研究者総覧

山本 直彦 (ヤマモト ナオヒコ)

  • 研究院生活環境科学系住環境学領域 准教授
Last Updated :2021/10/20

researchmap

学位

  • 博士(工学), 京都大学

研究キーワード

  • 景観保全・修景 ネパール(世界遺産都市) 東南アジア 伝統民家の意匠 災害復興住宅 居住環境整備 生活空間計画 

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災), 建築計画、都市計画

経歴

  • 2005年 - 2007年 :滋賀県立大学環境科学部環境計画学科 環境・建築デザイン専攻 講師
  • 2007年 -:奈良女子大学生活環境学部住環境学科 准教授
  • 2004年 - 2005年 :立命館大学理工学部建築都市デザイン学科 専任講師(学科新設による改組)
  • 2003年 - 2005年 :立命館大学理工学部環境システム工学科 専任講師
  • 2000年 - 2000年 :デンマーク王立オーフス建築大学(Arkitektskolen I Aarhus) 助手
  • 1998年 - 2000年 :日本学術振興会特別研究員DC2

学歴

  • - 2003年 京都大学 工学研究科 生活空間学専攻 日本国
  • - 1996年 京都大学 工学研究科 建築学第二専攻 日本国
  • - 1994年 京都大学 工学部 建築学科 日本国

委員歴

  • 2006年04月 - 2008年03月 日本建築学会 比較居住文化小委員会 幹事 日本建築学会 比較居住文化小委員会 society

    学協会

受賞

  • JCDデザインアワード2008・BEST100 (Sakan Shell Structure), 2008年, JPN
  • 日本建築学会奨励賞, 2004年, JPN
  • 日本建築学会優秀修士論文賞, 1996年, JPN

論文

  • ネパールの世界文化遺産登録都市における都市型住居の外観意匠類型 -バクタプル東部の都市街区を事例に-

    濱岡 飛鳥; 山本 直彦; 吉田 哲也; 宮内 杏里; 増井 正哉; 向井 洋一

     The paper deals with the exterior design of townhouses in an urban block of the eastern part of Bhaktapur in Kathmandu Valley registered as a World Cultural Heritage site in 1979. The paper consists of following five steps.
     1) First and the most important purpose is to provide analysis method to determine typical combination among exterior design elements of Nepali townhouses. By adopting the Multiple Correspondence Analysis (or Mathematical Quantification Theory Category III is equivalent also) and Cluster Analysis, 118 samples are grouped into 13 clusters.
     2) Secondly, in the preceding paper, authors proposed the idea called "eaves types". It was meant to discern the developing process of Nepali townhouses between extension of storeys and total reconstruction. Although we showed the pitched eaves types and flat eaves experience different development, we had not yet reached to describe the concrete facade classification of eaves types. The paper tries to present variation of exterior design of eaves types.
     3) Several clusters derived from analysis show different characteristics of facade though sometimes they belong to the same eaves type. For 3F, 4F pitched eaves type and 3F, 4F flat eaves type, the analysis results in finding both traditional sophisticated design and contemporary one. What's more, cluster 8 regarded as one with the most traditional style contains both typical old townhouses and newly rebuilt guesthouse-like ones. This may suggest that recent exterior design of guesthouses are similar to that of traditional townhouses
     4) Every cluster properly corresponds to the structure excluded from item-category type data. Clusters with flat eaves correspond chiefly to confined masonry followed by mixed structure with masonry and RCC slabs. As for affected condition by 2015 earthquake, all the three clusters within 3F no eaves type came under the category "partially destroyed".
     5) Finally after clustering, all samples were put into the original plots on the map. Facades of townhouses along streets tend to maintain traditional exterior design elements as opposed to the facades inside courtyards, which would normally take on modest external appearance. There are also several variations of facades ranging somewhere between traditional and simple modern exterior design. Townhouses with such marginal designs are scattered along streets, in alleys and inside courtyards.
     In this way, most of clusters can be related to certain locations in correspondence with their exterior designs. This would help a designer/ planner to reflect how they should compose a proper facade once they get involved in reconstruction works of townhouses after the earthquake., 日本建築学会, 2019年02月, 日本建築学会計画系論文集, (756), 425 - 435, doi;url;url

    研究論文(学術雑誌)

  • 相続にともなう町家ファサードの垂直分割に関する研究:ネパールの世界文化遺産都市・バクタプルにおける調査から

    舟橋 知生; 増井 正哉; 山本 直彦; 向井 洋一; モハン パント

    相続にともなう家屋の分割とそれによる外観の分割は、ネパールの歴史都市においては一般的にみられる事例である。こうした分割は、伝統的町家の保存には大きな障害となっている。分割されたそれぞれのパーツが個別に更新されると、構造的な一体性・連続性が失われる。外観では伝統的町家の特徴である。も木彫窓配置の対称性と、水平方向の連続性が失われ、町並み景観に大きな影響を及ぼす。本研究は、世界文化遺産登録都市でもあるバクタプルに対象地区を設定し、1934年地震以来の家屋の分割経過をおい、垂直分割が町家の外観に及ぼす影響を明らかにしようとした。その結果、当該時期の町家意匠の変遷が深く垂直分割に影響されていること、2015年地震以降の復興過程で、分割パートの更新が進み、町並み景観に重大な影響がでていること等が明らかになった。

    , 公益社団法人 日本都市計画学会, 2019年, 都市計画論文集, 54 (3), 1022 - 1027, doi

    研究論文(学術雑誌)

  • 2015年ネパール地震によるバクタプル市の被災建物状況と震災後復興に関する調査研究

    竹内 雅人; 星野 隼人; 向井 洋一; 山本 直彦; 増井 正哉; 宮内 杏里

    神戸大学都市安全研究センター, 2018年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, 22 (22), 175 - 192, doi;cinii_articles;cinii_books;url

  • ネパールの世界文化遺産登録都市における庇タイプから見た都市型住居の外観意匠と増築・建替えプロセス バクタプル東部のモニュメントゾーン内外を事例として

    山本 直彦; 高橋 佳代; 増井 正哉; 宮内 杏里; 向井 洋一

     The paper deals with the exterior design of town houses both inside and outside monument zone of the eastern part of Bhaktapur in Kathmandu Valley registered as a World Cultural Heritage site in 1979. This paper consists of following four steps.
     1) Firstly, authors composed the original format of survey sheet for Nepali town houses. The categories of this sheet are grouped into four items, which are frame, silhouette, part and element, each of which contains more detailed categories. The survey sheet was completely made from scratch with reference to the several important existing researches. The number of samples are 104 buildings inside Monument Zone (core + buffer zone) of World Cultural Heritage and 73 buildings outside Monument Zone. More than 90 % of the total sample buildings are classified as townhouses.
     2) Secondly, the paper tries to submit a hypothesis on that either a town house experienced the extension of the upper floors or totally reconstructed during the course of time. Authors propose ‘eaves types’ as the key idea in this hypothesis. Eaves types are classified into 8 types depending on which floor level eaves are attached to. Eaves types are classified into three upper level groupings, i.e. pitched eaves group, flat eaves group and without eaves group. As for structure, pitched eaves group are basically masonry construction as opposed to the RCC construction (confined masonry) or mixed structure (masonry wall + RCC beams, masonry + RCC rooftop) for flat eaves group. In addition, three-storey buildings of without eaves group turned out to be masonry construction and four-storey buildings of the same group chiefly consist of RCC construction. The former eaves type shows similar characteristic to pitched eaves group. So does the latter to flat eaves group.
     Regarding the relations among eaves types, the paper made an attempt to establish a diagram that explains the transition among important eaves types whether an eaves type is reconstructed or just upper floors are extended.
     3) Result of the exterior design survey is primarily compared between inside and outside Monument zone of world cultural heritage. Further analysis is conducted by two levels as needed, i.e. comparison among eaves group and that among eaves types. The items to be examined here are frontage, roof shapes, roofing materials, finishing on the first floor wall, openings on the first floor as well as on the third floor, wood carving, window lattice and cornice between the second and the third floor. The result turned out show distinct characteristics among eaves types or eaves groups that led authors to provisional proof of the hypothesis with eaves types.
     4) Eaves types are finally confirmed with the construction period and upper floor extension period. In Nepal, for the past one century, prior to Nepal-Gorkha earthquake in April 2015 earthquake, two devastating earthquakes happened. They are Bihal-Nepal Earthquake in January 1934 and India-Nepal border region earthquake in August 1988. These years are applied to separation of periods for recovery from the disaster was the chances to reconstruct the affected buildings. The result of the comparison of reconstruction/extension periods with eaves types again very well explained the characteristics of each eaves type., 日本建築学会, 2018年02月, 日本建築学会計画系論文集, 83 (744), 263 - 273, doi;cinii_articles;cinii_books;url;url

    研究論文(学術雑誌)

  • On study for damage detection of non-engineered masonry structures - Micro-tremor measurement of damaged buildings by the 2015 Gorkha Earthquake in Nepal

    竹内雅人; 星野隼人; 向井洋一; 山本直彦; 増井正哉; 宮内杏里

    2018年, Proc. the 7th World Conference on Structural Control and Monitoring (7WCSCM)

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 屋敷神の礼拝圏と職業姓の分布から見た都市型住居の平面類型とその発展過程 ネパール・バクタプルにおける生活空間と都市組織に関する研究 その2

    宮内 杏里; 山本 直彦; 増井 正哉; パント モハン; 向井 洋一

     This paper aims to discuss fundamental units forming urban settlement blocks and their development process which demarcate urban fabric with respect to the combination arrangement of urban dwellings types. Bhaktapur is known as one of the historic cities of the World Heritage Site in Kathmandu Valley. The analysis focuses on the house distributions that have common votary areas of the house guardian deity called chetrapatra and the aerial extent of the same surname (thar). Considering these into account, the authors classified urban dwellings into 9 types. We try to submit a hypothesis on the development process of planning type clusters of urban dwellings as fundamental units forming urban settlement blocks.
     chetrapatra is an iconic ritual artifact made of stone slab carved in a form of eight-pealed lotus, and it is placed in front of a house entrance or in a courtyard. People worship this stone when they go out to the street from their house or a lane. There are also cases when this type of chetrapatra is common to inhabitants who go in and out at the lane. We classify chetrapatras into 7 types based on ownership and locations. The areal extent for worship to chetrapatra is sub-divisions in the areal extent for worship to Ganesh shrine. But they must be owned respectively on either side of the street.
     The Newar population may be classified into various social status according to the traditional profession, caste, or other form of socio-religious associations. In Bhaktapur, their social status are divided into 3 categories. These are the Macrostatus system, thar and phuki. as proposed by Levy (1990). We conducted survey on the distribution of thar for our analysis to have information of kinship. We found five areal extent of a same thar in the case-study area. They all spread the both side of street but have the different plot depth perpendicular to the street.
     Next we classify urban dwellings into 9 types whether they have a common chetrapatrs or individual one and their locations, which we call ‘Planning Types of Urban Dwellings’. It should be noted that ‘Courtyard Dwelling Units’ is relatively old compared to the other types of urban dwelling units. In addition, this type has one common chetrapatra shared by all the residences surrounding the same courtyard. chetrapatra is placed in front of the entrance of a ‘Courtyard Dwelling Units’. On the other hand, ‘Detached houses facing the street’ tend to have their own chetrapatra.
     Finally, we analyze the distribution of ‘Planning Type Clusters of Urban Dwellings’ in the case-study area. The analysis indicated dominant arrangement patterns which are the one that include ‘Courtyard Dwelling Units’ on one side of the street and ‘Detached houses facing the street on the other side. Taking that into account, we found the particular arrangement patterns of ‘Planning Type clusters of Urban Dwellings’ developed across the street. Another important arrangement pattern is the one that ‘Incomplete Courtyard Dwelling Units’ often found on the plot backside of ‘Detached houses facing the street’. We regard them as two important typical cluster types of urban dwelling units. We suggest that the development process of such cluster types underwent 3 stages, giving great influence to the urban development in the earlier period., 日本建築学会, 2017年11月, 日本建築学会計画系論文集, 82 (741), 2843 - 2853, doi;cinii_articles;cinii_books;url;url

    研究論文(学術雑誌)

  • 同一の祠や辻への礼拝・儀礼から見た住居分布の比較とトルの範囲との対応 ネパール・バクタプルにおける生活空間と都市組織に関する研究 その1

    宮内 杏里; 山本 直彦; 増井 正哉; 田中 麻里; パント モハン; 濱岡 飛鳥; 向井 洋一

     This paper aims to discuss the areal extent and spatial structure of neighborhood, called tol, which possibly demarcate urban fabric with respect to worship and funeral procedure. Bhaktapur is known as one of the historic cities of the World Heritage Site in Kathmandu Valley. The analysis focuses on the house distributions that have the common votary area of the guardian deities' shrine and the use of the same crossing for funeral procedure.
     A tol is one of the traditional neighborhood units. But it is not clear how tols are structured and what tols have in common. First, we take a look into the existing studies on origin and outline of a tol, and pay special attention to the following two studies. A research done by Pant (2001) has taken the approach that the key to consider a tol is the areal extent of worship to the guardian deities, ganesh. Another research done by Gutschow (1975) has claimed that the clue to determine tol boundaries is the ways of the Dead to crematories. It consider a tol as equivalent to the areal extent of use of the same chwasa which is a stone found often at the crossings on the way to crematories from the diseased houses.
     Ganesh is often considered as a guardian deity at various neighborhood levels. That of a tol is called Tol Ganesh. A Tol Ganesh is normally placed on the main square in a tol, except when there is a presence of a more prominent deity of wider importance in the main square. People in the same tol usually worship the same Tol Ganesh. We find out that those living urban dwellings in located on both sides of a street worship to the same Tol Ganesh, but the depth of its areal extent on one side of a street seems shallow than the other side.
     Chwasa is an aniconic ritual artifact made of a single stone placed on the crossing. Various articles left by the diseased are disposed on the stone as a part of the funeral procedures, for example clothes, umbilical cord or inauspicious belongings of the dead. We found 7 chwasas in the case-study area to the east of Dattatraya square. However the inhabitants in the peripheral part of the old city do not use these chwasas but use the temples or the crematories outside the city area. People living in the midst of the city area after disposing articles of the dead on chvasa also use the temples afterwards.
     Next we compare the areal extent of worship to Tol Ganesh with that of use of chwasa. Whether or not a ganesh shrine and chwasa are closely placed will determines overlapping extent of both votary areas. However it became clear that the areal extent of use of chwasa have the same character with that of worship to Tol Ganesh in terms of Ryogawa-cho structure explained below and the difference in horizontal depth perpendicular to the street.
     Finally, our suevey located tol boundaries in the eastern part of Bhaktapur. It turned out that there were 2 types of tol boundaries. i.e. the more common type whose boundaries lying on the backside of houses (Ryogawa-cho type), and the other one with boundaries lying on the street (Katagawa-cho type). Compering these three boundaries, (Tol Ganesh, chwasa and tol), Katagawa-cho type tol boundaries seem to be an exception. But we will try to find particular meaning in them in the next paper on historic urban formation., 日本建築学会, 2017年01月, 日本建築学会計画系論文集, 82 (731), 93 - 93, doi;cinii_articles;cinii_books;url

    研究論文(学術雑誌)

  • 歴史的風土特別保存地区における民家の屋敷構えに関する研究 明日香村の奥山・飛鳥・河原・野口・岡・島庄の六大字を事例として

    山本 直彦; 平尾 和洋; 宮内 杏里

     Asuka village in Nara prefecture is designated as one of the special preservation areas for historic landscape since 1960's and is well-known for its richness in historic remains originated from Asuka period. This paper focuses on rural house compounds from six different village sections. Village sections located within the plain area are classified into three groups in terms of village layout, i.e. group 1: clustered village (Okuyama, Kawahara and Noguchi), group 2: linear village along the street with east-west axis (Asuka), group 3: linear village along the street with north-south axis (Oka and Shimasho). Composition of rural house compounds in Asuka village and Nara basin consists of main building, directly attached to the main building (tsunoya) and further attached buildings (huzokuya, hanare). We firstly set up the hypothetical model for the building layout development pattern of house compounds which includes every possible extendable pattern of main and attached buildings. The model was examined by the result of our field research which revealed the fact that dominant development patterns follow the basic rule of traditional Japanese idea of the divination of the auspices of a house from its position and orientation., 日本建築学会, 2016年03月, 日本建築学会計画系論文集, 81 (721), 675 - 675, doi;cinii_articles;cinii_books;url

    研究論文(学術雑誌)

  • 2015年ネパール・ゴルカ地震におけるバクタプル市の伝統的煉瓦造建築物群の被災分布に関する調査研究

    向井 洋一; 山本 直彦; 増井 正哉; 宮内 杏里

    神戸大学都市安全研究センター, 2016年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, 20 (20), 236 - 245, doi;cinii_articles;cinii_books;url

  • Typology on Facade Design of Townhouses in an Urban Block in Taulachhen, Bhaktapur

    Naohiko YAMAMOTO; Masaya MASUI; Asuka HAMAOKA; Kayo TAKAHASHI; Anri MIYAUCHI; Mari TANAKA; Yoichi MUKAI

    2016年, INTERNATIONAL CONFERENCE ON EARTHQUAKE ENGINEERING AND POST DISASTER RECONSTRUCTION PLANNING ICEE-PDRP 2016 24-26 APRIL 2016, BHAKTAPUR, NEPAL, 159 - 168

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Exterior Design Elements of Townhouses and Their Distribution in and out of UNESCO's World Cultural Heritage Monument Zone in Bhaktapur

    Masaya MASUI; Naohiko YAMAMOTO; Asuka HAMAOKA; Kayo TAKAHASHI; Anri MIYAUCHI; Mari TANAKA; Yoichi MUKAI

    2016年, INTERNATIONAL CONFERENCE ON EARTHQUAKE ENGINEERING AND POST DISASTER RECONSTRUCTION PLANNING ICEE-PDRP 2016 24-26 APRIL 2016, BHAKTAPUR, NEPAL, 147 - 158

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Observation of Damaged Buildings and the Distribution on the South East Area of the Old Town in Bhaktapur

    Yoichi MUKAI; Naohiko YAMAMOTO; Masaya MASUI; Anri MIYAUCHI

    2016年, INTERNATIONAL CONFERENCE ON EARTHQUAKE ENGINEERING AND POST DISASTER RECONSTRUCTION PLANNING ICEE-PDRP 2016 24-26 APRIL 2016, BHAKTAPUR, NEPAL, 236 - 243

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 奈良県明日香村飛鳥・奥山大字における防火意匠の現状調査と火災調査書類による延焼分析

    髙田 駿平; 平尾 和洋; 山本 直彦

    立命館大学歴史都市防災研究所, 2015年07月04日, 歴史都市防災論文集 = Proc. of urban cultural heritage disaster mitigation, 9 (9), 41 - 48, doi;cinii_articles;url;url

    研究論文(学術雑誌)

