Researchers Database

YOSHIDA Takao

FacultyFaculty Division of Humanities and Social Sciences Research Group of Language and Culture
PositionProfessor
Last Updated :2024/03/15

researchmap

Profile and Settings

  • Name (Japanese)

    Yoshida
  • Name (Kana)

    Takao

Degree

  • Mar. 2000

Research Areas

  • Humanities & social sciences, Literature - European

Research Experience

  • Apr. 2012, Mar. 2017, 奈良女子大学研究院人文科学系准教授
  • Apr. 2009, Mar. 2012, 奈良女子大学文学部准教授
  • Apr. 2006, Mar. 2008, 奈良女子大学文学部助教授
  • Apr. 2005, Mar. 2006, 大谷大学文学部助教授
  • Apr. 2001, Mar. 2005, 大谷大学文学部専任講師
  • Apr. 2000, Mar. 2001, 大谷大学特別研修員
  • Apr. 1998, Mar. 1999, 京都大学研修員

Association Memberships

  • Robert Walser-Gesellschaft
  • 日本独文学会京都支部
  • 日本独文学会

Ⅱ.研究活動実績

Published Papers

  • Refereed, 希土, J・キュッファーのバーデン・バーデン温泉誌(一六二五年)――『ジンプリチシムス』ムンメル湖エピソードの創作資料として, 吉田孝夫, 01 Sep. 2020, 45, 2, 28, Scientific journal
  • Not Refereed, 希土, ヨハネの湯、山霊の恵み――C・シュヴェンクフェルトのシレジア温泉誌(一六〇七年), 吉田 孝夫, Aug. 2019, 44, 60, 89, Scientific journal
  • Not Refereed, 奈良女子大学文学部欧米言語文化学会『欧米言語文化研究』, ホッツェンプロッツのプラムケーキ, YOSHIDA Takao, Dec. 2018, 6, 75-92
  • Not Refereed, 希土, 湯守イエス――Th・ムルナーの温泉誌『霊の湯治』(一五一四年), YOSHIDA Takao, Aug. 2018, 43, 2-32
  • Not Refereed, 奈良女子大学文学部欧米言語文化学会『欧米言語文化研究』, Hautgefühl und Vision--Überlegungen zu Justinus Kerners balneologischer Schrift Wildbad (1811), YOSHIDA Takao, Dec. 2017, 5, 140-164
  • Not Refereed, 奈良女子大学文学部欧米言語文化学会 『欧米言語文化研究』, 温泉文学としての『ジンプリチシムス』, YOSHIDA Takao, Dec. 2016, 4, 106‐136
  • Not Refereed, 希土, ガルゲンメンライン考――グリンメルスハウゼンと近世ドイツの植物幻想, YOSHIDA Takao, Aug. 2016, 41, 2-28
  • Not Refereed, 奈良女子大学文学部欧米言語文化学会 『欧米言語文化研究』, 奈良女子大学文学部欧米言語文化学会, 貨幣の悪魔学――グリムとグリンメルスハウゼンの「アルラウネ」伝承――, YOSHIDA Takao, Dec. 2015, 3, 142-168, 142
  • Not Refereed, 奈良女子大学文学部 欧米言語文化学会『欧米言語文化研究』, 奈良女子大学文学部 欧米言語文化学会, 杖と玉匣――ドイツ・タンホイザー伝承の時間観念――, YOSHIDA Takao, Dec. 2014, 2, 126-160, 126
  • Refereed, 希土, ドイツ・タンホイザー伝承の前近代, YOSHIDA Takao, Aug. 2014, 39, 28-61
  • Not Refereed, 奈良女子大学文学部 欧米言語文化学会 『欧米言語文化研究』, 奈良女子大学文学部欧米言語文化学会, 好奇心と聖性――近世ドイツ奇譚集・予兆集の生成と展開をめぐって――, YOSHIDA Takao, Dec. 2013, 1, 129-160, 129
  • Not Refereed, 希土, アンドレアス・グリュフィウス『墓に思うこと』, YOSHIDA Takao, Aug. 2012, 37, 2-24
  • Not Refereed, 希土, フリードリヒ・シュペー『十字架のキリストが交わすかなしみの問答』, YOSHIDA Takao, Aug. 2011, 36, 33-49
  • Not Refereed, 詩誌 ERA, ファンタジーが土地に根ざすことについて――オトフリート・プロイスラー『クラバート』, YOSHIDA Takao, Apr. 2011, 第二次, 6, 73-78
  • Not Refereed, Studies in foreign literature, Nara Women's University, Der satanisierte Rübezahl\n-Zum Einfluss der Teufelssagen auf J.Praetorius' Historienbücher, YOSHIDA Takao, Dec. 2010, 29, 29, 111-141, 141
  • Not Refereed, 希土, 妖怪の故郷を語る――オトフリート・プロイスラー『ぼくのリューベツァールの本』, YOSHIDA Takao, Aug. 2010, 35, 2-25
  • Refereed, 希土, 山姥・グリム・近世――ドイツ〈ホレさま〉伝承の周辺, YOSHIDA Takao, Aug. 2009, 34, 57-111
