研究者総覧

室﨑 千重MUROSAKI Chieムロサキ チエ

所属部署名研究院生活環境科学系住環境学領域
職名准教授
Last Updated :2022/10/06

researchmap

プロフィール情報

  • 室崎, ムロサキ
  • 千重, チエ

学位

  • 博士(工学), 神戸大学, 2008年09月

研究キーワード

  • 高齢者施設計画
  • 地域計画
  • 福祉住環境

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災), 建築計画、都市計画

経歴

  • 2005年04月, 2012年07月, 兵庫県立福祉のまちづくり研究所 研究第一グループ, 特別研究員
  • 2012年08月, 9999年, 奈良女子大学, 研究院 生活環境科学系
  • 2000年04月, 2005年03月, 株式会社現代計画研究所

学歴

  • 2005年04月, 2008年09月, 神戸大学, 大学院自然科学研究科 博士後期課程, 地域空間創生科学専攻, 日本国

所属学協会

  • 日本都市計画学会
  • 日本福祉のまちづくり学会
  • 日本建築学会
  • 日本リハビリテーション工学協会
  • 都市住宅学会

Ⅱ.研究活動実績

論文

  • 査読無し, 日本語, 都市住宅学, 公益社団法人 都市住宅学会, 団地型集合住宅を活用した母子世帯向けシェアハウスの可能性 -改修,管理運営の計画プロセス-, 葛西リサ; 岡崎愛子; 室崎千重, This study clarified the planning method of the renovation and operations management of the shared housing for single mother households that is using the apartment complex from the viewpoint of planners. The characteristic of renovation planning are the plan for 2 households that is a minimum who is capacity of the shared housing, and adding the function of the kids room to realize long term living. In terms of operations management, target is middle-income group which is capable self-sustaining daily life and support for residents that paying for childcare expense up to a maximum of 15,000 yen per month., 2018年, 2018, 103, 144, 149
  • 査読無し, 日本語, 都市住宅学, 公益社団法人 都市住宅学会, 母子世帯向けシェアハウスの全国的動向−運営主体の実態と建物、家賃と付帯サービスの方法−, 葛西 リサ; 室崎 千重; 岡崎 愛子, To realize the stable life of single mother households, integral supply of stable housing and care will be needed. As one scheme which achieves it, the shared housing based on mutual care of single mother households, or on group purchase of care has received social attention. Recently the number of shared housing for single mother households managed by company has risen gradually.This paper examine the nationwide situation of those shared housing, especially focusing on their management methods, type of buildings, the capacity, the size of private space and the relation the rent amount and care services. In conclusion the house target, 2018年, 2018, 103, 177, 186
  • 査読無し, 日本語, 日本建築学会計画系論文集, 日本建築学会, 小規模小中一貫教育校と地域との連携のあり方に関する基礎的研究 連携が京都市立京都大原学院・教員・住民等にもたらす効果に着目して, 森 里沙; 室崎 千重,  It needs to be clarified how children grow up with the people around them and their surroundings. For this process, the cooperation among school, families and the community is necessary. Recently, the combination and reorganization of schools increases due to the declining of the birthrate. Wider school zone becomes because of the combination and reorganization, more difficult the cooperation between a school and its community becomes.
     On the other hand, a certain way of integration combination and reorganization of schools catches attentions. It is to establish unified elementary through junior high schools. This type of school is also considered as one of the solutions to work on some academic issues. Inside of the stricken area by the Great East Japan Earthquake, for example, unified elementary through junior high school has established, being aimed at the revival of the education in that area. This method is expected to strengthen the social ties in the community.
     However, only few attempts have so far been made at the research on the cooperation between unified elementary through junior high school and its community, because this type of school is comparatively new in Japan. So, the purpose of this paper is to acquire the basic knowledge of the cooperation between unified elementary through junior high school and its community.
     For Kyoto Ohara Gakuin that was consolidated to unified elementary through junior high school for the purpose of staying the school in the area, this paper clarify the outlines of the activities of the students inside and outside the classes in cooperation with local residents, the effect of the activities on local residents and teachers and requirements to promote cooperation.
     First, we carried out an interview survey to local residents in order to grasp the outlines of the activities, the contents of cooperation and awareness of the people in the activities. Secondly, we carried out a questionnaire survey and an interview survey to class teachers and the principal so as to grasp the conditions of planning and operation of the activities by class teachers and the awareness of the class teachers about the activities.
     The number of activities with the community has increased after introduction of unified elementary through junior high school education. Local residents` children or grandchildren who go to Kyoto Ohara Gakuin and other local residents work together in the activities, because the teachers positively communicate with local residents in the community`s events in order to take care of them and strengthen the relationships among them.
     The effects on local residents through the cooperation to the activities are the following points; to utilize a place for activities as one part of the community, an opportunity to hang out is increased and to be able to be vigorous.
     The effect on teachers is to come to have a better communication with local residents and start to have a feeling that this school is necessary for the community.
     The cooperation between a unified elementary through junior high school and its community gives the desirable effect to the local residents who cooperate as well as operate the activities; the awareness of themselves and better life.
     All in all, to promote the cooperation between unified elementary and junior high school and local residents, it is important to value the place to interact with local residents in order to make relationships with residents other than guardians and to make connections within a school zone. As a result, it seems reasonable to say that the consciousness that things of school are also things of the community has been raised, and, as a consequence, the cooperation among them has been improved., 2017年08月, 82, 738, 1943, 1953
  • 査読無し, 日本語, 都市住宅学, 公益社団法人 都市住宅学会, 母子世帯向けシェアハウスの建築計画的特徴と暮らしからみたその評価, 日高 紗彩; 室崎 千重; 葛西 リサ, 2017年, 2017, 99, 84, 89
  • 査読無し, 日本語, 住総研研究論文集, 一般財団法人 住総研, ケア相互補完型集住への潜在的ニーズの把握と普及に向けた課題:地域に住み続けるためのケアと住まいの一体的供給の可能性, 葛西 リサ; 室崎 千重, 母子世帯の生活の安定のためには,住まいとケアが一体的に供給されることが望ましい。本稿では,その一つの方策として,複数の母子世帯が1住戸にて集住し,足りないケアを相互に補い合いながら住まう形を「ケア相互補完型集住」と称し,それへの母子世帯の潜在的ニーズについて明らかにした。その結果,経済的・空間的効率性や母親自身の孤独の解消,子の社会性を養う,母子のみの生活に対する不安の解消等という点がそのメリットとして掲げられ,ケアの相互補完に対する期待度は低かった。また,望ましいケアの調達方法として,ケアの共同購入や地域に子の居場所を作ると言ったものが挙がった。, 2016年, 42, 0, 191, 202