  • 修理・修景型の自治体自主制度による修景実態に関する研究 -名古屋市有松町並み保存地区における外観意匠の類型化と伝統的建造物との対応関係-

    北山 めぐみ; 山本 直彦; 平尾 和洋; 増井 正哉

    The purpose of this paper is to clarify the present situation of landscape-enhancements in Arimatsu district which executed authentic preservation and landscape-enhancements by the own system of Nagoya-city. The points of this analysis are the following three points. 1) To present the pattern of landscape-enhancements by classifying the exterior designs, and analyze the relationship between the utilization subsidies, the landscape-enhancement standards, and the designs of traditional buildings. 2) To clarify the characteristics of the cases utilizing subsidies by analyzing the each part of the exterior designs in detail. 3) To grasp the locational trends of landscape-enhancements in the preservation district., 日本建築学会, 2014年12月, 日本建築学会計画系論文集, 79 (706), 2689 - 2689, doi;cinii_articles;cinii_books;url

    研究論文(学術雑誌)

  • 2004年インド洋大津波後にインドネシア・バンダアチェ市とその近郊に建設された再定住地の居住者履歴と生活再建 パンテリー地区慈済再定住地とヌーフン地区中国再定住地の比較から

    フダ ハイルル; 山本 直彦; 田中 麻里; 牧 紀男

    This paper aims to clarify actual condition of permanent housing and its residents' livelihood rehabilitation in two resettlements respectively in and outskirts of Banda Aceh Municipality (BNA) constructed from six to eight years after Indian Ocean Tsunami 2004. Our research was first done by questionnaire survey to all the permanent houses followed by the detailed interview survey to a particular community unit. The paper focuses on Tzu Chi Resettlement in Kelurahan Panteriek in BNA and China Charity Federation Resettlement in Aceh Besar. According to the result of questionnaire survey, most residents from both resettlement sites turned out to live in BNA before, especially in the coastal Kecamatans. However many residents in Tzu Chi Resettlement were former house/land owners who moved in with various reasons. Contrary to that, those in Chinese Resettlement were mostly former tenants who rented houses in BNA. Examination on the livelihood rehabilitation chiefly focuses on occupation, formation of community and intention to reside permanently in the resettlement., 日本建築学会, 2014年03月, 日本建築学会計画系論文集, 79 (697), 597 - 597, doi;cinii_articles;cinii_books;url

    研究論文(学術雑誌)

  • ケア形態から見た子どもの生活空間の現状と小規模化に対する施設職員の評価 -全国の児童養護施設調査による-

    二井 るり子; 今井 範子; 山本 直彦

    More than half of all children’s homes are established in Taisya, which incorporate Tyusya and Syosya. Here, Taisya is assessed in consideration of mutual support staff and space. Cooking and other housework activities are performed in small units, and Syosya here is assessed in terms of individual care and a home-like atmosphere. As downsizing reduces the opportunity for communication among different care units, it is necessary to establish common-usage spaces. In this context, partial downsizing is desirable for many institutions., 日本建築学会, 2014年02月, 日本建築学会技術報告集, 20 (44), 213 - 213, doi;cinii_articles;cinii_books;url

    研究論文(学術雑誌)

  • 名古屋市町並み保存地区における歴史的町並みの整備実態 -四間道・中小田井地区を事例として-

    北山 めぐみ; 山本 直彦; 平尾 和洋; 増井 正哉

    Nagoya city, as an active megalopolis, has a unique code for townscape preservation, in which four areas are designated as the preservation districts. The code itself is not a regulation with legal force. But it is a means to provide subsidies to authentic preservations and landscape enhancements. This paper aims to clarify characteristics of the code by analyzing the preservation/landscape-enhancement standards and then to review the result of the code execution based on the case study of two preservation district located in the central part of Nagoya city., 日本建築学会, 2014年02月, 日本建築学会技術報告集, 20 (44), 279 - 279, doi;cinii_articles;cinii_books;url

    研究論文(学術雑誌)

  • 名古屋市有松町並み保存地区における伝統的建造物の修理実態に関する研究

    北山 めぐみ; 山本 直彦; 増井 正哉; 平尾 和洋

    Preservation of townscape has been being carried out under the system of “Preservation Districts for Groups of Traditional Buildings” and local governments’ own independent codes as well, following the system mentioned first. Such preservation has been being done mainly in rural areas, but it is important in large cities as well since they have to face developers’ pressures to preserve their own townscape. Nagoya city, one of the active megalopolises, is a good example which has a code in order to preserve its own townscape. This research aims to clarify the actual situation of the maintenance of the traditional buildings in Arimatsu Preservation District of Nagoya City., 日本建築学会, 2013年10月, 日本建築学会技術報告集, 19 (43), 1105 - 1105, doi;cinii_articles;cinii_books;url

    研究論文(学術雑誌)

  • 2004年インド洋大津波後の復興段階における現地再建による災害復興住宅の供給:-インドネシア・バンダアチェ市の国連ハビタットの事例から-

    フダ ハイルル; 山本 直彦; 牧 紀男; 布野 修司

    This paper aims to clarify actual condition of permanent housing supply in Banda Aceh Municipality two and half years after Indian Ocean Tsunami 2004. The paper focuses on two different case study areas there, namely Deah Glumpang in the suburban area and Peulanggahan in the central area. In both areas UN-Habitat was a main donor in terms of permanent housing supply. It adopted community based approach to manage construction process of permanent houses. UN-Habitat had to face and deal with different demands and problems between the two areas. On the other hand, in both areas, one thirds of the households were renters who moved into the sites after the disaster. It is notable that the market for permanent housing had been already formed in the central area.
    In August 2007, not a few permanent houses were modified by extending spaces, especially in the central part. Kitchen placed open-air to keep necessary space inside the house caused problem for many households. There were four patterns of space utilization for kitchen inside a house as opposed to more or less uniform space usage pattern concerning other daily activities such as sleeping, dining, prayer and reception of guests limited by the minimal specification of standard housing., 日本建築学会, 2012年, 日本建築学会計画系論文集, 77 (675), 959 - 968, doi;cinii_articles;cinii_books;url

    研究論文(学術雑誌)

  • A Study on Formation of Urban Tissue of Bhaktapur in Kathmandu Valley, Nepal

    Anri KIDO; Naohiko YAMAMOTO; Masaya MASUI; Yasushi Takeuchi

    2012年, Journal of Science and Engineering Khwopa Engineering College, Vol.1, 1 - 16

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 名古屋市有松地区山田家住宅の耐震性能評価

    向坊 恭介; 北山 めぐみ; 藤木 庸介; 平尾 和洋; 鬼頭 良輔; 森上 和佳子; 山本 直彦

    立命館大学歴史都市防災研究センター, 2011年07月02日, 歴史都市防災論文集, 5, 9 - 14, doi;cinii_articles;url;url

    研究論文(学術雑誌)

  • 左官技術を利用したシェル構造ユニットによる災害仮設住宅の建設技術開発 ‐実大棟建設と倒壊実験‐:-実大棟建設と倒壊実験-

    小澤 雄樹; 柳沢 究; 山本 直彦; 森田 一弥; 福田 千夏; 平尾 和洋

    After a disaster, it is needed to provide large amount of temporary houses promptly for people who lose their own houses. In this paper, a housing construction technique that is suitable for Japanese historical surroundings is proposed. It is making use of the Japanese plaster technique inherited for hundreds years. And the frame of this system is the shell structure that is one of the most efficient structural system, therefore, it can be built with very little amount of material., 日本建築学会, 2011年, 日本建築学会技術報告集, 17 (35), 11 - 16, doi;cinii_articles;cinii_books;url

    研究論文(学術雑誌)

  • 中国内モンゴル自治区東ウジュムチンにおけるゲルの調査

    中山 徹; 武藤 康弘; 山本 直彦; 呼 日勒沙; 巴 根那

    本研究では,牧畜民の定着化に伴い姿を消しつつあるゲルについて,特定地域における調査を実施し,その実態を把握した。調査地では,生活に使うゲルは減少しているものの,牧畜経営の多様化により,長期に渡る放牧や,冬季のゲルの需要が確認できた。また,1980年代後半以降に導入された固定家屋であるバイシンは,1990年代後半から2000年代にかけて急速に普及し,多機能で大規模な平面プランへの変遷が確認できた。しかし,今後は牧畜サイクルや使用人数,季節等に適応した住居の導入も検討課題である。, 一般財団法人 住総研, 2010年, 住宅総合研究財団研究論文集, 36 (0), 59 - 69, doi;cinii_articles;cinii_books;url

    論文集(書籍)内論文

  • 左官技術を活用した災害仮設住宅の建設技術開発に関する研究

    山本 直彦; 小澤 雄樹; 平尾 和洋

    立命館大学歴史都市防災研究センター, 2007年06月23日, 歴史都市防災論文集, 1, 225 - 232, doi;cinii_articles;url;url

    研究論文(学術雑誌)

  • Rehabilitation of urban settlements in the early reconstruction stage after a tsunami - A case study of Banda Aceh municipality in Indonesia

    Khairul Huda; Naohiko Yamamoto; Norio Maki; Shuji Funo

    This paper aims to analyze the rehabilitation process in Banda Aceh after the tsunami, focusing on the housing supply as of August 2005. The paper also reveals a community-based approach in a settlement named Deah Glumpang. The main findings are outlined as follows. The basic process of the rehabilitation of urban settlements consists of the following four steps. i) confirmation of the survivors, ii) confirmation of the boundary between plots and making of maps (PS), iii) land consolidation (LC) and iv) supply of permanent houses. There were two organizations active in the rehabilitation process. UN-Habitat adopted a community-based approach. ADB adopted a comprehensive approach to rehabilitate the settlement by drawing up a master plan to reconstruct the infrastructure and surrounding environment prior to housing supply. The initial permanent housing model led to a mismatch between the proposal and the actual needs, especially in the inner-city situations where people were hoping to obtain houses with better conditions., 2007年05月, JOURNAL OF ASIAN ARCHITECTURE AND BUILDING ENGINEERING, 6 (1), 103 - 110, doi;web_of_science

    研究論文(学術雑誌)

  • 空間デザインのグループワークにおけるペア・ミーティングの有効性に関する考察

    平尾 和洋; 山本 直彦; 廣瀬 悠; 井上 真澄

    The effective factors of the thinking process by introducing the pair meeting (PM) to the early stage of space designing with the group work were analyzed comparatively on following 3 aspects, 1) 4 transition patterns through the procedures for making proposal document were found. 2) The proposal ideas that follow "Dynamic developing pattern" using the thinking domain widely and PM, and ones lead by reference to other members' ideas, were highly evaluated. 3) The topics in PM were mainly on examination of other members' ideas. On the other hand, the topics in group meeting (GM) were mainly on the presentation of self idea and general matters. This data means that the members were using the variety of meeting (PM&GM) properly. The highly evaluated proposals using PM learn some kind of ideas from the sketches and meeting topics of the different pair group, and that fact was mainly mentioned in PM. In conclusion, designing environment using PM leads the Inter-depending structure in the group work., 日本建築学会, 2007年, 日本建築学会計画系論文集, 72 (612), 27 - 34, doi;cinii_articles;cinii_books;url;url

    研究論文(学術雑誌)

  • プロダクト・デザインにおける参考情報操作によるプロセス比較

    平尾 和洋; 山本 直彦; 加藤 直史; 水谷 好美

    This paper aims at developing a helpful method for producing creative designs by manipulating referential information in the initial stage of the design process. The exercise is carried out for a product design (lightings) by two groups, each of which is intentionally provided with different levels of referential information: one on buildings (Group-A) and the other on products (Group-B). The main findings derived from the analysis are summarized as follows: 1) Four different design process patterns were found according to the 'Concreteness vs. Target-domain Matrix' adopted in the paper. What we've called the 'Dynamic developing pattern' using a wide range of the Matrix domain scored the highest points. This pattern is particular to Group-A members. 2) The quantity of sketches drawn by Group-A was twice the amount of Group-B. This tendency was apparent especially in the initial stage when gathering ideas from the given referential information. 3) The analysis on the contents of the sketches reveals that Group-A members tried to extract abstract relations within the referential information in the initial stage. They then started sketching the concrete material aspects towards the final design. The final proposals following this sketching process generally earned higher scores., 日本建築学会, 2007年, 日本建築学会計画系論文集, 72 (612), 35 - 42, doi;cinii_articles;cinii_books;url;url

    研究論文(学術雑誌)

  • 伝統技術を活用した災害仮設住宅の建設技術開発に関する研究:左官技術を用いた自助建設型シェル構造ユニット

    山本 直彦; 小澤 雄樹; 柳沢 究; 牧 紀男; 森田 一弥; 山田 協太

    本研究では,伝統的な左官技術を用いて,被災者が自力によって建設可能な湿式工法による災害仮設住宅の建設技術開発を行った。仮設住宅の構造は,モルタルによるシェル構造とし,阪神大震災規模の余震を受けた場合にも,ユニットが破壊されないように力学的シミュレーションと1/3大モデルで破壊実験を行った。その上で簡便に施工を行うために,空気膜による型枠を用いた工法の可能性を追求し,実際に実験棟を建設することによってその施工性の検証を行った。さらに,シェル構造ユニットを連続させることによって,仮設住宅として成立させるための平面計画の提案を行った。特に開口部の計画を重点的に検討し,被災時の住まい方の提案を行った。, 一般財団法人 住総研, 2007年, 住宅総合研究財団研究論文集, 33 (0), 393 - 404, doi;cinii_articles;cinii_books

    論文集(書籍)内論文

  • Observation of Reconstruction Situation in the Old Town Area in Bhaktapur Damaged by the 2015 Earthquake

    Yoichi Mukai; Masato Takeuchi; Hayato Hoshino; Naohiko Yamamoto; Masaya Masui; Anri Miyauchi; Ram Prasad Suwal

    2019年04月, Proceedings of 2nd International Conference on Earthquake Engineering and Post Disaster Reconstruction Planning, 468 - 477, 国際共著している

  • Micro-tremor Measurement of Damaged Masonry Buildings in Bhaktapur after the 2015 Gorkha Earthquake in Nepal

    Hayato Hoshino; Masato Takeuchi; Yoichi Mukai; Naohiko Yamamoto; Masaya Masui; Anri Miyauchi; Yasuyuki Nagano; Ram Prasad Suwal

    2019年04月, Proceedings of 2nd International Conference on Earthquake Engineering and Post Disaster Reconstruction Planning, 292 - 301, 国際共著している

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • ネパール・ゴルカ地震によるバクタプルの歴史的煉瓦造住宅建築の被害状況と常時微動性状に関する調査研究

    竹内 雅人; 星野 隼人; 向井 洋一; 山本 直彦; 増井 正哉; 宮内 杏里

    立命館大学歴史都市防災研究所, 2018年07月14日, 歴史都市防災論文集 = Proc. of urban cultural heritage disaster mitigation, 12, 209 - 216, doi;cinii_articles;url;url

  • 陶器微粉末により着色したコンクリートの物性と色彩に関する研究

    井上 真澄; 平尾 和洋; 山本 直彦

    立命館大学歴史都市防災研究センター, 2007年06月23日, 歴史都市防災論文集, 1, 217 - 224, doi;cinii_articles;url;url

  • Space Formation of Jaipur City, Rajastan, India An Analysis on City Maps (1925–28) made by Survey of India

    Shuji Funo; Naohiko Yamamoto; Mohan Pant

    The purpose of this paper is to study the principles of space formation of Jaipur City which is known as the so called grid iron city. Jaipur City, designed by Jai Singh II is thought to have been constructed according to Hindu cosmology. This paper discusses the planning theory in terms of measurement systems employed in the widths and lengths of streets, division of the urban blocks (chowkri) and the distribution of the dwelling units through the analysis of 43 sheets of the City Map (1925–28). The reason why we chose Jaipur is to compare it with Cakranegara (Lombok, Indonesia), which was founded as a colonial city of the Balinese Hindu kingdom in the same period of the early 18th century. This paper makes clear that in reality the sizes of the urban blocks are different place by place while simple measurement systems were introduced in the beginning. It also shows the process of city development with respect to changes in the form of the street pattern.The latter part of the paper focuses on the form of neighbourhood structures and, on types of residential buildings that are the cellular units of the residential quarters. © 2002, Architectural Institute of Japan. All rights reserved., 2002年, Journal of Asian Architecture and Building Engineering, 1 (1), 261 - 269, doi

    研究論文(学術雑誌)

  • Typology of Kampung Houses and Their Transformation Process--A Study on Urban Tissues of an Indonesian City

    Shuji Funo; Naohiko Yamamoto; Johan Silas

    There are various house types in the kampungs (urban villages) of Indonesian towns.The size of houses varies from less than 20 square meters up to more than 200 square meters. It is a characteristic of kampung settlements that various house types exist in the same kampung. But on the other hand, we can find the same house types in many kampungs. This paper investigates kampung houses in Surabaya city and shows their typical types, and then reveals the transformation process of kampung houses through the analysis of the relationship between various house types. Based on this analysis of the transformation process, this paper aims to describe the basic principles of the formation of kampung. © 2002, Architectural Institute of Japan. All rights reserved., 2002年, Journal of Asian Architecture and Building Engineering, 1 (2), 193 - 200, doi

    研究論文(学術雑誌)

  • 蘭領東インドにおけるカンポン改善事業とマドゥラ人カンポンの発展過程に関する考察 : スラバヤのカンポン・シドダディを事例として

    山本 直彦; 布野 修司

    Primary concern of this paper is kampongverbetering (kampong improvement in Dutch East Indies), which was to have significant influence on postcolonial improvement. Major findings in this paper consist of following points. 1. Examination into the kampongverbetering implemented in Dutch East Indies reveals that postcolonial improvement known as KIP apparently owes its basic ideas to its predecessor. 2. Accomplishments of kampongverbetering supervised by the central government show close resemblance to the items prescribed by detailplan, which was the forthcoming driving force of the contemporary city-planning act. 3. Kampong Sidodadi, one of the first kampongs improved in Surabaya in 1929,turns out to be still inhabited by Madurese as it was in the colonial period despite constant change of the residents. 4. Observance of building lines in Sidodadi had been closely related to the drainage gutters installed both in colonial and post colonial period., 日本建築学会, 2002年, 日本建築学会計画系論文集, 67 (556), 265 - 272, doi;cinii_articles;cinii_books;url;url

  • スラバヤ(東ジャワ, インドネシア)旧市街の形成とその変容過程に関する考察

    山本 直彦; 布野 修司

    The basic urban structure of downtown Surabaya was completed under the colonial rule of Dutch East Indies. Examining available primary sources such as aerial photographs and cadastral maps, this paper investigates how the expansion of the native urban settlement, i.e. kampungs, took place in and around the former walled town of Surabaya during the course of the 20th century. By the end of 1920's the downtown area of the city experienced two major infrastructure developments, namely the construction of the new harbor and restructuring of existing national railways. These improvements and growth of the urban structure, nevertheless, did not directly prompt the expansion of the new kampungs because of the possible control over its irregular growth. However the areal extent of kampongs grew extensively wide within the first two decades after the independence. It is quite significant to point out that in this development, many of the kampongs occupied the territories abandoned by colonial authorities at the time of Indonesian independence, or by the private enterprises of the day when the colonial properties were requisitioned in the following decade., 日本建築学会, 2002年, 日本建築学会計画系論文集, 67 (558), 235 - 241, doi;cinii_articles;cinii_books;url;url

