研究者総覧

才脇 直樹 (サイワキ ナオキ)

  • 副学長 副学長
  • 研究院工学系工学領域 教授
メールアドレス:
saiwakicc.nara-wu.ac.jp
Last Updated :2021/06/02

researchmap

学位

  • 博士, 大阪大学

研究分野

  • 人文・社会, 実験心理学
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学), 制御、システム工学
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学), 制御、システム工学
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学), 計測工学
  • 情報通信, 知能情報学

経歴

  • 2003年04月 奈良女子大学 生活環境学部 助教授
  • 1999年04月 - 2003年03月 大阪大学大学院 基礎工学研究科 システム人間系専攻 講師
  • 1997年04月 - 1999年03月 大阪大学大学院 基礎工学研究科 システム人間系専攻 助手
  • 1993年05月 - 1997年03月 大阪大学 基礎工学部 制御工学科 助手

学歴

  • - 1993年 大阪大学 基礎工学研究科 日本国
  • - 1993年 大阪大学 Graduate School, Division of Engineering Science

受賞

  • 第21回ヒューマンインタフェース学会論文賞, 藤本和賀代、川治和奏、本田麻由美、安在絵美、山内基雄、才脇直樹, ヒューマンインタフェース学会, 2021年03月05日, official_journal

論文

  • プリンテッドエレクトロニクスを用いた身体運動中の関節角度計測のためのセンシングサポータの開発

    ヒューマンインタフェース学会, 2020年11月, ヒューマンインタフェース学会論文誌, 22 (4), 467 - 474

  • プリンテッドエレクトロニクスを用いた呼吸周期を計測可能なセンシングウェアの開発

    ヒューマンインタフェース学会, 2020年04月, ヒューマンインタフェース学会論文誌, 22 巻 (2 号), 165 - 174

  • 人工触感呈示システムを用いた触感認知に関する基礎研究

    才脇直樹; 谷口まき他

    2006年12月, 繊維製品消費科学, 47 (12), 25-33

  • Composition and Evaluation of the Humanlike Motions of an Android

    才脇直樹

    2006年, Proceedings of humanoids2006

  • Integrating object finding function into everyday fashion

    才脇直樹

    2006年, Proceedings of Third Workshop on Multi-User and Ubiquitous User Interfaces (MU3I)

  • 名札型ICタグを用いた小学生のコミュニケーション分析

    才脇直樹

    2005年11月, 繊維製品消費科学, 46 (11), 688-692

  • 対話型ロボットによる小学校での長期相互作用の試み

    才脇直樹; 神田崇行他

    2005年01月, ヒューマンインタフェース学会論文誌, 7 (1), 27-37

  • Thermal Clothes That Can Activily Control Sensory Temperature

    才脇直樹

    2005年, Extended Abstracts of the 9th International Symposium on Wearable Computers (ISWC2005)

  • A Casual Design for an Object-finding Support System

    才脇直樹

    2005年, Extended Abstracts of the 9th International Symposium on Wearable Computers (ISWC2005)

  • Artificial Tactile Feel Display for Textile Fabrics

    才脇直樹

    2005年, Proceedings of Human Computer Interaction(HCI)2005

  • Friendly social robot that understands human’s friendly relationships

    才脇直樹

    2004年, Proceedings of IROS2004

  • 三次元空間楽譜の構築

    才脇直樹; 吉田悠一他

    2003年06月, システム制御情報学会論文誌, 16 (6), 295-302

  • A New Brain-Computer Interface Design Using Fuzzy ARTMAP

    才脇直樹

    2002年03月, IEEE Trans. on Neural Systems and rehabilitation Engineering, 10 (3), 140-148

