東日本大震災による節電意識の高まりの影響が現れていた。また、節電対策による効果があまり認識されていないことを明らかにした。, 2012年07月22日, 55, 239, 242
  • 日本語, 日本建築学会北陸支部研究報告集, 一般社団法人日本建築学会, 4-17 連成CFD解析の戸建住宅団地の環境設計への適用に関する研究(その1) : 夏季における団地内風環境評価(環境系), 新田 竜輔; 吉田 伸治, 連成CFD解析手法を用いて富山県富山市で計画されている住宅団地を対象に風環境の解析を行った。解析では最初に戸建住宅を長屋状にモデル化した場合と、戸建状のままでモデル化した場合での風環境変化があるか検証した。結果として両者の違いは風環境に大きな影響を及ぼしたことが分かり、住宅団地規模での数値解析では戸建の形状をモデル化する必要があることが分かった。, 2012年07月22日, 55, 195, 198
  • 日本語, 日本建築学会北陸支部研究報告集, 一般社団法人日本建築学会, 4-5 実測樹脂サッシの室内熱環境緩和効果の評価に関する研究(環境系), 小坂 宗義; 吉田 伸治, 本研究の目的は、樹脂サッシの内窓設置による冬季の室内熱環境緩和効果について実測により明らかにすることである。実測は福井市クリーンセンターの研修室で行い、樹脂サッシ設置前後で室内熱環境の差異を実測調査した。本実測の結果、樹脂サッシ設置前より設置後の方が窓面の温度上昇による結露防止、室内温熱環境の不均一性の緩和の効果があることが明らかとなった。, 2012年07月22日, 55, 299, 302
  • 日本語, 日本建築学会北陸支部研究報告集, 一般社団法人日本建築学会, 4-5 実測による壁内通気層設置による夏期の室内熱負荷削減効果の評価(環境系), 吉田 伸治; 井上 昇; 佐藤 大輔, 基礎的形状を有する建物(実験棟)を対象とする野外実験により、アルミパネル製外装材を用いて通気層を設けた外壁の冷房負荷削減効果を評価した。一般的な外壁を用いた場合に対して、(1)通気層を設けた場合、(2)通気層と断熱材を併用した場合、の2つの対策の効果を比較・評価した。計測の結果、両ケース共に設置による内部への伝導熱量、冷房消費電力の削減効果が確認された。, 2012年07月22日, 55, 303, 306
  • 査読無し, 日本語, 空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集, 公益社団法人 空気調和・衛生工学会, I-17 投影面積率による人体各部の放射熱伝達量の解析 : (第1報)人体各部と室内各面との形態係数の検証, 佐藤 大樹; 大黒 雅之; 吉田 伸治, 2012年, 2012, 0, 945, 948
  • 査読無し, 日本語, 空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集, 公益社団法人 空気調和・衛生工学会, I-18 投影面積率による人体各部の放射熱伝達量の解析 : (第2報)人体形状モデルを用いた部位別投影面積率の算出と適用, 大黒 雅之; 佐藤 大樹; 吉田 伸治, 2012年, 2012, 0, 949, 952
  • 査読無し, 英語, 9th International Meeting for Manikins and Modeling, Evaluation of Measures for Pedestrians Adapting to Thermal Environment, 吉田 伸治, 2012年, 39, 記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)
  • 査読無し, その他, 9th International Meeting for Manikins and Modeling, Thermal radiation analysis on each part of the human body based on projected area factors, 佐藤 大樹; 大黒 雅之; 吉田 伸治, 2012年, 42
  • 査読無し, 日本語, 日本風工学会誌, 日本風工学会, ICWE13 参加報告, 義江 龍一郎; 飯塚 悟; 伊藤 嘉晃; 大岡 龍三; 大風 翼; 大場 正昭; 片岡 浩人; 勝地 弘; 勝村 章; 喜々津 仁密; 白土 博通; 曹 曙陽; 高森 浩治; 田中 英之; 田村 哲郎; 富永 禎秀; 野田 稔; 長谷部 寛; ファム バン フック; 松井 正宏; 松宮 央登; 丸山 敬; 持田 灯; 山口 敦; 吉田 昭仁; 吉田 伸治, 2011年10月, 36, 4, 406, 434, 記事・総説・解説・論説等(その他)
  • 日本語, 学術講演会論文集, 社団法人空気調和・衛生工学会, C-44 屋外温熱環境CFD解析を用いた歩行者の夏季暑熱適応策の評価に関する研究 : (その4) 信号待ち場所の差異が歩行者の生理的負担に与える影響, 吉田 伸治, 2011年08月31日, 23, 2, 1059, 1062
  • 日本語, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 一般社団法人日本建築学会, 40379 屋外温熱環境CFD解析を用いた歩行者の夏季暑熱適応策の評価に関する研究(その2) : 街路内歩行経路の差異が歩行者の生理的負担に与える影響(屋外温熱環境,環境工学I), 新田 竜輔; 吉田 伸治, 2011年07月20日, 2011, 797, 798
  • 日本語, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 一般社団法人日本建築学会, 40380 屋外温熱環境CFD解析を用いた歩行者の夏季暑熱適応策の評価に関する研究(その3) : クールスポット休憩が歩行者の生理的負担に与える影響(屋外温熱環境,環境工学I), 吉田 伸治, 2011年07月20日, 2011, 799, 800
  • 日本語, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 一般社団法人日本建築学会, 40378 屋外温熱環境CFD解析を用いた歩行者の夏季暑熱適応策の評価に関する研究(その1) : 解析概要並びに温熱環境各要素の分布(屋外温熱環境,環境工学I), 小坂 宗義; 吉田 伸治, 2011年07月20日, 2011, 795, 796
  • 査読無し, その他, ながれ, 多分割人体体温調節モデルを用いた屋外温熱環境CFD解析, 吉田 伸治, 2011年, 30, 87, 96
  • 査読無し, その他, 13th International Conference on Wind Engineering, CFD analysis to investigate the effect of changing wind direction with switching route direction on thermal comfort for pedestrian, 吉田 伸治, 2011年, E107
  • 査読無し, その他, The Fourth International Conference on Human-Environment System, Effects of Pedestrian Orientation on Outdoor Thermal Comfort Using, 吉田 伸治, 2011年, Y1-5
  • 査読無し, その他, 13th International Conference on Wind Engineering, CFD analysis to investigate the effect of changing wind direction with switching route direction on thermal comfort for pedestrian, 吉田 伸治, 2011年, E107
  • 日本語, 学術講演会論文集, 社団法人空気調和・衛生工学会, G-56 多分割人体温熱生理モデルを用いた屋外温熱環境CFD解析 : (その5)歩行者の方向の差異が温熱快適性に与える影響, 吉田 伸治, This paper describes the investigation on effects of facing direction of pedestrian on thermal comfort using the calculation method for evaluating the inhomogeneous and unsteady thermal environment in an outdoor space. This method is based on an outdoor computational fluid dynamics (CFD) analysis coupled with a multifractional human thermoregulation model. From the results of the analysis, it was found that the incident angle of the solar radiation toward the pedestrian highly affects the inhomogeneity on the outdoor thermal comfort in sunny area., 2010年08月12日, 22, 3, 2287, 2290
  • 日本語, 学術講演会論文集, 社団法人空気調和・衛生工学会, H-52 北信越における非住宅(民生業務部門)建築物のエネルギー消費量データベース構築に関する研究 : (第2報)水消費量とエネルギー消費と水消費によるCO_2担出量および省エネルギーへの取り組み状況, 新家 達也; 浅野 良晴; 高村 秀紀; 永野 紳一郎; 飯野 秋成; 堀 祐治; 吉田 伸治, The purpose of this study is to make a database of the consumption of energy and water connected to commercial buildings in the Hokushinetsu area. Data was collected from a questionnaire to investigate the amount of energy and water consumed during commercial buildings in the Hokushinetsu area. In this paper, we report the actual amounts of water during commercial buildings in the Hokushinetsu area. Next, we report the amount of CO_2 emissions from both the consumption of energy and the consumption of water. Next, we calculated the results from the questionnaire investigation regarding the energy-saving strategy to reduce energy consumption., 2010年08月12日, 22, 3, 2367, 2370
  • 日本語, 学術講演会論文集, 社団法人空気調和・衛生工学会, H-51 北信越における非住宅(民生業務部門)建築物のエネルギー消費量データベース構築に関する研究 : (第1報)調査建物概要とエネルギー消費量の実態, 高村 秀紀; 浅野 良晴; 新家 達也; 永野 紳一郎; 飯野 秋成; 堀 祐治; 吉田 伸治, The purpose of this study is to make a database of the consumption of energy and water connected to commercial buildings in the Hokushinetsu area. Data was collected from a questionnaire to investigate the amount of energy and water consumed during commercial buildings in the Hokushinetsu area. In this paper, we report our method of research, as well as the outline of the targeted commercial buildings. The number of target buildings was 1,055. Next, we report the actual amount of energy consumed during offices, computer centers, public offices, commercial facilities (ex. supermarkets), accommodations, hospitals, educational facilities, cultural buildings, complex facilities., 2010年08月12日, 22, 3, 2363, 2366
  • 査読無し, 日本語, 日本建築学会環境系論文集, スギ花粉による室内汚染レベル、室内侵入率および花粉1個に対するCryj1量, 大橋 えり; 吉田 伸治; 大岡 龍三; 宮沢 博, The concentration of airborne cedar pollen particles and the level of cedar pollen allergen (Cry jl) were measured in 2-Japanese private houses. The samples were collected with gravitational settlement method and also with an Sstage-type Andersen sampler. During March through the beginning of April, (he concentration of cedar pollen was 1.5∼3.6 grains/m3 in 2005, and 0.2∼0.5 grains/m3 in 2006. The allergen (cry jl) concentration was 15.9∼23.2 pg/m3 in 2005. and bellow 1.5-2.2 pg/m3 in 2006. The intrusion rate of cedar pollen to private house indoor was estimated as 0.5%, calculating as ratio of indoor value/outdoor value. It was calculated that each ordinary indoor cedar pollen particle was corresponded to 6 pg of Cryjl respectively., 2010年02月, 75, 648, 205, 211
  • 査読無し, その他, The Fifth International Symposium on Computational Wind Engineering (CWE2010), Evaluation of Unsteady and Inhomogeneous Thermal Comfort on Pedestrian Space in Summer Season Using CFD Analysis Coupled with Multifractional Human Thermoregulation Model, 吉田 伸治, 2010年, TS10-1-3
  • 査読無し, その他, 10th International Conference on Construction Applications of Virtual Reality, Visualization technique of outdoor thermal environment using a VR avatar, Takuya Onoue; Nobuyoshi Yabuki; 吉田 伸治; Tomohiro Fukuda, 2010年
  • 日本語, 学術講演会論文集, 社団法人空気調和・衛生工学会, E-45 緑のカーテンの夏季熱環境緩和効果に関する研究 : (その2)緑のカーテンの室内熱環境緩和と日射遮蔽性能の評価, 吉田 伸治, This paper describes evaluation on effects of green curtain on relaxing indoor thermal environment and shading irradiation using field observation. The effect on shading irradiation is evaluated using leaf area density, optical length, and `ak', that is the product of leaf area density and extinction coefficient, in this study. From the results of the field observation, it was found that `ak' is an useful parameter for evaluating the effects of green curtain on plant species, direction of the curtain, and solar azimuth and altitude., 2009年08月18日, 21, 2, 1243, 1246
  • 査読無し, その他, The seventh International Conference on Urban Climate, Investigation on a method incorporating inhomogeneous environmental conditions into CFD analysis of outdoor thermal environment coupled with multifractional human thermoregulation model, 吉田 伸治; 大黒 雅之, 2009年, B-4
  • 査読無し, その他, The seventh International Conference on Urban Climate, Evaluation of pedestrian space in summer season using CFD analysis of outdoor thermal environment coupled with multifractional human thermoregulation model, 岸 由紀子; 吉田 伸治, 2009年, B-5
  • 査読無し, その他, The seventh International Conference on Urban Climate, Investigation on a method incorporating inhomogeneous environmental conditions into CFD analysis of outdoor thermal environment coupled with multifractional human thermoregulation model, Shinji Yoshida; Masayuki Oguro, 2009年, B-4
  • 査読無し, その他, The seventh International Conference on Urban Climate, Evaluation of pedestrian space in summer season using CFD analysis of outdoor thermal environment coupled with multifractional human thermoregulation model, Masayuki Oguro; Shinji Yoshida, 2009年, B-5
