研究者総覧

時岡 良太トキオカ リョウタ

所属部署名研究院生活環境科学系臨床心理学領域
職名助教
Last Updated :2022/06/30

researchmap

プロフィール情報

  • 時岡, トキオカ
  • 良太, リョウタ

学位

  • 博士(教育学), 京都大学

研究キーワード

  • 自己
  • インターネット
  • 学生相談
  • 自分

研究分野

  • 人文・社会, 臨床心理学

経歴

  • 2021年04月, 9999年, 奈良女子大学, 研究院 生活環境科学系
  • 2019年04月, 2021年03月, 甲南女子大学, 人間科学部心理学科, 助教
  • 2017年04月, 9999年, 京都外国語大学, 学生相談室, カウンセラー
  • 2017年04月, 2019年03月, 京都桂病院, 心理相談室, 臨床心理士
  • 2015年04月, 2017年03月, 京都大学, 教育学研究科附属臨床教育実践研究センター, 特定助教

学歴

  • 2012年04月, 2015年03月, 京都大学大学院, 教育学研究科, 臨床教育学専攻博士後期課程
  • 2010年04月, 2012年03月, 京都大学大学院, 教育学研究科, 臨床教育学専攻修士課程
  • 2006年04月, 2010年03月, 京都大学, 教育学部, 教育科学科

所属学協会

  • 日本臨床心理士会
  • 日本学生相談学会
  • 日本パーソナリティ心理学会
  • 日本心理臨床学会
  • 京都府臨床心理士会, 2015年01月, 9999年

Ⅱ.研究活動実績

論文

  • 査読あり, 日本語, パーソナリティ研究, 日本パーソナリティ心理学会, 高校生のLINEでのやりとりに対する認知に現代青年の友人関係特徴が及ぼす影響, 時岡 良太; 橋本 真友里; 岩城 晶子; 神代 末人; 桑原 知子; 佐藤 映; 児玉 夏枝; 田附 紘平; 竹中 悠香; 松波 美里; 岩井 有香; 木村 大樹; 鈴木 優佳, LINEとは,友人とのコミュニケーションを主眼としたアプリケーションのひとつである。近年,LINEは特に若者にとって欠かせないものとなってきている。本研究の目的は,高校生のLINEでのやりとりに対する認知のあり方について探索的に把握することと,その認知に対して現代青年に特有の友人関係のあり方が及ぼす影響について明らかにすることであった。高校生423名を対象に,本研究において作成したLINE尺度と友人関係尺度への回答を求めるオンライン調査を行った。LINE尺度の因子分析により「既読無視への不安」「気軽さ」「やりとりの齟齬の感覚」「攻撃性の増加」「即時的返信へのとらわれ」「つながり感」の6つの因子が抽出された。次に,友人関係による影響について多母集団同時分析を用いて検討した。その結果,友人から傷つけられることへのおそれが,LINEでのやりとりへのアンビバレントな気持ちを生む一因であることが示唆された。, 2017年, 26, 1, 76, 88
  • 査読あり, 日本語, 心理臨床学研究, 日本心理臨床学会, 「自分がない」という日常語の意味についての心理臨床学的考察, 時岡 良太, 2016年02月, 33, 6, 625, 634
  • 査読無し, その他, 京都大学大学院教育学研究科心理教育相談室紀要, 現実との「ずれ」を抱える青年男子との心理面接過程, 時岡 良太, 2016年, 42, 80, 89
  • 査読あり, 日本語, 京都大学大学院教育学研究科紀要, 「自分」という日常臨床語について―類縁概念との比較を通じて―, 時岡 良太, 2015年03月, 61, 39, 51, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読無し, 日本語, 京都大学学生総合支援センター紀要 = Archives of student support in Kyoto University General Student Support Center, [京都大学学生総合支援センター], アパシーおよび新型うつ病への心理療法についての一試論 : 葛藤を抱えることの困難に着目して, 時岡 良太, 2015年, 45, 83, 94
  • 査読あり, 日本語, 京都大学大学院教育学研究科紀要, 仮想空間における「分身」についての心理臨床学的考察, 時岡 良太, 2014年03月, 60, 235, 247, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読無し, 日本語, 京都大学大学院教育学研究科附属臨床教育実践研究センター紀要, 京都大学大学院教育学研究科附属臨床教育実践研究センター, 「広汎性発達障害」診断の有無が教員の事例の捉え方に与える影響, 時岡 良太; 友尻 奈緒美; 菱田 一仁, 2014年, 18, 90, 103
  • 査読無し, 日本語, 最新精神医学, 現代うつとその治療ー身体性に着目してー, 田中崇恵; 加藤のぞみ; 國崎貴弘; 時岡良太; 堀川聡司; 小出文香, 2013年, 18, 1, 57, 63, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読無し, 日本語, 日本心理臨床学会第33回大会発表論文集, 高校生のLINEをめぐる意識と友人関係との関連, 時岡良太; 岩城晶子; 神代末人; 佐藤映; 児玉夏枝; 鈴木瑠璃; 竹中悠香; 田附紘平; 松波美里; 岩井有香; 鈴木優佳; 桑原知子, 108, 108, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 日本語, 学生相談研究, 主体性の乏しい学生との面接過程―カウンセラーが居続けることの重要性―, 時岡良太, 2021年07月, 42, 1, 12, 22, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読無し, 日本語, 家政学研究, 多面的な自己と主体性をめぐる心理臨床学的研究, 時岡良太, 2022年03月, 68, 2, 43, 49, 研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • 査読無し, 日本語, 奈良女子大学心理臨床研究, 心理療法における「主体」をめぐる一考察, 時岡良太, 2022年03月, 9, 43, 51, 研究論文(大学,研究機関等紀要)