  • Not Refereed, Studies in foreign literature, Nara Women's University, Berggeist im Totenreich --Zur Problematik der Grimmschen Sage "Die drei Bergleute im Kuttenberg", YOSHIDA Takao, Dec. 2008, 27, 27, 149-194, 194
  • Not Refereed, 希土, 鉱山のフォルトゥーナ――パウルス・ニアウィス『ジュピターの裁き』における近世ドイツの鉱山表象と人文主義, YOSHIDA Takao, Aug. 2008, 33, 2-25
  • Not Refereed, 奈良女子大学文学部 研究教育年報, 蜘蛛〈女〉への洗礼――J・ゴットヘルフ『黒い蜘蛛』におけるスイス村落共同体――, YOSHIDA Takao, Dec. 2007, 4, 43-53
  • Not Refereed, 希土, 小麦粉のような雪―オトフリート・プロイスラー『クラバート』, YOSHIDA Takao, Aug. 2007, 32, 84-114
  • Not Refereed, Studies in foreign literature, Nara Women's University, 『ハイジ』の讃美歌のこと―聖餐のアルプス, YOSHIDA Takao, Dec. 2006, 25, 25, 19-84, 84
  • Refereed, 希土, 智・女・鏡―グライフェンベルクにおける第四の神性について―, YOSHIDA Takao, Aug. 2006, 31, 2-27
  • Not Refereed, 大谷大学 真宗総合研究所研究紀要, 大谷大学真宗総合研究所, 近世ドイツの口頭伝承とレッシング――『ローガウ寓意詩集』から『賢者ナータン』へ――, YOSHIDA Takao, Mar. 2006, 23, 9-55, 55
  • Refereed, 西洋文学研究, 大谷大学西洋文学研究会, 近世ドイツの木霊の詩のこと, YOSHIDA Takao, Jun. 2005, 25, 60-92, 92
  • Not Refereed, 大谷学報, 大谷学会, 金のうんこ――近世ドイツの鉱夫たちに――, YOSHIDA Takao, Jun. 2005, 83, 3・4, 29-51, 51
  • Not Refereed, 希土, 賢者ローガウ――近世ルター派の謙抑体をめぐって――, YOSHIDA Takao, Aug. 2004, 29, 2-24
  • Not Refereed, 希土, 近世ドイツ宗教詩のこと――シュペー、ゲルハルト、そして『少年の魔法の角笛』――, YOSHIDA Takao, Aug. 2003, 28, 38-60
  • Refereed, 西洋文学研究, 大谷大学西洋文学研究会, 〈夕べのうた〉試論――パウル・ゲルハルトにみる一つのドイツ的系譜――, YOSHIDA Takao, Jun. 2003, 23, 1-30, 30
  • Not Refereed, 大谷大学研究年報, 大谷学会, Risus paschalis――近世ドイツの民衆と復活祭説教における愚の意味について――, YOSHIDA Takao, Mar. 2002, 54, 54, 57-103, 103
  • Refereed, Germanistik Kyoto, ローベルト・ヴァルザーと世界劇場――再話的文学の根底について――, YOSHIDA Takao, Jun. 2000, 1, 19-39
  • Not Refereed, 京都大学大学院課程博士論文, ローベルト・ヴァルザーの二次性の文学, YOSHIDA Takao, Mar. 2000
  • Not Refereed, 京都大学大学院独文研究室「研究報告」, 京都大学大学院独文研究室, ローベルト・ヴァルザーにおける通俗小説とメルヘンの再話について―対句法に関する試論―, YOSHIDA Takao, Dec. 1999, 13, 13, 49-79, 79
  • Not Refereed, 京都大学大学院独文研究室「研究報告」, 京都大学文学部独文研究室, ローベルト・ヴァルザーの絵画描写について―エクプラシスの観点から―, YOSHIDA Takao, Mar. 1999, 12, 12, 15-41, 42
  • Refereed, 日本独文学会『ドイツ文学』, 新刊紹介 Thomas Althaus: Epigrammatisches Barock. (Berlin/New York 1996), YOSHIDA Takao, Oct. 1998, 101, 164
  • Not Refereed, 京都大学大学院独文研究室「研究報告」, 京都大学文学部独文研究室, ローベルト・ヴァルザーにおける寓話性(2)―放蕩息子をめぐる二つの散文小品について―, YOSHIDA Takao, Mar. 1998, 11, 11, 1-24, 24
  • Not Refereed, 京都大学大学院独文研究室「研究報告」, ローベルト・ヴァルザーにおける寓話性(1)―散文小品『通り(1)』について―, YOSHIDA Takao, Mar. 1997, 10, 21-49
  • Not Refereed, 京都大学大学院独文研究室「研究報告」, 京都大学文学部独文研究室, 時間の渦―R・M・リルケ『新詩集』の数篇から―, YOSHIDA Takao, Mar. 1994, 7, 7, 31-82, 82
  • Not Refereed, 奈良女子大学文学部欧米言語文化学会『欧米言語文化研究』, Joseph Guggenmos und seine Kinderlyrik--Über die Sammlung "Was denkt die Maus am Donnerstag?", 吉田孝夫, Dec. 2022, 10, 111, 137
  • Not Refereed, 奈良女子大学文学部欧米言語文化学会『欧米言語文化研究』, Ringelnatz für Kinder, Takao Yoshida, Dec. 2023, 11, 97, 120