  • 日本語, 学術講演会論文集, 社団法人空気調和・衛生工学会, F-37 多分割人体温熱生理モデルを用いた屋外温熱環境CFD解析 : (その3) 屋外温熱快適性評価への不均一な環境条件の組み込み方法の検討, 吉田 伸治, This paper investigates a new method incorporating inhomogeneous environmental conditions into the method coupled with CFD analysis and multi-fractional human thermoregulation model for evaluating the outdoor thermal environment. The new method can evaluate distributions of absorbed solar and long-wave radiations from around the human body, and also evaluate effects of airflow on distributions of heat transfer coefficient and clothing insulation on human body. A future direction of this study will be to evaluate effects of the new method mentioned above by the practical analysis., 2008年08月08日, 20, 2, 1201, 1204
  • 査読無し, その他, 18th International Congress of Biometeorology, Evaluation on Unsteady and Inhomogeneous Outdoor Thermal Environment Using a Coupled Numerical Simulation Based on CFD Analysis, 吉田 伸治, 2008年, Urban Clim-S02
  • 査読無し, その他, 18th International Congress of Biometeorology, Evaluation on Unsteady and Inhomogeneous Outdoor Thermal Environment Using a Coupled Numerical Simulation Based on CFD Analysis, Shinji Yoshida, 2008年, Urban Clim-S02
  • 日本語, 学術講演会論文集, 社団法人空気調和・衛生工学会, I-47 CFD解析による戸建住宅団地内の敷地内利用の差異が夏季屋外温熱環境に与える影響の分析, 吉田 伸治; 大岡 龍三; 陳 宏, In this study, we investigate the effects of utilization of building space within residential estate on flow field, temperature field, and thermal comfort on outdoor space in summer using the coupled simulation method based on CFD analysis, developed by the authors. In this paper, we carried out the analyses on two residential estate models. One model consists of rectangular solid building models, while another one consists of L-shaped buildings and large open-spaces. By comparing these calculation results, it is clarified that the arrangement of buildings and open-spaces affects flow field and thermal comfort on outdoor spaces in summer., 2007年08月24日, 19, 3, 2309, 2312
  • 日本語, 学術講演会論文集, 社団法人空気調和・衛生工学会, H-36 着衣内の熱・水分移動と蓄積を考慮した人体温熱生理モデルによる屋外温熱環境評価, 吉田 伸治, This paper evaluates a human thennoregulation model incorporating influences of transfer and storage of heat and moisture in and around clothing. In the former part of this paper, the author describes the profile of method to incorporate these influences. In this study, Gagge's two-node model is used as the basic human thermoregulation model. In the latter part of this paper, the comparison between the CFD analysis incorporated the traditional two-node model and the analysis using the revised two-node model mentioned above is carried out. By comparing these analyses, it is clarified that the incorporation of the influences noted above affects the results of skin temperature, core temperature, and the amount of perspiration., 2006年09月05日, 18, 2, 1485, 1488
  • 日本語, 学術講演会論文集, 社団法人空気調和・衛生工学会, H-35 屋外空間における人体表面の平均対流熱伝達率の予測式の開発(その4) : 建物周辺の気流性状に着目した新しい予測式の有効性の検討, 小野 剛司; 村上 周三; 大岡 龍三; 吉田 伸治, In this study, the authors develop the formula of the mean convective heat transfer coefficient of a human body (<α_c>^^^-) based on CFD analysis. This formula can evaluate both influences of wind velocity and turbulence intensity on <α_c>^^^-. In this paper, the authors calculate the distribution of <α_c>^^^- around a building. The authors compare the new developed convective heat transfer coefficient model with the conventional model with respect to flow field around a building. Distinct differences between these models are observed. Thus, the effectiveness of this formula developed here is well clarified., 2006年09月05日, 18, 2, 1481, 1484
  • 査読無し, その他, 6th International Conference on Urban Climate, Study on method to evaluate the shading effect of street tree on solar radiation based on field observation, 中井 敦; 吉田 伸治; 大岡 龍三, 2006年, 254, 257
  • 査読無し, その他, 6th International Conference on Urban Climate, Development of three dimensional plant canopy model for numerical simulation of outdoor thermal environment, 吉田 伸治; 大岡 龍三; 持田 灯; 村上 周三; 富永 禎秀, 2006年, 320, 324
  • 査読無し, その他, 日本風工学会誌, Analysis of regional characteristics of the atmospheric heat balance in the Tokyo metropolitan area in summer, 佐藤 大樹; 村上 周三; 大岡 龍三; 吉田 伸治, 2006年, 31, 3, 231, 234
  • 査読無し, その他, 日本風工学会誌, Study on evaluation of outdoor thermal environment based on CFD analysis incorporating multi-fractional human thermoregulation model, 吉田 伸治, 2006年, 31, 3, 513, 516
  • 査読無し, その他, 6th International Conference on Urban Climate, Study on method to evaluate the shading effect of street tree on solar radiation based on field observation, Atsushi Nakai; Shinji Yoshida; Ryozo Ooka, 2006年, 254, 257
  • 査読無し, その他, 6th International Conference on Urban Climate, Development of three dimensional plant canopy model for numerical simulation of outdoor thermal environment, Shinji Yoshida; Ryozo Ooka; Akashi Mochida; Shuzo Murakami; Yoshihide Tominaga, 2006年, 320, 324
  • 査読無し, その他, Journal of Wind Engineering, JAWE, Analysis of regional characteristics of the atmospheric heat balance in the Tokyo metropolitan area in summer, Taiki Sato; Shuzo Murakami; Ryozo Ooka; Shinji Yoshida, 2006年, 31, 3, 231, 234
  • 査読無し, その他, Journal of Wind Engineering, JAWE, Study on evaluation of outdoor thermal environment based on CFD analysis incorporating multi-fractional human thermoregulation model, Shinji Yoshida, 2006年, 31, 3, 513, 516
  • 日本語, 学術講演会論文集, 社団法人空気調和・衛生工学会, I-62 多分割人体生理モデルを用いた屋外温熱環境CFD解析(その2) : Stolwijkモデルを組み込んだ屋外温熱環境評価, 吉田 伸治, This paper describes the effect of the incorporation of Stolwijk model into CFD analysis of outdoor thermal environment, In the former of this paper, profile of the Stolwijk model is described. Stolwijk model is the 25-node thermoregulation-model. This model has 5 body parts, and each body part consists of core, muscle, fat and skin. In addition, the model has a central blood compartment. In the latter part of this paper, the comparison between CFD analysis incorporated Gagee's two-node model and that incorporated Stolwijk model is carried out. By comparing these analyses, the effect of incorporation of Stolwijk model into evaluating outdoor thermal environment is clarified., 2005年07月25日, 17, 3, 2217, 2220
  • 日本語, 学術講演会論文集, 社団法人空気調和・衛生工学会, I-46 都市キャノピーモデルを組み込んだメソスケール解析による都市の熱収支構造の分析(その2) : 東京23区内の業務地区と住宅地区の比較, 佐藤 大樹; 村上 周三; 大岡 龍三; 吉田 伸治, The authors have proposed new "Urban Heat Balance Model" in Part1. The model is the technique for evaluating urban heat balance based on meso-scale climate analysis which incorporates with the urban canopy model. In this paper, Otemachi as business district and Nerima as residential district are calculated by Urban Heat Balance Model. In Otemachi district, the heat flows out of C.V. (Control Volume) in forms of both diffusion and convections, while the heat is released mainly in form of diffusion in Nerima district., 2005年07月25日, 17, 3, 2153, 2156
  • 日本語, 学術講演会論文集, 社団法人空気調和・衛生工学会, I-63 屋外空間における人体表面の対流熱伝達率α_cの予測式の提案と街区におけるα_cの分布の予測, 小野 剛司; 村上 周三; 大岡 龍三; 吉田 伸治; 早乙女 強, In this paper, the authors develop the formula of the mean convective heat transfer coefficient (α_c) of a human body (α^^-_c) based on CFD analysis. This formula can evaluate both influences of velocity and turbulent intensity of the wind on α^^-_c . In addition, the authors calculate the distribution of α^^-_c in an urban canyon space. The authors compare the developed convective heat transfer coefficient model with the conventional model in the flow field at the urban canyon space. Distinct differences between these models are observed. Thus, the effectiveness of this formula developed here is well clarified., 2005年07月25日, 17, 3, 2221, 2224
  • 日本語, 学術講演会論文集, 社団法人空気調和・衛生工学会, I-14 実測による福井市における環境共生型事務所ビルの省エネルギー性能評価, 杉森 和歌子; 吉田 伸治; 大岡 龍三, In this paper, we evaluate the energy saving performance of environmental symbiotic office building in Fukui-city using field observation. In this building, photovoltaic power system, rainwater reusing system, natural ventilation system, and geothermal air conditioning system are introduced. In the former part of this paper, we evaluate the energy and resource saving performances of these systems. In the latter part of this paper, CEC/AC is calculated using the annual result of field observation in order to evaluate the energy saving performance for air conditioning. By these investigations, it is clarified that this building has high performance for environmental modification., 2005年07月25日, 17, 1, 685, 688
  • 日本語, 学術講演会論文集, 社団法人空気調和・衛生工学会, D-19 数値気候モデルによる福井地方の局地気候解析(その3) : 都市熱収支モデルを用いた福井地方の温熱環境評価, 中出 晃司; 吉田 伸治, This study have focused on the local climate analysis in Fukui central area in summer , and analyzed the mechanism of climate formation based on Urban Hest-Balance Model. In this paper, we carried out the local climate analysis for Fukui local area, and compared the regional characteristic of atmospheric heat balance of Awara city ,located in the north of Fukui planes, the center of Fukui city, Sabae city, located in the south of Fukui planes. By comparing the results for these area, the effect of land-use condition and atmospheric heat balance structure were clarified., 2004年08月20日, 16, 2, 1007, 1010
