研究者総覧

高田 雅美 (タカタ マサミ)

  • 研究院生活環境科学系生活情報通信科学領域 講師
Last Updated :2021/10/27

researchmap

学位

  • 博士(理学), 奈良女子大学

研究キーワード

  • 数値計算,最適化,並列化 

研究分野

  • 情報通信, ソフトウェア

経歴

  • 2013年05月 奈良女子大学・講師
  • 2006年04月 - 2013年04月 奈良女子大学・助教
  • 2004年04月 - 2006年03月 独立行政法人 科学技術振興機構・研究員

学歴

  • 2001年04月- 2004年03月 奈良女子大学 人間文化研究科 複合領域科学専攻

委員歴

  • 2019年04月 情報処理学会 ハイパフォーマンスコンピューティング研究会 運営委員 society

    学協会

  • 2007年04月 情報処理学会 数理モデルと問題解決研究会 運営委員 society

    学協会

  • 2020年04月 - 2021年03月 情報処理学会 代表会員

  • 2019年04月 - 2021年03月 情報処理学会 数理モデルと問題解決研究会 幹事(国際会議PDPTA担当)

  • 2013年04月 - 2016年03月 情報処理学会\n若手研究者の会 数理モデルと問題解決研究会代表 society

    学協会

  • 2007年04月 情報処理学会\n数理モデルと問題解決研究会 運営委員 society

    学協会

  • 2007年04月 情報処理学会\n数理モデルと問題解決研究会 幹事(国際会議PDPTA担当) society

    学協会

  • 2007年04月 情報処理学会\n数理モデルと問題解決研究会 幹事(国際会議PDPTA担当) society

    学協会

  • 2000年04月 情報処理学会\nハイパフォーマンスコンピューティング研究会 運営委員会 society

    学協会

受賞

  • 2017年度コンピュータサイエンス領域奨励賞, 情報処理学会, 2017年
  • 第110回ベストプレゼンテーション賞, 情報処理学会 数理モデルと問題解決研究会, 2016年
  • プレゼンテーション賞, 石川由羽;高田雅美;梅田智広;城和貴, 情報処理学会 数理モデル化と問題解決研究会, 2011年12月
  • プレゼンテーション賞, 芳野可奈子;高田雅美;天白成一;城和貴, 情報処理学会 数理モデル化と問題解決研究会, 2007年03月
  • HPCS2006最優秀論文賞, 情報処理学会ハイパフォーマンスコンピューティング, 2006年01月

論文

  • Improvement of Island GA using Multiple Fitness Functions

    Shigeka Nakajima; Masami Takata

    2021年, Advances in Parallel & Distributed Processing, and Applications

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • On an Implementation of the One-Sided Jacobi Method with High Accuracy

    Masami Takata; Sho Araki; Kinji Kimura; Yoshimasa Nakamura

    2021年, Advances in Parallel & Distributed Processing, and Applications

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Application of the Orthogonal QD Algorithm with Shift to Singular Value Decomposition for Large Sparse Matrices

    Hiroki Tanaka; Taiki Kimura; Tetsuaki Matsunawa; Shoji Mimotogi; Masami Takata; Kinji Kimura; Yoshimasa Nakamura

    2021年, Advances in Parallel & Distributed Processing, and Applications

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Crawling Low Appearance Frequency Characters Images for Early-Modern Japanese Printed Character Recognition

    Nanami Fujisaki; Yu Ishikawa; Masami Takata; Kazuki Joe

    2021年, Advances in Parallel & Distributed Processing, and Applications

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • On an Implementation of the Two-Sided Jacobi Method

    Sho Araki; Masana Aoki; Masami Takata; Kinji Kimura; Yoshimasa Nakamura

    2021年01月, IPSJ Transactions on Mathematical Modeling and Its Applications, 14 (1), 12 - 20

    研究論文(学術雑誌)

  • 複数の適応度関数を用いた島GAの改良

    中島 滋香; 高田 雅美

    2020年07月, 情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS), 2020-MPS-129 (5), 1 - 4

  • 高精度な特異値分解を実現する片側Jacobi法の実装方法

    髙田 雅美; 荒木 翔; 木村 欣司; 中村 佳正

    2020年07月, 情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS), 2020-MPS-129 (4), 1 - 4

  • 大規模行列の特異値分解へのOQDS法の適用

    田中 博基; 木村 泰己; 松縄 哲明; 三本木 省次; 髙田 雅美; 木村 欣司; 中村 佳正

    2020年07月, 情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS), 2020-MPS-129 (3), 1 - 4

  • 近代書籍用文字認識のための低出現頻度文字クローリング

    藤﨑 菜々美; 竹本 有紀; 石川 由羽; 髙田 雅美; 城 和貴

    2020年07月, 情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS), 2020-MPS-129 (2), 1 - 4

  • Layout Analysis using Semantic Segmentation for Imperial Meeting Minutes

    Sayaka Iida; Yuki Takemoto; Yu Ishikawa; Masami Takata; Kazuki Joe

    2019年07月, In Proceedings of 2019 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 135 - 141

  • A Discrete Three-wave System of Kahan-Hirota-Kimura Type and the QRT Mapping

    Yuko Takae; Masami Takata; Kinji Kimura; Yoshimasa Nakamura

    2019年07月, In Proceedings of 2019 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 142 - 148

  • Improvement of the Thick-Restart Lanczos Method in Single Precision Floating Point Arithmetic using Givens Rotations

    Masana Aoki; Masami Takata; Kinji Kimura; Yoshimasa Nakamura

    2019年07月, In Proceedings of 2019 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 149 - 155

  • On an Implementation of Two-Sided Jacobi Method

    Sho Araki; Masami Takata; Kinji Kimura; Yoshimasa Nakamura

    2019年07月, In Proceedings of 2019 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 156 - 162

  • Structure of Neural Network Automatically Generating Fonts for Early-Modern Japanese Printed Books

    Yuki Takemoto; Yu Ishikawa; Masami Takata; Kazuki Joe

    2019年07月, In Proceedings of 2019 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 182 - 188

  • Applying CNNs to Early-Modern Printed Japanese Character Recognition

    Suzuka Yasunami; Norie Koiso; Yuki Takemoto; Yu Ishikawa; Masami Takata; Kazuki Joe

    2019年07月, In Proceedings of 2019 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 189 - 195

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Improvement of the Augmented Implicitly Restarted Lanczos Bidiagonalization Method in Single Precision Floating Point Arithmetic

    Yuya Ishida; Masami Takata; Kinji Kimura; Yoshimasa Nakamura

    2018年12月, IPSJ Transactions on Mathematical Modeling and Its Applications, 11 (3), 19-25

  • Automatic Font Generation For Early-Modern Japanese Printed Books

    高田雅美

    2018年07月, In Proceedings of 2018 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 326-332

  • Fast Computation Method of Column Space by using the DQDS Method and the OQDS Method

    高田雅美

    2018年07月, In Proceedings of 2018 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 333-339

  • Improvement of Computing Partial Singular Value Decomposition for Dense Matrix using Thick-restart-Lanczos Method

    高田雅美

    2018年07月, In Proceedings of 2018 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 340-346

  • Implementation of Computing Partial Singular Value Decomposition for Principal Component Analysis Using ARPACK

    高田雅美; Masami Takata; Sho Araki; Kinji Kimura; Yuki Fujii; Yoshimasa Nakamura

    2018年03月, 情報処理学会論文誌. 数理モデル化と応用, 11 (1), 37-44

  • Validation of EEG Authentication Accuracy with Electrode Slippage

    高田雅美

    2017年07月, In Proceedings of 2017 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 302-308

  • Hand shape recognition using the sEMG of the upper extremity

    高田雅美

    2017年07月, In Proceedings of 2017 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 295-301

  • Early-Modern Printed Character Recognition using Ensemble Learning

    高田雅美

    2017年07月, In Proceedings of 2017 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 288-294

  • An Improvement of Augmented Implicitly Restarted Lanczos Bidiagonalization Method

    高田雅美

    2017年07月, In Proceedings of 2017 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 281-287

  • 脳波から求めた複数特徴量の組合せによる生体認証

    石川由羽; 西畑かおり; 高田 雅美; 城 和貴

    2017年03月, 情報処理学会論文誌. 数理モデル化と応用, 10 (1), 23-32

  • Performance Evaluation of Golub-Kahan-Lanczos Algorithm with Reorthogonalization by Classical Gram-Schmidt Algorithm and OpenMP

    高田雅美

    2016年08月, 情報処理学会論文誌. 数理モデル化と応用, 9 (2), 1-8

  • 近代書籍を対象とした多フォント漢字認識

    粟津 妙華; 上坂 和美; 高田 雅美; 城 和貴

    2016年08月, 情報処理学会論文誌. 数理モデル化と応用, 9 (2), 33-40

  • Implementation of Computing Singular Pairs for Large Scale Matrices using ARPACK

    高田雅美

    2016年07月, In Proceedings of 2016 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 349-355

  • Biometric Authentication based on Multi-feature Combination using EEG

    高田雅美

    2016年07月, In Proceedings of 2016 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 394-400

  • Correlation of Proximity Voluntary Muscles EMG and EEG

    高田雅美

    2016年07月, In Proceedings of 2016 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 401-407

  • Comparison of Feature Extraction Methods for Early-Modern Japanese Printed Character Recognition

    高田雅美

    2016年07月, In Proceedings of 2016 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 408-414

  • A Personal Classification Method Using Spatial Information of Multi-channel EEG

    高田雅美

    2015年07月, In Proceedings of 2015 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, I, 229-235

  • Performance Evaluation of Golub-Kahan-Lanczos Algorithm with Reorthogonalization by Classical Gram-Schmidt Algorithm and OpenMP

    高田雅美

    2015年07月, In Proceedings of 2015 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, I, 243-249

  • A Music Composition Model with Genetic Programming -A Case Study of Chord Progression and Bassline-

    高田雅美

    2015年07月, In Proceedings of 2015 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, I, 256-262

  • An Effective and Interactive Training Data Collection Method for Early-Modern Japanese Printed Character Recognition

    高田雅美

    2015年07月, In Proceedings of 2015 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, I, 276-282

  • Visualization of Sensory Weight for Shouldering Randoseru

    高田雅美

    2015年07月, In Proceedings of 2015 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, I, 297-303

  • 活字データの分類を用いた進化計算による近代書籍からのルビ除去

    粟津妙華; 高田雅美; 城和貴

    2015年03月, 情報処理学会論文誌. 数理モデル化と応用, 8 (1), 72-79

  • Accelerating the Numerical Computation of Positive Roots of Polynomials using Improved Bounds

    高田雅美

    2014年07月, In Proceedings of 2014 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, II, 201-207

  • Validation of EEG Personal Authentication with Multi-channels and Multi-tasks

    高田雅美

    2014年07月, In Proceedings of 2014 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, II, 182-188

  • Biometrics Authentication using Another Feature of Heartbeat Waveform

    高田雅美

    2014年03月, 7th international joint conference on BIOmedical engineering Systems and TEChnologies, CD

  • A Multi-fonts Kanji Character Recognition Method for Early-modern Japanese Printed Books with Ruby Characters

    高田雅美

    2014年03月, 3rd International Conference on Pattern Recognition Applications and Methods, CD

  • Ontology Construction Support for Specialized Books

    Yuki Eguchi; Yuri Iwakata; Minami Kawasaki; Masami Takata; Kazuki Joe

    In this paper, we present a support system for ontology construction just based on a given specialized book with lowest possible cost. The system tries to combine minimum hand and mostly automatic constructions. It extracts required information for the ontology design from the specialized book with presenting yes-no selections to an expert of the specialized book. The ontology construction is performed automatically just using the answers of the expert. The constructed ontology is reliably and highly technical since it is constructed on the basis of the specialized book. In addition, since user operations are restricted only to yes-no selection, any expert can make use of our system without any special knowledge about ontology., 2014年, SEMANTIC TECHNOLOGY, 8388, 159 - 174, doi;web_of_science

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Biometrics Authentication Based on Chaotic Heartbeat waveform

    Ryoko Nomura; Yu Ishikawa; Tomohiro Umeda; Masami Takata; Hiroyasu Kamo; Kazuki Joe

    In this paper, we propose a personal authentication method using heartbeat waveforms to enhance the security in wireless communication. In the heartbeat waveforms of a human being, it is known that there are discriminative characteristic features and the mimicking is very difficult. Therefore, their application to personal authentication has been studied. Existing method performs personal authentication using a chaos indicator of ECG. In this paper, we propose an authentication method that extends the index in order to increase the accuracy of authentication. To validate that our personal authentication method is applicable, we perform some experiments to show that our method provides better authentication than existing one., 2014年, 2014 7TH BIOMEDICAL ENGINEERING INTERNATIONAL CONFERENCE (BMEICON), 1-5, web_of_science

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 特異値分解アルゴリズムの性能評価のための大きな条件数を持つ行列作成

    高田雅美; 木村欣司; 中村佳正

    2013年12月, 情報処理学会論文誌 数理モデル化と応用, 6 (3), 75-86

  • 特異値計算アルゴリズムdqds法およびm2dLVs法のための新しいシフト戦略

    高田雅美; 豊川博己; 石上裕之; 木村欣司; 山下巧; 岩崎雅史; 中村佳正

    2013年09月, 情報処理学会論文誌 コンピューティングシステム, 6 (3), 94-107

  • α波構成要素の切出しと解析

    石川由羽; 高田雅美; 城和貴

    2013年08月, 情報処理学会論文誌 数理モデル化と応用, 6 (2), 93-103

  • 遺伝的プログラミングを用いた近代書籍からのルビ除去

    粟津妙華; 高田雅美; 城和貴

    2013年08月, 情報処理学会論文誌 数理モデル化と応用, 6 (2), 53-62

  • 視覚障害者のための墨字学習支援システムの開発と評価

    松本多恵; 伊奈諭; 高田雅美; 城和貴

    2013年08月, 情報処理学会論文誌 数理モデル化と応用, 6 (2), 128-136

  • Accelerating the Reorthogonalization of Singular Vectors with a Multi-core Processor