MISC

  • 査読無し, 日本語, ナント経済月報, 一般社団法人南都経済研究所, 多様な人びとを包摂した使いやすい環境整備~目的化するバリアフリーからの脱却~, 2021年03月
  • 査読無し, 日本語, 住宅会議, 日本住宅会議, 長期経過した分譲集合住宅団地における助け合いコミュニティ構築の可能性, 2021年06月, 112号
  • 査読無し, 日本語, すまいろん, 住総研, 田舎の交通と居住-奈良県吉野郡十津川村「高森のいえ」整備構想の取り組み, 室崎千重, 2018年, 102, 32, 35
  • 査読無し, 日本語, 建築雑誌, 日本建築学会, (45)奈良女子大学住生活学研究室 : 誰もが暮らしやすい住環境の実現(<連載>研究室探訪), 室﨑 千重, 2017年11月20日, 1704, 45, 45
  • 査読無し, 日本語, 建築社会システム, 日本建築学会, 多世代型シェアハウスに母子世帯と高齢者が住まう可能性, 葛西 リサ; 室崎 千重, 2016年08月24日, 2016, 251, 252
  • 査読無し, 日本語, 福祉のまちづくり研究, 一般社団法人 日本福祉のまちづくり学会, 共生社会・ユニバーサルデザインを授業で学ぶ機会, 室﨑 千重, 2016年, 18, 3, 87, 89
  • 査読無し, 日本語, 技苑 = Innovative technology world, 関西大学先端科学技術推進機構, 集合住宅"団地"の再編(再生・更新)手法に関する技術開発研究 (特集 プロジェクト研究報告概要集) -- (私立大学戦略的研究基盤形成支援事業プロジェクト), 江川 直樹; 鳴海 邦碩; 岡 絵理子; 橋寺 知子; 末包 伸吾; 髙田 光雄; 小玉 祐一郎; 平山 洋介; 大坪 明; 小浦 久子; 糟谷 佐紀; 室崎 千重; 林 泰義; 藤本 昌也; 安原 秀; 星田 逸郎, 2016年, 142, 1, 21
  • 査読無し, 日本語, 建築計画, 日本建築学会, 5159 小規模小中一貫校における異学年交流の実態に関する研究 : 0~15歳が学び育つ京都大原学院を事例として その2(地域との連携・複合(1),建築計画,学術講演会・建築デザイン発表会), 橋脇 愛美; 新美 真穂; 室崎 千重, 2015年09月04日, 2015, 2015, 317, 318
  • 査読無し, 日本語, 建築計画, 日本建築学会, 5158 子育て支援施設を併設した小中一貫校の子どもと地域の結びつきに関する研究 : 0~15歳が学び育つ京都大原学院を事例として その1(地域との連携・複合(1),建築計画,学術講演会・建築デザイン発表会), 新美 真穂; 橋脇 愛美; 室崎 千重, 2015年09月04日, 2015, 2015, 315, 316
  • 査読無し, 日本語, 建築社会システム, 日本建築学会, 8123 福祉的課題を持つ人々に対するシェアハウスの可能性 その2 : 母子世帯シェアハウスの住まい方からみる居住空間ニーズ(シェア居住(1),建築社会システム,学術講演会・建築デザイン発表会), 室崎 千重; 葛西 リサ, 2015年09月04日, 2015, 2015, 245, 246
  • 査読無し, 日本語, 建築社会システム, 日本建築学会, 8122 福祉的課題を持つ人々に対するシェアハウスの可能性 その1 : ひとり親シェアハウスの実態とそのニーズ(シェア居住(1),建築社会システム,学術講演会・建築デザイン発表会), 葛西 リサ; 室崎 千重, 2015年09月04日, 2015, 2015, 243, 244
  • 査読無し, 日本語, 農村計画, 日本建築学会, 6006 過疎地域における住民意向を踏まえた継続的な参加型地域づくりに関する研究 : 奈良県吉野郡十津川村谷瀬地区を事例として(過疎地域,農村計画,学術講演会・建築デザイン発表会), 高野 静香; 室崎 千重; 新美 真穂; 神吉 優美, 2015年09月04日, 2015, 2015, 11, 12
  • 査読無し, 日本語, 建築とまちづくり, 新建築家技術者集団, 長期経過した分譲集合住宅における住み続けられるコミュニティづくり (特集 縮退社会におけるマンションのあり方) -- (コトーハイツ伏見稲荷の取り組み), 室崎 千重, 2015年07月, 442, 24, 28
  • 査読無し, 日本語, 福祉のまちづくり研究, 一般社団法人 日本福祉のまちづくり学会, 日本住宅会議(他学会紹介), 室崎 千重, 2015年, 17, 3, 67, 67
  • 査読無し, 日本語, 都市問題, 後藤・安田記念東京都市研究所, 集合住宅団地の再生と高齢者の住環境 (特集 都市高齢者の孤立を考える), 室﨑 千重, 2014年04月, 105, 4, 66, 75
  • 査読無し, 日本語, 建築計画, 日本建築学会, 5400 小規模購買施設におけるバリアフリー整備基準の遵守状況と課題 : コンビニエンスストアと飲食店を中心として(トイレと地域のバリアフリー,建築計画,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会), 趙 〓〓; 室崎 千重; 北川 博巳, 2013年08月30日, 2013, 2013, 823, 824
  • 査読無し, 日本語, 家政學研究, 奈良女子大学, 暮らしやすい住まい・まちづくりに関するこれまでの研究, 室崎 千重, 2013年03月, 59, 2, 42, 47
  • 査読無し, 日本語, 建築社会システム, 日本建築学会, 8049 建築設計者・施工者のタイプ別バリアフリー実践と課題に関する研究(建物再成,建築社会システム,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会), 趙 〓〓; 室崎 千重; 北川 博巳, 2012年09月12日, 2012, 2012, 97, 98
  • 査読無し, 日本語, 建築社会システム, 日本建築学会, 8111 高齢者の在宅生活の継続にむけた支援の人的・空間的状況(地域における高齢者居住,建築社会システム,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会), 絹川 麻理; 室崎 千重, 2012年09月12日, 2012, 2012, 221, 222
  • 査読無し, 日本語, 建築計画, 日本建築学会, 5444 既存木造住宅での車いす操作性の評価に基づいた住環境整備指標の構築(子ども・高齢者の居住環境,建築計画,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会), 室崎 千重; 糟谷 佐紀; 米田 郁夫; 趙 〓〓, 2012年09月12日, 2012, 2012, 929, 930
  • 査読無し, 日本語, 都市住宅学, 公益社団法人 都市住宅学会, 在宅生活継続にむけた地区における支援環境整備のあり方に関する事例研究, 絹川 麻理; 室崎 千重, This study considered approaches to realize supportive environment for aging in place based on the findings on the independent livings of the elders in a suburban community with high aging rate and decreasing population. Interviews were conducted on 13 elder residents to explore how they actually sustained independent livings to find out human and social resources and spatial information of necessary supports. Also, interviews were performed with a welfare business operator to run a small-scale multi-functional business unit and a group living for the aged who had difficulties to live on their own, which cleared how the operator supported the elders and acted in the community as a community-based property to enhance community welfare. The results were summarized as recommended approaches., 2012年, 2012, 79, 38, 43
  • 査読無し, 日本語, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, 日本建築学会, 5693 長期経過団地の建替えによる再入居高齢者の生活変化に関する研究 その2 : 建替え団地の空間変化と近所つきあい変化の関わりに着目して(高齢者住居・地域コミュニティ(1),建築計画II), 室崎 千重, 2011年07月20日, 2011, 2011, 337, 338
  • 査読無し, 日本語, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 日本建築学会, 8162 事業化課題からみた小規模高齢者共同住宅の促進支援への提案(高齢者等の住宅と支援,建築社会システム), 絹川 麻理; 室崎 千重; 北川 博巳, 2011年07月20日, 2011, 2011, 1483, 1484
  • 査読無し, 日本語, 都市住宅学, 公益社団法人 都市住宅学会, 居住ニーズと事業化の課題からみた居住安定化にむけた 小規模高齢者共同住宅事業の促進要件, 絹川 麻理; 室崎 千重, This study captured the necessity to develop housing environment and the challenges for the development of small scale housing to consider approaches toward the implementation of housing and community environment to support aging in place. Questionnaire surveys conducted in two comparative aging communities indicated the living needs toenhance community environment. Observation and interviews defined challenges to promote small scale group livingsfor the aged. The approaches are as follows: 1) information exchanges with community to know its needs andassociation among people/organizations, 2) building support system with community for emergency, assistance for theaged, and other needs to be realized in cooperation with community organizations and public administration., 2011年, 2011, 75, 50, 55