  • The Musical Session System with the Visual Interface

    才脇直樹

    2002年, Proceedings of Intl. Computer Music Conference 2002, 232-235

  • 3Dバネモデルに基づいた音楽に応じた動作の自動生成

    才脇直樹; 王旗他

    2001年09月, システム制御情報学会論文誌, 14 (9), 447-457

  • イメージに基づいたWebページデザイン支援システム

    才脇直樹; 渡辺正人他

    2001年04月, ヒューマンインタフェース学会論文誌, 3 (4), 287-297

  • 3Dバネモデルを用いたオブジェクトの動作獲得支援環境

    才脇直樹; 池上輝哉他

    2001年01月, 電気学会論文誌C, 121-C (1), 206-211

  • 時空間ウォークスルーのためのデータ管理の一方式

    才脇直樹; 池本和生他

    2001年01月, 電気学会論文誌C, 121-C (1), 142-149

  • カオスと電荷モデルを用いた群衆行動のモデリングと生成

    才脇直樹; 小松利彰他

    2001年01月, 電気学会論文誌C, 121-C (1), 118-126

  • 心理的ポテンシャルを用いた感性協調型合奏システム

    才脇直樹; 川端純一他

    2000年01月, ヒューマンインタフェース学会論文誌, 2 (1), 47-58

  • 権限・義務・責任・知識を考慮した緊急時のコミュニケーションモデル

    才脇直樹; 小磯貴史他

    1999年03月, 電子情報通信学会論文誌A, J82-A (3), 445-453

  • Communication Model in Emergent Situation

    才脇直樹

    1999年, Journal of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers, J82-A (3), 445-453

  • Source Derivation法による脳活動可視化の検討

    才脇直樹; 西田正吾

    1998年09月, 電気学会論文誌C, 118-C (9), 1292-1298

  • Communication Support System in Emergent Situation for Large Scale Systems

    才脇直樹

    1998年, Cognitive System Engineering for Process Control, 108-114

  • Spatio-Temporal Data Management for Highly Interactive Environment

    才脇直樹

    1998年, Advanced Database Systems for Integration of Media and User Environment, Advanced Database Research and Development Series, 9, 281-286

  • An Adaptive Spatio-Temporal Data Management for Highly Interactive Environment

    才脇直樹

    1998年, Digital Media Information Base, Advanced Database Research and Development Series, 8, 68-73

  • 有向コヒーレンス解析による脳波情報源可視化法

    才脇直樹; 加藤久仁夫

    1997年10月, システム制御情報学会論文誌, 10 (10), 537-546

  • 有向コヒーレンス解析を用いた音楽音響傾聴時脳波の信号源推定

    才脇直樹; 加藤久仁夫

    1997年07月, 日本音響学会論文誌, 53 (7), 493-500

  • An Approach to Analysis of EEG's Recorded during Music Listening

    才脇直樹

    1997年, Journal of New Music Research, 26, 227-243

  • テンション・パラメータを用いた協調型自動演奏システム:JASPER

    才脇直樹; 和気早苗他

    1994年07月, 情報処理学会論文誌, 35 (7), 1469-1481

MISC

  • 人工触感呈示システムを用いた触感認知に関する基礎研究

    才脇 直樹; 谷口まき他

    2006年, 繊維製品消費科学, 47 (12), 25 - 33, doi

  • Composition and Evaluation of the Humanlike Motions of an Android

    才脇 直樹; Motoko Nom

    2006年, Proceedings of humanoids2006, doi

  • Integrating object finding function into everyday fashion

    才脇 直樹; Yuko MIYAK

    2006年, Proceedings of Third Workshop on Multi-User and Ubiquitous User Interfaces (MU3I)

  • Composition and Evaluation of the Humanlike Motions of an Android

    SAIWAKI Naoki; Motoko Nom

    2006年, Proceedings of humanoids2006, doi

  • Integrating object finding function into everyday fashion

    SAIWAKI Naoki; Yuko MIYAK

    2006年, Proceedings of Third Workshop on Multi-User and Ubiquitous User Interfaces (MU3I)

  • 対話型ロボットによる小学校での長期相互作用の試み

    才脇 直樹; 神田崇行他

    2005年, ヒューマンインタフェース学会論文誌, 7 (1), 27 - 37

  • 名札型ICタグを用いた小学生のコミュニケーション分析

    才脇 直樹

    2005年, 繊維製品消費科学, 46 (11), 688 - 692, doi

  • Thermal Clothes That Can Activily Control Sensory Temperature

    才脇 直樹; Sayaka Tsuruda他

    2005年, Extended Abstracts of the 9th International Symposium on Wearable Computers (ISWC2005)

  • A Casual Design for an Object-finding Support System

    才脇 直樹; Tatsuyuki Kawamur

    2005年, Extended Abstracts of the 9th International Symposium on Wearable Computers (ISWC2005)