  • ジャイプルの街区とその変容に関する考察 : インド調査局作製の都市地図(1925-28年)の分析 その3

    布野 修司; 黄 蘭翔; 山根 周; 山本 直彦; 渡辺 菊真

    The objective of this study is to consider the principles of space formation of Jaipur City that is known as so-called a grid (chessboard) city. Jaipur City designed by Jai Singh II (1688-1743) is thought to have been constructed based on the Hindu idea of town, about which many scholars are still discussing. The cityscape has been very uniquely regulated by using the prototype of urban house called haveli (courtyard house) and bazaar building system along the main street. But the population increase is so rapid that living quarter is drastically changing. This paper firstly clarifies the differences between the forms of dwellings we can identify by the City Map (1925-28) made by Survey of India and those we identified based on the field survey in 1996 and discusses the transformation for these about 70 years. The major structure of the city was already constructed in the middle of 18c. Vertical extensions in order to absorb the population are seen all over the city and the society is mobilized especially by the influx of scheduled caste. This paper discusses the trend of transformation of the city block by focusing on the changes of house form., 日本建築学会, 2001年, 日本建築学会計画系論文集, 66 (539), 119 - 126, doi;cinii_articles;cinii_books;url;url

  • チャクラヌガラ(インドネシア・ロンボク島)の祭祀施設と住区組織 : チャクラヌガラの空間構成に関する研究 その2

    布野 修司; 牧 紀男; 脇田 祥尚; 青井 哲人; 山本 直彦

    The purpose of this study is to consider the principles of space formation in the houses, villages and cities, focusing on the cosmology that decide physical arrangement. We selected Cakranegara city in Lombok island, Indonesia, as a case study. Cakranegara was built as a colonial city of Karanngasem Kingdom in Bali in 18th century. We guess Cakranegara was constructed based on the idea of Bali Hindu City. This study clarifies the space organization of the city by discussing streets pattern, land division, formation of living quarter, distribution of temples, community organization, distribution of the cast and etc. Pura Meru, the central biggest and impressive Hindu temple, dedicated to Brahumana, Vishunu and Siva, was built in 1720 by the king of Karangasem, Agung Made Ngurah, to unite all the Balinese small kingdoms in Lombok. Enclosing three towers, there stand 33 small shrines. The name of each small shrine is derived from the name of karang (neighborhood unit) which has been maintaining the building. We can consider that the distribution of temples (puras) show the original area of the city. This paper clarified the distribution of these karangs and area planned in the beginning of the construction of Cakranegara., 日本建築学会, 1998年, 日本建築学会計画系論文集, 63 (503), 151 - 156, doi;cinii_articles;cinii_books;url;url

  • デサ・サングラ・アグン(インドネシア・マドゥラ島)における住居および集落の空間構成

    山本 直彦; 布野 修司; 脇田 祥尚; 三井所 隆史

    The purpose of this paper is to analyze the principles of space formation of Madurese houses, house compounds and villages. In Indonesia, many settlements of Proto-Malay tribes like Batak, Toraja are formed as parallel disposition pattern. Madurese settlements also follow the same pattern. Compared to the settlements of other tribes, Madurese settlements are significant as a prototype because they realize that pattern in the smallest scale. It is also pointed out that Javanese and Balinese settlements in pre-Hindu period followed the same pattern. The analysis on Madurese settlements might reveal the basic rules of space formation of the settlements in Indonesia. This paper firstly tries to grasp the settlement patterns in rural regions in Madura Island. After looking at all the regions in Madura Island, Sanggra Agung is chosen to be surveyed more specifically. Judging from the result of the survey, it is concluded that Islamic influence has played an important role to keep indigenous space formation system of Madurese settlements particularly in western Madura., 日本建築学会, 1998年, 日本建築学会計画系論文集, 63 (504), 103 - 110, doi;cinii_articles;cinii_books;url;url

  • ジャイプルの住区構成と住居類型 : インド調査局作製の都市地図(1925-28年)の分析 その2

    布野 修司; 黄 蘭翔; 山根 周; 荒 仁; 山本 直彦; 渡辺 菊真; 沼田 典久

    The purpose of this study is to consider the principles of space formation of Jaipur City which is known as so called a grid (chess board) city. Jaipur City designed by Jai Singh II (1688-1743) is thought to had been constructed based on the Hindu idea of town, about which many scholars are still discussing. This paper discusses the matter in terms of typology of houses, formation of housing blocks and the distribution of the some components (religious facilities, well, gali (path) through the analysis of 43 City Maps (1925-28). This paper clarifies the basic form of neighborhood units and building types. Jaipur has the prototype of urban house called Haveli which covers almost all the housing blocks. The neighborhood units called marg or rasta which belong to the same castes are formed basically along the street. We can see various sizes and patterns of subdivision of the blocks in reality though the planning systems which form the housing blocks are clear and simple., 日本建築学会, 1998年, 日本建築学会計画系論文集, 63 (508), 121 - 127, doi;cinii_articles;cinii_books;url;url

  • チャクラヌガラ(インドネシア・ロンボク島)における住み分けの特性 : チャクラヌガラの空間構成に関する研究 その3

    布野 修司; 牧 紀男; 脇田 祥尚; 山本 直彦; 青井 哲人

    The purpose of this study is to consider the principles of space formation in the houses, villages and cities, focusing on the cosmology that decide physical arrangement. We selected Cakranegara city in Lombok island, Indonesia, as a case study. Cakranegara was built as a colonial city of Karanngasem Kingdom in Bali in 18th century. We guess Cakranegara was constructed based on the idea of Bali Hindu City. This paper clarifies the characteristics of habitat segregation among Muslim, Chinese, Balinese. About Balinese, the habitat segregation between caste is also clarified. The structure of segregation Cakranegara is very clear. The structure is as follows. 1) Balinese people lives in central area though Muslim lives in edge of area which have the grid pattern. The housing lot and the road pattern is completely different between living area of Balinese and that of Muslim. 2) Each Karang, community unit, have pura, Hindu temple, and Musjit. 3) Chines is scattered all area of Cakranegara. Chinese basically work for commerce. 4) Balinese makes segregation depending on caste. Brahumana lives in north and East. Ksatnya lives in west side and Gusti lives in east side. The caste which relate to kings family, Agung, Ratu, lives in the place previously located palace., 日本建築学会, 1998年, 日本建築学会計画系論文集, 63 (510), 185 - 190, doi;cinii_articles;cinii_books;url;url

  • ジャイプルの街路体系と街区構成 : インド調査局作製の都市地図(1925-28年)の分析 その1

    布野 修司; 黄 蘭翔; 山根 周; 荒 仁; 山本 直彦; 渡辺 菊真

    The Purpose of this study is to consider the principles of space formation of Jaipur City which is known as so called a grid (chess board) city. Jaipur City designed by Jai Singh II(1688-1743) is thought to had been constructed based on the Hindu cosmology, about which many scholars are still discussing. This paper discusses the planning theory in terms of measurement systems of streets' width and length, systems of deviding the block(Chowkri) and the distribution of the religeous facilities through the analysis of 43 sheets of City Map(l925-28). The reason why we pick up Jaipur is to compare Cakranegara(Lombok, Indonesia) which was found as a colonial city of Balinese Hindu kingdom in the same period of early 18th century. This paper clarifies the sizes of the block are different in reality place by place but simple measurement system were introduced in the beginning. We show the process of city development according to streets' system and the disordered periphery was occupied by muslims., 日本建築学会, 1997年, 日本建築学会計画系論文集, 62 (499), 113 - 119, doi;cinii_articles;cinii_books;url;url

  • ルーマー・ススン・ソンボ(スラバヤ,インドネシア)の共用空間利用に関する考察

    山本 直彦; 田中 麻里; 脇田 祥尚; 布野 修司

    Kampung Improvement Program(KIP) is a well-known project for improving living environments in urban residential area in Indonesia. One of the most important concerns that has come about as a result of KIP is the need to establish a new urban housing model considering the redevelopment plans for Kampungs in the next stage. This paper tries to evaluate the outstanding example called Rusun(Rumah susun) Sombo which was designed and organized by Prof. Johan Silas(ITS) for the future development of the urban housing model, based on the analysis of utilization of common space. The dwelling units in Rusun Sombo were provided in two steps using the skeleton-infill system. The inhabitants decide how to use the inside of their dwelling unit after moving in and construct the infill walls themselves. As well as planning the buildings, a totally unique approach was taken through the whole process of the project., 日本建築学会, 1997年, 日本建築学会計画系論文集, 62 (502), 87 - 93, doi;cinii_articles;cinii_books;url;url

  • ロンボク島(インドネシア)におけるバリ族・ササック族の聖地,住居集落とオリエンテーション

    脇田 祥尚; 布野 修司; 牧 紀男; 青井 哲人; 山本 直彦

    The purpose of this paper is to clarify the orientation system of holy places and the settlements in Lombok island, Indonesia. Kemaliq is a holy place for the waktu telu, indigenous muslim in Lombok island. Pura is a holy place for the Bali-Hindu. In pura people pray to the north or the direction of Mt. Rinjani. In kemaliq people pray to the north, different from the orthodox muslim who pray to Mekkah (the west). In the Balinese house in Cakranegara, sanggah, the holy space, is located in the north-east area. In the village Taniung, sanggah is in the north-west area. Sanggah is related to the holy mountain. In the Sasak villages in the northern part of Lombok island, the layout of settlements is related to Mt. Rinjani. We can find that the orientation of buildings in holy places and the settlements in Lombok island is related to the holy mountain., 日本建築学会, 1996年, 日本建築学会計画系論文集, 61 (489), 97 - 102, doi;cinii_articles;cinii_books;url;url

MISC

  • 7293 ネパールの世界文化遺産登録都市における町家の外観意匠に関する研究 その6 町家外観類型の実際の分布と住居平面・構造・被災状況・増築との照合

    福岡 若菜; 濱岡 飛鳥; 山本 直彦; 高橋 佳代; 増井 正哉; 宮内 杏里; 向井 洋一; パント モハン

    日本建築学会, 2017年07月20日, 都市計画, (2017), 691 - 692, cinii_articles;url

  • 7294 ネパールの世界文化遺産登録都市における町家の外観意匠に関する研究その7 バクタプル北部の山車巡行路沿いの連続立面図からみる街路景観

    鈴木 裕子; 福岡 若菜; 川辺 聖子; 山本 直彦; 増井 正哉; 宮内 杏里; 向井 洋一

    日本建築学会, 2017年07月20日, 都市計画, (2017), 693 - 694, cinii_articles;url

  • 7295 ネパールの世界文化遺産登録都市における町家の外観意匠に関する研究その8 バクタプル北部山車巡行路沿いにおける町家の庇タイプから見た外観意匠要素

    川辺 聖子; 増井 正哉; 鈴木 裕子; 福岡 若菜; 山本 直彦; 宮内 杏里; 向井 洋一

    日本建築学会, 2017年07月20日, 都市計画, (2017), 695 - 696, cinii_articles;url

  • 21223 2015年ネパール地震によるバクタプル市の建物被害に関する構造調査研究

    竹内 雅人; 向井 洋一; 山本 直彦; 増井 正哉; 宮内 杏里

    日本建築学会, 2017年07月20日, 構造II, (2017), 445 - 446, cinii_articles;url

  • 7291 ネパールの世界文化遺産登録都市における町家の外観意匠に関する研究 その4 外観意匠分析項目の選出とアイテム・カテゴリー型データの作成

    山本 直彦; 濱岡 飛鳥; 福岡 若菜; 高橋 佳代; 増井 正哉; 宮内 杏里; 向井 洋一; パント モハン

    日本建築学会, 2017年07月20日, 都市計画, (2017), 687 - 688, cinii_articles;url

  • 7292 ネパールの世界文化遺産登録都市における町家の外観意匠に関する研究 その5 多重応答分析とクラスタ分析による町家の外観類型化とモデル図の作成

    濱岡 飛鳥; 山本 直彦; 福岡 若菜; 高橋 佳代; 増井 正哉; 宮内 杏里; 向井 洋一; パント モハン

    日本建築学会, 2017年07月20日, 都市計画, (2017), 689 - 690, cinii_articles;url

  • 2015年ネパール地震によるバクタプル市の建物被害と復興に関する調査研究

    竹内 雅人; 向井 洋一; 山本 直彦; 増井 正哉; 宮内 杏里

    日本建築学会, 2017年06月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (57), 509 - 512, cinii_articles;cinii_books;url

  • ネパールの世界文化遺産登録都市における町家の外観意匠に関する研究その1 外観意匠調査シートの作成とバクタプルのモニュメントゾーン内外の比較

    高橋 佳代; 山本 直彦; 増井 正哉; 鈴木 裕子; 宮内 杏里; 田中 麻里; 向井 洋一; 福岡 若菜

    日本建築学会, 2016年08月24日, 都市計画, (2016), 993 - 994, cinii_articles;url

  • ネパールの世界文化遺産登録都市における町家の外観意匠に関する研究その2 バクタプル東部主要街道沿いの庇タイプ分類仮説による町家の増改築段階の推定

    鈴木 裕子; 高橋 佳代; 山本 直彦; 増井 正哉; 宮内 杏里; 田中 麻里; 向井 洋一; 福岡 若菜

    日本建築学会, 2016年08月24日, 都市計画, (2016), 995 - 996, cinii_articles;url

  • ネパールの世界文化遺産登録都市における町家の外観意匠に関する研究その3 バクタプル東部主要街道沿いの町家の庇タイプから見た外観意匠要素の特徴

    福岡 若菜; 高橋 佳代; 山本 直彦; 増井 正哉; 鈴木 裕子; 宮内 杏里; 田中 麻里; 向井 洋一

    日本建築学会, 2016年08月24日, 都市計画, (2016), 997 - 998, cinii_articles;url

  • ネパール・バクタプルの都市組織の構成 その5 礼拝行為を共有する住居分布から見たコミュニティ範囲

    宮内 杏里; 山本 直彦; 増井 正哉; 田中 麻里; 濱岡 飛鳥

    日本建築学会, 2016年08月24日, 建築歴史・意匠, (2016), 383 - 384, cinii_articles;url

  • 7183 奈良県明日香村飛鳥・奥山大字における民家の外観意匠の現状調査(歴史的景観まちづくり,都市計画,学術講演会・建築デザイン発表会)

    杉森 大起; 高田 駿平; 平尾 和洋; 山本 直彦

    日本建築学会, 2015年09月04日, 都市計画, (2015), 373 - 374, cinii_articles;url

  • 南北軸の街路に沿った街村に見られる民家の屋敷構えに関する研究 -奈良県高市郡明日香村の岡大字・島庄大字を対象に-

    山本 直彦; 上原 にいな; 宮内 杏里; 濱岡 飛鳥; 平尾 和洋

    日本建築学会, 2015年06月27日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (55), 325 - 328, cinii_articles;cinii_books;url

  • 奈良県明日香村飛鳥・奥山大字における民家の外観意匠の現状調査

    酒井 理恵; 高田 駿平; 平尾 和洋; 山本 直彦

    日本建築学会, 2015年06月27日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (55), 329 - 332, cinii_articles;cinii_books;url

  • 奈良町の建物の用途と形式の経年変化に関する研究 -町家の商業利用化を中心として-

    藤森 泉樹; 山本 直彦

    日本建築学会, 2015年06月27日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (55), 493 - 496, cinii_articles;cinii_books;url

  • 7502 奈良県明日香村飛鳥・奥山大字における民家の外観意匠と防火意匠の現状調査(歴史的景観(1),都市計画,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)

    高田 駿平; 平尾 和洋; 山本 直彦

    日本建築学会, 2014年09月12日, 都市計画, (2014), 1093 - 1094, cinii_articles;url

  • 5049 建築作品の外形ヴォリュームにおける引き算方法の体系化と作品分析(建築計画)

    神谷 菜海; 山本 直彦

    日本建築学会, 2014年05月26日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (54), 193 - 196, cinii_articles;cinii_books;url

  • 5057 奈良女子大学食堂における利用者の購買動線と座席選択行動に関する研究(建築計画)

    岩井 ちひろ; 山本 直彦; 上原 にいな; 神谷 菜海

    日本建築学会, 2014年05月26日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (54), 225 - 228, cinii_articles;cinii_books;url

  • 6003 明日香村における民家の外観意匠類型 : 飛鳥大字と奥山大字を事例として(農村計画)

    城戸 杏里; 山本 直彦; 平尾 和洋; 上原 にいな

    日本建築学会, 2014年05月26日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (54), 297 - 300, cinii_articles;cinii_books;url

  • 63 名古屋市有松町並み保存地区における修景実態に関する研究 : 外観意匠の類型化と伝統的建造物の意匠との対応関係

    北山 めぐみ; 山本 直彦; 平尾 和洋; 増井 正哉

    日本建築学会, 2014年05月10日, 日本建築学会四国支部研究報告集, (14), 125 - 126, cinii_articles;cinii_books;url

  • 7507 インド洋大津波後のインドネシアにおける住宅再建 その5 : 大アチェ県ヌーフンの中国再定住地入居者の生活再建過程

    山本 直彦; 田中 麻里; 牧 紀男; 向井 洋一

    日本建築学会, 2013年08月30日, 都市計画, (2013), 1089 - 1090, cinii_articles;url

  • 6094 明日香村における民家の色彩景観に関する研究 : 川原・野口・奥山の3 大字を対象に(居住地景観,農村計画,2013 年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)

    上原 にいな; 山本 直彦; 真木 梨華子

    日本建築学会, 2013年08月30日, 農村計画, (2013), 197 - 198, cinii_articles;url

  • 5656 ネパール・バクタプルの都市組織の構成 その4 : クシャトラパラの配置位置と住戸平面類型の分布(海外都市・居住空間の利用,建築計画,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)

    城戸 杏里; 山本 直彦; 増井 正哉; 竹内 泰

    日本建築学会, 2013年08月30日, 建築計画, (2013), 1335 - 1336, cinii_articles;url

  • 6004 明日香村における民家の屋敷構えに関する研究 : 奥山・飛鳥・川原・野口の4大字を対象に(農村計画)

    真木 梨華子; 山本 直彦; 平尾 和洋; 城戸 杏里

    日本建築学会, 2013年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (53), 313 - 316, cinii_articles;cinii_books;url

  • 6005 明日香村における民家の色彩景観に関する研究 : 川原・野口・奥山の3大字を対象に(農村計画)

    上原 にいな; 山本 直彦; 真木 梨華子; 松崎 良子

    日本建築学会, 2013年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (53), 317 - 320, cinii_articles;cinii_books;url