    Hiroki Toyokawa; Hiroyuki Ishigami; Kinji Kimura; Masami Takata; Yoshimasa Nakamura

    The dLV twisted factorization is an algorithm to compute singular vectors for given singular values fast and in parallel. However the orthogonality of the computed singular vectors may be worse if a matrix has clustered singular values. In order to improve the orthogonality, reorthogonalization by, for example, the modified Gram-Schmidt algorithm should be done. The problem is that this process takes a longer time. In this paper an algorithm to accelerate the reorthogonalization of singular vectors with a multi-core processor is devised., 2013年, HIGH PERFORMANCE COMPUTING FOR COMPUTATIONAL SCIENCE - VECPAR 2012, 7851, 379 - 390, web_of_science

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Locality Analysis for Characterizing Applications Based on Sparse Matrices

    高田雅美

    2013年07月, In Proceedings of 2013 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, II, 299-315

  • Improved Computation of Bounds for Positive Roots of Polynomials

    高田雅美

    2013年07月, In Proceedings of 2013 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, II, 168-174

  • Xeon PhiのGather命令とHMCのGatherの差異

    冨森苑子; 田邊昇; 高田雅美; 城和貴

    2013年05月, 情報処理学会SACCISシンポジウム, 2013, 126-127

  • 疎行列キャッシュに基づくGraph500ベンチマークの特性解析

    田邊昇; 冨森苑子; 高田雅美; 城和貴

    2013年05月, 情報処理学会SACCISシンポジウム, 2013, 158-161

  • Future Irregular Computing with Memory Accelerators

    高田雅美

    2013年05月, The Fifth International Conference on future Computational Technologies and Applications, 74-80

  • 古典油彩画グレーズ技法シミュレーションの高速化

    篠澤和恵; 楜沢順; 高田雅美; 城和貴

    2013年03月, 情報処理学会論文誌 数理モデル化と応用, 6 (1), 119-127

  • An application of the Kato-Temple inequality on matrix eigenvalues to the dqds algorithm for singular values

    高田雅美

    2013年03月, JSIAM Letters, 5, 21-24

  • Character of graph analysis workloads and recommended solutions on future parallel systems

    Noboru Tanabe; Sonoko Tomimori; Masami Takata; Kazuki Joe

    Graph500 is a benchmark suite for big data analysis. Matrices used for Graph500 inherit the properties of graph analysis such as breadth first search for SNS and PageRank for web searching engine. Especially power saving is very important for its execution on future massively parallel processors and clouds. The spatial locality of sparse matrices used for Graph500 and its behaviors on cache memory are investigated. The experimental results show the spatial locality of sparse matrices used for Graph500 is very low. It is very difficult to solve the problem by just software approach because of the huge size and the randomness of their accesses. Therefore, we recommend hardwired scatter/gather functions at memory side. They improve the processing speed in an order of magnitude. For achieving both of low power and high throughput of random access, we recommend implementing hardwired scatter/gather functions on logic-base in Hybrid Memory Cube (HMC). We also describe brief considerations of the power saving in the case of low cache hit rate application such as graph500. For example, when the hit rate is 15%, the power saving ratio of memory access is about 30-fold. © Springer International Publishing Switzerland 2013., 2013年, Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics), 8285 (1), 402 - 415, doi

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Graph500競争を独走するための未開拓領域の予備評価

    田邊昇; 冨森苑子; 小郷絢子; 高田雅美; 城和貴

    2013年01月, 情報処理学会HPCシンポジウム, 2013, 85-85

  • 特異値計算アルゴリズムdqds法およびmdLVs法のための新しいシフト戦略

    高田雅美; 石上裕之; 木村欣司; 山下巧; 岩﨑雅史; 中村佳正

    2013年01月, 情報処理学会HPCシンポジウム, 2013, 1-10

  • Constitution and Phase Analysis of Alpha Waves

    Yu Ishikawa; Masami Takata; Kazuki Joe

    Alpha waves are electroencephalogram discovered by Hans Berger in 1929 and have been studied by many researchers. Recently the amplitude and the phase of alpha waves attract attention, and various studies are reported. So far the alpha waves are not concretely modeled to explain how they are constituted. In this paper, we analyze the phase of alpha waves for their future modeling. As pre-processing, we extract alpha wave data from EEGs and divide the data into alpha wave constituent waves. Analyzing the feature quantity of the alpha wave constituent waves, it turns out that the amplitude and the wavelength of alpha wave constituent waves are correlated with a constant time delay., 2012年, 5TH BIOMEDICAL ENGINEERING INTERNATIONAL CONFERENCE (BMEICON 2012), 1-5, web_of_science

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • A Multi-resolution Display Method for Digital Archives of Cultural Properties Using Polygon Reconsruction

    Megumi Okumoto; Yuri Iwakata; Asuka Komeda; Tomoko Yonezawa; Masami Takata; Kazuki Joe

    In this paper, we propose a multi-resolution display method for digital archives of cultural properties using polygon reconstruction. When digital archives of cultural properties are displayed in VR systems for research purpose, mesh resolution had to be changeable on the demand of user. Additionally, for user's comfortability, polygon reconstruction needs to be executed in real-time. History of preliminary polygon reductions is adopted for the proposed method so that polygon reconstruction is executed in real-time. To validate the VR system using the polygon reconstruction based multi-resolution display method, some experiments are performed. As the result of the experiments, the proposed method is performed within 1.0 second, which is considered as "real-time" by the definition of typical user-interface., 2012年, ASIASIM 2012, PT I, 323 (Part 1), 190 - +, web_of_science

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Pre-motion Based VR Object Manipulation Definitions and Preliminary Experiments

    Shiori Mizuno; Asuka Komeda; Naoko Yoshii; Tomoko Yonezawa; Masami Takata; Kazuki Joe

    In this paper, we propose a new method to manipulate objects by using user's pre-motion in a VR environment. Users are provided with an instinctually easy interface to VR with using their natural behaviors as their commands for manipulating VR objects. Hand pre-shaping is known as human's unconscious behavior to face a small object to be grasped. The definitions of pre-motions are determined by users' initial behaviors. Therefore, we present the definitions to classify characteristics of the kinds of objects and pre-motions. Using the above definitions, we develop a prototype system to validate the classifications. Consequently, manipulating VR objects by pre-motion is possible and promising., 2012年, ASIASIM 2012, PT I, 323 (Part 1), 499 - +, web_of_science

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Real-Time Polygon Reconstruction for Digital Archives of Cultural Properties

    高田雅美

    2012年09月, In Proceedings of JSST 2012 International Conference on Simulation Technology, 429-435

  • Manipulation of a VR object using user’s pre-motion

    高田雅美

    2012年09月, In Proceedings of JSST 2012 International Conference on Simulation Technology, 436-442

  • 長行を折畳む疎行列ベクトル積方式とGather機能付メモリによる高速化

    高田雅美; 田邊昇; 小郷絢子; 小川裕佳; 髙田雅美; 城和貴

    2012年08月, 情報処理学会論文誌 コンピューティングシステム, 5 (4), 112-124

  • Performance Evaluation of Some Inverse Iteration Algorithms on PowerXCellTM 8i Processor

    高田雅美

    2012年07月, In Proceedings of 2012 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, II, 711-717

  • Real Time Spatiotemporal Biological Stress Level Checking

    高田雅美

    2012年07月, In Proceedings of 2012 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, II, 744-750

  • AR Based Spatial Reasoning Capacity Training for Students

    高田雅美

    2012年07月, In Proceedings of 2012 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, II, 751-757

  • 大規模疎行列やメモリシステムの特性を考慮した高速な汎用疎行列ライブラリの実現に向けて

    冨森苑子; 田邊昇; 小郷絢子; 高田雅美; 城和貴

    2012年05月, 情報処理学会SACCISシンポジウム, 2012, 65-66

  • Gather機能を有するメモリアクセラレータの疎行列計算への応用

    高田雅美; 小郷絢子

    2012年01月, 情報処理学会HPCシンポジウム, 2012 (5), 32-41

  • GPGPU向けメモリアクセラレータ

    田邊昇; Boonyasitpichai Nuttapon; 中條拓伯; 小郷絢子; 高田雅美; 城和貴

    2011年07月, NVIDIA GTC Workshop Japan 2011

    研究論文(学術雑誌)

  • An Improved Shift Strategy for the Modified Discrete Lotka-Volterra with Shift Algorithm

    高田雅美

    2011年07月, In Proceedings of 2011 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, II, 720-726

  • Evaluation of the SVM based Multi-Fonts Kanji Character Recognition Method for Early-Modern Japanese Printed Books

    高田雅美

    2011年07月, In Proceedings of 2011 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, II, 727-732

  • Optimization of the Particle-based Volume Rendering for GPUs with Hiding Data Transfer Latency

    高田雅美

    2011年07月, In Proceedings of 2011 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, II, 733-738

  • A Real-time Analysis Environment for a Wireless BMI Device Enobio

    高田雅美

    2011年07月, In Proceedings of 2011 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, II, 739-744

  • On Auto-tuned Pre/postprocessing for the Singular Value Decomposition of Dense Square Matrices

    高田雅美; 豊川博己

    2011年05月, 情報処理学会論文誌 コンピューティングシステム, 4 (3), 9-21

  • A Memory Accelerator with Gather Functions for Bandwidth-bound Irregular Applications

    Noboru Tanabe; Boonyasitpichai Nuttapon; Hironori Nakajo; Yuka Ogawa; Junko Kogou; Masami Takata; Kazuki Joe

    Compute intensive processing can be easily accelerated using processors with many cores such as GPUs. However, memory bandwidth limitation becomes serious year by year for memory bandwidth intensive applications such as sparse matrix vector multiplications (SpMV). In order to accelerate memory bandwidth intensive applications, we have proposed a memory system with additional functions of scattering and gathering. For the preliminary evaluation of our proposed system, we assumed that the throughput of the memory system was sufficient. In this paper, we propose a memory system with scattering and gathering using many narrow memory channels. We evaluate the feasible throughput of the proposed memory system based on DDR3 DRAM with the modified DRAMsim2 simulator. In addition, we evaluate the performance of SpMV using our method for the proposed memory system and a GPU. We have confirmed the proposed memory system has good performance and good stability for matrix shape variation using fewer pins for external memory., 2011年, PROCEEDINGS OF THE FIRST WORKSHOP ON IRREGULAR APPLICATIONS: ARCHITECTURES AND ALGORITHM (IAAA'11), 35 - 42, web_of_science

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Analysis of motion features for molecular dynamics simulation of proteins

    Mayumi Kamada; Mikito Toda; Masakazu Sekijima; Masami Takata; Kazuki Joe

    Recently, a new method for time series analysis using the wavelet transformation has been proposed by Sakurai et al. We apply it to molecular dynamics simulation of Thermomyces lanuginosa lipase (TLL). Introducing indexes to characterize collective motion of the protein, we have obtained the following two results. First, time evolution of the collective motion involves not only the dynamics within a single potential well but also takes place wandering around multiple conformations. Second, correlation of the collective motion between secondary structures shows that collective motion exists involving multiple secondary structures. We discuss future prospects of our study involving 'disordered proteins'. (C) 2010 Elsevier B.V. All rights reserved., 2011年01月, CHEMICAL PHYSICS LETTERS, 502 (4-6), 241 - 247, doi;web_of_science

    研究論文(学術雑誌)

  • Scaleable Sparse Matrix-Vector Multiplication with Functional Memory and GPUs

    Noboru Tanabe; Yuuka Ogawa; Masami Takata; Kazuki Joe

    Sparse matrix-vector multiplication on GPUs faces to a serious problem when the vector length is too large to be stored in GPU's device memory. To solve this problem, we propose a novel software-hardware hybrid method for a heterogeneous system with GPUs and functional memory modules connected by PCI express. The functional memory contains huge capacity of memory and provides scatter/gather operations. We perform some preliminary evaluation for the proposed method with using a sparse matrix benchmark collection. We observe that the proposed method for a GPU with converting indirect references to direct references without exhausting GPU's cache memory achieves 4.1 times speedup compared with conventional methods. The proposed method intrinsically has high scalability of the number of GPUs because intercommunication among GPUs is completely eliminated. Therefore we estimate the performance of our proposed method would be expressed as the single GPU execution performance, which may be suppressed by the burst-transfer bandwidth of PCI express, multiplied with the number of GPUs., 2011年, PROCEEDINGS OF THE 19TH INTERNATIONAL EUROMICRO CONFERENCE ON PARALLEL, DISTRIBUTED, AND NETWORK-BASED PROCESSING, 101 - 108, doi;web_of_science

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Multi-Regression Analysis of Music Impressions for Music Evaluation

    高田雅美

    2010年07月, In Proceedings of 2010 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, II, 693-702

  • A Music Composition Model with Genetic Programming

    高田雅美

    2010年07月, In Proceedings of 2010 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, II, 686-692

  • Optimization of GROMACS for CUDA Environments

    高田雅美

    2010年07月, In Proceedings of 2010 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, II, 679-685

  • Update Dependence Analysis of Web Pages for Incremental Crawling

    高田雅美

    2010年07月, In Proceedings of 2010 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, II, 672-678

  • Feature Detection of Volume Data based on Topology and its Application to Database Construction

    高田雅美

    2010年07月, In Proceedings of 2010 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, II, 665-671

  • Speed-up in mdLVs by Limitation in Computational Number of Shift

    高田雅美

    2010年07月, In Proceedings of 2010 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, II, 619-625

