研究者総覧

林 拓也HAYASHI Takuyaハヤシ タクヤ

所属部署名研究院人文科学系人文社会学領域
職名教授
Last Updated :2022/10/05

researchmap

プロフィール情報

  • 林, ハヤシ
  • 拓也, タクヤ

学位

  • 社会学修士, 東京都立大学

研究分野

  • 人文・社会, 社会学

経歴

  • 2017年04月, 奈良女子大学教授研究院
  • 2012年04月, 奈良女子大学准教授研究院
  • 2007年04月, 奈良女子大学准教授文学部
  • 2004年10月, 2007年03月, 奈良女子大学助教授文学部
  • 1999年10月, 2004年09月, 東京都立大学助手人文学部

学歴

  • 1999年, 東京都立大学, 社会科学研究科, 社会学専攻

担当経験のある科目(授業)

  • 社会情報学入門講読A, 奈良女子大学
  • 社会情報学入門講読A, 奈良女子大学
  • 社会情報学専門講読B, 奈良女子大学
  • 社会情報学卒業論文演習Ⅱ, 奈良女子大学
  • 社会情報学卒業論文演習Ⅰ, 奈良女子大学
  • 社会情報学演習Ⅱ, 奈良女子大学
  • 社会調査実習Ⅱ, 奈良女子大学
  • 社会調査実習Ⅰ, 奈良女子大学
  • 社会情報学演習Ⅰ, 奈良女子大学
  • 計量社会学特殊研究, 奈良女子大学
  • 実践スキルゼミナール(社会調査), 奈良女子大学
  • 社会意識学特殊研究Ⅱ, 奈良女子大学
  • 計量社会学方法論演習, 奈良女子大学
  • 計量社会学演習Ⅱ, 奈良女子大学
  • 計量社会学方法論特論, 奈良女子大学
  • 社会システム学演習Ⅰ, 奈良女子大学
  • 計量社会学演習Ⅰ, 奈良女子大学
  • 基礎演習C, 奈良女子大学
  • 現代社会論, 奈良女子大学
  • 社会情報学卒業演習Ⅱ, 奈良女子大学
  • 社会情報学専門演習Ⅱ, 奈良女子大学
  • 社会情報学実習Ⅱ, 奈良女子大学
  • 計量社会学特論Ⅱ, 奈良女子大学
  • 計量社会学特論Ⅰ, 奈良女子大学
  • 社会情報学卒業演習Ⅰ, 奈良女子大学
  • 社会情報学専門演習Ⅰ, 奈良女子大学
  • 社会情報学実習Ⅰ, 奈良女子大学
  • 社会情報学特殊研究Ⅱ, 奈良女子大学