  • 7287 インド洋大津波後のインドネシアにおける住宅再建 その4 : 大アチェ県のヌーフン再定住地居住者の履歴(東日本大震災・復興計画,都市計画,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)

    山本 直彦; 田中 麻里; 牧 紀男

    日本建築学会, 2012年09月12日, 都市計画, (2012), 641 - 642, cinii_articles;url

  • 6030 ネパール・バクタプルの都市組織の構成 その3 : トルの境界部分と屋外空間の生活行為(海外集落空間,農村計画,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)

    城戸 杏里; 山本 直彦; 増井 正哉; 竹内 泰

    日本建築学会, 2012年09月12日, 農村計画, (2012), 59 - 60, cinii_articles;url

  • 名古屋市有松地区・山田家住宅の建築的構成と耐震性能

    北山 めぐみ; 向坊 恭介; 藤木 庸介; 鬼頭 良輔; 森上 和佳子; 平尾 和洋; 山本 直彦

    The purpose of this paper is to clarify the architectural composition and seismic performance of Yamada’s house. The house is one of traditional buildings in Arimatsu district, Nagoya city. The investigation of the house is based on the measurement survey.
    Results are as follows.
    1) The architectural composition and details of inside had been changed by change of building functions from 1954 to 2010. Particular features of the architectural design of Arimatsu in the Edo and the Showa period are especially realized on the house façade.
    2) In the first floor, many of the walls are positioned both sides of the building in the transverse direction, and there are few in the longitudinal direction. It was found that the seismic performance in the longitudinal direction is insufficient by a spectral response analysis., 日本建築学会, 2012年06月, 日本建築学会技術報告集, 18 (39), 687 - 687, cinii_articles;cinii_books;doi;url

  • 5065 回遊型商業モールにおける空間認知と行動特性 : なんばパークスでの経路探索実験を通して(建築計画)

    吉村 茜; 山本 直彦

    日本建築学会, 2012年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (52), 257 - 260, cinii_articles;cinii_books;url

  • 7065 高架駅ホームから見た眺望景観の特性とその視点場としての可能性 : JR大阪環状線を事例として(都市計画)

    山本 直彦; 佐藤 友香; 真木 梨華子; 吉村 茜

    日本建築学会, 2012年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (52), 617 - 620, cinii_articles;cinii_books;url

  • On-site permanent housing supply in the reconstruction stage after 2004 indian ocean tsunami(On-site permanent housing supply in the reconstruction stage after 2004 indian ocean tsunami)

    フダ ハイルル; 山本 直彦; 牧 紀男; 布野 修司

    日本建築学会, 2012年05月, 日本建築学会計画系論文集, (675), 959 - 959, cinii_articles;cinii_books;url

  • 5475 名古屋市有松地区における山田家住宅の小屋組みに関する研究 : 伝統的居住文化の維持・保全と観光開発の共生に関する研究 その10(維持・保全,建築計画I)

    鬼頭 良輔; 平尾 和洋; 森上 和佳子; 北山 めぐみ; 磯崎 裕介; 山本 直彦; 藤木 庸介

    日本建築学会, 2011年07月20日, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, (2011), 983 - 984, cinii_articles;cinii_books;url

  • 5476 名古屋市有松地区山田家住宅の復元力特性 : 伝統的居住文化の維持・保全と観光開発の共生に関する研究 その11(維持・保全,建築計画I)

    向坊 恭介; 森上 和佳子; 鬼頭 良輔; 北山 めぐみ; 平尾 和洋; 山本 直彦; 藤木 庸介

    日本建築学会, 2011年07月20日, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, (2011), 985 - 986, cinii_articles;cinii_books;url

  • 5474 名古屋市有松地区山田家住宅の建築的特徴 : 伝統的居住文化の維持・保全と観光開発の共生に関する研究 その9(維持・保全,建築計画I)

    藤原 祐樹; 森上 和佳子; 北山 めぐみ; 鬼頭 良輔; 吉田 恭平; 小倉 剛; 平田 隆之; 平尾 和洋; 山本 直彦; 藤木 庸介

    日本建築学会, 2011年07月20日, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, (2011), 981 - 982, cinii_articles;cinii_books;url

  • 6046 ネパール・バクタプルの都市組織の構成 その1 : スペースシンタックス理論を用いた空間特性評価と都市施設の配置(空間特性と空間利用,農村計画)

    山本 直彦; 城戸 杏里; 増井 正哉; 竹内 泰; PANT Mohan

    日本建築学会, 2011年07月20日, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, (2011), 489 - 490, cinii_articles;cinii_books;url

  • 6047 ネパール・バクタプルの都市組織の構成 その2 : トルの分布と境界部分の住戸平面類型(空間特性と空間利用,農村計画)

    城戸 杏里; 山本 直彦; 増井 正哉; 竹内 泰; PANT Mohan

    日本建築学会, 2011年07月20日, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, (2011), 491 - 492, cinii_articles;cinii_books;url

  • 7387 インド洋大津波後のインドネシアにおける住宅再建 その3 : バンダアチェ市内の再定住地パンテリーク居住者の履歴および恒久住宅の初期増改築(災害復興,都市計画)

    真木 梨華子; 山本 直彦; 牧 紀男; 向井 洋一

    日本建築学会, 2011年07月20日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, (2011), 841 - 842, cinii_articles;cinii_books;url

  • 名古屋市緑区有松地区における町並みと伝統的建造物の現状

    藤木 庸介; 北山 めぐみ; 向坊 恭介; 平尾 和洋; 鬼頭 良輔; 森上 和佳子; 山本 直彦

    立命館大学歴史都市防災研究センター, 2011年07月02日, 歴史都市防災論文集, 5, 1 - 8, doi;cinii_articles;url;url

  • 5061 動物園の展示空間から観覧者が受け取る環境情報の比較考察 : 天王寺動物園での子どもの写生画を通して(建築計画)

    杉山 亜里紗; 山本 直彦; 城戸 杏里; 真木 梨華子; 橋本 麻里奈; 北山 めぐみ

    日本建築学会, 2011年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (51), 241 - 244, cinii_articles;cinii_books;url

  • 5075 愛知県名古屋市有松地区における山田邸小屋組みに関する研究(建築計画)

    鬼頭 良輔; 平尾 和洋; 森上 和佳子; 北山 めぐみ; 藤木 庸介; 山本 直彦; 磯崎 裕介

    日本建築学会, 2011年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (51), 297 - 300, cinii_articles;cinii_books;url

  • 7066 主要街路の景観を形成する立面意匠表現とその連続性 : 御堂筋沿道建築物を事例として(都市計画)

    橋本 麻里奈; 山本 直彦; 真木 梨華子; 北山 めぐみ; 城戸 杏里; 杉山 亜里紗

    日本建築学会, 2011年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (51), 657 - 660, cinii_articles;cinii_books;url

  • インドネシア バリ島の住まいとカンポンの住まい (特集 アジアにおける住まいの今)

    山本 直彦

    日本住宅会議, 2011年02月, 住宅会議, (81), 10 - 14, cinii_articles;cinii_books;url

  • 6065 土地利用変化に着目した市街化区域端部の空間特性の研究 : 平城京域を対象として(施設・空間の利用実態,農村計画)

    中谷 薫; 山本 直彦

    日本建築学会, 2010年07月20日, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, (2010), 501 - 502, cinii_articles;cinii_books;url

  • 5335 モエレ沼公園における利用者の行動特性 その1 : 公園利用時の経路選択と滞留場所(都市の滞留空間,建築計画I)

    城戸 杏里; 山本 直彦; 松岡 拓公雄; 岩崎 綾香

    日本建築学会, 2010年07月20日, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, (2010), 715 - 716, cinii_articles;cinii_books;url

  • 5544 左官技術を用いた薄肉楕円体シェル構造の開発 : 仮説住宅実大棟の施工と加振・破壊実験(構工法開発,建築計画I)

    福田 千夏; 山本 直彦; 小澤 雄樹; 柳沢 究; 平尾 和洋

    日本建築学会, 2010年07月20日, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, (2010), 1133 - 1134, cinii_articles;cinii_books;url

  • 8069 インド洋大津波後のバンダアチェ市(インドネシア)における復興住宅の増改築状態(住宅被害・復興住宅,建築社会システム)

    林 亮介; 山本 直彦; 牧 紀男; 布野 修司

    日本建築学会, 2009年07月20日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, (2009), 1355 - 1356, cinii_articles;cinii_books;url

  • 5054 ベース・ターゲット間の類似度とベースの属性に注目したデザインプロセス その2(建築計画)

    平尾 和洋; 山本 伊織; 山本 直彦

    日本建築学会, 2009年05月22日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (49), 213 - 216, cinii_articles;cinii_books;url

  • 5053 ベース・ターゲット間の類似度とベースの属性に注目したデザインプロセス その1(建築計画)

    山本 伊織; 平尾 和洋; 山本 直彦

    日本建築学会, 2009年05月22日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (49), 209 - 212, cinii_articles;cinii_books;url

  • 7149 インド洋大津波後のインドネシアにおける住宅再建 : その1 バンダアチェ市における現地再建による復興住宅の居住状態(都市の復旧・復興(1),都市計画)

    山本 直彦; 牧 紀男

    日本建築学会, 2008年07月20日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, (2008), 321 - 322, cinii_articles;cinii_books;url

  • 7150 インド洋大津波後のインドネシアにおける住宅再建 : その2 居住地移転を伴う再建(都市の復旧・復興(1),都市計画)

    牧 紀男; 山本 直彦

    日本建築学会, 2008年07月20日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, (2008), 323 - 324, cinii_articles;cinii_books;url

  • 左官技術を利用したシェル構造ユニットによる災害仮設住宅の建設技術開発 : 概要と縮小モデルによる実験(材料施工)

    小澤 雄樹; 山本 直彦; 柳沢 究; 森田 一弥; 石塚 祐至; 平尾 和洋

    After a disaster, it is needed to provide large amount of temporary houses promptly for people who lose their own houses. In this paper, a housing construction technique that is suitable for Japanese historical surroundings is proposed. It is making use of the Japanese traditional plaster technique inherited for hundreds years. And the frame of this system is the shell structure that is one of the most efficient structural system, therefore, it can be build with very little amount of material., 日本建築学会, 2008年06月20日, 日本建築学会技術報告集, (27), 7 - 12, doi;cinii_articles;cinii_books;url;url

  • バンダアチェ市の復旧・復興プロセス : バンダアチェ市における復興段階への移行と住宅供給プロセス

    山本 直彦; Naohiko Yamamoto

    国立民族学博物館, 2007年12月24日, 国立民族学博物館調査報告 = Senri Ethnological Reports, (73), 108 - 129, doi;cinii_articles;cinii_books;url

  • すまいと島の世界とをつなぐインドネシア・バリ島の都市(都市空間のかたち1-住まいのかたち,<特集>都市をつくる建築)

    山本 直彦

    日本建築学会, 2007年11月20日, 建築雑誌, (1568), 16 - 17, cinii_articles;cinii_books;url

  • 7195 シモン・ステヴィンの『宿営地建設Castrametatio』に関する考察 その1 : シモン・ステヴィンとオランダ宿営地建設法(欧米・アフリカの都市計画史,都市計画)

    池尻 隆史; 山田 協太; 山本 直彦; 布野 修司

    日本建築学会, 2007年07月31日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, (2007), 447 - 448, cinii_articles;cinii_books;url

  • 7196 シモン・ステヴィンの『宿営地建設Castrametatio』に関する考察 その2 : 宿営地建設法の発展とその空間的特質(欧米・アフリカの都市計画史,都市計画)

    山田 協太; 池尻 隆史; 山本 直彦; 布野 修司

    日本建築学会, 2007年07月31日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, (2007), 449 - 450, cinii_articles;cinii_books;url

  • 8094 バンダアチェ市(インドネシア)におけるスマトラ沖地震後の復興住宅供給 : 国連人間居住計画UN-Habitatの供給事例を中心として(歴史的な住宅地,建築経済・住宅問題)

    山本 直彦; 牧 紀男

    日本建築学会, 2007年07月31日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, (2007), 1359 - 1360, cinii_articles;cinii_books;url

  • 5704 大阪市西成区あいりん地域(釜ヶ崎)におけるサポーティブハウスの成立過程とその現状に関する考察(住環境の変容プロセス(2),建築計画II)

    岡崎 まり; 布野 修司; 山根 周; 山本 直彦

    日本建築学会, 2007年07月31日, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, (2007), 239 - 240, cinii_articles;cinii_books;url

  • 1159 籾殻混入モルタルの材料性質に関する基礎的研究 : 左官による薄肉シェル材料として(強度・力学(3),材料施工)

    林 亮介; 山本 直彦; 小澤 雄樹; 井上 真澄; 平尾 和洋; 柳沢 究; 石塚 祐至

    日本建築学会, 2007年07月31日, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工, (2007), 333 - 334, cinii_articles;cinii_books;url

  • 20366 伝統的左官技術を用いた薄肉楕円体シェル構造の開発 : 水平加振実験(RCシェル(1),構造I)

    石塚 祐至; 小澤 雄樹; 山本 直彦; 柳沢 究; 平尾 和洋; 井上 真澄

    日本建築学会, 2007年07月31日, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, (2007), 731 - 732, cinii_articles;cinii_books;url

  • 意匠性と強度の両立を目標としたSMC(ソイル・ミクスト・コンクリート)壁体の評価ならびに配合強度に関する研究

    平尾 和洋; 井上 真澄; 山本 直彦

    立命館大学歴史都市防災研究センター, 2007年06月23日, 歴史都市防災論文集, 1, 209 - 216, doi;cinii_articles;url;url

  • 5027 シニア世代の都心回帰におけるモノの取捨選択に関する基礎的研究(建築計画)

    湯本 佳子; 山本 直彦; 松岡 拓公雄

    日本建築学会, 2007年05月22日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (47), 105 - 108, cinii_articles;cinii_books;url

  • 8035 バンダアチェ市(インドネシア)におけるスマトラ沖地震後の復興住宅の初期供給プロセス(災害復興, 建築経済・住宅問題)

    山本 直彦; 牧 紀男

    日本建築学会, 2006年07月31日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, (2006), 1121 - 1122, cinii_articles;cinii_books;url

  • 20333 伝統的左官技術を用いた薄肉楕円体シェル構造の開発 : シェルの概要と鉛直荷重載荷実験(複合シェルの耐力, 構造I)

    石塚 祐至; 小澤 雄樹; 山本 直彦; 柳沢 究; 平尾 和洋; 井上 真澄

    日本建築学会, 2006年07月31日, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, (2006), 665 - 666, cinii_articles;cinii_books;url

  • 7026 SMC供試体における物理量(テクスチュアと圧縮強度)と心理量の対応に関する研究(都市計画)

    平尾 和洋; 上田 崇博; 井上 真澄; 山本 直彦

    日本建築学会, 2006年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (46), 437 - 440, cinii_articles;cinii_books;url

  • 7049 ピマーイ(東北タイ)の都市空間構成とその住居形式に関する研究 : その2:ショップハウスと高床式住居の空間構成(海外都市計画(3),都市計画)

    山本 直彦; 布野 修司; ナウィット オンサワンチャイ; 広富 純

    日本建築学会, 2005年07月31日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, (2005), 159 - 160, cinii_articles;cinii_books;url

  • 7048 ピマーイ(東北タイ)の都市空間構成とその住居形式に関する研究 : その1:ピマーイの概要と住区構成パターン(海外都市計画(3),都市計画)

    広富 純; 布野 修司; 山本 直彦; ナウィット オンサワンチャイ

    日本建築学会, 2005年07月31日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, (2005), 157 - 158, cinii_articles;cinii_books;url

  • 5286 建築設計のグループワークにおけるペアミーティングの有効性に関する考察(設計プロセス・コラボレーション,建築計画I)

    廣瀬 悠; 勝田 規央; 平尾 和洋; 山本 直彦

    日本建築学会, 2005年07月31日, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, (2005), 605 - 606, cinii_articles;cinii_books;url

  • 5279 設計過程における飛躍のある類推的環境の有効性に関する考察(設計プロセス,建築計画I)

    加藤 直史; 小山 雅由; 平尾 和洋; 山本 直彦

    日本建築学会, 2005年07月31日, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, (2005), 591 - 592, cinii_articles;cinii_books;url

  • 5046 適応指導教室のプレイルームにおける空間利用の特徴 : 大阪府を事例として(フリースクール,建築計画I)

    長谷川 豪; 平尾 和洋; 山本 直彦

    日本建築学会, 2005年07月31日, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, (2005), 125 - 126, cinii_articles;cinii_books;url

  • 5067 京都における防火と耐震性を両立する歴史的都市建築意匠材料の開発と、その意匠性の定量的評価に関する研究(建築計画)

    上田 崇博; 川崎 敏弘; 平尾 和洋; 山本 直彦; 井上 真澄

    日本建築学会, 2005年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (45), 265 - 268, cinii_articles;cinii_books;url

  • 5060 歴史的市街地中心の下校路における経路選択と行動特性に関する研究 : 京都市立高倉小学校を事例として(建築計画)

    山本 直彦; 高橋 亜季

    日本建築学会, 2005年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (45), 237 - 240, cinii_articles;cinii_books;url

  • ギアニャール(バリ島・インドネシア)の都市空間構成に関する研究 : 東南アジアにおけるヒンドゥー都市の比較研究

    山本 直彦; 布野 修司; 平尾 和洋; 川畑 良彦

    This paper analyses the influence of Balinese Hindu principle on the urban formation of Gianyar, one of the traditional towns founded in 18th century in Bali Island. Even though Balinese towns and villages have common house compounds as a fundamental unit, the structure of the settlements make several significant differences between towns and villages. In contrast with the linear composition of villages, urban structure of Gianyar rather has its focus in the center of the town. The analysis on caste distribution also illustrates the importance of the center. The emergence of urban blocks in Gianyar brought about several plot division patterns as opposed to the simple back-to-back plot division in the villages. However the analysis has revealed that the variety of plot division patterns in Gianyar is regulated by the sole principle i.e. the avoidance of building the gate for each house compound toward the north direction. The well-known Balinese cosmological concept of Nawasanga not only influences the planning of the house compound but also the urban formation., 日本建築学会, 2005年, 日本建築学会計画系論文集, 70 (592), 171 - 178, doi;cinii_articles;cinii_books;url;url

  • オランダ植民都市の類型に関する考察

    布野 修司; 山田 協太; 山本 直彦

    Authors have been conducting the field research under the title 'Origin, Transformation, Alteration and Conservation of Urban Space of Colonial cities' since 1999. The cities we carried out field studies are Cape Town (South Africa), Cochin (India), Galle (Sri Lanka), Malacca (Malaysia), Jakarata, Surabaya (Indonesia), Elmina (Ghana), Recife (Brazil), Paramaribo (Suriname), Willemstad (Dutch Antilles) etc.. We had grasped almost all the factories, forts and cities constructed by VOC and WIC, collecting old Maps, documents and literatures from ARA (Algemeen Rijksarchief), KB (Koninklijke Bibliotheek) and KITLV (Koninklijk Institut voor Taal-, Land- en Volkenkunde). This paper discusses typology of the form of Dutch colonial cities mainly based on the analysis of historical maps. We got the maps of 157 trading posts, 38 among which had been occupied by Dutch more than some years. We select 17 cities with which we have detail maps, and classify them according to duration, location, and morphology. Dutch colonial cities are basically classified into the categories, lodge, factory, fortified factory, for+settlement, fort+city, castle and castle+city., 日本建築学会, 2005年, 日本建築学会計画系論文集, 70 (592), 179 - 184, doi;cinii_articles;cinii_books;url;url

