研究者総覧

井上 洋一INOUE Yoichiイノウエ ヨウイチ

所属部署名研究院生活環境科学系スポーツ健康科学領域
職名教授
Last Updated :2022/11/03

researchmap

プロフィール情報

  • 井上, イノウエ
  • 洋一, ヨウイチ

学位

  • 体育学修士, 筑波大学

研究キーワード

  • スポーツ、法、ルール、訴訟、法的責任、安全

研究分野

  • ライフサイエンス, スポーツ科学

経歴

  • 2014年04月, 研究院生活環境科学系
  • 2012年04月, 研究院人文科学系
  • 2005年10月, 奈良女子大学教授文学部
  • 1994年04月, 2005年09月, 奈良女子大学助教授文学部
  • 2003年10月, 2004年07月, インデイアナ大学客員研究員
  • 1992年04月, 1994年03月, 奈良女子大学講師文学部
  • 1986年10月, 1992年03月, 東京大学助手教養学部

学歴

  • 1984年04月, 1986年09月, 筑波大学大学院, 博士後期課程体育科学研究科
  • 1980年04月, 1983年03月, 筑波大学大学院, 修士課程体育学研究科, 体育学
  • 1976年04月, 1980年03月, 筑波大学, 第一学群社会学類(法学), 社会学類・法学

担当経験のある科目(授業)

  • 運動文化論演習, 奈良女子大学
  • 卒業研究Ⅱ, 奈良女子大学
  • 卒業研究Ⅰ, 奈良女子大学
  • スポーツ健康科学入門演習Ⅱ, 奈良女子大学
  • 健康運動実習Ⅱ(E), 奈良女子大学
  • スポーツ実習A7, 奈良女子大学
  • 健康運動実習Ⅰ(E), 奈良女子大学
  • 心身健康学卒業演習Ⅱ, 奈良女子大学
  • 心身健康学卒業演習Ⅰ, 奈良女子大学
  • スポーツ実習A2, 奈良女子大学
  • 心身健康学研究演習Ⅱ, 奈良女子大学
  • スポーツ健康科学演習A, 奈良女子大学
  • 心身健康学研究演習Ⅰ, 奈良女子大学
  • スポーツ法学, 奈良女子大学
  • 体育・スポーツ史, 奈良女子大学
  • スポーツ実習C2, 奈良女子大学
  • スポーツ実習A8, 奈良女子大学
  • シーズンスポーツ実習・冬, 奈良女子大学
  • シーズンスポーツ実習・夏, 奈良女子大学
  • 体育・スポーツ史(スポーツ法政論特殊研究), 奈良女子大学
  • 体育・スポーツ事故論(特殊研究), 奈良女子大学
  • スポーツ健康科学入門演習Ⅰ, 奈良女子大学
  • スポーツ実習A1, 奈良女子大学
  • 健康スポーツ科学, 奈良女子大学
  • 健康運動実習Ⅱ(A), 奈良女子大学
  • 健康運動実習Ⅰ(A), 奈良女子大学
  • 身体コミュニケーション卒業演習Ⅱ, 奈良女子大学
  • 身体コミュニケーション研究演習Ⅱ, 奈良女子大学
  • 体育・スポーツ事故論, 奈良女子大学
