研究者総覧

大背戸 豊Ohsedo Yutakaオオセド ユタカ

所属部署名研究院工学系工学領域
職名准教授
Last Updated :2022/06/30

researchmap

プロフィール情報

  • 大背戸, オオセド
  • 豊, ユタカ

学位

  • 博士(工学), 大阪大学, 2000年03月

研究キーワード

  • 機能性繊維
  • 有機機能材料
  • 高分子材料
  • ゲル

研究分野

  • ナノテク・材料, 有機機能材料
  • ナノテク・材料, 高分子材料

経歴

  • 2020年04月, 2021年03月, 奈良女子大学, 研究院 生活環境科学系, 准教授, 日本国
  • 2018年04月, 2020年03月, 足利大学, 共通教育センター, 講師, 日本国
  • 2017年04月, 2018年03月, 福岡工業大学, 大学院非常勤講師, 日本国
  • 2017年04月, 2018年03月, 福岡工業大学, 臨時職員(ポスドク研究員), 日本国
  • 2016年09月, 2018年03月, 福岡工業大学, 非常勤講師, 日本国
  • 2015年09月, 2017年03月, 九州大学, 産学連携センター, 学術研究員
  • 2015年04月, 2017年03月, 福岡工業大学, 総合研究機構, 客員研究員, 日本国
  • 2015年09月, 2016年03月, 福岡工業大学, 非常勤講師, 日本国
  • 2015年07月, 2015年08月, 福岡工業大学, 臨時職員(ポスドク研究員)
  • 2011年04月, 2015年03月, 九州大学, 産学連携センター, 特任准教授
  • 2010年05月, 2011年03月, 九州大学, 産学連携センター, 学術研究員
  • 2009年09月, 2010年05月, 協和発酵ケミカル株式会社 (現 KHネオケム株式会社), 本社開発推進部, 課長補佐
  • 2007年04月, 2009年09月, 協和発酵ケミカル株式会社 (現 KHネオケム株式会社), 四日市研究所, リーダー
  • 2003年08月, 2007年03月, 協和発酵ケミカル株式会社 (現 KHネオケム株式会社), 四日市研究所, 研究員
  • 2001年11月, 2003年07月, 北海道大学, 大学院理学研究科, 助手, 日本国
  • 2000年04月, 2001年10月, 大阪大学, 大学院工学研究科, 助手, 日本国
  • 2021年04月, 9999年, 奈良女子大学, 研究院 工学系, 准教授, 日本国

学歴

  • 1997年04月, 2000年03月, 大阪大学, 大学院工学研究科, 物質化学専攻 博士後期課程
  • 1995年04月, 1997年03月, 大阪大学, 大学院工学研究科, 物質化学専攻 博士前期課程
  • 1993年04月, 1995年03月, 大阪大学, 工学部, 応用化学科
  • 1988年04月, 1993年03月, 神戸市立工業高等専門学校, 応用化学科

所属学協会

  • American Chemical Society, 2019年11月, 9999年
  • 有機合成化学協会, 2005年03月, 9999年
  • 日本化学会, 2000年04月, 9999年
  • 高分子学会, 2000年04月, 9999年

Ⅱ.研究活動実績

論文

  • 査読あり, 英語, Materials Advances, Structure-regulated tough elastomers of liquid crystalline inorganic nanosheet/polyurethane nanocomposites, Toki Morooka; Yutaka Ohsedo; Riki Kato; Nobuyoshi Miyamoto,

    Liquid crystalline nanosheet/polyurethane composite elastomers with superior mechanical properties were successfully synthesized using the newly developed in situ polymerization technique.