  • バタヴィアの都市形態とS.ステヴィンの「理想都市」計画に関する比較考察

    布野 修司; 山田 協太; 山本 直彦

    Authors have been conducting the field research under the title 'Origin, Transformation, Alteration and Conservation of Urban Space of Colonial cities' since 1999. The cities where we carried out field studies are Cape Town (South Africa), Cochin (India), Galle (Sri Lanka), Malacca (Malaysia), Jakarata, Surabaya (Indonesia), Elmina (Ghana), Recife (Brazil), Paramaribo (Suriname), Willemstad (Dutch Antilles) etc.. We had grasped almost all the factories, forts and cities constructed by VOC and WIC, collecting old maps, documents and literatures from ARA (Algemeen Rijksarchief), KB (Koninklijke Bibliotheek) in Den Haag and KITLV (Koninklijk Institut voor Taal-, Land- en Volkenkunde) in Leiden. Batavia was the capital of VOC which was called 'Queen of Asia'. The plan of Batavia is thought to follow the plans of cities in mother country as Amsterdam, Delft and so on. Among many architects and engineers who were active in 16^ century, Simon Stevin attracts us as a theorist of urban planning. This paper discusses the relationship between the spatial form of Batavia and S. Stevin's 'Ideal City'., 日本建築学会, 2005年, 日本建築学会計画系論文集, 70 (592), 185 - 191, doi;cinii_articles;cinii_books;url;url

  • 蘭領東インドにおけるカンポン改善事業とマドゥラ人カンポンの発展過程に関する考察 : スラバヤのカンポン・シドダディを事例として(推薦理由,2004年日本建築学会大賞奨励賞)

    山本 直彦

    日本建築学会, 2004年08月20日, 建築雑誌, (1522), 83 - 83, cinii_articles;cinii_books;url

  • 7403 インドネシア・バリ島におけるヒンドゥー王宮都市の空間構成に関する研究 : その2:ギアニャールの道路構成と宅地割りパターン(海外都市の空間構成,都市計画)

    川畑 良彦; 布野 修司; 平尾 和洋; 山本 直彦

    日本建築学会, 2004年07月31日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, (2004), 861 - 862, cinii_articles;cinii_books;url

  • 7402 インドネシア・バリ島におけるヒンドゥー王宮都市の空間構成に関する研究 : その1:ギアニャールの概要とカーストの住み分け(海外都市の空間構成,都市計画)

    山本 直彦; 布野 修司; 平尾 和洋; 川畑 良彦

    日本建築学会, 2004年07月31日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, (2004), 859 - 860, cinii_articles;cinii_books;url

  • 5275 空間デザインのグループワークにおける改良型ブレインライティングの有効性に関する考察 その2(設計プロセス,建築計画I)

    小山 雅由; 小松 隼人; 平尾 和洋; 山本 直彦

    日本建築学会, 2004年07月31日, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, (2004), 549 - 550, cinii_articles;cinii_books;url

  • 5274 空間デザインのグループワークにおける改良型ブレインライティングの有効性に関する考察 その1(設計プロセス,建築計画I)

    勝田 規央; 小松 隼人; 平尾 和洋; 山本 直彦

    日本建築学会, 2004年07月31日, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, (2004), 547 - 548, cinii_articles;cinii_books;url

  • 7074 京都の街路空間にみられる都市構成要素の分布特質に関する基礎的考察 : 平安京の対角線領域における現状調査をもとにして(都市計画)

    山本 直彦; 田中 恵司; 平尾 和洋; 渡辺 菊眞

    日本建築学会, 2004年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (44), 801 - 804, cinii_articles;cinii_books;url

  • 5116 京都東山伝統的地区における地域色と直立壁面材料の視覚的テクスチャーの定量化(建築計画)

    川崎 敏弘; 加藤 光彦; 平尾 和洋; 山本 直彦

    日本建築学会, 2004年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (44), 461 - 464, cinii_articles;cinii_books;url

  • 5097 草津市の公園における遊具の設置状況と子供の遊び(建築計画)

    平尾 和洋; 山本 直彦; 赤木 祥子

    日本建築学会, 2004年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (44), 385 - 388, cinii_articles;cinii_books;url

  • 5065 大阪府の適応指導教室の運営形態と機能整備状況に関する研究(建築計画)

    長谷川 豪; 平尾 和洋; 山本 直彦

    日本建築学会, 2004年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (44), 257 - 260, cinii_articles;cinii_books;url

  • 4077 インドネシア・バリにおける基壇を持った住宅の温熱環境に関する研究(環境工学)

    宇野 朋子; 鉾井 修一; EKASIWI Sri Nastiti N.; 山本 直彦; 今井 梓; 間瀬 敦史

    日本建築学会, 2004年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (44), 305 - 308, cinii_articles;cinii_books;url

  • 7074 インドネシア・バリの都市構成に関する考察 : チャクラヌガラ(ロンボク島)とギアニャール(バリ島)の比較を通して(アジアの都市形成,都市計画)

    川畑 良彦; 山本 直彦; 布野 修司

    日本建築学会, 2003年07月30日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, (2003), 177 - 178, cinii_articles;cinii_books;url

  • コンプレヘンシブ・カンポン・インプルーブメント・プログラム : コミュニティ・ディベロップメントヘシフトするインドネシアの居住環境整備事業(まちづくりノート)

    山本 直彦

    日本建築学会, 2003年06月20日, 建築雑誌, (1506), 54 - 55, cinii_articles;cinii_books;url

  • ジョグジャカルタ王宮(インドネシア) : 植民者の仕掛けた「建築ゲーム」への参加(建築のアジア 世界の植民地建築(15))

    プリヨトモ ヨセフ; 山本 直彦

    日本建築学会, 2003年03月20日, 建築雑誌, (1503), 6 - 6, cinii_articles;cinii_books;url

  • 7331 インドネシア・スラバヤ市北部におけるカンポンの拡がりから見た市街地の拡大過程に関する考察(海外都市空間(2),都市計画)

    山本 直彦; 布野 修司

    日本建築学会, 2001年07月31日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, (2001), 661 - 662, cinii_articles;cinii_books;url

  • 海外視察「インドネシア建築・住居視察団」からの報告(活動レポート)

    山本 直彦

    日本建築学会, 2001年05月20日, 建築雑誌, (1471), 99 - 101, cinii_articles;cinii_books;url;url

  • 41254 インドネシア・スラバヤに建つ環境共生住宅の温熱環境 : 室内温熱環境の評価

    宇野 朋子; 鉾井 修一; 布野 修司; Nastiti S.; 小玉 裕一郎; 武政 孝治; 山本 直彦

    日本建築学会, 2000年07月31日, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, (2000), 517 - 518, cinii_articles;cinii_books;url

  • 4054 インドネシア・スラバヤに建つ環境共生住宅の温熱環境 : 室内温熱環境の実測と解析結果(環境工学)

    宇野 朋子; 鉾井 修一; 布野 修司; 小玉 裕一郎; 武政 孝治; 山本 直彦

    日本建築学会, 2000年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (40), 213 - 216, cinii_articles;cinii_books;url

  • 41209 インドネシア・スラバヤに建つエコハウスの温熱環境 : (1)ダブルルーフの効果について

    宇野 朋子; 鉾井 修一; 布野 修司; 小玉 祐一郎; 武政 孝治; 山本 直彦

    日本建築学会, 1999年07月30日, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, (1999), 417 - 418, cinii_articles;cinii_books;url

  • 41210 インドネシア・スラバヤに建つエコハウスの温熱環境 : (2)水循環放射冷房システムの効果について

    武政 孝治; 小玉 祐一郎; 布野 修司; 山本 直彦; 鉾井 修一; 宇野 朋子

    日本建築学会, 1999年07月30日, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, (1999), 419 - 420, cinii_articles;cinii_books;url

  • カンポンのDIY雑感 (特集 DIY--住まいづくりのオールタナティヴ)

    山本 直彦

    群居刊行委員会, 1998年, 群居, (46), 53 - 58, cinii_articles;cinii_books;url

  • 7323 アーメダバード旧市街の都市構成に関する研究 : その4 ムスリム居住区の街区構成および3地区の比較考察

    山根 周; 布野 修司; 黄蘭 翔; 山本 直彦; 黒川 賢一; 長村 英俊; 沼田 典久

    日本建築学会, 1997年07月30日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, (1997), 645 - 646, cinii_articles;cinii_books;url

  • 7320 アーメダバード旧市街の都市構成に関する研究 : その1 都市の概要と旧市街の宗教別構成

    布野 修司; 黄蘭 翔; 山根 周; 山本 直彦; 黒川 賢一; 長村 英俊; 沼田 典久

    日本建築学会, 1997年07月30日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, (1997), 639 - 640, cinii_articles;cinii_books;url

  • 7321 アーメダバード旧市街の都市構成に関する研究 : その2 ジャイナ教徒居住区の街区構成

    長村 英俊; 布野 修司; 黄蘭 翔; 山根 周; 山本 直彦; 黒川 賢一; 沼田 典久

    日本建築学会, 1997年07月30日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, (1997), 641 - 642, cinii_articles;cinii_books;url

  • 7322 アーメダバード旧市街の都市構成に関する研究 : その3 ヒンドゥー居住区の街区構成

    沼田 典久; 布野 修司; 黄蘭 翔; 山根 周; 山本 直彦; 黒川 賢一; 長村 英俊

    日本建築学会, 1997年07月30日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, (1997), 643 - 644, cinii_articles;cinii_books;url

  • 5455 テンゲル族の集落オリエンテーションに関する考察

    三井所 隆史; 山本 直彦; 布野 修司

    日本建築学会, 1996年07月30日, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, (1996), 27 - 28, cinii_articles;cinii_books;url

  • 5446 デサ・サングラ・アグンの屋敷地平面類型と住み方

    山本 直彦; 三井所 隆史; 脇田 祥尚; 布野 修司

    日本建築学会, 1996年07月30日, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, (1996), 29 - 30, cinii_articles;cinii_books;url

  • 5452 東南アジアにおける住環境共生住宅に関する研究 その1 : エコハウスの理念と集落にみる環境共生技術

    脇田 祥尚; 山本 直彦; 田中 麻里; 沼田 典久; 布野 修司; 牧 紀男; 遠藤 和義; 小林 克哉; 小玉 祐一郎

    日本建築学会, 1996年07月30日, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, (1996), 41 - 42, cinii_articles;cinii_books;url

  • 5453 湿潤熱帯地域におけるエコハウスに関する研究 その2 : 東南アジアの建築研究期間での環境共生技術の取り組み

    沼田 典久; 山本 直彦; 田中 麻里; 布野 修司; 牧 紀男; 脇田 祥尚; 遠藤 和義; 小林 克哉; 小玉 祐一郎

    日本建築学会, 1996年07月30日, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, (1996), 43 - 44, cinii_articles;cinii_books;url

  • 5454 ルソン・ソンボの共用空間利用 その2 : 中廊下に溢れだした家具の一年後の変化

    渡辺 菊真; 山本 直彦; 田中 麻里; 三井所 隆史; 脇田 祥尚; 布野 修司

    日本建築学会, 1996年07月30日, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, (1996), 45 - 46, cinii_articles;cinii_books;url

  • 5055 アジア都市建築研究その21 : インドネシア・マドゥラ島の住居および集落の地域類型(建築計画)

    三井所 隆史; 山本 直彦; 脇田 祥尚; 布野 修司

    日本建築学会, 1996年07月03日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (36), 521 - 524, cinii_articles;cinii_books;url

  • 5056 アジア都市建築研究その22 : デサ・サングラ・アグンの屋敷地平面類型と住み方(建築計画)

    山本 直彦; 三井所 隆史; 脇田 祥尚; 布野 修司

    日本建築学会, 1996年07月03日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (36), 525 - 528, cinii_articles;cinii_books;url

  • アジア・ノ-ト-26-インドネシアにおける集住のかたち6--ジャワ島のマドゥラ人の住居

    山本 直彦

    新建築社, 1996年07月, 新建築, 71 (8), 296 - 297, cinii_articles;cinii_books;url

  • 9090 鳥取県橋津の藩倉に関する調査と研究(1) : 幕末から近代にかけての史的展開

    田中 禎彦; 坂田 昌平; 山本 直彦; 浅川 滋男

    日本建築学会, 1995年07月20日, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, (1995), 179 - 180, cinii_articles;cinii_books;url

  • 9091 鳥取県橋津の藩倉に関する調査と研究(2) : 現存遺構の調査

    坂田 昌平; 田中 禎彦; 山本 直彦; 浅川 滋男

    日本建築学会, 1995年07月20日, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, (1995), 181 - 182, cinii_articles;cinii_books;url

  • 9092 鳥取県橋津の藩倉に関する調査と研究(3) : 日本各地の藩倉遺構

    浅川 滋男; 田中 禎彦; 山本 直彦; 坂田 昌平

    日本建築学会, 1995年07月20日, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, (1995), 183 - 184, cinii_articles;cinii_books;url

  • 5647 バドゥイ地方の住居集落に関する研究 その1 : デサ・カドゥジャンクンの集落構成

    丹羽 大介; 脇田 祥尚; 山本 直彦; 布野 修司

    日本建築学会, 1995年07月20日, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, (1995), 359 - 360, cinii_articles;cinii_books;url

  • 5648 バドゥイ地方の住居集落に関する研究 その2 : デサ・カドゥジャンクンにおける住居の平面構成

    脇田 祥尚; 丹羽 大介; 山本 直彦; 布野 修司

    日本建築学会, 1995年07月20日, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, (1995), 361 - 362, cinii_articles;cinii_books;url

  • 5649 ルスン・ソンボの共用空間利用 : あふれだした物品から見た分析

    布野 修司; 脇田 祥尚; 田中 麻里; 山本 直彦; 小林 克也

    日本建築学会, 1995年07月20日, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, (1995), 363 - 364, cinii_articles;cinii_books;url

  • 5650 インドネシア・マドゥラ島の住居集落の地域類型

    山本 直彦; 脇田 祥尚; 布野 修司

    日本建築学会, 1995年07月20日, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, (1995), 365 - 366, cinii_articles;cinii_books;url

  • 527 アジア都市建築研究 その17 : ソンボ団地の共用空間利用 : あふれだした物品から見た分析(建築計画)

    山本 直彦; 田中 麻里; 脇田 祥尚; 布野 修司

    日本建築学会, 1995年06月13日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (35), 357 - 360, cinii_articles;cinii_books;url

  • 528 アジア都市建築研究 その18 : インドネシア・バドゥイ地方の住居形態(建築計画)

    脇田 祥尚; 山本 直彦; 布野 修司

    日本建築学会, 1995年06月13日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (35), 361 - 364, cinii_articles;cinii_books;url

  • 529 アジア都市建築研究 その19 : 東南アジアにおける建築研究機関の研究動向(建築計画)

    丹羽 大介; 山本 直彦; 田中 麻里; 脇田 祥尚; 布野 修司

    日本建築学会, 1995年06月13日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (35), 365 - 368, cinii_articles;cinii_books;url

  • 7345 祭祀都市・チャクラヌガラに関する研究 その7 : チャクラヌガラの王宮

    田中 禎彦; 脇田 祥尚; 吉井 康純; 山本 直彦; 牧 紀男; 布野 修司

    日本建築学会, 1994年07月25日, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠, (1994), 689 - 690, cinii_articles;cinii_books;url

  • 7346 祭祀都市・チャクラヌガラに関する研究 その8 : チャクラヌガラの住区組織

    竹田 智征; 脇田 祥尚; 吉井 康純; 山本 直彦; 牧 紀男; 布野 修司

    日本建築学会, 1994年07月25日, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠, (1994), 691 - 692, cinii_articles;cinii_books;url

  • 8094 インドネシアの住宅生産システムに関する研究 その1 : 地域の概要と建築政策システムの性質

    荒 仁; 鎌田 啓介; 脇田 祥尚; 山本 直彦; 吉井 康純; 牧 紀男; 布野 修司

    日本建築学会, 1994年07月25日, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠, (1994), 951 - 952, cinii_articles;cinii_books;url

  • 8095 インドネシアの住宅生産システムに関する研究 その2 : 都心部カンポンにおける建築生産システム

    鎌田 啓介; 竹田 智征; 脇田 祥尚; 山本 直彦; 吉井 康純; 牧 紀男; 布野 修司

    日本建築学会, 1994年07月25日, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠, (1994), 953 - 954, cinii_articles;cinii_books;url

  • 8096 インドネシアの住宅生産システムに関する研究 その3 : 建材屋の分布と建材流通

    吉井 康純; 鎌田 啓介; 竹田 智征; 山本 直彦; 脇田 祥尚; 牧 紀男; 布野 修司

    日本建築学会, 1994年07月25日, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠, (1994), 955 - 956, cinii_articles;cinii_books;url

  • 5018 ロンボク島の住居集落に関する研究 その7 : ササック族の住居集落の地域類型

    山本 直彦; 脇田 祥尚; 川崎 昌和; 吉井 康純; 牧 紀男; 布野 修司

    日本建築学会, 1994年07月25日, 学術講演梗概集. E, 建築計画, 農村計画, (1994), 35 - 36, cinii_articles;cinii_books;url

  • 5019 ロンボク島の住居集落に関する研究 その8 : デサ・バヤンにおける住居形式

    川崎 昌和; 脇田 祥尚; 山本 直彦; 吉井 康純; 牧 紀男; 布野 修司

    日本建築学会, 1994年07月25日, 学術講演梗概集. E, 建築計画, 農村計画, (1994), 37 - 38, cinii_articles;cinii_books;url

  • 5020 ロンボク島の住居集落に関する研究 その9 : デサ・バヤンにおけるブルガの利用形態

    脇田 祥尚; 山本 直彦; 川崎 昌和; 吉井 康純; 牧 紀男; 布野 修司

    日本建築学会, 1994年07月25日, 学術講演梗概集. E, 建築計画, 農村計画, (1994), 39 - 40, cinii_articles;cinii_books;url

  • 5001 アジア都市建築研究 その10 : チャクラヌガラの住区組織(建築計画)

    武田 智征; 脇田 祥尚; 吉井 康純; 山本 直彦; 牧 紀男; 布野 修司

    日本建築学会, 1994年06月07日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (34), 269 - 272, cinii_articles;cinii_books;url

  • 5004 アジア都市建築研究 その13 : 住居集落とコスモロジー(6) : デサ・バヤンにおける住居パターンの変容(建築計画)