  • 密正方行列特異値分解における並列I-SVD法の特性を用いた後処理の高速化

    高田雅美; 豊川博己

    2010年06月, 情報処理学会論文誌 コンピューティングシステム, 3 (2), 30-38

  • GPUと機能メモリを用いたヘテロシステムによるスケーラブルな疎行列ベクトル積高速化の提案

    高田雅美; 小川裕佳

    2010年05月, 情報処理学会SACCISシンポジウム, 2010 (5), 109-110

  • 電車ノイズを含む地電位差データからの矩形状地震前駆的シグナル自動抽出

    高田雅美; 石川千里

    2010年03月, 情報処理学会論文誌 数理モデルと応用, 3 (2), 22-31

  • 密正方行列特異値分解における並列I-SVD法の特性を用いた後処理の高速化

    高田雅美; 豊川博己

    2010年01月, 情報処理学会HPCシンポジウム, 2010, 43-50

  • Clustering the Temporal Sequences Feature of 3D Protain Structure

    高田雅美

    2009年07月, In Proceedings of 2009 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, II, 749-755

  • Optimization of a GP Application for the Cell Processor

    高田雅美

    2009年07月, In Proceedings of 2009 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, II, 742-748

  • Modeling the Developing Process of Depth Perception for Elementary Students

    高田雅美

    2009年07月, In Proceedings of 2009 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, II, 735-741

  • Recognition of Multi-Fonts Character in Early-Modern Printed Books

    高田雅美

    2009年07月, In Proceedings of 2009 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, II, 728-734

  • Deterioration Lawns Model Constructed from Image Data

    高田雅美

    2009年07月, In Proceedings of 2009 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, II, 721-727

  • On Parallelization of the I-SVD Algorithm and its Evaluation for Clustered Singular Values

    高田雅美

    2009年07月, In Proceedings of 2009 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, II, 711-717

  • Speed-up in mdLVs by Limitation in Computational Number of Shift

    高田雅美

    2009年07月, In Proceedings of 2009 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, II, 704-710

  • The Architecture of Visualization System using Memory with Memory-side Gathering and CPUs with DMA-type Memory Accessing

    高田雅美

    2009年07月, In Proceedings of 2009 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, II, 427-433

  • iアプリによる数値計算実アプリケーションの実装例

    高田雅美; 程暁紅

    2009年03月, 情報処理学会論文誌 数理モデルと応用, 2 (2), 38-46

  • On parallelism of the I-SVD algorithm with a multi-core processor

    高田雅美

    2009年01月, JSIAM Letters, 1, 48-51

  • 固有値分解を目的としたツイスト分解法による分割統治法の改善

    高田雅美; 坪井洋明

    2008年12月, 日本応用数理学会論文誌, 18 (4), 611-630

  • 特異値分解法I-SVDにおける左特異ベクトル計算部の改善

    高田雅美; 片山幹基

    2008年09月, 日本応用数理学会論文誌, 18 (3), 389-407

  • Real-time 3D Movie Generation by Anaglyph for Live Streaming

    高田雅美

    2008年07月, In Proceedings of International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA'08), II, 758-763

  • Construction of an Ethanol-Tolerant Yeast Model using the E-cell System

    高田雅美

    2008年07月, In Proceedings of International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA'08), II, 776-782

  • An interactive 3D visualization model by live streaming for remote scientific visualization

    Eriko Touma; Satomi Hara; Mari Kurumi; Yuri Shirakawa; Chisato Ishikawa; Masami Takata; Takeshi Horinouchi; Kazuki Joe

    Recent improvement of high-end GPUs has made it possible to perform real-time 3D visualization such as volume rendering and 3D contour plot for scientific data locally. A web browser based remote 3D visualization by visualization servers is attractive, but data transfer overhead prevents from performing interactive operations. We propose an interactive remote 3D visualization model by live streaming for geophysical fluids research. In this model, we use live streaming flash media for the web browser based operations keeping minimum quality of data analysis and minimum bit rate for live streaming of flash media. Preliminary experiments with a prototype system validate the effectiveness of our proposing model., 2008年, GRAPP 2008: PROCEEDINGS OF THE THIRD INTERNATIONAL CONFERENCE ON COMPUTER GRAPHICS THEORY AND APPLICATIONS, II, 409 - 414, web_of_science

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 悪条件2重対角行列のための特異値分解I-SVD法の改良

    高田雅美; 片山幹基

    2008年01月, 情報処理学会HPCシンポジウム, 2008 (2), 9-16

  • 情報爆発時代に向けた大気科学分野のための3次元可視化モデルの提案

    高田雅美; 当麻英梨子

    2007年12月, 情報処理学会論文誌 数理モデル化と応用, 48 (SIG19(TOM19)), 86-98

  • アブストラクトを用いた原子分子物理学分野の論文分類支援システムの設計と実装

    高田雅美; 柏木裕恵

    2007年10月, 情報処理学会論文誌 数理モデル化と応用, 48 (SIG15(TOM18)), 189-198

  • Accelerating the singular value decomposition of rectangular matrices with the CSX600 and the integrable SVD

    Yusaku Yamamoto; Takeshi Fukaya; Takashi Uneyama; Masami Takata; Kinji Kimura; Masashi Iwasaki; Yoshimasa Nakamura

    We propose an approach to speed up the singular value decomposition (SVD) of very large rectangular matrices using the CSX600 floating point coprocessor. The CSX600-based acceleration board we use offers 50GFLOPS of sustained performance, which is many times greater than that provided by standard microprocessors. However, this performance can be achieved only when a vendor-supplied matrix-matrix multiplication routine is used and the matrix size is sufficiently large. In this paper, we optimize two of the major components of rectangular SVD, namely, QR decomposition of the input matrix and back-transformation of the left singular vectors by matrix Q, so that large-size matrix multiplications can be used efficiently. In addition, we use the Integrable SVD algorithm to compute the SVD of an intermediate bidiagonal matrix. This helps to further speed up the computation and reduce the memory requirements. As a result, we achieved up to 3.5 times speedup over the Intel Math Kernel Library running on an 3.2GHz Xeon processor when computing the SVD of a 100,000 x 4000 matrix., 2007年, PARALLEL COMPUTING TECHNOLOGIES, PROCEEDINGS, 4671, 340 - +, web_of_science

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Algorithms for Generating Bidiagonal Test Matrices

    高田雅美

    2007年06月, In Proceedings of International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA'07), II, 732-738

  • Development of Molecular Dynamics Simulation based Flexible Docking System

    高田雅美

    2007年06月, In Proceedings of International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA'07), II, 739-745

  • Construction of Paper Classification System Using SVM

    高田雅美

    2007年06月, In Proceedings of International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA'07), II, 759-765

  • 3D Visualization System Gateau for Atmospheric Science: Design Concept and Practical Evaluation

    高田雅美

    2007年06月, In Proceedings of International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA'07), II, 766-772

  • Optimization of Molecular Dynamics Simulation on Cell Processor

    高田雅美

    2007年06月, In Proceedings of International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA'07), II, 780-786

  • Development of an SVM based Prediction System for Metalbinding Sites in Protein

    高田雅美

    2007年06月, In Proceedings of International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA'07), II, 972-978

  • Auto Classification of Feces for Health Condition Analysis

    高田雅美

    2007年06月, In Proceedings of International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA'07), II, 979-985

  • ダブル分割統治法による対称3重対角行列の固有値分解

    高田雅美; 坪井洋明

    2007年05月, 情報処理学会SACSISシンポジウム, 2007 (5), 121-128

  • DEVELOPMENT OF ORTHOGONALITY OF SINGULAR VECTORS COMPUTED BY I-SVD ALGORITHM

    高田雅美

    2007年02月, Proceedings of the IADIS International Conference, Aopplied Computing 2007 (AC2007), 437-442

  • Parallelism of double Divide and Conquer algorithm for singular value decomposition

    Taro Konda; Hiroaki Tsuboi; Masami Takata; Masashi IIwasaki; Yoshimasa Nakamura

    This paper presents some numerical evaluations of parallel double Divide and Conquer for singular value decomposition. For eigenvalue decomposition and singular value decomposition, double Divide and Conquer was recently proposed. It rst computes eigen/singular values by a compact version of Divide and Conquer. The corresponding eigen/singular vectors are then computed by twisted factorization. The speed and accuracy of double Divide and Conquer are as good or even better than standard algorithms such as QR and the original Divide and Conquer. In addition, it is expected that double Divide and Conquer has great parallelism because each step is theoretically parallel and heavy communication is not required. This paper numerically evaluates a parallel implementation of dDC with MPI on some large scale problems using a distributed memory architecture and a massively parallel super computer, especially in terms of parallelism. It shows high scalability and super linear speed-up is observed in some cases., 2007年, PROCEEDINGS OF THE IASTED INTERNATIONAL CONFERENCE ON PARALLEL AND DISTRIBUTED COMPUTING AND NETWORKS, 393 - +, web_of_science

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Similarity searching techniques in content-based audio retrieval via hashing

    Yi Yu; Masami Takata; Kazuki Joe

    With this work we study suitable indexing techniques to support efficient, content-based music retrieval in large acoustic databases. To obtain the index-based retrieval mechanism applicable to audio content, we pay the most attention to the design of Locality Sensitive Hashing (LSH) and the partial sequence comparison, and propose a fast and efficient audio retrieval framework of query-by-content. On the basis of this indexable framework, four different retrieval schemes, LSH-Dynamic Programming (DP), LSH-Sparse DP (SDP), Exact Euclidian LSH ((ELSH)-L-2)-DP, (ELSH)-L-2-SDP, are presented and estimated in order to achieve an extensive understanding of retrieval algorithms performance. The experiment results indicate that compared to other three schemes, (ELSH)-L-2-SDP exhibits best tradeoff in terms of the response time, retrieval ratio, and computation cost., 2007年, ADVANCES IN MULTIMEDIA MODELING, PT 1, 4351 (Part I), 397 - 407, web_of_science

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Index-based Similarity Searching with Partial Sequence Comparison for Query-by-Content Audio Retrieval

    高田雅美

    2006年12月, Proceedings of the First International Workshop on Learning the Semantics of Audio Signals (LSAS 2006), 76-86

  • Automatic Viewpoint Selection for a Visualization I/F in a PSE

    高田雅美

    2006年12月, 2nd IEEE International Conference on e-Science and Grid Computing, CD

  • Naive mean field approximation for sourlas error correcting code

    Masami Takata; Hayaru Shouno; Masato Okada

    Solving the error correcting code is an important goal with regard to communication theory. To reveal the error correcting code characteristics, several researchers have applied a statistical-mechanical approach to this problem. In our research, we have treated the error correcting code as a Bayes inference framework. Carrying out the inference in practice, we have applied the NMF (naive mean field) approximation to the MPM (maximizer of the posterior marginals) inference, which is a kind of Bayes inference. In the field of artificial neural networks, this approximation is used to reduce computational cost through the substitution of stochastic binary units with the deterministic continuous value units. However, few reports have quantitatively described the performance of this approximation. Therefore, we have analyzed the approximation performance from a theoretical viewpoint, and have compared our results with the computer simulation., 2006年08月, IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS, E89D (8), 2439 - 2447, doi;web_of_science

    研究論文(学術雑誌)

  • Verification of dLVv Transformation for Singular Vector Computation with High Accuracy

    高田雅美

    2006年06月, In Proceedings of International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA'06), II, 881-887

  • Preliminary Result of Parallel Double Divide and Conquer

    高田雅美

    2006年06月, In Proceedings of International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA'06), II, 888-894

  • Evaluation of a New Eigen Decomposition Algorithm for Symmetric Tridiagonal Matrices

    高田雅美

    2006年06月, In Proceedings of International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA'06), II, 832-838

  • 高速特異値分解のためのライブラリ開発

    高田雅美; 髙田雅美

    2006年05月, 情報処理学会論文誌 コンピューティングシステム, 47 (SIG7(ACS14)), 91-104

  • 分割統治法とツイスト分解による新しい特異値分解アルゴリズム

    高田雅美; 誉田太朗

    2006年05月, 情報処理学会論文誌 コンピューティングシステム, 47 (SIG7(ACS14)), 81-90

  • 2重対角行列の特異値分解におけるツイスト分解を用いた特異ベクトル計算法の改良

    高田雅美

    2006年05月, 情報処理学会HPCシンポジウム, 2007 (1), 103-110

  • Performance of a new scheme for bidiagonal singular value decomposition of large scale

    M Takata; K Kimura; M Iwasaki; Y Nakamura

    To perform singular value decomposition (SVD) of matrices with high accuracy and high-speed, we developed a library by using an integrable system called the discrete Lotka-Volterra (dLV) system. The most well-known routine for the SVD is DBDSQR provided in LAPACK, which is based on the QRs (QR with shift) algorithm. However, DBDSQR is slow and does not perform well for the case where only a few singular vectors are desirable. Recently a new SVD scheme named Integrable-SVD (I-SVD) was developed. The execution time for the I-SVD scheme based on the dLV system and transformation is less. In this paper, we implement and evaluate the I-SVD scheme. To examine its accuracy, we propose a method for making random upper bidiagonal matrices with desired singular values. The corresponding singular vectors are also accurately obtained. From the experimental results, we conclude that the singular vectors computed by the I-SVD scheme have adequate orthogonality, and the scheme also has high speed and accuracy for both the computed singular values and vectors., 2006年, PROCEEDINGS OF THE IASTED INTERNATIONAL CONFERENCE ON PARALLEL AND DISTRIBUTED COMPUTING AND NETWORKS, 304 - +, web_of_science

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • A new singular value decomposition algorithm suited to parallelization and preliminary results

