研究者総覧

西村 雄一郎 (ニシムラ ユウイチロウ)

  • 研究院人文科学系人文社会学領域 教授
Last Updated :2021/06/02

researchmap

学位

  • 博士(地理学), 名古屋大学大学院, 2003年12月

研究キーワード

  • 参加型マッピング 東日本大震災 ラオス 時間地理学 市民 複合的生業 地域環境・災害 住民参加 参加型GIS(PGIS) 地理情報システム(GIS) 農村部 自然災害 生活行動 生活空間 GIS 参加型GIS 市民参加 クリティカルGIS カウンターマッピング 環境 プローブパーソン調査 生活時間 GPS 地域景観 生物資源 水害 保全 空間的思考 disaster prevention research time geography socio-economic geography 社会経済地理学 防災 市場経済 天水田農村 生活活動空間 

研究分野

  • 人文・社会, 人文地理学
  • 人文・社会, 地理学

経歴

  • 2012年04月 - 2021年03月 奈良女子大学 研究院人文科学系 准教授
  • 2008年10月 - 2021年03月 愛知工業大学 地域防災研究センター 客員准教授
  • 2010年04月 - 2012年03月 奈良女子大学 文学部 准教授
  • 2005年10月 - 2008年09月 愛知工業大学 地域防災研究センター ポストドクトラル研究員
  • 2003年09月 - 2005年09月 大学共同利用機関法人人間文化研究機構 総合地球環境学研究所講師(研究機関研究員)研究プロジェクト4-2「アジア・熱帯モンスーン地域における生態史モデルの構築1945-2005」所属 研究機関研究員(講師)
  • 2021年04月 奈良女子大学 研究院人文科学系 教授

学歴

  • 1995年04月- 2003年08月 名古屋大学大学院 文学研究科 史学地理学専攻 日本国
  • 1990年04月- 1994年03月 名古屋大学 文学部 史学科 日本国

委員歴

  • 2008年09月 - 2009年03月 社会福祉法人AJU自立の家 厚生労働省平成20年度社会福祉推進費補助金「GISを使った災害時要援護者避難支援システムのモデル整備事業」災害時要援護者の避難支援検討委員会委員 others

    その他

  • 2017年04月 十津川村 村史編纂委員 autonomy

    自治体

  • 2016年04月 奈良県 IoTによるデータ活用先進地域推進研究会 アドバイザー autonomy

    自治体

  • 2012年04月 - 2019年03月 長野県 実践的防災教育総合支援事業 防災アドバイザー autonomy

    自治体

  • 2018年 - 2018年 日本学術振興会 科学研究費委員会審査専門委員 society

    学協会

  • 2016年04月 - 2017年03月 十津川村 村史準備委員

  • 2014年04月 - 2015年03月 大学入試センター 教科科目第一委員会委員 government

    政府

  • 2011年04月 - 2013年03月 大学入試センター 教科科目第一委員会委員 government

    政府

受賞

  • 地理情報システム学会学会賞著作部門, 若林芳樹;今井修;瀬戸寿一;西村雄一郎, 『参加型GISの理論と応用-みんなで作り・使う地理空間情報-』(古今書院), 地理情報システム学会, 2017年10月, japan_society
  • FOSS4G 2019 KOBE@Kansai ポスターセッションBJ.Jang賞, 西村雄一郎;瀬戸寿一;金杉 洋;吉田大介, mapcompare.jpの開発・公開, OSGeo Japan, 2019年10月

論文

  • VGI contributors’ awareness of geographic information quality and its effect on data quality: a case study from Japan

    Jun Yamashita; Toshikazu Seto; Yuichiro Nishimura; Nobusuke Iwasaki

    In many countries, geospatial data are typically provided by public institutions. Cities have been mapped using such public data. On the other hand, the demand for geospatial data has been diversifying, given the requirements for mapping cities. To respond to demands for new geospatial data, creation of citizen-generated open data and volunteered geographic information (VGI) have recently become popular. However, the quality of such open data and VGI are not always guaranteed. The number of studies on quality assessments of VGI have increased in recent years. The present study aimed to identify OpenStreetMap (OSM), one type of VGI, as well as contributors' awareness of data quality, and the relationships between their awareness and the positional accuracy of the OSM data contributed by them. The results showed that awareness or lack of the positional accuracy did not affect the quality of the OSM data created by the contributors. These findings suggest that the crowdsourcing approach might not guarantee the data quality of VGI., 2019年05月04日, International Journal of Cartography, 5 (2-3), 214 - 224, cinii_articles;doi;url

    研究論文(学術雑誌)

  • ボランタリーな地理空間情報作成者のデータ品質に関する意識と実践

    山下潤; 岩崎亘典; 西村雄一郎; 瀬戸寿一

    2018年10月, 地理情報システム学会講演論文集(CD-ROM), 27, ROMBUNNO.C‐7‐2, j_global;url

  • 学界展望 数理・計量・地理情報

    西村雄一郎

    2017年10月, 人文地理, 69 (3), 330 - 333, doi

  • ボランタリーな地理情報(VGI)のデータ改善に向けた投稿情報の傾向分析:OpenStreetMapにおけるNotes機能を事例に

    瀬戸寿一; 西村雄一郎; 岩崎亘典; 金杉洋

    2017年, 地理情報システム学会講演論文集(CD-ROM), 26, ROMBUNNO.C74, j_global;url

  • ボランタリーな地理空間情報の品質評価に関する一考察

    山下潤; 岩崎亘典; 西村雄一郎; 瀬戸寿一

    2017年, 地理情報システム学会講演論文集(CD-ROM), 26, ROMBUNNO.C71, j_global;url

  • 尾張旭市で実際に利用された高精度地震動マップの空間統計解析結果 : 実用化されたハザードマップの統計解析結果とその妥当性、有用性について

    菅井 径世; 小川 克郎; 加藤 悟; 森 保宏; 廣内 大助; 西村 雄一郎; 水谷 由香里

    名古屋産業大学・名古屋経営短期大学環境経営研究所, 2016年03月, 名古屋産業大学・名古屋経営短期大学環境経営研究所年報, (15), 1 - 15, cinii_articles;doi;cinii_books;url;url

  • 奈良地域におけるウェブ地図の整備状況とwiki型地図によるカウンターマッピングの試み

    西村 雄一郎; 西村 雄一郎

    奈良女子大学文学部地理学・地域環境学研究報告編集委員会, 2015年05月30日, 奈良女子大学地理学・地域環境学研究報告, 8 (8), 71 - 78, cinii_articles;cinii_books;url

  • 「耐震改修による地震リスクの低減効果評価システム」の構築のための地震動計測について

    菅井 径世; 小川 克郎; 加藤 悟; 森 保弘; 廣内 大助; 西村 雄一郎; 正木 和明

    名古屋産業大学・名古屋経営短期大学環境経営研究所, 2014年03月, 環境経営研究所年報 = BULLETIN OF INSTITUTE OF ENVIRONMENTAL MANAGEMENT, (13), 85 - 93, cinii_articles;doi;cinii_books;url

  • 奈良にある大学と地域 : 若手教員に学ぶ (特集 なら学)

    岡本 健; 河口 充勇; 西村 雄一郎

    奈良女子大学文学部, 2014年, 奈良女子大学文学部研究教育年報, (11), 35 - 54, cinii_articles;cinii_books;url

  • NHK アーカイブス災害映像を活用した 2000 年東海豪雨の報道マッピング

    西村雄一郎; 森田匡俊; 大西宏治; 廣内大助

    2013年10月, 日本災害情報学会大会予稿集, 15, 108 - 109

  • 高精度地震動マップの作成のための尾張旭市地域の地盤特性に関する統計解析 : 実測値との比較による推定誤差の解析法とその試算例

    菅井 径世; 小川 克郎; 森 保弘; 廣内 大助; 西村 雄一郎; 正木 和明; 倉橋 奨

    名古屋産業大学・名古屋経営短期大学環境経営研究所, 2013年03月, 名古屋産業大学・名古屋経営短期大学環境経営研究所年報, (12), 28 - 39, cinii_articles;doi;cinii_books;url;url

  • Detailed Scale Ground Motion Maps with the Guaranteed Accuracy and the Application of Web-GIS for Local Communities

    Michiyo Sugai; Haruna Yamda; Sayaka Tomida; Katsuro Ogawa; Yuichiro Nishimura; Susumu Kurahashi

    2012年09月, Proc. of the 15th World Conference in Earthquake Engineering

  • 高精度地震動マップの作成のための尾張旭市地区の地盤特性に関する統計解析~高精度地震動マップの公益的な普及に向けて~

    菅井 径世; 小川 克郎; 廣内 大助; 西村 雄一郎; 正木 和明; 倉橋 奨

    2012年03月, 環境経営研究所年報 = BULLETIN OF INSTITUTE OF ENVIRONMENTAL MANAGEMENT, (11), 46 - 62, cinii_articles;doi;cinii_books;url

  • 巨大台風接近時における事前広域避難に関する意識調査

    今井 裕太郎; 小池 則満; 西村 雄一郎

    木曽三川下流・伊勢湾岸の低平地においては、東海ネーデルランド高潮・洪水地域協議会が設置され、巨大台風に対する大規模な事前広域避難について検討がされている。そこで本研究では、名古屋市内の港区、南区、中川区の伊勢湾台風被害のあった公立小学校計6校の5年生もしくは6年生の保護者対象にアンケート調査を行った。その結果、事前広域避難そのものへの認識が低く、現状では円滑な広域避難は期待できないこと、ほとんどの家族が浸水域内に避難してしまうこと、大多数がマイカーで移動することが予想され、渋滞・駐車場対策が必要であることを述べた。また、上陸時間によって避難開始の時間が異なることから、呼びかけのタイミングが重要である可能性があることなどを指摘した。, 公益社団法人 土木学会, 2012年, 土木学会論文集F6(安全問題), 68 (2), I_66 - I_73, cinii_articles;doi;j_global

  • GISをめぐる近年の研究動向

    奥貫 圭一; 塩出 志乃; 西村 雄一郎; 森 亮; 平井 松午; 塚本 章宏; 川口 洋; 古橋 大地; 村山 祐司; 倉田 陽平; 中谷 友樹; 貞広 幸雄; 石川 徹; 大西 宏治; 佐藤 俊明; 岡部 篤行; 岡部 佳世

    公益社団法人 日本地理学会, 2012年, E-journal GEO, 6 (2), 224 - 226, cinii_articles;doi

  • Time-geographic Analysis on Natural Resource Use in a Village of the Vientiane Plain