  • 査読無し, 日本語, 都市住宅学, 公益社団法人 都市住宅学会, 長期経過団地の建替えによる再入居高齢者の近所つきあいの変化に関する研究その2:一地域交流施設の役割に関する研究一, 室崎 千重; 増永 理彦, This study aims to find out the design of the public housing that communication among neighbors is not lost easily. We investigated in the KORI-danchi. The main result that we obtained is as follows.I) While people's life becomes convenient with equipment of an elevator etc., an opportunity to meet with an acquaintance by chance decreases. 2) In order to inherit the inhabitant's communication among neighbors, we need to build space with familiarity, and the mechanism in which people gather, in a housing complex., 2011年, 2011, 75, 62, 67
  • 査読無し, 日本語, 住宅会議, 日本住宅会議, 都市における高齢者の居住支援ネットワーク--京都市都心部の旧小学校区の事例を通して (特集 高齢者居住を支える住宅と福祉のネットワーク), 室崎 千重, 2010年10月, 80, 26, 30
  • 査読無し, 日本語, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 日本建築学会, 5308 視覚障害者の視点からみた居住地の歩行空間と環境情報に関する研究(視覚障害者配慮のユニバーサルデザイン,建築計画I), 趙 〓〓; 室崎 千重, 2010年07月20日, 2010, 2010, 661, 662
  • 査読無し, 日本語, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, 日本建築学会, 5646 都市内公営住宅の空き住戸を活用した高齢者の生活支援拠点に関する研究 : 神戸市における高齢者自立支援ひろばの取り組みを事例として(集合住宅の共用空間,建築計画II), 室崎 千重, 2010年07月20日, 2010, 2010, 99, 100
  • 査読無し, 日本語, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会, 8009 ニュータウンの居住者の多様化に住宅更新が果たした役割に関する研究 : 千里ニュータウンにおける建替え後の公社賃貸住宅を事例として(建築経済・住宅問題), 近藤 民代; 佐々木 静香; 室崎 千重, 2010年05月25日, 50, 685, 688
  • 査読無し, 日本語, 月刊ゆたかなくらし, 本の泉社, 団地建替えによる再入居高齢者の生活変化 (高齢者が住みつづけられる団地と地域の再生), 室崎 千重, 2009年11月, 331, 32, 37
  • 査読無し, 日本語, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, 日本建築学会, 5706 長期経過団地の建替えによる再入居高齢者の生活変化に関する研究 : 住棟まわりでの近所つきあいに着目して(団地建て替え,建築計画II), 室崎 千重, 2009年07月20日, 2009, 2009, 169, 170
  • 査読無し, 日本語, 都市住宅学, 公益社団法人 都市住宅学会, 長期経過団地の建替えによる再入居高齢者の近所つきあいの変化に関する研究, 室崎 千重; 増永 理彦, This study aims to find out the design of the rebuilding public housing that communication among neighbors is not lost easily. The survey was implemented at the Koori Danchi housing development. The main result that we obtained is as follows. 1) Their communication among neighbors has decreased though they increased the number of acquaintances than before. There are 12% senior citizens who feel that it is lonely. 2) It is guessed that the chance that the resident meets by chance having decreased is related to a decrease in their communication among neighbors., 2009年, 2009, 67, 56, 61
  • 査読無し, 日本語, 日本建築学会計画系論文集, 日本建築学会, 一人暮らし高齢者の居住継続を支える近隣環境に関する研究 : 京都市都心部の旧富有小学校区を事例として, 室崎 千重; 重村 力; 山崎 義人, This paper is to find out the actual condition of the neighborhood community which make elderly continue to live on in that community. The field is in the central area of Kyoto city where many elderlies live. We discuss outdoor activities of elderly to see the independence of their daily life and how he or she is sharing in the benefit of environment. We also discuss their reliance on networks of kinship and community relations. Especially single resident which could be the final stage on his/her neighborhood relies on community relation and support of friends., 2008年09月30日, 73, 631, 1907, 1914
  • 査読無し, 日本語, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 日本建築学会, 8014 男女建築設計技術者を中心とした生活をめぐる性差 : 生活体験と生活空間創造に関する研究 その2(建築生産総合(2),建築経済・住宅問題), 小伊藤 亜希子; 趙 〓〓; 浅野 智子; 上野 勝代; 大谷 由紀子; 中島 明子; 松尾 光洋; 室崎 生子; 室崎 千重, 2008年07月20日, 2008, 2008, 1149, 1150
  • 査読無し, 日本語, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 日本建築学会, 8013 男女建築設計技術者を中心とした職能をめぐる性差 : 生活体験と生活空間創造に関する研究 その1(建築生産総合(2),建築経済・住宅問題), 趙 〓〓; 小伊藤 亜希子; 浅野 智子; 上野 勝代; 大谷 由紀子; 中島 明子; 松尾 光洋; 室崎 生子; 室崎 千重, 2008年07月20日, 2008, 2008, 1147, 1148
  • 査読無し, 日本語, 日本建築学会計画系論文集, 日本建築学会, 住居系・建築系学科女子卒業生におけるキャリア継続の阻害要因に関する研究, 趙 〓〓; 小伊藤 亜希子; 浅野 智子; 上野 勝代; 中島 明子; 松尾 光洋; 室崎 生子; 室崎 千重, In compliance with upward trend of women who take architecture or housing as their career, women students has accounted for around 20 percent of the total students who choose architecture or housing studies as their major at university in recent years. As the equality of the sexes at works has not been fully realized yet, it is mostly women that take cares of household affairs and children. This study is intended to investigate: obstacles that hinder keeping on taking a job., 2008年03月30日, 625, 633, 640
  • 査読無し, 日本語, リハ工学カンファレンス講演論文集, 兵庫県内の調査からみた住宅改修の事前申請制への移行と「理由書」標準様式の活用実態の把握, 糟谷佐紀; 神吉優美; 室崎千重, 2007年08月23日, 22nd, 235, 236
  • 査読無し, 日本語, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 日本建築学会, 8045 韓国における建築系学科女子卒業生のキャリア継続を成立させる要因に関する研究(職能・技術者,建築経済・住宅問題), 趙 〓〓; 小伊藤 亜希子; 浅野 智子; 上野 勝代; 大谷 由紀子; 中島 明子; 松尾 光洋; 室崎 生子; 室崎 千重, 2007年07月31日, 2007, 2007, 1261, 1262