    Taro Konda; Masami Takata; Masashi Iwasaki; Yoshimasa Nakamura

    This paper proposes a new singular value decomposition algorithm which can be fully parallelized. I-SVD algorithm was recently proposed using the theory of integrable systems. It computes singular value decompositions much faster than standard algorithms such as QR and Divide and Conquer(D&C), and at the same accuracy level. However, we show that the parallelism of I-SVD is limited to singular vector computation only because it shows seriality in the case of singular value computation. Our concern is a fully parallelizable algorithm whose serial version is as fast and accurate as I-SVD. Compared to the original D&C, where most of the running time is consumed for vector updating during singular vector computation, our new algorithm first computes singular values by the "compact" D&C without computing singular vectors. Thus, the compact D&C is wholly faster than the original one. The corresponding singular vectors are then computed by twisted factorization. The algorithm has great parallelism because each step can be executed parallelly. Our new algorithm is numerically tested on some SVD computations. It is as fast as I-SVD and even much faster than the standard algorithms. Also, its accuracy is as good as that of the others. 505-033 in display pdf, 2006年, PROCEEDINGS OF THE IASTED INTERNATIONAL CONFERENCE ON ADVANCES IN COMPUTER SCIENCE AND TECHNOLOGY, 79 - +, web_of_science

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 分割統治法とツイスト分解による新しい特異値分解アルゴリズム

    高田雅美; 誉田太朗

    2006年01月, 情報処理学会HPCシンポジウム, 2006 (1), 105-112

  • 2重対角行列のための高速特異値分解の開発

    高田雅美

    2006年01月, 情報処理学会HPCシンポジウム, 2006 (1), 27

  • 高精度特異値計算ルーチンの開発とその性能評価

    高田雅美; 髙田雅美

    高精度かつ高速に行列を特異値分解するために,我々は,dLV (離散ロトカ・ボルテラ: discrete Lotka--Volterra) 系による新たな特異値分解ライブラリを開発している.この一環として,本論文では,特異値のみを計算する mdLVs (原点シフト付き modified dLV) 法の実装ならびに性能評価を行う.既存ルーチンとしては,線形数値計算ライブラリ LAPACK における DBDSQR と DLASQ がある.DBDSQR は,QRs 法に基づいた特異値分解ルーチンであるが,大規模特異値計算において計算速度,精度がともに十分でない.一方,DLASQ は,dqds 法に基づいた高速高精度な特異値計算ルーチンであるが,収束性が証明されていない.そのため,現在利用されている計算方法は,QRs 法である.これらに比べ,mdLVs 法では,収束性が証明されており,DLASQ より速度では劣るものの,理論的には,同等以上の高精度性を持つ.本論文では,mdLVs 法を適用するために 4 種類の実装手法を提案する.これらの手法の有効性を調べるために, 2005年08月, 情報処理学会論文誌 コンピューティングシステム, 46 (SIG12(ACS11)), 299-311

  • An evaluation of singular value computation by the discrete Lotka-Volterra system

    M Takata; K Kimura; M Iwasaki; Y Nakamura

    The mdLVs (modified discrete Lotka-Volterra with shift) scheme for computing singular values is evaluated. Convergence and stability of the mdLVs scheme are guaranteed. It is shown that numerical accuracy of the scheme is equal to or higher than that of the existing routines of LAPACK., 2005年, PDPTA '05: Proceedings of the 2005 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, Vols 1-3, II, 410 - 416, web_of_science

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • いくつかの CPU の推奨コンパイラにおける特異値計算ルーチンの実行時間の測定

    高田雅美

    2005年05月, 情報処理学会SACSISシンポジウム, 2005 (5), 212-213

  • ロトカ・ボルテラ系による特異値計算アルゴリズムの実装と性能評価

    高田 雅美; 岩崎 雅史; 木村 欣司; 中村 佳正

    2005年01月, 情報処理学会ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム, HPCS2005, 25 - 32, url

  • i アプリを用いた数値計算の可能性

    高田雅美; 髙田雅美

    携帯電話会社 NTT Docomo の提供する i アプリは,携帯端末において,様々な Java アプリケーションを実行することが可能である.\ni アプリ対応の携帯端末は,計算機としては貧弱ではあるが,ネットワーク機能・計算リソースを有しており,2003 年 11 月の時点では,その市場稼動台数は,$2,000$ 万台を突破している.本研究では,アイドル状態にある携帯端末において,i アプリを用いた数値計算を行うための分散処理システムによって,計算リソースを有効活用する方法を提案する.個々の携帯端末は,貧弱な計算リソースしか持たないため,処理すべき計算問題は,分散化される必要がある.そこで,我々は,この分散処理のための一つのアプローチとして分散遺伝的アルゴリズムを i アプリによって実装し,計算問題解決のためのプロトタイプを作成した., 2005年01月, 情報処理学会論文誌:数理モデル化と応用, 46 (SIG2(TOM11)), 44-55

  • ロトカ・ボルテラ系による特異値計算の実装と評価

    高田雅美

    2005年01月, 情報処理学会HPCシンポジウム, 2005, 25-32

  • A multi-objective genetic algorithm for program partitioning and data distribution using TVRG

    M Takata; T Yamaguchi; C Watanabe; Y Nakamura; K Joe

    We propose an algorithm that performs data distribution and parallelization simultaneously. The objectives of the simultaneous algorithm are to reduce the length of critical path and the total memory size. Regardless to say, memory usage for each processor must be balanced. To obtain an optimal solution, we first adopted a branch and bound method. Since the branch and bound method often fails in the case of a large task graph, we adopt a multi-objective genetic algorithm, that provides a near optimal solution. For effective simultaneous partitionings, we employ some edge sorting and ordering methods. The effectiveness of our simultaneous partitioning algorithms is shown by experimental results., 2004年, PDPTA '04: PROCEEDINGS OF THE INTERNATIONAL CONFERENCE ON PARALLEL AND DISTRIBUTED PROCESSING TECHNIQUES AND APPLICATIONS, VOLS 1-3, I, 345 - 351, web_of_science

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • NCC@i-APPLI : i アプリによる数値計算コンポーネントの構想

    高田雅美; 石内寿子

    2003年10月, 情報処理学会MPSシンポジウム, 2003 (14), 45-52

  • 擬似スペクトル法を用いた乱流場の直接数値シミュレーションの並列化と性能評価

    高田雅美; 髙田雅美

    自由界面における乱流を計算機で解析する場合,直接数値シミュレーションと呼ばれる手法により数値解を求める場合がある.この数値解の精度をあげるためには,しばしば擬似スペクトル法が用いられる.本研究では,擬似スペクトル法を用いた乱流解析プログラムを分散メモリ環境対象の並列プログラムに変換し,その性能評価を行った.擬似スペクトル法は,流体の時間発展方程式を解く際,フーリエ変換を用いて波数空間で計算を行う.この際,通常の並列化で使われる strip mining による実空間の均等分割によって配列データの分割を行った場合,通信時間と通信オーバーヘッドが膨大になる可能性がある.本論文では,この擬似スペクトル法を用いた乱流解析プログラムを並列化するために,通信時間と通信オーバーヘッドを考慮し,複数の配列を処理する際に,一つの配列がなるべく少数のプロセッサに割り当てられるように分割し,なおかつ,複数の配列の演算が同時処理で, 2003年05月, 情報処理学会論文誌 コンピューティングシステム, 44 (SIG6(ACS1)), 45-54

  • GA を用いたレイリー波分散曲線に基づく水平成層構造の推定

    高田雅美

    2003年01月, 情報処理学会MPSシンポジウム, 2003 (2), 229-231

  • i アプリを用いた分散 GA の実装

    高田雅美; 柴山智子

    2003年01月, 情報処理学会MPSシンポジウム, 2003 (2), 251-258

  • 擬似スペクトル法を用いた乱流場の直接数値シミュレーションの並列化と性能評価

    高田雅美

    2003年01月, 情報処理学会HPCシンポジウム, 2003 (4), 101-108

  • A Quantum Algorithm for Searching Web Communities

    高田雅美; 大音 真由美

    2002年06月, In Proceedings of International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, I, 260-266

  • Accelerated Program Partitioning Algorithm - An Improvement of Girkar's Algorithm -

    高田雅美; 髙田雅美

    In this paper, we propose several heuristics that improve the branch and bound based program partitioning algorithm proposed by Girkar et. al., and indicate the effectiveness by experiments. The heuristic depends on the element order of edges of given task graphs deeply. Therefor, it is needed to sort edges pertinently for the effective use of the heuristic. The ways of sorting are investigated with experiments. As the results of the experiments, it turned out that approximate solutions, which provide enough practical partitionings, by accelerated heuristic is obtained, and execution times and errors to optimal solutions decrease considerably by sorting edges., 2002年06月, In Proceedings of International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, II, 699-705

  • Effective Parallelization of a Turbulent Flow Simulation

    高田雅美; 髙田雅美

    In this paper, we present parallelization methods for a direct numerical simulation using the Message Passing Interface. The programs has been parallelized for four and eight processors configurations, and we show that the execution time of the parallelized programs for two configurations of workstation clusters, four and eight nodes, are reduced to about 1/4 and 1/8 of the running time of the original sequential program, respectively., 2001年09月, The Proceedings of the 5th International Conference and Exhibition on High-Performance Computing in the Asia-Pacific Region, CD-ROM Proceeding

  • A heuristic approach to improve a branch and bound based program partitioning algorithm

    M Takata; Y Kunieda; K Joe

    In this paper we propose several heuristics that improve the branch and bound based program partitioning algorithm proposed by Girkar et. al., and evaluate the effectiveness by experiments. The heuristic depends heavily on the element order of edges of a given task graph. Therefore, it is necessary to sort the edges carefully to make effective use of the heuristic. Different sorting methods are investigated and experimentally evaluated. Approximate solutions that provide a sufficient practical partitioning were obtained using the accelerated heuristic, and execution times and error compared to the optimal solutions decreased considerably by sorting the edges of the task graph., 2000年, INNOVATIVE ARCHITECTURE FOR FUTURE GENERATION HIGH-PERFORMANCE PROCESSORS AND SYSTEMS, 105 - 114, web_of_science

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • An Improvement of Program Partitioning Based Genetic Algorithm

    高田雅美; 髙田雅美

    We propose a sorting rule that improves the genetic algorithm based program partitioning algorithm, and evaluate the effectiveness by experiments. The sorting rule is sensitized the order of nodes of a given task graph. Therefore, it is necessary to change the node number to make effective use of the sorting rule. Several variations of the method are investigated and experimentally evaluated. Approximate solutions that provide a sufficient practical partitioning are obtained using the accelerated sorting method, and execution times and error decreased considerably by changing node numbers of the task graph., 2000年06月, In Proceedings of International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, I, 215-221

  • A heuristic approach to improve a branch and bound based - Program partitioning algorithm

    Masami Takata; Yoshitoshi Kunieda; Kazuki Joe

    In this paper, we propose several heuristics that improve the branch and hound based program partitioning algorithm proposed by Girkar et. al, and evaluate the effectiveness by experiments. The heuristic depends heavily on the element order of edges of a given task graph. Therefore, it is necessary to sort the edges carefully to make effective use of the heuristic. Different sorting methods are investigated and experimentally evaluated. Approximate solutions that provide a sufficient practical partitioning were obtained using the accelerated heuristic, and execution times and error compared to the optimal solutions decreased considerably by sorting the edges of the task graph., 1999年, Proceedings of the Innovative Architecture for Future Generation High-Performance Processors and Systems, 1999-, 105 - 113, doi

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Generating an Estimated Font Set for Early-Modern Japanese Printed Character Recognition

    Yuki Takemoto; Yu Ishikawa; Masami Takata; Kazuki Joe

    2022年, Springer Nature - Advances in Parallel & Distributed Processing, and Applications

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Implementation of Singular Value Decomposition for Complex Matrices Using the Two-sided Jacobi Method

    Takahiro Miyamae; Masami Takata; Kinji Kimura; Yoshimasa Nakamura

    2022年, Springer Nature - Advances in Parallel & Distributed Processing, and Applications

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Proposal of an Essential Oil Blending Method using Q-learning

    Kyoka Nakano; Masami Takata

    2022年, Springer Nature - Advances in Parallel & Distributed Processing, and Applications

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • On an Implementation of the One-Sided Jacobi Method With High Accuracy

    Masami Takata; Sho Araki; Takahiro Miyamae; Kinji Kimura; Yoshimasa Nakamura

    2021年08月, IPSJ Transactions on Mathematical Modeling and Its Applications, 14 (3), 68 - 75

    研究論文(学術雑誌)

  • 近代書籍フォントの推定生成

    竹本有紀; 石川由羽; 高田雅美; 城和貴

    2021年07月, 情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS), 2021-MPS-134 (13), 1 - 4

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 両側ヤコビ法を用いた複素数行列に対する特異値分解の実装法

    宮前隆広; 高田雅美; 木村欣司; 中村佳正

    2021年07月, 情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS), 2021-MPS-134 (8), 1 - 4

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Q-learningを用いた精油ブレンド法の提案

    中野杏香; 高田雅美

    2021年07月, 情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS), 2021-MPS-134 (7), 1 - 3

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

MISC

  • 地震予知を目的としたDEMETER衛星データの雷ノイズ除去

    石通彩加; 竹本有紀; 石川由羽; 髙田雅美; 城和貴

    2020年02月, 情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS), 2020-MPS-127 (19), 1 - 6

  • 近代書籍における低出現頻度文字種の獲得

    藤田未希; 竹本有紀; 石川由羽; 髙田雅美; 城和貴

    2019年12月, 情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS), 2019-MPS-126 (6), 1 - 6

  • 近代文語体と現代口語体の自動翻訳への試み

    林英里香; 竹本有紀; 石川由羽; 髙田雅美; 城 和貴

    2018年12月, 情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS), 2018-MPS-121 (18), 1-6

  • 帝国議会会議録におけるレイアウト解析手法の比較

    飯田紗也香; 竹本有紀; 石川由羽; 髙田雅美; 城和貴

    2018年09月, 情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS), 2018-MPS-120 (13), 1-6

  • シフト付きCholesky QR分解を用いた特異値分解の高速化

    髙田 雅美; 荒木 翔; 大澤 真之; 青木 雅奈; 木村 欣司; 中村 佳正

    2017年12月, 情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS), 2017-MPS-116 (1), 1-6

