研究者総覧

新出 尚之 (ニイデ ナオユキ)

  • 研究院生活環境科学系生活情報通信科学領域 准教授
メールアドレス:
nideics.nara-wu.ac.jp
Last Updated :2021/07/07

researchmap

学位

  • 博士(情報科学), 奈良女子大学, 2007年06月

研究キーワード

  • 自律エージェント 数理論理学 

研究分野

  • 情報通信, 情報学基礎論

経歴

  • 2014年04月 奈良女子大学 研究院生活環境科学系生活情報通信科学領域 准教授
  • 2012年04月 - 2014年03月 奈良女子大学 研究院自然科学系情報科学領域 准教授
  • 2008年04月 - 2012年03月 奈良女子大学 理学部 准教授
  • 1992年06月 - 2008年03月 奈良女子大学 理学部 講師
  • 2006年11月 - 2006年11月 放送大学 奈良学習センター 非常勤講師
  • 1998年10月 - 2005年03月 奈良教育大学 教育学部 非常勤講師 この間毎年度後期
  • 2004年04月 近畿大学 理工学部 非常勤講師 2004〜05年度前期・2010〜11年度後期・その他の年度通年
  • 1992年06月 - 1996年09月 京都大学 教養部→総合人間学部 非常勤講師
  • 1988年05月 - 1992年05月 京都大学 情報処理教育センター 助手

学歴

  • 1988年04月- 1988年05月 京都大学 理学研究科 数理解析専攻 博士後期課程中退 日本国
  • 1986年04月- 1988年03月 京都大学 理学研究科 数理解析専攻 日本国
  • 1982年04月- 1986年03月 京都大学 理学部 日本国

委員歴

  • 1999年 - 2003年03月 情報処理学会 プログラミング研究会運営委員 society

    学協会

論文

  • Sequent calculus for 3-valued paraconsistent logic QMPT0

    Naoyuki Nide; Yuki Goto; Megumi Fujita

    2019年08月, Logic Journal of the IGPL, 27 (5), 507 - 521

  • Implementation of 3-Valued Paraconsistent Logic Programming Towards Decision Making System of Agents

    Yuki Goto; Megumi Fujita; Naoyuki Nide

    Due to the rapid development of applications of artificial intelligence and robotics in recent years, the necessity of reasoning and decision making with uncertain and inaccurate information is increasing. Since robots in the real world are always exposed to behavioral inaccuracies and uncertainty arising from recognition methods, they may occasionally encounter contradictory facts during reasoning on action decision. Paraconsistent logic programming is promising to make appropriate action decisions even when an agent is exposed to such uncertain information or contradictory facts, but there has been no implementation of this programming to the best of our knowledge. We propose a resolution algorithm for the 3-valued paraconsistent logic programming system QMPT0 and its implementation on SWI-Prolog. We also describe an application of the 3-valued paraconsistent logic programming regarding agent decision making., 2018年05月12日, Journal of Systems Science and Systems Engineering, 27 (3), 1 - 18, doi

    研究論文(学術雑誌)

  • Toward a robot that acquires logical recognition of space

    Megumi Fujita; Yuki Goto; Naoyuki Nide; Ken Satoh; Hiroshi Hosobe

    2017年12月, Information Engineering Express, 3 (4), 1 - 10

  • Tracing werewolf game by using extended BDI model

    Naoyuki Nide; Shiro Takata

    The Werewolf game is a kind of role-playing game in which players have to guess other players’ roles from their speech acts (what they say). In this game, players have to estimate other players’ beliefs and intentions, and try to modify others’ intentions. The BDI model is a suitable one for this game, because it explicitly has notions of mental states, i.e. beliefs, desires and intentions. On the other hand, in this game, players’ beliefs are not completely known. Consequently, in many cases it is difficult for players to choose a unique strategy in other words, players frequently have to maintain probabilistic intentions. However, the conventional BDI model does not have the notion of probabilistic mental states. In this paper, we propose an extension of BDI logic that can handle probabilistic mental states and use it to model some situations in the Werewolf game. We also show examples of deductions concerning those situations. We expect that this study will serve as a basis for developing a Werewolf game agent based on BDI logic in the future., 2017年12月01日, IEICE Transactions on Information and Systems, E100D (12), 2888 - 2896, doi

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 中学校技術科におけるプログラミングの導入授業の研究―学習目標及び評価の観点から―