  • 日本語, 学術講演会論文集, 社団法人空気調和・衛生工学会, D-20 数値気候モデルによる福井地方の局地気候解析(その4) : 都市の熱収支モデルに基づいた水田の有無が大気の熱収支構造に及ぼす影響の検討, 吉田 伸治; 中出 晃司, This paper describes effects of rice fields on atmospheric environment in Fukui area in summer using numerical climate model and urban-heat-balance model. Two cases were carried out. In casel, the present situations of land-use were incorporated into the prediction thorough the boundary conditions at ground surface, while values of surface parameters in the area of rice field were changed to the values corresponding to the buildings in cae2. By comparing the results, it is clarified that the rice field has great impacts on the sensible and latent heat balance in atmosphere in Fukui area., 2004年08月20日, 16, 2, 1011, 1014
  • 日本語, 学術講演会論文集, 社団法人空気調和・衛生工学会, D-25 都市キャノピーモデルを組み込んだメソスケール解析による都市の熱収支構造の分析, 佐藤 大樹; 村上 周三; 大岡 龍三; 吉田 伸治; 原田 雄介, The authors have proposed "Urban Heat Balance Model", which is the technique for evaluating the mechanism of the urban heat balance. The heat balance is estimated based on results of the numerical climate analysis. The previous numerical model cannot analyze the effect of building canopy. In this paper, the authors propose new "Urban Heat Balance Model" based on meso-scale climate model which incorporate with the urban canopy model. By this advancement, the detailed urban heat balance and the thermal environment at pedestrian level are well analyzed., 2004年08月20日, 16, 2, 1031, 1034
  • 査読無し, 日本語, 空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集, 公益社団法人 空気調和・衛生工学会, 数値気候モデルによる東京都区部の空調排熱形態がヒートアイランドに及ぼす影響の検討, 中出晃司; 吉田伸治; 大岡龍三; 加藤信介; 原山和也; 鳴海大典; 黄弘; 李海峰; 市川徹; 小島弘; 大森敏明, 2003年09月, 2003, 697-700, 700, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 日本語, 学術講演会論文集, 社団法人空気調和・衛生工学会, B-48 CFD解析による屋上緑化の屋外温熱環境緩和効果の検討, 吉田 伸治; 秋田 知良; 大岡 龍三; 原山 和也, 2003年08月20日, 15, 3, 1425, 1428
  • 日本語, 学術講演会論文集, 社団法人空気調和・衛生工学会, B-33 都市の熱収支モデルを用いた東京首都圏の夏季と冬季の都市気候解析, 佐藤 大樹; 村上 周三; 大岡 龍三; 吉田 伸治, 2003年08月20日, 15, 2, 705, 708
  • 日本語, JWE : 日本風工学研究会誌, 出雲地方の築地松の防風効果の数値予測, 岩田 達明; 木村 敦子; 持田 灯; 吉野 博; 大岡 龍三; 吉田 伸治, 2003年04月30日, 95, 65, 66
  • 日本語, JWE : 日本風工学研究会誌, 都市の熱代謝モデルに基づく緑化に伴う東京の熱収支構造の変化の評価, 佐々木 澄; 持田 灯; 大岡 龍三; 吉田 伸治; 村上 周三; 吉野 博, 2003年04月30日, 95, 67, 68
  • 日本語, エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス講演論文集 = Proceedings of the ... Conference on Energy, Economy, and Environment, 基礎杭利用地熱空調システムの研究開発 : 中小規模オフィスビルに導入した場合の省エネルギー効果とライフサイクルコストの検討, 大岡 龍三; 加賀 久宣; 竹内 正紀; 宮本 重信; 吉田 伸治, 2003年01月30日, 19, 807, 810
  • 日本語, エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス講演論文集 = Proceedings of the ... Conference on Energy, Economy, and Environment, 都市の熱代謝モデルに基づく都市熱環境の分析(その1) : 都市の熱代謝モデルの提案と東京都区部の熱環境評価, 吉田 伸治; 大岡 龍三; 村上 周三; 原山 和也; 持田 灯, 2003年01月30日, 19, 641, 646
  • 日本語, エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス講演論文集 = Proceedings of the ... Conference on Energy, Economy, and Environment, 都市の熱代謝モデルに基づく都市熱環境の分析(その2) : 東京都区部を対象とした都市緑化の効果の評価, 佐々木 澄; 持田 灯; 吉田 伸治; 大岡 龍三; 村上 周三; 吉野 博, 2003年01月30日, 19, 647, 650
  • 査読無し, その他, 11th International Conference on Wind Engineering, 2, 2641-2648, Lubbock, Texas, USA, Evaluation of the Impacts of Urban Tree Planting in Tokyo Based on Urban Heat Balance Model,, S.Murakami; A.Mochida; R.Ooka; S.Yoshida; H.Yoshino; K.Sasaki; K.Harayama, 2003年
  • 査読無し, その他, Fifth International Conference on Urban Climate, O26-2, 1-5, Evaluation of the Impacts of Urban Tree Plantingin Tokyo Based on Thermal Metabolism Model, K. Sasaki; A. Mochida; R. Ooka; S. Murakami; S.Yoshida; H. Yoshino; K. Harayama, 2003年
  • 査読無し, 日本語, 福井大学工学部研究報告 , 第50巻, 第1号, 1-6, 福井大学工学部, 屋外温熱環境形成寄与率CROを用いた街区の温熱環境評価に関する研究, 吉田 伸治; 原山 和也; 大岡 龍三; 村上 周三; 持田 灯, The mechanism for composing air temperature field in an outdoor space is explained with new concepts. Here, all heat factors in the outdoor space are treated simply as real or virtual heat sources and sinks. The technique of numerical simulation is used to derive those new concepts. The scales for assessing the contribution of each heat source or sink to air temperature distribution in the outdoor space as CRO (Contribution Ratio of Outdoor Climate) 1,2,3 and 3.5. These scales quantitatively indicate the capacity of one single heat source in the outdoor space for diffusion and how much that heat source will raise the temperature at a point in question. The scales are applied to assessment of outdoor thermal environment., 2002年, 50, 1, 1, 5
  • 査読無し, 日本語, 福井大学工学部研究報告 , 第50巻, 第1号, 7-11, 福井大学工学部, 人工排熱が都市のヒートアイランド現象に及ぼす影響のCFD解析, 吉田 伸治; 大岡 龍三; 村上 周三; 原山 和也, Urban climate in Kanto plane was analysed by three dimensional CFD simulation. Four cases of numerical prediction were carried out in this study. In casel, the artificial heat release was assumed zero while spatial-temporal distribution of the artificial heat release was incorporated into the predication of the other cases. By comparing the results of these analyses, the effects of artificial heat release on the predicted results of urban heat island were clarified., 2002年, 50, 1, 7, 11
  • その他, 第18回エネルギー 経済 環境コンファレンス論文集, 2002, CFDによる人工排熱が都市のヒートアイランド現象に及ぼす影響の検討, 吉田伸治, 2002年
  • 査読無し, 日本語, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 社団法人日本建築学会, 40562 対流・放射・湿気連成解析による屋外環境共生空間の研究(その11) : 団地内キャニオン空間における樹木周辺環境の実測, 磐田 靖子; 村上 周三; 高橋 岳生; 吉田 伸治; 成田 健一; 持田 灯; 富永 禎秀; 金 相進; 原山 和也, 2000年07月31日, 2000, 0, 1137, 1138
  • 査読無し, 日本語, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 社団法人日本建築学会, 40563 対流・放射・湿気連成解析による屋外環境共生空間の研究(その12) : 団地内実測による各種温熱環境パラメータの同定, 笹沼 宏之; 成田 健一; 村上 周三; 吉田 伸治; 足永 靖信; 持田 灯; 大岡 龍三; 磐田 靖子, 2000年07月31日, 2000, 0, 1139, 1140
  • 査読無し, 日本語, 空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集, 団地内キャニオン空間における夏季の温熱環境に関する研究(その1)温熱環境の実測と物理パラメータの同定, 成田 健一; 村上 周三; 高橋 岳生; 吉田 伸治; 磐田 靖子; 足永 靖信; 持田 灯; 富永 禎秀; 大岡 龍三, 1999年09月01日, 1999, 3, 1437, 1440
  • 査読無し, 日本語, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 社団法人日本建築学会, 40430 対流・放射・湿気連成解析による屋外環境共生空間の研究(その6) : 団地内キャニオン空間における夏季の温熱環境の実測, 村上 周三; 高橋 岳生; 大岡 龍三; 成田 健一; 吉田 伸治; 磐田 靖子; 小林 泰; 足永 靖信; 持田 灯; 富永 禎秀, 1999年07月30日, 1999, 0, 897, 898
  • 査読無し, 日本語, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 社団法人日本建築学会, 40431 対流・放射・湿気連成解析による屋外環境共生空間の研究(その7) : 団地内実測による温熱環境パラメータの同定, 植村 明子; 成田 健一; 村上 周三; 吉田 伸治; 足永 靖信; 高橋 岳生; 持田 灯; 富永 禎秀; 大岡 龍三; 磐田 靖子, 1999年07月30日, 1999, 0, 899, 900
  • 査読無し, 日本語, 日本建築学会関東支部研究報告集, 社団法人日本建築学会, 24 対流・放射・湿気連成解析による屋外環境共生空間の研究(その5) : 団地内キャニオン空間における夏季の温熱環境の実測(環境工学,計画系), 吉田 伸治; 村上 周三; 高橋 岳生; 磐田 靖子; 成田 健一; 足永 靖信; 大岡 龍三; 持田 灯; 富永 禎秀, 1999年02月28日, 0, 69, 257, 260
  • 査読無し, 日本語, 生産研究, 東京大学, 環境緩和効果を総合的に組み込んだ新し い3次元樹木モデルの開発-屋外環境共生空間の数値解析-, 吉田伸治; 村上周三; 持田灯; 大岡龍三; 富永禎秀, 市街地空間の気流・温熱環境予測に適合可能な新しい3次元樹木モデルの開発を行った.本モデルでは,(1)樹木の流体力学的影響(風速低下と乱れの増加),(2)樹木による放射減衰の効果,(3)樹木からの潜熱発生を含む熱収支の影響の3つの環境緩和効果を組み込んだ.次に,開発した3次元樹木モデルを用いて,市街地空間内における樹木の気流分布への影響や温熱環境の緩和効果について検討した., 1999年01月, 51, 1, 11, 16, 速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)
  • 日本語, 福井大学工学部研究報告, 福井大学工学部, 対流・放射・湿気連成シミュレ-ションによる市街地空間の温熱環境の数値解析-その2 改良k-εモデルを用いた屋外温熱環境の緑地効果の検討, 大岡 竜三; 村上 周三; 持田 灯; 吉田 伸治; OOKA Ryozo; MURAKAMI Shuzo; MOCHIDA Akashi; YOSHIDA Shinji, In this study, velocity, temperature and humidity fields in urban area were analyzed using CFD technique developed by the authors. Spatial distribution of SET* is calculated in order to assess pedestrian comfort from the CFD predictions. It was darified that 1) revised κ-ε model can predict the velocity field and temperature field more accurately than does the stndard κ-ε model, 2) greening is effective for relaxation of thermal environment on the urban area in summer,3) coupled simulation of radiation and convection with incorporating of moisture transport is very powerful tool for eva1uating the outdoor environment., 1998年09月, 46, 2, 157, 162
  • 日本語, 福井大学工学部研究報告, 福井大学工学部, 対流・放射・湿気連成シミュレ-ションによる市街地空間の温熱環境の数値解析-その1 モンテカルロ法を用いた放射計算の概要, 大岡 竜三; 村上 周三; 持田 灯; 吉田 伸治; OOKA Ryozo; MURAKAMI Shuzo; MOCHIDA Akashi; YOSHIDA Shinji, Thermal environment in outdoor space is resulted from four elements,wind,air temperature,humidity and radiation. In this study, fields of these elements in city block area were analyzed using coupled simulation technique of convection and radiation developed by the authors. Especially,this paper describes an outline of radiative simulation method in aid of Monte Carlo simulation in outdoor space., 1998年09月, 46, 2, 151, 156
  • 査読無し, 日本語, 生産研究, 東京大学, 対流・放射・湿気連成解析による屋外環境共生空間の緑地効果の検討, 吉田伸治; 大岡龍三; 村上周三; 持田灯; 富永禎秀, 本研究では,(1)浮力効果,(2)建物風上側の乱流エネルギーの過大生産の抑制効果を導入した改良k-εモデルに水蒸気輸送方程式を組み込んだプログラムを用いて市街地の温熱環境を解析した.解析結果から新標準有効温度SET*の空間分布を算出し,都市緑化が夏季の屋外環境に及ぼす影響を検討した.解析の結果,都市緑化が夏季の屋外環境の緩和に貢献していることを確認した., 1998年01月, 50, 1, 73, 77, 速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)
  • その他, 空気調和衛生工学会学術講演会講演論文集, 対流 放射 湿気輸送連成解析による屋外環境共生空間の研究(その4), 吉田伸治, 1998年, 361, 364
  • その他, 空気調和衛生工学会学術講演会講演論文集, 放射シミュレーションによる都市の温熱環境評価に関する研究, 吉田伸治, 1997年, 1265, 1268
  • 日本語, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 一般社団法人日本建築学会, 40319 多分割人体生理モデルを用いた屋外温熱環境CFD解析 (その1) : Two-nodeモデルとStolwijkモデルの比較(屋外温熱環境評価,環境工学I), 吉田 伸治; 杉浦 信介, 2005年07月31日, 2005, 659, 660
  • 日本語, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 2005, 一般社団法人日本建築学会, 街路樹による市街地の暑熱環境緩和効果に関する研究 (その4) 樹木の成長, 樹種の違いが樹冠の葉面積密℃, 光学的深さに及ぼす影響, 中井敦; 吉田 伸治; 大岡 龍三, 2005年, 685, 686
  • 日本語, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 一般社団法人日本建築学会, 40330 数値気候モデルを用いた福井地方の局地気候解析(その1) : 解析概要と予測精度の検証(地方都市数値解析,環境工学I), 中出 晃司; 吉田 伸治; 楠 博光, 2004年07月31日, 2004, 683, 684