  • 透過型HMD上での日本語文字切り出しの一手法

    薗田小百合; 石川由羽; 高田雅美; 城和貴

    2017年02月, 情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS), 2017-MPS-112 (7), 1-6

  • 計測位置のずれを考慮した脳波個人認証の検証

    西畑かおり; 石川由羽; 高田雅美; 城和貴

    2017年02月, 情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS), 2017-MPS-112 (8), 1-6

  • 近代書籍用フォントの自動生成

    竹本有紀; 上坂和美; 石川由羽; 高田雅美; 城和貴

    2017年02月, 情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS), 2017-MPS-112 (15), 1-6

  • DCGANを用いたイラスト画像生成の一手法

    山下澄奈; 石川由羽; 高田雅美; 城和貴

    2017年02月, 情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS), 2017-MPS-112 (16), 1-6

  • 調剤薬局用薬剤売買のためのレコメンドシステム

    野地恵里奈; 鍛治川晶葉; 石川由羽; 高田雅美; 城和貴

    2016年12月, 情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS), 2016-MPS-111 (7), 1-5

  • Myoを用いた腕の表面筋電位解析

    岩本万由子; 大井川仁美; 石川由羽; 高田雅美; 城和貴

    2016年09月, 情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS), 2016-MPS-110 (9), 1-6

  • 遺伝的アルゴリズムを用いたQWOPの運動学習の一手法

    小山ちひろ; 石川由羽; 高田雅美; 城和貴

    2016年09月, 情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS), 2016-MPS-110 (10), 1-6

  • Deep Learningを用いたSNSからの知識抽出の一手法

    鈴木由喜; 石川由羽; 髙田雅美; 城和貴

    2016年03月, 情報処理学会研究報告, 2016-MPS-107 (1), 1-6

  • 脳波計測位置のずれが脳波個人認証に与える影響

    吉田智奈美; 石川由羽; 髙田雅美; 城和貴

    2015年09月, 情報処理学会研究報告, 2015-MPS-105 (9), 1-6

  • 近代書籍用OCRのための学習用特定フォントセットの自動生成手法

    岩田彩; 上坂和美; 粟津妙華; 石川由羽; 髙田雅美; 城和貴

    2015年09月, 情報処理学会研究報告, 2015-MPS-105 (10), 1-6

  • 上肢神経系セルフチェックのためのHapLogを用いた評価システムの試作

    大井川仁美; 石川由羽; 梅田智広; 髙田雅美; 城和貴

    2015年09月, 情報処理学会研究報告, 2015-MPS-105 (14), 1-6

  • 呼吸変動解析によるストレス指標の提案

    太田楓; 石川由羽; 髙田雅美; 城和貴

    2015年06月, 情報処理学会研究報告, 2015-MPS-103 (22), 1-6

  • COG分類を考慮した遺伝子発現プロファイルデータのクラスタリング手法

    大古田みのり; 石川由羽; 髙田雅美; 佐伯和彦; 城和貴

    2015年06月, 情報処理学会研究報告, 2015-MPS-103 (23), 1-6

  • 心拍波形の振幅と面積を用いた個人認証の提案

    野村涼子; 石川由羽; 髙田雅美; 城和貴

    2015年06月, 電子情報通信学会技術研究報告 信学技報, 115 (117), 11-16

  • Leap Motion Controllerを用いた指文字認識

    舩阪真生子; 石川由羽; 髙田雅美; 城和貴

    2015年02月, 情報処理学会研究報告, 2015-MPS-102 (8), 1-6

  • ニューラルネットワークを用いた心拍データの学習と利用

    赤尾維; 野村涼子; 石川由羽; 髙田雅美; 城和貴

    2015年02月, 情報処理学会研究報告, 2015-MPS-102 (17), 1-6

  • ボリュームデータにおける3次元物体の部分認識

    長尾英里; 石川由羽; 高田雅美; 城和貴

    2014年12月, 情報処理学会研究報告, 2014-MPS-101 (9), 1-6

  • 機械学習を用いた問題解答のための推論システムの開発

    岩片悠里; 川嵜美波; 江口由記; 石川由羽; 高田雅美; 城和貴

    2014年12月, 情報処理学会研究報告, 2014-MPS-101 (10), 1-6

  • 表構造を用いた漢方薬オントロジー自動構築手法の提案

    増永佑子; 川嵜美波; 江口由記; 石川由羽; 髙田雅美; 城和貴

    2014年11月, 第34回セマンティックウェブとオントロジー研究会, SIG-SWO-A1402-06

  • プリシェイピングを用いたVRユーザのモーション認識

    米田明日香; 石川由羽; 高田雅美; 城和貴

    2014年09月, 第19回日本バーチャルリアリティ学会大会, CD, 419-422

  • VR用体感アミューズメントアプリの開発

    菊田愛子; 石川由羽; 高田雅美; 城和貴

    2014年09月, 第19回日本バーチャルリアリティ学会大会, CD, 576-579

  • 活字データの分類を用いた進化計算による近代書籍からのルビ除去

    粟津妙華; 高田雅美; 城和貴

    2014年06月, 情報処理学会研究報告, 2014-MPS-98 (20), 1-6

  • スマートヘルスケアのための身体活動レコメンドシステム

    洞渕彩未; 高田雅美; 梅田智広; 城和貴

    2014年03月, 人工知能学会研究会資料, SIG-SWO-A1303-02, 1-8

  • オントロジーの概念自動追加

    川嵜美波; 江口由記; 岩片悠里; 高田雅美; 城和貴

    2014年03月, 人工知能学会研究会資料, SIG-SWO-A1303-05, 1-8

  • 複数の3軸加速度センサを用いたNon-Exercise Activity Thermogenesisを含む身体活動のモデル化

    中尾京子; 梅田智広; 高田雅美; 城和貴

    2014年02月, 情報処理学会研究報告, 2014-MPS-97 (21), 1-6

  • 多フォント漢字認識手法における各カテゴリと必要教師データ数の分析

    粟津妙華; 福尾真実; 高田雅美; 城和貴

    2014年02月, 情報処理学会研究報告, 2014-MPS-97 (10), 1-6

  • オントロジーを用いた建造物のバリアフリー度判定

    松本百世; 高田雅美; 城和貴

    2014年02月, 情報処理学会研究報告, 2014-MPS-97 (15), 1-6

  • 定在波レーダを用いた距離画像の構築

    張菁; 梅田智広; 高田雅美; 城和貴

    2014年02月, 情報処理学会研究報告, 2014-MPS-97 (19), 1-6

  • 脳波個人認証のための特徴抽出

    石川由羽; 吉田智奈美; 高田雅美; 城和貴

    2014年02月, 情報処理学会研究報告, 2014-MPS-97 (20), 1-6

  • Acceleration of numerical computation for positive roots of polynomials by improved bounds

    Kinji Kimura; Takuto Akiyama; Hiroyuki Ishigami; Masami Takata; Yoshimasa Nakamura

    2014年, Proceedings of The 2014 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA2014), II, 201 - 207

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • 3次元形状データにおける色段差を利用した特徴抽出法の提案

    栁澤希美; 高田雅美; 城和貴

    2013年11月, 情報処理学会研究報告\nグラフィックスとCAD, 2013-CG-153 (20), 1-6

  • Graph500のHybrid解法に内在する局所性

    田邊昇; 冨森苑子; 高田雅美; 城和貴

    2013年07月, 情報処理学会研究報告, 2013-HPC-140 (27), 1-8

  • Scatter/Gatherをどこで行なうべきか?-低電力で高スループットなランダムアクセスのために-

    田邊昇; 冨森苑子; 高田雅美; 城和貴

    2013年03月, 情報処理学会研究報告, 2013-ARC-204 (4), 1-7

  • 疎行列キャッシュ適合性に基づくGraph500 ベンチマークの特性解析

    田邊昇; 冨森苑子; 高田雅美; 城和貴

    2013年02月, 情報処理学会研究報告, 2013-HPC-138 (30), 1-7

  • 時間的局所性を考慮した疎行列のキャッシュ適合性

    冨森苑子; 田邊昇; 高田雅美; 城和貴

    2012年12月, 情報処理学会研究報告, 2012-HPC-137 (28), 1-8

  • LF/HFを用いた時空間ストレス指標の提案

    内村麻里奈; 江口由記; 川嵜美波; 吉井直子; 梅田智広; 高田雅美; 城和貴

    2012年12月, 情報処理学会研究報告, 2012-MPS-91 (2), 1-6

  • 遺伝的プログラミングを用いた近代書籍からのルビ除去

    粟津妙華; 高田雅美; 城和貴

    2012年12月, 情報処理学会研究報告, 2012-MPS-91 (17), 1-6

  • 定在波レーダを用いた呼吸モニタリングシステムの開発

    高木里穂; 高田雅美; 梅田智広; 城和貴

    2012年12月, 情報処理学会研究報告, 2012-MPS-91 (19), 1-6

  • 書籍オントロジーのための推論部の開発

    岩片悠里; 川嵜美波; 江口由記; 高田雅美; 城和貴

    2012年12月, 情報処理学会研究報告, 2012-MPS-91 (32), 1-6

  • α波構成要素の切出しと解析

    石川由羽; 高田雅美; 城和貴

    2012年12月, 情報処理学会研究報告, 2012-MPS-91 (34), 1-6

  • グラフ解析ワークロードのキャッシュ適合性

    田邊昇; 冨森苑子; 高田雅美; 城和貴

    2012年10月, 電子情報通信学会技術研究報告, 112 (237), 66-72

  • 視覚障害者のための墨字学習支援システムの開発と評価

    松本多恵; 伊奈諭; 高田雅美; 城和貴

    2012年09月, 情報処理学会研究報告, 2012-MPS-90 (1), 1-6

  • 古典油彩画グレーズ技法シミュレーションの高速化

    篠澤和恵; 楜沢順; 高田雅美; 城和貴

    2012年09月, 情報処理学会研究報告, 2012-MPS-90 (7), 1-6

  • 同一出版者の近代書籍に対する漢字認識評価

    福尾真実; 高田雅美; 城和貴

    2012年09月, 情報処理学会研究報告, 2012-MPS-90 (25), 1-6

  • 疎行列のキャッシュへの適合性分類に関する予備評価

    冨森苑子; 田邊昇; 高田雅美; 城和貴

    2012年07月, 情報処理学会研究報告, 2012-HPC-135 (17), 1-7

  • 近代デジタルライブラリーの文字切り出しにおける実際的手法

    福尾真実; 高田雅美; 城和貴

    2012年02月, 情報処理学会研究報告, 2012-MPS-87 (34), 1-6

  • ARを用いた空間認識能力向上のための学習方法

    秦野真衣; 米澤朋子; 吉井直子; 高田雅美; 城和貴

    2012年02月, 情報処理学会研究報告, 2012-MPS-87 (33), 1-6

  • Constitution and Phase Analysis of Alpha Waves

    Yu Ishikawa; Masami Takata; Kazuki Joe

    IEEE, 2012年, 5TH BIOMEDICAL ENGINEERING INTERNATIONAL CONFERENCE (BMEICON 2012), 98 - 98, web_of_science

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • Enobioを用いたα波形状の推定

    石川由羽; 高田雅美; 梅田智広; 城和貴

    2011年12月, 情報処理学会研究報告, 2011-MPS-86 (27), 1-6

  • 未病の認識・改善に有効なストレスオントロジーの設計

    洞渕彩未; 高田雅美; 森本恵子; 城和貴

    2011年12月, 情報処理学会研究報告, 2011-MPS-86 (26), 1-6

  • MKLによる食事画像認識の追試

    内村麻里奈; 高田雅美; 城和貴

    2011年12月, 情報処理学会研究報告, 2011-MPS-86 (17), 1-6

  • 異なるプラットフォームで効果的な3Dモデルを表示するためのポリゴンリダクションの方法

    水野志織; 奥本萌; 高田雅美; 城和貴

    2011年12月, 情報処理学会研究報告, 2011-MPS-86 (16), 1-6

  • 不規則型応用を加速するメモリアクセラレータ-Exa FLOPSマシンの文脈から

    田邊昇; Boonyasitpichai Nuttapon; 中條拓伯; 小郷絢子; 高田雅美; 城和貴

    2011年11月, 情報処理学会研究報告, 2011-HPC-132 (14), 1-8

  • e-口コミを活用したe-learning教材の開発とその評価

    松本多恵; 高田雅美; 城和貴

    2011年09月, 情報処理学会研究報告, 2011-MPS-85 (27), 1-6

  • メモリアクセラレータで強化したGPUのCG法による評価

    小郷絢子; 田邊昇; 高田雅美; 城和貴

    2011年07月, 情報処理学会研究報告, 2011-HPC-130 (15), 1-10

  • データ通信時間を隠蔽したGPGPUによる粒子ベースボリュームレンダリングの高速化

    高田雅美; 松井絵里佳

    2011年03月, 情報処理学会研究報告, 2011-MPS-82 (22), 1-6

  • GPUを用いた複数顔検出の高速化に関する一手法

    高田雅美; 久保友里恵

    2011年03月, 情報処理学会研究報告, 2011-MPS-82 (21), 1-6

  • SVMに基づく多フォント漢字認識手法の評価

    高田雅美; 榎本友里枝

    2011年03月, 情報処理学会研究報告, 2011-MPS-82 (14), 1-6

  • 近代デジタルライブラリーテキスト化支援のためのポータルサイトの設計

    高田雅美; 黒田佳世

    2010年12月, 情報処理学会研究報告, 2010-MPS-81 (35), 1-6

  • CUDAに適用したループ再構築手法の評価

    高田雅美; 小郷絢子

    2010年09月, 情報処理学会研究報告, 2010-MPS-80 (6), 1-6

  • 機能メモリとGPUのPCI express接続によるヘテロ環境における超大規模疎行列ベクトル積の性能予測

    高田雅美; 小川裕佳

    2010年07月, 情報処理学会研究報告, 2010-HPC-126 (20), 1-9

  • タンパク質立体構造の動きに着目した時系列解析

    高田雅美; 鎌田真由美

    2010年03月, 情報処理学会研究報告, 2010-BIO-20 (5), 1-6

  • 反射を考慮した日照量計算手法の評価

    高田雅美; 寺前早苗

    2010年03月, 情報処理学会研究報告, 2010-MPS-77 (36), 1-6

  • 収集方法の異なるウェブアーカイブの相互利用

    高田雅美; 梅山章子

    2010年03月, 情報処理学会研究報告, 2010-MPS-77 (32), 1-6

  • リアルタイムステレオQueryballの開発

    高田雅美; 勅使河原佑美

    2010年03月, 情報処理学会研究報告, 2010-MPS-77 (31), 1-6

  • ビデオシーケンスを利用したVR環境マッピング用テクスチャ及び空間の生成

    高田雅美; 吉田幸代

    2010年03月, 情報処理学会研究報告, 2010-MPS-77 (26), 1-6

  • Generating algorithms for matrices with large condition number to evaluate singular value decomposition

