研究者総覧

梅垣(市原) 由美子 (ウメガキ(イチハラ) ユミコ)

  • 研究院自然科学系数学領域 准教授
Last Updated :2021/06/02

researchmap

学位

  • 博士(数理学), 名古屋大学

研究分野

  • 自然科学一般, 代数学

経歴

  • 2010年 -:奈良女子大学理学部数学科・准教授
  • 2010年 - 2010年 :広島大学大学院工学研究科情報工学専攻・准教授
  • 2007年 - 2010年 :広島大学大学院工学研究科情報工学専攻・助教
  • 2003年 - 2007年 :広島大学大学院工学研究科情報工学専攻・助手
  • 2002年 - 2003年 :日本学術振興会特別研究員 PD

学歴

  • - 2002年 名古屋大学 日本国

論文

  • Bicubic number fields with large class numbers

    Yasuko Morita; Atsuki Umegaki; Yumiko Umegaki

    2020年, Advanced Studies in Pure Mathematics, 84, 335 - 351

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Quartic fields with large class numbers

    Atsuki Umegaki; Yumiko Umegaki

    2020年, Rocky Mountain Journal of Mathematics, 50 (1), 267 - 280, doi

    研究論文(学術雑誌)

  • On the density function for the value-distribution of automorphic L-functions

    Kohji Matsumoto; Yumiko Umegaki

    2019年, Journal of Number Theory, 198, 176 - 199, doi

    研究論文(学術雑誌)

  • On the value-distribution of the difference between logarithms of two symmetric power L-functions

    Kohji Matsumoto; Yumiko Umegaki

    2018年08月, International Journal of Number Theory, 14/ 07, 2045 - 2081, doi

    研究論文(学術雑誌)

  • The first moment of L-functions of primitive forms on Gamma(0)(p(alpha)) and a basis of old forms

    Yumiko Ichihara

    We consider the first moment of. the value of automorphic L-functions at an arbitrary point on the critical line, a sum over primitive forms weighted by their Petersson's norm. In this paper, we obtain an asymptotic formula for it when weight k is an even integer satisfying 0 < k < 12 or k = 14 and level is p(alpha), where p is a prime number. This formula yields a lower bound of the number of primitive forms, whose L-functions do not vanish at that point. (C) 2010 Elsevier Inc. All rights reserved., 2011年02月, JOURNAL OF NUMBER THEORY, 131 (2), 343 - 362, doi;web_of_science

    研究論文(学術雑誌)

  • Non-vanishing of the value of L-functions attached to primitive forms at a fixed point on the critical line

    市原 由美子

    2010年, 数理解析研究所講究録, 1710, 29 - 41

  • Estimates of a certain sum involving coefficients of cusp forms in weight and level aspects

    Y. Ichihara

    We consider the sum of coefficients which are in the Dirichlet series expansion of symmetric square L-functions. In this paper, we obtain two estimates of this sum in weight and level aspects. These imply two estimates of the sum of the n(2)th Fourier coefficients of cusp forms., 2008年06月, LITHUANIAN MATHEMATICAL JOURNAL, 48 (2), 188 - 202, doi;web_of_science

    研究論文(学術雑誌)

  • On the Siegel-Tatuzawa theorem for a class of L-functions

    Yumiko Ichihara; Kohji Matsumoto

    We consider an effective lower bound of the Siegel-Tatuzawa type for general L-functions with three standard assumptions. We further assume three hypotheses in this paper that are essential in developing our argument. Under these assumptions and hypotheses, we prove a theorem of Siegel-Tatuzawa type for general L-functions. In particular, we prove such a theorem for symmetric power L-functions under certain assumptions., 2008年03月, KYUSHU JOURNAL OF MATHEMATICS, 62 (1), 201 - 215, doi;web_of_science

    研究論文(学術雑誌)