  • 心身健康学概論Ⅰ, 奈良女子大学
  • 身体コミュニケーション卒業演習Ⅰ, 奈良女子大学
  • 個人スポーツ実習A, 奈良女子大学
  • 身体コミュニケーション研究演習Ⅰ, 奈良女子大学
  • スポーツ実習A1(テニス), 奈良女子大学
  • 基礎演習I, 奈良女子大学
  • 体育・スポーツ事故論特殊研究, 奈良女子大学
  • 地域連携運動実習, 奈良女子大学
  • 健康運動実習Ⅱ, 奈良女子大学
  • 個人スポーツ実習B, 奈良女子大学
  • 健康運動実習Ⅰ, 奈良女子大学
  • スポーツパフォーマンス卒業演習Ⅱ, 奈良女子大学
  • 野外スポーツ実習・冬, 奈良女子大学
  • スポーツ科学入門演習, 奈良女子大学
  • スポーツパフォーマンス卒業演習Ⅰ, 奈良女子大学
  • スポーツ法政論特殊研究, 奈良女子大学
  • 野外スポーツ実習・夏, 奈良女子大学
  • スポーツパフォーマンス研究演習Ⅱ, 奈良女子大学
  • 総合演習(C), 奈良女子大学
  • 差別と人権, 奈良女子大学
  • スポーツパフォーマンス研究演習Ⅰ, 奈良女子大学
  • スポーツ文化学特殊研究Ⅰ, 奈良女子大学
  • 健康・スポーツ科学, 奈良女子大学
  • インストラクション法実習, 奈良女子大学
  • スポーツ法政論演習, 奈良女子大学
  • 女性と社会, 奈良女子大学
  • スポーツ法政論, 奈良女子大学
  • スポーツ法学概論, 奈良女子大学
  • スポーツ実習A7, 奈良女子大学
  • 健康運動実習ⅡD, 奈良女子大学
  • スポーツ法学概論B, 奈良女子大学
  • スポーツ科学基礎論B, 奈良女子大学
  • 健康運動実習ⅠD, 奈良女子大学
  • スポーツ実習A1, 奈良女子大学
  • 総合演習C, 奈良女子大学
  • スポーツ文化学特殊研究Ⅱ, 奈良女子大学
  • 健康運動実習ⅡA, 奈良女子大学
  • 個人スポーツ実習Ⅰ, 奈良女子大学
  • スポーツ法学概論A, 奈良女子大学
  • スポーツ科学基礎論A, 奈良女子大学
  • 健康運動実習ⅠA, 奈良女子大学
  • スポーツ実習A7, 奈良女子大学
  • 演習指導Ⅱ, 奈良女子大学
  • スポーツ法制論演習, 奈良女子大学
  • 野外スポーツ実習Ⅱ, 奈良女子大学
  • スポーツ文化学演習Ⅱ, 奈良女子大学
  • スポーツ法概論B, 奈良女子大学
  • 総合演習(現代文化とライフサイクル), 奈良女子大学
  • 健康運動実習ⅡA, 奈良女子大学
  • スポーツ法学演習, 奈良女子大学
  • 演習指導Ⅰ, 奈良女子大学
  • スポーツ実習A1, 奈良女子大学
  • スポーツ法制論, 奈良女子大学
  • スポーツ文化学演習Ⅰ, 奈良女子大学
  • 野外スポーツ実習Ⅰ, 奈良女子大学
  • 健康運動実習ⅠA, 奈良女子大学
  • スポーツ法学特論, 奈良女子大学