  • 日本語, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 一般社団法人日本建築学会, 40323 夏季の東京首都圏における熱環境の地域性の比較(その1) : 解析概要と流れ場・温湿度場の比較(メソスケール,環境工学I), 小野 剛司; 佐藤 大樹; 村上 周三; 大岡 龍三; 吉田 伸治, 2004年07月31日, 2004, 669, 670
  • 日本語, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 一般社団法人日本建築学会, 40316 都市キャノピーモデルを組み込んだメソスケール気候モデルの開発(その1) : 都市キャノピーモデルの基本構成(都市キャノピーモデル,環境工学I), 原山 和也; 大岡 龍三; 村上 周三; 吉田 伸治; 瀬戸島 政博; 近藤 裕昭, 2004年07月31日, 2004, 655, 656
  • 日本語, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 一般社団法人日本建築学会, 40324 夏季の東京首都圏における熱環境の地域性の比較(その2) : 都市の熱収支モデルによる大気の顕熱・潜熱収支構造の比較(メソスケール,環境工学I), 佐藤 大樹; 村上 周三; 大岡 龍三; 吉田 伸治, 2004年07月31日, 2004, 671, 672
  • 日本語, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 一般社団法人日本建築学会, 40331 数値気候モデルを用いた福井地方の局地気候解析(その2) : 都市の熱収支モデルによる福井市中心部の大気の熱収支構造の分析(地方都市数値解析,環境工学I), 吉田 伸治; 中出 晃司; 楠 博光, 2004年07月31日, 2004, 685, 686
  • 日本語, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 一般社団法人日本建築学会, 40483 北陸地方における環境共生型事務所ビルの性能評価とその設計コンセプト(地球環境建築デザイン そのコンセプトと環境性能,オーガナイズドセッション,環境工学I), 大岡 龍三; 吉田 伸治, 2009年07月20日, 2009, 1021, 1024
  • 日本語, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 一般社団法人日本建築学会, 41011 緑のカーテンの熱環境緩和効果に関する研究(その1) : 緑のカーテンの光学的深さ,葉面積密度の簡易推定方法の提案(遮熱・排熱,環境工学II), 吉田 伸治, 2009年07月20日, 2009, 21, 22
  • 日本語, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 一般社団法人日本建築学会, 40334 多分割人体温熱生理モデルを用いた屋外温熱環境CFD解析(その4) : 連成CFD解析による屋外歩行空間の温熱環境評価(CFD応用,環境工学I), 岸 由紀子; 吉田 伸治, 2009年07月20日, 2009, 719, 720
  • 日本語, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 一般社団法人日本建築学会, 41057 冬期の浴室内の温熱環境と安全性に関する研究(その2) : 中部・近畿地方を対象とした浴室の温熱環境評価(熱性能評価,環境工学II), 吉田伸治, 2008年, 2, 113, 114
  • 日本語, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 一般社団法人日本建築学会, 41470 アンダーセンサンプラーにより空中スギ花粉を捕集する際の粒子損失について(微生物汚染測定法,環境工学II), 大橋 えり; 吉田 伸治; 大岡 龍三, 2005年07月31日, 2005, 969, 970
  • 日本語, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 一般社団法人日本建築学会, 41305 実測による福井市における環境共生型事務所ビルの性能評価に関する研究(実測調査,環境工学II), 柿本 理恵; 吉田 伸治; 大岡 龍三, 2004年07月31日, 2004, 637, 638
  • 日本語, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 一般社団法人日本建築学会, 40567 非住宅(民生業務部門)建築物の環境関連データベース構築に関する研究 : その45 北信越における水消費量とCO_2排出量の実態(平成21年度調査)(業務用建物のエネルギー消費(2),環境工学I), 新家 達也; 浅野 良晴; 高村 秀紀; 久保 猛志; 永野 紳一郎; 飯野 秋成; 堀 祐治; 吉田 伸治, 2010年07月20日, 2010, 1159, 1160
  • 日本語, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 一般社団法人日本建築学会, 40566 非住宅(民生業務部門)建築物の環境関連データベース構築に関する研究 : その44 北信越におけるエネルギー消費量とCO_2排出量の実態(平成21年度調査)(業務用建物のエネルギー消費(2),環境工学I), 高村 秀紀; 浅野 良晴; 新家 達也; 久保 猛志; 永野 紳一郎; 飯野 秋成; 堀 祐治; 吉田 伸治, 2010年07月20日, 2010, 1157, 1158
  • 日本語, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 一般社団法人日本建築学会, 41388 多分割人体温熱生理モデルを用いた屋外温熱環境CFD解析 : 歩行経路の変更に伴う通風環境の変化が歩行者の温熱快適性に与える影響(選抜梗概,都市の通風・換気(1),オーガナイズドセッション,環境工学II), 吉田 伸治, 2010年07月20日, 2010, 781, 784
  • 日本語, 日本建築学会北陸支部研究報告集, 一般社団法人日本建築学会, 4-17 北信越地域における非住宅建築物の環境関連データベース構築に関する研究 : その2 2007〜2009年度調査に基づくエネルギー・水消費量分析(環境系), 長瀬 純太; 浅野 良晴; 高村 秀紀; 久保 猛志; 永野 紳一郎; 飯野 秋成; 堀 祐治; 吉田 伸治, 本研究では、「非住宅建築物の環境関連データベース検討委員会」の活動の一環として行われた、全国の非住宅建築を対象としたエネルギー消費量に関するアンケート調査の中の北信越地域におけるエネルギー・水消費量についての分析を行った。エネルギー消費量は建物用途別による影響が現れていた。また、CO_2排出量と水消費量にもエネルギー消費量と同様に建物用途による影響が現れていた。, 2011年07月10日, 54, 287, 290
  • 日本語, 日本建築学会北陸支部研究報告集, 一般社団法人日本建築学会, 4-17 実測に基づく福井駅前広場空間における夏季の温熱快適性評価に関する研究(環境系), 吉田 伸治, 実測により、福井駅前広場空間における夏季の温熱快適性評価を行った。実測は2010年8月に行われ、気象条件並びに温湿度、風速等をはじめとする温熱環境構成要素が計測された。得られた結果より温熱快適性の評価尺度の一つの新標準有効温度SET^*を算出し、広場空間の温熱快適性の現状とその空間における暑熱適応策の効果を評価した。, 2011年07月10日, 54, 295, 298
  • 日本語, 日本建築学会北陸支部研究報告集, 一般社団法人日本建築学会, 4-5 実測による折板屋根の断熱化による熱負荷削減効果に関する研究(環境系), 吉田 伸治; 有馬 朋広, 工場等に採用される事の多い折板屋根への対策による建物熱負荷削減効果を実測により検討した。実測は2009年夏期に行われ、屋根面、並びに空気層温度、日射反射率(アルベド)等が計測された。実測の結果、折板屋根上に遮蔽板を設けその間を通気することにより、日射反射量の増加と通気による効率良い放熱が期待できることが明らかとなった。, 2010年07月18日, 53, 271, 274
  • 日本語, 日本建築学会北陸支部研究報告集, 一般社団法人日本建築学会, 4-17 北信越地域における非住宅建築物の環境関連データベース構築に関する研究 : (その1)平成2006〜2007年度の調査結果に基づくエネルギー・水消費量分析(環境系), 新家 達也; 浅野 良晴; 久保 猛志; 永野 紳一郎; 飯野 秋成; 堀 祐治; 吉田 伸治; 高村 秀紀, 本研究は、「非住宅建築物の環境関連データベース検討委員会」の活動の一環として行われた、全国の非住宅建築を対象としたエネルギー消費量に関するアンケート調査における北信越地域のエネルギー・水消費量について分析を行った。エネルギー消費量は建物用途別、営業時間による影響が見られた。また、CO_2排出量と水消費量にもエネルギー消費量と同様に建物用途による影響が見られた。, 2010年07月18日, 53, 347, 350
  • 日本語, 冷凍, 日本冷凍空調学会, スギ花粉による室内環境汚染の実態とその防止対策, 大橋 えり; 吉田 伸治, 2010年05月15日, 85, 991, 377, 381
  • 日本語, 日本建築学会北陸支部研究報告集, 一般社団法人日本建築学会, 4-5 実測による簡易ルーフポンド敷設の熱負荷緩和効果に関する研究(環境系), 篠塚 麻貴; 吉田 伸治, 既存のRC建物に簡易に設置可能な水槽(ルーフポンド)の熱負荷緩和効果を実測により検討した。ルーフポンドの効果については、その熱収支の実測結果に基づき分析した。実測結果、ルーフポンドの敷設はポンド内の水の高い熱容量と水面からの潜熱放散により、普通面に比べ日中の建物内への熱流を1/5程度まで低減することが可能であることが明らかとなった。, 2009年07月12日, 52, 203, 206
  • 日本語, 日本建築学会北陸支部研究報告集, 一般社団法人日本建築学会, 4-18 日射の強度と方向性が温熱生理と快適性に及ぼす影響(環境系), 井上 理史; 吉田 伸治, 屋外温熱環境の評価指標の体系化に関する有用な知見を得るため、日射の強度と方向性が歩行者に及ぼす影響を被験者実験により調査した。実験の結果、日射の方向性が温熱整理を代表する平均皮膚温と温熱心理を代表する温冷感に及ぼす影響は、日射強度が弱い場合は大きな差異がなく、日射強度が強い場合は差異が生じる。また、生理的尺度と心理的尺度に及ぼす影響を比較すると心理的尺度に及ぼす影響が強い結果となった。, 2009年07月12日, 52, 283, 286
  • 日本語, 日本建築学会北陸支部研究報告集, 一般社団法人日本建築学会, 実測による緑のカーテンの室内温熱環境緩和・日射遮蔽効果の分析, 吉田伸治, 緑のカーテン」による室内熱環境緩和効果とこれをもたらす主因となる日射遮蔽効果の定量化に着目した実測を行った。「緑のカーテン」の日射遮蔽性能の評価尺度にはak(葉面積密度×消散係数)を使用した。実測の結果、akは植物種、並びに緑のカーテンの設置角度と日射入射角の関係を評価する上で有用なパラメータとなることを確認した。, 2009年, 52, 207, 210
  • 日本語, 日本流体力学会年会講演論文集, 日本流体力学会, 戸建住宅団地内の風の道の最適設計に関するCFD解析(都市・ヒートアイランド(1),一般講演), 吉田 伸治, In this study, we investigate the effects of utilization of building space within residential estate on flow field, temperature field, and thermal comfort on outdoor space in summer using the coupled simulation method based on CFD analysis, developed by the authors. In this paper, we carried out the analyses on two residential estate models. One model consists of rectangular solid building models, while another one consists of L-shaped buildings and large open-spaces. By comparing these calculation results, it is clarified that the arrangement of buildings and open-spaces affects flow field and thermal comfort on outdoor spaces in summer., 2007年, 2007, 115, 115
  • 日本語, 日本建築学会関東支部研究報告集 I, 一般社団法人日本建築学会, 4053 CFDによる川風の熱空気環境改善効果の解析, 大黒 雅之; 村上 周三; 森川 泰成; 持田 灯; 足永 靖信; 大岡 龍三; 吉田 伸治; 小野 浩史, 2002年02月28日, 72, 665, 668
  • 日本語, 日本建築学会北陸支部研究報告集, 一般社団法人日本建築学会, スギ花粉粒子の空気力学径について-アンダーセンサンプラーを用いた測定結果より-, 大橋えり; 大岡 龍三; 吉田 伸治, 空中スギ花粉の浮遊形態には単体と凝集体があるが、凝集体の割合は40〜100分の1と比較的少ない。アンダーセンサンプラーで空中花粉粒子を捕集する際、10μm程度以上の大型粒子では、捕集段に粒子が到達しない可能性がある。浮遊スギ花粉の空気力学径は、アンダーセンサンプラー(28.3L/min吸引)で捕集した結果、12〜14μmの範囲となった。, 2002年, 56, 209, 212
  • 日本語, 日本建築学会関東支部研究発表会, 2002, 一般社団法人日本建築学会, 建物配置変更による川風の制御に関するCFD解析, 大黒; 村上 周三; 森川 泰成; 持田 灯; 足永 靖信; 大岡 龍三; 吉田 伸治; 小野 浩史, 2002年, 669, 672
  • 日本語, 空気調和・衛生工学, 福井県教育センターの建築設備, 酒井 良雄; 佐々木 龍二; 吉田 伸治; 竹内 正紀; 大岡 龍三; 宮本 重信, 2005年10月05日, 79, 10, 950, 951
  • 日本語, エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス講演論文集 = Proceedings of the ... Conference on Energy, Economy, and Environment, 対流・放射連成解析による建物表面緑化の屋外環境緩和効果の検討, 原山 和也; 大岡 龍三; 村上 周三; 吉田 伸治, 2002年01月24日, 18, 503, 506
  • その他, 日本建築学会大会学術講演梗概集(環境工学1), 対流 放射 湿気連成解析による屋外環境共生空間に関する研究(その2)改良型k-εモデルの導入効果の検討, 吉田伸治, 1998年, 937, 938
  • 日本語, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 一般社団法人日本建築学会, スギ花粉粒子の空気力学径について (その2) : アンダーセンサンプラーを用いた野外実測結果より(2002年度大会 (北陸) 学術講演梗概集), 大橋 えり; 大岡 龍三; 吉田 伸治, 2002年06月30日, 2002, 971, 972
  • 日本語, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 一般社団法人日本建築学会, 基礎杭利用地熱空調システムの研究開発 (その3) : 基礎杭利用地熱空調を事務所建築に適用した場合の省エネルギー効果の検討(2002年度大会 (北陸) 学術講演梗概集), 宮本 英和; 吉田 伸治; 大岡 龍三, 2002年06月30日, 2002, 1197, 1198
  • 日本語, 日本建築学会大会学術講演梗概集 (北陸), 2002. 8, 一般社団法人日本建築学会, 樹冠の光学的深さ, 葉面積密度の簡易推定方法の提案, 河田祐二; 吉田 伸治; 大岡 龍三, 2002年, 961, 962
  • 日本語, 日本建築学会大会学術講演会, 2002, 一般社団法人日本建築学会, CFDによる川風の熱空気環境改善効果の解析その1 -河川の有無による温熱環境の変化-, 大黒; 村上 周三; 森川 泰成; 持田 灯; 足永 靖信; 大岡 龍三; 吉田 伸治; 小野 浩史, 2002年, 879, 880
  • 日本語, 日本建築学会大会学術講演梗概集 (北陸), 2002, 一般社団法人日本建築学会, NCR 01を利用した屋上緑化 地上緑化の効果の検討 (屋外温熱環境形成寄与率CROに関する研究 その4), 吉田伸治; 原山 和也; 大岡 龍三; 村上 周三, 2002年, 927, 928
  • 日本語, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 2002, 一般社団法人日本建築学会, CFD解析による出雲地方の築地松が有する防風効果の検討, 鈴木; 吉田 伸治; 大岡 龍三; 黒谷 靖雄, 2002年, 871, 872
  • 日本語, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 2002. 8, 一般社団法人日本建築学会, 屋外温熱環境形成寄与率CROに関する研究 (その3) : 都市の温熱環境設計を評価するための新しいCROの提案(2002年度大会 (北陸) 学術講演梗概集), 原山; 大岡 龍三; 吉田 伸治; 村上 周三, 2002年, 1, 925, 926
  • 日本語, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 一般社団法人日本建築学会, 40566 建物の被覆状況、形状の変化が屋外温熱環境に及ぼす影響(その3) : 街区形状の変化による温熱環境緩和効果の検討, 原山 和也; 吉田 伸治; 大岡 龍三; 村上 周三; 磐田 靖子, 2000年07月31日, 2000, 1145, 1146
  • 日本語, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 一般社団法人日本建築学会, 形状の変化が屋外温熱環境に及ぼす影響(その2)建物外表面のアルベドの違いが屋外空間の温熱快適性に及ぼす影響, 大庭; 持田 灯; 吉野 博; 村上 周三; 大岡 龍三; 吉田 伸治, 2000年, 1, 1143, 1144
  • 日本語, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 一般社団法人日本建築学会, 建物の被覆状況,形状の変化が屋外温熱環境に及ぼす影響(その1)建物の被覆状況の変化,形状の変化が建物の外表面温度,貫流熱負荷に及ぼす影響, 小林; 大岡 龍三; 村上 周三; 磐田 靖子; 吉田 伸治; 原山 和也, 2000年, 1, 1141, 1142
  • 日本語, 日本建築学会大会学術講演梗概集 (東北), 2000. 9, 一般社団法人日本建築学会, (1方程式+WET型) Two layer model による建築外表面の対流熱伝達率の解析, 吉田伸治; 村上 周三; 大岡 龍三; 加藤 信介; 金 泰延, 2000年, 1149, 1150
  • 日本語, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 一般社団法人日本建築学会, 40434 対流・放射・湿気連成解析による屋外環境共生空間の研究(その10) : 3次元樹木モデルを用いた樹木の温熱環境緩和効果の検討, 吉田 伸治; 村上 周三; 大岡 龍三; 持田 灯; 富永 禎秀, 1999年07月30日, 1999, 905, 906
  • 日本語, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 1999, 一般社団法人日本建築学会, 対流 放射 湿気連成解析による屋外環境共生空間の研究 (その8) 団地内キャニオン空間の気流分布の数値予測と実測の比較, 磐田靖子; 村上 周三; 吉田 伸治; 大岡 龍三; 持田 灯; 足永 靖信, 1999年, 901, 902
  • 日本語, 日本建築学会大会梗概集, 1999, 一般社団法人日本建築学会, 団地内キャニオン空間の温熱環境の数値予測と実測の比較対流 放射 湿気連成解析による屋外環境共生空間の研究 (その9), 足永靖信; 村上 周三; 吉田 伸治; 磐田 靖子; 大岡 龍三; 持田 灯, 1999年, 903, 904