    西村 雄一郎; 岡本 耕平; Boulidam Somkhit

    This study aims to describe the spatio-temporal aspects of rural daily lives based on natural resource use. We developed new research methodologies using GPS and GIS to collect person-trip data in regions where it is difficult to use questionnaires. By applying the methodology to research conducted in the Vientiane plain, Laos, we have found that this new methodology makes it possible to obtain detailed information about people's daily activities, specifically: what activities were carried out, at what time, where, and with whom. The research site was Dongkhuwaai Village, Xaithany District, located about 30 km by road from Vientiane. The villagers live traditionally, depending on rice crops in the rainy season and use various natural resources. We analyzed their daily activities both in the rainy season and in the dry season. As a result, we found that the daily activities of the villagers had nature-related constraints. They spent all their time in the settlements and there were no modern forms of time discipline (synchronized activity by household members).
     We also investigated the influence of urbanization on rural lives. In recent years, a growing number of foreign companies have begun investing in Vientiane and the vicinity, hoping to take advantage of low labor costs. Commuting to such factories has started from Dongkhuwaai Village. However, the number of commuters is not increasing because villagers already have other sources of income from selling natural resources such as aquatic products, mushroom, bamboo shoots, insects, firewood and so on., 京都大学東南アジア研究所, 2010年, 東南アジア研究, 47 (4), 426 - 450, doi;cinii_articles;cinii_books;url;url

  • 「GISと社会」をめぐる諸問題―もう一つの地理情報科学としてのクリティカルGIS―

    若林 芳樹; 西村 雄一郎

    GISとその応用技術の普及にともない,それが地理学研究のみならず社会に及ぼす影響をめぐって,英語圏では1990年代から議論されてきた.本稿は,GISと社会をめぐる諸問題について,英語圏の動向をもとに論点を整理し,日本のGIS研究に対する意味合いを考察するものである.まず2000年以前のこうした議論を「クリティカルGIS」と呼んで整理したSchuurman(1999, 2000)の論考をもとに,三つの時期に分けて論調の変化と影響を検討した.その結果,1990年代初頭の社会理論派との反目・対立から,対話・協調へと移行した結果,GISと社会との関係を包含する地理情報科学が成立した過程が確かめられた.2000年以降になると,参加型GISの実践,フェミニズム地理学が提起した質的GIS,科学技術社会論からみたGISと社会との関わり,監視とプライバシーをめぐる法的・倫理的問題などをめぐって研究が進展している.こうした議論を日本のGIS研究に導入するにあたっては,英語圏での論点を的確にとらえた上で,GIS関連技術の普及や制度的・社会的背景の違いにも留意する必要があると考えられる., The Association of Japanese Geographers, 2010年, 地理学評論 Series A, 83 (1), 60 - 79, doi;cinii_articles;cinii_books

  • ラオス首都近郊農村におけるGPS・GISを利用した村落住民の生活行動調査

    西村 雄一郎; 岡本 耕平; ブリダム ソムキット

     Many time-allocation studies have adopted questionnaires (activity diaries) or direct observation of informants. However, it is difficult to use questionnaires in rural areas of developing countries due to problems such as illiteracy, the fact that few people possess a watch, and the lack of place names in many rural and wild areas. Direct observation also has limitations because it is not possible to obtain information from many informants simultaneously. We developed a new survey method combining interviews with the use of GPS and GIS. The procedures are as follows. (1) Each informant is asked to carry a wristband GPS receiver for an entire day. The GPS unit records information related to the spatio-temporal aspects of the informant's activities. (2) After 24 hours of GPS, recording is completed; then the data are stored and represented visually using GIS software (ArcView 9.1). The investigator works out the shape of the spatio-temporal path of each informant by mapping tracking points with time information. (3) Subsequently, as GPS data reveals almost nothing about the content of activities, the investigator interviews each informant to clarify details of activities: what activity was carried out, at what time, where, and with whom.
     We conducted the survey in Dongkhuwaai Village, which is located about 30km from Vientiane, the capital of Laos. The daily activities of villagers consist mainly of a combination of subsistence agriculture, fishing, hunting, and gathering. By carrying out this survey, in which 138 villagers participated, it was verified that the new survey method has the following merits. (1) Using GPS improves the accuracy of spatio-temporal data. (2) GPS data can be easily correlated with satellite images and map data, which enables us to consider people's daily activities in combination with various geographical phenomena. (3) Investigators can obtain information outlining an informant's activities from GPS data before conducting interviews, thereby improving the efficiency of interviews., 公益社団法人 東京地学協会, 2008年04月25日, 地學雜誌, 117 (2), 568 - 581, doi;cinii_articles;cinii_books;url

  • クリティカルGISの動向 : 市民参加 (public participation) ・ジェンダーの視点から日常生活の空間分析を考える

    西村 雄一郎

    2007年09月30日, 地図, 45 (3), 29 - 29, cinii_articles;cinii_books

  • Time-Geographic Analysis On The Change Of Jobs In Vientiane Municipality, Laos.

    Yuichiro Nishimura; Kohei Okamoto

    2007年, The Lao Agriculture and Forestry Journal: Vientiane, LAOS., 58 - 66

  • ラオスの近代化・グローバル化と日常生活の変化(4月例会,中部支部)

    西村 雄一郎

    経済地理学会, 2006年, 経済地理学年報, 52 (3), 207 - 207, doi;cinii_articles

  • 学界展望 知覚・行動

    西村雄一郎

    2006年, 人文地理, 58 (3), 36 - 37, doi

  • 国際シンポジウム「ジェンダー・メディア・都市空間」第2セッション:現代都市空間の矛盾 コメント

    西村雄一郎

    2004年, 東京経済大学研究センター年報, 4, 191 - 195

  • 中国都市の職場・家庭におけるジェンダー役割と生活時間配分

    西村 雄一郎

    This paper discusses the gender role in the workplace and the home by using the time-budget analysis of Chinese household. Nowadays, Chinese daily lives are changing by the effects of open economic structure. The author argues these changes by reviewing the some of recent studies and analyzing the time-budget data from activity diary survey of several Chinese cities. In the construction of socialistic China, the state intended to make the equal position of female and male in the family. By modernizing the family form, women could work outside of home, and they supplied the need for the industrial and agricultural workforces. The danwei (work unit) is the basic unit of daily activities, in the building the socialistic Chinese cities. The workplace, accommodation units, shopping stores, schools and hospitals in the same danwei are closely located. The danwei operates the facilities like nursery home, living support station or day-care center for socialization of the domestic work. The workplace and the home is not spatially isolated, women's role are not fixed in the private sphere. Though most of household matters have remained on the female role and occupational segregation by sex has existed, separation of gender role has not clear than that of the capitalist society. However, recent economic change to open policies affects the position of female labor. Equal pay between both sexes is declined and many firms avoid the female working in terms of cost inefficiency because they need additional welfare supports in their maternity or child rearing. Some service facilities for supporting women working are restructured. The gender gap in the workplace can enlarge. Next, I analyzed the time-budget data from activity diary survey of several Chinese cities (Tianjin, Dalian, Shenzhen) to realize the relation between everyday working life and domestic life. Allocations of time for classified daily activities (work, household matter, shopping, other private matter, sleep, leisure) are measured, and I discussed the gender division in household by using these data. Allocation of time is varied by these three cities. Working time of Shenzhen 's husband is longer than that of Tianjin's and Dalian's. Because difference of wives'working time by these three cities is relatively short, large gender difference would be seen in Shenzhen's household. Sleeping time in these cities is longer than that of Japanese. Gender difference of sleeping time is very small, which is unlike Japanese household (in Japanese household, wives'sleeping time is shorter than husbands'sleeping time). Sleeping time has areal difference between three cities. Sleeping time of Shenzhen is longer than that of Dalian (about one hour), because natural time could affect to sleeping time. Shenzhen's husbands have shortest time for household matter. In Shenzhen, wives practice most of household matters. This gender division is not so much marked in other two cities. The gender role, which locate male to workplace and female to home is well observed in Shenzhen household. By the analysis of relation between occupational status of husband/wife and time for household matter, the difference in occupational status between husband and wife affects the balance of household matter between husband and wife. If the wife has high occupational status (like management position), husband would tend to do a household matter as compared with other household type. By this analysis, gender role in household could be seen in Chinese household. I would like to point out the gender difference in home and workplace will accelerate as the capitalistic system expanded., 東京大学大学院総合文化研究科・教養学部人文地理学教室, 2003年10月01日, 東京大学人文地理学研究 = Komaba studies in human geography, 16 (16), 105 - 119, cinii_articles;cinii_books;url

  • はじめてのフィールド調査--現場で学ぶフィールド調査の技術(3)都市における社会調査

    西村 雄一郎

    古今書院, 2003年06月, 地理, 48 (6), 70 - 73, cinii_articles;cinii_books;url

  • 職場におけるジェンダーの地理学:日本での展開に向けて

    西村 雄一郎

    本稿では,日本におけるジェンダーと職場の関係について,地理学の立場から論じ,日本における研究の可能性を提示することを目的とする.従来の日本の地理学では,職場におけるジェンダーの問題を限定的にしか注目してこなかった.本稿では特に,日本における空間的分業論による研究と時間地理学的研究を取り上げることによって,従来の研究におけるジェンダーの視点の欠如・限界について批判的に検討した.一方,欧米のフェミニスト地理学においては,ポストフォーディズム下での「新しいジェンダー秩序」,および職場内部のミクロな空間におけるジェンダーの構築に関する議論が進展している.そこで本稿では,日本の職場におけるジェンダー秩序の変化とその分析枠組を明らかにしようと試みた.1970年代から1980年代の日本のトヨティズム期における性別職務分離は欧米の場合と異なっていた.1990年代以降の日本経済の変化は,職場におけるジェンダー関係を変化させるだけでなく,職場と家庭の境界が不明確な新たな空間を生み出している.日本において,新たなジェンダー秩序がどのようにつくられるのかについて,職場丙部のミクロな空間性や経済的・社会的・文化的・政治的要素,ネットワークに着目することによって検証する必要がある., 公益社団法人 日本地理学会, 2002年, 地理学評論, 75 (9), 571 - 590, doi;cinii_articles;cinii_books;url

  • 合衆国・移植工場回廊における生産活動と従業員生活--日系自動車企業の工場見学ノート

    伊藤 健司; 西村 雄一郎; 岡本 耕平; 長尾 謙吉

    名古屋大学文学部, 2000年, 名古屋大学文学部研究論集, 46 (46), 67 - 82, cinii_articles;doi;cinii_books;url;url