    , 2021年01月, 2, 3, 1035, 1042, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, ACS Omega, Liquid Crystalline Colloidal Mixture of Nanosheets and Rods with Dynamically Variable Length, Riki Kato; Akira Kakugo; Kazuhiro Shikinaka; Yutaka Ohsedo; Arif Md; Rashedul Kabir; Nobuyoshi Miyamoto, Here, we demonstrate the novel double-component liquid crystalline colloids composed of mesogenic inorganic nanosheets and the rods with dynamically variable length controlled by temperature. As the length-controllable rod, stiff biopolymer microtubule is used, which was successfully polymerized/depolymerized from tubulin proteins through a biochemical process even in the presence of the nanosheets. The mesoscopic structure of the liquid crystal phase was reversibly modifiable as caused by the change of the rod length., 2018年11月, 3, 11, 14869, 14874, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B, Anisotropic Self-Oscillating Reaction in Liquid Crystalline Nanosheet Hydrogels, Morio Shintate; Takumi Inadomi; Shinya Yamamoto; Yusuke Kuboyama; Yutaka Ohsedo; Takashi Arimura; Tomoka Nakazumi; Yusuke Hara; Nobuyoshi Miyamoto, Anisotropic chemical wave propagation of self-oscillating Belousov-Zhabotinsky (BZ) reaction was demonstrated in the poly(N-isopropylacrylamide) gel films embedded with macroscopically aligned liquid crystalline inorganic nanosheets. Although the average propagation rate of chemical wave v was 3.56 mm min-1 in the gels without nanosheets, the propagation was retarded in the gels with 1 wt % of nanosheets: v = 1.89 mm min-1 and v = 1.33 mm min-1 along the direction parallel and perpendicular to the nanosheet planes, respectively. Thus, the wave propagation is anisotropic with the anisotropy ratio v-/v = 1.42 in these gels and the periodic patterns formed by the BZ reaction were concentric ellipses, different from circles seen in isotropic gels. Furthermore, the propagation rate and degree of anisotropy were controllable by nanosheet concentration. These phenomena can be explained that the diffusion of molecules inside the gel is effectively hindered along the direction perpendicular to the nanosheet planes due to the very large aspect ratio of the aligned nanosheets. The present systems will be applicable for anisotropic self-oscillating soft actuators with one-dimensional motions as well as for ideal model system of BZ reactions., 2018年03月, 122, 11, 2957, 2961, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, ROYAL SOCIETY OPEN SCIENCE, New composite thixotropic hydrogel composed of a polymer hydrogelator and a nanosheet, Yutaka Ohsedo; Masashi Oono; Kowichiro Saruhashi; Hisayuki Watanabe; Nobuyoshi Miyamoto, A composite gel composed of a water-soluble aromatic polyamide hydrogelator and the nanosheet Laponite (R), a synthetic layered silicate, was produced and found to exhibit thixotropic behaviour. Whereas the composite gel contains the gelator at the same concentration as the molecular gel made by the gelator only, the composite gel becomes a softer thixotropic gel compared to the molecular gel made by the gelator only. The reason for this could be that bundles of polymer gelator may be loosened and the density of the polymer network increased in the presence of Laponite., 2017年11月, 4, 12, 171117, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, NEW JOURNAL OF CHEMISTRY, Synthesis of an electronically conductive hydrogel from a hydrogelator and a conducting polymer, Yutaka Ohsedo; Kowichiro Saruhashi; Hisayuki Watanabe; Nobuyoshi Mlyamoto, The present study demonstrates that the synthetic output of a polymer hydrogelator and a water-soluble electronically conductive polymer exhibits thixotropy due to the hydrogelator although each component at low concentrations does not exhibit this behaviour. The composite hydrogel exhibits semiconducting electronic conductivity and is insoluble in aqueous electrolyte solutions. These properties constitute significant advantages for applications in polymer electrodes., 2017年09月, 41, 18, 9602, 9606, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, RSC ADVANCES, Thixotropic stiff hydrogels from a new class of oleoyl-D-glucamine-based low-molecular-weight gelators, Yutaka Ohsedo; Masashi Oono; Kowichiro Saruhashi; Hisayuki Watanabe; Nobuyoshi Miyamoto, A series of new compounds comprising oleoyl, amino acid and D-glucamine moieties were synthesised using mild reaction conditions, and their hydrogelation ability was evaluated. The gels exhibited improved stiffness and thixotropic properties dependent on the chemical structure of the amino acid linker and the number of potential hydrogen bonding sites., 2017年, 7, 66, 41686, 41692, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, Clay Science, Cultivation of Cellulose-Producing Bacteria in the Nanosheet Liquid Crystal of Na-fluorohectorite, Shinya Yamamoto; Yutaka Ohsedo; Erii Yamada; Kohta Sonoda; Hajime Mita; Nobuyoshi Miyamoto, 2015年12月, 19, 3, 73, 77, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, Dyes and Pigments, A new family of light-emissive symmetric squarylium dyes in the solid state, Yutaka Ohsedo; Kowichiro Saruhashi; Hisayuki Watanabe, High-intensity light emission was observed from symmetric squarylium dyes bearing diaryl amine moieties in the solid state unlike typical squarylium analogues. The enhanced light emission in the solid state may be ascribed to the propeller-like dye architectures, which sterically hinder the intermolecular pi-pi interactions rather than the intramolecular charge transfer. (C) 2015 Elsevier Ltd. All rights reserved., 2015年11月, 122, 134, 138, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, RSC Advances, Improved mechanical properties of polyacrylamide hydrogels created in the presence of low-molecular-weight hydrogelators, Yutaka Ohsedo; Makiko Taniguchi; Masashi Oono; Kowichiro Saruhashi; Hisayuki Watanabe, Polyacrylamide hydrogels were prepared using molecular hydrogels composed of a low-molecular-weight gelator system, octylaldonamide/sodium dodecyl sulfate as templates by photo-polymerization, and the effect of the template on the polymer hydrogel network was examined on the basis of the polymer hydrogels' performance in compression tests. It was found that the crushing stress of the obtained polymer hydrogels was enhanced by using the molecular gel templates., 2015年10月, 5, 109, 90010, 90013, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, RSC Advances, A new water-soluble aromatic polyamide hydrogelator with thixotropic properties, Yutaka Ohsedo; Masashi Oono; Kowichiro Saruhashi; Hisayuki Watanabe, The water-soluble aromatic polyamide poly(3-sodium sulfo-p-phenylene terephthalamide) forms