  • Euler 積で定義される L 関数の Siegel-Tatuzawa の定理について

    市原 由美子

    2006年, 数理解析研究所講究録, 1511, 74 - 81

  • Hilbert cusp form に付随する L 関数の収束性

    市原 由美子

    2004年, 数理解析研究所講究録, 1384, 37 - 41

  • On Riesz mean for the coefficients of twisted Rankin-Selberg L-functions

    Y Ichihara

    Rankin obtained the asymptotic formula for the sum of coefficients of Rankin-Selberg L-series associated with a cusp form and a trivial character. Ivic-Matsumoto-Tanigawa studied the error term in it by using a mean value formula which is yielded from the Voronoi formula of the Riesz mean. In this paper, we consider more general Rankin-Selberg L-series, It is associated with two cusp forms and a non-trivial character mod d. Ivic-Matsumoto-Tanigawa's method cannot be applied directly to our case. We consider the sum of coefficients of twisted Rankin-Selberg L-series by a modification of their method., 2003年01月, JOURNAL OF THE MATHEMATICAL SOCIETY OF JAPAN, 55 (1), 81 - 100, doi;web_of_science

    研究論文(学術雑誌)

  • The evaluation of the sum over arithmetic progressions for the coefficients of the Rankin-Selberg series

    Yumiko Ichihara

    2003年, Japanese Journal of Mathematics, 29 (2), 297 - 314, doi

    研究論文(学術雑誌)

  • Rankin-Selberg L 関数の zero-free region --- Siegel-Tatuzawa 型の定理について ---

    市原 由美子

    2002年, 数理解析研究所講究録, 1274, 53 - 61

  • The evaluation of the sum over arithmetic progressions for the coefficients of the Rankin-Selberg series II

    Y Ichihara

    2002年, ANALYTIC NUMBER THEORY, 6, 173 - 182, doi;web_of_science

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • On Riesz mean for the coefficients of the twisted Rankin-Selberg L-function

    市原 由美子

    2001年, 数理解析研究所講究録, 1219, 235 - 244

  • The evaluation of the sum over arithmetic progressions for the coefficients of the Rankin-Selberg series

    市原 由美子

    2000年, 数理解析研究所講究録, 1160, 110 - 118

  • The Siegel-Walfisz theorem for Rankin-Selberg L-functions associated with two cusp forms

    Y Ichihara

    2000年, ACTA ARITHMETICA, 92 (3), 215 - 227, doi;web_of_science

    研究論文(学術雑誌)

  • 2 つの cusp form の Fourier 係数の積に対する算術級数の素数定理と Rankin-Selberg L 関数の zero-free region

    市原 由美子

    1999年, 数理解析研究所講究録, 1091, 27 - 35

  • 2つの cusp form の Fourier 係数の積に対する算術級数の素数定理と Rankin-Selberg L 関数の zero-free region

    市原 由美子

    1998年, 中部数理フォーラム, 4, 39 - 50

  • On the value-distribution of symmetric power L-functions

    Kohji Matsumoto; Yumiko Umegaki

    2020年, “Topics in Number Theory”, Proceedings of a Conference organized by the Institute of Mathematical Sciences, Chennai and IIT Ropar during 22–25th December, 2017, On the Occasion of the 130th Birth Anniversary of Srinivasa Ramanujan, edited by Tapas Chatterjee and Sanoli Gun, Lecture Notes Series Number 26, 147 - 167

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

MISC

  • 数独の数学

    愛知大学国際コミュニケーション学部, 2020年年3月, 文明21, (44), 69 - 97

講演・口頭発表等

  • On the value-distribution of the difference between logarithms of two symmetric power L-functions

    京都大学数理解析研究所, 共同研究事業「解析数論の諸問題と展望」

    口頭発表(一般)

  • 解析を用いた数論

    2010年度数学・物理学・情報科学の研究交流シンポジウム

    口頭発表(一般)

  • On the value-distribution of the difference between logarithms of two symmetric power L-functions

    Kohji Matsumoto

    Aspects of universality 2016 (Univ. of Wurzburg, GERMANY)

    口頭発表(一般)

  • 類数の大きな 4 次拡大体について

    梅垣 敦紀; 梅垣 由美子

    愛知数論セミナー, 2019年07月13日

    口頭発表(一般)

  • On the value-distribution of the difference between logarithms of two symmetric power L-functions.