    脇田 祥尚; 山本 直彦; 吉井 康純; 牧 紀男; 布野 修司

    日本建築学会, 1994年06月07日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (34), 281 - 284, cinii_articles;cinii_books;url

  • 5005 アジア都市建築研究 その14 : 東南アジアの建築生産システム(1) : 地域の概要と建築生産システムの特質(建築計画)

    鎌田 啓介; 脇田 祥尚; 山本 直彦; 吉井 康純; 牧 紀男; 布野 修司

    日本建築学会, 1994年06月07日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (34), 285 - 288, cinii_articles;cinii_books;url

  • 5006 アジア都市建築研究 その15 : 東南アジアの建築生産システム(2) : 建材屋の分布と建材流通(建築計画)

    吉井 康純; 山本 直彦; 脇田 祥尚; 牧 紀男; 布野 修司

    日本建築学会, 1994年06月07日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (34), 289 - 292, cinii_articles;cinii_books;url

  • 5002 アジア都市建築研究 その11 : チャクラヌガラの王宮(建築計画)

    田中 禎彦; 脇田 祥尚; 吉井 康純; 山本 直彦; 牧 紀男; 布野 修司

    日本建築学会, 1994年06月07日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (34), 273 - 276, cinii_articles;cinii_books;url

  • 5003 アジア都市建築研究 その12 : 住居集落とコスモロジー(5) : ロンボク島ササック族の住居集落の地域類型(建築計画)

    山本 直彦; 脇田 祥尚; 吉井 康純; 牧 紀男; 布野 修司

    日本建築学会, 1994年06月07日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (34), 277 - 280, cinii_articles;cinii_books;url

書籍等出版物

  • 日本の建築意匠

    学芸出版社, 2016年 (ISBN: 9784761532246)

  • 『特集「アジアにおける住まいの今」〈インドネシア〉バリ島の住まいとカンポンの住まい』

    住宅会議, 2011年

  • ‘Temporary Housing’, “The Publication Committee of the “Introductory Volume” to Cultural Heritage Disaster Mitigation Studies”

    The publication Committee of the “Introduction Volume” to Cultural Heritage Disaster Mitigation Studies, Ritsumeikan University, 2010年

  • 「耐震補強の次に考えること」西芳美・山本博之編『東南アジア学会第83回研究大会パネル3報告書:学術研究と人道支援 2009年西スマトラ地震で壊れたもの・つくられるもの』所収

    京都大学地域研究総合情報センター, 2010年

  • 「バンダアチェの住宅再建-現地再建と再定住地」『みんぱく実践人類学シリーズ9 自然災害と復興支援』所収

    明石書店, 2010年

  • 「住まう(独立住宅・集合住宅)」『テキスト建築計画』所収

    学芸出版社, 2010年

  • ‘Temporary Housing’, “The Publication Committee of the “Introductory Volume” to Cultural Heritage Disaster Mitigation Studies”

    2010年

  • 2004年インド洋地震津波災害被災地の現状と復興への課題

    国立民族学博物館調査報告73, 2008年

  • アジア・太平洋地域における自然災害への社会対応に関する民族誌的研究

    科学研究費 基盤研究(A), 2008年

  • 「仮設住宅」『文化遺産防災学』所収

    アドスリー, 2008年

  • シモン・ステヴィンの『宿営地建設Castrametatio』に関する考察 その2 宿営地建設法の発展とその空間的特質

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2007年

  • すまいと島の世界とをつなぐインドネシア・バリ島の都市

    建築雑誌, 2007年

  • テキスト建築意匠

    学芸出版社, 2006年

講演・口頭発表等

  • 景観形成基準の景観ガイドラインによる定量化傾向に関する研究 その2―全国の景観ガイドラインと関東地方と近畿地方の市町村における定量化の具体的な内容―

    井上ねね; 山本直彦

    日本建築学会近畿支部研究報告集第59号・計画系, 2019年06月

  • 景観形成基準の景観ガイドラインによる定量化傾向に関する研究 その1―関東地方と近畿地方の市町村の景観形成基準の性質―

    山本直彦; 井上ねね

    日本建築学会近畿支部研究報告集第59号・計画系, 2019年06月

  • 21325 2015年ネパール地震によるバクタプル市の建物被害に関する構造調査研究 その2 甚大被害エリアにおける建物の復興状況調査

    竹内 雅人; 星野 隼人; 向井 洋一; 山本 直彦; 増井 正哉; 宮内 杏里

    日本建築学会大会学術講演梗概集DVD・構造II, 2018年09月, 2018年07月20日, 2018年07月20日, url

  • 21326 2015年ネパール地震によるバクタプル市の建物被害に関する構造調査研究 その3 常時微動計測による煉瓦造建物の振動特性調査

    星野 隼人; 竹内 雅人; 向井 洋一; 山本 直彦; 増井 正哉; 宮内 杏里

    日本建築学会大会学術講演梗概集DVD・構造II, 2018年09月, 2018年07月20日, 2018年07月20日, url

  • 7447 ネパールの世界文化遺産登録都市における町家の外観意匠に関する研究その9 2016 年から2017 年のバクタプル旧市街北部の山車巡行路沿いの建物更新

    鈴木 裕子; 山本 直彦; 増井 正哉; 宮内 杏里; 向井 洋一; 川辺 聖子

    日本建築学会大会学術講演梗概集DVD・都市計画, 2018年09月, 2018年07月20日, 2018年07月20日, url

  • 7448 ネパールの世界文化遺産登録都市における町家の外観意匠に関する研究その10 ネパール・ビハール地震(1934)以降の変化

    舟橋 知生; 増井 正哉; 山本 直彦; 向井 洋一; 川辺 聖子

    日本建築学会大会学術講演梗概集DVD・都市計画, 2018年09月, 2018年07月20日, 2018年07月20日, url

  • 9029 ネパール・バクタプルの都市組織の構成 その6 礼拝行為の共有範囲と職業姓の分布から見た都市街区の形成過程

    山本 直彦; 宮内 杏里; 鈴木 裕子; 川辺 聖子; 増井 正哉; 向井 洋一; 吉田 哲也

    日本建築学会大会学術講演梗概集DVD・建築歴史・意匠, 2018年09月, 2018年07月20日, 2018年07月20日, url

  • 9030 ネパール・バクタプルの都市組織の構成 その7 都市街区の形成過程と都市型住居の外観意匠

    宮内 杏里; 山本 直彦; 鈴木 裕子; 川辺 聖子; 増井 正哉; 向井 洋一; 吉田 哲也

    日本建築学会大会学術講演梗概集DVD・建築歴史・意匠, 2018年09月, 2018年07月20日, 2018年07月20日, url

  • 2015年ネパール地震によるバクタプル市の建物被害と復興に関する調査研究その2 2017年における建物復興状況と建物常時微動計測調査

    星野隼人; 竹内雅人; 向井洋一; 山本直彦; 増井正哉; 宮内杏里

    日本建築学会近畿支部研究報告集第58号・構造系, 2018年06月

  • ネパール・バクタプルにおける町家の外観意匠の変化に関する研究-震災復興にみられる伝統意匠に着目して-

    舟橋知生; 山本直彦; 向井洋一; 川辺聖子; 増井正哉

    日本建築学会近畿支部研究報告集第58号・計画系, 2018年06月

  • 奈良県桜井市大神神社参道と三輪地区における修景に向けた民家の現状把握と景観評価その2:—民家の外観意匠類型モデルの検証分析と住民による街路景観評価—

    山本直彦; 鈴木裕子; 吉田哲也; 増井正哉

    日本建築学会近畿支部研究報告集第58号・計画系, 2018年06月

  • 奈良県桜井市大神神社参道と三輪地区における修景に向けた民家の現状把握と景観評価その1:—多重対応分析とクラスター分析による民家の外観意匠類型化手法の考察—

    鈴木裕子; 山本直彦; 吉田哲也; 増井正哉

    日本建築学会近畿支部研究報告集第58号・計画系, 2018年06月

  • テーブルレイアウトの変化が利用者の座席選択行動に与える影響 -奈良女子大学食堂での座席利用調査から-

    宇田瑞希; 山本直彦

    日本建築学会近畿支部研究報告集第58号・計画系, 2018年06月

  • ネパール・ムスタン郡の村落および住居の空間構成- パンチガオン地域ティニ村を事例に-

    川辺聖子; 山本直彦; 鈴木裕子; 舟橋知生; 増井正哉

    日本建築学会近畿支部研究報告集第58号・計画系, 2018年06月

  • 公民協働からみた地下鉄 地上 出入口の接続空間と意匠構成-大阪市営地下鉄の民間建築物合築の場合-

    山口仁実; 山本直彦

    日本建築学会近畿支部研究報告集第58号・計画系, 2018年06月

  • ネパールの世界文化遺産登録都市における町家の外観意匠に関する研究 その4 外観意匠分析項目の選出とアイテム・カテゴリー型データの作成

    日本建築学会大会学術講演梗概集DVD,p.687, 2017年

  • ネパールの世界文化遺産登録都市における町家の外観意匠に関する研究その5 多重応答分析とクラスタ分析による町家の外観類型化とモデル図の作成,日本建築学会学術講演梗概集

    日本建築学会学術講演梗概集DVD p.689, 2017年

  • ネパールの世界文化遺産登録都市における町家の外観意匠に関する研究 その6 町家外観類型の実際の分布と住居平面・構造・被災状況・増築との照合

    日本建築学会学術講演梗概集DVD,p.691, 2017年

  • ネパールの世界文化遺産登録都市における町家の外観意匠に関する研究その7 バクタプル北部の山車巡行路沿いの連続立面図からみる街路景観

    日本建築学会学術講演梗概集DVD, p.693, 2017年

  • ネパールの世界文化遺産登録都市における町家の外観意匠に関する研究その8 バクタプル北部山車巡行路沿いにおける町家の庇タイプから見た外観意匠要素

    日本建築学会学術講演梗概集DVD,p.695, 2017年

  • ネパール地震によるバクタプル市の建物被害に関する構造調査研究

    日本建築学会学術講演梗概集DVD,p.445, 2017年

  • 南北軸の街路に沿った街村に見られる民家の屋敷構えに関する研究-奈良県高市郡明日香村の岡大字・島庄大字を対象に-

    日本建築学会近畿支部研究報告集, 2015年

  • 奈良町の建物の用途と形式の経年変化に関する研究-町家の商業利用化を中心として-

    日本建築学会近畿支部研究報告集, 2015年

  • 名古屋市有松町並み保存地区における修景実態に関する研究-外観意匠の類型化と伝統的建造物の意匠との対応関係-

    日本建築学会四国支部研究報告集, 2014年

  • 建築作品の外形ヴォリュームにおける引き算方法の体系化と作品分析

    日本建築学会近畿支部研究報告集(計画系), 2014年

  • 奈良女子大学食堂における利用者の購買動線と座席選択行動に関する研究

    日本建築学会近畿支部研究報告集, 2014年

  • 明日香村における民家の外観意匠類型-飛鳥大字と奥山大字を事例として-

    日本建築学会近畿支部研究報告集, 2014年

  • 奈良県明日香村飛鳥・奥山大字における民家の外観意匠と防火意匠の現状調査

    日本建築学会大会学術講演梗概集(都市計画),2014年, 2014年

  • 明日香村における民家の屋敷構えに関する研究—奥山・飛鳥・川原・野口の4大字を対象に—

    日本建築学会近畿支部研究報告集(計画系), 2013年

  • 明日香村における民家の色彩景観に関する研究—川原・野口・奥山の3大字を対象に—

    日本建築学会近畿支部研究報告集(計画系), 2013年

  • インド洋大津波後のインドネシアにおける住宅再建 その5 大アチェ県ヌーフンの中国再定住地入居者の生活再建過程

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2013年

  • ネパール・バクタプルの都市組織の構成その4 クシャトラパラの配置位置と住戸平面類型の分布

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2013年

  • 明日香村における民家の色彩景観に関する研究—川原・野口・奥山の3大字を対象に—

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2013年

  • 高架駅ホームから見た眺望景観の特性とその視点場としての可能性―JR大阪環状線を事例として―

    日本建築学会近畿支部研究報告集(計画系), 2012年

  • 回遊型商業モールにおける空間認知と行動特性-なんばパークスでの経路探索実験を通して-

    日本建築学会近畿支部研究報告集(計画系), 2012年

  • インド洋大津波後のインドネシアにおける住宅再建 その4 大アチェ県のヌーフン再定住地居住者の履歴

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2012年

  • ネパール・バクタプルの都市組織の構成その3 トルの境界部分と屋外空間の生活行為

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2012年

  • 動物園の展示空間から観覧者が受け取る環境情報の比較考察―天王寺動物園での子どもの写生画を通して―

    日本建築学会近畿支部研究報告集(計画系), 2011年

  • 主要街路の景観を形成する立面意匠表現とその連続性―御堂筋沿道建築物を事例として―

    日本建築学会近畿支部研究報告集(計画系), 2011年

  • 愛知県名古屋市有松地区における山田邸小屋組みに関する研究

    日本建築学会近畿支部研究報告集(計画系), 2011年

  • ネパール・バクタプルの都市組織の構成 その1 スペースシンタックス理論を用いた空間特性評価と都市施設の配置

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2011年

  • ネパール・バクタプルの都市組織の構成 その2 トルの分布と境界部分の住戸平面類型

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2011年

  • インド洋大津波後のインドネシアにおける住宅再建 その3 バンダアチェ市内の再定住地パンテリーク居住者の履歴および恒久住宅の初期増改築

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2011年

  • 名古屋市有松地区山田家住宅の建築的特徴 伝統的居住文化の維持・保全と観光開発の共生に関する研究その9

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2011年

  • 名古屋市有松地区における山田家住宅の小屋組みに関する研究 伝統的居住文化の維持・保全と観光開発の共生に関する研究その10

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2011年

  • 名古屋市有松地区山田家住宅の復元力特性 伝統的居住文化の維持・保全と観光開発の共生に関する研究 その11

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2011年

  • Perkembangan Arsitektur Modern di Jepang Setelah Perang Dunia Ke-II

    Kuliah Tamu, 2011年

  • オランダ領東インドの居住環境環境整備とカンポン改善事業

    東南アジア学会関西例会, 2011年

  • Perkembangan Arsitektur Modern di Jepang Setelah Perang Dunia Ke-II

    Kuliah Tamu, 2011年

  • モエレ沼公園における利用者の行動特性 その1:公園利用時の経路選択と滞留場所

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2010年

  • 左官技術を用いた薄肉楕円体シェル構造の開発 仮設住宅実大棟の施工と加振・破壊実験

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2010年

  • 土地利用変化に着目した市街化区域端部の空間特性の研究 平城京域を対象として

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2010年

  • インド洋大津波後のバンダアチェ市(インドネシア)における復興住宅の増改築状態

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2009年

  • 左官技術を利用したシェル構造ユニットによる災害仮設住宅の建設技術開発-概要と縮小モデルによる実験

    日本建築学会技術報告集, 2008年

  • インド洋大津波後のインドネシアにおける住宅再建 その1 バンダアチェ市における現地再建による復興住宅の居住状態

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2008年

  • インド洋大津波後のインドネシアにおける住宅再建 その2 居住地移転を伴う再建

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2008年

  • シニア世代の都心回帰におけるモノの取捨選択に関する基礎的研究

    日本建築学会近畿支部研究報告集(計画系), 2007年

  • バンダアチェ市(インドネシア)におけるスマトラ沖地震後の復興住宅供給-国連人間居住計画UN-Habitatの供給事例を中心として-

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2007年

  • 籾殻混入モルタルの材料性質に関する基礎的研究 左官による薄肉シェル材料として

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2007年

  • 伝統的左官技術を用いた薄肉楕円体シェル構造の開発 水平加振実験

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2007年

  • 大阪市西成区あいりん地域(釜ヶ崎)におけるサポーティブハウスの成立過程とその現状に関する考察

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2007年

  • シモン・ステヴィンの『宿営地建設Castrametatio』に関する考察 その1 シモン・ステヴィンとオランダ宿営地建設法

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2007年

  • 7292 ネパールの世界文化遺産登録都市における町家の外観意匠に関する研究 その5 多重応答分析とクラスタ分析による町家の外観類型化とモデル図の作成

    濱岡 飛鳥; 山本 直彦; 福岡 若菜; 高橋 佳代; 増井 正哉; 宮内 杏里; 向井 洋一; パント モハン

    都市計画, 2017年07月20日, 2017年07月20日, 2017年07月20日, 日本建築学会, url

  • 7291 ネパールの世界文化遺産登録都市における町家の外観意匠に関する研究 その4 外観意匠分析項目の選出とアイテム・カテゴリー型データの作成

    山本 直彦; 濱岡 飛鳥; 福岡 若菜; 高橋 佳代; 増井 正哉; 宮内 杏里; 向井 洋一; パント モハン

    都市計画, 2017年07月20日, 2017年07月20日, 2017年07月20日, 日本建築学会, url

  • 21223 2015年ネパール地震によるバクタプル市の建物被害に関する構造調査研究

    竹内 雅人; 向井 洋一; 山本 直彦; 増井 正哉; 宮内 杏里

    構造II, 2017年07月20日, 2017年07月20日, 2017年07月20日, 日本建築学会, url

  • 7295 ネパールの世界文化遺産登録都市における町家の外観意匠に関する研究その8 バクタプル北部山車巡行路沿いにおける町家の庇タイプから見た外観意匠要素

    川辺 聖子; 増井 正哉; 鈴木 裕子; 福岡 若菜; 山本 直彦; 宮内 杏里; 向井 洋一

    都市計画, 2017年07月20日, 2017年07月20日, 2017年07月20日, 日本建築学会, url

  • 7294 ネパールの世界文化遺産登録都市における町家の外観意匠に関する研究その7 バクタプル北部の山車巡行路沿いの連続立面図からみる街路景観

    鈴木 裕子; 福岡 若菜; 川辺 聖子; 山本 直彦; 増井 正哉; 宮内 杏里; 向井 洋一

    都市計画, 2017年07月20日, 2017年07月20日, 2017年07月20日, 日本建築学会, url

  • 7293 ネパールの世界文化遺産登録都市における町家の外観意匠に関する研究 その6 町家外観類型の実際の分布と住居平面・構造・被災状況・増築との照合

    福岡 若菜; 濱岡 飛鳥; 山本 直彦; 高橋 佳代; 増井 正哉; 宮内 杏里; 向井 洋一; パント モハン

    都市計画, 2017年07月20日, 2017年07月20日, 2017年07月20日, 日本建築学会, url

  • 2015年ネパール地震によるバクタプル市の建物被害と復興に関する調査研究

    竹内 雅人; 向井 洋一; 山本 直彦; 増井 正哉; 宮内 杏里

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2017年06月24日, 2017年06月24日, 2017年06月24日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • ネパール・バクタプルの都市組織の構成 その5 礼拝行為を共有する住居分布から見たコミュニティ範囲