a hydrogel with anisotropy, which exhibits good thixotropic behaviour, even at the critical gel concentration of the gelator (1.0 wt%)., 2015年09月, 5, 101, 82772, 82776, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, New Journal of Chemistry, Long-chain alkylamide-derived oil gels: Mixing induced onset of thixotropy and application in sustained drug release, Yutaka Ohsedo; Makiko Taniguchi; Masashi Oono; Kowichiro Saruhashi; Hisayuki Watanabe, We showed that the gelation ability of commercially available long-chain alkylamides, behenamide (BAm) and erucamide (EAm) in various solvents for the first time. Furthermore, oil gels derived from mixtures of BAm and EAm exhibited thixotropic properties although the same property was absent in the oil gels prepared separately using each alkylamide. The thixotropic behaviour of a two-component mixed gel was evaluated using a rheometer quantitatively. We also found that the obtained two-component oil gel can be formulated for use as a vehicle for sustained drug release. The drug, antipyrine, in BAm/EAm (1/1, w/w) olive oil gel formulation was gradually released into water following Fickian diffusion kinetics., 2015年06月, 39, 8, 6482, 6490, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, RSC Advances, Onset of mixing-induced thixotropy in hydrogels by mixing two homologues of low-molecular-weight hydrogelators, Yutaka Ohsedo; Masashi Oono; Kowichiro Saruhashi; Hisayuki Watanabe, We determined the onset of thixotropy in hydrogels when two homologues of low-molecular-weight hydrogelators, N-alkyl-D-glucamides, were mixed. Intriguingly, the hydrogels generated from the individual components did not show such behaviour. The mixing induced onset of thixotropy might be attributed to the improved network quality., 2014年09月, 4, 82, 43560, 43563, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, RSC Advances, Creation of thixotropic multicomponent alkylamide organogels containing non-volatile oil as potential drug release host materials, Yutaka Ohsedo; Makiko Taniguchi; Masashi Oono; Kowichiro Saruhashi; Hisayuki Watanabe, Multicomponent alkylamide organogels containing non-volatile oils were generated as potential thixotropic host materials for medicinal applications such as ointments. In the presence of these non-volatile oils, a three-component alkyl amide system exhibited mixed induced thixotropy. This thixotropic organogel showed drug release abilities following diffusion kinetics and may be suitable drug release host materials., 2014年08月, 4, 67, 35484, 35488, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, DYES AND PIGMENTS, Synthesis and electrochemical properties of symmetric squarylium dyes containing diarylamine, Yutaka Ohsedo; Misao Miyamoto; Akihiro Tanaka; Hisayuki Watanabe, We studied the synthesis and electrochemical properties of symmetric squarylium dyes (SQDs) containing diarylamine with various structures. It was shown that several of our synthesized SQDs had improved electrochemical properties and might be a promising and an easy modifiable pi-conjugate core block of active materials for electroactive and photoactive devices. (C) 2013 Elsevier Ltd. All rights reserved., 2014年02月, 101, 261, 269, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, RSC ADVANCES, N-Alkylamido-D-glucamine-based gelators for the generation of thixotropic gels, Yutaka Ohsedo; Masashi Oono; Kowichiro Saruhashi; Hisayuki Watanabe, Hydrogels made from new gelators, composed of the alkyl chain and a D-glucamine moiety linked together with glycine(s), exhibit thixotropic properties, whereas the hydrogels formed with structurally similar N-alkyl-D-glucamide, which do not contain the glycine moiety, have a tendency to crystallize and do not show thixotropic behaviour., 2014年, 4, 89, 48554, 48558, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, RSC ADVANCES, A new composite thixotropic hydrogel composed of a low-molecular-weight hydrogelator and a nanosheet, Yutaka Ohsedo; Masashi Oono; Kowichiro Saruhashi; Hisayuki Watanabe; Nobuyoshi Miyamoto, A two-component composite comprised of a low-molecular-weight hydrogelator and the nanosheet Laponite (R), a synthetic layered silicate, showed thixotropic behaviour, whereas each single component did not show thixotropic behaviour at the same concentration. This mixing enhancement effect may be attributed to the improved quality of the gel network., 2014年, 4, 84, 44837, 44840, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, New Journal of Chemistry, Synthesis of a new squarylium alkylamide family and its organogelation ability, Yutaka Ohsedo; Misao Miyamoto; Akihiro Tanaka; Hisayuki Watanabe, A new family of squarylium monoalkylamides and dialkylamides was synthesised and its organogelation ability was evaluated. We found that both squarylium monoalkylamides and dialkylamides formed organogels in DMF. We also found that ion-selective organogel formation was observed in DMF solutions containing metal ions, and gel electrolytes consisting of squarylium alkylamides, DMF and LiClO4 showed good ionic conductivities comparable to that of the corresponding liquid electrolytes., 2013年07月, 37, 9, 2874, 2880, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, New Journal of Chemistry, Mixing induced thixotropy of a two-component system of alkylurea organogelators having different alkyl chains, Yutaka Ohsedo; Masashi Oono; Akihiro Tanaka; Hisayuki Watanabe, Mixing induced thixotropy was demonstrated on a two-component system of alkylurea with different alkyl chains known as low-molecular-weight organogelators. Individually, the component gels did not show thixotropic behavior. The improved network structure obtained by mixing might enable enhanced toughness and stimulus-responsiveness of mixed gels., 2013年05月, 37, 8, 2250, 2253, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, Chemistry Letters, Mixing enhancement effect of low-molecular-weight organogelators for thixotropic organogel creation, Yutaka Ohsedo; Hisayuki Watanabe; Masashi Oono; Akihiro Tanaka, In this study, we found that organogels composed of mixed alkylhydrazide derivatives with different alkyl chains as low-molecular-weight organogelators showed thixotropic properties, whereas organogels composed of a single alkylhydrazide component did not show such properties. With a two- or three-component system of alkylhydrazides, the transparency and mechanical properties of the resulting organogels were enhanced. This mixing enhancement for organogelators might be due to an improved network of closer and finer fibers compared to that in a one-component system., 2013年03月, 42, 4, 363, 365, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, Bulletin