    吉川 裕之; 新出 尚之; 高田 雅美

    奈良女子大学教育システム研究開発センター, 2017年10月, 教育システム研究別冊「本学の教員養成課程の改善・高度化に向けた大学教員と附属教員の連携研究推進事業」成果論文集

  • OCC Theoryに基づくエージェントの感情表現と時間経過に関する論理モデル

    今井 那緒; 浅井 沙良; 塚本 麻衣; 新出 尚之

    2017年09月, 日本ソフトウェア科学会第34回大会論文集

  • 自律ロボットの目標物認識能力の獲得について

    兼松 明美; 小松 芙美子; 新出 尚之

    2017年09月, 日本ソフトウェア科学会第34回大会論文集

  • 目標物到達機構を持つ自律的な小型ロボットの制御を行うBDIエージェントの構築

    樽井 志織; 兼松 明美; 新出 尚之

    2016年09月, 日本ソフトウェア科学会第33回大会論文集

  • Tracing Werewolf game by using extended BDI model

    Naoyuki Nide; Shiro Takata

    The werewolf game is a kind of role-playing game in which players have to guess other players' roles from their speech acts (what they say). In this game, players have to estimate other players' beliefs and intentions, and try to modify others' intentions. The BDI model is a suitable model for this game, because it explicitly has notions of mental states, i.e. beliefs, desires and intentions. On the other hand, in this game, players' beliefs are not completely known. Consequently, in many cases it is difficult for players to choose a unique strategy in other words, players frequently have to maintain probabilistic intentions. However, the conventional BDI model does not have the notion of probabilistic mental states. In this paper, we propose an extension of BDI logic that can handle probabilistic mental states and use it to model some situations in the Werewolf game. We also show examples of deductions concerning that situations. We believe that this study will serve as a basis for developing a Werewolf game agent based on BDI logic., 2017年01月10日, Proceedings - 2016 International Conference on Agents, ICA 2016, 7 - 12, doi

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Autonomous control of mobile robots using logical representation of map and inference of location

    Megumi Fujita; Yuki Goto; Naoyuki Nide; Ken Satoh; Hiroshi Hosobe

    We propose an action-decision method for autonomous mobile robots, in which a robot constructs a logical representation of a map of its surrounding environment from its perception and uses that map to determine a plan to logically reach its destination. We conducted an experiment in which a robot had a sub-goal to reach halfway to its destination and attempt to recognize that it has reached that sub-goal in order to proceed to the next goal. We first explain our experimental results then provide a discussion on these results and future work., 2017年01月10日, Proceedings - 2016 International Conference on Agents, ICA 2016, 78 - 81, doi

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 実世界ロボットの基本行為の信頼性向上について

    高田 司郎; 新出 尚之

    2016年06月, 第30回人工知能学会全国大会論文集

  • 不確実な信念を持つエージェントの確率的戦略とBDIモデル

    新出 尚之; 高田 司郎

    2016年06月, 第30回人工知能学会全国大会論文集

  • ノイズを伴う基本行為による目標達成能力の形式的な保証

    新出 尚之; 後藤 勇樹; 藤田 恵; 高田 司郎

    2015年10月, JAWS2015論文集, 150 - 156

  • 信念と状態遷移を確率的に扱う合理的エージェント向け論理

    新出 尚之; 高田 司郎

    2015年06月, 電子情報通信学会論文誌, J98-D (6), 936 - 947

  • BDIエージェントによる連続的な仮想世界におけるシミュレーションの実装

    亀村 美佳; 新出 尚之; 柚木 静香; 宮田 怜奈; 高田 司郎

    2015年05月, 第29回人工知能学会全国大会論文集

  • 実世界における基本行為のコミットメント戦略について

    高田 司郎; 新出 尚之

    2015年05月, 第29回人工知能学会全国大会論文集

  • 地図の論理的表現と推論による位置把握を用いた、移動ロボットの自律的制御手法の開発

    藤田 恵; 後藤 勇樹; 新出 尚之; 佐藤 健; 細部 博史

    2015年03月, 第20回ロボティクスシンポジア論文集, 37 - 42

  • 信念と状態遷移を確率的に扱う合理的エージェント向け論理

    新出 尚之; 高田 司郎

    2014年10月, JAWS2014論文集, 95 - 98

  • アトラクター状態を用いた基本行為の頑健性について

    高田 司郎; 新出 尚之

    2014年10月, JAWS2014論文集, 47 - 50

  • OCC Theoryに基づくエージェントの感情表現の論理モデルについて

    池之内 彰子; 新出 尚之

    2014年10月, JAWS2014論文集, 91 - 94

  • Logic-based and robust decision making for robots in real world

    Megumi Fujita; Yuki Goto; Naoyuki Nide; Ken Satoh; Hiroshi Hosobe

    2014年05月, Proc. of AAMAS 2014, 1685 - 1686

  • 不確実性に対処可能なTeleo-reactive Programの意味論とその応用

    後藤 勇樹; 藤田 恵; 新出 尚之

    2014年01月, 第173回情報処理学会知能システム研究会 研究報告, 2014-ICS-173 (2)