所属学協会

  • 大阪弁護士会スポーツ・エンターテイメント法実務研究会, 2008年, 9999年
  • アジアスポーツ法学会, 2005年, 9999年
  • 日本スポーツ法学会, 1992年12月, 9999年
  • 奈良体育学会, 1992年, 9999年
  • 日本スポーツ産業学会, 1991年, 9999年
  • 日本テニス学会, 1986年, 9999年
  • スポーツ史学会, 1986年, 9999年
  • 日本体育学会, 1986年, 9999年
  • 東北アジアスポーツ史学会
  • 体育史学会
  • 日本体育・スポーツ政策学会

Ⅱ.研究活動実績

論文

  • 査読無し, 日本語, 「現代スポーツ評論」, 法的立場からみた「体育」と「スポーツ」, 井上洋一, 2020年05月, 42, 36, 45, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読無し, その他, アジアスポーツ法学会論文集 (Seoul) (国際学会依頼論文**), 東アジアにおけるスポーツ法の現状と未来-調和と協調の視点から, 井上洋一, 2017年02月, 3, 10, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読無し, 日本語, 「体罰・暴力根絶のための検討課題」日本体育学会, Japan Society of Physical Education, Health and Sport Sciences, スポーツにおける暴力・人権侵害行為根絶のためのサポートシステムの構築-スポーツ法学の立場から第三者相談窓口などの検, 井上洋一, 2015年08月, 60, 145, 152
  • 査読無し, その他, 「現代スポーツ評論」, 東アジア(韓・中)のスポーツ振興政策-欧米の政策との比較から pp.95-106. 平成24年5月, 井上洋一, 2012年05月, 95, 106
  • 査読あり, その他, 「スポーツ科学研究」, 韓国女子学生の体育・スポーツ活動の実態および意識に関する研究 -ソウル市の江南8学群地域を対象に-, 崔允敬・井上洋一, 2012年03月, 14, 45, 54
  • 査読無し, その他, 「体育史研究」, 「TitleⅨ」が支えるスポーツの男女平等機会, 2007年03月, 24, 103, 109
  • 査読無し, その他, 「スポーツ科学研究」, 健康スポーツにおける安全と指導者の注意義務, 井上洋一, 2005年03月, 7, 13, 19
  • 査読あり, 日本語, スポーツ法研究, アメリカのスポーツにおける「免責同意」とその法的性格, 井上洋一; 岡上麻子, 2004年03月, 6, 1-12
  • 査読無し, その他, 「日本スポーツ法学会年報」, 女性スポーツの平等機会とTitleⅨ, 井上洋一, 2003年12月, 10, 101, 111
  • 査読無し, その他, 清水重勇先生退官記念論集, 競技者をめぐるスポーツ紛争に関する考察 -レイノルズ事件からの課題-, 井上洋一, 2001年06月, 153, 158
  • 査読無し, 日本語, 「日本スポーツ法学会年報」, 日本スポーツ法学会, アメリカのスポーツ事故と判例 -近年の動向、公共水泳プール事故を手がかりに-, 井上洋一, 2001年, 8, 59, 68
  • 査読無し, 日本語, 「日本スポーツ法学会年報」, 日本スポ-ツ法学会, アメリカの競技者と法的問題 -ドラッグ・テストプログラムをめぐって-(学会依頼論文**), 井上洋一, 2000年12月, 7, 22, 46
  • 査読無し, その他, 「日本スポーツ法学会年報」, スポーツにおける違法性阻却 -アメリカの免責事例から-, 井上洋一, 1999年12月, 6, 90, 96
  • 査読無し, 日本語, 「スポーツ科学研究」, 奈良女子大学, 大学対校競技と学業:NCAAの提案48号を中心に, 渡部寿恵子・井上洋一, 1999年03月, 1, 1, 73, 82
  • 査読無し, その他, 「日本スポーツ法学会年報」, スポーツ事故とウェイバー・フォーム, 1998年12月, 5, 68, 74
  • 査読無し, その他, 「季刊教育法」, ヨーロッパのスポーツ憲章 -「スポーツ・フォア・オール憲章」から「新ヨーロッパ・スポーツ憲章」へ-, 井上洋一, 1996年09月, 107, 103, 106
  • 査読無し, その他, 「日本スポーツ産業学会スポーツ法学専門分科会年報」, スポーツ・バイオレンスの規制に関する検討-アメリカの事例を中心に-, 井上洋一, 1996年06月, 1, 14, 19
  • 査読無し, その他, 「日本スポーツ法学会年報」, アメリカのスポーツ紛争-スポーツ・バイオレンスの規制をめぐって-(学会依頼論文**), 1995年12月, 2, 24, 41
  • 査読無し, その他, 「日本スポーツ法学会年報」, 判例にみるアメリカ・スポーツの当事者関係 -高レベルのアマチュア競技者をめぐって-, 井上洋一, 1994年12月, 1, 140, 147
  • 査読あり, その他, 「研究年報」奈良女子大学文学部, アメリカの女性スポーツ -TitleⅨの20年-*, 井上洋一, 1994年03月, 37, 123, 139
  • 査読あり, その他, 「研究年報」奈良女子大学文学部, スポーツ訴訟 -スポーツ参加にかかわるアメリカの事例を中心に-*, 井上洋一, 1993年03月, 36, 85, 100
  • 査読無し, その他, 「体育・スポーツ行政研究」, アメリカの大学スポーツ -運動競技部を中心に-, 井上洋一, 1993年03月, 2, 1, 80, 85
  • 査読あり, その他, 「スポーツ史研究」, モスクワオリンピックボイコットに対する訴訟* -アメリカにおける競技者の参加の権利-, 井上洋一, 1992年03月, 5, 15, 23
  • 査読あり, 日本語, 「体育学紀要」東京大学教養学部体育研究室, 東京大学教養学部体育研究室, アメリカのスポーツ法に関する研究* -アマチュア・スポーツ法の背景、成立、内容を中心として-, 井上洋一, 1990年03月, 24, 1, 16
  • 査読無し, 日本語, 「体育の科学」連載:スポーツ史の現代的視角―22―, 杏林書院, 歴史からみたスポーツと法 -「治外法権」から人権問題へ-, 井上洋一, 1989年11月, 39, 11, 879, 883