of the Chemical Society of Japan, Alkylhydrazide derivatives as new organogelators and their potential ability to gel electrolytes, Yutaka Ohsedo; Misao Miyamoto; Hisayuki Watanabe; Masashi Oono; Akihiro Tanaka, We found that alkylhydrazides, which are commercially available reagents, formed organogels in various organic solvents having dielectric constants ranging from 2 to 66. We also found that gel electrolytes consisting of alkylhydrazide, PC, and LiClO4 showed good ionic conductivities, which were comparable to those of the corresponding liquid electrolytes., 2013年03月, 86, 5, 671, 673, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, RSC Advances, Improved mechanical properties of alkylamide organogels via a mixing enhancement effect, Yutaka Ohsedo; Hisayuki Watanabe; Masashi Oono; Akihiro Tanaka, Mixtures of alkylamide derivatives with different alkyl chains were found to form organogels which exhibit thixotropic properties, while single alkylamide components formed organogels which did not exhibit such properties. With a three-component alkylamide system, the transparency and mechanical properties (toughness and stimulus-responsiveness) of the resulting organogels were enhanced. This mixing enhancement for organogelators may be due to the improved network density compared with that of the one-component systems. © 2013 The Royal Society of Chemistry., 2013年02月, 3, 17, 5803, 5806, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, RSC Advances, Hydrogel formed by a simple squaric acid derivative, Yutaka Ohsedo; Misao Miyamoto; Masashi Oono; Kazuaki Shikii; Akihiro Tanaka, A new and simple low-molecular-weight gelator containing squaric acid moiety (PhSQ) forms a hydrogel or crystal in aqueous solution depending on the PhSQ concentration. The hydrogelation ability of PhSQ can be enhanced by adding an acid reagent. The hydrogel might consist of bundles of PhSQ whose hydrophilic porous cavities contain water. © 2013 The Royal Society of Chemistry., 2013年01月, 3, 12, 3844, 3847, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering, Hole-transporting and emitting pendant polymers for organic electroluminescent devices, Hiroshi Kageyama; Daisuke Mutaguchi; Keisuke Hashimoto; Daisuke Nagamatsu; Masatake Tanaka; Kenji Okumoto; Yutaka Ohsedo; Yasuhiko Shirota, New hole-transporting pendant polymers with high glass-transition temperatures (Tgs) above 200 degrees C were designed and synthesized. Multilayer organic electroluminescent (EL) devices using the new polymers as the hole-transport layer and quinacridone-doped tn's(8-quinolinolato)aluminum as the emitting layer exhibited high performance. One of the hole-transporting polymers functioned well as a hole injection buffer layer in organic EL devices. New green- and orange-emitting pendant polymers with high Tgs and desired ambipolar character were also designed and synthesized. Organic EL devices using these emitting polymers also exhibited good performance. One of the hole-transporting polymer showed a high hole carrier mobility of over 10(-3) cm(2)V(-1) s(-1) at an electric field of 1.0 x 10(5) Vcm(-1), as determined by a time-of-flight method., 2006年12月, 6333, 63330G, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, CHROMOGENIC PHENOMENA IN POLYMERS, Synthesis, properties, and applications of photochromic amorphous molecular materials and electrochromic polymers, Y Shirota; H Nakano; Imae, I; Y Ohsedo; Y Yasuda; H Utsurni; T Ujike; T Takahashi, The synthesis, properties, and applications of photochromic amorphous molecular materials and novel organic electrochromic materials including molecular gels and polymers containing pendant oligothiophenes are described., 2005年, 888, 173, 186, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, Langmuir, Surface friction of hydrogels with well-defined polyelectrolyte brushes, Yutaka Ohsedo; Rikiya Takashina; Jian Ping Gong; Yoshihito Osada, Hydrogels of poly(2-hydroxyethyl methacrylate) (PHEMA) with well-defined polyelectrolyte brushes of poly(sodium 4-styrenesulfonate) (PNaSS) of various molecular weights were synthesized, keeping the distance between the polymer brushes constant at ca. 20 nm. The effect of polyelectrolyte brush length on the sliding friction against a glass plate, an electrorepulsive solid substrate, was investigated in water in a velocity range of 7.5 x 10(-5) to 7.5 x 10(-2) m/s. It is found that the presence of polymer brush can dramatically reduce the friction when the polymer brushes are short. With an increase in the length of the polymer brush, this drag reduction effect only works at a low sliding velocity, and the gel with long polymer brushes even shows a higher friction than that of a normal network gel at a high sliding velocity. The strong polymer length and sliding velocity dependence indicate a dynamic mechanism of the polymer brush effect., 2004年07月, 20, 16, 6549, 6555, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, Langmuir, Shear-induced mesophase organization of polyanionic rigid rods in aqueous solution, Takafumi Funaki; Tatsuo Kaneko; Kanji Yamaoka; Yutaka Ohsedo; Jian Ping Gong; Yoshihito Osada; Mitsuru Ueda; Yuzo Shibasaki, 2004年06月, 20, 15, 6518, 6520, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, Macromolecular Chemistry and Physics, Study on Doping Behaviors of Vinyl Hydrogels with Pendant Terthiophenes, Li Chen; Jian Ping Gong; Yutaka Ohsedo; Yoshihito Osada, The water-swollen poly(AA3T-co-NaSS) and poly(AA3T-co-PEG) gels were synthesized by radical copolymerization of the monomer, [(2,2:5',2"-terthiophen-5-yl)methyl acrylate] (AA3T), containing pendant terthiophenes as an electron-conducting material with a soluble monomer, sodium p-styrenesulfonate (NaSS), or oligo(ethylene glycol) (PEG); their swelling, spectral, and doping behaviors were investigated. The degree of swelling of the poly(AA3T-co-PEG) gel was independent of the pH, whereas that of poly(AA3T-co-NaSS) gel increases abruptly below pH 3, which suggests self-doping between the AA3T and NaSS groups. The self-doping is not suppressed by cross-linking. Both poly(AA3T-co-NaSS) and poly(AA3T-co-PEG) gels can be chemically doped with concentrated HCl or HClO4 solution., 2003年11月, 204, 17, 2142, 2146, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, Journal of Polymer Science, Part B: Polymer Physics, Synthesis and electrochromic properties of a new family of methacrylate polymers containing pendant oligothiophenes, Yutaka Ohsedo; Ichiro Imae; Yasuhiko Shirota, A new family of methacrylate polymers containing pendant terthiophene, quaterthiophene, quinquethiophene, and sexithiophene was synthesized by the radical