    Masami Takata; Kinji Kimura; Yoshimasa Nakamura

    2010年, Proceedings of The 2010 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications(PDPTA2010), Vol.II, 2010, pp.619–625

  • 機能メモリとCOTSのPCI express接続によるヘテロ環境向けボリュームレンダリングの設計

    高田雅美; 芳野裕子

    2009年11月, 情報処理学会研究報告, 2009-HPC-123 (1), 1-6

  • 対話的実時間遠隔可視化システムの構築

    高田雅美; 小堀由貴

    2009年09月, 情報処理学会研究報告, 2009-MPS-75 (19), 1-6

  • 視覚特性(オクリュージョン効果)を利用した教育への試み

    高田雅美; 吉井直子

    2009年08月, 日本教育情報学会年会論文集(25), 156-159

  • ランダムアクセス型応用のためのPCI express越しに機能メモリをアクセスするアーキテクチャ

    高田雅美; 田邊昇

    2009年07月, 情報処理学会研究報告, 2009-HPC-121 (25), 1-8

  • タンパク質立体構造における時系列特徴抽出

    高田雅美; 木村紗知

    2009年03月, 情報処理学会研究報告MPS-73, 2009 (19), 97-100

  • 近代書籍に特化した多フォント活字認識法

    高田雅美; 芦田尚美

    2009年03月, 情報処理学会研究報告MPS-73, 2009 (19), 205-208

  • 地震短期予測研究のための地電流解析ポータルの開発

    高田雅美; 豊島良美

    2009年03月, 情報処理学会研究報告MPS-73, 2009 (19), 209-212

  • SVMを用いた生体分子への金属結合部位予測手法の提案

    高田雅美; 中澤昌美

    2009年03月, 情報処理学会研究報告MPS-73, 2009 (19), 213-216

  • Cell/B.E.とDIMMnetを併用 した大容量ボリュームレンダリングの並列処理性能

    田邊昇; 佐々木愛美; 中條拓伯; 高田雅美; 城和貴

    2009年, 第16 回「ハイパフォーマン スコンピューティングとアーキテクチャの評価」に関する北海道ワークショップ(HOKKE-2009)2009-ARC-174/HPC-119, -

  • Flashを用いたWebアルバムの提案と設計

    高田雅美; 重見早南

    2008年12月, 情報処理学会研究報告MPS-72, 2008 (126), 1-4

  • 多目的に衛星データを利用するためのコンテンツ開発環境

    高田雅美; 田中里奈

    2008年12月, 情報処理学会研究報告MPS-72, 2008 (126), 5-8

  • 芝生用塗料の劣化モデルの構築

    高田雅美; 榎本友理枝

    2008年12月, 情報処理学会研究報告MPS-72, 2008 (126), 17-20

  • Webアーカイブにおける差分収集に用いる更新間隔推定手法の開発とその評価

    高田雅美; 廣道尚弓

    2008年12月, 情報処理学会研究報告MPS-72, 2008 (126), 41-44

  • 反射を考慮した日照量計算の一手法

    高田雅美; 樽井沙知

    2008年12月, 情報処理学会研究報告MPS-72, 2008 (126), 45-48

  • 書字運動の訓練支援ソフトウェアの開発

    高田雅美; 芳野可奈子

    2008年05月, 電子情報通信学会技術研究報告SP2008-1?19, 108 (66), 79-83

  • E-Cell Systemを用いた酵母菌のストレス応答MAPK経路のモデル構築

    高田雅美; 仲嶋なつ

    2008年03月, 情報処理学会研究報告MPS-68, 2008 (17), 1-4

  • リアルタイムQueryballの開発に向けて

    高田雅美; 勅使河原佑美

    2008年03月, 情報処理学会研究報告MPS-68, 2008 (17), 5-8

  • GPを用いた指向性フィルタの生成と評価

    高田雅美; 美坂千穂

    2008年03月, 情報処理学会研究報告MPS-68, 2008 (17), 21-24

  • Application of the Kato-Temple inequality for eigenvalues of symmetric matrices to numerical algorithms with shift for singular values

    Kinji Kimura; Masami Takata; Masashi Iwasaki; Yoshimasa Nakamura

    The Kato-Temple inequality for eigenvalues of symmetric matrices gives a lower bound of the minimal eigenvalue lambda(m). Let A be a symmetric positive definite tridiagonal matrix defined by A = B-T B, where B is bidiagonal. Then the so-called Kato-Temple bound gives a lower- bound of the minimal singular value sigma(m) of B. In this paper we discuss how to apply the Kato-Temple inequality to shift of origin which appears in the mdLVs algorithm, for example, for computing all singular values of B. To make use of the Kato-Temple inequality a Rayleigh quotient for the matrix A = B-T B and a right endpoint of interval where lambda(m) = sigma(2)(m) belongs are necessary. Then it is shown that the execution time of mdLVs with the standard shifts can be shorten by a possible choice of the generalized Newton bound or the Kato-Temple bound., IEEE COMPUTER SOC, 2008年, INTERNATIONAL CONFERENCE ON INFORMATICS EDUCATION AND RESEARCH FOR KNOWLEDGE-CIRCULATING SOCIETY, PROCEEDINGS, 113 - +, doi;web_of_science

  • 特定ユーザのための嗜好分析パターン抽出の一手法

    高田雅美; 児玉理映子

    2007年12月, 情報処理学会研究報告MPS-67, 2007 (128), 61-64

  • 複数Webページの重要文抽出および直感的理解を支援するためのGUIの開発

    高田雅美; 柴田裕子

    2007年12月, 情報処理学会研究報告MPS-67, 2007 (128), 81-84

  • 3Dスキャナのための自動テクスチャマッピング手法

    高田雅美; 持永彩華

    2007年12月, 情報処理学会研究報告MPS-67, 2007 (128), 85-88

  • リアルタイムアナグリフ動画像生成

    高田雅美; 小堀由貴

    2007年12月, 情報処理学会研究報告MPS-67, 2007 (128), 89-92

  • E-cell systemを用いた酵母菌のグルカン合成に関するモデル構築

    高田雅美; 鎌田真由美

    2007年12月, 情報処理学会研究報告BIO-11, 2007 (128), 113-120

  • 地球流体科学研究用のポータルGfdnaviへの3次元可視化機能の組み込み

    高田雅美; 来見真理

    2007年12月, 情報処理学会研究報告MPS-67, 2007 (128), 163-167

  • 仮想空間用入力デバイスとしてのWiiリモコンの利用

    高田雅美; 高柳芙沙子

    2007年10月, 平成19年度情報処理学会関西支部支部大会講演論文集, 19-22

  • Boid法の拡張による捕食行動の表現

    高田雅美; 笹山琴由

    2007年10月, 平成19年度情報処理学会関西支部支部大会講演論文集, 23-26

  • ブートストラップ法を用いたポートフォリオ分析の適用例

    高田雅美; 堀川茉佑子

    2007年10月, 平成19年度情報処理学会関西支部支部大会講演論文集, 185-186

  • 行列の特異値計算のmdLVsアルゴリズムにおける最近の進展

    高田雅美; 中村佳正

    2007年09月, 数理解析研究所講究録1594,非線形波動現象の数理と応用, 136-148

  • 特異値分解ライブラリのための最小特異値見積もり公式について

    高田雅美; 木村欣司

    2007年09月, 日本応用数理学会2007度年会, 230-231

  • ICA 適用による地電流データからの地震前駆的シグナル抽出結果に対する考察

    高田雅美; 石川千里

    2007年09月, Proceedings of the 2007 IEICE Society Conference, AS-2-4 (CD Proceeding).

  • 地震短期予測のための地電流解析Webシステムの構築

    高田雅美; 豊島良美

    2007年09月, Proceedings of the 2007 IEICE Society Conference, AS-2-5 (CD Proceeding).

  • 食事と健康状態の関連を知るための一手法

    高田雅美; 李丹陽

    2007年03月, 情報処理学会研究報告MPS-63, 2007 (19), 77-80

  • ニンテンドーDSを用いた書字学習トレーニングソフトの開発

    高田雅美; 芳野可奈子

    2007年03月, 情報処理学会研究報告MPS-63, 2007 (19), 81-84

  • i アプリを用いた分子動力学ソフト GROMACS の構築

    高田雅美; 沼野なぎさ

    2007年02月, 「仮想実験と大規模シミュレーションで拓く先端科学2007」高性能コンピューティング利用技術に関する総合シンポジウム予稿集, 7-10

  • Auto View Selectionを実現する一手法

    高田雅美; 中川真智子

    2006年12月, 情報処理学会研究報告MPS-62, 2006 (135), 49-51

  • 短期地震研究のための統合的なマルチデータベースの設計

    高田雅美; 豊島良美

    2006年12月, 情報処理学会研究報告MPS-62, 2006 (135), 65-69

  • 熱揺らぎを考慮したドッキングシステムの開発

    高田雅美; 木村紗知

    2006年12月, 情報処理学会研究報告BIO-7, 2006 (135), 119-126

  • SVMを用いた金属イオン結合部位予測システムの開発

    高田雅美; 中澤昌美

    2006年12月, 情報処理学会研究報告BIO-7, 2006 (135), 157-164

  • 対称3重対角行列の固有値分解のためのダブル分割統治法-現状と課題-

    高田雅美; 坪井洋明

    2006年09月, 日本応用数理学会2006年度年会, 314-315

  • アブストラクトを用いた論文分類システムの設計と実装

    高田雅美; 柏木裕恵

    2006年09月, 情報処理学会研究報告MPS-61, 2006 (95), 33-36

  • 固有分解と特異値分解用ライブラリの性能評価のためのテスト行列に関する考察

    高田雅美; 木村欣司

    2006年06月, 情報処理学会研究報告HPC-106, 2006 (63), 1-6

  • 新しい特異値計算ルーチンによる対称3重対角行列の固有値計算の評価

    高田雅美; 高山智史

    2005年03月, 情報処理学会研究報告HPC-101, 2005 (19), 115-120

  • ロトカ・ボルテラ系による特異値計算アルゴリズムの並列化

    高田雅美; 誉田太朗

    2004年12月, 情報処理学会研究報告HPC-100, 2004 (128), 13-18

  • 誤り訂正符合のナイーブ平均場近似

    高田雅美

    2003年03月, 電子情報通信学会技術研究報告 NC 2002-172--202, 102 (730), 143-148

  • 乱流シミュレーションの並列化と評価

    高田雅美

    2001年01月, 情報処理学会研究報告ARC-141-1, 2001 (10), 1-6

  • ニューラルネットワークによるプログラム分割アルゴリズムの改善

    高田雅美; 齊藤哲哉

    2000年02月, 情報処理学会研究報告MPS-28-6, 2000 (16), 21-24

  • 実用的な近似解を与えるプログラム分割アルゴリズム

    高田雅美; 齊藤哲哉

    1999年11月, 情報処理学会研究報告MPS-27-8, 99 (96), 29-32

  • 分枝限定法を用いたプログラム分割の下界に対する考察

    高田雅美

    1999年08月, 情報処理学会研究報告ARC-134-14, 99 (67), 79-84

  • デコンボリューション問題におけるcondition L-curveの検討

    久保井 五貴; 田中 利佳; 小澤 伸也; 細田 陽介; 高田 雅美; 木村 欣司

    2021年03月, 日本応用数理学会 2021年 研究部会連合発表会

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)

  • 近代書籍における文字切り出し手法の検討

    飯田 紗也香; 竹本 有紀; 石川 由羽; 髙田 雅美; 城 和貴

    2021年02月, 情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS), 2020-MPS-132 (4), 1 - 6

  • 観光スケジュール探索アルゴリズムへの遺伝的アルゴリズムの適用

    和田 直子; 高田 雅美

    2020年12月, 情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS), 2020-MPS-131 (16), 1 - 6

  • 邦字新聞における近代文語体と現代口語体の自動翻訳の検討

    稲見 郁乃; 竹本 有紀; 石川 由羽; 高田 雅美; 上田 薫; 城 和貴

    2020年12月, 情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS), 2020-MPS-131 (13), 1 - 6