  • 連続した状態空間での合理的エージェントの行為を扱う論理モデルの試み

    新出 尚之; 高田 司郎; 藤田 恵

    2013年12月, 電子情報通信学会論文誌, J96-D (12), 2239 - 2250

  • An architecture for autonomously controlling robot with embodiment in real world

    Megumi Fujita; Yuki Goto; Naoyuki Nide; Ken Satoh; Hiroshi Hosobe

    2013年08月, Proc. of Knowledge Representation and Reasoning in Robotics (workshop at ICLP 2013), 59 - 71

  • 連続した状態空間を扱うエージェント向け論理における神託を伴う演繹系

    新出 尚之; 藤田 恵; 後藤 勇樹; 高田 司郎

    2013年06月, 第27回人工知能学会全国大会論文集

  • コネクショングラフを利用した確率推論

    後藤 勇樹; 新出 尚之; 藤田 恵

    2013年06月, 第27回人工知能学会全国大会論文集

  • 動的環境下におけるロボットの行動プラン最小修正について

    藤田 恵; 後藤 勇樹; 新出 尚之; 佐藤 健; 細部 博史

    2013年06月, 第27回人工知能学会全国大会論文集

  • アトラクター状態を用いた実世界における基本行為の学習について

    高田 司郎; 新出 尚之; 濱砂 幸裕; 波部 斉; 藤田 恵

    2013年02月, 第92回数理モデル化と問題解決(MPS)研究会予稿集(情報処理学会研究報告), 2013-MPS-92 (24), 1 - 6

  • 連続した状態空間での合理的エージェントの行為を扱う論理モデルの試み

    新出 尚之; 高田 司郎; 藤田 恵

    2012年10月, JAWS2012論文集

  • 行為のアトラクター状態を考慮した知能ロボットについて

    高田 司郎; 新出 尚之

    2012年10月, JAWS2012論文集

  • 実世界の多様性に適応したBDIロボットについて

    藤田 恵; 片山 寛子; 新出 尚之; 高田 司郎

    2012年03月, 情報処理学会論文誌 数理モデル化と応用, 5 (1), 50 - 64

  • Importing dynamic planner to BDI agent creating flexible decision-making of policies for selecting robot actions in real world

    Megumi Fujita; Hiroko Katayama; Yuko Ojima; Naoyuki Nide

    Our aim is to create a more intelligent form of control for robots that can act autonomously for problem solving in the dynamic environments. The ability to select and modify the action decision policies to achieve the given goals in the most appropriate way as possible, and the easiest and most efficient way of implementation of such policy controls is required. We propose a flexible method for selecting policies of action decision in this paper, using a dynamic planner as the mechanism for determining the policies for action decision making We proved through experimentation that when a robot cannot achieve its goal using a specific policy, it can modify the given policy to achieve that goal with the use of our method. In particular, for robots in the real world, the error of beliefs due to a false recognition of the sensors may be the reason why a robot cannot achieve its goal, although this situation will not come to light in any simulation. Our method is effective for such situations., 2012年01月, Proc. of 17th International Symposium on Artificial Life and Robotics (AROB 2012), 955 - 958