  • Artificial Tactile Feel Display for Textile Fabrics

    才脇 直樹; Akinori Yoshida

    2005年, Proceedings of Human Computer Interaction(HCI)2005

  • Thermal Clothes That Can Activily Control Sensory Temperature

    SAIWAKI Naoki; Sayaka Tsuruda他

    2005年, Extended Abstracts of the 9th International Symposium on Wearable Computers (ISWC2005)

  • A Casual Design for an Object-finding Support System

    SAIWAKI Naoki; Tatsuyuki Kawamur

    2005年, Extended Abstracts of the 9th International Symposium on Wearable Computers (ISWC2005)

  • Artificial Tactile Feel Display for Textile Fabrics

    SAIWAKI Naoki; Akinori Yoshida他

    2005年, Proceedings of Human Computer Interaction(HCI)2005

  • Friendly social robot that understands human’s friendly relationships

    才脇 直樹; Takayuki Kand

    2004年, Proceedings of IROS2004

  • Friendly social robot that understands human’s friendly relationships

    SAIWAKI Naoki; Takayuki Kand

    2004年, Proceedings of IROS2004

  • 三次元空間楽譜の構築

    才脇 直樹; 吉田悠一他

    2003年, システム制御情報学会論文誌, 16 (6), 295 - 302, doi

  • A new brain-computer interface design using fuzzy ARTMAP

    R Palaniappan; R Paramesran; S Nishida; N Saiwaki

    This paper proposes a new brain-computer interface (BCI) design using fuzzy ARTMAP (FA) neural network, as well as an application of the design. The objective of this BCI-FA design is to classify the best three of the five available mental tasks for each subject using power spectral density (PSD) values of electroencephalogram (EEG) signals. These PSD values are extracted using the Wiener-Khinchine and autoregressive methods. Ten experiments employing different triplets of mental tasks are studied for each subject. The findings show that the average BCI-FA outputs for four subjects gave less than 6% of error using the best triplets of mental tasks identified from the classification performances of FA. This implies that the BCI-FA can be successfully used with a tri-state switching device. As an application, a proposed tri-state Morse code scheme could be utilized to translate the outputs of this BCI-FA design into English letters. In this scheme, the three BCI-FA outputs correspond to a dot and a dash, which are the two basic Morse code alphabets and a space to denote the end (or beginning) of a dot or a dash. The construction of English letters using this tri-state Morse code scheme is determined only by the sequence of mental tasks and is independent of the time duration of each mental task. This is especially useful for constructing letters that are represented as multiple dots or dashes. This combination of BCI-FA design and the tri-state Morse code scheme could be developed as a communication system for paralyzed patients., IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC, 2002年09月, IEEE TRANSACTIONS ON NEURAL SYSTEMS AND REHABILITATION ENGINEERING, 10 (3), 140 - 148, doi;web_of_science

  • A new brain-computer interface design using fuzzy ARTMAP

    R Palaniappan; R Paramesran; S Nishida; N Saiwaki

    This paper proposes a new brain-computer interface (BCI) design using fuzzy ARTMAP (FA) neural network, as well as an application of the design. The objective of this BCI-FA design is to classify the best three of the five available mental tasks for each subject using power spectral density (PSD) values of electroencephalogram (EEG) signals. These PSD values are extracted using the Wiener-Khinchine and autoregressive methods. Ten experiments employing different triplets of mental tasks are studied for each subject. The findings show that the average BCI-FA outputs for four subjects gave less than 6% of error using the best triplets of mental tasks identified from the classification performances of FA. This implies that the BCI-FA can be successfully used with a tri-state switching device. As an application, a proposed tri-state Morse code scheme could be utilized to translate the outputs of this BCI-FA design into English letters. In this scheme, the three BCI-FA outputs correspond to a dot and a dash, which are the two basic Morse code alphabets and a space to denote the end (or beginning) of a dot or a dash. The construction of English letters using this tri-state Morse code scheme is determined only by the sequence of mental tasks and is independent of the time duration of each mental task. This is especially useful for constructing letters that are represented as multiple dots or dashes. This combination of BCI-FA design and the tri-state Morse code scheme could be developed as a communication system for paralyzed patients., IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC, 2002年09月, IEEE TRANSACTIONS ON NEURAL SYSTEMS AND REHABILITATION ENGINEERING, 10 (3), 140 - 148, doi;web_of_science