  • 定在波レーダを用いたリアルタイム呼吸モニタリングシステムの開発

    高木 里穂; 石川 由羽; 高田 雅美; 梅田 智弘; 城 和貴

    乳幼児突然死症候群は,1 歳までの健康な乳児が予兆なしに突然呼吸停止し,死亡する症状のことである.この症候群を予防するには呼吸循環系の異常を早期に発見する必要がある.そこで,呼吸循環系の異常を検出するために定在波レーダを用いる.定在波レーダは物体との変位を計測することができる.この定在波レーダを用いて,呼吸による体表面の振幅の変位を取得する.取得した変位に周波数解析を行い,乳児の呼吸の有無をリアルタイムに観察する呼吸モニタリングシステムの開発を行う.Sudden infant death syndrome is a disease that a well-looking baby of up to one year stops his/her breathing without any reason, and comes to die. To prevent babies from this disease, some kind of systems that check baby's breathing circulating system to detect abnormal foretaste is required. Such error detection for baby's breathing circulating can be realized by standing wave radars, which measures the distance of target objects precisely. Measuring series of displacements to the breast of a baby by using standing wave radars. we apply Fourier transform analysis for the frequency band of baby's breathing, and we present the development of respiration monitoring system to observe of baby's breathing., 一般社団法人情報処理学会, 2015年01月19日, 研究報告コンシューマ・デバイス&システム(CDS), 2015 (1), 1 - 6, cinii_articles;cinii_books;url

  • 定在波レーダを用いたリアルタイム呼吸モニタリングシステムの開発

    高木 里穂; 石川 由羽; 高田 雅美; 梅田 智弘; 城 和貴

    乳幼児突然死症候群は,1 歳までの健康な乳児が予兆なしに突然呼吸停止し,死亡する症状のことである.この症候群を予防するには呼吸循環系の異常を早期に発見する必要がある.そこで,呼吸循環系の異常を検出するために定在波レーダを用いる.定在波レーダは物体との変位を計測することができる.この定在波レーダを用いて,呼吸による体表面の振幅の変位を取得する.取得した変位に周波数解析を行い,乳児の呼吸の有無をリアルタイムに観察する呼吸モニタリングシステムの開発を行う.Sudden infant death syndrome is a disease that a well-looking baby of up to one year stops his/her breathing without any reason, and comes to die. To prevent babies from this disease, some kind of systems that check baby's breathing circulating system to detect abnormal foretaste is required. Such error detection for baby's breathing circulating can be realized by standing wave radars, which measures the distance of target objects precisely. Measuring series of displacements to the breast of a baby by using standing wave radars. we apply Fourier transform analysis for the frequency band of baby's breathing, and we present the development of respiration monitoring system to observe of baby's breathing., 一般社団法人情報処理学会, 2015年01月19日, 研究報告グループウェアとネットワークサービス(GN), 2015 (1), 1 - 6, cinii_articles;cinii_books;url

  • ボリュームデータにおける三次元物体の部分認識

    長尾 英里; 石川 由羽; 高田 雅美; 城 和貴

    本稿では,ボリュームデータにおける 3 次元物体の部分認識の手法を提案する.病院の診察で利用される検査方法として,MRI(magnetic resonance imaging) や CT (Computed Tomography) で身体の内部を撮影する方法がある.これらはスライス画像群として撮影されている.このスライス画像を 3 次元構築し,可視化することにより,3 次元物体をイメージできる.また,抽出したい部位の選択を自動化することによって,病原の情報を素早く容易に診断に役立てることができるようになる.そのために,提案手法では,スライス画像群からボリュームデータを構築し,構築したボリュームデータから 3 次元 SIFT 特徴量を抽出する.抽出した特徴量を基に LVQ (Learning Vector Quantization) で識別する.In this paper, we propose a method of partial recognition for three dimensional object in volume data. In hospitals, MRI (magnetic resonance imaging) and CT (Computed Tomography), which take photos as slice images, are often adapted to obtain information in inner of body. By constructing slice images to a three-dimensional object, users understand information of slice images intuitively. By an automatic partial recognition, location of pathology can be clear speedy. In the proposed method, slice images are transformed into volume data and a partial recognition is performed using LVQ (Learning Vector Quantization) with the three-dimentional SIFT features., 一般社団法人情報処理学会, 2014年12月02日, 研究報告数理モデル化と問題解決(MPS), 2014 (9), 1 - 6, cinii_articles;cinii_books;url

  • 活字データの分類を用いた進化計算による近代書籍からのルビ除去 (情報論的学習理論と機械学習)

    粟津 妙華; 高田 雅美; 城 和貴

    国立国会図書館では,所蔵する明治から昭和前期の近代書籍を近代デジタルライブラリとしてWeb上でページごとの画像データとして公開しているが,文書内容での検索を行うことができない.そのため,自動でのテキストデータ化が望まれている.その際,問題となっているのがヒストグラムでは除去できないルビであり,我々はすでに近代書籍に特化したルビ除去手法を提案している.しかしながら,提案した手法は書籍に付加された外部情報を元にしており,実現可能性は低い.そこで本論文では,書籍画像から直接得られるデータを元に,進化計算によってルビ除去式を生成し,近代書籍から自動でルビを除去する手法を提案する., 一般社団法人電子情報通信学会, 2014年06月25日, 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 114 (105), 117 - 122, cinii_articles;cinii_books;url

  • 疎行列ベクトル積性能を決める諸要因

    田邊昇; 冨森苑子; 高田雅美; 城和貴

    疎行列ベクトル積 (SpMV) は多くの場合にキャッシュアーキテクチャとの相性が悪い.並列処理においては負荷不均衡が性能に与える影響も大きい.これまでは SpMV 性能を決める要因として,キャッシュのヒット率や一行あたりの非零要素数の平均,最大値,分散が注目されていた.しかし,それらと性能との相関が不明瞭であり,SpMV の挙動は長年にわたり謎に包まれていた.それは SpMV の最適化や,効率的な疎行列ライブラリ構築の障害であった.本報告では,SpMV 性能を左右する様々な要因をアプリケーション依存の要因とプラットフォーム依存の要因に分けて考察した.それを踏まえて行列の非零要素配置から導かれる時間的局所性と空間的局所性等のアプリ依存パラメータを導入した SpMV 性能モデルを構築した.その上でフロリダ大コレクションから抜粋した 115 種の疎行列と GPU を用いて SpMV 性能モデルの評価実験を行った.その結果,GPU 上で実行する場合は Padding に関する補正と小さな行列での補正が必要であることと,長行を折り畳むなど適切な負荷分散がなされた場合はキャッシュのヒット率よりも,空間的局所性やインデックス転送の抑制の方が実効性能に敏感であることが明らかになった., 一般社団法人情報処理学会, 2014年02月24日, 研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC), 2014 (7), 1 - 10, cinii_articles;cinii_books;url

  • アーキテクチャの進歩を促進するGraph500ベンチマークのあり方

    田邊昇; 冨森苑子; 高田雅美; 城和貴

    Graph500 はビッグデータ解析や疎行列処理のベンチマークとも言われており,Top500 を補うものとしても近年注目を集めてきた.従来の Graph500 参照実装は従来の計算機が苦手とする疎行列ベクトル積系応用全般を代表し,計算機の発展を促進する力があった.一方,ビットマップ式訪問管理と Hybrid BFS アルゴリズムがデファクトになる流れにある.筆者らの予備調査の結果,それらを実装した Pre release 版 Graph500 はキャッシュに適合し,メモリアクセス負荷が大幅に軽減され,本来とは異質なワークロードになることが明らかになってきた.本報告では,計算機の発展を促進する観点から,スーパーコンピュータのランキングに利用されるベンチマークの役割と,その望ましいあり方を考察する.さらに Hybrid 動作における局所性とキャッシュ挙動の観点から上記の予備調査結果を補強するとともに,Graph500 の将来について考察する., 一般社団法人情報処理学会, 2013年09月23日, 研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC), 2013 (18), 1 - 9, cinii_articles;cinii_books;url

  • 10J05 教材開発(奥行き学習教材(特許第5226821号))の報告と今後の課題(タブレット端末と教材開発,一般研究)

    吉井 直子; Peterson Ward; 高田 雅美; 吉住 秀; 城 和貴

    算数・数学で学習する幾何分野,特に空間図形(3次元物体)の理解を高めるための教材開発・教材研究を行っている.初めに奥行き知覚の実験を行い,得られた実験データからオクリュージョン(重なり)効果を検証した.そこでオクリュージョンを用いた「奥行き学習教材」を開発し,2013年3月に特許権を取得した.本稿では特許発明の過程を報告し,教材の活用方法を紹介する.また知的財産権について述べる., 日本教育情報学会, 2013年, 年会論文集, (29), 406 - 407, cinii_articles;cinii_books;url

講演・口頭発表等

  • Crawling Low Appearance Frequency Characters Images for Early-Modern Japanese Printed Character Recognition

    Nanami Fujisaki; Yu Ishikawa; Masami Takata; Kazuki Joe

    International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 2020年07月27日, 2020年07月27日, 2020年07月27日

    口頭発表(一般)

  • Application of the Orthogonal QD Algorithm with Shift to Singular Value Decomposition for Large Sparse Matrices

    Hiroki Tanaka; Taiki Kimura; Tetsuaki Matsunawa; Shoji Mimotogi; Masami Takata; Kinji Kimura; Yoshimasa Nakamura

    International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 2020年07月27日, 2020年07月27日, 2020年07月27日

    口頭発表(一般)

  • On an Implementation of the One-Sided Jacobi Method with High Accuracy

    Masami Takata; Sho Araki; Kinji Kimura; Yoshimasa Nakamura

    International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 2020年07月27日, 2020年07月27日, 2020年07月27日

    口頭発表(一般)

  • Improvement of Island GA using Multiple Fitness Functions

    Shigeka Nakajima; Masami Takata

    International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 2020年07月27日, 2020年07月27日, 2020年07月27日

    口頭発表(一般)

  • 離散戸田分子方程式と逆問題

    木村欣司; 久保井五貴; 田中利佳; 小澤伸也; 細田陽介; 高田雅美

    Risa/Asir Conference 2021, 2021年03月20日, 2021年03月20日, 2021年03月20日

    口頭発表(一般)

  • デコンボリューション問題におけるcondition L-curveの検討

    久保井 五貴; 田中 利佳; 小澤 伸也; 細田 陽介; 高田 雅美; 木村 欣司

    日本応用数理学会 2021年 研究部会連合発表会, 2021年03月, 2021年03月, 2021年03月

    口頭発表(一般)

  • 近代書籍における文字切り出し手法の検討

    飯田 紗也香; 竹本 有紀; 石川 由羽; 髙田 雅美; 城 和貴

    情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS), 2021年02月, 2021年02月, 2021年02月

    口頭発表(一般)

  • 邦字新聞における近代文語体と現代口語体の自動翻訳の検討

    稲見 郁乃; 竹本 有紀; 石川 由羽; 高田 雅美; 上田 薫; 城 和貴

    情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS), 2020年12月, 2020年12月, 2020年12月

    口頭発表(一般)

  • 観光スケジュール探索アルゴリズムへの遺伝的アルゴリズムの適用

    和田 直子; 高田 雅美

    情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS), 2020年12月, 2020年12月, 2020年12月

    口頭発表(一般)

  • 奈良女子大学におけるデータサイエンス教育

    高田雅美

    京都大学データサイエンス教育公開ワークショップ, 2019年08月02日, 2019年08月02日

  • Layout Analysis using Semantic Segmentation for Imperial Meeting Minutes

    Sayaka Iida; Yuki Takemoto; Yu Ishikawa; Masami Takata; Kazuki Joe

    2019 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 2019年07月, 2019年07月

  • A Discrete Three-wave System of Kahan-Hirota-Kimura Type and the QRT Mapping

    Yuko Takae:Masami Takata:Kinji Kimura:Yoshimasa Nakamura

    2019 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 2019年07月, 2019年07月

  • Improvement of the Thick-Restart Lanczos Method in Single Precision Floating Point Arithmetic using Givens Rotations

    Masana Aoki; Masami Takata; Kinji Kimura; Yoshimasa Nakamura

    2019 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 2019年07月, 2019年07月

  • On an Implementation of Two-Sided Jacobi Method

    Sho Araki, Masami Takata, Kinji Kimura, Yoshimasa Nakamura

    2019 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 2019年07月, 2019年07月

  • Structure of Neural Network Automatically Generating Fonts for Early-Modern Japanese Printed Books

    Yuki Takemoto, Yu Ishikawa, Masami Takata, Kazuki Joe

    2019 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 2019年07月, 2019年07月

  • Applying CNNs to Early-Modern Printed Japanese Character Recognition

    Suzuka Yasunami, Norie Koiso, Yuki Takemoto, Yu Ishikawa, Masami Takata, Kazuki Joe

    2019 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 2019年07月, 2019年07月

  • 近代文語体と現代口語体の自動翻訳への試み

    高田雅美; 林英里香; 竹本有紀; 石川由羽; 髙田雅美; 城 和貴

    情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS), 2018年12月

  • 帝国議会会議録におけるレイアウト解析手法の比較

    高田雅美; 飯田紗也香; 竹本有紀; 石川由羽; 髙田雅美; 城 和貴

    情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS), 2018年09月, false

  • Improvement of Computing Partial Singular Value Decomposition for Dense Matrix using Thick-restart-Lanczos Method

    高田雅美

    In Proceedings of 2018 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 2018年07月, true

  • Automatic Font Generation For Early-Modern Japanese Printed Books

    高田雅美

    In Proceedings of 2018 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 2018年07月

  • Fast Computation Method of Column Space by using the DQDS Method and the OQDS Method

    高田雅美

    In Proceedings of 2018 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 2018年07月

  • Improvement of Computing Partial Singular Value Decomposition for Dense Matrix using Thick-restart-Lanczos Method

    高田雅美

    In Proceedings of 2018 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 2018年07月, true

  • シフト付きCholesky QR分解を用いた特異値分解の高速化

    高田雅美; 髙田 雅美; 荒木 翔; 大澤 真之; 青木 雅奈; 木村 欣司; 中村 佳正

    情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS), 2017年12月, false

  • An Improvement of Augmented Implicitly Restarted Lanczos Bidiagonalization Method

    高田雅美

    In Proceedings of 2017 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 2017年07月