  • 都市地理学における職住関係の再概念化 (<特集>ジェンダー地理学(II))

    ハンソン スーザン; プラット ジェラルディン; 西村 雄一郎[訳]

    職住関係は都市地理学の基礎のひとつである。私たちは、この関係が限られたやり方で概念化され、依然として職住関係に関する過度に単純化された見方が研究の核心に存在していると主張する。近年の研究と私たちのマサチューセッツ州ウースターでの研究に依拠しながら、私たちは職住関係の再概念化を試みる。その再概念化とは、家庭と仕事という二つの領域間の相互依存関係を強調し、その一方だけを単独で考察することが無益であることを示し、生産と再生産の分析を統合する新しい方法を示すことである。私たちは、まず仕事に対する家庭の影響に注目して、居住環境がどのように仕事の決定に影響を与えるのかを示し、「家庭」と「仕事」の意味するものの再定義が必要であると主張する。次に、家庭に及ぼす仕事の影響を検討し、人々の就業者としての役割と参加が住居の立地と近隣の機能にとのような影響を与えるのかに注目する。最後に、私たちは職住関係を媒介するローカルな文脈の重要性を議論する。, 1999年, 空間・社会・地理思想, 4 (4), 74 - 93, cinii_articles;cinii_books;url

  • 深夜・交替勤務と家族生活 (特集 ロ-カルイシュ-)

    西村 雄一郎

    古今書院, 1998年12月, 地理, 43 (12), 60 - 66, cinii_articles;cinii_books;url

  • 自動車製造従事者の生活の時空間変化:生産プロジェクト・家族プロジェクト概念による分析

    西村 雄一郎

    In this article, I discuss how the family activities of automobile manufacturing workers from Toyota Motor Corporation (Toyota) are influenced by the transformation of production projects. Because of the poor economic situation of the 1990s in Japan, the automobile manufacturing section at Toyota put a system of time management into force as a part of its restructuring programme. After the time management system had been enforced, the family activities and gender divisions in households of the manufacturing workers in this section changed to a certain extent. Here, for the methodology, I use the project concept from‘time geography’based on time-space budgeted data, and try to examine the relations between the production project and family projects.
    In the second section of this paper, I explain the production project by Toyota and its transformation. The production project strongly influences the activities of the workers. During working hours, the workers are constrained by severe coupling with the production line. Moreover, the daily paths of the workers are determined by the persistence of holiday working, shift changes, and overtime work as an aspect of human resource flexibility within the Toyota production system. During the period of Japanese high-growth, Toyota centrally determined the workers day and night shift system (day shift 8:00∼17:00, night shift 21:00∼6:00) and overtime work. In recent years, the need for cost reduction and improvements in employment efficiency were required due to the change of economic trends in the international market and to changes in Japanese society. This situation caused the appearance of another working pattern, such as the sequential two shift system (1st shift 6:30∼15:15, 2nd shift 16:15∼1:00).
    In the third section of this paper, I clarify the sharing activities of the workers in the family project. For the sharing activities, I chose the meal activities and going-out activities of family members. The activity patterns of wife and husband match in the day shift and reverses in the night shift. This pattern changes week by week. It is thought of as continuous activity, most of the worker's families take their meal together in the evening despite this weekly cycle. It remains, however, that the going-out activities are rarely done by them together. It seems that the production project is a significant factor of constraint for the husband doing any activities other than working. Because of the transformation to the sequential two shift system, the activity patterns of wife and husband do not match anymore and so they have a difficulty even in sharing the meal together. However, the husbands have joined shopping activities with their families.
    In the fourth section of this article, I discuss the division of household activities of the workers in the family project. For instance, I chose some pickup and send-off activities for their children and I tried to explain the change of gender division of household activities. When the day and night shift system was in place it was impossible the for wife and husband to share the household activities and childcare. Therefore, the wife had to do all the household activities. However, after the sequential two shift system was introduced, husbands began to do household activities such as pickup and send-off activities for their children. Thus, the changes of gender division of household activities became evident. As a consequence, the flexibility of the production project was weakened in daily scale but that of the family project was increased., 学術雑誌目次速報データベース由来, 1998年, 人文地理, 50 (3), 232 - 255, cinii_articles;cinii_books;doi

  • Quality Verification of Volunteered Geographic Information Using OSM Notes Data in a Global Context

    Toshikazu Seto; Hiroshi Kanasugi; Yuichiro Nishimura

    Although the data obtained from volunteered geographic information (VGI) are inherently different from public surveys, the quantity of the data are vast and the quality of the data are often poor. To improve the quality of VGI data, the positional accuracy and diversity and interaction of the number of users involved in the regional generation of the data are important. This research proposes a new approach for the accumulation of OpenStreetMap (OSM) data by using OSM Notes and attempts to analyze the geographical distribution and the characteristics of the contents of the contributions, quantitatively and qualitatively. Subsequently, the results demonstrated regional differences in OSM Notes, but it provided users with an understanding of the new features of quality management in OSM, even in regions where OSM activities are not necessarily active. In addition, it was also possible to discover new factors such as the time transition required for the correction and contribution of anonymous users. These results are expected to serve as a tool for users to communicate with each other to resolve data bugs that exist in OSM and provide future researchers with examples of user interaction in global OSM activities., 2020年06月, ISPRS INTERNATIONAL JOURNAL OF GEO-INFORMATION, 9 (6), 372 - 372, doi;web_of_science;url

    研究論文(学術雑誌)

  • 尾張旭市の高精度地震動マップに関する実務的空間統計解析結果ついて : 地震動計測による地震動予測マップの精度保証と高精度化に向けて

    菅井 径世; 小川 克郎; 加藤 悟; 森 保宏; 廣内 大助; 西村 雄一郎; 早川 敏明

    名古屋産業大学・名古屋経営短期大学環境経営研究所, 2015年03月, 名古屋産業大学・名古屋経営短期大学環境経営研究所年報, (14), 12 - 26, doi;cinii_articles;cinii_books;url;url

MISC

  • オープンデータ活動とネオ地理学

    西村雄一郎

    2016年03月10日, 日本地理学会発表要旨集, (89), 34, j_global;url

  • ジオ系ソーシャルストリーミング番組「友引Night!!」の復活

    近藤康久; 西村雄一郎

    2016年, 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web), 2016, ROMBUNNO.MTT29‐03 (WEB ONLY), j_global;url

  • NHKアーカイブス災害映像に基づく2000年東海豪雨の報道マッピングの試み

    西村雄一郎; 森田匡俊; 大西宏治; 廣内大助

    2014年03月10日, 日本地理学会発表要旨集, (85), 321, j_global

  • カウンターマッピングと参加―東日本大震災後の事例から―

    西村雄一郎

    2013年03月10日, 日本地理学会発表要旨集, (83), 47, j_global

  • クリティカルGISと日本の『空間情報社会』

    西村雄一郎

    2010年09月10日, 日本地理学会発表要旨集, (78), 29, j_global

  • 位置情報を利用した発災時建設現場のための災害情報システムの開発・実証実験

    正木和明; 小池則満; 内藤克己; 西村雄一郎

    2008年11月, 日本建設情報総合センター研究助成事業成果報告会資料集(CD-ROM), 6th, ROMBUNNO.2007-06, j_global

  • ラオス・ヴィエンチャン近郊農村における自然利用の時間地理学的分析

    西村 雄一郎; 岡本 耕平; ブリダム ソムキット

    2006年雨季・2008年乾季のラオスヴィエンチャン近郊農村ドンクワイ村住民のGPS・活動日誌調査に基づく生活行動データを用い、住民と自然との関わりを、雨季と乾季の違い、都市化の影響による2年間の変化などをふまえ、時間地理学的に明らかにする., 人文地理学会, 2008年, 人文地理学会大会 研究発表要旨, 2008 (0), 509 - 509, cinii_articles;doi

  • 阿寺断層帯中部,中津川市加子母地区における古地震調査(速報)

    廣内大助; 安江健一; 道家涼介; 佐藤善輝; 谷口薫; 杉戸信彦; 内田主税; 平松孝晋; 北川早穂子; 坂本勉; 西村雄一郎; 倉橋奨

    2007年10月01日, 日本地震学会秋季大会講演予稿集, 2007, 223, j_global

  • ヴィエンチャン近郊農村における工場通勤労働の開始と日常生活の変化

    西村 雄一郎; 岡本 耕平


    ラオスの首都ヴィエンチャン近郊地域では,市街地に近接した地域を中心に1990年代以降,工場立地が進展しているが,交通事情もあって通勤圏は狭い.ドンクワーイ村もごく最近まで通勤圏に含まれておらず,賃労働収入の源は,主として出稼ぎか,乾季に他の村で収穫を手伝うといった程度であった.
    このドンクアーイ村で,2006年2月に初めて通勤就業が始まった.タイ資本がヴィエンチャン郊外に設立した外国むけ絵本の製本工場(X社)から村に求人があり,工場の送迎バスによる片道1時間から1時間半かけての通勤が始まった.また,2007年2月には,東南アジア・インドで生産されたジーンズを搬入しウォッシュ加工を行うフランス資本の工場(Y社)への通勤も始まった.
    本研究では,両社およびドンクワーイ村の通勤経験者17名全員に雇用状況に関するインタビュー調査を行った(2007年3月実施).この調査結果と,全世帯悉皆調査(2005年8月-20006年10月実施),GPS/GISを用いた生活活動調査(40世帯,2006年8月実施)のデータを併用し,通勤と日常生活・家計との関連について検討した.
    X社は基本給が月35US$,Y社は約30US$程度で,ともに残業・皆勤などの手当が加算される.労働時間は,各社朝8時から17時が定時であるが,需要変動に応じた残業が行われ,村への帰宅が深夜になる場合もある.通勤経験者のうち男性は1人のみで,それ以外はすべて女性であり,年齢は15-20歳に集中する(平均18.4歳).また,既婚者は女性1名のみでそれ以外は未婚である.
    通勤就業を行うことで,これまで現金収入を持たなかった若年女性でも定期的な収入を得,家計を助けることが可能になった.しかし,工場通勤労働の定着率はかなり低い.これは,賃金が非常に安く,残業がなければ就業継続への意欲を満たすに足る収入を得られないこと,自然資源採集を含む複合的な現金収入獲得の手段が存在していることが理由となっている(表1).また,長時間残業・休日出勤と長時間の通勤時間により身体的な負担が高く,かつ他の世帯構成員と全く異なる生活時間・空間で日常生活を送らざるを得ないことも工場通勤労働の定着率を低めている(図1).
    工場側は,こうした低い定着率に対応するために常に必要以上の労働者を確保しようと努めており,そのためX社・Y社のような後発立地の工場は,ドンクワーイ村のような通勤圏の限界にまで通勤送迎バスを出して労働者を募る.仕事の閑散期にも余剰労働者を抱えるため,賃金は低く抑えられる.
    ヴィエンチャン近郊農村における工場労働市場は,このような工場側の事情と,農村部での生業複合のバランスの上に成り立っていると考えられる., 公益社団法人 日本地理学会, 2007年, 日本地理学会発表要旨集, 2007 (0), 128 - 128, doi;j_global;cinii_articles