所属学協会

  • 日本社会学会
  • 日本数理社会学会
  • 日本行動計量学会

Ⅱ.研究活動実績

論文

  • 査読無し, 日本語, ナント経済月報, 南都経済研究所, 平等化政策への支持態度とその規定要因 ―人々の意識調査に基づく分析―, 2021年05月, 2021年5月号, 34, 39
  • 査読無し, 日本語, 奈良女子大学社会学論集, 職業選好/回避と客観的地位との関連の検討 -選好/回避の弁別および3モデルの検証-, 林拓也, 2020年03月, 27, 18, 35, 研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • 査読あり, 日本語, データ分析の理論と応用, Reduced K-means法によるクラスター分析の社会調査データへの応用, 林拓也, 2018年08月, 7, 1, 9-19
  • 査読あり, 英語, Springer Proceedings in Mathematics and Statistics, Asymmetric multidimensional scaling of subjective similarities among occupational categories, Akinori Okada; Takuya Hayashi, The subjective similarity among ten occupational categories is analyzed by the asymmetric multidimensional scaling based on singular value decomposition. The similarity among occupational categories is obtained by a procedure where the similarity from occupational categories j to k is judged by respondents engaged in occupational category j, and the similarity from occupational categories k to j is judged by respondents engaged in occupational category k. These two similarities are not necessarily equal. This makes it possible to analyze asymmetric relationships of the subjective similarity. The three-dimensional solution disclosed two kinds of asymmetry between two occupational categories which are caused by the difference of the status between two occupational categories., 2017年, 196, 129, 139, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 査読無し, 日本語, 都市社会研究, 子どもの進学と家庭の社会経済的背景, 林拓也, 2017年03月, 9, 83-98
  • 査読あり, 日本語, 行動計量学, 主観的距離評定に基づく職業認知次元と集団分化の析出 ―Reduced K-meansクラスター分析の適用―, 林拓也, 2017年03月, 44, 1, 73-84
  • 査読無し, 日本語, 奈良女子大学社会学論集, 奈良女子大学, 認知的側面からみる職業の社会的距離 ―研究の潮流と試行的分析―, 林拓也, This paper focuses on the structure of occupational cognition from the standpoint of "socialdistance". The research and measurement of social distance has its origin in the works of E. S.Bogardus. For the social distance among occupations, developing and systematic researches weredone by E.O. Laumann, who described urban social stratification structure by both subjective andobjective social distance, and by multidimensional social space. After that, Laumann's works weresucceeded as social interaction distance (SID) approach. Reviewing also thestudies in Japan, Iemphasize the importance of "cognition" side of subjective social distance, rather than "orientation"side, for research on class consciousness. In a small and preliminary Web-basedsurvey conducted in2012, I asked respondents a sense of distance to 36 occupations in 7-point scale.To investigate thestructure of these cognitive distance, Q-mode principal component analysis is carried out,and thenmapping technique is applied to show the distance vector of each sex-occupation group ofrespondents. According to configuration of occupations in the 2-dimensional space extracted, animportant criterion of cognitive distance is continuous social status,but several groups also haveother criteria: manual/non-manual labor and gender segregation.The implications for future studiesare also discussed., 2014年03月, 21, 21, 19-33, 33
  • 査読あり, 日本語, 社会学評論, 職業アスピレーション再考 ―職業間類似判定と選好度データに基づく計量分析―, 林拓也, 2012年12月, 63, 3, 359-375
  • 査読無し, 日本語, 奈良女子大学社会学論集, 奈良女子大学, ヴィネット調査とMDPREFによる企業制度の選好構造分析 ―多様就業対応型ワークシェアリングを中心に―, 林拓也; 中原朝子; 森貴愛, The importance of firm systems is often asked in a survey to investigate the work orientation of respondents. In this paper we focus on the preference of the firms adopting "job diversification type of work-sharing" and measure work orientation including the information of other firm systems or conditions. For the measurement, two methods are utilized. One is the research design using "vignette", the description of fictitious situations; we put together several firm systems as the setsof profile of firms in our survey design. Another is "MDPREF", an analytical procedure for rank structure; we apply it to the survey data to extract the major dimensions of preference structure of firm systems. Additionally, we introduce the features of firms fixed as factors in the vignette designinto the interpretation of extracted dimensions. The respondents, the sample of female college students, regard the system for work-life-balance as of importance on the whole, which is observed as the first dimension. For the second dimension, their preferences are differentiated according tothe type of employment a firm adopts; the regular employee or the "job diversification type of work-sharing". Several implications of these outcome, from the standpoints of actual situation and methodology, are discussed., 2011年03月, 18, 18, 19-32, 32