  • 実世界における強化学習から熟考まで

    高田 司郎; 新出 尚之

    2011年10月, JAWS2011論文集

  • 感情表現を行動決定に取り入れたBDIエージェントの実現に向けて

    藤田 恵; 清水 詩子; 新出 尚之

    2011年10月, JAWS2011論文集

  • BDIロジックに基づくエージェント実行系の構築に向けて

    片山 寛子; 藤田 恵; 新出 尚之

    2011年10月, JAWS2011論文集

  • 実世界の多様性に適応したBDIロボットについて

    藤田 恵; 片山 寛子; 新出 尚之; 高田 司郎

    2011年09月, 第85回数理モデル化と問題解決(MPS)研究会予稿集(情報処理学会研究報告), 2011-MPS-85

  • 感情表現を行動決定に用いたロボット制御へ向けて

    藤田 恵; 清水 詩子; 新出 尚之

    2011年09月, 第29回日本ロボット学会学術講演会講演論文集

  • 拡張BDI論理TOMATOを用いた確率的状態遷移のモデル化とその応用

    新出 尚之; 高田 司郎; 藤田 恵

    2011年07月, 情報処理学会論文誌 数理モデル化と応用, 4 (3), 59 - 72

  • 意図の概念を持つ自律エージェントモデルを用いた実世界ロボットの知的制御

    藤田 恵; 片山 寛子; 小島 侑子; 隅田 麻由; 小山 由; 新出 尚之; 高田 司郎

    2011年05月, 第83回数理モデル化と問題解決(MPS)研究会予稿集(情報処理学会研究報告), 2011-MPS-83

  • 拡張BDI論理TOMATOesを用いた強化学習のモデル化について

    高田 司郎; 新出 尚之; 藤田 恵

    TOMATOes is an extension Of BDI logic, which introduced probabilistic state transitions and fix-point operators. Using TOMATOes, we can strictly describe and infer various properties of rational agents with those extended notions. In this paper, we give a detailed explanation of modeling of reinforcement learning with the Kripke structure used in TOMATOes, called BDI structure, and the description of transaction graph with policy using TOMATOes. In addition, we give some issues on rational agents for practical reasoning with the description of transaction graph using TOMATOes., 2011年, 人工知能学会論文誌, 26 (1), 156 - 165, doi

    研究論文(学術雑誌)

  • 拡張BDI論理TOMATOesによる協調行為のモデル化と応用

    新出 尚之; 高田 司郎; 藤田 恵

    In multi-agent environments, to model cooperations among autonomous agents, many notions such as mutual beliefs and joint intentions, recognition of possibilities to achieve a goal with cooperation, and team formations, should be formally represented. In the traditional BDI logics, it is hard to treat them uniformly. We show the way to treat them uniformly using the fixed-point operator of the extended BDI logic TOMATOes. We also give some examples to apply it to the proof of some behaviors of multi-agent systems., 2011年, 人工知能学会論文誌, 26 (1), 13 - 24, doi

    研究論文(学術雑誌)