    梅垣 由美子

    Various Aspects of Multiple Zeta Function, 2017年08月25日

    口頭発表(一般)

  • 保型 L 関数の対数値の平均と密度関数に関する考察

    愛知数論セミナー, 2017年04月22日

  • On the value-distribution of the difference between logarithms of two symmetric power L-functions

    京都大学数理解析研究所, 共同研究事業「解析整数の諸問題と展望」, 2016年11月02日

    口頭発表(一般)

  • 保型 L 関数の対数値の平均と密度関数

    早稲田整数論セミナー, 2015年07月31日

    口頭発表(一般)

  • Non-vanishing of the automorphic L-functions at the point on the critical line.

    The 15th. Joint Workshop on Number Theory between Japan and Taiwan, 2010年03月19日

    口頭発表(一般)

  • primitive form に対する保型 L 関数の critical line 上の点における first moment

    第 2 回ゼータ若手研究集会, 2009年02月21日

  • 保型 L 関数の non-vanishing theorem

    第二回数論女性の集まり, 2009年05月09日

    口頭発表(一般)

  • The first moment of the value of automorphic L-functions over primitive forms on the critical line.

    CONFERENCE IN NUMBER THEORY (Carleton Univ. CANADA), 2009年06月27日

    口頭発表(一般)

  • Cusp form に付随する L 関数の 1/2+it における first moment

    日本数学会・代数学分科会, 2009年09月24日

  • Non-vanishing of the value of the L-functions attached to primitive forms on the critical line.

    京都大学数理解析研究所, 共同研究事業「解析整数およびその周辺の諸問題」, 2009年10月14日

    口頭発表(一般)

  • Estimates of a certain sum involving coefficients of cusp forms in weight and level aspects.

    French-Japanese Winter School on Zeta and L-functions, 2008年01月08日

    口頭発表(一般)

  • Siegel-Tatuzawa の定理について

    第一回数論女性の集まり, 2008年05月17日

  • Siegel-Tatuzawa 型の定理について

    日本数学会・代数学分科会, 2004年03月28日

    口頭発表(一般)

  • On the Siegel-Tatuzawa theorem for a class of L-functions

    京都大学数理解析研究所, 共同研究事業「解析的整数論とその周辺」, 2004年10月19日

  • いくつかの L 関数の係数和の評価について

    整数論シンポジウム, 2003年03月

  • The convergence of L-functions associated with Hilbert cusp form

    京都大学数理解析研究所, 共同研究事業「解析的整数論とその周辺」, 2003年09月29日

  • Rankin-Selberg L 関数の Siegel zero について

    下関数論小研究集会, 2002年01月

  • The evaluation of the sum over arithmetic progressions for the coefficients of the Rankin-Selberg series.

    Nishi Waseda Seminar on Number Theory, 2001年09月

  • Rankin-Selberg L 関数における Siegel-Tatuzawa の定理について

    日本数学会・代数学分科会, 2001年10月03日

    口頭発表(一般)

  • An analogue of the Siegel-Tatuzawa theorem for Rankin-Selberg L-functions

    京都大学数理解析研究所, 共同研究事業「解析的整数論の新しい展開」, 2001年11月26日

    口頭発表(一般)

  • On Riesz mean for the coefficients of the twisted Rankin-Selberg L-functions

    京都大学数理解析研究所, 共同研究事業「解析数論の展望と諸問題」, 2000年10月27日

    口頭発表(一般)

  • Rankin-Selberg L 関数の係数の和に関する評価について

    日本数学会・代数学分科会, 1999年03月25日

    口頭発表(一般)

  • Rankin-Selberg series の係数 c_n に関する \sum_{n \leq x, n\eqiv a (p)} c_n の評価

    日本数学会・代数学分科会, 1999年09月28日

    口頭発表(一般)

  • The evaluation of the sum over arithmetic progressions for the coefficients of the Rankin-Selberg series.