  • 査読無し, 日本語, 奈良女子大学人間文化研究科年報, 奈良女子大学, ヴィネット方式による調査設計の応用可能性 ― 「女性のライフコース希望」と「有配偶女性の地位評価」の調査事例に基づいて―, 林拓也, The survey research design using "vignette(s)", the description of fictitious situations, have been applied mostly to the subjects related to policy. Focusing on the merits of vignette to provide concreteness(reality) by description of a situation and to control the factors affecting responses, this paper explores the applicability of vignette survey to sociological subjects which treat one's choice of behavior and/or one's attitude. Two cases of survey are introduced to compare with the findings from previous studies; one is on women's ideal life courses, another is on status evaluation of married women, both of which are conducted for female students in a university. The survey of "ideal life course" shows that each respondent's choiceof work, which has been set to make single choice in a general survey design, is variable with family environments differed such as child's age or husband's income. Additionally, the effects of factors on thedegree of division of household labor are examined and compared. The survey of "status evaluation" is designed to make respondents compare and evaluate fictitious married women in various situations, whilein the design of previous studies they have evaluated only respondents' own situation. It is found that a married woman's status is measured not only by the status of her own but also by those of family members, which contributes to examine hypothetical models on women's status. Finally, several points tobe kept into mind in conducting vignette surveys are also discussed., 2010年03月, 25, 25, 147-158, 158
  • 査読あり, 日本語, 理論と方法, キャリアモデルの特性-選好関連にみる職業志向性 ―特性重視方式による結果との比較を通して―, 林拓也, 2010年03月, 47, 125-143
  • 査読無し, 日本語, 奈良女子大学社会学論集, 奈良女子大学, 調査モードによる回答傾向の違いと回答者-調査員の関係性 ―ミックスモード調査と多重対応分析に基づく検討―, 林拓也, The method of 'mixed-mode' has the potential to ensure a wider range of respondents in a survey, whereas an inherent problem of it is the difference of response patterns between the modes.This paper focuses on the relation between respondents and interviewers in face-to-face interview mode, which sometimes gives rise to response biases, and explores in which kind of relationship the different response patterns from those of self-administration mode would appear. The dataset comes from a survey, the subjects of which are university students. The interviewers are also the students of the same university and the "social distance" between a respondent and an interviewer is measured by their faculty and grade as the indices of relationship. On a lot of items in the Questionnaire the mode effect and the interaction effect of mode and social distance are inspected.These effects are partly found, but not to say the systematic biases. However, from the standpoint of "set" of items and discrete measurement of each of them, multiple correspondence analyses (MCA) reveal several different response patterns among modes. The result would imply the importance of each relationship between a respondent and an interviewer which is individually based on the content of questions., 2009年03月, 16, 16, 43-60, 60
  • 査読無し, 日本語, 奈良女子大学 人間文化研究科年報, フリーソートにおける職業分類構造 ― 分類判断に関する回答者間の一致性と多重対応分析による検討 ―, 林拓也, 2009年03月, 24
