研究者総覧

吉田 伸治 (ヨシダ シンジ)

  • 研究院生活環境科学系住環境学領域 准教授
Last Updated :2021/06/02

researchmap

学位

  • 博士(工学), 東京大学

研究キーワード

  • 都市・建築環境 urban and building environmental engineering 

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災), 建築環境、建築設備

経歴

  • 2016年04月 奈良女子大学 生活環境科学系 准教授 日本国
  • 2005年10月 - 2016年03月 福井大学 工学研究科 都市建築設計 准教授 日本国
  • 2001年10月 - 2004年12月 福井大学 工学部 講師
  • 2000年01月 - 2001年10月 日本学術振興会特別研究員

学歴

  • - 2001年 東京大学 工学系研究科 建築学専攻 日本国
  • - 2001年 東京大学 Graduate School, Division of Engineering Department of Architecture
  • - 1996年 新潟大学 工学部 建設学科 日本国
  • - 1996年 新潟大学 Faculty of Engineering Department of Civil Engineering and Architecture

委員歴

  • 2012年06月 日本建築学会北陸支部 地球環境委員会都市と気候適応小委員会 委員 society

    学協会

  • 2008年07月 一般社団法人 日本サステナブル・ビルディング・コンソーシアム 非住宅建築物の環境関連データベース検討委員会 委員 society

    学協会

  • 2003年 - 2016年03月 照明学会北陸支部 照明改善委員会 委員 society

    学協会

  • 2002年 - 2016年03月 空気調和・衛生工学会北信越支部 常議員 society

    学協会

  • 2007年 日本公衆衛生学会 一般会員 日本公衆衛生学会 society

    学協会

  • 2003年06月 - 2005年05月 日本建築学会北陸支部 研究委員 society

    学協会

  • 1997年 空気調和・衛生工学会 一般会員 空気調和・衛生工学会 society

    学協会

  • 1996年 日本建築学会 一般会員 日本建築学会 society

    学協会

  • 2014年04月 一般社団法人 日本サステナブル建築協会 スマートウェルネス住宅等推進調査委員会 society

    学協会

受賞

  • 論文賞 学術論文部門, 佐藤大樹;大黒雅之;吉田伸治, 人間各部の投影面積率を用いた室内空間における人体の放射受熱量評価に関する研究, 空気調和・衛生工学会, 2016年05月
  • 振興賞技術振興賞, 酒井良雄;佐々木龍二;吉田伸治;竹内正紀;大岡龍三;宮本重信, 福井県教育センターの建築設備, 空気調和・衛生工学会, 2005年05月, JPN
  • 奨励賞, 吉田伸治, 日本建築学会, 2004年09月, JPN, rm:research_project_id

論文

  • Evaluation of effects of windows installed with near-infrared rays retro-reflective film on thermal environment in outdoor spaces using CFD analysis coupled with radiant computation

    Shinji YOSHIDA; Akashi MOCHIDA

    2018年10月, Building Simulation, 11 (5), 1053 - 1066

    研究論文(学術雑誌)

  • Effects of windows with near-infrared-ray retro-reflective film on outdoor thermal environment in a three-dimensional cubic cavity-type street canyon

    Shinji Yoshida; Akashi Mochida; Tatsuya Harima; Taro Omura; Tsutomu Nagahama

    8th Japanese-German Meeting on Urban Climatology
    2017年3月25日~29日
    神戸大学, 2017年03月25日, Proceedings of the 8th Japanese-German Meeting on Urban Climatology, 289 - 294

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Numerical Analysis of the Effects of Windows with Heat Ray Retro-Reflective Film on the Outdoor Thermal Environment within a Two-Dimensional Square Cavity-Type Street Canyon

    Shinji Yoshida; Saori Yumino; Taiki Uchida; Akashi Mochida

    This study aimed to investigate the effects of installing windows with heat ray retro-reflective film for their impact on thermal environments within two-dimensional square cavity-type street canyons. The numerical analysis was conducted under the meteorological conditions of a particular hot summer in Tokyo using a computational method proposed by the present authors. The computational method was based on computational fluid dynamics (CFD) analysis coupled with radiant computation, unsteady heat conduct computation, and human thermoregulation computation for pedestrians. Two different types of windows installed in the western building surface were compared: (1) single float glass with a heat ray retro-reflective film, and (2) single float glass with heat shading film. Through comparison, it was clarified that adopting the heat ray retro-reflective film on the building surface improved the radiant and the outdoor thermal environment during the summer. (C) 2016 The Authors. Published by Elsevier Ltd., 2016年, FOURTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON COUNTERMEASURES TO URBAN HEAT ISLAND, (UHI 2016), 169 (169), 384 - 391, doi;web_of_science

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • An evaluation of the effects of heat ray-reflective film on the outdoor thermal environment using a radiant analysis method

    Shinji YOSHIDA; Saori YUMINO; Akashi MOCHIDA; Taiki UCHIDA

    July 20-24, 2015
    Toulouse, France, 2015年07月20日, Proceedings of the 9th International Conference on Urban Climate (ICUC9)

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Guidelines and evaluation tools for heat island countermeasures for several cities in Japan and other East Asian countries

    Shinji YOSHIDA; Taiki SATO; Hideki TAKEBAYASHI; Takahiro TANAKA; Akashi MOCHIDA; Ryozo OOKA; Ryuichiro YOSHIE; Qiong LI

    July 20-24, 2015
    Toulouse, France, 2015年07月20日, Proceedings of the 9th International Conference on Urban Climate (ICUC9)

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 東アジア・日本の諸都市のヒートアイランド対策ガイドラインと評価ツールの比較に関する研究

    東アジア諸都市のヒートアイランド対策ガイドライン検討ワーキンググループ(WG構成員:吉田伸治, 佐藤大樹, 竹林英樹, 田中貴宏, 持田灯, 大岡龍三, 義江龍一郎, 李瓊)

    2015年02月, 日本建築学会技術報告集, 21 (47), 199 - 204

    研究論文(学術雑誌)

  • Effect of windows with heat ray retro-reflective film on outdoor thermal environment and building cooling load

    Shinji YOSHIDA; Saori YUMINO; Taiki UCHIDA; Akashi MOCHIDA

    2015年02月, Journal of heat island institute international, 9 (2), 67 - 72

    研究論文(学術雑誌)

  • Countermeasure guidelines and evaluation tools against heat island phenomena for several cities in Japan and East Asia

    Yoshida Shinji; Sato Taiki; Takebayashi Hideki; Tanaka Takahiro; Mochida Akashi; Ooka Ryozo; Yoshie Ryuichiro; Li Qiong

    2015年, Proc. 9th International Conference of Urban Climate

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 人体各部の投影面積率を用いた室内空間における人体の放射受熱量評価に関する研究 : 第2報-部位別放射受熱量の算出と不均一放射環境の評価への適用

    佐藤 大樹; 大黒 雅之; 吉田 伸治

    人体各部の投影面積率を用いて,計算負荷が小さく,かつ部位別の評価が行える人体の放射解析手法を提案する。第1報での壁面と人体各部との形態係数算出に続き,本報では,壁面からの部位別放射受熱量の算出方法を示す。また,本手法は,部位間の形態係数を事前に用意することで,人体の他部位からの放射熱を含む部位別の総放射受熱量の算出まで拡張可能であることも示す。さらに,部位別の投影面積率の導入や椅子等による壁面からの放射熱伝達の遮蔽の考慮等,提案する一連の手法が,人体の放射受熱量の評価に及ぼす効果について考察を行うと共に,姿勢,体型,向きの異なる人体を多数配置した解析を行い,室内空間の放射環境の把握に適用した例を示す。, 公益社団法人 空気調和・衛生工学会, 2015年, 空気調和・衛生工学会 論文集, 40 (214), 9 - 17, doi;cinii_articles;cinii_books;url

  • 人体各部の投影面積率を用いた室内空間における人体の放射受熱量評価に関する研究 : 第1報-人体形状モデルによる投影面積率算出と至近距離壁面との形態係数評価

    佐藤 大樹; 大黒 雅之; 吉田 伸治

    不均一放射環境が予想される室内空間の計画では,特定の人配置を想定した人体各部の放射熱伝達量の詳細評価と同時に,人を多数配置した解析により広く分布としての空間の熱放射特性の評価も必要となる。そこで,投影面積率を用いた人体全身の形態係数計算手法を人体部位別の形態係数計算に拡張し,多くの人配置でも部位別の評価が可能な計算負荷の小さい人体の放射解析手法を提案する。本報ではまず,本手法の前提となる部位別投影面積率を人体形状モデルから取得する方法を示す。そして,投影面積率による方法では予測誤差が大きくなる人と壁面の距離が小さい場合でも,部位分割することで大幅に予測精度が向上し室内空間へ適用可能となることを示す。, 公益社団法人 空気調和・衛生工学会, 2014年, 空気調和・衛生工学会 論文集, 39 (202), 1 - 9, doi;cinii_articles;cinii_books;url