MISC

  • 査読無し, 日本語, 奈良女子大学スポーツ科学研究, 「科学技術が変えるオリンピックの現在と未来」第5回 奈良女子大学 オリンピック・公開シンポジウム採録, 井上洋一; 石坂友司ほか, 2018年03月, 20, 20
  • 査読無し, 日本語, 「本学の教員養成課程の改善・高度化に向けた大学教員と附属教員の連携研究推進事業」 奈良女子大学教育開発システムセンター紀要, 保健体育授業「スポーツ鬼ごっこ」実践報告② ?学習目標及び評価の観点から-\n, 井上洋一, 2017年03月, pp.143-146.
  • 査読無し, 日本語, 「奈良女子大学スポーツ科学研究」, 奈良女子大学生活環境学部スポーツ健康科学コース, 嘉納治五郎が構想したオリンピック-日本におけるオリンピズムの受容と展開-第3回 奈良女子大学オリンピック・公開シンポジウム採録, 井上洋一; 石坂友司ほか, 本報告は,2016年2月20日に行われた第3回奈良女子大学オリンピック・公開シンポジウム「嘉納治五郎が構想したオリンピック-日本におけるオリンピズムの受容と展開-」(奈良女子大学生活環境学部心身健康学科スポーツ健康科学コース主催,奈良女子大学社会連携センター共催,文学系S棟235教室,14時~16時15分)の採録である.オリンピズムの日本における受容過程について,大日本体育協会(現日本体育協会・JOC)を創設し,国民体育の構想を掲げた,講道館柔道の創始者でもある嘉納治五郎に焦点を当てて議論した.嘉納が理想とした日本におけるオリンピックを,国民体育,自他共栄主義をキーワードに,幻のオリンピック招致(1940年)にいたる過程を視野に入れながら検討した., 2016年03月, 18, 18, 87-117, 117
  • 査読無し, 日本語, 日本スポーツ法学会年報, スポーツ法学教育の在り方を考える\n-実践報告 スポーツ健康科学系学生を対象とした授業に関する報告\n, 井上洋一, 2015年12月, 22, 54-58
  • 査読無し, 日本語, 「奈良女子大学スポーツ科学研究」, 奈良女子大学生活環境学部スポーツ健康科学コース, オリンピックの創出とクーベルタンのオリンピズムを問う\n 奈良女子大学オリンピック・公開シンポジウム採録 \n, 井上洋一; 石坂友司ほか, 本報告は, 2015年3月8日に行われた第2回奈良女子大学オリンピック・公開シンポジウム「オリンピックの創出とクーベルタンのオリンピズムを問う」(奈良女子大学生活環境学部心身健康学科スポーツ健康科学コース主催,奈良女子大学社会連携センター共催,文学系S棟235教室, 14時~ 16時15分)の採録である. 2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催が決まり,都市開発の側面やスポーツ政策の進展に期待が高まっている.しかしながら,オリンピックムーブメントとして東京大会を位置づけたとき,平和思想をはじめとしてさまざまな理念が内包されるオリンピズムに,どのような新しい価値を追加することができるのか,議論はほとんど行われていない.そこでオリンピズムとは何かといった問いを,創始者クーベルタンが描いた理想と現実のズレの中からとらえ返し,その現代的変容を踏まえて検討した。, 2015年03月, 第17, 17, 47-79, 79
  • 査読無し, 日本語, 「奈良体育学研究」, 日本のスポーツ政策-スポーツ基本法の成立と基本計画\n, 井上洋一, 2014年03月, 18, 21-25
  • 査読無し, 日本語, 奈良県健康保険団体連合会ウエッブ「やまとの国保」, 奈良女子大学「健康なら21Stepアップ事業」について\n, 井上洋一, 2013年07月
  • 査読無し, 日本語, 「みんなのスポーツ」全国スポーツ推進委員連合, 「スポーツ権」の思想と課題\n, 井上洋一, 2012年04月, pp.12-14.
  • 査読無し, 日本語, コーチングクリニック, 子どものスポーツを巡る法的問題について \n, 井上洋一, 2011年11月, pp.4-8.
  • 査読無し, 日本語, 文部科学省委託調査、笹川スポーツ財団, アメリカ 『スポーツ政策調査研究』, 井上洋一; 川井圭一; 永田雅彦, 2011年07月, pp.239-273.
  • 査読無し, 日本語, 諸外国から学ぶスポーツ基本法, 諸外国から学ぶスポーツ基本法-日本が目指すスポーツ政策\nアメリカのスポーツ政策, 井上洋一, 2010年12月