  • 査読あり, 英語, International Journal of Japanese Sociology, The Possibility of Mixed-Mode Surveys in Sociological Studies, Takuya Hayashi, Abstract: This paper explores the possibility of the mixed-mode survey in Japan in order to ensure a wider range of respondents, focusing on the specific type of mixture that is designed to make contact with a respondent by more than one mode and in which a respondent can choose an alternative mode convenient for him or her. The dataset mainly used comes from the survey Study on the Social Composition of the Urban Local Community conducted in Shinagawa Ward of Tokyo in 1999. Three other studies are introduced for additional information. As an indicator of the effectiveness of a mixed-mode design, the response rates of four studies are examined and some improvement in the response rates is observed, compared to that of a single-mode design. Another indicator is the representativeness of a sample and it is evaluated using the data of the Shinagawa survey. When the discrepancy between valid respondents and the population on some demographic characteristics is regarded as representation bias, a mixed-mode design is found to reduce the bias. An inherent problem in a mixed-mode design is “mode effect.” In order to control for the mode effect in analyses, the inclusion of an additional variable indicating “mode” in the model is recommended. It is further suggested that the interaction effects between the “mode” and the respondents’ traits should be checked, on the assumption that the survey mode affects respondents differently. The attempts are made and discussed in this paper using two variables drawn from the Shinagawa survey. © 2007 The Author., 2007年, 16, 1, 51, 63, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読無し, 日本語, 奈良女子大学社会学論集, 奈良女子大学, 多元的な職業特性認知と志向性の測定 ―職業間類似度データとMDSによる次元抽出に基づいて―, 林拓也, This paper investigates the method to measure a multi-dimensional occupational orientation, based on the assumption that one's occupational orientation may be ascertained by the association between occupational features and one's preference for occupations. Prior researches relied on surveys with questions focusing on several specific occupational features that were thought to be important. However, such method world only allow the measurement of occupational orientation based on the pre-specified occupational features, and it excludes any other features that might also be relevant. The present study, therefore, first attempts to elicit latent dimensions of occupational features using a Multi-dimensional Scaling (MDS) technique. A survey of a small number of female college students was conducted. in which the respondents sorted various occupations into groups according to similarity (so-called a "pile-sort" method). The Multi-dimensional Scaling of judged similarities between all pairs of occupations extracted three latent cognitive dimensions of occupational features: "public interest," "skill," and "discretion." Next, the effects of these three dimensions on occupational preference were examined and they were found to be equally significant, verifying the existence of all three dimensions in the respondents' occupational orientations. Finally, these three dimensions were assessed in relation to the "status orientation" that has been considered important in previous studies., 2007年03月, 14, 14, 1-16, 16
  • 査読無し, 日本語, 奈良女子大学社会学論集, 職業の志向性と個人差の分析モデル ―マルチレベル分析の適用による職業特性イメージと選好の関連分析―, 林拓也, 2006年03月, 13, 115-128
  • 査読無し, 日本語, 人文学報, 職業志向の多元的構造を捉える枠組み ―プロファイル法によるコンジョイント分析モデルの適用に向けて―, 林拓也, 2004年03月, 349, 67-88
  • 査読無し, 日本語, 人文学報, キャリア・アスピレーションの規定要因 ―キャリア形成期にある男性雇用者を対象として―, 林拓也, 2002年03月, 328, 39-60
  • 査読あり, 日本語, 総合都市研究, キャリア・アスピレーションをめぐる構造要因と社会化要因, 林拓也, 2001年12月, 76, 41-55
  • 査読無し, 日本語, 人文学報, 地位達成アスピレーションに関する一考察 ― 先行研究の検討とキャリア・アスピレーション研究の展望―, 林拓也, 2001年03月, 318, 45-70
  • 査読無し, 日本語, 都市問題, 就学・就職を媒介とする都市流入 ―1995年SSM調査より―, 林拓也, 2000年09月, 91, 9, 33-46
  • 査読あり, 日本語, 社会学評論, 地位達成における地域間格差と地域移動 ―学歴・初職に対する影響の計量分析―, 林拓也, 1997年12月, 48, 3, 334-349
  • 査読あり, 日本語, 総合都市研究, 職業的地位とネットワーク特性, 林拓也, 1997年12月, 64, 25-38
  • 査読無し, 日本語, ナント経済月報, 平等化政策への支持態度とその規定要因 ―人々の意識調査に基づく分析―, 林拓也, 2021年05月, 5月, 34, 39, 研究論文(大学,研究機関等紀要)