  • Study on Evaluation of Effects of Inhomogeneous Radiant Environment for Pedestrian in Summer Season using a Coupled Numerical Simulation based on CFD Analysis

    吉田 伸治; Taiki Sato; Masayuki Oguro

    2014年, Proceedings of 8th Windsor Conference: Counting the Cost of Comfort in a changing world, W14064

  • 多分割人体体温調節モデルと連成したCFD解析に基づく不均一屋外温熱環境評価に関する研究(その1) 人体を覆う仮想球を覆う屋外空間の不均一放射環境の分析

    吉田 伸治; 佐藤 大樹; 大黒 雅之

    In this paper, we propose a new calculation method for evaluating the inhomogeneous outdoor thermal environment by incorporating a multi-node human thermoregulation model into the simulation method based on CFD analysis of the outdoor thermal environment. We also investigated the effects of weather conditions on the inhomogeneity of the radiant environment for pedestrians using the proposed calculation method. Two different weather condition cases are investigated in this study: (1) a scorching hot day and (2) a cloudy day. The analysis confirmed the effectiveness of the proposed method in the evaluation of the inhomogeneity of the radiant environment in outdoor space., 2014年, 日本建築学会環境系論文集, 79 (705), 967 - 977, doi

    研究論文(学術雑誌)

  • A heatstroke prediction and prevention system for outdoor construction workes

    Nobuyuki Yabuki; Takuya Onoue; Tomohiro Fukuda; 吉田 伸治

    2013年, Visualization in Engineering, 2013 (1), 11

    研究論文(学術雑誌)

  • 40463 数値気候モデルMM5を用いた北陸地方の局地気候解析に関する研究(その3) : 北陸地方各都市の冬季の局地気候分析(メリスケールシミュレーション,環境工学I)

    井上 理史; 吉田 伸治; 大岡 龍三; 川本 陽一

    社団法人日本建築学会, 2010年07月20日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2010, 951 - 952, cinii_articles

  • VRアバターを用いた屋外温熱環境の仮想体験に関する研究

    尾上 拓也; 矢吹 信喜; 吉田 伸治; 福田 知弘

    2010年, 土木情報利用技術論文集, 19, 193 - 200

  • 40318 数値気候モデルMM5を用いた北陸地方の局地気候分析に関する研究(その2) : 福井平野内の都市化地域の差異が夏季局地気候に与える影響(メソ気象モデル(MM5・WRF),環境工学I)

    竹内 結; 吉田 伸治; 大岡 龍三; 川本 陽一

    社団法人日本建築学会, 2009年07月20日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2009, 687 - 688, cinii_articles

  • 40317 数値気候モデルMM5を用いた北陸地方の局地気候解析に関する研究(その1) : 北陸地方各都市の夏季の局地気候分析(メソ気象モデル(MM5・WRF),環境工学I)

    井上 理史; 竹内 結; 吉田 伸治; 大岡 龍三; 川本 陽一

    社団法人日本建築学会, 2009年07月20日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2009, 685 - 686, cinii_articles

  • 4-17 数値気候モデルMM5を用いた福井地方の局地気候解析(環境系)

    竹内 結; 吉田 伸治; 大岡 龍三; 川本 陽一

    数値気候モデル(MM5)を用いて福井地方の局地気候解析を行い、福井平野における都市化が地域の気候に及ぼす影響を分析した。この分析では福井平野内における水田を建物用地化させる地域の差異による影響に着目した。解析の結果、夏季日中においては福井市の風上にあたる平野北部地域の都市化の方が、南部地域の都市化と比べ熱環境悪化のリスクが大きいことが確かめられた。, 社団法人日本建築学会, 2009年07月12日, 日本建築学会北陸支部研究報告集, (52), 259 - 262, cinii_articles

  • Analysis of regional characteristics of the atmospheric heat balance in the Tokyo metropolitan area in summer

    Taiki Sato; Shuzo Murakami; Ryozo Ooka; Shinji Yoshida

    The heat island phenomenon in the Tokyo metropolitan area has spread ever more widely, and it is now too wide to treat as a single regional phenomenon. In this paper, the authors have analyzed the climate on an urban scale in summer, and compared the regional characteristics of the atmospheric heat balance at the center of Tokyo, an inland satellite city, and a satellite city on the other side of Tokyo Bay, using a computational fluid dynamics (CFD) simulation. From the results of the analysis, the authors quantitatively demonstrate the mechanism of diurnal change in air temperature and absolute humidity in these areas, focusing on the heat balance. While the sea breeze prevents the air temperature from increasing in the center of Tokyo, it is less effective as a heat sink in leeward areas, such as the inland satellite city. At the satellite city on the other side of Tokyo Bay, the horizontal wind has some influence on the climate. Additionally, the authors tried to classify the regional characteristic of air temperatures by average air temperature and diurnal range. (c) 2008 Published by Elsevier Ltd., 2008年10月, JOURNAL OF WIND ENGINEERING AND INDUSTRIAL AERODYNAMICS, 96 (10-11), 1640 - 1654, doi;web_of_science

    研究論文(学術雑誌)

  • 戸建住宅団地内の夏季暑熱環境緩和のための最適設計に関する研究

    吉田 伸治; 大岡 龍三; 陳 宏

    2007年, 住宅総合研究財団研究論文集, (33), 369 - 380

    研究論文(学術雑誌)

  • 樹木の成長、樹種の違いが樹冠の葉面積密度・光学的深さに及ぼす影響, 実測に基づく街路樹の日射遮蔽効果の評価手法に関する研究

    吉田 伸治; 中井敦; 大岡 龍三

    2006年, 日本建築学会環境系論文集, (605), 103 - 110, doi

    研究論文(学術雑誌)

  • 都市キャノピーモデルを組み込んだメソスケールモデルによる関東地方の都市気候解析

    原山 和也; 大岡 龍三; 村上 周三; 吉田 伸治; 瀬戸島 政博; 近藤 裕昭

    2005年, 日本建築学会環境系論文集, 592 (75-82), doi

    研究論文(学術雑誌)

  • 室内空気のスギ花粉個数濃度とアレルゲン(Cry j1)濃度について スギ花粉による室内空気汚染の防止に関する研究 (1)

    大橋 えり; 吉田 伸治; 大岡 龍三; 宮沢 博

    2005年, 日本建築学会環境系論文集, 594 (39-44)

    研究論文(学術雑誌)

  • ヒートアイランド緩和方策が夏季と冬季の都市熱環境へ及ぼす影響の数値解析 夏季・冬季の都市気候特性の分析及び緑化と高アルベド化の効果の検討

    佐藤 大樹; 村上 周三; 大岡 龍三; 吉田 伸治; 原山 和也; 近藤 裕昭

    2004年, 日本建築学会環境系論文集, 577, 55 - 62, doi

    研究論文(学術雑誌)

  • 都市の熱代謝モデルの提案と緑化に係わる熱収支分析 都市気候モデルに基づく東京の都市熱環境の分析

    大岡 龍三; 吉田 伸治; 村上 周三; 佐々木 澄; 持田 灯; 吉野 博

    2004年, 日本建築学会環境系論文集, (579), 73 - 80, doi

    研究論文(学術雑誌)

  • 都市の熱収支モデルを用いた夏季の東京首都圏における大気熱収支構造の地域性の比較

    佐藤 大樹; 村上 周三; 大岡 龍三; 吉田 伸治

    2004年, 日本建築学会環境系論文集, (586), 61 - 68, doi

    研究論文(学術雑誌)

  • 都市の対流・放射環境を評価するための新しい指標NCROの提案

    原山 和也; 大岡 龍三; 吉田 伸治; 村上 周三

    2002年12月, 第17回風工学シンポジウム論文集, 77 - 82, doi

    研究論文(学術雑誌)

  • 団地内キャニオン空間内における夏期の屋外温熱環境の実測

    吉田 伸治; 村上 周三; 成田 健一; 高橋 岳生; 大岡 龍三; 持田 灯; 富永 禎秀

    2002年, 日本建築学会計画系論文集, (552), 69 - 76, doi

    研究論文(学術雑誌)

  • 数値モデルによる計算結果と観測データを併用した都市スケールの気候解析

    竹林 英樹; 森山 正和; 村上 周三; 大岡 龍三; 持田 灯; 芝池 英樹; 吉田 伸治

    2002年, 日本建築学会計画系論文集, (556), 63 - 68

    研究論文(学術雑誌)