    宮内 杏里; 山本 直彦; 増井 正哉; 田中 麻里; 濱岡 飛鳥

    建築歴史・意匠, 2016年08月24日, 2016年08月24日, 2016年08月24日, 日本建築学会, url

  • ネパールの世界文化遺産登録都市における町家の外観意匠に関する研究その3 バクタプル東部主要街道沿いの町家の庇タイプから見た外観意匠要素の特徴

    福岡 若菜; 高橋 佳代; 山本 直彦; 増井 正哉; 鈴木 裕子; 宮内 杏里; 田中 麻里; 向井 洋一

    都市計画, 2016年08月24日, 2016年08月24日, 2016年08月24日, 日本建築学会, url

  • ネパールの世界文化遺産登録都市における町家の外観意匠に関する研究その2 バクタプル東部主要街道沿いの庇タイプ分類仮説による町家の増改築段階の推定

    鈴木 裕子; 高橋 佳代; 山本 直彦; 増井 正哉; 宮内 杏里; 田中 麻里; 向井 洋一; 福岡 若菜

    都市計画, 2016年08月24日, 2016年08月24日, 2016年08月24日, 日本建築学会, url

  • ネパールの世界文化遺産登録都市における町家の外観意匠に関する研究その1 外観意匠調査シートの作成とバクタプルのモニュメントゾーン内外の比較

    高橋 佳代; 山本 直彦; 増井 正哉; 鈴木 裕子; 宮内 杏里; 田中 麻里; 向井 洋一; 福岡 若菜

    都市計画, 2016年08月24日, 2016年08月24日, 2016年08月24日, 日本建築学会, url

  • 7183 奈良県明日香村飛鳥・奥山大字における民家の外観意匠の現状調査(歴史的景観まちづくり,都市計画,学術講演会・建築デザイン発表会)

    杉森 大起; 高田 駿平; 平尾 和洋; 山本 直彦

    都市計画, 2015年09月04日, 2015年09月04日, 2015年09月04日, 日本建築学会, url

  • 奈良町の建物の用途と形式の経年変化に関する研究 -町家の商業利用化を中心として-

    藤森 泉樹; 山本 直彦

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 2015年06月27日, 2015年06月27日, 2015年06月27日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 奈良県明日香村飛鳥・奥山大字における民家の外観意匠の現状調査

    酒井 理恵; 高田 駿平; 平尾 和洋; 山本 直彦

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 2015年06月27日, 2015年06月27日, 2015年06月27日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 南北軸の街路に沿った街村に見られる民家の屋敷構えに関する研究 -奈良県高市郡明日香村の岡大字・島庄大字を対象に-

    山本 直彦; 上原 にいな; 宮内 杏里; 濱岡 飛鳥; 平尾 和洋

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 2015年06月27日, 2015年06月27日, 2015年06月27日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 7502 奈良県明日香村飛鳥・奥山大字における民家の外観意匠と防火意匠の現状調査(歴史的景観(1),都市計画,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)

    高田 駿平; 平尾 和洋; 山本 直彦

    都市計画, 2014年09月12日, 2014年09月12日, 2014年09月12日, 日本建築学会, url

  • 6003 明日香村における民家の外観意匠類型 : 飛鳥大字と奥山大字を事例として(農村計画)

    城戸 杏里; 山本 直彦; 平尾 和洋; 上原 にいな

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 2014年05月26日, 2014年05月26日, 2014年05月26日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 5057 奈良女子大学食堂における利用者の購買動線と座席選択行動に関する研究(建築計画)

    岩井 ちひろ; 山本 直彦; 上原 にいな; 神谷 菜海

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 2014年05月26日, 2014年05月26日, 2014年05月26日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 5049 建築作品の外形ヴォリュームにおける引き算方法の体系化と作品分析(建築計画)

    神谷 菜海; 山本 直彦

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 2014年05月26日, 2014年05月26日, 2014年05月26日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 63 名古屋市有松町並み保存地区における修景実態に関する研究 : 外観意匠の類型化と伝統的建造物の意匠との対応関係

    北山 めぐみ; 山本 直彦; 平尾 和洋; 増井 正哉

    日本建築学会四国支部研究報告集, 2014年05月10日, 2014年05月10日, 2014年05月10日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 5656 ネパール・バクタプルの都市組織の構成 その4 : クシャトラパラの配置位置と住戸平面類型の分布(海外都市・居住空間の利用,建築計画,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)

    城戸 杏里; 山本 直彦; 増井 正哉; 竹内 泰

    建築計画, 2013年08月30日, 2013年08月30日, 2013年08月30日, 日本建築学会, url

  • 6094 明日香村における民家の色彩景観に関する研究 : 川原・野口・奥山の3 大字を対象に(居住地景観,農村計画,2013 年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)

    上原 にいな; 山本 直彦; 真木 梨華子

    農村計画, 2013年08月30日, 2013年08月30日, 2013年08月30日, 日本建築学会, url

  • 7507 インド洋大津波後のインドネシアにおける住宅再建 その5 : 大アチェ県ヌーフンの中国再定住地入居者の生活再建過程

    山本 直彦; 田中 麻里; 牧 紀男; 向井 洋一

    都市計画, 2013年08月30日, 2013年08月30日, 2013年08月30日, 日本建築学会, url

  • 6005 明日香村における民家の色彩景観に関する研究 : 川原・野口・奥山の3大字を対象に(農村計画)

    上原 にいな; 山本 直彦; 真木 梨華子; 松崎 良子

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 2013年05月24日, 2013年05月24日, 2013年05月24日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 6004 明日香村における民家の屋敷構えに関する研究 : 奥山・飛鳥・川原・野口の4大字を対象に(農村計画)

    真木 梨華子; 山本 直彦; 平尾 和洋; 城戸 杏里

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 2013年05月24日, 2013年05月24日, 2013年05月24日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 6030 ネパール・バクタプルの都市組織の構成 その3 : トルの境界部分と屋外空間の生活行為(海外集落空間,農村計画,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)

    城戸 杏里; 山本 直彦; 増井 正哉; 竹内 泰

    農村計画, 2012年09月12日, 2012年09月12日, 2012年09月12日, 日本建築学会, url

  • 7287 インド洋大津波後のインドネシアにおける住宅再建 その4 : 大アチェ県のヌーフン再定住地居住者の履歴(東日本大震災・復興計画,都市計画,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)

    山本 直彦; 田中 麻里; 牧 紀男

    都市計画, 2012年09月12日, 2012年09月12日, 2012年09月12日, 日本建築学会, url

  • 名古屋市有松地区・山田家住宅の建築的構成と耐震性能

    北山 めぐみ; 向坊 恭介; 藤木 庸介; 鬼頭 良輔; 森上 和佳子; 平尾 和洋; 山本 直彦

    日本建築学会技術報告集, 2012年06月, 2012年06月, 2012年06月, 日本建築学会, The purpose of this paper is to clarify the architectural composition and seismic performance of Yamada’s house. The house is one of traditional buildings in Arimatsu district, Nagoya city. The investigation of the house is based on the measurement survey.
    Results are as follows.
    1) The architectural composition and details of inside had been changed by change of building functions from 1954 to 2010. Particular features of the architectural design of Arimatsu in the Edo and the Showa period are especially realized on the house façade.
    2) In the first floor, many of the walls are positioned both sides of the building in the transverse direction, and there are few in the longitudinal direction. It was found that the seismic performance in the longitudinal direction is insufficient by a spectral response analysis., url;cinii_url;doi

  • 7065 高架駅ホームから見た眺望景観の特性とその視点場としての可能性 : JR大阪環状線を事例として(都市計画)

    山本 直彦; 佐藤 友香; 真木 梨華子; 吉村 茜

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 2012年05月25日, 2012年05月25日, 2012年05月25日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 5065 回遊型商業モールにおける空間認知と行動特性 : なんばパークスでの経路探索実験を通して(建築計画)

    吉村 茜; 山本 直彦

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 2012年05月25日, 2012年05月25日, 2012年05月25日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • On-site permanent housing supply in the reconstruction stage after 2004 indian ocean tsunami(On-site permanent housing supply in the reconstruction stage after 2004 indian ocean tsunami)

    フダ ハイルル; 山本 直彦; 牧 紀男; 布野 修司

    日本建築学会計画系論文集, 2012年05月, 2012年05月, 2012年05月, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 7387 インド洋大津波後のインドネシアにおける住宅再建 その3 : バンダアチェ市内の再定住地パンテリーク居住者の履歴および恒久住宅の初期増改築(災害復興,都市計画)

    真木 梨華子; 山本 直彦; 牧 紀男; 向井 洋一

    学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2011年07月20日, 2011年07月20日, 2011年07月20日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 6047 ネパール・バクタプルの都市組織の構成 その2 : トルの分布と境界部分の住戸平面類型(空間特性と空間利用,農村計画)

    城戸 杏里; 山本 直彦; 増井 正哉; 竹内 泰; PANT Mohan

    学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, 2011年07月20日, 2011年07月20日, 2011年07月20日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 6046 ネパール・バクタプルの都市組織の構成 その1 : スペースシンタックス理論を用いた空間特性評価と都市施設の配置(空間特性と空間利用,農村計画)

    山本 直彦; 城戸 杏里; 増井 正哉; 竹内 泰; PANT Mohan

    学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, 2011年07月20日, 2011年07月20日, 2011年07月20日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 5474 名古屋市有松地区山田家住宅の建築的特徴 : 伝統的居住文化の維持・保全と観光開発の共生に関する研究 その9(維持・保全,建築計画I)

    藤原 祐樹; 森上 和佳子; 北山 めぐみ; 鬼頭 良輔; 吉田 恭平; 小倉 剛; 平田 隆之; 平尾 和洋; 山本 直彦; 藤木 庸介

    学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2011年07月20日, 2011年07月20日, 2011年07月20日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 5476 名古屋市有松地区山田家住宅の復元力特性 : 伝統的居住文化の維持・保全と観光開発の共生に関する研究 その11(維持・保全,建築計画I)

    向坊 恭介; 森上 和佳子; 鬼頭 良輔; 北山 めぐみ; 平尾 和洋; 山本 直彦; 藤木 庸介

    学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2011年07月20日, 2011年07月20日, 2011年07月20日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 5475 名古屋市有松地区における山田家住宅の小屋組みに関する研究 : 伝統的居住文化の維持・保全と観光開発の共生に関する研究 その10(維持・保全,建築計画I)

    鬼頭 良輔; 平尾 和洋; 森上 和佳子; 北山 めぐみ; 磯崎 裕介; 山本 直彦; 藤木 庸介

    学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2011年07月20日, 2011年07月20日, 2011年07月20日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 名古屋市緑区有松地区における町並みと伝統的建造物の現状

    藤木 庸介; 北山 めぐみ; 向坊 恭介; 平尾 和洋; 鬼頭 良輔; 森上 和佳子; 山本 直彦

    歴史都市防災論文集, 2011年07月02日, 2011年07月02日, 2011年07月02日, 立命館大学歴史都市防災研究センター, url;url;doi

  • 7066 主要街路の景観を形成する立面意匠表現とその連続性 : 御堂筋沿道建築物を事例として(都市計画)

    橋本 麻里奈; 山本 直彦; 真木 梨華子; 北山 めぐみ; 城戸 杏里; 杉山 亜里紗

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 2011年05月25日, 2011年05月25日, 2011年05月25日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 5075 愛知県名古屋市有松地区における山田邸小屋組みに関する研究(建築計画)

    鬼頭 良輔; 平尾 和洋; 森上 和佳子; 北山 めぐみ; 藤木 庸介; 山本 直彦; 磯崎 裕介

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 2011年05月25日, 2011年05月25日, 2011年05月25日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 5061 動物園の展示空間から観覧者が受け取る環境情報の比較考察 : 天王寺動物園での子どもの写生画を通して(建築計画)

    杉山 亜里紗; 山本 直彦; 城戸 杏里; 真木 梨華子; 橋本 麻里奈; 北山 めぐみ

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 2011年05月25日, 2011年05月25日, 2011年05月25日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • インドネシア バリ島の住まいとカンポンの住まい (特集 アジアにおける住まいの今)

    山本 直彦

    住宅会議, 2011年02月, 2011年02月, 2011年02月, 日本住宅会議, url;cinii_url

  • 5544 左官技術を用いた薄肉楕円体シェル構造の開発 : 仮説住宅実大棟の施工と加振・破壊実験(構工法開発,建築計画I)

    福田 千夏; 山本 直彦; 小澤 雄樹; 柳沢 究; 平尾 和洋

    学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2010年07月20日, 2010年07月20日, 2010年07月20日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 5335 モエレ沼公園における利用者の行動特性 その1 : 公園利用時の経路選択と滞留場所(都市の滞留空間,建築計画I)

    城戸 杏里; 山本 直彦; 松岡 拓公雄; 岩崎 綾香

    学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2010年07月20日, 2010年07月20日, 2010年07月20日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 6065 土地利用変化に着目した市街化区域端部の空間特性の研究 : 平城京域を対象として(施設・空間の利用実態,農村計画)

    中谷 薫; 山本 直彦

    学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, 2010年07月20日, 2010年07月20日, 2010年07月20日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 8069 インド洋大津波後のバンダアチェ市(インドネシア)における復興住宅の増改築状態(住宅被害・復興住宅,建築社会システム)

    林 亮介; 山本 直彦; 牧 紀男; 布野 修司

    学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2009年07月20日, 2009年07月20日, 2009年07月20日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 5053 ベース・ターゲット間の類似度とベースの属性に注目したデザインプロセス その1(建築計画)

    山本 伊織; 平尾 和洋; 山本 直彦

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 2009年05月22日, 2009年05月22日, 2009年05月22日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 5054 ベース・ターゲット間の類似度とベースの属性に注目したデザインプロセス その2(建築計画)

    平尾 和洋; 山本 伊織; 山本 直彦

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 2009年05月22日, 2009年05月22日, 2009年05月22日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 7150 インド洋大津波後のインドネシアにおける住宅再建 : その2 居住地移転を伴う再建(都市の復旧・復興(1),都市計画)

    牧 紀男; 山本 直彦

    学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2008年07月20日, 2008年07月20日, 2008年07月20日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 7149 インド洋大津波後のインドネシアにおける住宅再建 : その1 バンダアチェ市における現地再建による復興住宅の居住状態(都市の復旧・復興(1),都市計画)

    山本 直彦; 牧 紀男

    学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2008年07月20日, 2008年07月20日, 2008年07月20日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 左官技術を利用したシェル構造ユニットによる災害仮設住宅の建設技術開発 : 概要と縮小モデルによる実験(材料施工)

    小澤 雄樹; 山本 直彦; 柳沢 究; 森田 一弥; 石塚 祐至; 平尾 和洋

    日本建築学会技術報告集, 2008年06月20日, 2008年06月20日, 2008年06月20日, 日本建築学会, After a disaster, it is needed to provide large amount of temporary houses promptly for people who lose their own houses. In this paper, a housing construction technique that is suitable for Japanese historical surroundings is proposed. It is making use of the Japanese traditional plaster technique inherited for hundreds years. And the frame of this system is the shell structure that is one of the most efficient structural system, therefore, it can be build with very little amount of material., url;url;cinii_url;doi

  • バンダアチェ市の復旧・復興プロセス : バンダアチェ市における復興段階への移行と住宅供給プロセス

    山本 直彦; Naohiko Yamamoto

    国立民族学博物館調査報告 = Senri Ethnological Reports, 2007年12月24日, 2007年12月24日, 2007年12月24日, 国立民族学博物館, url;cinii_url;doi

  • すまいと島の世界とをつなぐインドネシア・バリ島の都市(都市空間のかたち1-住まいのかたち,<特集>都市をつくる建築)

    山本 直彦

    建築雑誌, 2007年11月20日, 2007年11月20日, 2007年11月20日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 20366 伝統的左官技術を用いた薄肉楕円体シェル構造の開発 : 水平加振実験(RCシェル(1),構造I)

    石塚 祐至; 小澤 雄樹; 山本 直彦; 柳沢 究; 平尾 和洋; 井上 真澄

    学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2007年07月31日, 2007年07月31日, 2007年07月31日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 1159 籾殻混入モルタルの材料性質に関する基礎的研究 : 左官による薄肉シェル材料として(強度・力学(3),材料施工)

    林 亮介; 山本 直彦; 小澤 雄樹; 井上 真澄; 平尾 和洋; 柳沢 究; 石塚 祐至

    学術講演梗概集. A-1, 材料施工, 2007年07月31日, 2007年07月31日, 2007年07月31日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 5704 大阪市西成区あいりん地域(釜ヶ崎)におけるサポーティブハウスの成立過程とその現状に関する考察(住環境の変容プロセス(2),建築計画II)

    岡崎 まり; 布野 修司; 山根 周; 山本 直彦

    学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, 2007年07月31日, 2007年07月31日, 2007年07月31日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 8094 バンダアチェ市(インドネシア)におけるスマトラ沖地震後の復興住宅供給 : 国連人間居住計画UN-Habitatの供給事例を中心として(歴史的な住宅地,建築経済・住宅問題)

    山本 直彦; 牧 紀男

    学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2007年07月31日, 2007年07月31日, 2007年07月31日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 7196 シモン・ステヴィンの『宿営地建設Castrametatio』に関する考察 その2 : 宿営地建設法の発展とその空間的特質(欧米・アフリカの都市計画史,都市計画)

    山田 協太; 池尻 隆史; 山本 直彦; 布野 修司

    学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2007年07月31日, 2007年07月31日, 2007年07月31日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 7195 シモン・ステヴィンの『宿営地建設Castrametatio』に関する考察 その1 : シモン・ステヴィンとオランダ宿営地建設法(欧米・アフリカの都市計画史,都市計画)

    池尻 隆史; 山田 協太; 山本 直彦; 布野 修司

    学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2007年07月31日, 2007年07月31日, 2007年07月31日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 陶器微粉末により着色したコンクリートの物性と色彩に関する研究

    井上 真澄; 平尾 和洋; 山本 直彦

    歴史都市防災論文集, 2007年06月23日, 2007年06月23日, 2007年06月23日, 立命館大学歴史都市防災研究センター, url;url;doi

  • 意匠性と強度の両立を目標としたSMC(ソイル・ミクスト・コンクリート)壁体の評価ならびに配合強度に関する研究

    平尾 和洋; 井上 真澄; 山本 直彦

    歴史都市防災論文集, 2007年06月23日, 2007年06月23日, 2007年06月23日, 立命館大学歴史都市防災研究センター, url;url;doi

  • 5027 シニア世代の都心回帰におけるモノの取捨選択に関する基礎的研究(建築計画)

    湯本 佳子; 山本 直彦; 松岡 拓公雄

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 2007年05月22日, 2007年05月22日, 2007年05月22日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 20333 伝統的左官技術を用いた薄肉楕円体シェル構造の開発 : シェルの概要と鉛直荷重載荷実験(複合シェルの耐力, 構造I)