MISC

  • 査読無し, 日本語, 社会調査データを用いたポジショニング分析の基礎【2019年9月改訂版】, 林 拓也, 2019年09月, 講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
  • 査読無し, 日本語, 月刊大和路ならら, 奈良における女性の教育と職業(続・続・大学的奈良ガイド 第33講), 林拓也, 2017年05月, 224, 38-39
  • 査読無し, その他, 社会調査データを用いたポジショニング分析の基礎【2015年2月改訂版】, 林 拓也, 2015年02月
  • 査読無し, その他, 社会調査データを用いたポジショニング分析の基礎【2012年3月版】, 林 拓也, 2012年03月, 講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)

書籍等出版物

  • 格差と分断/排除の諸相を読む, 晃洋書房, 日本語, 学術書, 4771035903
  • 職業間距離の計量社会学 -人々の意識からみる職業の多次元構造-, ナカニシヤ出版, 林拓也, 筆頭著者, 2019年01月, 日本語, 査読無し, その他
  • 改訂版 社会統計学入門, 放送大学教育振興会, 林拓也; 石田光規; 田辺俊介, 筆頭著者, 2018年03月, 日本語, 査読無し, その他
  • 学歴社会のゆくえ(2015-17年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書), 林拓也; 中尾啓子, 分担, 2018年03月, 21-42, 日本語, 査読無し, その他
  • 社会統計学入門, 放送大学教育振興会, 林拓也; 石田光規; 田辺俊介, 筆頭著者, 2012年03月, 日本語, 査読無し, その他
  • 現代日本における社会的地位の測定(平成12-14年度科学研究費補助金基盤研究(B)(2) 報告書, 林拓也; 中尾啓子, 分担, 2003年03月, 60-79, 日本語, 査読無し, その他
  • SSJ Data Archive Research Paper Series 全国大学生活共同組合連合会「学生生活実態調査」の再分析(1991年-2000年), 林拓也; 他; 分担執筆, 分担, 2002年10月, 19-35, 日本語, 査読無し, その他
  • 講座社会変動 第5巻 流動化と社会格差, ミネルヴァ書房, 林拓也; 原純輔, 分担, 2002年05月, 118-144頁, 日本語, 査読無し, その他
  • パーソナルネットワークの構造と変容, 東京都立大学都市研究所, 林拓也; 森岡清志, 分担, 2002年03月, 41-62頁, 日本語, 査読無し, その他
  • 職業の意識と社会的ネットワークに関する調査研究報告書, 林拓也, 筆頭著者, 2002年03月, 日本語, 査読無し, その他
  • 年賀状分析による拡大パーソナルネットワークの研究(平成11-12年度科学研究費補助金 基盤研究(B)(1) 報告書), 林拓也; 森岡清志, 分担, 2001年03月, 31-48, 日本語, 査読無し, その他
  • 日本の階層システム 第3巻 戦後日本の教育社会, 東京大学出版会, 林拓也; 近藤博之, 分担, 2000年07月, 57-76頁, 日本語, 査読無し, その他
  • 都市社会のパーソナルネットワーク, 東京大学出版会, 林拓也; 森岡清志, 分担, 2000年01月, 41-56頁、57-70頁, 日本語, 査読無し, その他
  • 1995年社会階層と社会移動全国調査報告書 第4巻 社会階層の地域的構造, 林拓也; 三隅一人, 分担, 1998年03月, 69-86, 87-101, 日本語, 査読無し, その他
  • 格差と分断/排除の諸相を読む, 晃洋書房, 林 拓也; 田辺 俊介; 石田 光規; 中尾 啓子; 脇田 彩; 大槻 茂実; 斉藤 裕哉; 星 敦士; 桑名 祐樹, 2022年02月28日, 194, 日本語, その他, 4771035903, amazon;amazon_small_image;amazon_medium_image;amazon_large_image

講演・口頭発表等

  • 林拓也, 国内, 数理社会学会第71回大会, 項目スキームに対応したダミー・コーディングとマルチレベル分析 ―平等化政策への支持態度に関する規定要因の分析を例に―, ポスター発表, 日本語