  • 動的な環境に適応するプランナとBDIエージェントとの柔軟な統合法

    藤田 恵; 新出 尚之

    2010年10月, JAWS2010論文集

  • 動的プランナとBDIエージェントの結合の形式化について

    新出 尚之; 藤田 恵; 高田 司郎

    2010年10月, JAWS2010論文集

  • 方策から生成したプランライブラリを用いるBDIエージェント

    高田 司郎; 新出 尚之

    2010年10月, JAWS2010論文集

  • 方策から獲得したサブプランの汎用化について

    新出 尚之; 高田 司郎; 片山 寛子

    2010年10月, JAWS2010論文集

  • BDIエージェントの多様な行為決定のモデル化について

    新出 尚之

    2010年06月, 第24回人工知能学会全国大会論文集

  • 動的環境におけるBDIベースのロボットの再プランニングによる再行動決定法

    藤田 恵; 片山 寛子; 小島 侑子; 新出 尚之

    2010年06月, 第24回人工知能学会全国大会論文集

  • 自律エージェントの論理モデル

    新出 尚之

    2010年05月, 人工知能学会誌, 25 (3), 419 - 428

  • 汎用的な証明図作成支援ソフトの構築

    小川 美樹; 鴨 浩靖; 新出 尚之

    2010年01月, 第51回プログラミングシンポジウム報告集, 73 - 78

  • 実世界でのBDIベースのロボットの柔軟な行為決定の実現に向けて

    藤田 恵; 小島 侑子; 片山 寛子; 新出 尚之

    2009年10月, JAWS2009論文集, 354 - 361

  • 拡張BDI論理TOMATOesを用いた強化学習のモデル化について

    高田 司郎; 新出 尚之; 藤田 恵

    2009年10月, JAWS2009論文集, 131 - 138

  • 拡張BDI論理TOMATOesによる協調行為のモデル化と応用

    新出 尚之; 高田 司郎; 藤田 恵

    2009年10月, JAWS2009論文集, 429 - 436

  • 拡張BDI論理TOMATOを用いた確率的状態遷移のモデル化について

    新出 尚之; 高田 司郎; 藤田 恵

    2009年09月, 人工知能学会第74回人工知能基本問題研究会予稿集, 57 - 64

  • BDI logic with probabilistic transition and fixed-point operator

    Naoyuki Nide; Shiro Takata; Megumi Fujita

    2009年08月, Proc. of CLIMA '09, 71 - 86

  • 拡張BDI logicを用いたBDIと強化学習の統合について

    高田 司郎; 新出 尚之

    2009年03月, 第73回数理モデル化と問題解決(MPS)研究会予稿集(情報処理学会研究報告), 2009-MPS-73, 57 - 60

  • 動的な環境に対応するBDIエージェントのためのプランナの設計と実装

    藤田 恵; 新出 尚之

    2008年10月, JAWS2008論文集

  • 動的環境下における反射的行動を可能とするマルチエージェントシステムの基本設計と実装

    野口 真理子; 新出 尚之

    2008年10月, 2008年度情報処理学会関西支部大会講演論文集, 225 - 228

  • 確率的遷移と不動点オペレータを持つBDI logicについて

    新出 尚之

    2008年10月, JAWS2008論文集

  • 動的環境下における反射的行動を可能とするマルチエージェントシステムの基本設計と実装

    野口 真理子; 新出 尚之

    2008年10月, JAWS2008論文集

  • 動的な環境に対応するBDIエージェントのためのプランナの設計と実装

    藤田 恵; 新出 尚之

    2008年10月, 2008年度情報処理学会関西支部大会講演論文集, 229 - 232

  • Construction of a Paper Classification System Using SVM

    Naomi Ashida, Masami Takata, Akira Sasaki, Hiroyasu Kamo, Naoyuki Nide, Kazuki Joe

    2007年, Proc. of PDPTA 2007, 979 - 985

  • Auto Classification of Feces for Health Condition Analysis

    Miho Komatsubara, Chisato Ishikawa, Masami Takata, Hiroyasu Kamo, Naoyuki Nide, Kazuki Joe

    2007年, Proc. of PDPTA 2007, 759 - 765

  • 3D Visualization System Gateau for Atmospheric Science

    Eriko Touma, Katsuyuki Noguchi, Masami Takata, Hiroyasu Kamo, Naoyuki Nide, Kazuki Joe

    2007年, Proc. of PDPTA 2007, 766 - 772

  • BDIアーキテクチャにおけるコミットメント戦略を実現するための形式的検証手続き

    櫟 粛之; 高田 司郎; 新出 尚之

    2006年06月, 電子情報通信学会論文誌, J89-D (6), 1213 - 1224

  • Design of an Integrated Database System for Short-Term arthquake Prediction

    Chisato Ishikawa, Hiroyasu Kamo, Naoyuki Nide, and Kazuki Joe

    2006年, Proc. of PDPTA 2006, 853 - 859

  • A 3D Visualization System for Intuitive Analysis of Atmospheric Science

    Eriko Touma, Kazuko Yamauchi, Hiroyasu Kamo, Naoyuki Nide, Sachiko Hayashida, and Kazuki Joe

    2006年, Proc. of PDPTA 2006, 860 - 866

  • Design and Implementation of Gateau API for HDF-EOS

    Kazuko Yamauchi, Eriko Touma, Hiroyasu Kamo, Naoyuki Nide, Sachiko Hayashida and Kazuki Joe

    2006年, Proc. of PDPTA 2006, 867 - 873

  • Another RSS Reader with Visualization of Structured Documents and Effective Navigation