    石塚 祐至; 小澤 雄樹; 山本 直彦; 柳沢 究; 平尾 和洋; 井上 真澄

    学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2006年07月31日, 2006年07月31日, 2006年07月31日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 8035 バンダアチェ市(インドネシア)におけるスマトラ沖地震後の復興住宅の初期供給プロセス(災害復興, 建築経済・住宅問題)

    山本 直彦; 牧 紀男

    学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2006年07月31日, 2006年07月31日, 2006年07月31日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 7026 SMC供試体における物理量(テクスチュアと圧縮強度)と心理量の対応に関する研究(都市計画)

    平尾 和洋; 上田 崇博; 井上 真澄; 山本 直彦

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 2006年05月23日, 2006年05月23日, 2006年05月23日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 5046 適応指導教室のプレイルームにおける空間利用の特徴 : 大阪府を事例として(フリースクール,建築計画I)

    長谷川 豪; 平尾 和洋; 山本 直彦

    学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2005年07月31日, 2005年07月31日, 2005年07月31日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 5279 設計過程における飛躍のある類推的環境の有効性に関する考察(設計プロセス,建築計画I)

    加藤 直史; 小山 雅由; 平尾 和洋; 山本 直彦

    学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2005年07月31日, 2005年07月31日, 2005年07月31日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 5286 建築設計のグループワークにおけるペアミーティングの有効性に関する考察(設計プロセス・コラボレーション,建築計画I)

    廣瀬 悠; 勝田 規央; 平尾 和洋; 山本 直彦

    学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2005年07月31日, 2005年07月31日, 2005年07月31日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 7048 ピマーイ(東北タイ)の都市空間構成とその住居形式に関する研究 : その1:ピマーイの概要と住区構成パターン(海外都市計画(3),都市計画)

    広富 純; 布野 修司; 山本 直彦; ナウィット オンサワンチャイ

    学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2005年07月31日, 2005年07月31日, 2005年07月31日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 7049 ピマーイ(東北タイ)の都市空間構成とその住居形式に関する研究 : その2:ショップハウスと高床式住居の空間構成(海外都市計画(3),都市計画)

    山本 直彦; 布野 修司; ナウィット オンサワンチャイ; 広富 純

    学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2005年07月31日, 2005年07月31日, 2005年07月31日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 5060 歴史的市街地中心の下校路における経路選択と行動特性に関する研究 : 京都市立高倉小学校を事例として(建築計画)

    山本 直彦; 高橋 亜季

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 2005年05月23日, 2005年05月23日, 2005年05月23日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 5067 京都における防火と耐震性を両立する歴史的都市建築意匠材料の開発と、その意匠性の定量的評価に関する研究(建築計画)

    上田 崇博; 川崎 敏弘; 平尾 和洋; 山本 直彦; 井上 真澄

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 2005年05月23日, 2005年05月23日, 2005年05月23日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • バタヴィアの都市形態とS.ステヴィンの「理想都市」計画に関する比較考察

    布野 修司; 山田 協太; 山本 直彦

    日本建築学会計画系論文集, 2005年, 2005年, 2005年, 日本建築学会, Authors have been conducting the field research under the title 'Origin, Transformation, Alteration and Conservation of Urban Space of Colonial cities' since 1999. The cities where we carried out field studies are Cape Town (South Africa), Cochin (India), Galle (Sri Lanka), Malacca (Malaysia), Jakarata, Surabaya (Indonesia), Elmina (Ghana), Recife (Brazil), Paramaribo (Suriname), Willemstad (Dutch Antilles) etc.. We had grasped almost all the factories, forts and cities constructed by VOC and WIC, collecting old maps, documents and literatures from ARA (Algemeen Rijksarchief), KB (Koninklijke Bibliotheek) in Den Haag and KITLV (Koninklijk Institut voor Taal-, Land- en Volkenkunde) in Leiden. Batavia was the capital of VOC which was called 'Queen of Asia'. The plan of Batavia is thought to follow the plans of cities in mother country as Amsterdam, Delft and so on. Among many architects and engineers who were active in 16^ century, Simon Stevin attracts us as a theorist of urban planning. This paper discusses the relationship between the spatial form of Batavia and S. Stevin's 'Ideal City'., url;url;cinii_url;doi

  • オランダ植民都市の類型に関する考察

    布野 修司; 山田 協太; 山本 直彦

    日本建築学会計画系論文集, 2005年, 2005年, 2005年, 日本建築学会, Authors have been conducting the field research under the title 'Origin, Transformation, Alteration and Conservation of Urban Space of Colonial cities' since 1999. The cities we carried out field studies are Cape Town (South Africa), Cochin (India), Galle (Sri Lanka), Malacca (Malaysia), Jakarata, Surabaya (Indonesia), Elmina (Ghana), Recife (Brazil), Paramaribo (Suriname), Willemstad (Dutch Antilles) etc.. We had grasped almost all the factories, forts and cities constructed by VOC and WIC, collecting old Maps, documents and literatures from ARA (Algemeen Rijksarchief), KB (Koninklijke Bibliotheek) and KITLV (Koninklijk Institut voor Taal-, Land- en Volkenkunde). This paper discusses typology of the form of Dutch colonial cities mainly based on the analysis of historical maps. We got the maps of 157 trading posts, 38 among which had been occupied by Dutch more than some years. We select 17 cities with which we have detail maps, and classify them according to duration, location, and morphology. Dutch colonial cities are basically classified into the categories, lodge, factory, fortified factory, for+settlement, fort+city, castle and castle+city., url;url;cinii_url;doi

  • ギアニャール(バリ島・インドネシア)の都市空間構成に関する研究 : 東南アジアにおけるヒンドゥー都市の比較研究

    山本 直彦; 布野 修司; 平尾 和洋; 川畑 良彦

    日本建築学会計画系論文集, 2005年, 2005年, 2005年, 日本建築学会, This paper analyses the influence of Balinese Hindu principle on the urban formation of Gianyar, one of the traditional towns founded in 18th century in Bali Island. Even though Balinese towns and villages have common house compounds as a fundamental unit, the structure of the settlements make several significant differences between towns and villages. In contrast with the linear composition of villages, urban structure of Gianyar rather has its focus in the center of the town. The analysis on caste distribution also illustrates the importance of the center. The emergence of urban blocks in Gianyar brought about several plot division patterns as opposed to the simple back-to-back plot division in the villages. However the analysis has revealed that the variety of plot division patterns in Gianyar is regulated by the sole principle i.e. the avoidance of building the gate for each house compound toward the north direction. The well-known Balinese cosmological concept of Nawasanga not only influences the planning of the house compound but also the urban formation., url;url;cinii_url;doi

  • 蘭領東インドにおけるカンポン改善事業とマドゥラ人カンポンの発展過程に関する考察 : スラバヤのカンポン・シドダディを事例として(推薦理由,2004年日本建築学会大賞奨励賞)

    山本 直彦

    建築雑誌, 2004年08月20日, 2004年08月20日, 2004年08月20日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 5274 空間デザインのグループワークにおける改良型ブレインライティングの有効性に関する考察 その1(設計プロセス,建築計画I)

    勝田 規央; 小松 隼人; 平尾 和洋; 山本 直彦

    学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2004年07月31日, 2004年07月31日, 2004年07月31日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 5275 空間デザインのグループワークにおける改良型ブレインライティングの有効性に関する考察 その2(設計プロセス,建築計画I)

    小山 雅由; 小松 隼人; 平尾 和洋; 山本 直彦

    学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2004年07月31日, 2004年07月31日, 2004年07月31日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 7402 インドネシア・バリ島におけるヒンドゥー王宮都市の空間構成に関する研究 : その1:ギアニャールの概要とカーストの住み分け(海外都市の空間構成,都市計画)

    山本 直彦; 布野 修司; 平尾 和洋; 川畑 良彦

    学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2004年07月31日, 2004年07月31日, 2004年07月31日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 7403 インドネシア・バリ島におけるヒンドゥー王宮都市の空間構成に関する研究 : その2:ギアニャールの道路構成と宅地割りパターン(海外都市の空間構成,都市計画)

    川畑 良彦; 布野 修司; 平尾 和洋; 山本 直彦

    学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2004年07月31日, 2004年07月31日, 2004年07月31日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 4077 インドネシア・バリにおける基壇を持った住宅の温熱環境に関する研究(環境工学)

    宇野 朋子; 鉾井 修一; EKASIWI Sri Nastiti N.; 山本 直彦; 今井 梓; 間瀬 敦史

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 2004年05月24日, 2004年05月24日, 2004年05月24日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 5065 大阪府の適応指導教室の運営形態と機能整備状況に関する研究(建築計画)

    長谷川 豪; 平尾 和洋; 山本 直彦

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 2004年05月24日, 2004年05月24日, 2004年05月24日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 5097 草津市の公園における遊具の設置状況と子供の遊び(建築計画)

    平尾 和洋; 山本 直彦; 赤木 祥子

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 2004年05月24日, 2004年05月24日, 2004年05月24日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 5116 京都東山伝統的地区における地域色と直立壁面材料の視覚的テクスチャーの定量化(建築計画)

    川崎 敏弘; 加藤 光彦; 平尾 和洋; 山本 直彦

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 2004年05月24日, 2004年05月24日, 2004年05月24日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 7074 インドネシア・バリの都市構成に関する考察 : チャクラヌガラ(ロンボク島)とギアニャール(バリ島)の比較を通して(アジアの都市形成,都市計画)

    川畑 良彦; 山本 直彦; 布野 修司

    学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2003年07月30日, 2003年07月30日, 2003年07月30日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 7331 インドネシア・スラバヤ市北部におけるカンポンの拡がりから見た市街地の拡大過程に関する考察(海外都市空間(2),都市計画)

    山本 直彦; 布野 修司

    学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2001年07月31日, 2001年07月31日, 2001年07月31日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 海外視察「インドネシア建築・住居視察団」からの報告(活動レポート)

    山本 直彦

    建築雑誌, 2001年05月20日, 2001年05月20日, 2001年05月20日, 日本建築学会, url;url;cinii_url

  • 41254 インドネシア・スラバヤに建つ環境共生住宅の温熱環境 : 室内温熱環境の評価

    宇野 朋子; 鉾井 修一; 布野 修司; Nastiti S.; 小玉 裕一郎; 武政 孝治; 山本 直彦

    学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 2000年07月31日, 2000年07月31日, 2000年07月31日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 4054 インドネシア・スラバヤに建つ環境共生住宅の温熱環境 : 室内温熱環境の実測と解析結果(環境工学)

    宇野 朋子; 鉾井 修一; 布野 修司; 小玉 裕一郎; 武政 孝治; 山本 直彦

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 2000年05月25日, 2000年05月25日, 2000年05月25日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 41210 インドネシア・スラバヤに建つエコハウスの温熱環境 : (2)水循環放射冷房システムの効果について

    武政 孝治; 小玉 祐一郎; 布野 修司; 山本 直彦; 鉾井 修一; 宇野 朋子

    学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 1999年07月30日, 1999年07月30日, 1999年07月30日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 41209 インドネシア・スラバヤに建つエコハウスの温熱環境 : (1)ダブルルーフの効果について

    宇野 朋子; 鉾井 修一; 布野 修司; 小玉 祐一郎; 武政 孝治; 山本 直彦

    学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 1999年07月30日, 1999年07月30日, 1999年07月30日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 7322 アーメダバード旧市街の都市構成に関する研究 : その3 ヒンドゥー居住区の街区構成

    沼田 典久; 布野 修司; 黄蘭 翔; 山根 周; 山本 直彦; 黒川 賢一; 長村 英俊

    学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 1997年07月30日, 1997年07月30日, 1997年07月30日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 7321 アーメダバード旧市街の都市構成に関する研究 : その2 ジャイナ教徒居住区の街区構成

    長村 英俊; 布野 修司; 黄蘭 翔; 山根 周; 山本 直彦; 黒川 賢一; 沼田 典久

    学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 1997年07月30日, 1997年07月30日, 1997年07月30日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 7320 アーメダバード旧市街の都市構成に関する研究 : その1 都市の概要と旧市街の宗教別構成

    布野 修司; 黄蘭 翔; 山根 周; 山本 直彦; 黒川 賢一; 長村 英俊; 沼田 典久

    学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 1997年07月30日, 1997年07月30日, 1997年07月30日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 7323 アーメダバード旧市街の都市構成に関する研究 : その4 ムスリム居住区の街区構成および3地区の比較考察

    山根 周; 布野 修司; 黄蘭 翔; 山本 直彦; 黒川 賢一; 長村 英俊; 沼田 典久

    学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 1997年07月30日, 1997年07月30日, 1997年07月30日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 5454 ルソン・ソンボの共用空間利用 その2 : 中廊下に溢れだした家具の一年後の変化

    渡辺 菊真; 山本 直彦; 田中 麻里; 三井所 隆史; 脇田 祥尚; 布野 修司

    学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, 1996年07月30日, 1996年07月30日, 1996年07月30日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 5453 湿潤熱帯地域におけるエコハウスに関する研究 その2 : 東南アジアの建築研究期間での環境共生技術の取り組み

    沼田 典久; 山本 直彦; 田中 麻里; 布野 修司; 牧 紀男; 脇田 祥尚; 遠藤 和義; 小林 克哉; 小玉 祐一郎

    学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, 1996年07月30日, 1996年07月30日, 1996年07月30日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 5452 東南アジアにおける住環境共生住宅に関する研究 その1 : エコハウスの理念と集落にみる環境共生技術

    脇田 祥尚; 山本 直彦; 田中 麻里; 沼田 典久; 布野 修司; 牧 紀男; 遠藤 和義; 小林 克哉; 小玉 祐一郎

    学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, 1996年07月30日, 1996年07月30日, 1996年07月30日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 5446 デサ・サングラ・アグンの屋敷地平面類型と住み方

    山本 直彦; 三井所 隆史; 脇田 祥尚; 布野 修司

    学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, 1996年07月30日, 1996年07月30日, 1996年07月30日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 5455 テンゲル族の集落オリエンテーションに関する考察

    三井所 隆史; 山本 直彦; 布野 修司

    学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, 1996年07月30日, 1996年07月30日, 1996年07月30日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 5056 アジア都市建築研究その22 : デサ・サングラ・アグンの屋敷地平面類型と住み方(建築計画)

    山本 直彦; 三井所 隆史; 脇田 祥尚; 布野 修司

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 1996年07月03日, 1996年07月03日, 1996年07月03日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 5055 アジア都市建築研究その21 : インドネシア・マドゥラ島の住居および集落の地域類型(建築計画)

    三井所 隆史; 山本 直彦; 脇田 祥尚; 布野 修司

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 1996年07月03日, 1996年07月03日, 1996年07月03日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 5650 インドネシア・マドゥラ島の住居集落の地域類型

    山本 直彦; 脇田 祥尚; 布野 修司

    学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, 1995年07月20日, 1995年07月20日, 1995年07月20日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 5649 ルスン・ソンボの共用空間利用 : あふれだした物品から見た分析

    布野 修司; 脇田 祥尚; 田中 麻里; 山本 直彦; 小林 克也

    学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, 1995年07月20日, 1995年07月20日, 1995年07月20日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 5648 バドゥイ地方の住居集落に関する研究 その2 : デサ・カドゥジャンクンにおける住居の平面構成

    脇田 祥尚; 丹羽 大介; 山本 直彦; 布野 修司

    学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, 1995年07月20日, 1995年07月20日, 1995年07月20日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 5647 バドゥイ地方の住居集落に関する研究 その1 : デサ・カドゥジャンクンの集落構成

    丹羽 大介; 脇田 祥尚; 山本 直彦; 布野 修司

    学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, 1995年07月20日, 1995年07月20日, 1995年07月20日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 9092 鳥取県橋津の藩倉に関する調査と研究(3) : 日本各地の藩倉遺構

    浅川 滋男; 田中 禎彦; 山本 直彦; 坂田 昌平

    学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 1995年07月20日, 1995年07月20日, 1995年07月20日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 9091 鳥取県橋津の藩倉に関する調査と研究(2) : 現存遺構の調査

    坂田 昌平; 田中 禎彦; 山本 直彦; 浅川 滋男

    学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 1995年07月20日, 1995年07月20日, 1995年07月20日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 9090 鳥取県橋津の藩倉に関する調査と研究(1) : 幕末から近代にかけての史的展開

    田中 禎彦; 坂田 昌平; 山本 直彦; 浅川 滋男

    学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 1995年07月20日, 1995年07月20日, 1995年07月20日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 529 アジア都市建築研究 その19 : 東南アジアにおける建築研究機関の研究動向(建築計画)

    丹羽 大介; 山本 直彦; 田中 麻里; 脇田 祥尚; 布野 修司

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 1995年06月13日, 1995年06月13日, 1995年06月13日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 528 アジア都市建築研究 その18 : インドネシア・バドゥイ地方の住居形態(建築計画)

    脇田 祥尚; 山本 直彦; 布野 修司

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 1995年06月13日, 1995年06月13日, 1995年06月13日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 527 アジア都市建築研究 その17 : ソンボ団地の共用空間利用 : あふれだした物品から見た分析(建築計画)

    山本 直彦; 田中 麻里; 脇田 祥尚; 布野 修司

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 1995年06月13日, 1995年06月13日, 1995年06月13日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 8095 インドネシアの住宅生産システムに関する研究 その2 : 都心部カンポンにおける建築生産システム

    鎌田 啓介; 竹田 智征; 脇田 祥尚; 山本 直彦; 吉井 康純; 牧 紀男; 布野 修司

    学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠, 1994年07月25日, 1994年07月25日, 1994年07月25日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 8094 インドネシアの住宅生産システムに関する研究 その1 : 地域の概要と建築政策システムの性質

    荒 仁; 鎌田 啓介; 脇田 祥尚; 山本 直彦; 吉井 康純; 牧 紀男; 布野 修司

    学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠, 1994年07月25日, 1994年07月25日, 1994年07月25日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 7346 祭祀都市・チャクラヌガラに関する研究 その8 : チャクラヌガラの住区組織

    竹田 智征; 脇田 祥尚; 吉井 康純; 山本 直彦; 牧 紀男; 布野 修司

    学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠, 1994年07月25日, 1994年07月25日, 1994年07月25日, 日本建築学会, url;cinii_url

  • 7345 祭祀都市・チャクラヌガラに関する研究 その7 : チャクラヌガラの王宮

    田中 禎彦; 脇田 祥尚; 吉井 康純; 山本 直彦; 牧 紀男; 布野 修司

    学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠, 1994年07月25日, 1994年07月25日, 1994年07月25日, 日本建築学会, url;cinii_url

所属学協会

  • 都市計画学会

  • 日本建築学会 比較居住文化小委員会

  • 日本建築学会

Works(作品等)

  • 桜井市・大神神社参道地区景観調査事業

    2016年06月 - 2017年03月

  • 桜井市大神神社参道周辺地区空き家調査と活用提案

    2015年12月 - 2016年03月

  • 桜井市大神神社参道周辺地区の空き家活用提案

    2015年11月 - 2016年03月

  • Sakan Shell Structure

    2008年01月 - 2008年01月



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.