  • Nakao,K; Hayashi,T; Saitoh,Y, 国際, 114th American Sociological Association Annual Meeting (US, New York), Multidimensional Aspects in Occupational Segregation: Cross-cultural Comparisons among Japan, the U.S. , and two European Countries, 口頭発表(一般), 2019年08月11日, 英語, 国際会議
  • Okada,A; Hayashi,T, 国際, International Meeting o the Psychometric Society (IMPS) 2019 meeting (Chile, Santiago), Analyzing cognitive similarities among occupational categories by distance-radius asymmetric MDS, 口頭発表(一般), 2019年07月17日, 英語, 国際会議
  • Nakao,K; Hayashi,T; Ohtsuki; S. Wakita,A; Saitoh,Y, 国際, 113th American Sociological Association Annual Meeting (US, Philadelphia), Decline in the Educational Premium: Is this a universal trend?, 口頭発表(一般), 2018年08月11日, 英語, 国際会議
  • 林拓也; 斉藤裕哉; 中尾啓子, 国内, 日本社会学会第90回大会, 国勢調査のオーダーメード集計に基づく職業データの利用 ―性・年齢・学歴に基づく職業間距離の多次元構造の析出―, 口頭発表(一般), 2017年11月, 日本語, 東京大学, 国内会議
  • Nakao,K; Hayashi,T; Wakita,A; Saitoh,Y, 国際, 111th American Sociological Association Annual Meeting, Trends in the Effect of Education on Occupational Attainment in Japan, 2016年08月, 英語, American Sociological Association, US, Seattle, 国際会議
  • 林拓也, 国内, 日本行動計量学会 第44回大会, 社会調査データを用いたタンデム・クラスタリング -完全データのクラスタリング、reduced k-meansとの比較を通して-, 口頭発表(一般), 2016年08月, 日本語, 札幌学院大学, 国内会議
  • Okada,Akinori; Hayashi,Takuya, 国際, International Meeting of the Psychometric Society (IMPS) 2016, 81st meeting, Asymmetric Multidimensional Scaling of Cognitive Similarities Among Occupational Categories, 口頭発表(一般), 2016年06月, 英語, Renaissance Hotel in Asheville, NC, USA, 国際会議
  • 林拓也, 国内, 日本行動計量学会 第43回大会, 職業の認知距離空間にみる地位集団の分化, ポスター発表, 2015年09月, 日本語, 首都大学東京, 国内会議
  • 林拓也, 国内, 日本社会学会第87回大会, 職業への距離認知に関する計量分析(1) ―距離認知の次元構造―, 口頭発表(一般), 2014年11月, 日本語, 神戸大学, 国内会議
  • 林拓也, 国内, 日本行動計量学会 第40回大会, 職業選好-達成にみる非対称的距離構造, 口頭発表(一般), 2012年09月, 日本語, 新潟県立大学, 国内会議
  • 林拓也, 国内, 日本社会学会第82回大会, 職業志向性におけるアスピレーションモデルと多元的志向モデル ―特性認知・選好・達成レベルにおける比較検討―, 口頭発表(一般), 2009年10月, 日本語, 国内会議
  • 林拓也, 数理社会学会第71回大会, 項目スキームに対応したダミー・コーディングとマルチレベル分析 ―平等化政策への支持態度に関する規定要因の分析を例に―, 2021年09月05日, 日本語