  • The Musical Session System with the Visual Interface

    才脇 直樹; Y. Yoshid

    2002年, Proceedings of Intl. Computer Music Conference 2002, 232 - 235

  • The Musical Session System with the Visual Interface

    SAIWAKI Naoki; Y. Yoshid

    2002年, Proceedings of Intl. Computer Music Conference 2002, 232 - 235

  • 3Dバネモデルを用いたオブジェクトの動作獲得支援環境

    才脇 直樹; 池上輝哉他

    2001年, 電気学会論文誌C, 121-C (1), 206 - 211

  • 時空間ウォークスルーのためのデータ管理の一方式

    才脇 直樹; 池本和生他

    2001年, 電気学会論文誌C, 121-C (1), 142 - 149

  • カオスと電荷モデルを用いた群衆行動のモデリングと生成

    才脇 直樹; 小松利彰他

    2001年, 電気学会論文誌C, 121-C (1), 118 - 126

  • イメージに基づいたWebページデザイン支援システム

    才脇 直樹; 渡辺正人他

    2001年, ヒューマンインタフェース学会論文誌, 3 (4), 287 - 297

  • 3Dバネモデルに基づいた音楽に応じた動作の自動生成

    才脇 直樹; 王旗他

    2001年, システム制御情報学会論文誌, 14 (9), 447 - 457, doi

  • 心理的ポテンシャルを用いた感性協調型合奏システム

    才脇 直樹; 川端純一他

    2000年, ヒューマンインタフェース学会論文誌, 2 (1), 47 - 58

  • 権限・義務・責任・知識を考慮した緊急時のコミュニケーションモデル

    才脇 直樹; 小磯貴史他

    1999年, 電子情報通信学会論文誌A, J82-A (3), 445 - 453

  • Communication Model in Emergent Situation

    才脇 直樹; T.Koiso他

    1999年, Journal of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers, J82-A (3), 445 - 453

  • Communication Model in Emergent Situation

    SAIWAKI Naoki; T.Koiso他

    1999年, Journal of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers, J82-A (3), 445 - 453

  • Source Derivation法による脳活動可視化の検討

    才脇 直樹; 西田正吾

    1998年, 電気学会論文誌C, 118-C (9), 1292 - 1298

  • Communication Support System in Emergent Situation for Large Scale Systems

    才脇 直樹

    1998年, Cognitive System Engineering for Process Control, 108 - 114

  • Spatio-Temporal Data Management for Highly Interactive Environment

    才脇 直樹; Shogo Nishida他

    1998年, Advanced Database Systems for Integration of Media and User Environment, Advanced Database Research and Development Series, 9, 281 - 286

  • An Adaptive Spatio-Temporal Data Management for Highly Interactive Environment

    才脇 直樹; Atuki Naka他

    1998年, Digital Media Information Base, Advanced Database Research and Development Series, 8, 68 - 73

  • Communication Support System in Emergent Situation for Large Scale Systems

    SAIWAKI Naoki

    1998年, Cognitive System Engineering for Process Control, 108 - 114

  • Spatio-Temporal Data Management for Highly Interactive Environment

    SAIWAKI Naoki; Shogo Nishida他

    1998年, Advanced Database Systems for Integration of Media and User Environment, Advanced Database Research and Development Series, 9, 281 - 286

  • An Adaptive Spatio-Temporal Data Management for Highly Interactive Environment

    SAIWAKI Naoki; Atuki Naka

    1998年, Digital Media Information Base, Advanced Database Research and Development Series, 8, 68 - 73

  • An approach to analysis of EEGs recorded during music listening

    N Saiwaki; K Kato; S Inokuchi

    SWETS ZEITLINGER PUBLISHERS, 1997年09月, JOURNAL OF NEW MUSIC RESEARCH, 26 (3), 227 - 243, web_of_science