polymerization of the corresponding methacrylate monomers, and the electrochemical and electrochromic properties were investigated. The anodic oxidation of these polymers in the presence of tetra-n-butylammonium perchlorate as a supporting electrolyte produced radical-cation salts of pendant oligothiophenes with ClO4- as a dopant. The electrochemically oxidized polymers had partially crosslinked structures resulting from the coupling reaction of pendant oligothiophene radical cations, the extent of crosslinking significantly decreasing with the increasing conjugation length of the pendant oligothiophenes. Comparative spectroelectrochemical studies of the monomers in solution and the polymers as solid films showed that π-dimer formation of oligothiophene radical cations took place more readily for the polymer films than for the monomers in solution. This new family of methacrylate polymers containing pendant oligothiophenes constitutes a new class of potential electrochromic materials, undergoing reversible, clear color changes on electrochemical oxidation and reduction., 2003年09月, 41, 21, 2471, 2484, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, Organic Electronics: physics, materials, applications, Development of a new class of hole-transporting and emitting vinyl polymers and their application in organic electroluminescent devices, Daisuke Mutaguchi; Kenji Okumoto; Yutaka Ohsedo; Kazuyuki Moriwaki; Yasuhiko Shirota, A new class of hole-transporting vinyl polymers, poly{4-vinyl-4'-[bis(4'-tert-butylbiphenyl-4-yl)amino]biphenyl (PVBAB) and poly 4-vinyl-4'-[N,N-bis(9,9-dimethylfluoren-2-yl)amino]biphenyl} (PVFAB), and a new emitting vinyl polymer, poly(2-{4-[4-vinylphenyl(4-methylphenyl)amino]phenyl}-5-dimesitylborylthiophene) (PVPhAMB-1T), were designed and synthesized. These new vinyl polymers form smooth amorphous films with high glass-transition temperatures of ca. 200 degreesC. PVBAB and PVFAB possess electron-donating properties, and PVPhAMB-1T possesses bipolar character with both electron-donating and accepting properties, exhibiting strong fluorescence in solution and as films. Organic electroluminescent devices using PVBAB or PVFAB as a hole-transport layer and N,N'-dimethylquinacridone-doped tris(8-quinolinolato)aluminum as an emitting layer were thermally stable and exhibited very high performance. The use of PVPhAMB-1T as an emitting material also permitted the fabrication of a high-performance, green-emitting organic EL device. (C) 2003 Elsevier B.V. All rights reserved., 2003年09月, 4, 2-3, 49, 59, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, Macromolecular Chemistry and Physics, Water-swollen hydrogels with pendant terthiophenes, Li Chen; Jian Ping Gong; Yutaka Ohsedo; Yoshihito Osada, A chemically cross-linked and water-swollen poly(AA3T-co-AA) gel having pendant terthiophenes was synthesized by radical copolymerization of [(2.2':5',2"-terthiophen-5-yl-)methyl acrylate] (AA3T) and acrylic acid (AA), and its swelling, dissociation, and doping behaviors were studied. The gel swells in high pH solution, which is associated with the dissociation and, hence, electrostatic repulsion of the AA units and the pH value at which the swelling starts increases with increasing AA3T composition. The dissociation of the gels is suppressed, presumably due to the incorporation of the hydrophobic AA3T unit, and, once started, the dissociation could be promoted by AA3T in the low pH region. Poly(AA3T-co-AA) copolymers and gels can be easily electrochemically and chemically doped. The volume change of the gels is observed during doping/undoping and the maximum volume change reached was about 50%., 2003年03月, 204, 4, 661, 665, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, American Chemical Society, Polymer Preprints, Division of Polymer Chemistry, Synthesis, properties, and applications of photochrome amorphous molecular materials and electrochromic polymers, Yasuhiko Shirota; Hideyuki Nakano; Ichiro Imae; Yutaka Osedo; Hisayuki Utsumi; Toshiki Ujike; Toru Takahashi, 2002年04月, 43, 1, 53, 54, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 査読あり, 英語, Macromolecular Chemistry and Physics, Crystalline structure and thermal behavior of water-soluble copolymers with pendant terthiophenes, Li Chen; Tatsuo Kaneko; Jian Ping Gong; Yoshihito Osada; Yutaka Ohsedo; Yasuhiko Shirota, The water-soluble copolymers having pendant terthiophene, poly(AA3T-co-AA), were synthesized by radical copolymerization of [(2,2': 5', 2"-terthiophen-5-yl)methyl acrylate] (AA3T) and acrylic acid (AA), and their molecular structures and thermal behaviors were studied, X-ray diffraction study showed that the copolymers containing a certain amount of AA3T can form the crystals with monolayer structure, while incorporation of too many AA units into the copolymers disrupted this structure. Possible mechanism of self-doping on heating was discussed in terms of interaction between AA3T unit with AA unit in the copolymers., 2002年01月, 203, 1, 176, 181, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, Journal of Photopolymer Science and Technology, Development of a new emitting amorphous molecular material, 2,5-bis-(2-{4-[bis(4-methylphenyl)amino]phenyl}thiophen-5-yl)furan, Yutaka Ohsedo; Toshihiko Yamate; Kenji Okumoto; Yasuhiko Shirota, 2001年06月, 14, 2, 297, 298, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, Electrochimica Acta, Electrochromic properties of new methacrylate copolymers containing pendant oligothiophene and oligo(ethyleneoxide) moieties in the presence of a polymer-gel electrolyte, Yutaka Ohsedo; Ichiro Imae; Yasuhiko Shirota, Electrochromic properties of new methacrylate copolymers containing pendant terthiophene and oligo(ethyleneoxide) moieties, poly[(2,2':5',2 "-terthiophen-5-yl)methyl methacrylate-co-alpha-ethoxy-omega-methacryloyl-oligo(ethyleneoxide)] (poly(MA3T-co-MAEO)), in the presence of a polymer-gel electrolyte were studied. A polymer-gel electrolyte composed of poly(methylmethacrylate), lithium perchlorate, and propylene carbonate was sandwiched between two indium-tin oxide (ITO)-coated glass substrates, on one of which a film of poly(MA3T-co-MAEO) was coated. The device was found to undergo a color change from yellowish-orange to pale green and vice versa on electrochemical oxidation and reduction. The response times for green coloration and decoloration of a poly(MA3Tco-MAEO) 60/40 film in the presence of the polymer-gel electrolyte were estimated to be 5.3 and 5.5 s, respectively. (C) 2000 Elsevier Science Ltd. All rights reserved., 2000年01月, 45, 8, 1543, 1547, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, Synthetic Metals, Synthesis and