研究者総覧

林 拓也 (ハヤシ タクヤ)

  • 研究院人文科学系人文社会学領域 教授
Last Updated :2021/06/06

researchmap

学位

  • 社会学修士, 東京都立大学

研究分野

  • 人文・社会, 社会学

経歴

  • 2017年04月 奈良女子大学教授研究院
  • 2012年04月 奈良女子大学准教授研究院
  • 2007年04月 奈良女子大学准教授文学部
  • 2004年10月 - 2007年03月 奈良女子大学助教授文学部
  • 1999年10月 - 2004年09月 東京都立大学助手人文学部

学歴

  • - 1999年 東京都立大学 社会科学研究科 社会学専攻

委員歴

  • 2015年12月 - 2018年12月 日本社会学会 社会学評論専門委員 society

    学協会

論文

  • 職業選好/回避と客観的地位との関連の検討 -選好/回避の弁別および3モデルの検証-

    林拓也

    2020年03月, 奈良女子大学社会学論集, (27), 18 - 35

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Reduced K-means法によるクラスター分析の社会調査データへの応用

    林拓也

    2018年08月, データ分析の理論と応用, 7 (1), 9-19

  • Asymmetric multidimensional scaling of subjective similarities among occupational categories

    Akinori Okada; Takuya Hayashi

    The subjective similarity among ten occupational categories is analyzed by the asymmetric multidimensional scaling based on singular value decomposition. The similarity among occupational categories is obtained by a procedure where the similarity from occupational categories j to k is judged by respondents engaged in occupational category j, and the similarity from occupational categories k to j is judged by respondents engaged in occupational category k. These two similarities are not necessarily equal. This makes it possible to analyze asymmetric relationships of the subjective similarity. The three-dimensional solution disclosed two kinds of asymmetry between two occupational categories which are caused by the difference of the status between two occupational categories., 2017年, Springer Proceedings in Mathematics and Statistics, 196, 129 - 139, doi

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 子どもの進学と家庭の社会経済的背景

    林拓也

    2017年03月, 都市社会研究, (9), 83-98

  • 主観的距離評定に基づく職業認知次元と集団分化の析出 ―Reduced K-meansクラスター分析の適用―

    林拓也

    2017年03月, 行動計量学, 44 (1), 73-84

  • 認知的側面からみる職業の社会的距離 ―研究の潮流と試行的分析―

    林拓也

    2014年03月, 奈良女子大学社会学論集, (21), 19-33

  • 職業アスピレーション再考 ―職業間類似判定と選好度データに基づく計量分析―

    林拓也

    2012年12月, 社会学評論, 63 (3), 359-375

  • ヴィネット調査とMDPREFによる企業制度の選好構造分析 ―多様就業対応型ワークシェアリングを中心に―

    林拓也; 中原朝子; 森貴愛

    2011年03月, 奈良女子大学社会学論集, (18), 19-32

  • ヴィネット方式による調査設計の応用可能性 ― 「女性のライフコース希望」と「有配偶女性の地位評価」の調査事例に基づいて―

    林拓也

    2010年03月, 奈良女子大学人間文化研究科年報, (25), 147-158

  • キャリアモデルの特性-選好関連にみる職業志向性 ―特性重視方式による結果との比較を通して―

    林拓也

    2010年03月, 理論と方法, (47), 125-143

  • 調査モードによる回答傾向の違いと回答者-調査員の関係性 ―ミックスモード調査と多重対応分析に基づく検討―

    林拓也

    2009年03月, 奈良女子大学社会学論集, (16), 43-60

  • フリーソートにおける職業分類構造 ― 分類判断に関する回答者間の一致性と多重対応分析による検討 ―

    林拓也

    2009年03月, 奈良女子大学 人間文化研究科年報, (24)

  • The Possibility of Mixed-Mode Surveys in Sociological Studies

    Takuya Hayashi

    Abstract: This paper explores the possibility of the mixed-mode survey in Japan in order to ensure a wider range of respondents, focusing on the specific type of mixture that is designed to make contact with a respondent by more than one mode and in which a respondent can choose an alternative mode convenient for him or her. The dataset mainly used comes from the survey Study on the Social Composition of the Urban Local Community conducted in Shinagawa Ward of Tokyo in 1999. Three other studies are introduced for additional information. As an indicator of the effectiveness of a mixed-mode design, the response rates of four studies are examined and some improvement in the response rates is observed, compared to that of a single-mode design. Another indicator is the representativeness of a sample and it is evaluated using the data of the Shinagawa survey. When the discrepancy between valid respondents and the population on some demographic characteristics is regarded as representation bias, a mixed-mode design is found to reduce the bias. An inherent problem in a mixed-mode design is “mode effect.” In order to control for the mode effect in analyses, the inclusion of an additional variable indicating “mode” in the model is recommended. It is further suggested that the interaction effects between the “mode” and the respondents’ traits should be checked, on the assumption that the survey mode affects respondents differently. The attempts are made and discussed in this paper using two variables drawn from the Shinagawa survey. © 2007 The Author., 2007年, International Journal of Japanese Sociology, 16 (1), 51 - 63, doi