  • 日本語, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 一般社団法人日本建築学会, 40426 数値モデルによる関東地方の都市気候の研究 : 都市化のもたらす気候変化に関する検討, 村上 周三; 持田 灯; 金 相?; 大岡 龍三; 吉田 伸治, 1997年07月30日, 1997, 877, 880
  • 日本語, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 一般社団法人日本建築学会, 40431 都市気候解析のための数値気象モデルの検討 : Mellor-Yamada型モデル(レベル2.5)による海風局地循環の数値実験, 大岡 龍三; 村上 周三; 持田 灯; 金 相?; 吉田 伸治, 1997年07月30日, 1997, 893, 894
  • 日本語, 日本建築学会大会学術講演梗概集. D-2, 1999, 一般社団法人日本建築学会, 高層建物周辺の地表近くの気流分布の数値解析, 持田灯; 富永 禎秀; 村上 周三; 吉田 伸治, 1999年, 681, 682
  • 日本語, 日本建築学会大会学術講演梗概集、A-2, 1999, 一般社団法人日本建築学会, 都市火災伝播における火の粉飛散の数値解析, 林吉彦; 加藤 信介; 村上 周三; 白石 靖幸; 吉田 伸治, 1999年, 267, 268
  • 日本語, 日本建築学会学術講演梗概集, 1998, 一般社団法人日本建築学会, 緑化による屋外温熱環境の緩和効果の検討, 足永靖信; 村上 周三; 持田 灯; 吉田 伸治; 大岡 龍三; 富永 禎秀, 1998年, 939, 940
  • 日本語, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 1996年9月, 一般社団法人日本建築学会, 新潟地方の局地気象に関する数値解析 (第1報)-田園の有無が夏季の外部環境に及ぼす影響-, 吉田伸治; 持田 灯; 赤林 伸一; 富永 禎秀; 坂口 淳, 1996年, 571, 572
  • 日本語, JWE : 日本風工学研究会誌 : Journal of Wind Engineering, 日本風工学会, 樹木の植栽が都市の風通しや温熱環境に及ぼす影響, 吉田 伸治, 2008年10月31日, 117, 321, 326
  • 日本語, JWE : 日本風工学研究会誌, 高層建物モデル周辺の気流分布の数値解析 Launder-Kato型の改良k-εモデルの風速分布の予測精度に関する検討, 富永 禎秀; 持田 灯; 村上 周三; 吉田 伸治, 1999年04月30日, 79, 179, 180
  • 日本語, 年会一般講演, 対流・放射・湿気輸送連成シミュレーションによる屋外環境共生空間の数値解析 緑化に関わる屋外温熱環境の変化と感度解析, 吉田 伸治; 村上 周三; 持田 灯; 大岡 龍三; 富永 禎秀; 金 相〓, 1998年07月, 17, 291, 292
  • 日本語, 年会一般講演, 数値モデルによる関東地方の局地気象の数値解析 夜間のヒートアイランドの予測結果に対する各種計算条件の設定の影響, 金 相〓; 村上 周三; 持田 灯; 大岡 龍三; 吉田 伸治, 1998年07月, 17, 297, 298
  • 日本語, 風工学シンポジウム論文集, 風による火の粉飛散に伴う都市火災伝搬に関するCFD解析, 白石 靖幸; 加藤 信介; 吉田 伸治; 村上 周三, 2000年12月01日, 16, 143, 148
  • 日本語, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 一般社団法人日本建築学会, 41213 冬期の浴室内の温熱環境と安全性に関する研究(その1) : 気候条件・住宅の断熱性能が浴室でのヒートショック発症に与える影響(入浴の温熱環境,環境工学II), 吉田伸治, 2007年, 2, 425, 426
  • 日本語, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 一般社団法人日本建築学会, 40318 東京都区部の空調排熱形態がヒートアイランドに及ぼす影響の検討(メソスケール数値計算,環境工学I), 大岡 龍三; 吉田 伸治; 加藤 信介; 原山 和也; 鳴海 大典; 黄 弘; 李 海峰; 市川 徹; 小島 弘; 大森 敏明, 2003年07月30日, 2003, 651, 652
  • 日本語, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 一般社団法人日本建築学会, 40319 ヒートアイランド緩和方策が夏季と冬季の首都圏の熱環境へ及ぼす影響の数値解析(その1) : 計算概要及び冬季解析の精度検証(メソスケール数値計算,環境工学I), 佐藤 大樹; 村上 周三; 大岡 龍三; 吉田 伸治; 原山 和也; 近藤 裕昭, 2003年07月30日, 2003, 653, 654
  • 日本語, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 一般社団法人日本建築学会, 40333 CFD解析による屋上緑化の温熱環境緩和効果を誘引する街区形状の検討(都市・建物緑化,環境工学I), 秋田 知良; 吉田 伸治, 2003年07月30日, 2003, 681, 682
  • 日本語, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 一般社団法人日本建築学会, 41351 樹木の流体力学的効果の再現のための植生Canopyモデルの最適化 : (その2)Green型モデルに含まれる新たなモデル係数C_の最適化(換気のマクロ解析・CFD解析,環境工学II), 岩田 達明; 木村 敦子; 持田 灯; 吉野 博; 大岡 龍三; 吉田 伸治, 2003年07月30日, 2003, 723, 724
  • 日本語, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 一般社団法人日本建築学会, 41410 スギ花粉アレルゲン粒子の粒径分布について(その1) : 目視により花粉と認識できないアレルゲン小粒子の個数について : 野外実測より(ダニ・カビ・微生物粒子,環境工学II), 大橋 えり; 吉田 伸治; 大岡 龍三, 2003年07月30日, 2003, 841, 842
  • 日本語, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 一般社団法人日本建築学会, 40320 ヒートアイランド緩和方策が夏季と冬季の首都圏の熱環境へ及ぼす影響の数値解析(その2) : 都市の熱収支モデルを用いた熱環境変化の構造分析(メソスケール数値計算,環境工学I), 原田 雄介; 村上 周三; 佐藤 大樹; 大岡 龍三; 吉田 伸治; 原山 和也; 持田 灯, 2003年, 13, 655, 666
  • 日本語, 日本建築学会大会学術講演梗概集, D1, 2003, 一般社団法人日本建築学会, CFD解析による河川風の防風 利風を図るための樹木帯 フェンスの配置に関する研究, 吉田伸治; 大岡 龍三; 原山 和也; 村上 周三, 2003年, 605, 606
  • 日本語, 日本建築学会大会学術講演梗概集D-1, 2003, 一般社団法人日本建築学会, 住宅団地を対象とした各種屋外温熱環境改善効果の効果に関するCFD解析 (その2) 舗装面の高反射塗料および壁面緑化の効果, 森川泰成; 村上 周三; 大黒 雅之; 持田 灯; 足永 靖信; 大岡 龍三; 吉田 伸治, 2003年, 623, 624
  • 日本語, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 2003. 9, 一般社団法人日本建築学会, 街路樹による市街地の暑熱環境緩和効果に関する研究 (その3) 街路樹の樹冠についての光学的深さ, 葉面積密度, 入射角特性の実測, 下條; 吉田 伸治; 大岡 龍三, 2003年, 1, 609, 610
  • 日本語, 日本建築学会大会学術講演梗概集 (東海), 2003, 一般社団法人日本建築学会, 住宅団地を対象とした各種屋外温熱環境改善効果に関するCFD解析 (その1) 計算概要および壁面 屋根面の高反射塗装の効果, 大黒雅之; 村上 周三; 森川 泰成; 持田 灯; 足永 靖信; 大岡 龍三; 吉田 伸治, 2003年, 621, 622
  • 日本語, 日本建築学会大会学術講演梗概集, D-2, 2003, 一般社団法人日本建築学会, 樹木の流体力学的効果の再現のための植生 Canopy モデルの最適化その1既往のモデルと Green 型モデルの比較, 木村; 岩田 達明; 持田 灯; 吉野 博; 大岡 龍三; 吉田 伸治, 2003年, 721, 722
  • 日本語, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 一般社団法人日本建築学会, 40286 着衣内の熱・水分移動と蓄積を考慮した人体温熱生理モデルによる屋外温熱環境評価に関する研究 (その2) : CFD解析に基づく屋外温熱環境評価への適用効果の検討(体感, 環境工学I), 吉田 伸治; 和中 龍, 2006年07月31日, 2006, 599, 600
  • 日本語, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 一般社団法人日本建築学会, 40287 屋外空間における人体表面の平均対流熱伝達率の予測式の開発 (その3) : 樹木による乱れが屋外温熱快適性に及ぼす影響(体感, 環境工学I), 小野 剛司; 村上 周三; 大岡 龍三; 吉田 伸治, 2006年07月31日, 2006, 601, 602
  • 日本語, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 一般社団法人日本建築学会, 40285 着衣内の熱・水分移動と蓄積を考慮した人体温熱生理モデルによる屋外温熱環境評価に関する研究 (その1) : 人体温熱生理モデルの概要(体感, 環境工学I), 和中 龍; 吉田 伸治, 2006年07月31日, 2006, 597, 598
  • 日本語, 日本建築学会大会梗概集, 2006, 一般社団法人日本建築学会, スギ花粉粒子の室内侵入率と室内落下量分布の実態について, 大橋えり; 吉田 伸治; 大岡 龍三; 宮沢 博, 2006年, 881, 882
  • 日本語, 日本建築学会学術講演梗概集, 2006, 一般社団法人日本建築学会, 床面の被覆が粉体粒子の再飛散に与える影響, 竹内健一郎; 吉田 伸治; 大橋 えり; 大岡 龍三, 2006年, 875, 876
  • 日本語, 日本建築学会関東支部研究報告集 I, 一般社団法人日本建築学会, 4022 乱れ強さを考慮した人体の平均対流熱伝達率の予測式による屋外温熱環境評価 : 樹木がもたらす乱れの屋外温熱快適性への影響の検討(環境工学), 小野 剛司; 村上 周三; 大岡 龍三; 吉田 伸治, 2006年02月28日, 76, 445, 448
  • 日本語, 日本建築学会関東支部研究報告集 I, 一般社団法人日本建築学会, 4006 都市温暖化対策が夏季と冬季の都市熱環境に及ぼす影響の検討(環境工学), 佐藤 大樹; 村上 周三; 大岡 龍三; 吉田 伸治; 原山 和也; 持田 灯, 2003年02月28日, 73, 547, 550
  • 日本語, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 一般社団法人日本建築学会, 40453 建物外表面のアルベドの変化が屋外空間の温熱快適性に及ぼす影響に関する数値解析(室外環境(1),環境工学I), 持田 灯; 吉野 博; 村上 周三; 吉田 伸治; 大庭 万希子; 佐々木 澄, 2001年07月31日, 2001, 923, 924
  • 日本語, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 一般社団法人日本建築学会, 40457 屋外温熱環境形成寄与率CROに関する研究(その1) : CROの提案とCRO3を用いた都市の熱交換効率の検討(屋外環境(2),環境工学I), 吉田 伸治; 原山 和也; 村上 周三; 大岡 龍三; 持田 灯, 2001年07月31日, 2001, 931, 932
  • 日本語, 日本建築学会関東支部研究報告集 I, 一般社団法人日本建築学会, 4015 非定常な屋外温熱環境予測への対流・放射達成解析の適用(環境工学), 原山 和也; 村上 周三; 大岡 龍三; 吉田 伸治, 2001年03月05日, 71, 429, 432
  • 日本語, 日本建築学会学術講演梗概集, 2001年9月, 一般社団法人日本建築学会, 非定常な対流 放射 伝導を考慮した屋外温熱環境予測評価手法に関する研究 (その1) 実在街区を対象とした非定常の放射 伝導解析の精度検証, 原山和也; 吉田 伸治; 村上 周三; 大岡 龍三; 持田 灯, 2001年, 925, 926
  • 日本語, 日本建築学会関東支部研究報告集, 一般社団法人日本建築学会, 対流 放射 湿気輸送連成解析による屋外環境共生空間の解析 (その1)、モンテカルロ法を用いた放射計算の概要, 吉田伸治; 村上 周三; 持田 灯; 大岡 龍三; 富永 禎秀; 大森 敏明, 1998年, 301, 304
  • 日本語, 日本建築学会北陸支部研究報告集, 一般社団法人日本建築学会, 熱回路網解析による中央日本の住宅内の浴室温熱環境の分析(環境系), 吉田 伸治, 熱回路網解析を用いて、中央日本(北陸、信越、東海、近畿地方)を中心に浴室の温熱環境と気候条件、住宅の断熱性能の関係を詳しく分析した。解析の結果、長野・飛騨地方、日本海地域の冬期の浴室温熱環境は、東海・近畿地方のそれと比べ突然死のリスクが非常に高いものであること、この要因として十分な住宅断熱性能の確保と暖房方法の検討が必要であること、が明らかとなった。, 2008年07月27日, 51, 209, 212
  • 日本語, 日本建築学会北陸支部研究報告集, 一般社団法人日本建築学会, 屋外での歩行による環境変化を考慮した温熱快適性評価に関する研究 その1 天候の差異が歩行空間の温熱環境に及ぼす影響の実測, 岸由紀子; 吉田 伸治, 屋外温熱快適性評価手法の体系化に関する有用な知見を得るため、夏期屋外空間での歩行、滞留の行動に伴う周囲からの熱環境の変化が歩行空間の温熱快適性に与える影響を実測した。実測の結果、地上の温熱環境は、土地被覆や植栽の配置に大きく影響される。また、日射、MRT、気温については、天候による差異が生じたが、風速に対する影響は小さい。そして皮膚温度は、晴天日より曇天日の方が全般に高温となり、天候の差異が温熱快適性に与える影響は大きい結果となった。, 2008年, 51, 217, 220
  • 日本語, 日本建築学会北陸支部研究報告集, 一般社団法人日本建築学会, 実測・多分割人体温熱生理モデルによる非定常・不均一な屋外温熱環境の分析 : その2 多分割人体温熱生理モデルによる人体熱収支の分析(環境系), 吉田 伸治, 生活者の行動に伴う周囲の温熱環境の変化が温熱快適性に及ぼす影響を分析するため、筆者が試作した非定常・不均一環境測定用移動カートを用いた屋外での被験者実測を行った。実測では植栽、建物配置の異なる二つの経路において被験者の歩行中の人体温熱生理に関わる諸量と屋外温熱環境を同時に計測された。本報では前報(その1)に示した実測結果を入力条件に用いて、多分割人体温熱生理モデルによる人体熱収支解析を行い歩行空間の熱環境を詳しく分析する。, 2007年07月15日, 50, 249, 252
  • 日本語, 日本建築学会北陸支部研究報告集, 一般社団法人日本建築学会, 実測による北陸地方における屋上緑化の熱環境負荷削減効果の検討(環境系), 藤野 里絵; 吉田 伸治, 土壌・植栽の種類の異なる4つの屋上緑化ユニットの熱環境緩和効果について、その熱的パラメータ(日射吸収率、熱伝導率、対流熱伝達率)、熱収支特性を分析するための実測を行った。実測は福井市中心に立地するSRC造の住宅兼事務所ビル屋上にて行なわれ、実測の結果、熱収支特性に影響するパラメータ値並びに植栽の違い(芝生、草花)が冷却効果に与える影響が明らかとなった。, 2007年07月15日, 50, 137, 140
  • 日本語, 日本建築学会北陸支部研究報告集, 一般社団法人日本建築学会, 実測・多分割人体温熱生理モデルによる非定常・不均一な屋外温熱環境の分析 : その1 実測概要と気象条件(環境系), 吉田 伸治, 生活者の行動に伴う周囲の温熱環境の変化が温熱快適性に及ぼす影響を分析するため、筆者が試作した非定常・不均一環境測定用移動カートを用いた屋外での被験者実測を行った。実測では植栽、建物配置の異なる二つの経路において被験者の歩行中の人体温熱生理に関わる諸量と屋外温熱環境を同時に計測された。本報では実測概要と気象条件を中心に説明し、次報(その2)では、多分割人体温熱生理モデルを用いた人体熱収支の分析により実測結果を考察する。, 2007年07月15日, 50, 245, 248
  • 日本語, 日本建築学会北陸支部研究報告集, 一般社団法人日本建築学会, 北陸地方の浴室の温熱環境と入浴行為に関する研究, 寺井寛; 吉田 伸治, 熱回路網解析を用いて、北陸地方を中心に浴室の温熱環境と入浴行為の関係を詳しく分析した。解析の結果、福井県の奥越地域、丹南山間地域の住宅は新旧問わず入浴時間帯の浴室温度が10℃を下回るため、冬季のヒートショック発症危険性が非常に高い。また、入浴時間帯の暖房室(LD)と非暖房室(脱衣室、浴室)の室温差は非常に大き<、入浴行為に伴い大きな熱ストレスが生じる。, 2007年, 189, 189, 192
  • 日本語, 日本建築学会北陸支部研究報告集, 一般社団法人日本建築学会, 数値気候モデルによる海水温上昇が福井地方の局地気候に及ぼす影響の検討(環境系), 寺井 寛; 吉田 伸治, 数値気候モデルを用いて、海水面温度の上昇が福井地方の局地気候に及ぼす影響を検討した。本解析では、海水面温度が現状の状態と3℃上昇させた2ケースを想定した解析を行った。解析の結果、海水面温度の上昇に伴い、福井地方では風速低下、気温上昇、湿度上昇、放射熱の増加が生じた結果、体感温度(SET^*)も上昇し、温熱快適性が悪化することが確認された。, 2006年07月09日, 49, 201, 204
  • 日本語, 日本建築学会北陸支部研究報告集, 一般社団法人日本建築学会, 着衣内の熱・水分の移動と蓄積を考慮した人体温熱生理モデルに基づく屋外温熱環境CFD解析(環境系), 吉田 伸治, 連成CFD解析に基づく屋外温熱環境評価手法に組み込む人体温熱生理モデルの着衣のモデル化の差異が屋外環境評価に及ぼす影響を分析した。比較に用いる人体温熱生理モデルはGaggeのTwo-nodeモデルとした。解析の結果、日照部では発汗に伴う着衣の熱・水分の蓄積により人体からの放熱が抑制されるため、着衣内の非定常な熱・水分の輸送の考慮の有無が、発汗量、皮膚温、コア温の推移に大きく影響することが明らかとなった。, 2006年07月09日, 49, 197, 200
  • 日本語, 日本建築学会北陸支部研究報告集, 一般社団法人日本建築学会, 打ち水による屋外温熱環境緩和効果に関する研究 : 越前打ち水大作戦2004の実測とCFD解析(環境系), 藤本 真悟; 吉田 伸治, 昨年8月に行なわれた「越前打ち水大作戦2004」の暑熱環境緩和効果を実測並びにCFD解析により検証した。実測では温湿度、グローブ温度、風速、表面温度が測定された。実測並びに数値解析の結果、(1)打ち水による表面温度・気温の低下、並びに絶対湿度の上昇が見られるものの、広域な気象状況の変化の影響も多分に受けること、(2)物理環境の変化の大小に関わらず心理的には環境緩和効果が見られており心理面の緩和効果を更なる分析が必要であること、(3)打ち水による暑熱環境緩和効果は約30m高さ程度まで到達すること、が明らかとなった。, 2005年07月10日, 48, 181, 184
  • 日本語, 日本建築学会北陸支部研究報告集, 一般社団法人日本建築学会, 多分割人体生理モデルを組み込んだ屋外温熱環境CFD解析(環境系), 吉田 伸治, 多分割人体生理モデルと屋外温熱環境CFD解析の連成した解析を行い、人体生理モデルの差異が屋外温熱環境評価に及ぼす影響を分析した。比較には、Gagge's Model、Stolwijk's Model,Smith's Model、AVA Modelの4つの人体生理モデルを用いた。解析の結果、(1)人体生理モデルの精緻さの違いにより日射による熱ストレスに対する反応が異なること、(2)AVA血管反応の導入は暑熱環境下の皮膚温度分布の予測精度の向上に寄与すること、が明らかとなった。, 2005年07月10日, 48, 177, 180