  • 査読無し, 日本語, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, 日本建築学会, 5671 住宅改修における事前申請および「理由書」標準様式の効果 : 兵庫県内市町を対象とした悉皆調査を通して(高齢者・障害者の住宅改修(1),建築計画II), 神吉 優美; 室崎 千重; 糟谷 佐紀, 2007年07月31日, 2007, 2007, 173, 174
  • 査読無し, 日本語, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, 日本建築学会, 5618 郊外団地における住民相互の助け合いシステムに関する研究 : 高齢化の進む兵庫県・明石舞子団地の住民意識調査を通して(相互扶助のまちづくり,建築計画II), 室崎 千重; 神吉 優美, 2007年07月31日, 2007, 2007, 67, 68
  • 査読無し, 日本語, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会, 8005 住居系・建築系学科女子卒業生の仕事と生活をめぐるライフヒストリーに関する研究(建築経済・住宅問題), 趙 〓〓; 小伊藤 亜希子; 浅野 智子; 上野 勝代; 大谷 由紀子; 中島 明子; 松尾 光洋; 室崎 生子; 室崎 千重, 2007年05月22日, 47, 713, 716
  • 査読無し, 日本語, 日本建築学会計画系論文集, 日本建築学会, 住居系・建築系学科女子卒業生の仕事と生活に関する研究, 趙 〓〓; 小伊藤 亜希子; 浅野 智子; 上野 勝代; 中島 明子; 松尾 光洋; 室崎 生子; 室崎 千重, In compliance with upward trend of women who take architecture or housing as their career, women students has accounted for around 20 percent of the total students who choose architecture or housing studies as their major at university in recent years. As the equality of the sexes at works has not been fully realized yet, it is mostly women that take cares of household affairs and children. This study is intended to investigate: 1) the effect of gender equal participation policy at actual work places; 2) requirements for continuing to have a job, with a view thus to promote further discussion about required supports., 2007年, 72, 617, 103, 109
  • 査読無し, 日本語, 「理由書」標準様式を活用した住宅改修評価システムの構築に関する研究 平成18年度 総括・分担研究報告書, 「理由書」標準様式を活用した住宅改修評価システムの構築に関する研究 I.「理由書」標準様式の評価ツールとしての活用に関する可能性 第2章 兵庫県内における住宅改修の事前申請制と「理由書」標準様式の活用実態, 糟谷佐紀; 神吉優美; 室崎千重, 2007年, 27, 36
  • 査読無し, 日本語, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 日本建築学会, 5394 車いす使用者の移動スペースに関する研究(その1) : 通路・開口幅と車いす全長の相関関係(バリアフリー・ユニバーサルデザイン(1), 建築計画I), 糟谷 佐紀; 室崎 千重; 米田 郁夫; 阪東 美智子; 末田 統; 藤澤 正一郎, 2006年07月31日, 2006, 2006, 799, 800
  • 査読無し, 日本語, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 日本建築学会, 5395 車いす使用者の移動スペースに関する研究 (その2) : 通路・開口幅と車いす全幅の相関関係(バリアフリー・ユニバーサルデザイン(1), 建築計画I), 室崎 千重; 糟谷 佐紀; 米田 郁夫, 2006年07月31日, 2006, 2006, 801, 802
  • 査読無し, 日本語, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 日本建築学会, 8022 建築・住居系学科女子卒業生の仕事と生活歴 : 8.建築経済・住宅問題-3.住宅(住教育・住要求, 建築経済・住宅問題), 趙 〓〓; 小伊藤 亜希子; 中島 明子; 室崎 生子; 上野 勝代; 松尾 光洋; 浅野 智子; 室崎 千重, 2006年07月31日, 2006, 2006, 1095, 1096
  • 査読無し, 日本語, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, 日本建築学会, 5741 自治体による住宅改造助成事業の実態および課題 : 兵庫県「人生80年いきいき住宅助成事業」を事例として(住宅改善のサポート, 建築計画II), 神吉 優美; 室崎 千重; 米田 郁夫, 2006年07月31日, 2006, 2006, 351, 352
  • 査読無し, 日本語, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, 日本建築学会, 6074 モンゴル民族の居住形態による生活の変化と継承 : 中国内モンゴル自治区におけるモンゴル民族の生活様態と居住空間に関する研究 その1(海外居住研究, 農村計画), 野村 理恵; 中山 徹; 室崎 生子; 〓 茹; 室崎 千重; 奥山 純子, 2006年07月31日, 2006, 2006, 601, 602
  • 査読無し, 日本語, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会, 8013 建築・住居系学科女子卒業生の仕事と生活歴(建築経済・住宅問題), 趙 〓〓; 小伊藤 亜希子; 中島 明子; 室崎 生子; 上野 勝代; 松尾 光洋; 浅野 智子; 室崎 千重, 2006年05月23日, 46, 681, 684
  • 査読無し, 日本語, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会, 5040 住宅を高齢者福祉施設に転用することによって生まれる魅力(建築計画), 南原 加代子; 稲地 秀介; 室崎 千重; 重村 力; 山崎 寿一, 2006年05月23日, 46, 157, 160
  • 査読無し, 日本語, 福祉工学シンポジウム講演論文集, 一般社団法人 日本機械学会, 1C1-05 横断勾配が手動車いすの走行に及ぼす影響とその対策に関する考察(OS 車いす支援システム), 米田 郁夫; 橋詰 努; 室崎 千重; 糟谷 佐紀; 末田 統; 藤澤 正一郎; 鎌田 実, It seems that there is actually little possibility to clear all the barriers that obstruct movement of manual wheelchairs. Especially, it is necessary to slope the sidewalks sideways for draining. This paper concentrates the issue on negotiating the 5%-side-slope surface by the manual wheelchairs, and, we obtained that when running on the side-slope surface, the load/distance rate become lower by shifting the position of driving wheels forward. And furthermore, it became clear that excluding the swiveling function of casters make operation of the manual wheelchairs on the side-slope surface remarkably easy. That suggests new mechanism for negotiating the side-slope surface., 2006年, 2006, 0, 29, 32
  • 査読無し, 日本語, 福祉のまちづくり研究, 一般社団法人 日本福祉のまちづくり学会, 3g-4 住宅改修に関係する専門職を対象とした意識調査 : 建築分野と保健・医療・福祉分野別の比較(セッション3-G「建築整備・改修2」,研究発表座長報告,日本福祉のまちづくり学会 第8回全国大会), 井上 結; 米田 郁夫; 糟谷 佐紀; 金 承喜; 阪東 美智子; 室崎 千重; 多淵 敏樹, 2006年, 7, 2, 35, 35
  • 査読無し, 日本語, 豊かな高齢社会の探究 調査研究報告書, ユニベール財団, 一人暮らし高齢者の居住継続を支える近隣社会環境に関する研究, 稲地 秀介; 室崎 千重, 2004年09月, 12, 1, 43,巻頭2p,巻末1p
  • 査読無し, 日本語, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 日本建築学会, 7285 高齢者の居住継続と近隣社会環境に関する研究 その2 : 京都都心部の旧小学校区に着目して, 室崎 千重; 重村 力; 山崎 寿一; 宮野 順子, 2000年07月31日, 2000, 2000, 569, 570, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 査読無し, 日本語, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 日本建築学会, 7284 高齢者の居住継続と近隣社会環境に関する研究 その1 : 京都都心部の旧小学校区に着目して, 室崎 千重; 重村 力; 山崎 寿一; 宮野 順子, 2000年07月31日, 2000, 2000, 567, 568, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 査読無し, 日本語, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会, 7075 高齢者の居住継続と近隣社会環境に関する研究 : 京都都心部の元学区(旧小学校区)に着目して(都市計画), 室崎 千重; 重村 力; 山崎 寿一, 2000年05月25日, 40, 701, 704