  • 査読無し, 日本語, 「体育科教育」, スポーツ法学の現在, 井上洋一, 2007年12月, 55, 12, 32-35
  • 査読無し, 日本語, (社)日本体育学会監修、最新スポーツ科学事典, 女性とスポーツ法, 井上洋一, 2006年09月, 397-399
  • 査読無し, 日本語, 奈良女子大学文学部研究教育年報, いま地域貢献に何が求められているか:心と体の健康づくりへのアプローチ-健康なら21Stepアップ事業からの報告、運動プログラムの提供-テニス系スポーツを楽しもう, 井上洋一, 2006年03月, 2, 47-48
  • 査読無し, 日本語, 日本スポーツ法学会年報, 日本スポーツ法学会, アメリカの研究動向-スポーツ法学会に参加して, 井上洋一, 2004年12月, 11, 114-16, 116
  • 査読無し, 日本語, スポーツジャスト, ジュニアスポーツと法律-あなたの言動はセクハラではないか?, 井上洋一, 2003年08月, 400, 14-15
  • 査読無し, 日本語, スポーツジャスト, ジュニアスポーツと法律-子どものスポーツ権をご存じですか, 井上洋一, 2003年06月, 398, 14-15
  • 査読無し, 日本語, 「スポーツジャスト」通巻号, ジュニアスポーツと法律-ボランティア指導者の法的責任, 井上洋一, 2002年, 387, 34-36
  • 査読無し, 日本語, アメリカスポーツ医学会編、日本体力医学会体力科学編集委員会監訳, 「法的諸問題」『運動処方の指針』第13章, 井上洋一, 2001年12月, 258-271
  • 査読無し, 日本語, セキュリティ スポーツライフ, 事故予防「Know-How」連載No.6 アメリカから学ぶ-指導者・管理者のための予防マニュアル-記録の作成と保持、移動の注意と保険, 井上洋一, 2000年, 10, 4-7
  • 査読無し, 日本語, セキュリティ スポーツライフ, 事故予防「Know-How」連載No.5 アメリカから学ぶ-指導者・管理者のための予防マニュアル-プレーヤー、審判及び観客の権利に関わる問題, 井上洋一, 1999年, 9, 4-7
  • 査読無し, 日本語, セキュリティ スポーツライフ, 事故予防「Know-How」連載No.4 アメリカから学ぶ-指導者・管理者のための予防マニュアル-傷害や適格性の評価、参加者の適切な組み合わせと応急処置, 井上洋一, 1999年, 8, 4-7
  • 査読無し, 日本語, セキュリティ スポーツライフ, 事故予防「Know-How」連載No.3 アメリカから学ぶ-指導者・管理者のための予防マニュアル-危険についての警告と安全な環境の提供, 井上洋一, 1999年, 7, 4-7
  • 査読無し, 日本語, セキュリティ スポーツライフ, 事故予防「Know-How」連載No.2 アメリカから学ぶ-指導者・管理者のための予防マニュアル-監督とプランニング, 井上洋一, 1999年, 6, 4-7
  • 査読無し, 日本語, 「セキュリテイスポーツライフ」(総合スポーツ研究所), 事故予防「Know-How」連載No.1 アメリカから学ぶ-指導者・管理者のための指導マニュアル, 井上洋一, 1999年, 5, 4-7
  • 査読無し, 日本語, 「セキュリテイスポーツライフ」(総合スポーツ研究所), アメリカのスポーツ法学と事故予防, 井上洋一, 1999年, 4, 42-43
  • 査読無し, 日本語, 学校体育, アメリカのTitleIXと男女共習, 井上洋一, 1998年, 51/10, 33-35
  • 査読無し, 日本語, 体育科教育, 「TitleIX」の思想に学ぶ-米国における体育・スポーツの機会均等法-, 井上洋一, 1997年, 45/1, 37-40
  • 査読無し, 日本語, 大修館書店, スポーツ法「スポーツマネジメント-スポーツビジネスの理論と実際」 日本スポーツ産業学会監訳翻訳, 井上洋一, 1995年
  • 査読無し, 日本語, 学校体育, 女性スポーツの平等-TitleIXを中心に-, 井上洋一, 1988年, 41/13
  • 査読無し, 日本語, 演習研究体育行財政, TitleIXの影響-訴訟と判例-, 井上洋一, 1985年, 2
  • 査読無し, 日本語, 演習研究体育行財政, TitleIXの影響, 井上洋一, 1984年, 1