    Satomi Hara, Hiroyasu Kamo, Naoyuki Nide and Kazuki Joe

    2006年, Proc. of PDPTA 2006, 874 - 880

  • make in Prolog

    笹山 琴由; 野口 真理子; 藤本 尚子; 鴨 浩靖; 新出 尚之

    2006年01月, 第47回プログラミングシンポジウム報告集, 161 - 166

  • 意図に関する論理体系

    新出 尚之; 高田 司郎

    2005年07月, 人工知能学会誌, 20 (4), 425 - 432

  • 意図に基づくエージェントアーキテクチャ

    高田 司郎; 新出 尚之

    2005年07月, 人工知能学会誌, 20 (4), 433 - 440

  • 行為の選択に熟考と強化学習を併用するBDIアーキテクチャの実現について

    新出 尚之; 高田 司郎; 山川 宏; 宮崎 和光; 太田 正幸

    2005年06月, 第19回人工知能学会全国大会論文集

  • エージェントの相互信念を扱う拡張BDI logicの演繹体系

    新出 尚之; 高田 司郎; 櫟 粛之

    2005年01月, 情報処理学会論文誌, 46 (SIG2(TOM11)), 85 - 99

  • BDIと強化学習の世界モデルの対応付けについて

    新出 尚之; 高田 司郎; 山川 宏; 宮崎 和光; 太田 正幸

    2004年10月, JAWS2004論文集, 378 - 385

  • 強化学習で獲得したスキルを実践的推論するBDIの実現方式について

    高田 司郎; 新出 尚之; 山川 宏; 宮崎 和光; 太田 正幸

    2004年10月, JAWS2004論文集, 517 - 524

  • 強化学習の獲得政策を利用した階層サブプランの生成

    太田 正幸; 山川 宏; 宮崎 和光; 高田 司郎; 新出 尚之

    2004年10月, JAWS2004論文集, 511 - 516

  • 強化学習とBDIの統合について―カヌー・レーシングを例題とした統合手法の考察―

    高田 司郎; 山川 宏; 宮崎 和光; 新出 尚之; 長行 康男; 酒井 隆道

    2004年06月, 第18回人工知能学会全国大会論文集

  • 合理的エージェントの心的状態に関する整合性の実現と応用について

    新出 尚之; 高田 司郎; 櫟 粛之

    2003年08月, 電子情報通信学会論文誌, J86-D-1 (8), 514 - 523

  • Design of Rational Agents for Performing Speech Acts Intentionally in Multi-Agent Environments

    Shiro Takata; Yoshime Igarashi; Naoyuki Nide; Mika Enomoto; Kenji Mase; Ryohei Nakatsu

    2003年05月, Systems and Computers in Japan, 34 (8), 77 - 88

  • エージェントの相互信念を扱う拡張BDI logicの演繹体系

    新出 尚之; 高田 司郎; 櫟 粛之

    2003年01月, 第44回数理モデル化と問題解決(MPS)研究会予稿集(情報処理学会研究報告), 2003-MPS-44, 21 - 24

  • BDI Logicのsequent calculusによる演繹体系

    新出 尚之; 高田 司郎; 櫟 粛之

    日本ソフトウェア科学会, 2003年, コンピュータ・ソフトウェア, 20 (1), 66 - 83, doi

    研究論文(学術雑誌)