  • 非定常な対流・放射・伝導を考慮した3次元の屋外温熱環境予測手法の開発 第1報 非定常放射・伝導解析による数値解析と精度検証

    原山 和也; 吉田 伸治; 大岡 龍三; 持田 灯; 村上 周三

    2002年, 日本建築学会計画系論文集, (556), 99 - 106, doi

    研究論文(学術雑誌)

  • 屋外温熱環境形成寄与率CROを用いた街区の風系と温熱環境評価に関する研究

    吉田 伸治; 原山 和也; 大岡 龍三; 村上 周三; 持田 灯

    2002年, 第17回風工学シンポジウム論文集, 71 - 76, doi

    研究論文(学術雑誌)

  • CFDを利用した屋外温熱空気環境設計手法に関する研究-川風の温熱空気環境改善効果の解析-

    大黒 雅之; 村上 周三; 森川 泰成; 持田 灯; 足永 靖信; 大岡 龍三; 吉田 伸治; 小野 浩史

    2002年, 日本建築学会技術報告集, (16), 185 - 190

    研究論文(学術雑誌)

  • 連成数値解析による屋外温熱環境の評価と最適設計法に関する研究

    吉田伸治

    2001年03月, 東京大学博士論文

    学位論文(博士)

  • 都市火災伝搬における火の粉飛散の数値解析

    白石 靖幸; 加藤 信介; 吉田 伸治; 村上 周三

    2001年, 日本建築学会計画系論文集, (546), 187 - 192

    研究論文(学術雑誌)

  • ヒートアイランド現象の解析とその対策技術の総合的評価のためのSoftware Platform の開発と風環境の解析事例

    持田 灯; 村上 周三; 金相璡; 近藤 裕昭; 島田 昭男; 玄地 裕; 吉田 伸治

    2000年12月01日, 風工学シンポジウム論文集, 16, 137 - 142, cinii_articles

    研究論文(学術雑誌)

  • 街区形状の変化が屋外風系と温熱環境に及ぼす影響の数値解析

    原山 和也; 吉田 伸治; 村上 周三

    2000年12月, 第16回風工学シンポジウム論文集, 119 - 124, rm:research_project_id

    研究論文(学術雑誌)

  • 樹木モデルを組み込んだ対流・放射・湿気輸送連成解析による樹木の屋外温熱環境緩和効果の検討

    吉田伸治; 大岡龍三; 持田灯; 富永禎秀; 村上周三

    2000年10月, 日本建築学会計画系論文集, 65 (536), 87 - 94, doi

    研究論文(学術雑誌)

  • Software platform for the total analysis of wind climate and urban heat island-integration of CWE simulations from human scale to urban scale-

    Shuzo Murakami; Akashi Mochida; Sangjin Kim; Ryozo Ooka; Shinji Yoshida; Hiroaki Kondo; Yutaka Genchi; Akio Shimada

    2000年09月, Computational Wind Engineering 2000, 23 - 26

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • CFD Prediction of Thermal Comfort in Microscale Wind Climate

    Shinji Yoshida; Shuzo Murakami; Ryozo Ooka; Akashi Mochida; Yoshihide Tominaga

    2000年09月, Computational Wind Engineering 2000, 27 - 30

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 数値気候モデルによる都市化がもたらす関東地方の気候変化のメカニズムの解析

    金相璡; 村上周三; 持田 灯; 大岡龍三; 吉田伸治

    2000年08月, 日本建築学会計画系論文集, (534), 83 - 88

    研究論文(学術雑誌)

  • 対流・放射・湿気輸送を連成した屋外環境解析に基づく緑化の効果の分析

    吉田伸治; 村上周三; 持田灯; 大岡龍三; 富永禎秀; 金相璡

    2000年03月, 日本建築学会計画系論文集, 65 (529), 77 - 84, doi

    研究論文(学術雑誌)

  • CFD analysis of wind climate from human scale to urban scale

    Shuzo Murakami; Ryozo Ooka; Akashi Mochida; Shinji Yoshida; Sangjin Kim

    The rapid growth of computational wind engineering (CWE) has led to an expansion of the research fields of wind engineering. CWE has made it possible to analyze various physical processes associated with wind climate around humans and in urban areas. This paper reviews recent achievements in CWE and its application to wind climate in scales ranging from human to urban scale. © 1999 Elsevier Science Ltd. All rights reserved., 1999年, Journal of Wind Engineering and Industrial Aerodynamics, 81 (1-3), 57 - 81, doi

    研究論文(学術雑誌)

  • 対流・放射・湿気輸送連成解析による屋外環境共生空間に関する研究-CFDによる屋外の気流分布と温熱環境に対する緑地の影響の検討-

    吉田伸治; 村上周三; 持田灯; 大岡龍三; 富永禎秀; Sangjin KIM

    1998年12月, 第15回風工学シンポジウム論文集, 91 - 96

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 新潟地方の局地気象に関する数値解析 水田の有無が夏季の外部環境に及ぼす影響

    赤林伸一; 持田灯; 村上周三; 富永禎秀; 吉田伸治; 金相璡

    1996年12月, 第14回風工学シンポジウム論文集, 49 - 54

    研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 40552 非住宅(民生業務部門)建築物の環境関連データベース構築に関する研究 その144 東日本大震災後における商業施設のエネルギー消費実態 2016年度調査

    山崎 政人; 山口 容平; 下田 吉之; 岩前 篤; 甲谷 寿史; 竹林 英樹; 近本 智行; 宮崎 ひろ志; 吉田 伸治; 村上 周三; 坊垣 和明; 亀谷 茂樹; 高口 洋人; 半澤 久; 吉野 博; 奥宮 正哉; 浅野 良晴; 村川 三郎; 依田 浩敏

    日本建築学会, 2017年07月20日, 環境工学I, (2017), 1149 - 1150, cinii_articles;url

  • I-17 投影面積率による人体各部の放射熱伝達量の解析 : (第1報)人体各部と室内各面との形態係数の検証

    佐藤 大樹; 大黒 雅之; 吉田 伸治

    公益社団法人 空気調和・衛生工学会, 2012年, 空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集, 2012 (0), 945 - 948, doi;cinii_articles

  • I-18 投影面積率による人体各部の放射熱伝達量の解析 : (第2報)人体形状モデルを用いた部位別投影面積率の算出と適用

    大黒 雅之; 佐藤 大樹; 吉田 伸治

    公益社団法人 空気調和・衛生工学会, 2012年, 空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集, 2012 (0), 949 - 952, doi;cinii_articles

  • Evaluation of Measures for Pedestrians Adapting to Thermal Environment

    吉田 伸治

    2012年, 9th International Meeting for Manikins and Modeling, 39

    記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)

  • Thermal radiation analysis on each part of the human body based on projected area factors

    佐藤 大樹; 大黒 雅之; 吉田 伸治

    2012年, 9th International Meeting for Manikins and Modeling, 42

  • ICWE13 参加報告

    義江 龍一郎; 飯塚 悟; 伊藤 嘉晃; 大岡 龍三; 大風 翼; 大場 正昭; 片岡 浩人; 勝地 弘; 勝村 章; 喜々津 仁密; 白土 博通; 曹 曙陽; 高森 浩治; 田中 英之; 田村 哲郎; 富永 禎秀; 野田 稔; 長谷部 寛; ファム バン フック; 松井 正宏; 松宮 央登; 丸山 敬; 持田 灯; 山口 敦; 吉田 昭仁; 吉田 伸治

    2011年10月, 日本風工学会誌, 36 (4), 406 - 434

    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 多分割人体体温調節モデルを用いた屋外温熱環境CFD解析

    吉田 伸治

    2011年, ながれ, 30, 87 - 96

  • CFD analysis to investigate the effect of changing wind direction with switching route direction on thermal comfort for pedestrian

    吉田 伸治

    2011年, 13th International Conference on Wind Engineering, E107

  • Effects of Pedestrian Orientation on Outdoor Thermal Comfort Using

    吉田 伸治

    2011年, The Fourth International Conference on Human-Environment System, Y1-5

  • CFD analysis to investigate the effect of changing wind direction with switching route direction on thermal comfort for pedestrian

    吉田 伸治

    2011年, 13th International Conference on Wind Engineering, E107

  • スギ花粉による室内汚染レベル、室内侵入率および花粉1個に対するCryj1量

    大橋 えり; 吉田 伸治; 大岡 龍三; 宮沢 博

    The concentration of airborne cedar pollen particles and the level of cedar pollen allergen (Cry jl) were measured in 2-Japanese private houses. The samples were collected with gravitational settlement method and also with an Sstage-type Andersen sampler. During March through the beginning of April, (he concentration of cedar pollen was 1.5∼3.6 grains/m3 in 2005, and 0.2∼0.5 grains/m3 in 2006. The allergen (cry jl) concentration was 15.9∼23.2 pg/m3 in 2005. and bellow 1.5-2.2 pg/m3 in 2006. The intrusion rate of cedar pollen to private house indoor was estimated as 0.5%, calculating as ratio of indoor value/outdoor value. It was calculated that each ordinary indoor cedar pollen particle was corresponded to 6 pg of Cryjl respectively., 2010年02月, 日本建築学会環境系論文集, 75 (648), 205 - 211, doi