  • 査読無し, 日本語, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 日本建築学会, 7083 既成市街地再整備における地区イメージの継承に関する研究 : JR六甲道駅西震災復興土地区画整理地区を事例として, 大野 敏典; 重村 力; 室崎 千重, 1999年07月30日, 1999, 1999, 165, 166
  • その他, 土木計画学研究・講演集(CD-ROM), 旅客施設のない町での市民提案型バリアフリー基本構想策定を通じた住民・行政協働のあり方に関する考察, 藤村安則; 柳原崇男; 神吉優美; 室崎千重, 2019年, 60
  • その他, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 子育て世帯の和室の使い方と住意識-公的住宅団地を対象とした子育て支援住環境に関する事例研究(その2)-, 中西眞弓; 檜谷美恵子; 高田光雄; 室崎千重, 2019年, 2019
  • その他, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 滞在型複合図書館が利用行動に与える効果に関する研究-商業施設複合型のあかし市民図書館を対象として-, 川嶋汐里; 室崎千重, 2019年, 2019
  • その他, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 知的障害児者の外出促進と親の負担軽減につながる外出環境整備に関する研究, 大谷咲月; 室崎千重, 2019年, 2019
  • その他, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 認知症高齢者が自宅に住み続けるための住環境の段階的な整備に関する研究, 宮本順加; 室崎千重, 2019年, 2019
  • その他, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), キッチン設備の天板奥行寸法におけるアクセシビリティに関する研究, 田嶋尚美; 室崎千重, 2019年, 2019
  • その他, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 団地住戸の続き間使用時における家族と子どもの様子認識-公的住宅団地を対象とした子育て支援住環境に関する事例研究(その1), 多々良理奈; 室崎千重; 高田光雄; 檜谷美恵子; 中西眞弓, 2019年, 2019
  • その他, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 子どもの居場所としての共用空間の評価-公的住宅団地を対象とした子育て支援住環境に関する事例研究(その1), 谷口悠貴; 檜谷美恵子; 室崎千重; 中西眞弓; 高田光雄, 2019年, 2019
  • その他, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 居住不安定者用ステップハウス支援の取り組みとその効果-日本におけるハウジングファースト型支援に向けて-, 川嶋汐里; 室崎千重, 2018年, 2018
  • その他, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 保育園の空間構成から誘発される異年齢交流に関する研究, 多々良理奈; 室崎千重, 2018年, 2018
  • その他, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 視覚・聴覚障害者の観光の楽しみ方から着想を得た体験型観光情報の提示に関する研究, 金村麗華; 室崎千重, 2018年, 2018
  • その他, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 障害当事者が楽しめる展示空間整備と利用のための情報発信の現状と課題, 室崎千重, 2018年, 2018
  • その他, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 過疎地域における住民意向を踏まえた継続的な参加型地域づくりに関する研究 その2-奈良県吉野郡十津川村谷瀬集落を対象とする地域づくり継続の変化-, 中飯久美子; 室崎千重, 2018年, 2018
  • その他, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 供給の実態と居住者評価から検討する母子世帯向けシェアハウスの設備数, 日高紗彩; 室崎千重, 2018年, 2018
  • その他, リハ工学カンファレンス講演論文集(CD-ROM), 車いす使用者が使いやすいキッチン計画の提案, 室崎千重, 2012年, 27th
  • 日本語, 兵庫県立福祉のまちづくり研究所報告集, 兵庫県社会福祉事業団総合リハビリテーションセンター兵庫県立福祉のまちづくり研究所, 高齢者の自立生活を支援する居住環境・地区のあり方に関する研究 : 高齢者の近隣居住支援に必要な計画の構築と提案, 絹川 麻理; 室﨑 千重; 北川 博巳, 2011年, 2011, 27, 33
  • その他, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 認知症高齢者が自宅に住み続けるための住環境の段階的な整備に関する研究 その2, 室崎千重, 2021年, 2021
  • その他, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 多様化するライフスタイルと住要求に対応する賃貸住宅の有効性と可能性, 齋藤真奈夢; 室崎千重, 2021年, 2021
  • その他, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 聴覚障害の有無による鑑賞のニーズの違いからみた整備の必要性, 大谷咲月; 室崎千重, 2021年, 2021
  • その他, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 子育て世帯における和室の活用可能性に関する調査研究 その2-仮想3LDK住宅における和室の希望-, 中西眞弓; 森重幸子; 高田光雄; 室崎千重, 2021年, 2021
  • その他, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 高齢期の快適居住継続に向けた子どもの独立・退職を迎える世代の持家の改修意向と実施実態, 瀬戸千裕; 室崎千重, 2021年, 2021
  • その他, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 自宅周辺地域での生活時間増加により改めて意識した地域生活に必要な要素に関する研究, 大西桜子; 室崎千重, 2021年, 2021
  • その他, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 郊外型コワーキングスペースの住宅比率による立地特性に関する研究, 高木正恵; 室崎千重, 2021年, 2021
  • 日本語, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 5369 公園保育所が地域の人の保育施設の認知・受入意識と乳幼児との関わりに与える影響, 瀨戸 千裕; 室崎 千重, 2020年09月, 2020, 2020, 741, 742
  • 日本語, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 5280 美術館・博物館の聴覚障害者への配慮について当事者の評価と取り組みの実態, 大谷 咲月; 室崎 千重, 2020年09月, 2020, 2020, 563, 564
  • 日本語, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 5030 団地住戸の続き間の利用実態と親と子のコミュニケーションへの評価 公的住宅団地を対象とした子育て支援住環境に関する事例研究(その5), 室崎 千重; 檜谷 美恵子; 高田 光雄; 中西 眞弓, 2020年09月, 2020, 2020, 63, 64
  • 日本語, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 5029 共用空間の利用をめぐる課題 公的住宅団地を対象とした子育て支援住環境に関する事例研究(その4), 檜谷 美恵子; 室崎 千重; 中西 眞弓; 高田 光雄, 2020年09月, 2020, 2020, 61, 62
  • 日本語, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 5146 住宅活用型子ども食堂の参加者の居場所選択と活動内容に住宅特有の空間要素が与える影響, 大西 桜子; 室崎 千重, 2020年09月, 2020, 2020, 295, 296
  • その他, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 子育て世帯における和室の活用可能性に関する調査研究-子育て世帯の和室の使い方と住意識-, 中西眞弓; 森重幸子; 高田光雄; 室崎千重, 2020年, 2020
  • 日本語, 兵庫県立福祉のまちづくり研究所報告集, 兵庫県社会福祉事業団総合リハビリテーションセンター兵庫県立福祉のまちづくり研究所, 県営住宅の住戸プランにおけるバリアフリー配慮の工夫に関する研究, 室﨑 千重; 石川 星児; 趙 玟姃, 2011年, 2011, 43, 50
  • 日本語, 兵庫県立福祉のまちづくり研究所報告集, 兵庫県社会福祉事業団総合リハビリテーションセンター兵庫県立福祉のまちづくり研究所, ユニバーサル社会の実現に向けた環境整備に関する研究 : 小規模購買施設における利用者を理解したバリアフリー整備手法の提案, 趙 玟姃; 北川 博巳; 室﨑 千重, 2012年, 35, 44
  • 日本語, 兵庫県立福祉のまちづくり研究所報告集, 兵庫県社会福祉事業団総合リハビリテーションセンター兵庫県立福祉のまちづくり研究所, 高齢者の居住安定化にむけたコミュニティデザインに関する研究, 難波 健; 北川 博巳; 室﨑 千重, 2012年, 29, 34
  • 日本語, 兵庫県立福祉のまちづくり研究所報告集, 兵庫県社会福祉事業団総合リハビリテーションセンター兵庫県立福祉のまちづくり研究所, 建築と車いすの関係性に着目した住環境整備指標の構築, 室﨑 千重; 橋詰 努; 趙 玟姃, 2010年, 75, 80