  • 有向コヒーレンス解析を用いた音楽音響傾聴時脳波の信号源推定

    才脇 直樹; 加藤久仁夫

    1997年, 日本音響学会論文誌, 53 (7), 493 - 500, doi

  • 有向コヒーレンス解析による脳波情報源可視化法

    才脇 直樹; 加藤久仁夫

    1997年, システム制御情報学会論文誌, 10 (10), 537 - 546, doi

  • An Approach to Analysis of EEG's Recorded during Music Listening

    SAIWAKI Naoki; Kunio KAT

    1997年, 26, 227 - 243

  • テンション・パラメータを用いた協調型自動演奏システム:JASPER

    才脇 直樹; 和気早苗他

    1994年, 情報処理学会論文誌, 35 (7), 1469 - 1481

書籍等出版物

  • スマートテキスタイルの最新動向

    シーエムシー出版

  • 感性情報学?感性的ヒューマンインタフェース最前線?

    才脇直樹 (, 範囲: 分担)

    工作舎, 2004年

講演・口頭発表等

  • スマートテキスタイルの展開

    才脇直樹

    繊維技術活性化協会第7回講演会, 2020年09月29日, 2020年09月29日

    口頭発表(招待・特別)

  • 生活工学から取り組むスマートテキスタイルの応用

    才脇直樹

    第22回スマートテキスタイル研究会, 2020年11月27日, 2020年11月27日

    口頭発表(招待・特別)

  • 生活工学の立場から取り組むスマートテキスタイルやIoTを用いた健康な日常生活支援技術

    才脇直樹

    第96回バイオメクフォーラム21研究会及び日本生体医工学会関西支部大会, 2020年12月05日, 2020年12月05日

    口頭発表(招待・特別)

  • 生活工学の観点から取り組むIoTやスマートテキスタイルの応用技術

    才脇直樹

    第2回センシングシステムシンポジウムおよび 2020年度第3回FIoTコンソーシアム研究会, 2020年12月07日, 2020年12月07日

    口頭発表(招待・特別)

  • Explore the possibilities of E-Textiles

    才脇直樹

    SEMICON JAPAN, 2020年12月15日, 2020年12月15日

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • センシングウェアによる睡眠時無呼吸症候群検出可能性の検討

    藤本和賀代

    日本繊維製品消費科学会2020年度年次大会, 2020年06月19日, 2020年06月19日

    口頭発表(一般)

  • 導電性テキスタイルを用いたスマートバッグの開発

    里見和音

    日本繊維製品消費科学会2020年度年次大会, 2020年06月19日, 2020年06月19日

    口頭発表(一般)

  • IoTデバイスを用いた衣服の収納環境可視化

    渡邊紗菜

    日本繊維製品消費科学会2020年度年次大会, 2020年06月19日, 2020年06月19日

    口頭発表(一般)

  • プリンタブルセンサウェアの開発と日常動作推定に対する妥当性検討

    安在絵美

    日本繊維製品消費科学会2020年度年次大会, 2020年06月19日, 2020年06月19日

    口頭発表(一般)

  • 小型温湿度センサを用いた日常生活中の靴内快適性評価

    今里桃菜

    日本繊維製品消費科学会2020年度年次大会, 2020年06月19日, 2020年06月19日

    口頭発表(一般)

  • 適切なトレーニング負荷量提示のためのIoTデバイス開発に向けた基礎検討

    入江マリ子

    日本繊維製品消費科学会2020年度年次大会, 2020年06月19日, 2020年06月19日

    口頭発表(一般)

  • 卓上ロボットを用いた大学図書館ヘルプデスクの来場者応対システムの検討

    菊地智也

    第38回日本ロボット学会学術講演会, 2020年10月09日, 2020年10月09日

    口頭発表(一般)

担当経験のある科目(授業)

  • 生活工学特別講義C(発展) (奈良女子大学)

  • 生活メディア情報処理演習 (奈良女子大学)

  • アパレル感性情報処理論 (奈良女子大学)

  • 生活メディア情報論 (奈良女子大学)

  • 生活と感覚計測論 (奈良女子大学)

  • ウェアラブル情報デザイン実習 (奈良女子大学)

  • アパレル色彩論 (奈良女子大学)

  • 生活メディア情報論演習 (奈良女子大学)

  • ウェアラブルインターフェイスデザイン論 (奈良女子大学)



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.