  • Evaluation of Unsteady and Inhomogeneous Thermal Comfort on Pedestrian Space in Summer Season Using CFD Analysis Coupled with Multifractional Human Thermoregulation Model

    吉田 伸治

    2010年, The Fifth International Symposium on Computational Wind Engineering (CWE2010), TS10-1-3

  • Visualization technique of outdoor thermal environment using a VR avatar

    Takuya Onoue; Nobuyoshi Yabuki; 吉田 伸治; Tomohiro Fukuda

    2010年, 10th International Conference on Construction Applications of Virtual Reality

  • Investigation on a method incorporating inhomogeneous environmental conditions into CFD analysis of outdoor thermal environment coupled with multifractional human thermoregulation model

    吉田 伸治; 大黒 雅之

    2009年, The seventh International Conference on Urban Climate, B-4

  • Evaluation of pedestrian space in summer season using CFD analysis of outdoor thermal environment coupled with multifractional human thermoregulation model

    岸 由紀子; 吉田 伸治

    2009年, The seventh International Conference on Urban Climate, B-5

  • Investigation on a method incorporating inhomogeneous environmental conditions into CFD analysis of outdoor thermal environment coupled with multifractional human thermoregulation model

    Shinji Yoshida; Masayuki Oguro

    2009年, The seventh International Conference on Urban Climate, B-4

  • Evaluation of pedestrian space in summer season using CFD analysis of outdoor thermal environment coupled with multifractional human thermoregulation model

    Masayuki Oguro; Shinji Yoshida

    2009年, The seventh International Conference on Urban Climate, B-5

  • Evaluation on Unsteady and Inhomogeneous Outdoor Thermal Environment Using a Coupled Numerical Simulation Based on CFD Analysis

    吉田 伸治

    2008年, 18th International Congress of Biometeorology, Urban Clim-S02

  • Evaluation on Unsteady and Inhomogeneous Outdoor Thermal Environment Using a Coupled Numerical Simulation Based on CFD Analysis

    Shinji Yoshida

    2008年, 18th International Congress of Biometeorology, Urban Clim-S02

  • Study on method to evaluate the shading effect of street tree on solar radiation based on field observation

    中井 敦; 吉田 伸治; 大岡 龍三

    2006年, 6th International Conference on Urban Climate, 254 - 257

  • Development of three dimensional plant canopy model for numerical simulation of outdoor thermal environment

    吉田 伸治; 大岡 龍三; 持田 灯; 村上 周三; 富永 禎秀

    2006年, 6th International Conference on Urban Climate, 320 - 324

  • Analysis of regional characteristics of the atmospheric heat balance in the Tokyo metropolitan area in summer

    佐藤 大樹; 村上 周三; 大岡 龍三; 吉田 伸治

    2006年, 日本風工学会誌, 31 (3), 231 - 234

  • Study on evaluation of outdoor thermal environment based on CFD analysis incorporating multi-fractional human thermoregulation model

    吉田 伸治

    2006年, 日本風工学会誌, 31 (3), 513 - 516

  • Study on method to evaluate the shading effect of street tree on solar radiation based on field observation

    Atsushi Nakai; Shinji Yoshida; Ryozo Ooka

    2006年, 6th International Conference on Urban Climate, 254 - 257

  • Development of three dimensional plant canopy model for numerical simulation of outdoor thermal environment

    Shinji Yoshida; Ryozo Ooka; Akashi Mochida; Shuzo Murakami; Yoshihide Tominaga

    2006年, 6th International Conference on Urban Climate, 320 - 324

  • Analysis of regional characteristics of the atmospheric heat balance in the Tokyo metropolitan area in summer

    Taiki Sato; Shuzo Murakami; Ryozo Ooka; Shinji Yoshida

    2006年, Journal of Wind Engineering, JAWE, 31 (3), 231 - 234

  • Study on evaluation of outdoor thermal environment based on CFD analysis incorporating multi-fractional human thermoregulation model

    Shinji Yoshida

    2006年, Journal of Wind Engineering, JAWE, 31 (3), 513 - 516

  • 数値気候モデルによる東京都区部の空調排熱形態がヒートアイランドに及ぼす影響の検討

    中出晃司; 吉田伸治; 大岡龍三; 加藤信介; 原山和也; 鳴海大典; 黄弘; 李海峰; 市川徹; 小島弘; 大森敏明

    2003年09月, 空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集, 697-700

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)

  • Evaluation of the Impacts of Urban Tree Planting in Tokyo Based on Urban Heat Balance Model,

    S.Murakami; A.Mochida; R.Ooka; S.Yoshida; H.Yoshino; K.Sasaki; K.Harayama

    2003年, 11th International Conference on Wind Engineering, 2, 2641-2648, Lubbock, Texas, USA

  • Evaluation of the Impacts of Urban Tree Plantingin Tokyo Based on Thermal Metabolism Model

    K. Sasaki; A. Mochida; R. Ooka; S. Murakami; S.Yoshida; H. Yoshino; K. Harayama

    2003年, Fifth International Conference on Urban Climate, O26-2, 1-5

  • 屋外温熱環境形成寄与率CROを用いた街区の温熱環境評価に関する研究

    吉田 伸治; 原山 和也; 大岡 龍三; 村上 周三; 持田 灯

    2002年, 福井大学工学部研究報告 , 第50巻, 第1号, 1-6

  • 人工排熱が都市のヒートアイランド現象に及ぼす影響のCFD解析

    吉田 伸治; 大岡 龍三; 村上 周三; 原山 和也

    2002年, 福井大学工学部研究報告 , 第50巻, 第1号, 7-11

  • 40562 対流・放射・湿気連成解析による屋外環境共生空間の研究(その11) : 団地内キャニオン空間における樹木周辺環境の実測

    磐田 靖子; 村上 周三; 高橋 岳生; 吉田 伸治; 成田 健一; 持田 灯; 富永 禎秀; 金 相進; 原山 和也

    社団法人日本建築学会, 2000年07月31日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2000 (0), 1137 - 1138, cinii_articles

  • 40563 対流・放射・湿気連成解析による屋外環境共生空間の研究(その12) : 団地内実測による各種温熱環境パラメータの同定

    笹沼 宏之; 成田 健一; 村上 周三; 吉田 伸治; 足永 靖信; 持田 灯; 大岡 龍三; 磐田 靖子

    社団法人日本建築学会, 2000年07月31日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2000 (0), 1139 - 1140, cinii_articles

  • 団地内キャニオン空間における夏季の温熱環境に関する研究(その1)温熱環境の実測と物理パラメータの同定

    成田 健一; 村上 周三; 高橋 岳生; 吉田 伸治; 磐田 靖子; 足永 靖信; 持田 灯; 富永 禎秀; 大岡 龍三

    1999年09月01日, 空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集, 1999 (3), 1437 - 1440, cinii_articles

  • 40430 対流・放射・湿気連成解析による屋外環境共生空間の研究(その6) : 団地内キャニオン空間における夏季の温熱環境の実測

    村上 周三; 高橋 岳生; 大岡 龍三; 成田 健一; 吉田 伸治; 磐田 靖子; 小林 泰; 足永 靖信; 持田 灯; 富永 禎秀

    社団法人日本建築学会, 1999年07月30日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 1999 (0), 897 - 898, cinii_articles

  • 40431 対流・放射・湿気連成解析による屋外環境共生空間の研究(その7) : 団地内実測による温熱環境パラメータの同定

    植村 明子; 成田 健一; 村上 周三; 吉田 伸治; 足永 靖信; 高橋 岳生; 持田 灯; 富永 禎秀; 大岡 龍三; 磐田 靖子

    社団法人日本建築学会, 1999年07月30日, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 1999 (0), 899 - 900, cinii_articles

  • 24 対流・放射・湿気連成解析による屋外環境共生空間の研究(その5) : 団地内キャニオン空間における夏季の温熱環境の実測(環境工学,計画系)

    吉田 伸治; 村上 周三; 高橋 岳生; 磐田 靖子; 成田 健一; 足永 靖信; 大岡 龍三; 持田 灯; 富永 禎秀

    社団法人日本建築学会, 1999年02月28日, 日本建築学会関東支部研究報告集, 0 (69), 257 - 260, cinii_articles

  • 環境緩和効果を総合的に組み込んだ新し い3次元樹木モデルの開発-屋外環境共生空間の数値解析-

    吉田伸治; 村上周三; 持田灯; 大岡龍三; 富永禎秀

    1999年01月, 生産研究, 51 (1), 11 - 16, doi

    速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)

  • 対流・放射・湿気連成解析による屋外環境共生空間の緑地効果の検討

    吉田伸治; 大岡龍三; 村上周三; 持田灯; 富永禎秀

    1998年01月, 生産研究, 50 (1), 73 - 77, doi

    速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)

  • 再帰性反射機構を活用した夏季街路空間の暑熱環境の改善効果の評価に関する研究

    吉田 伸治

    2020年09月, ナント経済月報, 2020 (9), 12 - 17

    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 風環境と人体の体温調節との関わり

    吉田 伸治

    2020年07月, 日本風工学会誌, 45 (3), 28 - 35

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

書籍等出版物

  • Adaptation Measures for Urban Heat Islands

    Hideki TAKEBAYASHI; Masakazu MORIYAMA; Shinji YOSHIDA; Atsumasa YOSHIDA; Shin-ichi KINOSHITA; Hiroyuki AKAGAWA; Noboru MASUDA; Keiko MASUMOTO; Ikusei MISAKA; Minako NABESHIMA; Nobuya NISHIMURA; Toru SHIBA (, 範囲: Evaluation methods of adaptation cities (pp. 115-160) in total 181 pages.)