書籍等出版物

  • 住まいの百科事典, 丸善出版, 日本家政学会, 2021年04月, xxi, 716p, 日本語, その他, 9784621305812, cinii_books
  • 十津川村史, 十津川村, 十津川村史編さん委員会; 十津川村, 2021年03月, x, 639p, 図版 [6] p, 日本語, その他, cinii_books
  • 誰もが〈助かる〉社会 : まちづくりに織り込む防災・減災, 新曜社, 渥美, 公秀; 石塚, 裕子(大学教員), 2021年03月, vi, 157p, 日本語, その他, 9784788517127, cinii_books
  • 都市計画とまちづくりがわかる本, 彰国社, 伊藤, 雅春; 小林, 郁雄; 澤田, 雅浩; 野澤, 千絵; 真野, 洋介; 山本, 俊哉, 2017年07月, 247p, 日本語, その他, 9784395320936, cinii_books
  • 利用者本位の建築デザイン : 事例でわかる住宅・地域施設・病院・学校, 彰国社, 日本建築学会, 2017年02月, 142p, 日本語, その他, 9784395320851, cinii_books
  • リジリエント・シティ : 現代都市はいかに災害から回復するのか?, クリエイツかもがわ, Vale, Lawrence J.; Campanella, Thomas J.; 山崎, 義人; 田中, 正人; 田口, 太郎; 室崎, 千重, 2014年, 222p, 日本語, その他, 9784863421264, cinii_books
  • 空き家・空きビルの福祉転用 : 地域資源のコンバージョン, 学芸出版社, 日本建築学会, 2012年09月, 167p, 日本語, その他, 9784761532000, cinii_books
  • 都市・まちづくり学入門, 学芸出版社, 日本都市計画学会関西支部新しい都市計画教程研究会; 日本都市計画学会関西支部; 久, 隆浩; 柴田, 祐; 嘉名, 光市; 林田, 大作; 坂井, 信行; 篠原, 祥; 松村, 暢彦; 永田, 宏和; 宮崎, ひろ志; 下村, 泰彦; 室崎, 千重, 2011年11月, 223p, 日本語, その他, 9784761525200, cinii_books