electrochromic properties of methacrylate copolymers containing pendant terthiophene and oligo(ethyleneoxide) moieties, Yutaka Ohsedo; Ichiro Imae; Yasuhiko Shirota, Novel methacrylate copolymers containing pendant terthiophene and oligo(ethyleneoxide) moieties, poly(2,2':5',2"-terthiophen-5-yl)methyl methacrylate-co-alpha-ethoxy-omega-methacryloyl-(poly (MA3T-co-MAEO)), were prepared by radical copolymerization of the corresponding monomers in varying mole ratios and their application as electrochromic materials examined The copolymers were found to undergo reversible, clear color change from yellowish orange to purple and vice versa on electrochemical doping and dedoping. The response time for color change on electrochemical doping and dedoping was found to decrease for the copolymers than for the corresponding methacrylate homopolymer containing pendant terthiophene., 1999年06月, 102, 1-3, 969, 970, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, Macromolecules, Synthesis of a novel family of electrochemically-doped vinyl polymers containing pendant oligothiophenes and their electrical and electrochromic properties, Ichiro Imae; Kazunari Nawa; Yutaka Ohsedo; Naoki Noma; Yasuhiko Shirota, Novel electrochemically-doped vinyl polymers containing 2,2':5',2 '':5 '',2'''-quaterthiophene, 4',3'''-dioctyl-2,2':5',2 '':5 '',2''':5''',2''''-quinquethiophene, and 4',3''''-dioctyl-2,2':5',2 '':5 '',2''':5''',2'''':5'''',2'''''-sexithiophene as pendant groups were prepared by anodic polymerizations of the corresponding new vinyl monomers in the presence of tetra-n-butylammonium perchlorate as a supporting electrolyte, and their electrical and electrochromic properties were investigated. The electrochemically-doped polymers, which were obtained as deeply-colored, lustrous films on the surface of the working electrode, were identified as radical-cation salts of pendant oligothiophenes with ClO4- as a dopant, having a partially-cross-linked structure due to the coupling reaction of the radical cation of the pendant oligothiophene moiety. The electrical conductivity of these electrochemically-doped polymers increased with increasing conjugation length of the pendant oligothiophenes; the polymer containing the pendant sexithiophene group exhibited a room-temperature conductivity of ca. 10(-4) S cm(-1) with an activation energy of 0.25 eV. These polymers undergo a reversible clear color change from green to yellow and vice versa on electrochemical dedoping and doping, constituting a novel class of potential electrochromic materials., 1997年02月, 30, 3, 380, 386, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, Synthetic Metals, Synthesis and electrochromic properties of a methacrylate polymer containing pendant terthiophene, Yutaka Ohsedo; Ichiro Imae; Naoki Noma; Yasuhiko Shirota, A new methacrylate polymer containing terthiophene as a pendant group, poly[(2,2':5',2 ''-terthiophen-5-yl)methyl methacrylate],has been prepared by radical polymerization of the corresponding monomer and its electrochromic properties have been examined. Electrochemical oxidation of the polymer in the presence of tetra-n-butylammonium perchlorate produced a purple-colored electrochemically doped polymer, which was identified as a radical-cation salt of pendant terthiophene with ClO4- as a dopant. The polymer undergoes a reversible clear color change from pale yellow to purple and Vice versa on electrochemical doping and dedoping and is expected to be a potential electrochromic material., 1996年08月, 81, 2-3, 157, 162, 研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 査読無し, 日本語, 家政学研究, 2021, 第134号, やわらかいものを「材料」にする試み~ゲル状物質の機能材料への応用, 大背戸豊, 2021年03月, 67, 71, 記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)
  • 査読無し, 日本語, 足利大学総合研究センター年報, 令和2年, 第21号, 段階的に変化する熱応答性高分子材料作製の基礎検討, 大背戸豊; 高島淳, 2020年11月, 105, 108, 記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)
  • 査読無し, 日本語, 月刊ファインケミカル, 低分子ゲル化剤の混合によるチキソトロピー性の発現, 大背戸豊, 2017年10月, 46, 10, 32, 40, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 国内誌
  • 査読あり, 英語, Gels, Low-Molecular-Weight Gelators as Base Materials for Ointments, Yutaka Ohsedo, 2016年04月, 2, 2, 13, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 国際誌
  • 査読あり, 英語, Polymers for Advanced Technologies, WILEY, Low-molecular-weight organogelators as functional materials for oil spill remediation, Yutaka Ohsedo, Oil spills from tankers are one of the major types of man-made disasters that impact the marine environment, and they have been shown to have long-lasting effects. On prevention of the spread of oil through rapid cleanup of spills, low-molecular-weight organogelators have received much attention because of their ability to tune their properties through rational design. In this mini-review, I present a brief summary of studies focused on the remediation of oil spills via a chemical method, which involves the use of low-molecular-weight organogelators that form organogels with fuel oils or organic solvents. Moreover, recent attempts to create new improved molecular organogels composed of commercially available simple organogelators via a mixing induced enhancement method for solidifying oil are also discussed. In addition, polymer organogelators for oil spills are discussed in relation to low-molecular weight gelators. Copyright (C) 2015 John Wiley & Sons, Ltd., 2016年, 27, 6, 704, 711, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 国際誌
  • 査読あり, 日本語, Journal of the Japan Society of Colour Material, 低分子ゲル化剤の混合による機能付与, 大背戸豊; 渡邊久幸, 2013年10月, 86, 375, 379, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 国内誌
  • 査読無し, 日本語, 高分子, 水溶性ポリチオフェンのエレクトロクロミズム, 大背戸豊, 2002年07月, 51, 521, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 査読無し, 日本語, 高分子, π共役系高分子の合成・物性および機能材料への応用, 城田靖彦; 大背戸豊, 2002年02月, 51, 66, 70, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 国内誌
  • 査読無し, 日本語, 高分子, デンドリマーを用いた有機EL素子の特性に及ぼす世代の影響, 大背戸豊, 2001年09月, 50, 668, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 査読無し, 日本語, 高分子, 無機半導体超微粒子-高分子複合系の多色蛍光発光, 大背戸豊, 2000年12月, 49, 848, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 査読無し, 日本語, 高分子, 低分子液晶-デンドリマー複合系の光散乱を利用した液晶表示素子への応用, 大背戸豊, 2000年07月, 49, 550, 551, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 査読無し, 日本語, 平成12年度新素材技術部会調査報告書、(社)新化学発展協会, π電子系有機物質の物性・機能とデバイスへの応用, 城田靖彦; 協力; 中野英之; 景山弘; 大背戸豊; 門田敏明; 奥本健二, 2000年03月, 機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等
  • 査読無し, 日本語, 高分子, ポリマー溶液を用いる発光ダイオード, 大背戸豊; 野田哲也, 1999年09月, 48, 727, 728, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 国内誌
  • 査読無し, 日本語, 高分子, 電子供与性および電子受容性高分子、高分子固体電解質複合系における光電変換, 大背戸豊; 野田哲也, 1999年01月, 48, 43, 44, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 国内誌