  • ラオス・ヴィエンチャン郊外農村におけるGPS・GISを用いた時空間収支調査法の開発

    西村 雄一郎

    この発表では,ラオス村落における人々の日常生活,特に現在,近代化・グローバル化の影響が著しくみられるようになったラオスの首都ヴィエンチャン近郊農村の居住世帯における,生活活動の時空間的配置を明らかにするための調査手法の開発について報告を行う. 近年ラオスでは,近代化・グローバル化によって,都市や農村の物的な環境が大きく変化するとともに,家族・地域社会・企業などの社会的組織のあり方をも変化している.このような変化は,自然採取活動を含む複合的生業から賃金労働への生業変化・従来とは異なるジェンダー役割に基づく生活活動をもたらしていると想定される.このことを時間地理学的に分析するために,自然環境下を含む多種多様な生活活動が,「いつどこで」行われているのかについての具体的なデータを収集・分析するための方法を開発することが必要である. 従来,個人の時空間収支を明らかにするためには,活動日誌法(activity diary)を中心とするアンケート調査によって,活動の種類,時刻,場所などを記録する方法が多くとられてきた.しかし,調査対象者に日誌をつけてもらう活動日誌法によって活動場所・時間の記録を行うためには,対象者自身が文字を書くことができること,活動場所を詳細に特定できる地名が細かくつけられていること,時計を持っていることなどの前提条件があり,途上国の農村地域でこの方法をそのまま用いることは困難である.また途上国での生活時間調査では,個々の対象者の後をついていきながら記録を行う追跡法が多く用いられているが,複数の対象者の日常生活を同時間に把握するためには多数の調査者を必要とするため,大人数のデータを一度に収集することは困難となる. そこで,今回の調査ではハンディGPSによる時空間収支データの収集と,記録されたGPSデータからGISソフトを用いて時空間地図・活動日誌フォームを迅速に生成するツールを作成し,この時空間地図・活動日誌に基づき,活動場所や活動内容について補足インタビュー調査を行う手法を考案した(図1). ハンディGPSは最近小型化が進行し,腕時計型のモデルが利用可能である.これを調査対象者が携帯することによって,特定の名称を持たない自然環境においても空間的な位置と,移動,活動時間の正確なデータを取得することができる.また,世帯構成員全員が同時にGPSを携行することによって,同時刻の家族全体の活動を調査できるため,世帯内の分業が時空間的に行われている状況を明らかにできる. またGPSデータから時空間地図・活動日誌フォームを迅速に作成し,これらを用いた補足インタビュー調査を行うことで,詳細な活動内容を把握することができる.既に,GPSデータを用いた生活活動調査が行われているが(Kwan 2004,森本他2004),GPSデータのみの場合では移動に関しては移動経路・時間など詳細なデータが収集できるが,移動先の詳細な活動内容については明らかにできないため,インタビュー調査を組み合わせることが有効となる. 当日は,ラオスにおいて行ったパイロット調査データから,取得データの精度や実際の調査上の問題点などを示すとともに,得られたデータの分析結果を明らかにする.文献Kwan, M.P. 2004. GIS Methods in Time-Geographic Research: Geocomputation and Geovisualization of Human Activity Patterns. Geographisca Annaler 86 B 4: 267〓280.森本健弘・村山祐司・近藤浩幸・駒木伸比古 2004.行動地理学におけるGPS・GISの有用性〓野外実習を通じて〓.筑波大学人文地理学研究XXVIII:27-47., 公益社団法人 日本地理学会, 2006年, 日本地理学会発表要旨集, 2006 (0), 214 - 214, cinii_articles;cinii_books;j_global;doi

  • ラオス・ビエンチャン近郊地域における日常生活の時空間

    西村 雄一郎; 岡本 耕平

    この論文では,ラオスの首都近郊村落における人々の日常生活,とりわけ,生活活動の時空間的配置が現在進行している近代化・都市化・市場経済の浸透によってどのように変化しているのかを明らかにする. 従来,近代産業に基づく賃労働の増加によって,生活時間の規律化が進行することが指摘されてきた(Pred 1978;岡本 1995).同時に,より高速・安価な移動手段の発達は,人々の生活空間の範囲を拡大させてきたが,それは同時に空間的な規律が浸透していくプロセスでもあった.また,このような時間的空間的な規律化と男女の固定的な役割分業の形成は深く結びついている. ラオスの首都ビエンチャン近郊では,市街地に近接した地域を中心に1990年代以降,都市化・産業化が進展している.しかしその一方で,複合的生業が営まれている農村地域も散在している. このような地域における,1990年代から現在までの人々の生活時間・空間について,以下の3つの側面から検討する.1.職業の地域差と日常生活活動の関係:職業構成の地域差は,地域労働市場の状況,自然資源の利用可能性などと関わる複合的生業の可能性とどのように関連しているか.2.モビリティの地域的差異:地域で利用可能な交通機関,自転車・バイク・自動車などの所有状況,また道路整備,乾期・雨期の季節変動と結びついた道路状況の影響をどのように受けているか.3.時空間利用におけるジェンダー差異:1・2と関わり,ジェンダーによって職業構成・モビリティにどのような差異が存在するか. 以上の検討を行うために,ラオス政府統計局によって行われたLECS(Lao Expenditure and Consumption Survey:ラオス消費調査)第2回(1997_-_98に実施)・第3回(2002_-_03に実施)データを用いて分析を行った. ラオス・サイタニー郡の職業構成の変化の特徴としては, 1997・98年から2002・03年の間に賃労働者の増加は見られず,自営層の増加が著しかったことがあげられる(表1). モビリティの地域差の特徴としては,ビエンチャン中心市街地で徒歩が多く,ビエンチャン近郊地域でバイク利用が増加する.その一方で比較的ビエンチャンから離れた地域では徒歩が中心となる. 職業の地域差,日常生活活動との関係,職業・モビリティのジェンダー差異に関する分析については本発表で報告を行う.文献岡本耕平 1995.大都市圏郊外住民の日常活動と都市のデイリー・リズム_-_埼玉県川越市および愛知県日進市の事例_-_.地理学評論 68(1):1-26.Pred, A. 1978. The impact of technological and institutional innovations on life content: some time-geographic observations. Geographical Analysis 10: 345-72., 公益社団法人 日本地理学会, 2005年, 日本地理学会発表要旨集, 2005 (0), 91 - 91, cinii_articles;cinii_books;doi;j_global

  • 豊田市における自動車産業組立ライン勤務者の生活時空間

    西村 雄一郎

    1996年03月01日, 日本地理学会予稿集, 49 (49), 116 - 117, cinii_articles;j_global;cinii_books

  • クラウドソース型ウェブ地図に関わるマッピング・コミュニティの拡大

    西村 雄一郎; 瀬戸 寿一

    1.はじめに

    2019年7月に開催された第29回国際地図学会議(ICC2019)東京大会では,キーノートセッション(https://www.icc2019.org/keynote_presentations.html)において,4名の講演者が登壇した.講演者の顔ぶれは,大阪市立大学教授のVenkatesh Raghavan,ヨーロッパで主にカーナビ開発を行う企業TomTomの地図部門副社長であるSteve Coast,国連の地理情報担当官の加川文子,ウェブ地図サービスを提供する企業であるMapboxのCEOであるEric Gundersenであり,1日1名ずつが講演を行った.

    本発表では,これらのキーノートセッションでの共通項であるクラウドソース型ウェブ地図について取り上げ,ICC2019で行われた関連の研究発表もあわせて,地理・地図学分野で浸透しつつあるクラウドソース型ウェブ地図の意義について考察したい.

    2.クラウドソース型ウェブ地図とは

    クラウドソース型ウェブ地図とは,近年さまざまな分野でその利用が活発化しているクラウドソーシング(crowdsourcing)と呼ばれる一般市民からの情報によって,インターネット上の地図を編集するプロジェクトによって作成されたインターネット上のデジタル地図のことを指す.クラウドソーシングとは,一般的には,インターネットなどの通信技術を用いて,業務の公募や受発注を不特定多数の者の間で行うなどの新たな労働形態のことを指すが,広義には必ずしもそのような雇用関係を前提とせず,不特定多数の者の間で行われる,主にインターネット上で進められるプロジェクトを意味する.そのようなプロジェクトのひとつの分野としてクラウドソース型ウェブ地図が,近年その勢力を拡大してきた(瀬戸, 2017).

    3.キーノートにおけるクラウドソース型ウェブ地図

    キーノートでは,Steve CoastとEric Gundersenが,クラウドソース型ウェブ地図の中核的なプロジェクトのひとつであるOpenStreetMap(OSM)に深く関わる内容の講演を行った.Steve Coastは2004年8月に始まった同プロジェクトの創始者であることから,これまでのOSMに関する歴史的経緯と功績について振り返り,オープンな地図の重要性やプロジェクトにおけるマッピング・コミュニティの形成,さらにそのベースにあるマッピングの楽しさが現在のOSMでも重要であることを示した.また,Eric Gundersenは民間企業の立場から、自社で開発したOSMデータをベースとしたウェブ地図の営利・非営利それぞれのセクターへの提供や高度にカスタマイズ可能なウェブ地図について,今後の展望として、特に日本における事業展開や日本のマッピング・コミュニティとの連携について述べた.

    また,加川文子は,グローバルなウェブ地図プラットホームとしてのOSMの可能性,とりわけ災害や疾病などに関する国際援助に関わる地図としての重要性を改めて示した.一方で,Venkatesh Raghavanは,オープンな地理情報システムに関わる国際的なプロジェクトとして,OSGeo財団の活動,特に世界中のだれもが,自由に地理情報を取り扱うことのできる世界を目指した活動である「Geo for All」を取り上げ,オープンな地理情報ソフトウェアであるFOSS4G,ならびにオープンな地理情報(データ)の代表としてOSMという,ソフトウェアとデータの両輪が基盤となることを示した.