  • 日本語, 日本建築学会北陸支部研究報告集, 一般社団法人日本建築学会, 熱回路網解析による屋上緑化の熱負荷削減効果に関する研究(環境系), 小林 咲季; 吉田 伸治, 福井県福井市内に立地する、屋上緑化を敷設した建物を対象とする熱回路網解析を行い、屋上緑化による熱負荷削減効果を地域性(福井と東京)の比較も含め検討した。解析では、屋上緑化による断熱性能の向上、潜熱放散効果の2つを組み込んだ。解析の結果、屋上緑化の敷設により、その直下の部屋において床面積あたり、福井で1.14MJ/m^2,東京で10.53MJ/m^2の熱負荷削減効果、並びに福井で1.88kWh/m^2,東京で1.07kWh/m^2の電力消費削減効果があることを確認した。, 2005年07月10日, 48, 277, 280
  • 日本語, 日本建築学会北陸支部研究報告集, 一般社団法人日本建築学会, 実測による樹木の日射遮蔽効果に関する研究(環境系), 中井 敦; 吉田 伸治, 全天日射計、魚眼レンズを用いて測定された日射透過率、天空率により街路樹の樹冠の放射減衰に関わるパラメータak(葉面積密度×消散係数)の推定を行なった。ここでは、樹冠内葉群を構成する葉面の方位角、傾斜角、樹高を実測し、樹冠を構成する葉群の配置状況を詳しく分析するとともに、樹木の成長に伴うakの変化を分析した。実測の結果、(1)葉の傾斜角は全ての部位で一様であり、方位角は部位別の方角と同じ方位角への指向性があること、(2)樹冠を均質とする樹木モデルでは成長度が増すとakが樹種に関係なく0.5程度の値に収束すること、が明らかとなった。, 2005年07月10日, 48, 305, 308
  • 日本語, 日本建築学会北陸支部研究報告集, 一般社団法人日本建築学会, 都市の熱収支モデルを用いた福井地方の局地気候解析(環境系), 吉田 伸治; 中出 晃司, 数値気候モデルを用いて、福井地方の局地気候解析を行った。ここでは、各気候要素の時空間分布を算出した後、これに筆者らが提案する都市の熱収支モデルを適用して福井市中心部の大気の熱収支構造を分析した。解析の結果、現状における福井市中心部の温湿度の変化と移流、乱流拡散、人工排熱による顕熱、潜熱の流出入の関係が明らかとなった。, 2004年07月17日, 47, 116, 119
  • 日本語, 日本建築学会関東支部研究報告集 I, 一般社団法人日本建築学会, 4040 都市の熱収支モデルを用いた東京首都圏における大気熱収支構造の地域性の比較(環境工学), 佐藤 大樹; 村上 周三; 大岡 龍三; 吉田 伸治, 2004年02月28日, 74, 667, 670
  • 日本語, 日本建築学会北陸支部研究報告集, 一般社団法人日本建築学会, CFD解析による緑化の温熱環境緩和効果を誘引する街区形状の検討(環境系), 秋田 知良; 吉田 伸治, CFD(Computational Fluid Dynamics)解析により、屋上緑化した建物後方の建物形状の差異が、歩行者空間の温熱環境に及ぼす影響について検討した。屋上緑化した建物後方の建物形状が低層の場合をCASE1、中層の場合をCASE2、高層の場合をCASE3とし、それぞれのケースについて、屋上緑化ありの場合と屋上緑化なしの場合の、合計6ケースの解析を行った。解析の結果、建物形状の高層化に伴い発生するビル風の影響により、街区内の流れ場が大きく変化し、それに伴って街区内の温度は低下することを確認した。, 2003年07月19日, 46, 189, 192
  • 日本語, 日本建築学会北陸支部研究報告集, 一般社団法人日本建築学会, 街路樹による市街地の暑熱環境緩和効果に関する研究(環境系), 下條 正貴; 吉田 伸治; 大岡 龍三; 河田 祐二, 樹冠の日射透過率の実測に基づいた街路樹の諸熱環境緩和効果の検討を行った。ここでは、比較的簡易な方法により日射遮蔽に関する樹木の物理パラメータを推定し、街路樹に使われる各樹種について放射減衰に関わるパラメータを同定している。本測定手法を用いて福井市内の代表的な街路樹について暑熱環境緩和効果を測定し、樹種毎の日射遮蔽能力の定量化を試みた。, 2003年07月19日, 46, 181, 184
  • 日本語, 日本建築学会北陸支部研究報告集, 一般社団法人日本建築学会, 樹木帯の配置が風環境に及ぼす影響の数値解析(環境系), 中出 晃司; 吉田 伸治; 大岡 龍三; 鈴木 淳一, 近年,都市の暑熱環境を緩和する対策として樹木植栽が用いられる。本研究では数値流体力学CFD (Computational Fluid Dynamics)に基づく気流解析手法を用いて樹木植栽の違いによる風環境の変化から冬の防風・夏の利風に効果を有する樹木配列について検討した。本解析では樹木帯とフェンスを併用した場合、最も良い結果となった。, 2003年07月19日, 46, 185, 188
  • 日本語, 日本建築学会北陸支部研究報告集, 一般社団法人日本建築学会, 福井県戸建住宅における住まい方とエネルギー消費に関する研究 : 福井県の環境共生住宅の実測調査(環境系), 杉浦 信介; 高林 健; 吉田 伸治, 福井県内にある戸建住宅を対象とした温熱環境実測及びアンケートにより、夏期・冬期の室内温熱環境、住まい方、エネルギー消費状況を調査した。本研究では、特に環境共生住宅の性能評価に着目した分析を行った。結果、住宅の気密性、断熱性の違いにより冷暖房効率に明確な差が生じることがわかり、特に環境共生住宅の冷暖房エネルギーの削減効果が明らかとなった。, 2003年07月19日, 46, 155, 158
  • 日本語, 日本建築学会東北支部研究報告集. 計画系, 一般社団法人日本建築学会, 団地棟間の中庭空間における夏季晴天時の温熱環境実測(環境工学I), 佐々木 澄; 持田 灯; 吉田 伸治; 村上 周三; 吉野 博; 佐藤 洋, 2000年06月17日, 63, 321, 324
  • 日本語, 日本建築学会東北支部研究報告会, 2000, 一般社団法人日本建築学会, CFDに基づく都市 建築環境解析における Grid Scale より小さい気流障害物のモデル化 : 既存の研究の Review, 加藤敦子; 持田 灯; 吉野 博; 村上 周三; 大岡 龍三; 吉田 伸治, 2000年, 329, 332
  • 日本語, 日本建築学会北陸支部研究報告集, 一般社団法人日本建築学会, 屋外の熱環境の設計法に関する研究(その1) : 住宅団地内中庭空間における夏季の温熱環境の実測(環境系), 大岡 龍三; 小林 泰; 富永 禎秀; 持田 灯; 村上 周三; 吉田 伸治, 1999年07月30日, 42, 159, 162
  • 日本語, 日本建築学会北陸支部研究報告集, 一般社団法人日本建築学会, k-εモデルによる新潟地方の市街地温熱空気環境の数値解析(第1報) : 河川や緑地が街区内の風速分布,温度分布に及ぼす影響(環境系), 富永 禎秀; 持田 灯; 赤林 伸一; 坂口 淳; 吉田 伸治, 1996年07月26日, 39, 238, 241
  • 日本語, 日本建築学会北陸支部研究報告集, 一般社団法人日本建築学会, 都市気候モデルによる新潟地方の局地気象解析(第1報) : 水田からの蒸発散が夏季の外部環境に及ぼす影響(環境系), 持田 灯; 赤林 伸一; 富永 禎秀; 坂口 淳; 吉田 伸治, 1996年07月26日, 39, 234, 237
  • 日本語, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 一般社団法人日本建築学会, 41242 簡易「ルーフポンド」の熱負荷緩和効果に関する研究(その2) : ルーフポンドの厚さ・底面の色が熱負荷緩和効果に及ぼす影響(屋根の断熱・遮熱,環境工学II), 篠塚 麻貴; 吉田 伸治, 2010年07月20日, 2010, 483, 484
  • 日本語, 福井大学大学院工学研究科研究報告, 福井大学, CFD解析による福井大学文京キャンパス内の風環境評価に関する研究, 吉田 伸治; 高橋 祐輔, The purpose of this study is to investigate wind environment within Bunkyo Campus of University of Fukui by means of the Computational Fluid Dynamics. The wind environment is evaluated using the scale for assessment including the effect of air temperature at the pedestrian level. Through the study, it was found that the installation of arcades near the Integral Research Building enables us to improve the wind environment., 2010年03月31日, 58, 39, 42
  • 日本語, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 一般社団法人日本建築学会, 41079 簡易「ルーフポンド」の熱負荷緩和効果に関する研究(その1) : 実測に基づくルーフポンドの熱収支の分析(室内環境シミュレーション,環境工学II), 篠塚 麻貴; 吉田 伸治, 2009年07月20日, 2009, 169, 170
  • 日本語, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 一般社団法人日本建築学会, 41021 熱回路網解析に基づく浴室の温熱環境と入浴行為の温熱生理的負担の分析(住宅の室内環境, 環境工学II), 南 智子; 吉田 伸治, 2006年07月31日, 2006, 41, 42
  • 日本語, 建築雑誌, 一般社団法人日本建築学会, 樹木モデルを組み込んだ対流・放射・湿気輸送達成解析による樹木の屋外温熱環境緩和効果の検討(推薦理由,2004年日本建築学会大賞奨励賞), 吉田 伸治, 2004年08月20日, 119, 1522, 84, 84
  • その他, 日本建築学会関東支部, 対流 放射 湿気連成解析による屋外環境共生空間の解析(その2)改良型k-εモデルを利用した緑地効果の影響の検討, 吉田伸治, 1998年, 305, 308

書籍等出版物

  • Adaptation Measures for Urban Heat Islands, ACADEMIC PRESS, Hideki TAKEBAYASHI; Masakazu MORIYAMA; Shinji YOSHIDA; Atsumasa YOSHIDA; Shin-ichi KINOSHITA; Hiroyuki AKAGAWA; Noboru MASUDA; Keiko MASUMOTO; Ikusei MISAKA; Minako NABESHIMA; Nobuya NISHIMURA; Toru SHIBA, Evaluation methods of adaptation cities (pp. 115-160) in total 181 pages., 2020年03月, その他, その他
  • 風工学ハンドブック - 構造・防災・環境・エネルギー -(分担執筆:11.3.2 メソスケール気象シミュレーション), 朝倉書店, 2007年04月, その他, 査読無し, その他, 9784254260144
  • 日本建築学会叢書5 ヒートアイランドと建築・都市 -対策のビジョンと課題(分担執筆:3-1 緑化による対策), 丸善, 2007年, その他, 査読無し, その他, 9784818947047
  • 住まいの百科事典, 丸善, 日本家政学会, 5-5 室内温熱環境の調節方法 (p188-189), 5-6 日射の入射と遮蔽 (p190-191), 2020年04月, その他, その他

講演・口頭発表等

  • 吉田伸治; 木村美文, 国内, 第43回 人間―生活環境系シンポジウム, CFD解析による隔壁・エアコン吹出気流方向が住宅台所内の夏季温熱環境に与える影響評価, 口頭発表(一般), 2019年12月01日, 2019年11月30日, 2019年12月01日, 日本語
  • 宮垣春香; 吉田伸治, 国内, 空気調和・衛生工学会大会学術講演会, 指向性反射を考慮した放射伝熱解析手法による熱線再帰性反射フィルムの評価 指向性反射を考慮した放射伝熱解析手法による熱線再帰性反射フィルムの評価-大阪御堂筋のモデル街区内の日射環境の評価-, 口頭発表(一般), 2019年09月18日, 2019年09月18日, 2019年09月20日, 日本語
  • 吉田伸治, 国内, 空気調和・衛生工学会大会学術講演会, 冬期の住宅内の温熱環境と安全性に関する研究(その1)BEST-Hを用いた奈良県内の気候条件に相応な断熱性能を持つ新築住宅の検討, 口頭発表(一般), 2019年09月18日, 2019年09月18日, 2019年09月20日, 日本語
  • 木村美文; 吉田伸治, 国内, 日本建築学会大会, 住宅台所内における熱中症リスクの緩和手法に関する研究(その1)隔壁の有無、エアコン吹き出し気流方向が台所内の温熱環境に与える影響評価のためのCFD解析, 口頭発表(一般), 2019年09月05日, 2019年09月03日, 2019年09月06日, 日本語
  • 吉田伸治, 国内, 日本建築学会大会, 屋外歩行者の温熱生理特性と機能・空間心理特性を考慮した環境設計手法の開発(その2) 大学キャンパス内の中庭の温熱環境条件が歩行者の適応行動に与える影響の実測, 口頭発表(一般), 2019年09月04日, 2019年09月03日, 2019年09月06日, 日本語
  • 山崎 政人; 山口 容平; 下田 吉之; 岩前 篤; 甲谷 寿史; 竹林 英樹; 近本 智行; 宮崎 ひろ志; 吉田 伸治; 村上 周三; 坊垣 和明; 亀谷 茂樹; 高口 洋人; 半澤 久; 吉野 博; 奥宮 正哉; 浅野 良晴; 村川 三郎; 依田 浩敏, 環境工学I, 40552 非住宅(民生業務部門)建築物の環境関連データベース構築に関する研究 その144 東日本大震災後における商業施設のエネルギー消費実態 2016年度調査, 2017年07月20日, 2017年07月20日, 2017年07月20日, 日本語, 日本建築学会, url
  • Taiki Uchida; 吉田 伸治; Saori Yumino; Akashi Mochida, 7th Japanese-German Meeting on Urban Climatology, Effects of windows with heat ray retro-reflective film on outdoor thermal environment and building cooling load, 2014年, 2014年, 2014年, 英語
  • 日本建築学会大会, 屋外歩行者の温熱生理特性と機能・空間心理特性を考慮した環境設計手法の開発(その1)夏季屋外温熱環境条件が歩行者の適応行動に与える影響の実測, 2014年, その他
  • 日本建築学会大会, 熱交換塗料の建物熱深作原稿かの評価に関する研究(その2) 屋外スケールモデル実験による検討, 2014年, その他
  • 日本建築学会大会, 指向性反射を考慮した放射伝熱シミュレーションによる熱線再帰性反射フィルムの評価(その2) 指向性反射を考慮した放射伝熱解析手法の概要, 2014年, その他
  • 日本建築学会大会, 指向性反射を考慮した放射伝熱シミュレーションによる熱線再帰性反射フィルムの評価(その3) 単体建物周辺の放射熱環境解析, 2014年, その他
  • 日本建築学会北陸支部大会, 数値解析による夏季屋外歩行者に対する放射環境の不均一性評価に関する研究, 2013年, その他
  • 日本建築学会北陸支部大会, 実測と数値解析に基づく熱交換塗料の評価に関する研究, 2013年, その他
  • 日本建築学会北陸支部大会, 東アジア諸都市のヒートアイランド対策ガイドライン提案に関する研究(その1) 国内のヒートアイランド対策ガイドラインの比較調査, 2013年, その他
  • 日本建築学会北陸支部大会, 簡易「ルーフポンド」の熱負荷削減効果に関する研究(その3) 実測によるルーフポンドが室内温熱環境に及ぼす影響, 2013年, その他
  • 日本建築学会大会, CFD 解析とBEST の連成数値解析による伝統的建築物の環境負荷と通風性能の評価に関する研究(その1) 金沢市主計町の町家内の温熱環境評価, 2013年, その他
  • 日本建築学会大会, 熱交換塗料の建物熱負荷削減効果の評価に関する研究(その1) 屋外実測・非定常一次元熱伝導解析による分析, 2013年, その他
  • 日本建築学会大会, 指向性反射を考慮した放射伝熱シミュレーションによる熱線再帰性反射フィルムの評価(その1)3次元放射収支測定による熱線再帰性反射フィルムの効果と人体への影響の評価, 2013年, その他
  • 日本建築学会大会, 屋外都市模型COSMOを対象とした放射解析に基づく非定常熱収支解析の精度検証, 2013年, その他
  • 日本建築学会大会, 連成数値解析による夏季屋外歩行者に対する温熱環境の不均一性評価に関する研究(その1) 太陽高度、天候が放射環境の不均一性に与える影響, 2013年, その他
  • 日本建築学会大会, 連成CFD解析の戸建住宅団地の環境設計への適用に関する研究(その2) 夏季日中の屋外放射熱環境の不均一性の評価, 2013年, その他
  • 空気調和・衛生工学会大会, 連成数値解析による夏季屋外歩行者に対する放射環境の不均一性評価に関する研究(その2) 天候・性別の差異が歩行者の温熱生理的負担に与える影響, 2013年, その他
  • 空気調和・衛生工学会大会, 投影面積率による人体各部の放射熱伝達量の解析 (第3報)姿勢・体系の違いが部位別の放射儒熱量へ及ぼす影響, 2013年, その他
  • 空気調和・衛生工学会大会, 簡易ルーフポンドの冷房熱負荷削減効果に関する研究 室内温熱環境に及ぼす影響, 2013年, その他
  • 空気調和・衛生工学会大会, 熱線再帰性反射フィルムのヒートアイランド対策効果の定量化(第1報)3次元放射収支測定による熱線再帰性反射フィルム前面の温熱環境評価, 2013年, その他
  • 環境工学研究会, 日本の諸都市のヒートアイランド対策ガイドラインについて, 2013年, その他
  • 大黒 雅之; 佐藤 大樹; 吉田 伸治, 空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集, I-18 投影面積率による人体各部の放射熱伝達量の解析 : (第2報)人体形状モデルを用いた部位別投影面積率の算出と適用, 2012年, 2012年, 2012年, 日本語, 公益社団法人 空気調和・衛生工学会, doi
  • 佐藤 大樹; 大黒 雅之; 吉田 伸治, 空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集, I-17 投影面積率による人体各部の放射熱伝達量の解析 : (第1報)人体各部と室内各面との形態係数の検証, 2012年, 2012年, 2012年, 日本語, 公益社団法人 空気調和・衛生工学会, doi
  • 佐藤 大樹; 大黒 雅之; 吉田 伸治, 9th International Meeting for Manikins and Modeling, Thermal radiation analysis on each part of the human body based on projected area factors, 2012年, 2012年, 2012年, その他
  • 吉田 伸治, 9th International Meeting for Manikins and Modeling, Evaluation of Measures for Pedestrians Adapting to Thermal Environment, 2012年, 2012年, 2012年, 英語
  • 日本建築学会北陸支部大会, 連成CFD解析の戸建住宅団地の環境設計への適用に関する研究(その1) 夏季における団地内変え環境評価, 2012年, その他
  • 日本建築学会北陸支部大会, 実測による樹脂サッシの室内熱環境緩和効果の評価に関する研究, 2012年, その他
  • 日本建築学会北陸支部大会, 実測による壁内通気層設置による夏期の室内熱負荷削減効果の評価, 2012年, その他
  • 日本建築学会北陸支部大会, 北信越地域における非住宅建築物の環境関連データベース構築に関する研究(その3) 平成23年度夏季節電実態調査, 2012年, その他