MISC

  • Not Refereed, 月刊 MOE 2019年12月号, 『小さい魔女』の魅力と民話の語り部としてのプロイスラ―(付「娘スザンネさんが語る父プロイスラ―」翻訳協力), 吉田 孝夫, Nov. 2019, 12, 40, 41, Introduction commerce magazine
  • Not Refereed, 日本児童図書出版協会 月刊『こどもの本』, プロイスラーとクリスマス, YOSHIDA Takao, Nov. 2016, 42, 11, 2
  • Not Refereed, 新読書社『文芸教育』, 詩の計算ドリル 文献紹介:木下康光『ドイツのなぞなぞ』, YOSHIDA Takao, Dec. 2012, 99, 106-111
  • Not Refereed, 日本児童図書出版協会 月刊『こどもの本』, 日本児童図書出版協会, ドイツの山の神さまとふるさと, YOSHIDA Takao, Feb. 2012, 38, 2, 3, 3
  • Not Refereed, 大谷大学仏教学会『佛教學セミナー』, 大谷大学佛教学会, 翻訳 パウル・ティーメ「puja:インドの言葉と習俗」, YOSHIDA Takao, Jun. 2008, 87, 1-19, 64
  • Not Refereed, 大谷大学西洋文学研究会『西洋文学研究』, 大谷大学西洋文学研究会, 翻訳 ゲルハルト・ハイルフルト「中欧ドイツ語圏の伝説伝承における鉱山と鉱夫(1)」, YOSHIDA Takao, Jun. 2004, 24, 57-98, 98
  • Not Refereed, 図書新聞, ケストナーと同時代を生きた知られざる児童文学作家たち――ナチス期直前のドイツで、児童文学が示した新しい人生モデル(書評:佐藤文彦著『聖家族の終焉とおじさんの逆襲――両大戦間期ドイツ児童文学の世界』, 吉田孝夫, Mar. 2023, 3582, 4, 4

Books etc

  • グリム ドイツ伝説集, 八坂書房, グリム兄弟(吉田孝夫), グリム兄弟, 11 Nov. 2021, 800, 4896942922
  • パウル・ザルトーリ『鐘の本――ヨーロッパの音と祈りの民族誌』, 八坂書房, YOSHIDA Takao, 筆頭著者, May 2019, Not Refereed
  • 幽 vol.28 (「ドイツの山岳と怪異譚」), KADOKAWA, YOSHIDA Takao, 分担, Dec. 2017, 82-85, Not Refereed
  • M・コッホ/A・ホイスラー『図説 ゲルマン英雄伝説』, 八坂書房, YOSHIDA Takao, 筆頭著者, Aug. 2017, Not Refereed
  • 文学と政治 近現代ドイツの想像力 (第Ⅰ章 近世ドイツにおける文学と政治――グリンメルスハウゼンの場合), 松籟社, YOSHIDA Takao, 分担, Mar. 2017, 33-58, Not Refereed
  • オトフリート・プロイスラー 『ニット帽の天使 プロイスラーのクリスマス物語』, さ・え・ら書房, YOSHIDA Takao, 筆頭著者, Sep. 2016, Not Refereed
  • ぺトラ・マイサク 『ゲーテを体験』(ドイツ・フランクフルト・ゲーテ博物館 日本語案内冊子), Freies Deutsches Hochstift, Frankfurt am Main, Germany, YOSHIDA Takao, 筆頭著者, Jul. 2015, Not Refereed
  • E・デープラー/W・ラーニシュ『図説 北欧神話の世界』, 八坂書房, YOSHIDA Takao, 筆頭著者, Dec. 2014, Not Refereed
  • 山と妖怪 ドイツ山岳伝説考, 八坂書房, YOSHIDA Takao, 筆頭著者, Jun. 2014, Not Refereed
  • 恋をする、とはどういうことか ――ジェンダーから考える ことばと文学―― (第二部 誰に恋をするのか――神話と生きる今――), ひつじ書房, YOSHIDA Takao, 分担, Apr. 2014, 163-175, Not Refereed
  • 啓蒙と反動 (第1章 愉しい迷信――J・プレトーリウスと近世ドイツ奇譚集の効用), 春風社, YOSHIDA Takao, 分担, Apr. 2013, 15-45, Not Refereed
  • 語りべのドイツ児童文学 “O・プロイスラーを読む”(まほろば叢書3), かもがわ出版, YOSHIDA Takao, 筆頭著者, Feb. 2013, Not Refereed
  • オトフリート・プロイスラー 『かかしのトーマス』, さ・え・ら書房, YOSHIDA Takao, 筆頭著者, Sep. 2012, Not Refereed
  • オトフリート・プロイスラー 『わたしの山の精霊(リューベツァール)ものがたり』, さ・え・ら書房, YOSHIDA Takao, 筆頭著者, Dec. 2011, Not Refereed
  • 展覧会図録「ファウスト 伝説と作品」, 大谷大学博物館, YOSHIDA Takao; Petra Maisak, Oct. 2005, Not Refereed
  • 世俗化とドイツ文学――発端としての近世\n(『仏教とキリスト教の対話Ⅲ』所収), 法蔵館, YOSHIDA Takao, 分担, Mar. 2004, 241-256, Not Refereed
  • ラインハルト・ヘンペルマン「制度的宗教から世俗的宗教性へ」(\n『仏教とキリスト教の対話Ⅲ』所収), 法蔵館, YOSHIDA Takao, 筆頭著者, Mar. 2004, 125-139, Not Refereed