    4.おわりに

    以上のキーノートセッションから示されるクラウドソース型ウェブ地図の意義として,以下の点が挙げられる.

    唯一のグローバルなクラウドソース型ウェブ地図プラットホーム商用含め,だれもが自由に利用可能なライセンス形態ウェブ地図のない地域でのマッピング・コミュニティによる地図作成の可能性・国際援助における重要性世界中のだれもが自由に地理情報を取り扱うことのできる世界に向けた,オープンな地理情報システムとオープンな地理情報データベースの重要性「楽しさ」をモチベーションとしたマッピング・コミュニティのグローバルな拡大

    ICC2019で行われたクラウドソース型ウェブ地図に関する研究発表もあわせて,地理学・地図学に与えているインパクトや意義について,当日報告を行う.

    文献

    瀬戸寿一 2017.地理空間情報のクラウドソーシング化.若林芳樹・今井修・瀬戸寿一・西村雄一郎編『参加型GISの理論と応用』34-37,古今書院.

    , 公益社団法人 日本地理学会, 2020年, 日本地理学会発表要旨集, 2020 (0), 345 - 345, doi;cinii_articles

  • オープンデータ活動とネオ地理学

    西村 雄一郎

    「ネオ地理学(neo-geography)」(瀬戸2010)が近年日本においても盛んになりつつある.ネオ地理学とは,地理学や地理情報の専門家でない一般の人々が,それぞれの興味関心や日常生活上の状況に応じて,インターネット上の地理情報を閲覧・検索・利用・作成することを指す語である(Turner 2006).2011年に発生した東日本大震災をひとつの契機として,地理情報や地理情報の地図化の重要性が一般の市民に認識されつつある.例えば,災害情報の地図化を行ったsinsai.info (http://www.sinsai.info)では,OpenStreetMapを用いたベースマップとなる被災状況の地図化や,災害情報のチェックや掲載などのモデレーティング活動が,OSMFJ(OpenStreetMap Foundation Japan)や多くのネオ地理学者からなるグローバルなボランティアによって担われた(Seto and Nishimura, 2016).また,OpenStreetMapプロジェクトは,日本ではネオ地理学としての実践を示す主要な活動の一つとなっているが,日本を主な活動場所としている登録ユーザは,2011年4月に大幅に増加し,その後も登録・アクティブユーザ数は継続的に増加している.
    オープンデータに関わる政策もネオ地理学的な活動を促している.2013年にG8オープンデータ憲章は合意されたものの,日本政府のオープンデータに向けての行動のペースは遅く,特に地方自治体のオープンデータ開放は限られたものにとどまっている(datainnovation.org, 2015).その一方で,日本においてオープンデータに関する市民のボランタリーの活動は盛んになっている.市民が主体となりオープンデータを活用した地域課題解決に取り組むコミュニティ作りやテクノロジーを利用した活動を支援する非営利団体であるCode for Japanは,Code for Americaをモデルとして2013年に設立され,公認ブリゲイド(ブリゲイドとはCode for Japanが提供する支援プログラムに参加している各地のコミュニティのことを指す)が33,公認準備中のブリゲイドが25を数える(2016年1月現在).またブリゲイドが関与し世界各地で同時開催されるイベントであるインターナショナルオープンデータデイでは,2013年には日本から8都市のみの参加であったが,2014年には35都市,2015年には62都市の参加により行われた.これらのイベントでは,ハッカソン・アイデアソン・データソン(オープンデータを活用して地域の課題解決につなげるプログラム・アイデア・データなどを丸一日作成するイベント)などのさまざまな種類のイベントが開催されたが,これらにおいて地理情報の作成や利用は中心的なトピックのひとつとなっている.
    オープンなGISデータやジオコード化されたデータは日本では未だ限られているため,こうした活動では,地域の課題を地理学的に可視化・分析するために,地理情報の作成を含む活動・地理情報の作成と利用の両者を行うためのイベントも多く行われている.オープンソースのGISソフトウェアであるQGISの利活用や開発に関わるイベントとして,2014年7月東京で第1回QGIS hackfest,2015年8月に第2回QGIS hackfestが東京・札幌・大阪の3年で開催されたが,これらのイベントは全てボランタリーにネオ地理学者が企画・開催を行っている.
    また,Code for X(Xには各都市名が入る)の活動の主要な目的は,ICTを利用した地域の課題解決であり,地理的なものの見方や分析がその中で重要になってくる.これは,狭い意味のGISの利用・分析にとどまらず,インターネットを利用したさまざまな地理的情報の可視化・共有化も含まれる.日本において,地域のオープンデータ活動で用いられるオープンデータプラットフォーム(図1)では,定量的なデータのみならずさまざまな定性的なデータの作成・共有などが行われており,地域で共有を行うべきであると住民自身が考える地理的な知の多様性を示している., 公益社団法人 日本地理学会, 2016年, 日本地理学会発表要旨集, 2016 (0), 100305 - 100305, doi;cinii_articles

  • 愛媛県西条市における学校防災教育の取り組み状況と総合的防災教育プログラムの開発

    竹内 裕希子; 廣内 大助; 西村 雄一郎

    1.      はじめに 東日本大震災の「釜石の奇跡」が例に挙げられるように,防災教育を実施する重要性とその効果が認識されている。しかし,防災教育の実施は未だ手探りである場合が多く,体系化したプログラムが提供されていないため,学校防災では現場教員の意識・知識に頼らざるを得ない状況であり,実施内容や頻度は学校において違いが生じている。 本報告では,愛媛県西条市において2006年度から取り組まれ続けてきた防災に関する「12歳教育」の現状と課題を考察する。ヒアリング調査・アンケート調査から「12歳教育」の効果と継続性の要素を整理し,地理的要素である空間認識と地域特性の理解を取り入れた総合的防災教育プログラムである「新12歳教育」の提案を行うことを目的としている。 2.     愛媛県西条市 愛媛県西条市は瀬戸内海・豊後水道に面し,背後に石鎚山を最高峰とする四国山地に囲まれた愛媛県の東部に位置する。2004年に来襲した台風21号・23号により市内の河川が氾濫し,荒廃した山地からの流木により大きな被害が発生した。この災害を教訓として西条市は,大人に近い体力・判断能力が備わってくる12歳という年齢に着目し,防災教育や福祉や環境に関する活動などを行うことによって社会性を育て,子供たちが災害時には家庭や地域で大きな働きをなせるような力を身につけていくことを目的として2006年度から「12歳教育」に取り組んでいる。 「12歳教育」は,西条市内の小学校6年生児童を対象に総合学習の時間を用いて実施されている。各学校は4月に1年間の防災教育課題を決定し,夏休みに代表児童が西条市が実施する「防災キャンプ」に参加し,防災に関して学ぶ。その後各学校で防災教育活動を行い,2月に西条市内の全6年生が集まり「こども防災サミット」と題した発表会を行う。 3.     調査概要 西条市教育委員会へのヒアリング調査並びに,西条市内に立地する小学校25校・中学校10校の校長・教頭にアンケート調査を実施した。ヒアリング調査は2013年12月,2014年5月に実施し,アンケート調査は2014年7月に実施した。アンケート調査は,①2006年度から実施されている12歳教育の取り組み内容,②12歳教育の防災教育効果,③総合学習の時間以外の各教科科目内での防災教育の取り扱い状況,④学校管理上の防災の課題の4つの大項目で設計した。 4.     12歳教育の防災教育効果 12歳教育の防災教育効果を西条市が掲げる教育理念23項目ごとに4件法で回答を求めた。 全ての学校で23. 「防災教育の充実・発展」の理念向上に12歳教育が影響を与えていると回答した。また,11.「西条市の特色ある教育」として捉えられており,17.「ふるさとを愛す態度を養う」21.「コミュニケーション能力の育成」に影響を与えていると回答した。「12歳教育」では,地域住民に話を聞き地図を作成する「防災タウンウオッチング」や学習成果を地域に広める取り組みを行っている学校が多く,それらの地域学習を通じた効果であることが推測される。, 公益社団法人 日本地理学会, 2015年, 日本地理学会発表要旨集, 2015 (0), 100303 - 100303, doi;cinii_articles

  • NHKアーカイブス災害映像に基づく2000年東海豪雨の報道マッピングの試み

    西村 雄一郎; 森田 匡俊; 大西 宏治; 廣内 大助

    1.はじめに
    東日本大震災以降、携帯電話やカーナビゲーションシステムのGPSログ、ソーシャルネットワークサービスなどにおける位置情報がついた書き込み、災害情報報道などを含むいわゆる「震災ビッグデータ」の分析が進んでおり、特にそれらに含まれる位置情報を活用したGISによるビジュアライゼーション・空間分析が行われている(渡邉 2012)。これらは、「マスメディア・カバレッジ・マップ」「報道カバレッジマップ」と名付けられており、音声の書き起こしテキストから地名を抽出し、地域区分に基づいて集計されたデータを地図化することによって、報道の地域的な偏りや報道空白地域を明らかにするものであった。
    一方、これらの分析で権利処理の関係などから利用されなかったのが震災発生時の放送映像である(村上 2013)。しかし、放送映像には、多くの地理的な情報が含まれており、被災地域のフィールドワークと組み合わせることによって、被災当時の状況や変化を復元することの可能な資料として、また報道と実際の被災状況のギャップを相互に検証することの可能なデータとして利用することが可能である。そこで、本発表では、2012年度に実施された「NHKアーカイブス学術利用トライアル研究Ⅱ」において、2000年9月東海豪雨のニュース映像の閲覧に基づくデータ化・地図化を行うとともに、ニュース映像に基づくデータと被災地域における地理学的なフィールドワークの結果をオーバーレイすることで比較を行い、こうした災害映像の被災状況復元のための利用可能性や限界、また報道内容と実際の被災状況の間にどのようなギャップや齟齬が発生したのかについて検討した。