講演・口頭発表等

  • 室﨑千重, 国内, 日本建築学会2020年度大会(関東), 団地住戸の続き間の利用実態と親と子のコミュニケーションへの評価 公的住宅団地を対象とした子育て支援住環境に関する事例研究(その5), 口頭発表(一般), 2020年09月, 日本語
  • 檜谷美恵子, 国内, 日本建築学会2020年度大会(関東), 共用空間の利用をめぐる課題 公的住宅団地を対象とした子育て支援住環境に関する事例研究(その4), 口頭発表(一般), 2020年09月, 日本語
  • 瀨戸千裕, 国内, 日本建築学会2020年度大会(関東), 公園保育所が地域の人の保育施設の認知・受入意識と乳幼児との関わりに与える影響, 口頭発表(一般), 2020年09月
  • 大西桜子, 国内, 日本建築学会2020年度大会(関東), 住宅活用型子ども食堂の参加者の居場所選択と活動内容に住宅特有の空間要素が与える影響, 口頭発表(一般), 2020年09月, 日本語
  • 大谷咲月, 国内, 日本建築学会2020年度大会(関東), 美術館・博物館の聴覚障害者への配慮について当事者の評価と取り組みの実態, 口頭発表(一般), 2020年09月
  • 中西眞弓, 国内, 日本建築学会2020年度大会(関東), 子育て世帯における和室の活用可能性に関する調査研究 子育て世帯の和室の使い方と住意識, 口頭発表(一般), 2020年09月
  • 高木正恵; 室崎千重, 国内, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 郊外型コワーキングスペースの住宅比率による立地特性に関する研究, 口頭発表(一般), 2021年, 2021年, 2021年, その他
  • 大西桜子; 室崎千重, 国内, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 自宅周辺地域での生活時間増加により改めて意識した地域生活に必要な要素に関する研究, 口頭発表(一般), 2021年, 2021年, 2021年, その他
  • 瀬戸千裕; 室崎千重, 国内, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 高齢期の快適居住継続に向けた子どもの独立・退職を迎える世代の持家の改修意向と実施実態, 口頭発表(一般), 2021年, 2021年, 2021年, その他
  • 中西眞弓; 森重幸子; 高田光雄; 室崎千重, 国内, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 子育て世帯における和室の活用可能性に関する調査研究 その2-仮想3LDK住宅における和室の希望-, 口頭発表(一般), 2021年, 2021年, 2021年, その他
  • 大谷咲月; 室崎千重, 国内, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 聴覚障害の有無による鑑賞のニーズの違いからみた整備の必要性, 口頭発表(一般), 2021年, 2021年, 2021年, その他
  • 齋藤真奈夢; 室崎千重, 国内, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 多様化するライフスタイルと住要求に対応する賃貸住宅の有効性と可能性, 口頭発表(一般), 2021年, 2021年, 2021年, その他
  • 室崎千重, 国内, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 認知症高齢者が自宅に住み続けるための住環境の段階的な整備に関する研究 その2, 口頭発表(一般), 2021年, 2021年, 2021年, その他
  • 大西 桜子; 室崎 千重, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 5146 住宅活用型子ども食堂の参加者の居場所選択と活動内容に住宅特有の空間要素が与える影響, 2020年09月, 2020年09月, 2020年09月, 日本語, url
  • 檜谷 美恵子; 室崎 千重; 中西 眞弓; 高田 光雄, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 5029 共用空間の利用をめぐる課題 公的住宅団地を対象とした子育て支援住環境に関する事例研究(その4), 2020年09月, 2020年09月, 2020年09月, 日本語, url
  • 室崎 千重; 檜谷 美恵子; 高田 光雄; 中西 眞弓, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 5030 団地住戸の続き間の利用実態と親と子のコミュニケーションへの評価 公的住宅団地を対象とした子育て支援住環境に関する事例研究(その5), 2020年09月, 2020年09月, 2020年09月, 日本語, url
  • 大谷 咲月; 室崎 千重, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 5280 美術館・博物館の聴覚障害者への配慮について当事者の評価と取り組みの実態, 2020年09月, 2020年09月, 2020年09月, 日本語, url
  • 瀨戸 千裕; 室崎 千重, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 5369 公園保育所が地域の人の保育施設の認知・受入意識と乳幼児との関わりに与える影響, 2020年09月, 2020年09月, 2020年09月, 日本語, url
  • 中西眞弓; 森重幸子; 高田光雄; 室崎千重, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 子育て世帯における和室の活用可能性に関する調査研究-子育て世帯の和室の使い方と住意識-, 2020年, 2020年, 2020年, その他
  • 多々良理奈; 室崎千重; 高田光雄; 檜谷美恵子; 中西眞弓, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 団地住戸の続き間使用時における家族と子どもの様子認識-公的住宅団地を対象とした子育て支援住環境に関する事例研究(その1), 2019年, 2019年, 2019年, その他
  • 田嶋尚美; 室崎千重, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), キッチン設備の天板奥行寸法におけるアクセシビリティに関する研究, 2019年, 2019年, 2019年, その他
  • 宮本順加; 室崎千重, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 認知症高齢者が自宅に住み続けるための住環境の段階的な整備に関する研究, 2019年, 2019年, 2019年, その他
  • 大谷咲月; 室崎千重, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 知的障害児者の外出促進と親の負担軽減につながる外出環境整備に関する研究, 2019年, 2019年, 2019年, その他
  • 川嶋汐里; 室崎千重, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 滞在型複合図書館が利用行動に与える効果に関する研究-商業施設複合型のあかし市民図書館を対象として-, 2019年, 2019年, 2019年, その他
  • 中西眞弓; 檜谷美恵子; 高田光雄; 室崎千重, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 子育て世帯の和室の使い方と住意識-公的住宅団地を対象とした子育て支援住環境に関する事例研究(その2)-, 2019年, 2019年, 2019年, その他
  • 藤村安則; 柳原崇男; 神吉優美; 室崎千重, 国内, 土木計画学研究・講演集(CD-ROM), 旅客施設のない町での市民提案型バリアフリー基本構想策定を通じた住民・行政協働のあり方に関する考察, 2019年, 2019年, 2019年, その他