書籍等出版物

  • 未完のオリンピック : 変わるスポーツと変わらない日本社会, かもがわ出版, 石坂, 友司; 井上, 洋一, 2020年07月, 286p, 日本語, その他, 9784780311051, cinii_books
  • スポーツの歴史と文化, 道和書院, 井上洋一; 新井博ほか, 分担, 2019年04月, pp.205-215, 日本語, 査読無し, その他, 9784810521351
  • ニッポンのオリンピック, 青弓社, 井上洋一ほか, 編集, 2018年02月, 11-29, 日本語, 査読無し, その他, 9784787234315
  • 『スポーツの法律相談』P.328, 青林書院, 井上洋一, 分担, 2017年04月, 309-312, 日本語, 査読無し, その他, 9784417017080
  • 『標準スポーツ法学テキスト』, エイデル出版, 井上洋一; 浦川道太郎他, 分担, 2016年06月, 55-57, 57-58., 日本語, 査読無し, その他, 9784871685801
  • 『テニス指導教本Ⅰ』, 大修館書店, 井上洋一; 梅林薫ほか, 分担, 2015年12月, 283-291, 日本語, 査読無し, その他, 9784469267853
  • 21世紀スポーツ大事典, 大修館書店, 井上洋一; 中村敏雄ほか, 編集, 2015年01月, 83-120, 日本語, 査読無し, その他, 9784469062359
  • スポーツの歴史と文化, 道和書院, 井上洋一; 新井博ほか, 分担, 2012年10月, pp.179-187, 日本語, 査読無し, その他, 9784810521214
  • アスリートをめぐる課題 『詳解スポーツ基本法』p.367, 成文堂, 井上洋一, 分担, 2011年12月, pp.167-182., 日本語, 査読無し, その他
  • スポーツの国際政策-ヨーロッパの憲章と国際的な憲章を中心に\n 『スポーツ政策論』共著、P.406, 成文堂, 井上洋一; 菊幸一; 齋藤健司; 真山達志; 横山勝彦ほか, 分担, 2011年11月, pp.273-282., 日本語, 査読無し, その他
  • 『体育・スポーツの近現代‐歴史からの問いかけ‐』, 不昧堂出版, 井上洋一; 阿部生雄ほか, 分担, 2011年05月, pp.490-500, 日本語, 査読無し, その他
  • 『スポーツのリスクマネジメント』・タイトルナインとアファーマティブ・アクション p.344, ぎょうせい, 井上洋一; 小笠原正; 諏訪伸夫編著ほか多数, 分担, 2009年09月, pp.64-69、, 日本語, 査読無し, その他
  • スポーツ政策の現代的課題, 日本評論社, 井上洋一, 編集, 2008年04月, 日本語, 査読無し, その他
  • 多様な身体への目覚め・スポーツ固有法と国家法の衝突-障害をもつ者の競技参加と競技ルールの変更-, アイオーエム, 井上洋一; 山本徳郎, 筆頭著者, 2006年10月, 370-382, 日本語, 査読無し, その他
  • 最新スポーツ科学事典, 平凡社, 井上洋一, 分担, 2006年09月, 日本語, 査読無し, その他
  • 導入対話によるスポーツ法学, 不磨書房, 井上洋一; 小笠原正他, 分担, 2005年09月, 72-86,87-99,298-308, 日本語, 査読無し, その他
  • スポーツジェンダー学への招待・TitleⅨの成立と30年, 明石書店, 井上洋一; 飯田貴子; 井谷惠子編著, 分担, 2004年07月, 238-247, 日本語, 査読無し, その他
  • 運動処方の指針-法的諸問題, 南光堂, 井上洋一, 筆頭著者, 2001年12月, 258-271, 日本語, 査読無し, その他
  • 女性と社会-女性のエンパワーメントを求めて・アメリカのタイトルナイン」と女性スポーツ, 世界思想社, 井上洋一; 山田昇; 江刺正吾編著, 分担, 1999年03月, 70-93頁, 日本語, 査読無し, その他
  • 『やわらかいスポーツへの招待-軽スポーツを科学する-』・軽スポーツは安全ですか?, 道和書院, 井上洋一; 奈良女子大学スポーツ科学教室編, 1998年03月, 182-200, 日本語, 査読無し, その他
  • 体育・スポーツ史研究の展望-国際的成果と課題・スポーツの男女平等機会に関する訴訟の一考察-ゴメス対ロードアイランド州高校対校競技連盟をめぐって-, 不味堂出版, 井上洋一, 分担, 1996年05月, 267-282, 日本語, 査読無し, その他
  • スポーツマネジメント-スポーツビジネスの理論と実際, 大修館書店, 井上洋一, 分担, 1995年04月, 日本語, 査読無し, その他
  • スポーツ法学入門, 体育施設出版, 井上洋一; 千葉正士ほ, 分担, 1995年, 57-70, 日本語, 査読無し, その他