    2.NHKアーカイブス災害映像からの地理的情報の抽出
    今回東海豪雨を対象として取り上げた主な理由としては、映像が数多く存在し、また報告者らがこれまでに複数回調査を行うなど、被災地域の地理的な環境や詳細な地理的情報を熟知しているためことによる。東海豪雨に関する映像資料の検索・閲覧は、NHKアーカイブズ(川口)で報告者自身が行った。ここでは、全国放送のニュース映像・並びに取材VTR素材の閲覧が可能であり、保存VTRの検索を行うことが可能なデータベースを利用して、東海豪雨に関連する映像の検索を行った。データベース・放送された映像のほとんどには、映像の撮影地点を特定する情報が入っていなかったため、検索された映像にみられるさまざまな地理的要素(交差点名の標識・店舗名を示す看板や広告、また道路・鉄道・街路樹等の形状や起伏、空撮の場合は道路網の形状、建物や堤防等の形状、被害状況など)を既存の地図情報や被災地域でフィールドワークによる景観的な特徴と照合し、撮影地点の特定を行った。
    3.報道マッピングとフィールドワークによるデータの比較分析
    このようにして作成した位置つきの撮影地点情報についてGISを用いてマッピングを行った。当日の発表では、特に名古屋市や周辺地域を含むマッピングの結果ならびに、フィールドワークや実際の被災状況と比較した結果を報告する。

    文献
    渡邉英徳:散在データ間の地理的・時間的関連性を提示するマッシュアップコンテンツの Web アクティビティによる制作,2012.https://sites.google.com/site/prj311/event/presentation-session/presentation-session3#TOC-Web-
    村上圭子「震災ビッグデータ」をどう生かすか−災害情報の今後を展望する−,放送研究と調査,pp. 2-25,2012., 公益社団法人 日本地理学会, 2014年, 日本地理学会発表要旨集, 2014 (0), 100321 - 100321, doi;cinii_articles

  • カウンターマッピングと参加:東日本大震災後の事例から

    西村 雄一郎

    1.はじめに東日本大震災以降,日本におけるGISを利用した災害支援・復興活動として,ネオジオグラファー(NeoGeographer)とVGI(Volunteered Geographic Information)による活動が注目されている.従来,GISは専門家や研究者が地理情報を分析するためのツールとして位置づけられてきたが,GeoWebと呼ばれるインターネットを通じたデジタル地図・Web-GISサービス・アプリケーションの利用が急速に拡大し,スマートフォンなどによる位置情報サービスが普及するにつれて,専門的なGISの教育や技術を受けていない人々が広くGISを利用するようになった.こうした人々はネオジオグラファーと呼ばれるようになった.また,ネオジオグラファーを含むさまざまな人々によって大量・主意的に蓄積・共有された地理情報はVGI(Volunteered Geographic Information:ボランタリーな地理情報)(Goodchild 2007)と呼ばれている(瀬戸2010).東日本大震災においては,安否情報の確認や災害情報の共有がTwitterなどのソーシャルメディア・携帯電話などを通じて行われ,こうした情報をGIS上で視覚化し共有するために,ネオジオグラファーによる活動が活発に行われた.また,2010年のハイチ地震や2011年のクライストチャーチ地震などで世界的な災害支援活動を継続的に行ってきたOpenStreetMapなどの共有型の地図作成活動が東日本大震災においても行われ,被災状況の地図の作成・公開がボランタリーになされた.こういったボランタリーな活動が広がっている基礎として,FOSS4G (Free and Open Source Software for Geospatial)などの自由に利用可能な地理情報ソフトウェアの開発の進展・普及拡大によって,地理情報のハンドリングを行うための障壁が小さくなっていることが挙げられる.2.カウンターマッピングとは こうしたGISの普及や一般の人々の利用はこれまでになかった新たなGISと社会の結びつきをもたらしうる.英語圏におけるGISと社会に関するテーマのひとつとなっている参加型GIS(Participatory GIS (PGIS))(若林・西村2010)は,周縁化された人々のためのエンパワメントをその主要な目的のひとつに掲げている.すなわち,政府や大企業など,データを占有し,自らの利益に向けた計画をGISに基づき『客観的』な地図として表象しようとする動きに対して,ローカルコミュニティ,土着の人々,エスニック・マイノリティがカウンターマッピング(counter-mapping)(Peluso 1995)を行うことで,ローカルな課題解決に向けた意思決定過程での合意形成を行う手段として参加型GISを位置づけるものである.3.日本におけるカウンターマッピング 「カウンターマッピング」は従来途上国の農村を中心とする実践において主に用いられてきたが,この概念を東日本大震災後のさまざまなマッピング活動に適用することを試みたい.日本の市民参加GISは行政主導で行われてきたこともあって(西村2010),カウンターマッピングは日本において表面化してこなかった.しかし,東日本大震災以降にその状況は一変した.地震・津波による被害が広範囲にわたり,また原子力発電所の事故も発生したことで,行政からの情報公開の遅れや提供された情報の内容が住民の必要とする日常生活レベルの空間スケールと大きく離れていたなどの問題が頻発した.また,行政がGISで読み込み可能なデータを公開しない,地理情報の処理に関するノウハウが不足しているなどの問題も明らかになった.東日本大震災を契機として作成されるようになったネオジオグラファーによる個々人の被災状況・救援物資の過不足などの支援状況に関するマッピングの事例や福島県や関東で行われている放射線量マッピングの事例を取り上げ,日本におけるカウンターマッピングの現状と今後の課題を示したい., 公益社団法人 日本地理学会, 2013年, 日本地理学会発表要旨集, 2013 (0), 329 - 329, doi;cinii_articles

  • クリティカルGISと日本の『空間情報社会』

    西村 雄一郎

    インターネットを通じたデジタル地図の利用が急速に拡大し,カーナビや携帯電話による位置情報サービスが普及するなどGISがもたらす社会への影響が増大するにつれて,GISと社会との関わりが重要なテーマとして浮上してきた.英語圏の地理学では,社会理論からみたGISの諸問題が1990年代以降,活発に議論されてきた(矢野2000,若林2001,『空間・社会・思想』特集(第7号, 2002),人文地理学会地理思想研究部会2007).こうした動きは「クリティカルGIS」(Schuurman 1999, 2000, 2006)と呼ばれている.クリティカルGISとは,「社会理論,STS(科学技術社会論Science, Technology and Society),哲学に依拠しながらGISの技術と原理を評価するアプローチ」(Schuurman, 2006: 726)であり,「GISの開発と利用にまつわる社会的・政治的意味合いを扱う地理情報科学の一分野」(Kwan 2008a: 56)として位置づけられる.すなわち,1990年代に行われたGIS派と社会理論派の間の批判・論争を経て,地理情報科学に関心をもつ研究者によってGISの技術や原理を批判的に再考する内在的な運動として捉えられる(Schuurman, 2004: 49)(若林・西村2010).
    クリティカルGISは, 米国NCGIA(国立地理情報分析センター)の Initiative 19(I-19)「GISと社会」で提示された七つのテーマを中心に展開されてきた(Sheppard 2005)が,特に2.コミュニティと草の根の視点と生活世界のためのGISの有効性,4.GISのジェンダー化,5.GIS,環境的公正environmental justice,ポリティカル・エコロジーに関する研究事例は参加型GIS(Participatory GIS (PGIS))として,7.新しいタイプのGIS(GIS/2)はPGISを実践するためのツールとして開発が進展しており,欧米での研究が最も多く蓄積されている(若林・西村2010).
    一方日本では,こうしたクリティカルGISの動向をふまえた具体的な研究や実践は明確でない.このことは,日本のGIS研究において地理情報科学が一面的に理解されてきたことが影響している. 日本における参加型GISの進展においては,政府の影響が大きい.2007年の地理空間情報活用推進基本法の立法化に先だって,2003~2005年度国土交通省によってGIS利用定着化事業が進められた.『GISは,行政,産業活動,国民生活の幅広い分野において,これまでの諸活動を効率化・迅速化するとともに,従来にはない新しい質の高い様々なサービスを生み出しうる技術である』(地理情報システム(GIS)関係省庁連絡会議(2002年2月))との認識の下,「国民生活にかかわる様々な場面において,利用者属性等のタイプ (分野)別に設定したテーマ毎に,多数の一般ユーザーによる利用等を通じて…利便性の向上や国民生活の質の向上を生活感覚で明らかにし,社会と生活へのGIS 利用の定着を図る」(http://nlftp.mlit.go.jp/gis/cyu02jigyou.pdf)ことを目的とするものであった.この事業においては「GISと市民参加」がその中心題目に掲げられ,防災,防犯,環境,バリアフリーといった分野で実証実験が行われた(GIS利用定着化事業局 2007). 専ら政府・行政の側から市民利用のGISの普及と定着に関する振興事業・支援策が行われているというある種の皮肉な状況が,日本における現在の参加型GISの形態を決定づけるものとなっている.英語圏のPGISは周縁化された人々のためのエンパワメントを主要な目的のひとつに掲げ,政府や企業などデータを占有し,自らの利益に向けた計画をGISに基づく『客観的』な地図として表象する動きに対して,ローカルコミュニティ,土着の人々,エスニック・マイノリティが対抗マッピング(counter-mapping)を行うことで,ローカルな課題解決に向けた意思決定過程での合意形成を行う手段として位置づけられているが,このような利用の仕方は日本においては表面化していない.また,こうした利用を下支えするような技術(FOSS4G, open street mapなど)の利用,GIS教育,行政情報の公開など考えるべき課題は多い.

