研究者総覧

柳澤 有吾 (ヤナギサワ ユウゴ)

  • 研究院人文科学系人間科学領域 教授
  • 教育研究評議会 教育研究評議会評議員
Last Updated :2021/10/20

researchmap

学位

  • 文学修士, 京都大学

研究分野

  • 人文・社会, 哲学、倫理学
  • 人文・社会, 芸術実践論, パブリックアート

学歴

  • - 1990年 京都大学 文学研究科 哲学(倫理学) 日本国
  • - 1990年 京都大学 Graduate School, Division of Letters
  • - 1984年 京都大学 文学部 哲学科・倫理学専攻 日本国
  • - 1984年 京都大学 Faculty of Literature

論文

  • 障害の否定は障害者の否定ではないのか

    柳澤有吾

    2020年06月, 理想, (704), 35 - 46

  • 戦争倫理学――非戦闘員はなぜ守られねばならないのか――

    柳澤有吾

    2016年, (136), 38 - 47

  • 「正義の戦争」の代償

    柳澤 有吾

    2006年, 倫理学研究, (36), 31 - 42

  • 戦争の論理と倫理―戦争倫理学概観―

    柳澤 有吾

    2005年, 倫理学研究, (35), 114 - 124

  • 「環境理論学」の課題

    柳澤 有吾

    1996年, 倫理学研究, (26), 134 - 140

  • 遠さをもった存在

    柳澤 有吾

    1995年, 哲学, (45), 283 - 291

  • 『デカルト的省察』における他者の問題

    柳澤 有吾

    1993年, 実存思想論集, (VIII), 75 - 91

  • マックス・シェーラーにおける人格の概念

    柳澤 有吾

    1991年, 倫理学研究, (21), 36 - 47

MISC

  • 「手品師のように生きること」の意味―道徳教材「手品師」の考察―

    柳澤 有吾

    2018年12月, 奈良女子大学文学部研究教育年報, (15), 55 - 65

  • 小学校社会科における学びの課題―新学習指導要領と「子どもが自ら学びはじめる瞬間」―

    柳澤 有吾

    2018年, 教育システム研究, (13), 143 - 153

  • 高等学校「倫理」と「政治・経済」を接合する試みとその課題――公民科教育の深化のために――

    柳澤 有吾; 中村博之; 奈良女子大学附属中等教育学校; 柳澤有吾; 奈良女子大学研究院人文化

    2017年, 教育システム研究 別冊 「本学の教員養成課程の改善・高度化に向けた大学教員と附属教員の連携研究推進事業」成果論文集, 49 - 56

  • 子どもの社会化と主体形成の両義性―教材「星野君の二るい打」の考察―

    柳澤 有吾

    2017年, 奈良女子大学文学部研究教育年報, (14), 81 - 91

  • 建築の経験/経験の建築―ダニエル・リベスキンドのベルリン・ユダヤ博物館―

    柳澤 有吾

    2010年, 奈良女子大学文学部研究教育年報, (7), 71 - 81

  • 「生命倫理学」と「戦争」――Encyclopedia of Bioethics (S.G.Post編)の「戦争」項目によせて――

    柳澤 有吾

    2009年, 平成18・19年度科学研究費補助金(基盤研究(C)「正義の戦争」の可能性と現実性/課題番号:18520014)研究成果報告書, 31 - 36

  • 「テロとの戦い」と人間の尊厳―ドイツ「航空安全法」をめぐって―

    柳澤 有吾

    2009年, 平成18・19年度科学研究費補助金(基盤研究(C)「正義の戦争」の可能性と現実性/課題番号:18520014)研究成果報告書, 5 - 30

  • 差異と平等―障害者の社会的統合と排除をめぐって―

    柳澤 有吾

    2008年, 奈良女子大学文学部研究教育年報, (5), 99 - 110

  • 公共性とアート――ミュンスター「彫刻プロジェクト」2007――

    柳澤 有吾

    2007年, 奈良女子大学文学部研究教育年報, (4), 135 - 146

  • 「心の教育」について考える―『心のノート』の何が問題か―

    柳澤 有吾

    2004年, 科学研究費・基盤(B)(1)・21世紀日本の重要諸課題の総合的把握を目指す社会哲学的研究・平成15年度研究成果報告書, 221 - 233

  • 戦争と倫理-原爆投下と非戦闘員の不可侵性-

    柳澤 有吾

    2003年, 科学研究費・基盤(B)(1)・21世紀日本の重要諸課題の総合的把握を目指す社会哲学的研究・平成14年度研究成果報告書, 68 - 80

  • Translatability of Cultures

    柳澤 有吾

    2002年, 奈良女子大学文学部・研究年報, (46), 121 - 130

  • 出生前診断の倫理

    柳澤 有吾

    1999年, 九州歯科大学一般教育研究紀要, (4), 29 - 45

  • 生命にどうかかわるか

    柳澤 有吾

    1996年, 文部省科学研究費・創成的基礎研究・ヒトゲノム解析研究・社会との接点に関わる研究1995年度研究報告集, (2), 54 - 61

  • 政治・生命・倫理

    柳澤 有吾

    1994年, 実践哲学研究・増刊号, (1), 57 - 73

書籍等出版物

  • 『「星野君の二塁打」を読み解く』

    かもがわ出版

  • 『パブリックアートの現在――屋外彫刻からアートプロジェクトまで』

    かもがわ出版, 2017年 (ISBN: 9784780309126)

  • 『戦争と平和を問いなおす―平和学のフロンティア―』

    法律文化社, 2014年

  • 『大学の現場で震災を考える』

    かもがわ出版, 2012年

  • 『公共性の哲学を学ぶ人のために』

    世界思想社, 2004年

  • 『社会哲学を学ぶ人のために』

    世界思想社, 2001年

  • 『デンタル・エシックス-歯科の倫理問題-』〔翻訳〕

    クインテッセンス出版, 2001年

  • Ethical Questions in Dentistry〔原書〕

    2001年

  • 『現代倫理の課題』

    晃洋書房, 1990年

  • Bioethics and Modern Society

    1990年

  • 『「星野君の二塁打」を読み解く』

    功刀俊雄; 米津美香; 天ケ瀬正博; 柳澤有吾 (, 範囲: 第4章 あとがき)

    かもがわ出版, 2021年03月

講演・口頭発表等

  • 哲学倫理学からみた医療人プロフェッショナリズム

    歯学士教育課程でのプロフェッショナリズム教育の構築, 2012年

  • 「道徳教育の美学化」と倫理学 (シンポジウム【主題別討議】: 道徳教育(あるいは「心の教育」)についての倫理学的検討)

    日本倫理学会, 2008年

所属学協会

  • 日本平和学会

  • 関西倫理学会

  • 日本現象学会

  • 日本倫理学会

  • 日本哲学会



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.