  • Early-Modern Printed Character Recognition using Ensemble Learning

    高田雅美

    In Proceedings of 2017 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 2017年07月, true

  • Hand shape recognition using the sEMG of the upper extremity

    高田雅美

    In Proceedings of 2017 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 2017年07月, true

  • Validation of EEG Authentication Accuracy with Electrode Slippage

    高田雅美

    In Proceedings of 2017 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 2017年07月, true

  • 透過型HMD上での日本語文字切り出しの一手法

    薗田小百合; 石川由羽; 高田雅美; 城和貴

    情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS), 2017年02月, false

  • 計測位置のずれを考慮した脳波個人認証の検証

    西畑かおり; 石川由羽; 高田雅美; 城和貴

    情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS), 2017年02月, false

  • 近代書籍用フォントの自動生成

    竹本有紀; 上坂和美; 石川由羽; 高田雅美; 城和貴

    情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS), 2017年02月, false

  • DCGANを用いたイラスト画像生成の一手法

    山下澄奈; 石川由羽; 高田雅美; 城和貴

    情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS), 2017年02月, false

  • 調剤薬局用薬剤売買のためのレコメンドシステム

    野地恵里奈; 鍛治川晶葉; 石川由羽; 高田雅美; 城和貴

    情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS), 2016年12月, false

  • Myoを用いた腕の表面筋電位解析

    岩本万由子; 大井川仁美; 石川由羽; 高田雅美; 城和貴

    情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS), 2016年09月, false

  • 遺伝的アルゴリズムを用いたQWOPの運動学習の一手法

    小山ちひろ; 石川由羽; 高田雅美; 城和貴

    情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS), 2016年09月, false

  • Implementation of Computing Singular Pairs for Large Scale Matrices using ARPACK

    高田雅美

    In Proceedings of 2016 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 2016年07月, true

  • Biometric Authentication based on Multi-feature Combination using EEG

    高田雅美

    In Proceedings of 2016 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 2016年07月, true

  • Correlation of Proximity Voluntary Muscles EMG and EEG

    高田雅美

    In Proceedings of 2016 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 2016年07月, true

  • Comparison of Feature Extraction Methods for Early-Modern Japanese Printed Character Recognition

    高田雅美

    In Proceedings of 2016 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 2016年07月, true

  • Deep Learningを用いたSNSからの知識抽出の一手法

    高田雅美; 鈴木由喜; 石川由羽; 髙田雅美; 城和貴

    情報処理学会研究報告, 2016年03月

  • GPを用いた活字風手書き文字の生成

    高田雅美; 大坂智葉; 粟津妙華; 石川由羽; 髙田雅美; 城和貴

    情報処理学会研究報告, 2015年12月, false

  • 脳波計測位置のずれが脳波個人認証に与える影響

    高田雅美; 吉田智奈美; 石川由羽; 髙田雅美; 城和貴

    情報処理学会研究報告, 2015年09月, false

  • 近代書籍用OCRのための学習用特定フォントセットの自動生成手法

    高田雅美; 岩田彩; 上坂和美; 粟津妙華; 石川由羽; 髙田雅美; 城和貴

    情報処理学会研究報告, 2015年09月, false

  • 上肢神経系セルフチェックのためのHapLogを用いた評価システムの試作

    高田雅美; 大井川仁美; 石川由羽; 梅田智広; 髙田雅美; 城和貴

    情報処理学会研究報告, 2015年09月, false

  • Visualization of Sensory Weight for Shouldering Randoseru

    高田雅美

    In Proceedings of 2015 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 2015年07月

  • An Effective and Interactive Training Data Collection Method for Early-Modern Japanese Printed Character Recognition

    高田雅美

    In Proceedings of 2015 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 2015年07月, true

  • Sign Language Recognition using Leap Motion Controller

    高田雅美

    In Proceedings of 2015 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 2015年07月, true

  • A Music Composition Model with Genetic Programming -A Case Study of Chord Progression and Bassline-

    高田雅美

    In Proceedings of 2015 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 2015年07月, true

  • Performance Evaluation of Golub-Kahan-Lanczos Algorithm with Reorthogonalization by Classical Gram-Schmidt Algorithm and OpenMP

    高田雅美

    In Proceedings of 2015 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 2015年07月, true

  • A Personal Classification Method Using Spatial Information of Multi-channel EEG

    高田雅美

    In Proceedings of 2015 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 2015年07月

  • 呼吸変動解析によるストレス指標の提案

    高田雅美; 太田楓; 石川由羽; 髙田雅美; 城和貴

    情報処理学会研究報告, 2015年06月, false

  • COG分類を考慮した遺伝子発現プロファイルデータのクラスタリング手法

    高田雅美; 大古田みのり; 石川由羽; 髙田雅美; 佐伯和彦; 城和貴

    情報処理学会研究報告, 2015年06月, false

  • 心拍波形の振幅と面積を用いた個人認証の提案

    高田雅美; 野村涼子; 石川由羽; 髙田雅美; 城和貴

    電子情報通信学会技術研究報告 信学技報, 2015年06月

  • ニューラルネットワークを用いた心拍データの学習と利用

    高田雅美; 赤尾維; 野村涼子; 石川由羽; 髙田雅美; 城和貴

    情報処理学会研究報告, 2015年02月, false

  • Leap Motion Controllerを用いた指文字認識

    高田雅美; 舩阪真生子; 石川由羽; 髙田雅美; 城和貴

    情報処理学会研究報告, 2015年02月, false

  • 機械学習を用いた問題解答のための推論システムの開発

    岩片悠里; 川嵜美波; 江口由記; 石川由羽; 高田雅美; 城和貴

    情報処理学会研究報告, 2014年12月, false

  • ボリュームデータにおける3次元物体の部分認識

    長尾英里; 石川由羽; 高田雅美; 城和貴

    情報処理学会研究報告, 2014年12月, false

  • 表構造を用いた漢方薬オントロジー自動構築手法の提案

    高田雅美; 増永佑子; 川嵜美波; 江口由記; 石川由羽; 髙田雅美; 城和貴

    第34回セマンティックウェブとオントロジー研究会, 2014年11月, false

  • Biometrics authentication based on chaotic heartbeat waveform

    高田雅美

    Biomedical Engineering International Conference (BMEiCON), 2014年11月, true

  • VR用体感アミューズメントアプリの開発

    菊田愛子; 石川由羽; 高田雅美; 城和貴

    第19回日本バーチャルリアリティ学会大会, 2014年09月, false

  • プリシェイピングを用いたVRユーザのモーション認識

    米田明日香; 石川由羽; 高田雅美; 城和貴

    第19回日本バーチャルリアリティ学会大会, 2014年09月, false

  • Validation of EEG Personal Authentication with Multi-channels and Multi-tasks

    高田雅美

    In Proceedings of 2014 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 2014年07月, true

  • Accelerating the Numerical Computation of Positive Roots of Polynomials using Improved Bounds

    高田雅美

    In Proceedings of 2014 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 2014年07月, true

  • 活字データの分類を用いた進化計算による近代書籍からのルビ除去

    粟津妙華; 高田雅美; 城和貴

    情報処理学会研究報告, 2014年06月, false

  • スマートヘルスケアのための身体活動レコメンドシステム

    洞渕彩未; 高田雅美; 梅田智広; 城和貴

    人工知能学会研究会資料, 2014年03月, false

  • オントロジーの概念自動追加

    川嵜美波; 江口由記; 岩片悠里; 高田雅美; 城和貴

    人工知能学会研究会資料, 2014年03月, false

  • Biometrics Authentication using Another Feature of Heartbeat Waveform

    高田雅美

    7th international joint conference on BIOmedical engineering Systems and TEChnologies, 2014年03月, true

  • A Multi-fonts Kanji Character Recognition Method for Early-modern Japanese Printed Books with Ruby Characters

    高田雅美

    3rd International Conference on Pattern Recognition Applications and Methods, 2014年03月, true

  • 複数の3軸加速度センサを用いたNon-Exercise Activity Thermogenesisを含む身体活動のモデル化

    中尾京子; 梅田智広; 高田雅美; 城和貴

    情報処理学会研究報告, 2014年02月, false

  • 多フォント漢字認識手法における各カテゴリと必要教師データ数の分析

    粟津妙華; 福尾真実; 高田雅美; 城和貴

    情報処理学会研究報告, 2014年02月, false

  • オントロジーを用いた建造物のバリアフリー度判定

    松本百世; 高田雅美; 城和貴

    情報処理学会研究報告, 2014年02月, false

  • 定在波レーダを用いた距離画像の構築

    張菁; 梅田智広; 高田雅美; 城和貴

    情報処理学会研究報告, 2014年02月, false

  • 脳波個人認証のための特徴抽出

    石川由羽; 吉田智奈美; 高田雅美; 城和貴

    情報処理学会研究報告, 2014年02月, false

  • 3次元形状データにおける色段差を利用した特徴抽出法の提案

    栁澤希美; 高田雅美; 城和貴

    情報処理学会研究報告\nグラフィックスとCAD, 2013年11月

  • Ontology Construction Support for Specialized Books

    高田雅美

    The 3rd Joint International Semantic Technoogy Conference, 2013年11月

  • Graph500のHybrid解法に内在する局所性

    田邊昇; 冨森苑子; 高田雅美; 城和貴

    情報処理学会研究報告, 2013年07月, false

  • Locality Analysis for Characterizing Applications Based on Sparse Matrices

    高田雅美

    In Proceedings of 2013 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 2013年07月, true

  • Improved Computation of Bounds for Positive Roots of Polynomials

    高田雅美

    In Proceedings of 2013 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 2013年07月, true

  • 疎行列キャッシュに基づくGraph500ベンチマークの特性解析

    田邊昇; 冨森苑子; 高田雅美; 城和貴

    情報処理学会SACCISシンポジウム, 2013年05月, false

  • Future Irregular Computing with Memory Accelerators

    高田雅美

    The Fifth International Conference on future Computational Technologies and Applications, 2013年05月, true

  • Xeon PhiのGather命令とHMCのGatherの差異

    冨森苑子; 田邊昇; 高田雅美; 城和貴

    情報処理学会SACCISシンポジウム, 2013年05月, false

  • 同一出版者の近代書籍に対する漢字認識評価

    福尾真美; 高田雅美; 城和貴

    平成24年度第9回電子図書館課セミナー, 2013年03月, false

  • A CG-Solver for Future GPU Clsters Enhanced with Memory Accelerators

    高田雅美

    The 5th WorkShop on UnConventional High Performance Computing 2012, 2012年08月, true

  • Performance Evaluation of Some Inverse Iteration Algorithms on PowerXCellTM 8i Processor

    高田雅美

    2012 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA'11), 2012年07月, true

  • Accelerating the Reorthogonalization of Singular Vectors with a Multi-core Processor

    高田雅美

    High Performance Computing for Computational Science, Lecture Notes in Computer science 7581, 2012年07月

  • 近代デジタルライブラリーの自動テキスト化に向けた実験環境の開発

    福尾真美; 高田雅美; 城和貴

    平成23年度第12回電子図書館課セミナー, 2012年02月, false

  • An Improved Shift Strategy for the Modified Discrete Lotka-Volterra with Shift Algorithm

    高田雅美

    2011 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA'11), 2011年07月, true

  • Generating Algorithms for Matrices with Large Condition Number to Evaluate Singular Value Decomposition

    高田雅美

    2010 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA'10), 2010年07月, true

  • Proposal of an Essential Oil Blending Method using Q-learning

    Kyoka Nakano; Masami Takata

    The 27th Int'l Conf on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 2021年07月26日, 2021年07月26日, 2021年07月26日

  • Implementation of Singular Value Decomposition for Complex Matrices Using the Two-sided Jacobi Method

    Takahiro Miyamae; Masami Takata; Kinji Kimura; Yoshimasa Nakamura

    The 27th Int'l Conf on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 2021年07月26日, 2021年07月26日, 2021年07月26日

  • Generating an Estimated Font Set for Early-Modern Japanese Printed Character Recognition

    Yuki Takemoto; Yu Ishikawa; Masami Takata; Kazuki Joe

    The 27th Int'l Conf on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 2021年07月26日, 2021年07月26日, 2021年07月26日

担当経験のある科目(授業)

  • 研究者倫理 (奈良女子大学)

  • Webプログラミング特論演習 (奈良女子大学)

  • 情報衣環境学論 (奈良女子大学)

  • Webプログラミング特論 (奈良女子大学)

  • ハイパフォーマンスコンピューティング特論演習 (奈良女子大学)

  • ハイパフォーマンスコンピューティング特論 (奈良女子大学)

  • 計算機実験1 (奈良女子大学)

  • プログラミング言語2 (奈良女子大学)

  • プロジェクト演習(E) (奈良女子大学)

  • データベース論 (奈良女子大学)

  • データベース演習 (奈良女子大学)

  • 情報処理技術2 (奈良女子大学)

  • 情報処理入門 (奈良女子大学)

  • 情報処理技術1 (奈良女子大学)

  • パターン認識 (奈良女子大学)

  • 計算機通信機構論演習 (奈良女子大学)

  • ネットワーク特論演習 (奈良女子大学)

  • 計算機通信機構論 (奈良女子大学)

  • ネットワーク特論 (奈良女子大学)

  • 計算機システム論 (奈良女子大学)

  • サイエンス・オープンラボ2 (奈良女子大学)

  • サイエンス・オープンラボ1 (奈良女子大学)

  • FLASH開発演習 (奈良女子大学)

  • プログラミング演習2 (奈良女子大学)

  • 計算機実験2 (奈良女子大学)

所属学協会

  • 情報処理学会

  • 情報処理学会\nハイパフォーマンスコンピューティング研究会

  • 情報処理学会\n数理モデルと問題解決研究会

  • 情報処理学会\n若手研究者の会

Works(作品等)

  • 展覧会:奥行き学習教材 -1000年教材の誕生-

    2013年07月 - 2013年07月



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.