    研究論文(学術雑誌)

  • 多元的な職業特性認知と志向性の測定 ―職業間類似度データとMDSによる次元抽出に基づいて―

    林拓也

    2007年03月, 奈良女子大学社会学論集, (14), 1-16

  • 職業の志向性と個人差の分析モデル ―マルチレベル分析の適用による職業特性イメージと選好の関連分析―

    林拓也

    2006年03月, 奈良女子大学社会学論集, (13), 115-128

  • 職業志向の多元的構造を捉える枠組み ―プロファイル法によるコンジョイント分析モデルの適用に向けて―

    林拓也

    2004年03月, 人文学報, 349, 67-88

  • キャリア・アスピレーションの規定要因 ―キャリア形成期にある男性雇用者を対象として―

    林拓也

    2002年03月, 人文学報, 328, 39-60

  • キャリア・アスピレーションをめぐる構造要因と社会化要因

    林拓也

    2001年12月, 総合都市研究, 76, 41-55

  • 地位達成アスピレーションに関する一考察 ― 先行研究の検討とキャリア・アスピレーション研究の展望―

    林拓也

    2001年03月, 人文学報, 318, 45-70

  • 就学・就職を媒介とする都市流入 ―1995年SSM調査より―

    林拓也

    2000年09月, 都市問題, 91 (9), 33-46

  • 地位達成における地域間格差と地域移動 ―学歴・初職に対する影響の計量分析―

    林拓也

    1997年12月, 社会学評論, 48 (3), 334-349

  • 職業的地位とネットワーク特性

    林拓也

    1997年12月, 総合都市研究, 64, 25-38

  • 平等化政策への支持態度とその規定要因 ―人々の意識調査に基づく分析―

    林拓也

    2021年05月, ナント経済月報, (5月), 34 - 39

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

MISC

  • 社会調査データを用いたポジショニング分析の基礎【2019年9月改訂版】

    林 拓也

    2019年09月

    講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)

  • 奈良における女性の教育と職業(続・続・大学的奈良ガイド 第33講)

    林拓也

    2017年05月, 月刊大和路ならら, (224), 38-39

  • 社会調査データを用いたポジショニング分析の基礎【2015年2月改訂版】

    林 拓也

    2015年02月

  • 社会調査データを用いたポジショニング分析の基礎【2012年3月版】

    林 拓也

    2012年03月

    講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)

書籍等出版物

  • 職業間距離の計量社会学 -人々の意識からみる職業の多次元構造-

    林拓也 (, 範囲: 筆頭著者)

    ナカニシヤ出版, 2019年01月

  • 改訂版 社会統計学入門

    林拓也; 石田光規; 田辺俊介 (, 範囲: 筆頭著者)

    放送大学教育振興会, 2018年03月

  • 学歴社会のゆくえ(2015-17年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書)

    林拓也; 中尾啓子 (, 範囲: 分担)

    2018年03月, 21-42

  • 社会統計学入門

    林拓也; 石田光規; 田辺俊介 (, 範囲: 筆頭著者)

    放送大学教育振興会, 2012年03月

  • 現代日本における社会的地位の測定(平成12-14年度科学研究費補助金基盤研究(B)(2) 報告書

    林拓也; 中尾啓子 (, 範囲: 分担)

    2003年03月, 60-79

  • SSJ Data Archive Research Paper Series 全国大学生活共同組合連合会「学生生活実態調査」の再分析(1991年-2000年)

    林拓也; 他; 分担執筆 (, 範囲: 分担)

    2002年10月, 19-35

  • 講座社会変動 第5巻 流動化と社会格差

    林拓也; 原純輔 (, 範囲: 分担)

    ミネルヴァ書房, 2002年05月, 118-144頁

  • パーソナルネットワークの構造と変容

    林拓也; 森岡清志 (, 範囲: 分担)

    東京都立大学都市研究所, 2002年03月, 41-62頁

  • 職業の意識と社会的ネットワークに関する調査研究報告書

    林拓也 (, 範囲: 筆頭著者)

    2002年03月

  • 年賀状分析による拡大パーソナルネットワークの研究(平成11-12年度科学研究費補助金 基盤研究(B)(1) 報告書)

    林拓也; 森岡清志 (, 範囲: 分担)

    2001年03月, 31-48

  • 日本の階層システム 第3巻 戦後日本の教育社会

    林拓也; 近藤博之 (, 範囲: 分担)

    東京大学出版会, 2000年07月, 57-76頁

  • 都市社会のパーソナルネットワーク

    林拓也; 森岡清志 (, 範囲: 分担)

    東京大学出版会, 2000年01月, 41-56頁、57-70頁

  • 1995年社会階層と社会移動全国調査報告書 第4巻 社会階層の地域的構造

    林拓也; 三隅一人 (, 範囲: 分担)

    1998年03月, 69-86, 87-101

講演・口頭発表等

  • Multidimensional Aspects in Occupational Segregation: Cross-cultural Comparisons among Japan, the U.S. , and two European Countries

    Nakao,K; Hayashi,T; Saitoh,Y

    114th American Sociological Association Annual Meeting (US, New York), 2019年08月11日, true

    口頭発表(一般)

  • Analyzing cognitive similarities among occupational categories by distance-radius asymmetric MDS

    Okada,A; Hayashi,T

    International Meeting o the Psychometric Society (IMPS) 2019 meeting (Chile, Santiago), 2019年07月17日, true

    口頭発表(一般)

  • Decline in the Educational Premium: Is this a universal trend?