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 研究助成, 2021年06月01日, 2022年10月31日, 研究分担者, タクティカル・ハビテーションが切り拓く遊牧的住まい方, (財)住宅総合研究財団
  • 基盤研究(A), 2017年04月01日, 2021年03月31日, 17H01309, 少子高齢化社会に対応した子育て支援住環境システムの構築と実装に関する研究, 高田 光雄; 山崎 陽菜; 北 順子; 前田 昌弘; 檜谷 美恵子; 室崎 千重; 中西 眞弓; 碓田 智子; 三浦 研; 森重 幸子; 土井 脩史; 定行 まり子; 神吉 優美, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(A), 京都美術工芸大学, 32500000, 25000000, 7500000, 本研究では、①住宅・施設計画の視点、②団地再生・リノベーション、③既存都市環境、④住情報の4つの領域を設定し、研究を進めている。各領域のこれまでの研究成果の概要は以下の通りである。 ①子育て支援を企図して建設された公営住宅団地の住環境の実態を捉えるため2018年10月に全戸対象としたアンケート調査を実施した。子育て支援住環境としての団地の共用空間のあり方、住戸内の和室と続き間の活用の可能性について分析を行った。 ②樫原団地(京都市)を対象として、子育て支援住環境の具体的デザインを検討した。和の空間が子育てにおいて有効ではないかと考え、和の空間要素を持つ住戸改修を提案した。この提案では、住戸内外の繋がりや子どもの成長に伴なう可変性に配慮している。さらに、この提案に対するアンケート調査を実施し、評価と問題点を把握した。 ③歴史的市街地に多く存在する細街路は、子育て世帯にとって生活空間としての可能性や交通安全性に利点があると考え、細街路に居住する子育て世帯のケーススタディを行った。子育て世帯による路地空間利用の実態および、利用を可能とする条件を把握した。また、地域コミュニティのケーススタディとして地蔵盆の調査を実施した。 ④大阪府内及び京都市内の子育て世帯を中心に、アンケート調査、ヒアリング調査、住み方調査などを行い、子育て世帯の住宅選択行動と住み替え時の住環境選好、住情報ニーズ、居住移動の特徴を明らかにし、行政や不動産業者による子育て世帯向けの住情報支援の現状と課題を明らかにした。
  • 基盤研究(B), 2013年04月01日, 2016年03月31日, 25289208, 南海トラフ地震に備えた事前の「復興計画」の提案 地域文脈の解読と集落・都市の再編, 木多 道宏; 稲地 秀介; 河合 慎介; 川窪 広明; 川島 智生; 木多 彩子; 境野 健太郎; 阪田 弘一; 下田 元毅; 田口 太郎; 中野 茂夫; 林田 大作; 平田 隆行; 牧 紀男; 松原 茂樹; 室崎 千重; 安枝 英俊; 山口 秀文, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 大阪大学, 17940000, 13800000, 4140000, 南海トラフ地震の津波等による被災想定地域について、過去から将来へ連綿と受け継ぐべき計画的課題と社会空間のしくみ(地域文脈)を解読し、地域文脈を継承しながら、集落・都市を人口減少社会に対応した社会空間構造へと再編するために必要な計画的知見を得た。 沿岸部では紀伊半島における和歌山・海南エリア、湯浅・広川エリア、田辺エリア、すさみエリア、尾鷲エリアと、徳島県の阿南エリア、美波・海陽エリア、大阪ベイエリアの神戸市長田区を対象とし、調査もしくは事前復興の実践を行った。山間部では、紀伊半島過疎地域と和歌山県橋本市、奈良県五條市、十津川村を選定し、紀伊半島内陸部・沿岸部の事前復興ネットワークを構想した。, kaken_url
  • 若手研究(B), 2013年04月01日, 2016年03月31日, 25820297, 生活課題解決型の住民活動による地域共助コミュニティの形成に関する研究, 室崎 千重, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究(B), 奈良女子大学, 1690000, 1300000, 390000, 本研究は、住民主導の地域課題解決型の共助に着目し、共助による地域内の人の繋がり形成とその効果を捉えることにより、新たな共助のしくみの構築と豊かに住み続けられる地域づくりのためのコミュニティ計画への知見を得ることを目的とする。共助のしくみ構築を目指す長期経過集合住宅の住民の意識調査、共助に取り組む組織形態が異なる3つの先行事例のヒアリング調査を実施した。結果として、共助のしくみを新たに構築するための潜在力は地域内に存在すること、組織形態ごとに異なる特徴があること、共助のしくみ構築に向けた具体的な活動内容、参画できるライフステージ、必要な工夫・配慮点を明らかにした。, kaken_url
  • 基盤研究(C), 2012年04月01日, 2015年03月31日, 24560774, 東日本大震災における被災要援護者の住環境に関する研究, 糟谷 佐紀; 平山 洋介; 室崎 千重, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 神戸学院大学, 5070000, 3900000, 1170000, 本研究の目的は、身体に何らかの障害のある高齢者や障害者などが利用しやすい仮設住宅の標準仕様を提案することである。そのために東日本大震災において建設された応急仮設住宅の不具合箇所を検証し、建設当初から組み込める標準仕様を提案した。 水回りに不具合箇所が多く見られたため、水回りの改善について次の4点を提案した。 ①車椅子使用者の移動スペース、介助スペースの確保を可能とするために、脱衣室とトイレを一室とする、②浴室内の洗面器は撤去し、脱衣空間にコンパクトタイプの洗面台を設置、③浴室入口を引戸とし、出入有効寸法を広く確保する、④バリアフリー対応浴室を使用し、脱衣スペースからの段差を最小限に抑える。, kaken_url
  • 2009年, 2010年, 都市内団地の空き住戸活用による居住地密着型の高齢者支援モデルに関する研究, 科学研究費補助金, 0, 0, 0, 競争的資金
  • 若手研究(B), 2009年, 2010年, 21760496, 都市内団地の空住戸活用による居住地密着型の高齢者支援モデルに関する研究, 室崎 千重, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究(B), 兵庫県立福祉のまちづくり工学研究所, 1560000, 1200000, 360000, 本研究は、兵庫県施策として実施されている公営住宅の空き住戸を活用した神戸市内の先進事例調査により、自宅から身近な場所に創設した支援拠点が、新たに担うことのできる役割および住戸を活用する利点・欠点を整理し、今後の拠点整備への課題を明らかにした。結果として、住宅団地内に常駐することで地域の人の繋がりや課題が把握できること、安心感が生まれることなどが捉えられた。また、地域内の人材発掘などが今後の課題として明らかになった。, kaken_url


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.