書籍等出版物

  • Colloidal nanosheets ("Inorganic Nanosheets and Nanosheet-Based Materials: Fundamentals and Functions of Two-Dimensional Systems," Teruyuki Nakato, Jun Kawamata, Shinsuke Takagi (Eds.), Part I Chapter 8), Springer, Nobuyoshi Miyamoto; Yutaka Ohsedo; Teruyuki Nakato, 2017年04月, 542, pp. 201-260, Part I Chapter 8, 英語, 査読無し, その他, 9784431564966
  • アルキルヒドラジド誘導体によるチキソトロピー性超分子ゲル(「低分子ゲルの開発と応用」鈴木正浩監修、第11章3節), シーエムシー出版, 大背戸 豊, 2016年05月, 250, pp. 115-122、第11章3節, 日本語, 査読無し, その他, 9784781311562
  • アルキルヒドラジド誘導体の新規低分子オイルゲル化剤への応用(「ゲルの安定化と機能性付与・次世代への応用開発」矢内雅人編、第2章4節), 技術情報協会, 大背戸 豊, 2013年12月, 552, pp. 122-126, 日本語, 査読無し, その他, 9784861045141
  • Synthesis, Properties, and Applications of Photochromic Amorphous Molecular Materials and Electrochromic Polymers ("Chromogenic Phenomena in Polymers: Tunable Optical Properties (ACS SYMPOSIUM SERIES)," S. A. Jenekhe and D. J. Kiserow (Eds), Chapter 13), American Chemical Society, Yasuhiko Shirota; Hideyuki Nakano; Ichiro Imae; Yutaka Ohsedo; Yoshiaki Yasuda; Hisayuki Utsumi; Toshiki Ujike; Toru Takahashi, 2004年08月, 456, pp. 173-186, 英語, 査読無し, その他, 9780841238305