    ACADEMIC PRESS, 2020年03月

  • 風工学ハンドブック - 構造・防災・環境・エネルギー -(分担執筆:11.3.2 メソスケール気象シミュレーション)

    朝倉書店, 2007年04月 (ISBN: 9784254260144)

  • 日本建築学会叢書5 ヒートアイランドと建築・都市 -対策のビジョンと課題(分担執筆:3-1 緑化による対策)

    丸善, 2007年 (ISBN: 9784818947047)

  • 住まいの百科事典

    日本家政学会 (, 範囲: 5-5 室内温熱環境の調節方法 (p188-189), 5-6 日射の入射と遮蔽 (p190-191))

    丸善, 2020年04月

講演・口頭発表等

  • CFD解析による隔壁・エアコン吹出気流方向が住宅台所内の夏季温熱環境に与える影響評価

    吉田伸治; 木村美文

    第43回 人間―生活環境系シンポジウム, 2019年12月01日, 2019年11月30日, 2019年11月30日

  • 指向性反射を考慮した放射伝熱解析手法による熱線再帰性反射フィルムの評価 指向性反射を考慮した放射伝熱解析手法による熱線再帰性反射フィルムの評価-大阪御堂筋のモデル街区内の日射環境の評価-

    宮垣春香; 吉田伸治

    空気調和・衛生工学会大会学術講演会, 2019年09月18日, 2019年09月18日, 2019年09月18日

  • 冬期の住宅内の温熱環境と安全性に関する研究(その1)BEST-Hを用いた奈良県内の気候条件に相応な断熱性能を持つ新築住宅の検討

    吉田伸治

    空気調和・衛生工学会大会学術講演会, 2019年09月18日, 2019年09月18日, 2019年09月18日

  • 住宅台所内における熱中症リスクの緩和手法に関する研究(その1)隔壁の有無、エアコン吹き出し気流方向が台所内の温熱環境に与える影響評価のためのCFD解析

    木村美文; 吉田伸治

    日本建築学会大会, 2019年09月05日, 2019年09月03日, 2019年09月03日

  • 屋外歩行者の温熱生理特性と機能・空間心理特性を考慮した環境設計手法の開発(その2) 大学キャンパス内の中庭の温熱環境条件が歩行者の適応行動に与える影響の実測

    吉田伸治

    日本建築学会大会, 2019年09月04日, 2019年09月03日, 2019年09月03日

  • 40552 非住宅(民生業務部門)建築物の環境関連データベース構築に関する研究 その144 東日本大震災後における商業施設のエネルギー消費実態 2016年度調査

    山崎 政人; 山口 容平; 下田 吉之; 岩前 篤; 甲谷 寿史; 竹林 英樹; 近本 智行; 宮崎 ひろ志; 吉田 伸治; 村上 周三; 坊垣 和明; 亀谷 茂樹; 高口 洋人; 半澤 久; 吉野 博; 奥宮 正哉; 浅野 良晴; 村川 三郎; 依田 浩敏

    環境工学I, 2017年07月20日, 2017年07月20日, 2017年07月20日, 日本建築学会, url

  • Effects of windows with heat ray retro-reflective film on outdoor thermal environment and building cooling load

    Taiki Uchida; 吉田 伸治; Saori Yumino; Akashi Mochida

    7th Japanese-German Meeting on Urban Climatology, 2014年, 2014年, 2014年

  • 屋外歩行者の温熱生理特性と機能・空間心理特性を考慮した環境設計手法の開発(その1)夏季屋外温熱環境条件が歩行者の適応行動に与える影響の実測

    日本建築学会大会, 2014年

  • 熱交換塗料の建物熱深作原稿かの評価に関する研究(その2) 屋外スケールモデル実験による検討

    日本建築学会大会, 2014年

  • 指向性反射を考慮した放射伝熱シミュレーションによる熱線再帰性反射フィルムの評価(その2) 指向性反射を考慮した放射伝熱解析手法の概要

    日本建築学会大会, 2014年

  • 指向性反射を考慮した放射伝熱シミュレーションによる熱線再帰性反射フィルムの評価(その3) 単体建物周辺の放射熱環境解析

    日本建築学会大会, 2014年

  • 数値解析による夏季屋外歩行者に対する放射環境の不均一性評価に関する研究

    日本建築学会北陸支部大会, 2013年

  • 実測と数値解析に基づく熱交換塗料の評価に関する研究

    日本建築学会北陸支部大会, 2013年

  • 東アジア諸都市のヒートアイランド対策ガイドライン提案に関する研究(その1) 国内のヒートアイランド対策ガイドラインの比較調査

    日本建築学会北陸支部大会, 2013年

  • 簡易「ルーフポンド」の熱負荷削減効果に関する研究(その3) 実測によるルーフポンドが室内温熱環境に及ぼす影響

    日本建築学会北陸支部大会, 2013年

  • CFD 解析とBEST の連成数値解析による伝統的建築物の環境負荷と通風性能の評価に関する研究(その1) 金沢市主計町の町家内の温熱環境評価

    日本建築学会大会, 2013年

  • 熱交換塗料の建物熱負荷削減効果の評価に関する研究(その1) 屋外実測・非定常一次元熱伝導解析による分析

    日本建築学会大会, 2013年

  • 指向性反射を考慮した放射伝熱シミュレーションによる熱線再帰性反射フィルムの評価(その1)3次元放射収支測定による熱線再帰性反射フィルムの効果と人体への影響の評価

    日本建築学会大会, 2013年

  • 屋外都市模型COSMOを対象とした放射解析に基づく非定常熱収支解析の精度検証

    日本建築学会大会, 2013年

  • 連成数値解析による夏季屋外歩行者に対する温熱環境の不均一性評価に関する研究(その1) 太陽高度、天候が放射環境の不均一性に与える影響

    日本建築学会大会, 2013年

  • 連成CFD解析の戸建住宅団地の環境設計への適用に関する研究(その2) 夏季日中の屋外放射熱環境の不均一性の評価

    日本建築学会大会, 2013年

  • 連成数値解析による夏季屋外歩行者に対する放射環境の不均一性評価に関する研究(その2) 天候・性別の差異が歩行者の温熱生理的負担に与える影響

    空気調和・衛生工学会大会, 2013年

  • 投影面積率による人体各部の放射熱伝達量の解析 (第3報)姿勢・体系の違いが部位別の放射儒熱量へ及ぼす影響

    空気調和・衛生工学会大会, 2013年

  • 簡易ルーフポンドの冷房熱負荷削減効果に関する研究 室内温熱環境に及ぼす影響

    空気調和・衛生工学会大会, 2013年

  • 熱線再帰性反射フィルムのヒートアイランド対策効果の定量化(第1報)3次元放射収支測定による熱線再帰性反射フィルム前面の温熱環境評価

    空気調和・衛生工学会大会, 2013年

  • 日本の諸都市のヒートアイランド対策ガイドラインについて

    環境工学研究会, 2013年

  • I-18 投影面積率による人体各部の放射熱伝達量の解析 : (第2報)人体形状モデルを用いた部位別投影面積率の算出と適用

    大黒 雅之; 佐藤 大樹; 吉田 伸治

    空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集, 2012年, 2012年, 2012年, 公益社団法人 空気調和・衛生工学会, doi

  • I-17 投影面積率による人体各部の放射熱伝達量の解析 : (第1報)人体各部と室内各面との形態係数の検証

    佐藤 大樹; 大黒 雅之; 吉田 伸治

    空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集, 2012年, 2012年, 2012年, 公益社団法人 空気調和・衛生工学会, doi