    文献
    若林芳樹・西村雄一郎「『GISと社会』をめぐる諸問題-もう一つの地理情報科学としてのクリティカルGIS-」地理学評論.2010(平成22).83-1,60-79.
    , 公益社団法人 日本地理学会, 2010年, 日本地理学会発表要旨集, 2010 (0), 153 - 153, doi;cinii_articles

  • 家族労働の世代差と資源利用活動

    池口 明子; 西村 雄一郎


    1. 生業複合の変化と「世帯」
    自然環境と人間の相互の働きかけをテーマとする文化生態論では、世帯レベルの研究が古くから重視されてきた。世帯内の労働力構成と分業のあり方は、世帯の生計戦略ひいては資源利用活動に変異をもたらすと考えられる。近年では商品・労働市場の影響など、より広域な社会変化を視野に入れるための分析枠組みも議論されつつある。
    筆者らが加わる研究グループでは、2005年8月から2006年10月にかけてヴィエンチャン平野南部のDK村において世帯悉皆調査をおこなった。本稿ではその結果から、世帯の労働力構成と資源利用活動の関係について世代別に分析し、多様な野生生物資源の意義について考察する。
    なお、2005年10月のDK村の世帯数は263世帯で、うち258世帯(98.1%)について有効な資料を得た。
    2. DK村の世帯労働力構成
    世帯主の世代別に村の世帯数をみると、20代が30世帯(11.6%)、30代が79世帯(30.6%)、40代が59世帯(22.9%)、50代が49世帯(20%)、60代が26世帯(10.1%)、70代以上が11世帯(4.3%)である。世帯あたり平均人数はそれぞれ3.8人、4.4人、5.5人、6.2人、5.4人、5人であり、50代世帯で最も多く、20代世帯で少ない。世帯内の労働力は、5歳以下の子供と夫婦からなる20代世帯でもっとも少なく、30代から40代では農作業や採集活動に参加できる子供・若者・夫婦が加わる。50代では出稼ぎが可能な20代の子供も加わる。60代以上では子供は独立し、末子やその子供が世帯に残るのが一般的である。
    3. 支出構成
    1世帯あたりの平均年間支出額は20代世帯で最も少なく、50代世帯で最も多い。20代世帯と30代世帯の支出額の差は大きく、30代には1.8倍となる。増加の幅が大きいのは光熱費と交通費で、ついで教育費が大きい。この教育費の多くを占めるのは、小中学生の場合、制服や筆記用具である。交通費はヴィエンチャンへの通勤が含まれる。40代では教育費・医療費の増加に加えて、結婚式などの儀式費用が増える。全世代を通して支出の割合が最も大きいのは食費であるが、世代間の差はほとんどみられない。
    4. 収入構成
    1世帯あたりの平均年間収入額は、支出同様、最も多いのが50代世帯で、少ないのは20代世帯である。その内訳をみると、全世代を通して米は収入源としてはほとんど寄与しておらず、自給用であることが明確である。最も収入に寄与しているのは賃金労働で、次いで野生生物の販売、家畜の販売が重要な位置を占める。世代別にその割合をみると、20代世帯では他の世代にくらべて家畜販売が少なく、賃金労働と野生生物販売の割合が多い。賃金労働では、村内の農業労働や製材、近隣の村やヴィエンチャン市街地での季節的な建設業が多くを占める。野生生物販売の寄与は20代世帯で最も多く、33%を占めている。30代、40代世帯では家畜販売が20%以上を占め、賃金労働の割合が減る。50代世帯では再び賃金労働の割合が増えるが、これには20代の子供たちの出稼ぎが含まれる。賃金労働の機会が増えているとはいえ、村で採集可能な野生生物の販売は世帯の生計戦略にとって依然重要な役割を果たしている。とくに労働力が少ない20代~40代世帯や、出稼ぎ手のない50代世帯にとってその役割は大きいといえよう。
    5. 野生生物販売の内訳
    販売される野生生物の内訳をみると、全世代を通して最も収入が多いのは魚類やエビなどの水生生物で、とくに40代、50代世帯で多い。この世代では、農作業を手伝える労働力があり、主に男性が担う現金収入目的の漁業活動がしやすい。つぎに多いのはタケノコ・キノコなどの林産物で、ついで昆虫による収入が大きい。これらの活動には夫婦に加えて子供も参加して盛んに採集活動がおこなわれる。次に若い世代で重要なのは薪炭生産で、乾季には重要な現金収入源となる。60代以上世帯に特徴的なのは塩生産による収入である。, 公益社団法人 日本地理学会, 2007年, 日本地理学会発表要旨集, 2007 (0), 129 - 129, doi;cinii_articles

書籍等出版物

  • Japan after 3/11: Global Perspectives on the Earthquake, Tsunami, and Fukushima Meltdown (Asian In The New Millennium)

    Toshikazu Seto; Yuichiro Nishimura (, 範囲: Crisis Mapping Project and Counter Mapping by Neo-geographers)

    The University Press of Kentucky, 2016年, 288-304

  • 人文地理学事典

    西村雄一郎 (, 範囲: 空間のジェンダー分析)

    丸善出版, 2013年, 314-315

  • 歴史と環境―歴史地理学の可能性を探る

    西村雄一郎 (, 範囲: ラオス・ヴイエンチャン近郊における都市労働市場の形成と工場労働の導入)

    花書院, 2012年12月, 196-218

  • トヨティズムを生きる 名古屋発カルチュラル・スタディーズ

    西村雄一郎 (, 範囲: トヨティズムの場所の意味)

    せりか書房, 2008年09月, 48-49 (ISBN: 9784796702843)

  • 中国都市の生活空間−社会構造・ジェンダー・高齢者−

    西村雄一郎 (, 範囲: 中国都市の職場・家庭におけるジェンダー役割と生活時間配分)

    ナカニシヤ出版, 2008年05月 (ISBN: 9784779502217)

  • モンスーンアジアの生態史 第3巻 くらしと身体の生態史

    山内太郎; 大西秀之; 西村雄一郎; 岡本耕平 (, 範囲: 生業転換とライフスタイルの変容)

    弘文堂, 2008年04月 (ISBN: 9784335520136)

  • ヴィエンチャン平野の暮らし−天水田村の多様な環境利用

    西村雄一郎; 岡本耕平 (, 範囲: 農村の都市化-工場通勤労働の開始と日常生活の変化-)

    めこん, 2008年04月 (ISBN: 9784839602147)

  • 都市空間の地理学

    西村雄一郎 (, 範囲: トルステン・ヘーゲルストランド−時間地理学−)

    ミネルヴァ書房, 2006年09月 (ISBN: 9784623046805)

  • 福祉の世界 (大学の地理学)

    スティーヴン ピンチ (, 範囲: レギュラシオン理論)

    古今書院, 2001年09月, 194, amazon_url;amazon_small_image_url;amazon_medium_image_url (ISBN: 4772260021)

  • フェミニズムと地理学

    地人書房, 2001年 (ISBN: 9784885010910)

  • Japan in the bluegrass

    Yuichiro Nishimura; Kohei Okamoto (, 範囲: Yesterday and Today –Changes in Workers)

    The University Press of Kentucky, 2001年 (ISBN: 9780813121970)

  • 参加型GISの理論と応用 : みんなで作り・使う地理空間情報

    若林, 芳樹; 今井, 修; 瀬戸, 寿一; 西村, 雄一郎

    古今書院, 2017年03月, iii, 168p, cinii_books (ISBN: 9784772242004)

  • 十津川村史地理・自然編

    十津川村 (, 範囲: 2章3節中野村区、2章5節二村区、3章土地、4章2節林業)

    2020年03月

  • 環境問題を解く : ひらかれた協働研究のすすめ

    瀬戸寿一; 西村雄一郎(近藤, 康久; 大西, 秀之) (, 範囲: デジタル地図のオープン性・政治性・倫理性)

    かもがわ出版, 2021年03月, 227p, cinii_books (ISBN: 9784780311440)

講演・口頭発表等

  • クラウドソース型ウェブ地図に関わるマッピング・コミュニティの拡大

    西村雄一郎; 瀬戸寿一

    2020年日本地理学会春季学術大会, 2020年03月

  • mapcompare.jp launched

    Toshikazu Seto, Hiroshi Kanasugi, Daisuke Yoshida and Yuichiro Nishimura

    State of The Map 2019, 2019年09月

  • Analysis of OSM data through OSM-Notes user posting

    Toshikazu Seto, Hiroshi Kanasugi and Yuichiro Nishimura

    State of The Map 2019, 2019年09月

  • VGI contributors’awareness of geographic information quality and its effect on data quality: a case study from Japan.

    Jun Yamashita, Toshikazu Seto, Yuichiro Nishimura, Nobusuke Iwasaki

    International Cartographic Conference 2019 Tokyo, 2019年07月

  • 大学教育における地理オープンデータ作成活動への参加とその現実

    西村雄一郎

    地理情報システム学会, 2018年10月

  • New Trend of Geography Education and Acceptance of OpenStreetMap by Undergraduate in Japan

    Yuichiro Nishimura

    International Conference on Spatial Analysis and Modeling, 2018年09月09日, University of tokyo, Japan., true

  • ボランタリー地理情報(VGI)のデータ改善に向けた投稿情報の傾向分析:OpenStreetMapにおけるNotes 機能を事例に

    瀬戸寿一; 西村雄一郎; 岩崎亘典; 金杉 洋

    地理情報システム学会研究発表大会, 2017年, 宮城大学.

  • ボランタリーな地理空間情報の品質評価に関する一考察

    山下 潤; 岩崎亘典; 西村雄一郎; 瀬戸寿一

    地理情報システム学会研究発表大会, 2017年, 宮城大学.

  • ジオ系ソーシャルストリーミング番組友引Night!!の復活

    近藤康久; 西村雄一郎

    日本地球惑星科学連合大会, 2016年, 幕張メッセ

  • オープンデータ活動とネオ地理学

    西村雄一郎

    2016年日本地理学会春季学術大会, 2016年, 早稲田大学.

  • 愛媛県西条市における学校防災教育の取り組み状況と総合的防災教育プログラムの開発

    竹内裕希子; 廣内大助; 西村雄一郎

    日本大学.2015年日本地理学会春季学術大会, 2015年

  • オープンデータのインポートプロセス-ガイドラインを守って楽しいインポートを-

    西村雄一郎

    State of the Map Japan 2015., 2015年, イノベーションセンター浜松

  • NHKアーカイブス災害映像に基づく2000年東海豪雨の報道マッピングの試み

    西村雄一郎; 森田匡俊; 大西宏治; 廣内大助

    国士舘大学.2014年日本地理学会春季学術大会, 2014年

  • マッパーは荒野を目指すか−日本国内におけるOSMフォーカスエリアについて−

    西村雄一郎

    State of the Map Japan 2014., 2014年, 東京大学.

  • OpenStreetMapの利用とライセンス−オープンデータの地図作成プロジェクト−

    西村雄一郎

    GIS学会セキュリティ分科会., 2014年, 大阪

  • FOSS4Gを活用して行う自治体オープンデータのOpenStreetMapへの投入

    西村雄一郎

    ジオメディアサミット in FOSS4G Hokkaido 2014., 2014年, 北海道大学.