  • 合理的エージェントの心的状態に関する整合性の実現と応用について

    新出 尚之; 高田 司郎、櫟 粛之

    2002年11月, JAWS2002論文集, 463 - 470

  • 合理的エージェントのマルチモーダイルインターフェースについて

    高田 司郎; 新出 尚之; 川戸 慎二郎; 間瀬 健二

    2002年11月, JAWS2002論文集, 345 - 352

  • 相互信念と協調行為を扱うための演繹体系

    新出 尚之; 高田 司郎; 櫟 粛之

    2002年09月, 日本ソフトウェア科学会第19回大会論文集

  • A Verification Method for a Commitment Strategy of the BDI Architecture

    Tadashi Araragi; Shiro Takata; Naoyuki Nide

    2002年08月, Proc. of CLIMA '02, 109 - 122

  • Deduction Systems for BDI Logics with Mental State Consistency

    Naoyuki Nide; Shiro Takata; Tadashi Araragi

    2002年08月, Proc. of CLIMA '02, 123 - 135

  • Deduction Systems for BDI Logics Using Sequent Calculus

    Naoyuki Nide; Shiro Takata

    2002年07月, Proc. of AAMAS '02, 928 - 935

  • BDI Logicのsequent calculusによる演繹体系

    新出 尚之; 高田 司郎; 櫟 粛之

    日本ソフトウェア科学会, 2001年11月, 第10回マルチエージェントと協調計算ワークショップ(MACC2001)論文集, 10 - 20

  • マルチエージェント環境において意図的に言語行為を遂行する合理的エージェントの基本設計

    高田 司郎; 五十嵐 新女; 新出 尚之; 榎本 美香; 間瀬 健二; 中津 良平

    2001年08月, 電子情報通信学会論文誌, J84-D-I (8), 1191 - 1201

  • 合理的エージェントのコミュニケーション実現方式

    高田 司郎; 新出 尚之; 五十嵐 新女; 間瀬 健二

    2001年03月, インタラクション2001論文集, 187 - 194

  • 拡張BDIアーキテクチャ

    高田 司郎; 新出 尚之; 五十嵐 新女; 間瀬 健二

    2000年12月, 第9回マルチ・エージェントと協調計算ワークショップ(MACC2000)講演論文集

  • FIPA+BDIアーキテクチャ=合理的エージェントの実現方式

    五十嵐 新女; 高田 司郎; 新出 尚之; 間瀬 健二

    2000年11月, 第32回数理モデル化と問題解決(MPS)研究会予稿集(情報処理学会研究報告), 2000-MPS-32, 21 - 24

  • マルチエージェント環境において意図的に言語行為を遂行する合理的エージェントの基本設計

    高田 司郎; 五十嵐 新女; 新出 尚之; 榎本 美香; 間瀬 健二; 中津 良平

    2000年11月, ソフトウェアエージェントとその応用ワークショップ(SAA2000)論文集, 125 - 132

  • 個人化エージェントの意図的な情報フィルタリングについて

    五十嵐 新女; 高田 司郎; 間瀬 健二; 新出 尚之

    2000年10月, 情報処理学会第61回全国大会講演論文集, 2-109 - 2-110

  • 動的なコミットメント戦略を考慮したBDIアーキテクチャ

    高田 司郎; 新出 尚之; 五十嵐 新女; 間瀬 健二

    2000年09月, 第31回数理モデル化と問題解決(MPS)研究会予稿集(情報処理学会研究報告), 2000-MPS-31, 45 - 48

  • The User Interface for Multilingual Input in a Windowing Environment Using Automatons

    立木 秀樹; 新出 尚之; 栗林 博; 森崎 正人

    1993年, 慶應義塾大学環境情報研究所1993年度年次報告書, 93-007

  • RACCO: A model logic programming language for Writing Models of Real-Time Process-Control Systems

    Takashi Hattori; Reiji Nakajima; Naoyuki Nide; Takashi Sakuragawa; Kazuki Takenaka

    1992年, Advances in Software Science and Technology, 3, 53 - 70

  • 区間時制論理に基づいた実行可能かつ公理的体系を持つ論理型言語AYA

    新出 尚之

    日本ソフトウェア科学会, 1991年, コンピュータ・ソフトウェア, 8 (5), 57 - 78

  • MOA---A Model of Computer Environment and Its Interface for Supporting Highly Intelligent Human Work

    Hiroyuki Tominaga; Naoyuki Nide

    1991年, Distributed Environments---Software Paradigms and Workstations, 209 - 241

  • Toward a Formal Description for User-Interface of Hypertext Systems

    Hiroyuki Tominaga; Naoyuki Nide

    1989年, IPSJ SIG Notes Software Foundation

  • Overview of GMW+Wnn System

    Masami Hagiya; Takashi Hattori; Akitoshi Morishima; Reiji Nakajima; Naoyuki Nide; Ryotaro Okazaki; Takashi Sakuragawa; Takashi Suzuki; Hideki Tsuiki; Taiichi Yuasa

    1989年, Advances in Software Science and Technology, 1, 133 - 156

  • 区間時制論理に基づいた実行可能かつ公理的体系を持つ論理型言語AYA

    新出 尚之

    1988年, 日本ソフトウェア科学会第5回大会論文集, 341 - 344

  • Overview of GMW+Wnn System

    Masami Hagiya; Takashi Hattori; Akitoshi Morishima; Reiji Nakajima; Naoyuki Nide; Ryotaro Okazaki; Takashi Sakuragawa; Takashi Suzuki; Hideki Tsuiki; Taiichi Yuasa

    1988年, Proc. of 2nd IEEE International Conference on Computer Workstations, 170 - 177

  • RACCO: 実時間プロセス制御システムのモデル記述のための様相論理プログラミング言語

    桜川 貴司; 竹中 一起; 中島 玲二; 新出 尚之; 服部 隆志

    日本ソフトウェア科学会, 1988年, コンピュータ・ソフトウェア, 5 (3), 22 - 33

  • Wnn日本語入力システムの仮名漢字変換について

    鈴木 隆; 立木 秀樹; 新出 尚之

    1987年, 日本ソフトウェア科学会第4回大会論文集, 99 - 102

  • Deduction systems for BDI logics with mental state consistency

    Naoyuki Nide; Shiro Takata; Tadashi Araragi

    BDI Logics, introduced by Rao et al., have been used as the theoretical basis of specification and implementation of rational agents. The aim of our research is to make full use of the expressive power of BDI Logics as executable specification languages of rational agents. To this end, we previously presented deduction systems for CTL-based propositional BDI Logics using sequent calculus. Since these systems have a decision algorithm that is extended from Wang's algorithm, they are suitable for applications such as automatic proving. However, they do not incorporate mental state consistency features, which are important for dealing with rational agents. In this paper, we extend our deduction systems by introducing mental state consistency features and explain their soundness and completeness. This approach allows us to check and prove the specifications and properties described by BDI Logics for rational agents. © 2002 Published by Elsevier Science B.V., 2002年10月, Electronic Notes in Theoretical Computer Science, 70 (5), 147 - 159, doi