  • Thermal radiation analysis on each part of the human body based on projected area factors

    佐藤 大樹; 大黒 雅之; 吉田 伸治

    9th International Meeting for Manikins and Modeling, 2012年, 2012年, 2012年

  • Evaluation of Measures for Pedestrians Adapting to Thermal Environment

    吉田 伸治

    9th International Meeting for Manikins and Modeling, 2012年, 2012年, 2012年

  • 連成CFD解析の戸建住宅団地の環境設計への適用に関する研究(その1) 夏季における団地内変え環境評価

    日本建築学会北陸支部大会, 2012年

  • 実測による樹脂サッシの室内熱環境緩和効果の評価に関する研究

    日本建築学会北陸支部大会, 2012年

  • 実測による壁内通気層設置による夏期の室内熱負荷削減効果の評価

    日本建築学会北陸支部大会, 2012年

  • 北信越地域における非住宅建築物の環境関連データベース構築に関する研究(その3) 平成23年度夏季節電実態調査

    日本建築学会北陸支部大会, 2012年

  • 樹脂サッシ窓枠を用いた内窓の室内熱環境緩和効果の評価に関する研究(その1)実測による冬期の熱環境緩和効果の評価

    日本建築学会大会, 2012年

  • CFD解析による伝統的建物内の環境評価に関する研究(その1) 金沢市主計町の通風環境評価

    日本建築学会大会, 2012年

  • 実測による壁内通気層設置による夏季の室内熱負荷低減効果の評価

    日本建築学会大会, 2012年

  • 連成CFD解析の戸建住宅団地の環境設計への適用に関する研究(その1)夏季における団地内風環境評価

    日本建築学会大会, 2012年

  • CFD analysis to investigate the effect of changing wind direction with switching route direction on thermal comfort for pedestrian

    吉田 伸治

    13th International Conference on Wind Engineering, 2011年, 2011年, 2011年

  • Effects of Pedestrian Orientation on Outdoor Thermal Comfort Using

    吉田 伸治

    The Fourth International Conference on Human-Environment System, 2011年, 2011年, 2011年

  • CFD analysis to investigate the effect of changing wind direction with switching route direction on thermal comfort for pedestrian

    吉田 伸治

    13th International Conference on Wind Engineering, 2011年, 2011年, 2011年

  • 屋外温熱環境CFD解析を用いた歩行者の夏季暑熱適応策の評価に関する研究(その1) 解析概要並びに温熱環境各要素の分布

    日本建築学会大会, 2011年

  • 屋外温熱環境CFD解析を用いた歩行者の夏季暑熱適応策の評価に関する研究(その2) 街路内歩行経路の差異が歩行者の生理的負担に与える影響

    日本建築学会大会, 2011年

  • 屋外温熱環境CFD解析を用いた歩行者の夏季暑熱適応策の評価に関する研究(その3) クールスポット休憩が歩行者の生理的負担に与える影響

    日本建築学会大会, 2011年

  • 屋外温熱環境CFD解析を用いた歩行者の夏季暑熱適応策の評価に関する研究 (その4)信号待ち場所の差異が歩行者の生理的負担に与える影響

    空気調和・衛生工学会大会, 2011年

  • Visualization technique of outdoor thermal environment using a VR avatar

    Takuya Onoue; Nobuyoshi Yabuki; 吉田 伸治; Tomohiro Fukuda

    10th International Conference on Construction Applications of Virtual Reality, 2010年, 2010年, 2010年

  • Evaluation of Unsteady and Inhomogeneous Thermal Comfort on Pedestrian Space in Summer Season Using CFD Analysis Coupled with Multifractional Human Thermoregulation Model

    吉田 伸治

    The Fifth International Symposium on Computational Wind Engineering (CWE2010), 2010年, 2010年, 2010年

  • VRアバターを用いた屋外温熱環境可視化に関する研究

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2010年

  • 簡易[ルーフポンド]の熱負荷緩和効果に関する研究(その2) ルーフポンドの厚さ・底面の色が熱負荷緩和効果に及ぼす影響

    日本建築学会大会, 2010年

  • 数値気候モデルMM5を用いた北陸地方の局地気候解析に関する研究(その3) 北陸地方各都市の冬季の局地気候分析

    日本建築学会大会, 2010年

  • 多分割人体温熱生理モデルを用いた屋外温熱環境CFD 解析 歩行経路の変更に伴う通風環境の変化が歩行者の温熱快適性に与える影響

    日本建築学会大会, 2010年

  • 非住宅(民生業務部門)建築物の環境関連データベース構築に関する研究 その 43 北信越における調査建物概要(平成21 年度調査)

    日本建築学会大会, 2010年

  • 非住宅(民生業務部門)建築物の環境関連データベース構築に関する研究 その 44 北信越におけるエネルギー消費量とCO2 排出量の実態(平成21 年度調査)

    日本建築学会大会, 2010年

  • 非住宅(民生業務部門)建築物の環境関連データベース構築に関する研究 その45 北信越における水消費量とCO2 排出量の実態(平成21 年度調査)

    日本建築学会大会, 2010年

  • 多分割人体温熱生理モデルを用いた屋外温熱環境CFD 解析 (その5) 歩行者の方向の差異が温熱快適性に与える影響

    空気調和・衛生工学会大会, 2010年

  • 北信越における非住宅(民生業務部門)建築物のエネルギー消費量データベース構築に関する研究 (第1 報) 調査建物概要とエネルギー消費量の実態

    空気調和・衛生工学会大会, 2010年

  • 北信越における非住宅(民生業務部門)建築物のエネルギー消費量データベース構築に関する研究 (第2報) 水消費量とエネルギー消費と水消費によるCO2排出量および省エネルギーへの取り組み状況

    空気調和・衛生工学会大会, 2010年

  • Evaluation of pedestrian space in summer season using CFD analysis of outdoor thermal environment coupled with multifractional human thermoregulation model

    Masayuki Oguro; Shinji Yoshida

    The seventh International Conference on Urban Climate, 2009年, 2009年, 2009年

  • Investigation on a method incorporating inhomogeneous environmental conditions into CFD analysis of outdoor thermal environment coupled with multifractional human thermoregulation model

    Shinji Yoshida; Masayuki Oguro

    The seventh International Conference on Urban Climate, 2009年, 2009年, 2009年

  • Evaluation of pedestrian space in summer season using CFD analysis of outdoor thermal environment coupled with multifractional human thermoregulation model

    岸 由紀子; 吉田 伸治

    The seventh International Conference on Urban Climate, 2009年, 2009年, 2009年

  • Investigation on a method incorporating inhomogeneous environmental conditions into CFD analysis of outdoor thermal environment coupled with multifractional human thermoregulation model

    吉田 伸治; 大黒 雅之

    The seventh International Conference on Urban Climate, 2009年, 2009年, 2009年

  • 日射の強度と方向性が温熱生理と快適性に及ぼす影響

    日本建築学会北陸支部大会, 2009年

  • 連成CFD数値解析に基づく非定常・不均一な屋外温熱環境の評価

    日本建築学会北陸支部大会, 2009年

  • 実測による緑のカーテンの室内温熱環境緩和・日射遮蔽効果の分析

    日本建築学会北陸支部大会, 2009年

  • 数値気候モデルMM5を用いた福井地方の局地気候解析

    日本建築学会北陸支部大会, 2009年

  • 実測による簡易ルーフポンド敷設の熱負荷緩和効果に関する研究

    日本建築学会北陸支部大会, 2009年

  • 数値気候モデルMM5を用いた北陸地方の局地気候解析に関する研究(その1) 北陸地方各都市の夏季の局地気候分析

    日本建築学会大会, 2009年

  • 数値気候モデルMM5を用いた北陸地方の局地気候解析に関する研究(その2) 福井平野内の都市化地域の差異が夏季局地気候に与える影響

    日本建築学会大会, 2009年

  • 多分割人体温熱生理モデルを用いた屋外温熱環境CFD解析(その4) 連成CFD解析による屋外歩行空間の温熱環境評価

    日本建築学会大会, 2009年

  • 北陸地方における環境共生型事務所ビルの性能評価とその設計コンセプト

    日本建築学会大会, 2009年

  • 緑のカーテンの熱環境緩和効果に関する研究(その1) 緑のカーテンの光学的深さ、葉面積密度の簡易推定方法の提案

    日本建築学会大会, 2009年

  • 簡易[ルーフポンド]の熱負荷緩和効果に関する研究(その1) 実測に基づくルーフポンドの熱収支の分析

    日本建築学会大会, 2009年

  • 数値気候モデルMM5 を用いた北陸地方の局地気候解析

    第23 回数値流体力学シンポジウム, 2009年

  • Evaluation on Unsteady and Inhomogeneous Outdoor Thermal Environment Using a Coupled Numerical Simulation Based on CFD Analysis