    Nakao,K; Hayashi,T; Ohtsuki; S. Wakita,A; Saitoh,Y

    113th American Sociological Association Annual Meeting (US, Philadelphia), 2018年08月11日, true

    口頭発表(一般)

  • 国勢調査のオーダーメード集計に基づく職業データの利用 ―性・年齢・学歴に基づく職業間距離の多次元構造の析出―

    林拓也; 斉藤裕哉; 中尾啓子

    日本社会学会第90回大会, 2017年11月, 東京大学, false

    口頭発表(一般)

  • Trends in the Effect of Education on Occupational Attainment in Japan

    Nakao,K; Hayashi,T; Wakita,A; Saitoh,Y

    111th American Sociological Association Annual Meeting, 2016年08月, American Sociological Association, US, Seattle, true

  • 社会調査データを用いたタンデム・クラスタリング -完全データのクラスタリング、reduced k-meansとの比較を通して-

    林拓也

    日本行動計量学会 第44回大会, 2016年08月, 札幌学院大学, false

    口頭発表(一般)

  • Asymmetric Multidimensional Scaling of Cognitive Similarities Among Occupational Categories

    Okada,Akinori; Hayashi,Takuya

    International Meeting of the Psychometric Society (IMPS) 2016, 81st meeting, 2016年06月, Renaissance Hotel in Asheville, NC, USA, true

    口頭発表(一般)

  • 職業の認知距離空間にみる地位集団の分化

    林拓也

    日本行動計量学会 第43回大会, 2015年09月, 首都大学東京, false

    ポスター発表

  • 職業への距離認知に関する計量分析(1) ―距離認知の次元構造―

    林拓也

    日本社会学会第87回大会, 2014年11月, 神戸大学, false

    口頭発表(一般)

  • 職業選好-達成にみる非対称的距離構造

    林拓也

    日本行動計量学会 第40回大会, 2012年09月, 新潟県立大学, false

    口頭発表(一般)

  • 職業志向性におけるアスピレーションモデルと多元的志向モデル ―特性認知・選好・達成レベルにおける比較検討―

    林拓也

    日本社会学会第82回大会, 2009年10月, false

    口頭発表(一般)

担当経験のある科目(授業)

  • 社会情報学入門講読A (奈良女子大学)

  • 社会情報学入門講読A (奈良女子大学)

  • 社会情報学専門講読B (奈良女子大学)

  • 社会情報学卒業論文演習Ⅱ (奈良女子大学)

  • 社会情報学卒業論文演習Ⅰ (奈良女子大学)

  • 社会情報学演習Ⅱ (奈良女子大学)

  • 社会調査実習Ⅱ (奈良女子大学)

  • 社会調査実習Ⅰ (奈良女子大学)

  • 社会情報学演習Ⅰ (奈良女子大学)

  • 計量社会学特殊研究 (奈良女子大学)

  • 実践スキルゼミナール(社会調査) (奈良女子大学)

  • 社会意識学特殊研究Ⅱ (奈良女子大学)

  • 計量社会学方法論演習 (奈良女子大学)

  • 計量社会学演習Ⅱ (奈良女子大学)

  • 計量社会学方法論特論 (奈良女子大学)

  • 社会システム学演習Ⅰ (奈良女子大学)

  • 計量社会学演習Ⅰ (奈良女子大学)

  • 基礎演習C (奈良女子大学)

  • 現代社会論 (奈良女子大学)

  • 社会情報学卒業演習Ⅱ (奈良女子大学)

  • 社会情報学専門演習Ⅱ (奈良女子大学)

  • 社会情報学実習Ⅱ (奈良女子大学)

  • 計量社会学特論Ⅱ (奈良女子大学)

  • 計量社会学特論Ⅰ (奈良女子大学)

  • 社会情報学卒業演習Ⅰ (奈良女子大学)

  • 社会情報学専門演習Ⅰ (奈良女子大学)

  • 社会情報学実習Ⅰ (奈良女子大学)

  • 社会情報学特殊研究Ⅱ (奈良女子大学)

所属学協会

  • 日本社会学会

  • 日本数理社会学会

  • 日本行動計量学会

Works(作品等)

  • 子どもの人間関係づくりに関する調査

    2010年04月 - 2011年03月



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.