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • A verification method for a commitment strategy of the BDI architecture

    Tadashi Araragi; Shiro Takata; Naoyuki Nide

    We present a method to solve a verification problem that arises in implementing a commitment strategy for the BDI architecture. This problem introduces a new aspect of verification such that a state transition depends on a verification done at each state. We formalize this problem and give a decision procedure for the verification. © 2002 Published by Elsevier Science B.V., 2002年10月, Electronic Notes in Theoretical Computer Science, 70 (5), 133 - 146, doi

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

書籍等出版物

  • 数理論理学―合理的エージェントへの応用に向けて―

    加藤 暢; 高田 司郎; 新出 尚之

    コロナ社, 2014年10月, url (ISBN: 9784339024890)

  • Wnn+GMW入門

    KABA

    岩波書店, 1990年09月 (ISBN: 9784000050784)

  • Common Lispハンドブック

    湯浅 太一(編); 萩谷 昌己(編); 鈴木 隆; 立木 秀樹; 新出 尚之

    岩波書店, 1987年07月 (ISBN: 9784000076906)

講演・口頭発表等

  • BDI―モデル、アーキテクチャ、論理―

    新出 尚之

    第5回全脳アーキテクチャ勉強会, 2014年07月, 全脳アーキテクチャ勉強会

  • 実世界の多様性に適応したBDIロボットについて

    藤田 恵; 片山 寛子; 小島 侑子; 新出 尚之

    第28回記号論理と情報科学研究集会(SLACS2011), 2011年09月

  • 汎用的な証明図作成支援ソフトの構築

    小川 美樹; 鴨 浩靖; 新出 尚之

    第28回記号論理と情報科学研究集会(SLACS2011), 2011年09月

  • 動的環境におけるBDIエージェント搭載ロボットの動的プランニングによる再行動決定の設計及び実装

    藤田 恵; 小島 侑子; 片山 寛子; 新出 尚之

    ロボティクスフォーラム2010, 2010年03月

  • mipl〜make in Prolog〜の設計方針及び実装について

    野口 真理子; 藤本 尚子; 鴨 浩靖; 新出 尚之

    第9回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ (PPL2007), 2007年03月

  • PrologによるMakeの実装

    藤本 尚子; 野口 真理子; 鴨 浩靖; 新出 尚之

    代数, 論理, 幾何と情報科学研究集会(ALGI17), 2006年10月

  • Prologによるmakeの実装〜Mipl〜

    野口 真理子; 藤本 尚子; 鴨 浩靖; 新出 尚之

    第23回記号論理と情報科学研究集会(SLACS2006), 2006年09月

  • 異なる状況下で獲得した政策を基にした動的プランニングについて

    高田 司郎; 新出 尚之; 太田 正幸; 山川 宏; 宮崎 和光

    第19回人工知能学会全国大会, 2005年06月

  • 合理的エージェントの論理と(BDI)アーキテクチャ

    高田 司郎; 新出 尚之

    JAWS2003 デジタルポスターセッション・チュートリアル, 2003年10月

  • パネルディスカッション: GNU環境の活用方法

    新出 尚之(パネラーとして参加)

    第12回NT-Committee2関西勉強会, 2001年08月, システム制御情報学会・情報システムの管理・運用と利用(MUIS)研究分科会、NT-Committee2(共催), url

所属学協会

  • IEEE

  • 人工知能学会

  • 日本ロボット学会

  • 電子情報通信学会

  • 日本ソフトウェア科学会

Works(作品等)

  • 汎用OSとUNIXの並行運用システムにおける両OS間のリモートジョブシステムの構築とそのシステム管理および情報処理教育への応用

    1991年 - 1992年

  • 汎用OSでの電子メール・電子掲示板システムの構築および外部ネットワークとの接続

    1991年 - 1992年

  • MML言語による音楽(MIDI)ファイル作成システムの共同開発

  • UNIX上で広く用いられているソフトウェアやデバイスドライバの他システムへの移植やパッチなどの開発と公開

  • MS-DOS上の互換コマンド、スクリプト言語の実行支援ツールなどの開発と公開



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.