    吉田 伸治

    18th International Congress of Biometeorology, 2008年, 2008年, 2008年

  • 熱回路網解析による中央日本の住宅内の浴室温熱環境の分析

    日本建築学会北陸支部大会, 2008年

  • 屋外での歩行による環境変化を考慮した温熱快適性評価に関する研究 その1 天候の差異が歩行空間の温熱環境に及ぼす影響の実測

    日本建築学会北陸支部大会, 2008年

  • 多分割人体温熱生理モデルを用いた屋外温熱環境CFD解析 (その3)屋外温熱快適性評価への不均一な環境条件の組み込み方法の検討

    空気調和・衛生工学会学術講演会, 2008年

  • 冬期の浴室内の温熱環境と安全性に関する研究(その2) 中部・近畿地方を対象とした浴室の温熱環境評価

    日本建築学会大会, 2008年

  • 実測・多分割人体温熱生理モデルによる非定常・不均一な屋外温熱環境の分析 その1 実測概要と気象条件

    日本建築学会北陸支部研究報告集, 2007年

  • 実測・多分割人体温熱生理モデルによる非定常・不均一な屋外温熱環境の分析 その2 多分割人体温熱生理モデルによる人体熱収支の分析

    日本建築学会北陸支部研究報告集, 2007年

  • 北陸地方の浴室の温熱環境と入浴行為に関する研究

    日本建築学会北陸支部研究報告集, 2007年

  • 実測による北陸地方における屋上緑化の熱環境負荷削減効果の検討

    日本建築学会北陸支部研究報告集, 2007年

  • 冬期の浴室内の温熱環境と安全性に関する研究(その1) 気候条件・住宅の断熱性能が浴室でのヒートショック発症に与える影響

    日本建築学会大会, 2007年

  • 室内実験による床堆積粒子の再飛散の影響要因の分析

    日本建築学会大会, 2007年

  • CFD解析による戸建住宅団地内の敷地内利用の差異が夏季屋外温熱環境に与える影響の分析

    空気調和・衛生工学会学術講演会, 2007年

  • スギ花粉粒子の室内侵入率と室内落下量分布の実態について

    日本建築学会大会, 2006年

  • 床面の被覆が紛体粒子の再飛散に与える影響 床面に堆積する粉体粒子の再飛散に関する研究その1

    日本建築学会大会, 2006年

  • 熱回路網解析に基づく浴室の温熱環境と入浴行為の温熱生理的負担の分析

    日本建築学会大会, 2006年

  • 屋外空間における人体表面の平均対流熱伝達率の予測式の開発(その3) 樹木による乱れが屋外温熱快適性に及ぼす影響

    日本建築学会大会, 2006年

  • 着衣内の熱・水分移動と蓄積を考慮した人体温熱生理モデルによる屋外温熱環境評価に関する研究(その2) CFD解析に基づく屋外温熱環境評価への適用効果の検討

    日本建築学会大会, 2006年

  • 着衣内の熱・水分移動と蓄積を考慮した人体温熱生理モデルによる屋外温熱環境評価に関する研究(その1) 人体温熱生理モデルの概要

    日本建築学会大会, 2006年

  • 着衣内の熱・水分移動と蓄積を考慮した人体温熱生理モデルによる屋外温熱環境評価

    空気調和・衛生工学会学術講演会, 2006年

  • 屋外空間における人体表面の平均対流熱伝達率の予測式の開発(その4) 建物周辺の気流性状に着目した新しい予測式の有効性の検討

    空気調和・衛生工学会学術講演会, 2006年

  • 多分割人体生理モデルを用いた屋外温熱環境CFD解析(その1) Two-nodeモデルとStolwijkモデルの比較

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2005年

  • 多分割人体生理モデルを用いた屋外温熱環境CFD解析(その2); Stolwijkモデルを組み込んだ屋外温熱環境評価

    空気調和衛生工学会学術講演会講演論文集, 2005年

  • 都市キャノピーモデルを組み込んだメソスケール解析による都市の熱収支構造の分析 (その2)東京23区内の業務地区と住宅地区の比較

    空気調和衛生工学会学術講演会講演論文集, 2005年

  • 屋外空間における人体表面の対流熱伝達率αcの予測式の提案と街区におけるαcの分布の予測

    空気調和衛生工学会学術講演会講演論文集, 2005年

  • 実測による福井市における環境共生型事務所ビルの省エネルギー性能評価

    空気調和衛生工学会学術講演会講演論文集, I-14, 685-688, 2005年

  • アンダーセンサンプラーにより空中スギ花粉を捕集する際の粒子損失について

    日本建築学会大会学術講演梗概集, D-2 969-970, 2005年

  • 街路樹による市街地の暑熱環境緩和効果に関する研究 その4 樹木の成長、樹種の違いが樹冠の葉面積密度、光学的深さに及ぼす影響

    日本建築学会大会学術講演梗概集, D-1 685-686, 2005年

  • 都市キャノピーモデルを組み込んだメソスケール気候モデルの開発(その1) 都市キャノピーモデルの基本構成

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2004年

  • 夏季の東京首都圏における熱環境の地域性の比較 (その1) 解析概要と流れ場・温湿度場の比較

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2004年

  • 夏季の東京首都圏における熱環境の地域性の比較 (その2) 都市の熱収支モデルによる大気の顕熱・潜熱収支構造の比較

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2004年

  • 数値気候モデルを用いた福井地方の局地気候解析(その1) 解析概要と予測精度の検証

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2004年

  • 数値気候モデルを用いた福井地方の局地気候解析(その2) 都市の熱収支モデルによる福井市中心部の大気の熱収支構造の分析

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2004年

  • 室内空気中のスギ花粉個数濃度とアレルゲン(Cryj1)濃度について

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2004年

  • 数値気候モデルによる福井地方の局地気候解析(その3)-都市の熱収支モデルを用いた福井地方の温熱環境評価-

    空気調和衛生工学会学術講演論文集, 2004年

  • 数値気候モデルによる福井地方の局地気候解析(その4) 都市の熱収支モデルに基づいた水田の有無が大気の熱収支構造に及ぼす影響の検討

    空気調和衛生工学会学術講演論文集, 2004年

  • 都市キャノピーモデルを組み込んだメソスケール解析による都市の熱収支構造の分析

    空気調和・衛生工学会学術講演梗概集, 2004年

  • 実測による福井市における環境共生型事務所ビルの性能評価に関する研究

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2004年

  • 数値気候モデルによる東京都区部の空調排熱形態がヒートアイランドに及ぼす影響の検討

    空気調和衛生工学会学術講演会講演論文集, 697-700, 2003年

  • 都市の熱収支モデルを用いた東京首都圏の夏季と冬季の都市気候解析

    空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集, 705-708, 2003年

  • CFD解析による屋上緑化の屋外温熱環境緩和効果の検討

    空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集, 1425-1428, 2003年

  • 基礎杭利用地熱空調システムの研究開発(その5)福井県教育センターの概要と地中熱利用に関するコストペイバックタイムの検討

    空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集, 1041-1044, 2003年

  • CFD解析による河川風の防風・利風を図るための樹木帯・フェンスの配置に関する研究

    日本建築学会大会学術講演梗概集, D1, 605-606, 2003年

  • 街路樹による市街地の暑熱環境緩和効果に関する研究(その3) 街路樹の樹冠についての光学的深さ、葉面積密度、入射角特性の実測

    日本建築学会大会学術講演梗概集, D1, 609-610, 2003年

  • 住宅団地を対象とした各種屋外温熱環境改善対策の効果に関するCFD解析(その1) 計算概要および壁面・屋根面の高反射塗装の効果

    日本建築学会大会学術講演梗概集, D1, 621-622, 2003年

  • 住宅団地を対象とした各種屋外温熱環境改善対策の効果に関するCFD解析(その2) 舗装面の高反射塗装および壁面緑化の効果

    日本建築学会大会学術講演梗概集, D1, 623-624, 2003年

  • 東京都区部の空調排熱形態がヒートアイランドに及ぼす影響の検討

    日本建築学会大会学術講演梗概集, D1, 651-652, 2003年

  • ヒートアイランド緩和方策が夏季と冬季の首都圏の熱環境へ及ぼす影響の数値解析(その1) 計算概要および冬季解析の精度検証