Awards

  • 第13回 日本独文学会賞(日本語研究書部門), 日本独文学会, 吉田孝夫, May 2016
  • 第5回 日本独文学会賞(日本語論文部門), 日本独文学会, Jun. 2008

Research Projects

  • 2017, 2020, 17K02619, Principal investigator
  • Grant-in-Aid for Scientific Research (C), 01 Apr. 2017, 31 Mar. 2021, 17K02619, Study of " Heilbad"(health spa) images in early modern German literature, folklore, and pictorial sources, Yoshida Takao, Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research, Nara Women's University, 2600000, 2000000, 600000, In early modern Germany, the hot springs that treat illnesses with mineral springs form a unique space of discourse where ancient Western spiritual medicine and views of nature compete with modern natural science, capitalism, and resort development. An attempt was here made to give a chronological overview of the ideological world of early modern Germans over hot springs. The main materials are the Hagiography of the end of the Middle Ages, the collections of early modern German miracle legends, Th. Murner in the 16th century, A. Kircher and Grimmelshausen in the 17th century. We aimed to give an overview and consider the range of the view of nature and space peculiar to the early modern period. The view of nature shows a unique spiritual consciousness that goes beyond mere materiality, and the reference to the source of hot water is a mechanism to awaken the consciousness of the origin of individuals, human beings, and history itself., kaken
  • Grant-in-Aid for Scientific Research (C), 2007, 2009, 19520230, Reseach of mine and mountain legends in the early modern Germany, YOSHIDA Takao, Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research, Nara Women's University, 1560000, 1200000, 360000, The study is an attempt to locate the German mine and mountain legends since the end of the Middle Ages and the early modern age in a spiritual culture history of Germany., kaken
  • Grant-in-Aid for Scientific Research (C), 01 Apr. 2013, 31 Mar. 2017, 25370357, Popular Cultural Study on the "Curiosity"-Narrative Collections in Early Modern Germany, YOSHIDA TAKAO, Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research, Nara Women's University, 2600000, 2000000, 600000, Based on a group of works called "curiosity"-narrative collections which was disseminated to the German-speaking region of early modern epoch, I revealed the mental-historical features of this era. This was a great epidemic reading that was numerously publicated from the 16th century to the 18th century, accumulating the mysterious events of the world to serve bourgeoisie readers in cities. The negative "curiosity" view since Augustine underwent value change in the Renaissance period, and a unique interest in diverse phenomena and incidents of this world arise. Specifically, based on Tannhaeuser and Arlaune tradition, I analyzed the unique political implications of the discourse and the people's beliefs to the late medival times and the early modern era before they were given modern interpretations later by the Grimm brothers. Also in this connection, the importance of early modern writer Grinmelshausen was revealed., kaken

Ⅲ.社会連携活動実績

1.公的団体の委員等(審議会、国家試験委員、他大学評価委員,科研費審査委員等)

  • 日本独文学会京都支部, 支部役員, Apr. 2018, Mar. 2020, Society
  • 日本独文学会, 2014年度秋季 日本独文学会 実行委員(京都), Apr. 1998, Society
  • Jun. 1997, Society


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.