Works(作品等)

  • 子どもの人間関係づくりに関する調査, 2010年04月, 2011年03月

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 基盤研究(C), 2021年04月, 2024年03月, 21K01859, 研究代表者, 地位想起法に基づく拡張ネットワーク・データと社会関係空間の析出
  • 基盤研究(C), 2018年04月, 2021年03月, 18K01966, 研究分担者, 「職業分離の多元性」:その規定要因に関する国内時系列分析と国際比較分析, 中尾 啓子; 脇田 彩; 大槻 茂実; 林 拓也, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 首都大学東京, 4420000, 3400000, 1020000, 2019年度は,職業分離についての官庁統計を用いた日本国内の分析,ならびに国際比較研究を軸に研究を行った. まず日本国内の分析については,日本の職業と属性(性別・学歴・年齢)の関連についてその特徴をより明らかにするために,職業について職種だけでなく従業上の地位を考慮した分析を試みた.その結果,従業上の地位は性別により分離が生じていること,この分離の中でも医療・福祉・教育関係の専門職,事務職の一部,対人サービス職は女性,建設関連作業者、運輸・通信作業者、保安職は男性が多いという職種による職域分離も見られる.職業分離を従業上の地位を含んで分析した例は少なく,日本の職業分離を捉える重要な知見だと考えられる. 続いて国際比較研究は日本を含む東アジアの比較研究と,日本を含むアジア諸国と欧米諸国の計16カ国の比較研究を行った.東アジアの比較研究では日本・韓国・台湾の比較を行った.この比較から,東アジアでは分離の次元はいずれも学歴・スキルレベルと性別の2次元で共通であること,その中でも韓国はより性別職域分離が明確であり,台湾は相対的に性別職域分離が明確でないこと,そして日本は大卒資格に加えて年齢・世代が職域分離の重要な要因であることが明らかとなった. さらに,16カ国の比較研究から,職業と属性の関連について探索的に,4つのグループを析出した.このうち3つのグループは,産業構造の違いによって説明が可能であるが,日本が含まれるもう1つのグループでは,高度に産業化した社会であるにもかかわらず性別職域分離が強固に存在する.この結果から,産業化の進展により生得的な属性による影響が弱まるとする「産業化命題」を再考する必要性が示唆された.この16カ国の比較研究については,114th American Sociological Association Annual Meeting にて報告を行った.
  • 基盤研究(C), 2016年04月, 2020年03月, 16K04032, 研究代表者, 地位集団と社会志向的ライフスタイルに関する計量社会学的研究, 林 拓也, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 奈良女子大学, 4420000, 3400000, 1020000, 格差をともなう人々のライフスタイルの分化について、社会経済的地位、文化活動と消費行動、社会的ネットワークの観点から検討した。また、こうしたライフスタイルの基底にあると想定される社会意識について、日本社会に対する現状認識と将来の志向性の2つの側面から検討した。これらの連動を説明する地位集団を析出するために、職業への距離認知を指標とした方法論的な検討と、詳細な実証分析を展開した。, url
  • 基盤研究(C), 2015年04月, 2018年03月, 15K03818, 研究分担者, 学歴社会のゆくえ, 中尾 啓子; 林 拓也; 大槻 茂実; 脇田 彩; 細川 千紘; 斉藤 裕哉, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 首都大学東京, 4680000, 3600000, 1080000, 本研究課題では,学歴と職業の結びつきについて,統計的な手法を用いて研究を行った.日本の国勢調査を用いた時系列比較分析では,近年になるほど学歴と職業の結びつきが弱まっていることが明らかになった.これは高学歴者であっても高い職業的地位に到達するとは限らないことを意味している.また,日本と米国との国際比較分析から,日本では学歴の高低にかかわらず男女間で従事する職業に違いが見られるが,米国では大学以上の学歴保持者になると男女間の職業の分離は確認されなかった.このことから,学歴が与える影響は日米で異なることが示された., url
  • 基盤研究(B), 2013年04月, 2016年03月, 25285154, 連携研究者, 母親の就業と進学格差―都市間比較調査に見る格差の実態, 安河内 恵子; 森岡 清志; 伊藤 泰郎; 星 敦士; 中西 泰子; 三田 泰雅; 林 拓也; 青木 務, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 九州工業大学, 17030000, 13100000, 3930000, 両親の階層(学歴、収入、職業)、母親の就業状況と子の教育達成との関連を調べるために、世田谷区において調査を行ったところ(対象者7,000人、回収率40.7%)、その調査結果から、それらの要因間での強い関連が確認できた。高階層世帯には主婦が多く、その子どもは、「(小・中・高)すべて私立」あるいは「公立小→中学より中高一貫の私立校」へ進学した者が多く見られた。「すべて私立」は10.1%、「公立小→中学より中高一貫の私立校」は31.9%、これに対し、「すべて公立」は22.4%であった。このような小学校から高校までの教育キャリアを示した情報は、有用な情報であると言える。, url
  • 基盤研究(C), 2012年04月, 2015年03月, 24530625, 研究代表者, 職業への距離認知にみる階層/階級的地位の次元構造, 林 拓也; 山本 圭三, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 奈良女子大学, 4940000, 3800000, 1140000, 社会的距離とは、社会集団間の親-疎の程度を表す概念である。この研究では、さまざまな職業に対する認知的な距離を測定した上で、その距離構造がどのような要素(次元)から構成されているか、またその距離認知を規定する要因が何であるかを探求する。その主要な知見として、第一に、職業への距離認知の次元構造として、地位/性別職域分離/自律性/営利組織ホワイトカラー ― 技能職という4次元が主軸であることが明らかとなった。第二に、職業への距離認知の規定要因として、自身の職業属性のほか、協働機会と、私生活上の関係(パーソナルネットワーク)が影響していることが確認された。, url
  • 基盤研究(C), 2007年, 2009年, 19530441, 研究代表者, 多元的な職業志向性および規定要因に関する計量的実証研究, 林 拓也, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 奈良女子大学, 3510000, 2700000, 810000, 職業志向性の測定を、職業特性認知-選好度との関連性に依拠した上で、地位志向として一元的に捉えられてきた従来の視点と、他の志向も含む多元的志向の視点とを対比させつつ、それらの有効性について計量的な実証研究を行った。調査は、女子大学生を対象としたプリテストの後、若年男性雇用者を対象とした本調査を実施し、そのデータに基づき、特性認知・志向・達成という各段階にわたって、上記の一元性/多元性の検討を行った。, url
  • 基盤研究(C), 2021年04月, 2024年03月, 21K01859, 研究代表者, 地位想起法に基づく拡張ネットワーク・データと社会関係空間の析出, 林 拓也, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 奈良女子大学, 3900000, 3000000, 900000

Ⅲ.社会連携活動実績

1.公的団体の委員等(審議会、国家試験委員、他大学評価委員,科研費審査委員等)

  • 日本社会学会, 社会学評論専門委員, 2015年12月, 2018年12月, 学協会


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.