書籍等出版物

  • グループワーク〈ミソドラマ〉で子どもの心の声を聴く, 創元社, 時岡 良太, 講義1-1、実践例1-2, 2019年07月, その他, 査読無し, その他
  • 「自分」とは何か : 日常語による心理臨床学的探究の試み, 創元社, 時岡 良太, 2018年, 日本語, 査読無し, その他, 9784422116464, cinii_books
  • 教職教養講座第11巻 教育相談と学校臨床, 協同出版, 時岡 良太, 第8章 学校臨床における現代的課題, 159-183, その他, 査読無し, その他

講演・口頭発表等

  • 時岡良太; 岩城晶子; 神代末人; 佐藤映; 児玉夏枝; 鈴木瑠璃; 竹中悠香; 田附紘平; 松波美里; 岩井有香; 鈴木優佳; 桑原知子, 日本心理臨床学会第33回秋季大会, 高校生のLINEをめぐる意識と友人関係との関連, 2014年08月25日, 日本語, 国内会議
  • 時岡 良太, 子どもと家族の治療的アセスメント-スケープゴートからの立ち直り, Psychological Assessments of a Female Patient Who Has Had Various Symptoms since Adolescence: Focused on Rorschach Technique., 2014年03月03日, 英語, 国内会議
  • 時岡 良太, Shiga Health Report, 青年期における「自分」の多面性について, 2013年10月, 日本語, url
  • 岩城晶子; 友尻奈緒美; 中藤信哉; 加藤のぞみ; 永山智之; 菱田一仁; 時岡良太; 佐藤映, 卓越した大学院拠点形成支援国際フォーラム, 学校現場における心理臨床的関わりについての実践的研究, 2013年03月21日, 日本語, 国内会議
  • 時岡良太; 田中崇恵; 加藤のぞみ; 江城望; 荒木郁緒; 佐藤映; 千葉理未; 安田帆那, 卓越した大学院拠点形成支援国際フォーラム, 心理臨床における身体性, 2013年03月20日, 日本語, 国内会議


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.