  • カウンターマッピングと参加

    西村 雄一郎

    日本地理学会発表要旨集, 2013年, 1.はじめに東日本大震災以降,日本におけるGISを利用した災害支援・復興活動として,ネオジオグラファー(NeoGeographer)とVGI(Volunteered Geographic Information)による活動が注目されている.従来,GISは専門家や研究者が地理情報を分析するためのツールとして位置づけられてきたが,GeoWebと呼ばれるインターネットを通じたデジタル地図・Web-GISサービス・アプリケーションの利用が急速に拡大し,スマートフォンなどによる位置情報サービスが普及するにつれて,専門的なGISの教育や技術を受けていない人々が広くGISを利用するようになった.こうした人々はネオジオグラファーと呼ばれるようになった.また,ネオジオグラファーを含むさまざまな人々によって大量・主意的に蓄積・共有された地理情報はVGI(Volunteered Geographic Information:ボランタリーな地理情報)(Goodchild 2007)と呼ばれている(瀬戸2010).東日本大震災においては,安否情報の確認や災害情報の共有がTwitterなどのソーシャルメディア・携帯電話などを通じて行われ,こうした情報をGIS上で視覚化し共有するために,ネオジオグラファーによる活動が活発に行われた.また,2010年のハイチ地震や2011年のクライストチャーチ地震などで世界的な災害支援活動を継続的に行ってきたOpenStreetMapなどの共有型の地図作成活動が東日本大震災においても行われ,被災状況の地図の作成・公開がボランタリーになされた.こういったボランタリーな活動が広がっている基礎として,FOSS4G (Free and Open Source Software for Geospatial)などの自由に利用可能な地理情報ソフトウェアの開発の進展・普及拡大によって,地理情報のハンドリングを行うための障壁が小さくなっていることが挙げられる.2.カウンターマッピングとは こうしたGISの普及や一般の人々の利用はこれまでになかった新たなGISと社会の結びつきをもたらしうる.英語圏におけるGISと社会に関するテーマのひとつとなっている参加型GIS(Participatory GIS (PGIS))(若林・西村2010)は,周縁化された人々のためのエンパワメントをその主要な目的のひとつに掲げている.すなわち,政府や大企業など,データを占有し,自らの利益に向けた計画をGISに基づき『客観的』な地図として表象しようとする動きに対して,ローカルコミュニティ,土着の人々,エスニック・マイノリティがカウンターマッピング(counter-mapping)(Peluso 1995)を行うことで,ローカルな課題解決に向けた意思決定過程での合意形成を行う手段として参加型GISを位置づけるものである.3.日本におけるカウンターマッピング 「カウンターマッピング」は従来途上国の農村を中心とする実践において主に用いられてきたが,この概念を東日本大震災後のさまざまなマッピング活動に適用することを試みたい.日本の市民参加GISは行政主導で行われてきたこともあって(西村2010),カウンターマッピングは日本において表面化してこなかった.しかし,東日本大震災以降にその状況は一変した.地震・津波による被害が広範囲にわたり,また原子力発電所の事故も発生したことで,行政からの情報公開の遅れや提供された情報の内容が住民の必要とする日常生活レベルの空間スケールと大きく離れていたなどの問題が頻発した.また,行政がGISで読み込み可能なデータを公開しない,地理情報の処理に関するノウハウが不足しているなどの問題も明らかになった.東日本大震災を契機として作成されるようになったネオジオグラファーによる個々人の被災状況・救援物資の過不足などの支援状況に関するマッピングの事例や福島県や関東で行われている放射線量マッピングの事例を取り上げ,日本におけるカウンターマッピングの現状と今後の課題を示したい., url

  • ラオス首都近郊農村におけるGPS・GISを活用した生活行動調査・時間地理学的分析の方法について

    西村雄一郎

    2011年度地理情報システム学会学術大会, 2011年, 鹿児島大学.

  • 日本におけるGISを用いた災害情報共有の可能性と課題

    西村雄一郎

    立命館大学 歴史都市防災研究センター第40回京都歴史災害研究会, 2011年, 立命館大学.

  • クリティカルGISと日本の『空間情報社会』

    西村雄一郎

    2010年日本地理学会秋季学術大会, 2010年, 名古屋大学.

  • ラオス首都近郊農村の時間地理−グローバル化の下での日常生活−

    西村雄一郎

    2010年度奈良地理学会第1回例会, 2010年, 奈良女子大学.

  • EEW for Tokai industrial region - application to the manufacturing industry and these effects

    2nd EEW Workshop in Kyoto, 2009, 2009年, .京都大学宇治キャンパス.

  • Time-geographic analysis on natural resource use in a village of the Vientiane plain

    Yuichiro Nishimura

    The Association of American Geographers 2009 Annual Meeting, Las Vegas, Nevada., 2009年, Las Vegas, Nevada.

  • 東海地域におけるGISマッピングを用いた緊急地震速報の高度利用方法の提案

    西村雄一郎; 倉橋奨; 落合鋭充; 谷弘之; 正木和明

    日本災害情報学会第11回学会大会.静岡大学., 2009年, Las Vegas, Nevada.

  • 愛知工業大学における緊急地震速報を用いた避難訓練について

    小池則満; 正木和明; 西村雄一郎; 村松佑規; 山村良太

    3大学連携国際ワークショップ予稿集,愛知工業大学本山キャンパス., 2008年, 愛知工業大学本山キャンパス.

  • ラオス・ヴィエンチャン近郊農村における自然利用の時間地理学的分析

    西村雄一郎; 岡本耕平; ブリダム ソムキット

    2008年度人文地理学会秋期学術大会,筑波大学., 2008年, 筑波大学.

  • 家族労働の世代差と資源利用活動

    池口明子; 西村雄一郎

    2007年度日本地理学会秋期学術大会,熊本大学., 2007年09月10日, url

  • The Changes of daily activity and subsistence complex: Time-geographic analysis using GPS and GIS in Dongkhuwaai village, Laos

    The Association of American Geographers 2007 Annual Meeting, San Francisco, California, 2007年

  • ヴィエンチャン近郊農村における工場通勤労働の開始と日常生活の変化

    西村雄一郎; 岡本耕平

    2007年度日本地理学会秋期学術大会,熊本大学., 2007年, 熊本大学.

  • 阿寺断層帯中部,中津川市加子母地区における古地震調査(速報)

    廣内大助; 安江健一; 道家涼介; 佐藤善輝; 谷口 薫; 杉戸信彦; 内田主税; 平松孝晋; 北川早穂子; 坂本 勉; 西村雄一郎; 倉橋 奨

    日本地震学会2007年秋季大会講演予稿集,2-043,仙台国際センター., 2007年

  • クリティカルGISの動向−市民参加(public participation)・ジェンダーの視点から日常生活の空間分析を考える

    西村雄一郎

    人文地理学会地理思想部会,関西学院大学大阪梅田キャンパス., 2007年, 関西学院大学大阪梅田キャンパス.

  • ラオス・ヴィエンチャン郊外農村におけるGPS・GISを用いた時空間収支調査法の開発

    西村 雄一郎

    日本地理学会発表要旨集 = Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers, 2006年03月10日, url

  • The daily activity in the natural water environment: Time-geographic analysis using GPS and GIS in Dongkhuaai village, Laos

    総合地球環境学研究所第1回国際シンポジウム ポスターセッション,京都国際会館., 2006年

  • Time-geographic survey using GPS and GIS in suburban village near Vientiane, Laos

    International Geographical Union 2006 Brisbane Conference,Brisbane, Australia., 2006年

  • トヨタ企業社会と従業員家族の生活時空間の変化 90年代から現在まで

    西村雄一郎

    人文地理学会特別例会,中部大学., 2006年, 中部大学.

  • ラオスの近代化・グローバル化と日常生活の変化

    西村雄一郎

    経済地理学会中部支部2006年4月例会,名古屋大学., 2006年, 名古屋大学.

  • Time-spatial allocation survey using GPS and GIS in Dongkhuaai village in Xaythani District

    International workshop in NAFRI, Laos,, 2006年

  • ラオス・ビエンチャン近郊地域における日常生活の時空間

    西村 雄一郎; 岡本 耕平

    日本地理学会発表要旨集 = Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers, 2005年09月10日, url

  • ラオス・ビエンチャンの産業化と生活空間 -縫製業の立地・雇用と労働者居住地からの検討-

    西村雄一郎

    2005年度人文地理学会秋期学術大会,九州大学., 2005年, 九州大学.

  • ラオス・サイタニー郡における日常生活の時空間

    西村雄一郎; 岡本耕平

    2005年度日本地理学会秋期学術大会,茨城大学., 2005年, 茨城大学.

  • Time-geographical Analysis on the Daily Lives of Village People in Laos

    The Association of American Geographers 2005 Annual Meeting, Denver, Colorado., 2005年

  • Time-geographical Analysis on the Daily Lives of Village People in Laos

    International workshop in NAFRI, Laos,, 2005年

  • Is new gender order emerging? Changes of everyday life in 1990’s restructuring

    The 30th Congress of the International Geographical Union, Glasgow, UK., 2004年

  • 第2セッション:現代都市空間の矛盾 コメント

    西村雄一郎

    国際シンポジウム「ジェンダー・メディア・都市空間」,東京経済大学., 2004年, 東京経済大学.

  • Changes of Production System and Employment of Female Labor

    The Association of American Geographers 96th Annual Meeting,Pittsburgh, Pennsylvania., 2000年

  • Toyota City, Japan: Social Impact of Toyota Motor Manufacturing Company on Local Communities of Japan

    Conference "Japan in the bluegrass",Draft paper, 12p , UNIVERSITY OF KENTUCKY., 1999年

  • 豊田市における自動車産業組立ライン勤務者の生活時空間

    西村雄一郎

    1996年度日本地理学会春期学術大会,慶應義塾大学., 1996年, 慶應義塾大学.

  • 公共交通機関による近接性の24時間変化−名古屋市を事例として−

    西村雄一郎

    1993年度名古屋地理学会第3回研究報告会,愛知学院大学., 1994年, 愛知学院大学

  • 時間地理学と感染症〜行動履歴データの分析と可視化について考える

    西村雄一郎

    地理情報システム学会研究発表大会, 2020年10月

  • Utilizing tablet as a digital camera for K-2 grade mapping workshop in the network restricted environment

    Ismail Arai; Yuichiro Nishimura; Samy El-tawab; Ahmad Salman; Kyoko Tamaizumi; Yasushi Ishizuka

    Society for Information Technology & Teacher Education International Conference, 2020年04月

所属学協会

  • 地理情報システム学会

  • 日本災害情報学会

  • 経済地理学会

  • Association of American Geographers

  • 人文地理学会

  • 日本地理学会

学術貢献活動

  • International Cartographic Conference 2019 Tokyo, 大会・シンポジウム等, 2019年07月
  • International Geographical Union 2013 Kyoto regional Conference, 大会・シンポジウム等, 2013年08月


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.