    日本建築学会大会学術講演梗概集 D1, 653-654, 2003年

  • ヒートアイランド緩和方策が夏季と冬季の首都圏の熱環境へ及ぼす影響の数値解析(その2) 都市の熱収支モデルを用いた熱環境変化の構造分析

    日本建築学会大会学術講演梗概集, D1, 655-656, 2003年

  • CFD解析による屋上緑化の温熱環境緩和効果を誘引する街区形状の検討

    日本建築学会大会学術講演梗概集, D1, 681-682, 2003年

  • 樹木の流体力学的効果の再現のための植生Canopyモデルの最適化(その1) 既往のモデルとGreen型モデルの比較

    日本建築学会大会学術講演梗概集, D2, 721-722, 2003年

  • 樹木の流体力学的効果の再現のための植生Canopyモデルの最適化(その2) Green型モデルに含まれる新たなモデル係数Cpe2の最適化

    日本建築学会大会学術講演梗概集, D2, 723-724, 2003年

  • スギ花粉アレルゲンの粒径分布について(その1) 目視により花粉と認識できないアレルゲン小粒子の個数について

    日本建築学会大会学術講演梗概集, D2, 841-842, 2003年

  • CFD解析による人工排熱が都市のヒートアイランドに及ぼす影響の検討

    日本建築学会北陸支部研究報告集, 第45号, 243-246, 2002年

  • スギ花粉粒子の空気力学径について アンダーセンサンプラーを用いた測定結果より

    日本建築学会北陸支部研究報告集, 第45号, 209-212, 2002年

  • CFDによる川風の熱空気環境改善効果の解析 (その1) 河川の有無による温熱環境の変化

    日本建築学会大会学術講演梗概集, D-1, 879-880, 2002年

  • CFDによる川風の熱空気環境改善効果の解析 (その1) 建物配置変更による川風の制御

    日本建築学会大会学術講演梗概集, D-1, 881-882, 2002年

  • CFD解析による出雲地方の築地松が有する防風効果の検討

    日本建築学会大会学術講演梗概集, D-1, 871-872, 2002年

  • スギ花粉粒子の空気力学径について (その2) アンダーセンサンプラーを用いた野外実測結果より

    日本建築学会大会学術講演梗概集, D-2, 971-972, 2002年

  • 屋外温熱環境形成寄与率CROに関する研究 (その3) 都市の温熱環境設計を評価するための新しい指標CROの提案

    日本建築学会大会学術講演梗概集, D-1, 925-926, 2002年

  • 屋外温熱環境形成寄与率CROに関する研究 (その4) NCRO1を利用した屋上緑化・地上緑化の効果の検討

    日本建築学会大会学術講演梗概集, D-1, 927-928, 2002年

  • 街路樹による暑熱環境緩和効果に関する研究 (その2) 樹冠の光学的深さ、葉面積密度の簡易推定方法の提案

    日本建築学会大会学術講演梗概集, D-1, 961-962, 2002年

  • 基礎杭利用地熱空調システムの研究開発 (その3) 基礎杭利用地熱空調を事務所建築に適用した場合の省エネルギー効果の検討

    日本建築学会大会学術講演梗概集, D-2, 1197-1198, 2002年

  • 都市の熱代謝に基づく熱環境評価に関する研究 (その1) 都市の熱代謝モデルの提案と東京都区部の熱環境評価への適用

    日本建築学会大会学術講演梗概集, D-1, 901-902, 2002年

  • スギ花粉粒子の空気力学径について (その4) アンダーセンサンプラーを用いた野外実測より

    空気調和衛生工学会学術講演会講演論文集, 1257-1260, 2002年

  • 屋外温熱環境形成寄与率CROに関する研究 (その5) 都市の対流・放射環境を評価するための新しい指標NCROの提案

    空気調和衛生工学会学術講演会講演論文集, 1025-1028, 2002年

  • 河川岸に建つ住宅団地の屋外温熱環境に対する屋上緑化・保水性舗装の効果に関する数値解析(その1) 計算概要および夏期昼間平均風速時の解析結果

    空気調和衛生工学会学術講演会講演論文集, 1017-1020, 2002年

  • 河川岸に建つ住宅団地の屋外温熱環境に対する屋上緑化・保水性舗装の効果に関する数値解析(その2) 夏期昼間弱風時の解析結果

    空気調和衛生工学会学術講演会講演論文集, 1021-1023, 2002年

  • 基礎杭利用地熱空調システムの研究開発 (その4) 福井県の事務所ビルへの基礎杭利用地熱空調システムの導入効果の検討

    空気調和衛生工学会学術講演会講演論文集, 1257-1260, 2002年

  • 都市の熱代謝に基づく熱環境評価に関する研究 (その2) 都市の熱代謝モデルによる東京都区部の熱環境評価

    空気調和衛生工学会学術講演会講演論文集, 1001-1004, 2002年

  • 基礎杭利用地熱空調システムの研究開発(数値解析による最適基礎杭利用空調システムの検討)

    平成14年度日本冷凍空調学会学術講演会論文集, 37-40, 2002年

  • 植生Canopyモデルを用いた築地松の防風効果の数値予測

    第16回数値流体力学シンポジウム講演要旨集, 68, 2002年

  • 都市の熱代謝モデルに基づく都市気候解析に関する研究(その1) 都市の熱代謝モデルの提案と東京都区部の熱環境評価

    第16回数値流体力学シンポジウム講演要旨集, 66, 2002年

  • 都市の熱代謝モデルに基づく都市気候解析に関する研究(その2) 緑化の効果による都市気候と熱代謝の変化の検討

    第16回数値流体力学シンポジウム講演要旨集, 67, 2002年

  • 屋外温熱環境形成寄与率CROに関する研究 (その1) CROの提案とCRO3を用いた都市の熱交換効率の検討

    日本建築学会大会学術講演梗概集, D-1, 931-932, 2001年

  • 屋外温熱環境形成寄与率CROに関する研究 (その2) CROを用いた街区の温熱環境構造の検討

    空気調和衛生工学会学術講演会講演論文集, 637-640, 2001年

  • 建物外表面のアルベドの変化が屋外空間の温熱快適性に及ぼす影響の数値解析

    日本建築学会大会学術講演梗概集, D-1, 923-924, 2001年

  • 建物外表面の高アルベド化に伴う屋外空間の温熱快適性の変化に関する数値解析

    空気調和衛生工学会学術講演会講演論文集, 641-644, 2001年

  • 非定常な対流・放射・伝導を考慮した屋外温熱環境予測評価手法に関する研究 (その1) 実在街区を対象とした非定常の放射・伝導解析の精度検証

    日本建築学会大会学術講演梗概集, D-1, 925-926, 2001年

  • 非定常な対流・放射・伝導を考慮した屋外温熱環境予測評価手法に関する研究 (その2) 非定常伝導解析への対流計算の組み込みと実在街区を対象とした予測手法の精度検証

    空気調和衛生工学会学術講演会講演論文集, 645-648, 2001年

  • 人工排熱が都市のヒートアイランド現象に及ぼす影響のCFD解析

    第15回数値流体力学シンポジウム講演要旨集, 164, 2001年

  • 住宅の熱負荷解析ツール BEST-H による冬期住宅内温熱環境の 安全性の評価

    吉田 伸治

    第44回 人間-生活環境系シンポジウム(奈良), 2020年12月06日, 2020年12月05日, 2020年12月05日

  • 再帰反射材の配置の工夫が街区の日射反射特性に与える影響に関する研究(その1)模型実験による分析

    二岡 佳子; 吉田 伸治

    日本建築学会大会, 2020年09月08日, 2020年09月08日, 2020年09月08日

  • 冬期の住宅内の温熱環境と安全性に関する研究 (その 2) 種々の指標を用いた温熱環境の安全性評価の関係分析

    吉田 伸治

    日本建築学会大会学術講演会, 2020年09月08日, 2020年09月08日, 2020年09月08日

所属学協会

  • 空気調和・衛生工学会

  • 日本建築学会

  • 日本公衆衛生学会

Works(作品等)

  • 都市と気候適応小委員会 幹事

    2011年 - 2015年

  • 都市と気候適応小委員会 東アジアを中心とするヒートアイランドガイドライン検討WGの主査

    2011年 - 2015年

  • 屋外生活者の温熱生理特性と機能・空間心理特性に基づく環境設計手法の開発, 若手研究(B)

    2014年

  • 屋外を移動・滞留する人体への周囲のストレス変化に基づく環境快適性評価に関する研究, 若手研究(B)

    2008年

  • ファイバーアメニティ地域連携シンポジウム

    2008年

  • 都市気候モデリングWG 主査

    2007年

  • 北陸地方の気候・風土に適したクールルーフ技術の開発・普及に関する研究

    2004年 - 2006年

  • 多分割人体生理モデルと連成した屋外温熱環境CFD解析と夏季の熱ストレスの影響分析, 若手研究(B)

    2006年

  • 冬季融雪用道路散水装置の夏季運用による街路内暑熱環境緩和効果の調査

    2006年

  • 多分割人体生理モデルと連成した屋外温熱環境CFD解折と夏季の熱ストレスの影響分折, 若手研究(B)

    2005年



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.