  • 日本建築学会大会, 樹脂サッシ窓枠を用いた内窓の室内熱環境緩和効果の評価に関する研究(その1)実測による冬期の熱環境緩和効果の評価, 2012年, その他
  • 日本建築学会大会, CFD解析による伝統的建物内の環境評価に関する研究(その1) 金沢市主計町の通風環境評価, 2012年, その他
  • 日本建築学会大会, 実測による壁内通気層設置による夏季の室内熱負荷低減効果の評価, 2012年, その他
  • 日本建築学会大会, 連成CFD解析の戸建住宅団地の環境設計への適用に関する研究(その1)夏季における団地内風環境評価, 2012年, その他
  • 吉田 伸治, 13th International Conference on Wind Engineering, CFD analysis to investigate the effect of changing wind direction with switching route direction on thermal comfort for pedestrian, 2011年, 2011年, 2011年, その他
  • 吉田 伸治, The Fourth International Conference on Human-Environment System, Effects of Pedestrian Orientation on Outdoor Thermal Comfort Using, 2011年, 2011年, 2011年, その他
  • 吉田 伸治, 13th International Conference on Wind Engineering, CFD analysis to investigate the effect of changing wind direction with switching route direction on thermal comfort for pedestrian, 2011年, 2011年, 2011年, その他
  • 日本建築学会大会, 屋外温熱環境CFD解析を用いた歩行者の夏季暑熱適応策の評価に関する研究(その1) 解析概要並びに温熱環境各要素の分布, 2011年, その他
  • 日本建築学会大会, 屋外温熱環境CFD解析を用いた歩行者の夏季暑熱適応策の評価に関する研究(その2) 街路内歩行経路の差異が歩行者の生理的負担に与える影響, 2011年, その他
  • 日本建築学会大会, 屋外温熱環境CFD解析を用いた歩行者の夏季暑熱適応策の評価に関する研究(その3) クールスポット休憩が歩行者の生理的負担に与える影響, 2011年, その他
  • 空気調和・衛生工学会大会, 屋外温熱環境CFD解析を用いた歩行者の夏季暑熱適応策の評価に関する研究 (その4)信号待ち場所の差異が歩行者の生理的負担に与える影響, 2011年, その他
  • Takuya Onoue; Nobuyoshi Yabuki; 吉田 伸治; Tomohiro Fukuda, 10th International Conference on Construction Applications of Virtual Reality, Visualization technique of outdoor thermal environment using a VR avatar, 2010年, 2010年, 2010年, その他
  • 吉田 伸治, The Fifth International Symposium on Computational Wind Engineering (CWE2010), Evaluation of Unsteady and Inhomogeneous Thermal Comfort on Pedestrian Space in Summer Season Using CFD Analysis Coupled with Multifractional Human Thermoregulation Model, 2010年, 2010年, 2010年, その他
  • 日本建築学会近畿支部研究発表会, VRアバターを用いた屋外温熱環境可視化に関する研究, 2010年, その他
  • 日本建築学会大会, 簡易[ルーフポンド]の熱負荷緩和効果に関する研究(その2) ルーフポンドの厚さ・底面の色が熱負荷緩和効果に及ぼす影響, 2010年, その他
  • 日本建築学会大会, 数値気候モデルMM5を用いた北陸地方の局地気候解析に関する研究(その3) 北陸地方各都市の冬季の局地気候分析, 2010年, その他
  • 日本建築学会大会, 多分割人体温熱生理モデルを用いた屋外温熱環境CFD 解析 歩行経路の変更に伴う通風環境の変化が歩行者の温熱快適性に与える影響, 2010年, その他
  • 日本建築学会大会, 非住宅(民生業務部門)建築物の環境関連データベース構築に関する研究 その 43 北信越における調査建物概要(平成21 年度調査), 2010年, その他
  • 日本建築学会大会, 非住宅(民生業務部門)建築物の環境関連データベース構築に関する研究 その 44 北信越におけるエネルギー消費量とCO2 排出量の実態(平成21 年度調査), 2010年, その他
  • 日本建築学会大会, 非住宅(民生業務部門)建築物の環境関連データベース構築に関する研究 その45 北信越における水消費量とCO2 排出量の実態(平成21 年度調査), 2010年, その他
  • 空気調和・衛生工学会大会, 多分割人体温熱生理モデルを用いた屋外温熱環境CFD 解析 (その5) 歩行者の方向の差異が温熱快適性に与える影響, 2010年, その他
  • 空気調和・衛生工学会大会, 北信越における非住宅(民生業務部門)建築物のエネルギー消費量データベース構築に関する研究 (第1 報) 調査建物概要とエネルギー消費量の実態, 2010年, その他
  • 空気調和・衛生工学会大会, 北信越における非住宅(民生業務部門)建築物のエネルギー消費量データベース構築に関する研究 (第2報) 水消費量とエネルギー消費と水消費によるCO2排出量および省エネルギーへの取り組み状況, 2010年, その他
  • Masayuki Oguro; Shinji Yoshida, The seventh International Conference on Urban Climate, Evaluation of pedestrian space in summer season using CFD analysis of outdoor thermal environment coupled with multifractional human thermoregulation model, 2009年, 2009年, 2009年, その他
  • Shinji Yoshida; Masayuki Oguro, The seventh International Conference on Urban Climate, Investigation on a method incorporating inhomogeneous environmental conditions into CFD analysis of outdoor thermal environment coupled with multifractional human thermoregulation model, 2009年, 2009年, 2009年, その他
  • 岸 由紀子; 吉田 伸治, The seventh International Conference on Urban Climate, Evaluation of pedestrian space in summer season using CFD analysis of outdoor thermal environment coupled with multifractional human thermoregulation model, 2009年, 2009年, 2009年, その他
  • 吉田 伸治; 大黒 雅之, The seventh International Conference on Urban Climate, Investigation on a method incorporating inhomogeneous environmental conditions into CFD analysis of outdoor thermal environment coupled with multifractional human thermoregulation model, 2009年, 2009年, 2009年, その他
  • 日本建築学会北陸支部大会, 日射の強度と方向性が温熱生理と快適性に及ぼす影響, 2009年, その他
  • 日本建築学会北陸支部大会, 連成CFD数値解析に基づく非定常・不均一な屋外温熱環境の評価, 2009年, その他
  • 日本建築学会北陸支部大会, 実測による緑のカーテンの室内温熱環境緩和・日射遮蔽効果の分析, 2009年, その他
  • 日本建築学会北陸支部大会, 数値気候モデルMM5を用いた福井地方の局地気候解析, 2009年, その他
  • 日本建築学会北陸支部大会, 実測による簡易ルーフポンド敷設の熱負荷緩和効果に関する研究, 2009年, その他
  • 日本建築学会大会, 数値気候モデルMM5を用いた北陸地方の局地気候解析に関する研究(その1) 北陸地方各都市の夏季の局地気候分析, 2009年, その他
  • 日本建築学会大会, 数値気候モデルMM5を用いた北陸地方の局地気候解析に関する研究(その2) 福井平野内の都市化地域の差異が夏季局地気候に与える影響, 2009年, その他
  • 日本建築学会大会, 多分割人体温熱生理モデルを用いた屋外温熱環境CFD解析(その4) 連成CFD解析による屋外歩行空間の温熱環境評価, 2009年, その他
  • 日本建築学会大会, 北陸地方における環境共生型事務所ビルの性能評価とその設計コンセプト, 2009年, その他
  • 日本建築学会大会, 緑のカーテンの熱環境緩和効果に関する研究(その1) 緑のカーテンの光学的深さ、葉面積密度の簡易推定方法の提案, 2009年, その他
  • 日本建築学会大会, 簡易[ルーフポンド]の熱負荷緩和効果に関する研究(その1) 実測に基づくルーフポンドの熱収支の分析, 2009年, その他
  • 第23 回数値流体力学シンポジウム, 数値気候モデルMM5 を用いた北陸地方の局地気候解析, 2009年, その他
  • 吉田 伸治, 18th International Congress of Biometeorology, Evaluation on Unsteady and Inhomogeneous Outdoor Thermal Environment Using a Coupled Numerical Simulation Based on CFD Analysis, 2008年, 2008年, 2008年, その他
  • 日本建築学会北陸支部大会, 熱回路網解析による中央日本の住宅内の浴室温熱環境の分析, 2008年, その他
  • 日本建築学会北陸支部大会, 屋外での歩行による環境変化を考慮した温熱快適性評価に関する研究 その1 天候の差異が歩行空間の温熱環境に及ぼす影響の実測, 2008年, その他
  • 空気調和・衛生工学会学術講演会, 多分割人体温熱生理モデルを用いた屋外温熱環境CFD解析 (その3)屋外温熱快適性評価への不均一な環境条件の組み込み方法の検討, 2008年, その他
  • 日本建築学会大会, 冬期の浴室内の温熱環境と安全性に関する研究(その2) 中部・近畿地方を対象とした浴室の温熱環境評価, 2008年, その他
  • 日本建築学会北陸支部研究報告集, 実測・多分割人体温熱生理モデルによる非定常・不均一な屋外温熱環境の分析 その1 実測概要と気象条件, 2007年, その他
  • 日本建築学会北陸支部研究報告集, 実測・多分割人体温熱生理モデルによる非定常・不均一な屋外温熱環境の分析 その2 多分割人体温熱生理モデルによる人体熱収支の分析, 2007年, その他
  • 日本建築学会北陸支部研究報告集, 北陸地方の浴室の温熱環境と入浴行為に関する研究, 2007年, その他
  • 日本建築学会北陸支部研究報告集, 実測による北陸地方における屋上緑化の熱環境負荷削減効果の検討, 2007年, その他
  • 日本建築学会大会, 冬期の浴室内の温熱環境と安全性に関する研究(その1) 気候条件・住宅の断熱性能が浴室でのヒートショック発症に与える影響, 2007年, その他
  • 日本建築学会大会, 室内実験による床堆積粒子の再飛散の影響要因の分析, 2007年, その他
  • 空気調和・衛生工学会学術講演会, CFD解析による戸建住宅団地内の敷地内利用の差異が夏季屋外温熱環境に与える影響の分析, 2007年, その他
  • 日本建築学会大会, スギ花粉粒子の室内侵入率と室内落下量分布の実態について, 2006年, その他
  • 日本建築学会大会, 床面の被覆が紛体粒子の再飛散に与える影響 床面に堆積する粉体粒子の再飛散に関する研究その1, 2006年, その他
  • 日本建築学会大会, 熱回路網解析に基づく浴室の温熱環境と入浴行為の温熱生理的負担の分析, 2006年, その他
  • 日本建築学会大会, 屋外空間における人体表面の平均対流熱伝達率の予測式の開発(その3) 樹木による乱れが屋外温熱快適性に及ぼす影響, 2006年, その他
  • 日本建築学会大会, 着衣内の熱・水分移動と蓄積を考慮した人体温熱生理モデルによる屋外温熱環境評価に関する研究(その2) CFD解析に基づく屋外温熱環境評価への適用効果の検討, 2006年, その他
  • 日本建築学会大会, 着衣内の熱・水分移動と蓄積を考慮した人体温熱生理モデルによる屋外温熱環境評価に関する研究(その1) 人体温熱生理モデルの概要, 2006年, その他
  • 空気調和・衛生工学会学術講演会, 着衣内の熱・水分移動と蓄積を考慮した人体温熱生理モデルによる屋外温熱環境評価, 2006年, その他
  • 空気調和・衛生工学会学術講演会, 屋外空間における人体表面の平均対流熱伝達率の予測式の開発(その4) 建物周辺の気流性状に着目した新しい予測式の有効性の検討, 2006年, その他
  • 日本建築学会大会学術講演梗概集, 多分割人体生理モデルを用いた屋外温熱環境CFD解析(その1) Two-nodeモデルとStolwijkモデルの比較, 2005年, その他
  • 空気調和衛生工学会学術講演会講演論文集, 多分割人体生理モデルを用いた屋外温熱環境CFD解析(その2); Stolwijkモデルを組み込んだ屋外温熱環境評価, 2005年, その他
  • 空気調和衛生工学会学術講演会講演論文集, 都市キャノピーモデルを組み込んだメソスケール解析による都市の熱収支構造の分析 (その2)東京23区内の業務地区と住宅地区の比較, 2005年, その他
  • 空気調和衛生工学会学術講演会講演論文集, 屋外空間における人体表面の対流熱伝達率αcの予測式の提案と街区におけるαcの分布の予測, 2005年, その他
  • 空気調和衛生工学会学術講演会講演論文集, I-14, 685-688, 実測による福井市における環境共生型事務所ビルの省エネルギー性能評価, 2005年, その他
  • 日本建築学会大会学術講演梗概集, D-2 969-970, アンダーセンサンプラーにより空中スギ花粉を捕集する際の粒子損失について, 2005年, その他
  • 日本建築学会大会学術講演梗概集, D-1 685-686, 街路樹による市街地の暑熱環境緩和効果に関する研究 その4 樹木の成長、樹種の違いが樹冠の葉面積密度、光学的深さに及ぼす影響, 2005年, その他
  • 日本建築学会大会学術講演梗概集, 都市キャノピーモデルを組み込んだメソスケール気候モデルの開発(その1) 都市キャノピーモデルの基本構成, 2004年, その他
  • 日本建築学会大会学術講演梗概集, 夏季の東京首都圏における熱環境の地域性の比較 (その1) 解析概要と流れ場・温湿度場の比較, 2004年, その他
  • 日本建築学会大会学術講演梗概集, 夏季の東京首都圏における熱環境の地域性の比較 (その2) 都市の熱収支モデルによる大気の顕熱・潜熱収支構造の比較, 2004年, その他
  • 日本建築学会大会学術講演梗概集, 数値気候モデルを用いた福井地方の局地気候解析(その1) 解析概要と予測精度の検証, 2004年, その他
  • 日本建築学会大会学術講演梗概集, 数値気候モデルを用いた福井地方の局地気候解析(その2) 都市の熱収支モデルによる福井市中心部の大気の熱収支構造の分析, 2004年, その他
  • 日本建築学会大会学術講演梗概集, 室内空気中のスギ花粉個数濃度とアレルゲン(Cryj1)濃度について, 2004年, その他
  • 空気調和衛生工学会学術講演論文集, 数値気候モデルによる福井地方の局地気候解析(その3)-都市の熱収支モデルを用いた福井地方の温熱環境評価-, 2004年, その他
  • 空気調和衛生工学会学術講演論文集, 数値気候モデルによる福井地方の局地気候解析(その4) 都市の熱収支モデルに基づいた水田の有無が大気の熱収支構造に及ぼす影響の検討, 2004年, その他
  • 空気調和・衛生工学会学術講演梗概集, 都市キャノピーモデルを組み込んだメソスケール解析による都市の熱収支構造の分析, 2004年, その他
  • 日本建築学会大会学術講演梗概集, 実測による福井市における環境共生型事務所ビルの性能評価に関する研究, 2004年, その他
  • 空気調和衛生工学会学術講演会講演論文集, 697-700, 数値気候モデルによる東京都区部の空調排熱形態がヒートアイランドに及ぼす影響の検討, 2003年, その他
  • 空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集, 705-708, 都市の熱収支モデルを用いた東京首都圏の夏季と冬季の都市気候解析, 2003年, その他
  • 空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集, 1425-1428, CFD解析による屋上緑化の屋外温熱環境緩和効果の検討, 2003年, その他
  • 空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集, 1041-1044, 基礎杭利用地熱空調システムの研究開発(その5)福井県教育センターの概要と地中熱利用に関するコストペイバックタイムの検討, 2003年, その他
  • 日本建築学会大会学術講演梗概集, D1, 605-606, CFD解析による河川風の防風・利風を図るための樹木帯・フェンスの配置に関する研究, 2003年, その他
  • 日本建築学会大会学術講演梗概集, D1, 609-610, 街路樹による市街地の暑熱環境緩和効果に関する研究(その3) 街路樹の樹冠についての光学的深さ、葉面積密度、入射角特性の実測, 2003年, その他
  • 日本建築学会大会学術講演梗概集, D1, 621-622, 住宅団地を対象とした各種屋外温熱環境改善対策の効果に関するCFD解析(その1) 計算概要および壁面・屋根面の高反射塗装の効果, 2003年, その他
  • 日本建築学会大会学術講演梗概集, D1, 623-624, 住宅団地を対象とした各種屋外温熱環境改善対策の効果に関するCFD解析(その2) 舗装面の高反射塗装および壁面緑化の効果, 2003年, その他
  • 日本建築学会大会学術講演梗概集, D1, 651-652, 東京都区部の空調排熱形態がヒートアイランドに及ぼす影響の検討, 2003年, その他
  • 日本建築学会大会学術講演梗概集 D1, 653-654, ヒートアイランド緩和方策が夏季と冬季の首都圏の熱環境へ及ぼす影響の数値解析(その1) 計算概要および冬季解析の精度検証, 2003年, その他
  • 日本建築学会大会学術講演梗概集, D1, 655-656, ヒートアイランド緩和方策が夏季と冬季の首都圏の熱環境へ及ぼす影響の数値解析(その2) 都市の熱収支モデルを用いた熱環境変化の構造分析, 2003年, その他
  • 日本建築学会大会学術講演梗概集, D1, 681-682, CFD解析による屋上緑化の温熱環境緩和効果を誘引する街区形状の検討, 2003年, その他
  • 日本建築学会大会学術講演梗概集, D2, 721-722, 樹木の流体力学的効果の再現のための植生Canopyモデルの最適化(その1) 既往のモデルとGreen型モデルの比較, 2003年, その他
  • 日本建築学会大会学術講演梗概集, D2, 723-724, 樹木の流体力学的効果の再現のための植生Canopyモデルの最適化(その2) Green型モデルに含まれる新たなモデル係数Cpe2の最適化, 2003年, その他