講演・口頭発表等

  • 井上洋一, アジアスポーツ法学会基調講演, 東アジアにおけるスポーツ法の現状と未来-調和と協調の視点から \n, 2017年02月, 日本語, アジアスポーツ法学会, ソウル, 国際会議
  • 井上洋一, 日本体育学会学会大会 <体罰・暴力根絶特別委員会> シンポジウム, 暴力・人権侵害行為根絶のためのサポートシステムの構築-スポーツ法学からの現状と課題日本体育学会本部企画:体育・スポーツにおける暴力指導の抑止と指導者教育\n, 2015年08月, 日本語, 日本体育学会大会組織委員会, 東京(国士舘大学), 国内会議
  • 井上洋一, 日本スポーツ産業学会スポーツ法学専門分科会研究会, スポーツにおける暴力等問題への今後の対応\n-日本体育学会の取り組みとスポーツ法学領域からの報告\n\n, 2015年07月, 日本語, 日本スポーツ産業学会スポーツ法学専門分科会, 同志社大学
  • 井上洋一, 日本スポーツ法学会第22回大会シンポジウム、スポーツ法学教育の在り方を考える, スポーツ法学教育の在り方を考える-スポーツ健康科学系学を対象にした授業に関して実践報告, 2014年12月, 日本語, 早稲田大学(東京)
  • 井上洋一, 奈良体育学会平成25年度大会シンポジウム, 日本のスポーツ政策-スポーツ基本法の成立と基本計画 「新しい公共」を担う総合型地域スポーツクラブ\n, 2013年12月, 日本語, 奈良体育学会, 奈良
  • 井上洋一, 日本スポーツ産業学会スポーツ法学専門分科会研究会, テニスのリスクマネジメント\n, 2013年12月, 日本語, 東京, 国内会議

Works(作品等)

  • 平成21年度奈良県健康運動指導者研修会, 2009年05月, 2010年03月

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 基盤研究(C), 2019年04月, 2024年03月, 19k11552, 研究代表者, スポーツをめぐる法的課題と競技団体のガバナンス-日米の紛争と競技者の権利
  • 基盤研究(C), 2013年04月, 2018年03月, 25350761, 研究代表者, アメリカのスポーツ政策と法的紛争に関する研究

Ⅲ.社会連携活動実績

1.公的団体の委員等(審議会、国家試験委員、他大学評価委員,科研費審査委員等)

  • アジアスポーツ法学会, 副会長, 2017年02月, 9999年, 学協会
  • 和歌山県体育協会, スポーツ指導者協議会倫理・審査委員会委員, 2016年06月, 9999年
  • アジアスポーツ法学会, 理事, 2007年, 9999年, 学協会
  • 日本スポーツ法学会, 理事, 1992年12月, 9999年, 学協会
  • 日本体育・スポーツ政策学会, 理事, 1992年, 9999年, 学協会
  • 一般社団法人日本スポーツ法支援・研究センター, 会長(代表理事), 2018年06月, 2020年06月
  • 2018年04月, 2020年03月, 学協会
  • 日本スポーツ法学会, 会長, 2016年12月, 2019年12月, 学協会
  • 一般社団法人日本スポーツ法支援・研究センター設立時役員, 副会長、理事(設立時役員), 2014年08月, 2018年06月
  • 奈良体育学会, 会長, 2016年04月, 2018年03月, 学協会
  • 日本スポーツ法学会, 副会長, 2010年12月, 2016年12月, 学協会
  • 2012年04月, 2014年03月, 学協会
  • 文部科学省 大学設置・学校法人審議会, 大学設置分科会専門委員(体育学), 2010年, 2013年
  • 2010年04月, 2012年03月, 学協会
  • 2007年12月, 2010年12月, 学協会
  • 1993年, 2001年, 学協会
  • 1991年, 1992年, 学協会
  • 1990年, 学協会
  • 1986年, 1988年, 学協会


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.