    京都大学数理解析研究所, 共同研究事業「解析数論とその周辺」, 1999年11月

    口頭発表(一般)

  • The Siegel-Walfisz theorem for Rankin-Selberg L-functions associated with two cusp forms

    日本数学会・代数学分科会, 1998年10月02日

    口頭発表(一般)

  • The Siegel-Walfisz Theorem for Rankin-Selberg L-functions associated with two cusp forms.

    京都大学数理解析研究所, 共同研究事業「解析数論と数論諸分野の交流」, 1998年10月19日

    口頭発表(一般)

  • old form の空間の基底と保型 L 関数の central point における零の位数について

    大阪大学整数論・保型形式セミナー, 2010年10月15日

    口頭発表(一般)

  • 保型 L 関数の critical line 上の点における non-vanishing について

    整数論シンポジウム(早稲田大学), 2010年03月19日

    口頭発表(一般)

  • Primitive form に付随する L 関数の non-vanishing について

    数論研究会(奈良女子大学), 2010年01月12日

    口頭発表(一般)

  • Primitive form に付随する L 関数の critical line 上の点での non-vanishing について

    早稲田大学整数論セミナー, 2009年11月20日

    口頭発表(一般)

  • On the non-vanishing and order of the zero at 1/2 for L-functions attached to cusp forms

    Summer Number Theory Seminar (Queen's Univ. CANADA), 2009年08月26日

    口頭発表(一般)

  • The first moment of the automorphic L-functions over primitive forms

    西早稲田数論セミナー, 2009年02月02日

    口頭発表(一般)

  • primitive form に対する保型 L 関数の central line 上の点における first moment

    数論セミナー(明治学院大学), 2009年01月31日

    口頭発表(一般)

  • primitive form に付随する L 関数の non-vanishing theorem について

    高知大学数論セミナー, 2008年12月06日

    口頭発表(一般)

  • 保型 L 関数の係数評価 (weight aspect) に関しての Voronoi formula と reflection principle

    解析数論セミナー(名古屋大学), 2007年07月11日

    口頭発表(一般)

  • Euler 積で定義される L 関数の Siegel の零点について

    代数学セミナー(九州大学), 2004年11月19日

    口頭発表(一般)

  • Siegel-Tatuzawa の定理について

    早稲田大学整数論セミナー, 2004年06月04日

    口頭発表(一般)

  • Siegel-Tatuzawa の定理について

    代数学セミナー(広島大学), 2003年12月12日

    口頭発表(一般)

  • The convergence of L-functions associated with Hilbert cusp forms

    整数論セミナー(東京都立大学), 2003年06月23日

    口頭発表(一般)

  • Rankin-Selberg L 関数の zero について

    早稲田大学整数論セミナー, 2002年05月24日

    口頭発表(一般)

  • Rankin-Selberg L 関数に対する Siegel-Tatuzawa の定理について

    整数論・保型形式セミナー(大阪大学), 2001年05月18日

    口頭発表(一般)

  • Rankin-Selberg L 関数における Siegel-Tatuzawa の定理の証明について

    数論セミナー(明治学院大学), 2001年05月12日

    口頭発表(一般)

  • On Riesz mean for the coefficients of the twisted Rankin-Selberg series

    早稲田大学整数論セミナー, 1999年11月19日

    口頭発表(一般)

  • Rankin-Selberg series の係数の合同条件付き部分和の評価について

    数論セミナー(明治学院大学), 1999年04月24日

  • The Siegel-Walfisz Theorem for Rankin-Selberg L-functions associated with two cusp forms

    保型形式月例セミナー(東京大学), 1998年10月17日

  • The Siegel-Walfisz Theorem for Rankin-Selberg L-functions associated with two cusp forms

    早稲田大学整数論セミナー, 1998年09月18日

  • The Siegel-Walfisz Theorem for Rankin-Selberg L-functions associated with two cusp forms

    数論セミナー(明治学院大学), 1998年06月20日

所属学協会

  • 日本数学会



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.