  • 日本建築学会大会学術講演梗概集, D2, 841-842, スギ花粉アレルゲンの粒径分布について(その1) 目視により花粉と認識できないアレルゲン小粒子の個数について, 2003年, その他
  • 日本建築学会北陸支部研究報告集, 第45号, 243-246, CFD解析による人工排熱が都市のヒートアイランドに及ぼす影響の検討, 2002年, その他
  • 日本建築学会北陸支部研究報告集, 第45号, 209-212, スギ花粉粒子の空気力学径について アンダーセンサンプラーを用いた測定結果より, 2002年, その他
  • 日本建築学会大会学術講演梗概集, D-1, 879-880, CFDによる川風の熱空気環境改善効果の解析 (その1) 河川の有無による温熱環境の変化, 2002年, その他
  • 日本建築学会大会学術講演梗概集, D-1, 881-882, CFDによる川風の熱空気環境改善効果の解析 (その1) 建物配置変更による川風の制御, 2002年, その他
  • 日本建築学会大会学術講演梗概集, D-1, 871-872, CFD解析による出雲地方の築地松が有する防風効果の検討, 2002年, その他
  • 日本建築学会大会学術講演梗概集, D-2, 971-972, スギ花粉粒子の空気力学径について (その2) アンダーセンサンプラーを用いた野外実測結果より, 2002年, その他
  • 日本建築学会大会学術講演梗概集, D-1, 925-926, 屋外温熱環境形成寄与率CROに関する研究 (その3) 都市の温熱環境設計を評価するための新しい指標CROの提案, 2002年, その他
  • 日本建築学会大会学術講演梗概集, D-1, 927-928, 屋外温熱環境形成寄与率CROに関する研究 (その4) NCRO1を利用した屋上緑化・地上緑化の効果の検討, 2002年, その他
  • 日本建築学会大会学術講演梗概集, D-1, 961-962, 街路樹による暑熱環境緩和効果に関する研究 (その2) 樹冠の光学的深さ、葉面積密度の簡易推定方法の提案, 2002年, その他
  • 日本建築学会大会学術講演梗概集, D-2, 1197-1198, 基礎杭利用地熱空調システムの研究開発 (その3) 基礎杭利用地熱空調を事務所建築に適用した場合の省エネルギー効果の検討, 2002年, その他
  • 日本建築学会大会学術講演梗概集, D-1, 901-902, 都市の熱代謝に基づく熱環境評価に関する研究 (その1) 都市の熱代謝モデルの提案と東京都区部の熱環境評価への適用, 2002年, その他
  • 空気調和衛生工学会学術講演会講演論文集, 1257-1260, スギ花粉粒子の空気力学径について (その4) アンダーセンサンプラーを用いた野外実測より, 2002年, その他
  • 空気調和衛生工学会学術講演会講演論文集, 1025-1028, 屋外温熱環境形成寄与率CROに関する研究 (その5) 都市の対流・放射環境を評価するための新しい指標NCROの提案, 2002年, その他
  • 空気調和衛生工学会学術講演会講演論文集, 1017-1020, 河川岸に建つ住宅団地の屋外温熱環境に対する屋上緑化・保水性舗装の効果に関する数値解析(その1) 計算概要および夏期昼間平均風速時の解析結果, 2002年, その他
  • 空気調和衛生工学会学術講演会講演論文集, 1021-1023, 河川岸に建つ住宅団地の屋外温熱環境に対する屋上緑化・保水性舗装の効果に関する数値解析(その2) 夏期昼間弱風時の解析結果, 2002年, その他
  • 空気調和衛生工学会学術講演会講演論文集, 1257-1260, 基礎杭利用地熱空調システムの研究開発 (その4) 福井県の事務所ビルへの基礎杭利用地熱空調システムの導入効果の検討, 2002年, その他
  • 空気調和衛生工学会学術講演会講演論文集, 1001-1004, 都市の熱代謝に基づく熱環境評価に関する研究 (その2) 都市の熱代謝モデルによる東京都区部の熱環境評価, 2002年, その他
  • 平成14年度日本冷凍空調学会学術講演会論文集, 37-40, 基礎杭利用地熱空調システムの研究開発(数値解析による最適基礎杭利用空調システムの検討), 2002年, その他
  • 第16回数値流体力学シンポジウム講演要旨集, 68, 植生Canopyモデルを用いた築地松の防風効果の数値予測, 2002年, その他
  • 第16回数値流体力学シンポジウム講演要旨集, 66, 都市の熱代謝モデルに基づく都市気候解析に関する研究(その1) 都市の熱代謝モデルの提案と東京都区部の熱環境評価, 2002年, その他
  • 第16回数値流体力学シンポジウム講演要旨集, 67, 都市の熱代謝モデルに基づく都市気候解析に関する研究(その2) 緑化の効果による都市気候と熱代謝の変化の検討, 2002年, その他
  • 日本建築学会大会学術講演梗概集, D-1, 931-932, 屋外温熱環境形成寄与率CROに関する研究 (その1) CROの提案とCRO3を用いた都市の熱交換効率の検討, 2001年, その他
  • 空気調和衛生工学会学術講演会講演論文集, 637-640, 屋外温熱環境形成寄与率CROに関する研究 (その2) CROを用いた街区の温熱環境構造の検討, 2001年, その他
  • 日本建築学会大会学術講演梗概集, D-1, 923-924, 建物外表面のアルベドの変化が屋外空間の温熱快適性に及ぼす影響の数値解析, 2001年, その他
  • 空気調和衛生工学会学術講演会講演論文集, 641-644, 建物外表面の高アルベド化に伴う屋外空間の温熱快適性の変化に関する数値解析, 2001年, その他
  • 日本建築学会大会学術講演梗概集, D-1, 925-926, 非定常な対流・放射・伝導を考慮した屋外温熱環境予測評価手法に関する研究 (その1) 実在街区を対象とした非定常の放射・伝導解析の精度検証, 2001年, その他
  • 空気調和衛生工学会学術講演会講演論文集, 645-648, 非定常な対流・放射・伝導を考慮した屋外温熱環境予測評価手法に関する研究 (その2) 非定常伝導解析への対流計算の組み込みと実在街区を対象とした予測手法の精度検証, 2001年, その他
  • 第15回数値流体力学シンポジウム講演要旨集, 164, 人工排熱が都市のヒートアイランド現象に及ぼす影響のCFD解析, 2001年, その他
  • 吉田 伸治, 国内, 第44回 人間-生活環境系シンポジウム(奈良), 住宅の熱負荷解析ツール BEST-H による冬期住宅内温熱環境の 安全性の評価, 口頭発表(一般), 2020年12月06日, 2020年12月05日, 2020年12月06日, 日本語
  • 二岡 佳子; 吉田 伸治, 国内, 日本建築学会大会, 再帰反射材の配置の工夫が街区の日射反射特性に与える影響に関する研究(その1)模型実験による分析, 口頭発表(一般), 2020年09月08日, 2020年09月08日, 2020年09月10日, 日本語
  • 吉田 伸治, 国内, 日本建築学会大会学術講演会, 冬期の住宅内の温熱環境と安全性に関する研究 (その 2) 種々の指標を用いた温熱環境の安全性評価の関係分析, 口頭発表(一般), 2020年09月08日, 2020年09月08日, 2020年09月10日, 日本語
  • 吉田伸治, 国内, 第45回人間―生活環境系シンポジウム, 冬期の住宅内の温熱環境と安全性に関する研究(第3報)都道府県毎の戸建住宅生活者の冬期起床時血圧の分析に基づく安全性の評価, 口頭発表(一般), 2021年12月04日, 2021年12月04日, 2021年12月05日, 日本語
  • 吉田伸治, 国内, 日本建築学会大会, 屋外歩行者の温熱生理特性と機能・空間心理特性を考慮した環境設計手法の開発 (その 3) 夏季暑熱環境条件が歩行者の交差点信号待ち場所の選択行動に与える影響分析, 口頭発表(一般), 2021年09月07日, 2021年09月07日, 2021年09月10日, 日本語, rm:research_project_id
  • 里見 朋香; 吉田伸治, 国内, 日本建築学会大会, 奈良町の町家内の温熱・空気環境の形成機構の評価に関する研究(その 1)実在町家内の微気候評価のための CFD 解析, 口頭発表(一般), 2021年09月07日, 2021年09月07日, 2021年09月10日, 日本語
  • 木村 美文; 吉田伸治, 国内, 日本建築学会大会, 住宅台所内における熱中症リスクの緩和手法に関する研究(その 2) 戸建住宅の LDK を対象とした CFD 解析の精度検証, 口頭発表(一般), 2021年09月07日, 2021年09月07日, 2021年09月10日, 日本語
  • 二岡佳子; 吉田伸治, 国内, 日本建築学会大会, プリズムの形状が再帰性反射材の反射特性に与える影響に関する研究, 口頭発表(一般), 2021年09月07日, 2021年09月07日, 2021年09月10日, 日本語
  • 里見朋香; 吉田伸治, 国内, 第45回人間―生活環境系シンポジウム, 奈良町の町家内の温熱・空気環境の形成機構分析に関する研究 (その2)町家の庭と屋内における夏期実測調査, 口頭発表(一般), 2021年12月04日, 2021年12月04日, 2021年12月05日, 日本語
  • 吉田伸治, 大阪HITEC 大阪地域のヒートアイランド・暑熱環境対策シンポジウム, 歩行者・空間滞在者の暑熱環境評価指標, 2021年04月28日, 2021年04月28日, 2021年04月28日, 日本語

Works(作品等)

  • 都市と気候適応小委員会 幹事, 2011年, 2015年
  • 都市と気候適応小委員会 東アジアを中心とするヒートアイランドガイドライン検討WGの主査, 2011年, 2015年
  • 屋外生活者の温熱生理特性と機能・空間心理特性に基づく環境設計手法の開発, 若手研究(B), 2014年
  • 屋外を移動・滞留する人体への周囲のストレス変化に基づく環境快適性評価に関する研究, 若手研究(B), 2008年
  • ファイバーアメニティ地域連携シンポジウム, 2008年
  • 都市気候モデリングWG 主査, 2007年
  • 北陸地方の気候・風土に適したクールルーフ技術の開発・普及に関する研究, 2004年, 2006年
  • 多分割人体生理モデルと連成した屋外温熱環境CFD解析と夏季の熱ストレスの影響分析, 若手研究(B), 2006年
  • 冬季融雪用道路散水装置の夏季運用による街路内暑熱環境緩和効果の調査, 2006年
  • 多分割人体生理モデルと連成した屋外温熱環境CFD解折と夏季の熱ストレスの影響分折, 若手研究(B), 2005年

受賞

  • 論文賞 学術論文部門, 空気調和・衛生工学会, 佐藤大樹;大黒雅之;吉田伸治, 2016年05月, 人間各部の投影面積率を用いた室内空間における人体の放射受熱量評価に関する研究
  • 振興賞技術振興賞, 空気調和・衛生工学会, 酒井良雄;佐々木龍二;吉田伸治;竹内正紀;大岡龍三;宮本重信, 2005年05月, 福井県教育センターの建築設備, 日本国
  • 奨励賞, 日本建築学会, 吉田伸治, 2004年09月, 日本国, rm:research_project_id

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 基盤研究(C), 2017年04月, 2020年03月, 17K06672, 研究代表者, 暑熱に関わる熱・光刺激が屋外歩行者の生理・心理状態・行動的適応に与える影響の分析, 吉田 伸治, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 奈良女子大学, 4810000, 3700000, 1110000, 平成30年度は、 (1) 屋外環境実測による暑熱環境下の光(日射)と適応行動の関係分析、(2) 熱・光刺激を考慮した環境適応行動のモデル関数の提案、(3) 熱・空気(気流)・光環境の連成数値解析技術に基づく屋外複合環境評価技術の開発、の3つの課題に取り組んだ。(1)については、具体的には、大学キャンパス内の中庭空間を対象に屋外温熱環境と適応行動の関係を分析するための実測を行なった。なお、この実測は、奈良女子大学キャンパス中庭を対象に行われ、調査を7月下旬(2018年7/24-27)、11月中旬(2018年11/13-16)の二つの時期(季節)に行うことにより、夏ー秋の季節変化が歩行者の行動的適応に与える影響を明らかとすることを試みた。その結果、①夏季屋外暑熱空間の行動的適応に対する日射環境の影響が大きいこと、②夏―秋の季節変化に伴い、その傾向が全く異なるものになること、③①の傾向は研究代表者が以前行なった計測で得られた関係と非常に近い関係が得られており、得られた関係の信頼性が高いことが確認できること、が明らかとなった。(2)では、(1)で得られた関係を元に全天日射量と日除け対策の関係を表すモデル関数が得られた。(3)については、評価技術を開発するための「屋外温熱・光環境解析システム」を導入し、開発環境を整備した。 また、本研究に関して、原著論文(英文)を1編、学会発表を2件行い、成果発表に努めた。
  • 基盤研究(B), 2014年04月, 2017年03月, 26289200, 研究分担者, 猛暑による健康被害リスクの評価と増幅要因分析に基づく屋外温熱環境設計理論の再構築, 持田 灯; 吉田 伸治; 後藤 伴延; 大風 翼; 渡邉 浩文; 十二村 佳樹, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 東北大学, 16510000, 12700000, 3810000, 都市温暖化対策を地球温暖化の緩和効果、ヒートアイランド現象の緩和効果、都市温暖化への適応効果の観点から総合的に評価するシステムを構築した。さらに、猛暑による熱的健康被害のRiskをメソ-ミクロ気候一貫解析結果から推定する手法を提案した。本手法では、RiskをもたらすHazardを、上空の気象条件によるNatural Hazardと、市街地計画による増幅分を足し合わせた市街地内部のHazardに分けて評価する。以上で構築した予測・評価システムを用いて各種都市温暖化対策の効果を定量的に評価するとともに、将来の気象条件の変化も考慮し、適切な屋外温熱環境設計のために優先度をまとめた。
  • 若手研究(B), 2013年04月, 2015年03月, 25820279, 研究代表者, 屋外生活者の温熱生理特性と機能・空間心理特性に基づく環境設計手法の開発, 吉田 伸治, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究(B), 福井大学, 4290000, 3300000, 990000, 本研究では、建築計画学的快適性(機能(動線、空間配置)、空間心理)と環境工学的快適性(温熱生理・心理、周辺微気象の影響)の相互影響を考慮した屋外歩行空間の計画・設計手法の開発に取り組んだ。本研究期間では、夏季屋外空間における歩行者の熱環境と歩行経路選択の関係を実測調査し、この関係を既存の機能的な行動選択モデルに組み込むことにより、機能的快適性と温熱生理的快適性を考慮した環境評価手法の基本モデルを作成した。このモデルの評価・分析結果を活用することにより、屋外空間の総合的快適感に配慮した計画・設計が可能となると考えられる。
  • 若手研究(B), 2007年, 2008年, 19760403, 研究代表者, 屋外を移動・滞留する人体への周囲のストレス変化に基づく環境快適性評価に関する研究, 吉田 伸治; 岸 由紀子; 米田 真梨子; 蘇 鐘玉; 井上 理史, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究(B), 福井大学, 3630000, 3300000, 330000, 数値シミュレーションに基づく屋外歩行者の移動・滞留に伴う温熱環境の変化を考慮した歩行空間の温熱快適性の評価手法を開発した。本研究では、被験者実験、屋外温熱環境実測により歩行空間の温熱環境の現状を把握・分析し、数値解析手法の開発に活用した。本研究で提案する数値解析手法は、今後、公園内の散歩コース内の緑陰、休憩地点の適切な配置、並びに街路内の温熱環境評価への適用が期待される。
  • 若手研究(B), 2005年, 2006年, 17760466, 研究代表者, 多分割人体生理モデルと連成した屋外温熱環境CFD解析と夏季の熱ストレスの影響分析, 吉田 伸治, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究(B), 福井大学, 3400000, 3400000, 本年度は以下の研究を実施した。 (1)屋外温熱環境評価用の多分割人体温熱生理モデルの開発: 昨年度より進めている既存の多分割人体温熱生理モデルへの改良を施した。本年度は、多分割人体温熱生理モデルとして基本的なStolwijkモデルの手足の分割数の不足に伴う不均一環境評価への限界を解決するため、四肢を明確分離したモデルへと改良した。これと前年度取り組んだ着衣の熱・水分移動に関する精緻モデルを併用可能な改良も併せて施した。 (2)夏季屋外温熱環境と不均一熱ストレスの実測: 前年度に製作した測定カート並びに研究代表者所有の環境測定機器等を用いて、実際の街区、公園をはじめとする屋外空間における夏季屋外温熱環境と不均一熱ストレスの実測を行った。 (3)新屋外温熱環境分析ツールの性能検証のための解析: (2)の実測を対象に(1)で改良を施した多分割人体温熱生理モデルを用いた解析を行い、実測結果と比較しその性能検証を行なった。更に、得られた人体熱収支分析結果と実測結果を併せて分析することにより、屋外歩行空間における人体熱ストレス反応の推移を分析した。この分析において新標準有効温度SET*による温熱環境評価を行ったところ、建物配置、植栽の位置の異なる歩行空間における体感温度の推移とこれに対する温熱環境4条件の影響が明らかとなった。 (4)研究全体のとりまとめ: 前年度並びに今年度の成果を踏まえ、研究のとりまとめ並びに今後の課題の抽出を行なった。
  • 2001年, 2005年, 数値気候モデルによる都市気候の評価手法の開発, 0, 0, 0, 競争的資金
  • 建築環境・設備, 2000年01月, 2002年03月, 研究代表者, 数値気候モデルによる建築・都市の温熱環境の予測・評価手法の開発, 吉田伸治, 日本学術振興会, 科学研究費補助金 特別研究員奨励費, 東京大学, rm:awards;rm:published_papers
  • 街路樹の暑熱環境緩和効果の評価に関する研究, 0, 0, 0, 競争的資金
  • 北陸地方における屋上緑化面の熱環境負荷削減効果の調査・分析, 0, 0, 0, 競争的資金
  • Study on evaluation of effects of roadside trees on outdoor thermal environment, 0, 0, 0, 競争的資金
  • Investigation on the effects of roof planting on reducting thermal heat load in Hokuriku area, 0, 0, 0, 競争的資金
  • 基盤研究(C), 2020年04月, 2023年03月, 20K04808, 研究代表者, 屋外歩行者の日傘使用による夏季暑熱環境への適応効果の評価に関する研究, 吉田 伸治, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 奈良女子大学, 4290000, 3300000, 990000, rm:presentations

Ⅲ.社会連携活動実績

1.公的団体の委員等(審議会、国家試験委員、他大学評価委員,科研費審査委員等)

  • 日本建築学会北陸支部, 地球環境委員会都市と気候適応小委員会 委員, 2012年06月, 9999年, 学協会
  • 一般社団法人 日本サステナブル・ビルディング・コンソーシアム, 非住宅建築物の環境関連データベース検討委員会 委員, 2008年07月, 9999年, 学協会
  • 照明学会北陸支部, 照明改善委員会 委員, 2003年, 2016年03月, 学協会
  • 空気調和・衛生工学会北信越支部, 常議員, 2002年, 2016年03月, 学協会
  • 日本公衆衛生学会, 一般会員, 2007年, 日本公衆衛生学会, 学協会
  • 日本建築学会北陸支部, 研究委員, 2003年06月, 2005年05月, 学協会
  • 空気調和・衛生工学会, 一般会員, 1997年, 空気調和・衛生工学会, 学協会
  • 日本建築学会, 一般会員, 1996年, 日本建築学会, 学協会
  • 一般社団法人 日本サステナブル建築協会, スマートウェルネス住宅等推進調査委員会, 2014年04月, 9999年, 学協会


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.