講演・口頭発表等

  • 大背戸豊, 国内, 日本化学会第101春季大会、オンライン開催, 高分子ゲル化剤をマトリクスとする導電性複合ヒドロゲル材料の創製, 口頭発表(一般), 2021年03月21日, 2021年03月19日, 2021年03月22日, 日本語, 国内会議
  • 大背戸豊, 国内, 第69回高分子討論会、岩手大学(盛岡市、岩手県⇒オンライン開催), 高分子ヒドロゲル化剤による導電性複合ゲル材料の創製, 口頭発表(一般), 2020年09月18日, 2020年09月16日, 2020年09月18日, 日本語, 国内会議
  • 大背戸豊, 国内, 日本化学会第100春季大会、東京理科大学(野田市、千葉県), 混合系分子性ゲルを構成するアルキルアニリド類, 口頭発表(一般), 2020年03月22日, 2020年03月22日, 2020年03月25日, 日本語, 国内会議
  • 諸岡時希, 大背戸豊, 宮元義展, 国際, 29th Annual Meeting of MRS-Japan 2019, MRS-J 30th Anniversary Symposium, 27-29 November 2019 Yokohama Japan, 無機ナノシート/ポリウレタンナノ複合ファイバーの合成, 口頭発表(一般), 2019年11月27日, 日本語
  • 古川聡起, 大背戸豊, 宮元展義, 国内, 第68回高分子討論会、福井大学(福井市、福井県), ゲル鋳型を利用したナノシート/エポキシ樹脂複合材料の合成, 口頭発表(一般), 2019年09月25日, 2019年09月25日, 2019年09月27日, 日本語, 国内会議
  • 大背戸 豊, 国内, 日本化学会第99春季大会、甲南大学(神戸市、兵庫県), 異なる鎖長のアルキル基および水素結合性基を有する低分子ゲル化剤の混合による機能向上, 口頭発表(一般), 2019年03月18日, 2019年03月16日, 2019年03月19日, 日本語, 国内会議
  • 宮元展義; 諸岡時希; 古川聡起; 稲富巧; 大背戸豊, 国内, 第67回高分子討論会、北海道大学(札幌市、北海道), 無機ナノシート液晶を複合化したエラストマーとゲル, 口頭発表(一般), 2018年09月12日, 日本語, 国内会議
  • 古川聡起; 大背戸豊; 宮元展義, 国内, 第67回高分子討論会、北海道大学(札幌市、北海道), ヒドロゲルを鋳型としたナノシート高分子ハイブリッド材料の創生, 口頭発表(一般), 2018年09月12日, 日本語, 国内会議
  • 諸岡時希; 大背戸豊; 宮元展義, 国内, 第67回高分子討論会、北海道大学(札幌市、北海道), 液晶性無機ナノシート/ポリウレタン複合ファイバーの合成, 口頭発表(一般), 2018年09月12日, 日本語, 国内会議
  • 大背戸豊; 大野正司; 猿橋康一郎; 渡邊久幸; 宮元展義, 国内, 第67回高分子討論会、北海道大学(札幌市、北海道), 高分子ヒドロゲル化剤をマトリクスとする複合ゲル材料の創製, 口頭発表(一般), 2018年09月12日, 日本語, 国内会議
  • 〇Toshiki Furukawa; Yutaka Ohsedo; Nobuyoshi Miyamoto, 国際, The 5th International Conference on Nanomechanics and Nanocomposites (ICNN5, Fukuoka Institute of Technology, Fukuoka, Japan), Synthesis of Nanocomposite Material Using Nanosheet/Hydrogel Composite Polymer for Template, ポスター発表, 2018年08月22日, 英語, 国際会議
  • Toki Morooka; Yutaka Ohsedo; Nobuyoshi Miyamoto, 国際, The 5th International Conference on Nanomechanics and Nanocomposites (ICNN5, Fukuoka Institute of Technology, Fukuoka, Japan), Synthesis of Nanosheet Liquid Crystal Composite Polyurethane Fiber, ポスター発表, 2018年08月22日, 英語, 国際会議
  • Yutaka Ohsedo, 国際, The 5th International Conference on Nanomechanics and Nanocomposites (ICNN5, Fukuoka Institute of Technology, Fukuoka, Japan), Mixing Strategy to Enhance Gel Properties Composed of Low-Molecular-Weight Gelators, 口頭発表(一般), 2018年08月22日, 英語, 国際会議
  • Yutaka Ohsedo, 国際, West Japan Nanosheet Society Summer Camp 2018 (WJNS-SC2018, Kaneya Annex, Iki-shi, Nagasaki, Japan), Squaric acid for creating low-molecular-weight gelators and functional dyes, 口頭発表(招待・特別), 2018年08月09日, 英語, 国際会議
  • 古川聡起; 大背戸豊; 宮元展義, 国内, 平成29年度インターカレッジセミナー 兼 油化学界面科学部会九州地区講演会、FITセミナーハウス大分(由布市、大分県), 酸分解性架橋点を有するナノシート複合型ダブルネットワークポリマーの合成, 口頭発表(一般), 2018年01月28日, 日本語, 国内会議
  • 諸岡時希; 大背戸豊; 宮元展義, 国内, 平成29年度インターカレッジセミナー 兼 油化学界面科学部会九州地区講演会、FITセミナーハウス大分(由布市、大分県), ナノシート/ポリウレタン複合体の合成, 口頭発表(一般), 2018年01月27日, 日本語, 国内会議
  • 平田夏樹; 大背戸豊; 宮元展義, 国内, 平成29年度インターカレッジセミナー 兼 油化学界面科学部会九州地区講演会、FITセミナーハウス大分(由布市、大分県), 粘土鉱物/ポリイミド複合体の合成, ポスター発表, 2018年01月27日, 日本語, 国内会議
  • 大背戸豊; 猿橋康一郎; 渡邊久幸; 宮元展義, 国内, 西日本ナノシート研究会ウインターキャンプ、つえたて温泉ひぜんや(阿蘇郡、熊本県), 高分子ヒドロゲル化剤/導電性高分子複合系の創製, 口頭発表(一般), 2017年12月02日, 日本語, 国内会議
  • 大背戸豊; 大野正司; 猿橋康一郎; 渡邊久幸; 宮元展義, 国内, 高分子基礎研究会2017、敦賀ニューサンピア(敦賀市、福井県), 水溶性芳香族ポリアミド系高分子ゲル化剤/無機ナノシート複合分子性ゲルの創製, 口頭発表(一般), 2017年11月24日, 日本語, 国内会議
  • 大背戸豊; 大野正司; 猿橋康一郎; 渡邊久幸; 宮元展義, 国内, 第66回高分子討論会、愛媛大学(松山市、愛媛県), 新規グルカミン系低分子ゲル化剤からなる分子性ゲルとそのチキソトロピー性, 口頭発表(一般), 2017年09月21日, 日本語, 国内会議
  • 〇Yutaka Ohsedo; Masashi Oono; Kowichiro Saruhashi; Hisayuki Watanabe; Nobuyoshi Miyamoto, 16th INTERNATIONAL CLAY CONFERENCE, CLAYS, FROM THE OCEANS TO SPACE – Granada, Spain 17-21 July 2017, MIXING ENHANCEMENT EFFECT OF MOLECULAR GELS COMPOSED OF HYDROGELATOR WITH LAPONITE ON THIXOTROPIC BEHAVIOR, ポスター発表, 2017年07月, 英語, 国際会議
  • 大背戸豊; 大野正司; 猿橋康一郎; 渡邊久幸; 宮元展義, 国内, 第66回高分子学会年次大会、幕張メッセ(千葉市、千葉県), グルカミン系低分子ゲル化剤から成るチキソトロピー性ヒドロゲル, 口頭発表(一般), 2017年05月30日, 日本語, 国内会議
  • Natsuki Hirata; Yutaka Ohsedo; Nobuyoshi Miyamoto, The 11th SPSJ International Polymer Conference (IPC 2016) , Fukuoka International Congress Center, Fukuoka, Japan, December 13 - 16, 2016, Synthesis of nanosheet LC/Polyimide Composites, 2016年12月06日, 英語, 国際会議
  • 大背戸豊; 大野正司; 猿橋康一郎; 渡邊久幸; 宮元展義, 第65回高分子討論会、神奈川工科大学(横浜市、神奈川県), 新規グルカミン誘導体が形成するチキソトロピー性ヒドロゲル, 2016年09月16日, 日本語, 国内会議
  • 大背戸豊, 西日本ナノシート研究会サマーキャンプ 2016、屋久島シーサイドホテル(屋久島町、鹿児島県), グリシン-グルカミン構造を中心とする新規低分子ゲル化剤の創製, 2016年07月24日, 日本語, 国内会議
  • 〇Yutaka Ohsedo, The 1st FIT-ME Symposium, Fukuoka Institute of Technology, Fukuoka, May 16 2016, Mixing Enhancement Effect of Low-Molecular-Weight Hydorgelator with Laponite, 2016年05月16日, 英語, 国際会議
  • 大背戸豊; 大野正司; 猿橋康一郎; 渡邊久幸, 日本化学会第96春季年会、同志社大学京田辺キャンパス(京田辺市、京都府), チキソトロピー性ヒドロゲルを形成する新規グルカミン系低分子ヒドロゲル化剤創製, 2016年03月27日, 日本語, 国内会議
  • 大背戸豊, 高分子基礎研究会2015、FITセミナーハウス大分(由布市、大分県), 水溶性芳香族ポリアミドの高分子ゲル化剤への応用, 2016年01月30日, 日本語, 国内会議
  • 平田夏樹; 大背戸豊; 宮元展義, 高分子基礎研究会2015、FITセミナーハウス大分(由布市、大分県), 有機溶媒分散型ナノシート液晶を利用した無機/ポリイミド複合体の合成, 2016年01月30日, 日本語, 国内会議
  • 大背戸豊, 西日本ナノシート研究会サマーキャンプ 2015、芦辺町クオリティライフセンターつばさ、かねや別館(壱岐市、長崎県), スクアリン酸をゲル形成部位とする新規低分子ゲル化剤の創製, 2015年08月07日, 日本語, 国内会議
  • 大背戸豊, 西日本ナノシート研究会サマーキャンプ 2015、芦辺町クオリティライフセンターつばさ、かねや別館(壱岐市、長崎県), 新規グルカミン系低分子ゲル化剤の創製, 2015年08月07日, 日本語, 国内会議
  • 大背戸豊; 大野正司; 猿橋康一郎; 渡邊久幸; 宮元展義, 第64回高分子年次大会、札幌コンベンションセンター(札幌市、北海道), 低分子ヒドロゲル化剤/無機ナノシート系における混合による機能向上, 2015年05月28日, 日本語, 国内会議
  • 大背戸豊, 高分子基礎研究会2014、FITセミナーハウス大分 (由布市、大分県), 分子性ヒドロゲルの混合による機能付与, 2014年11月28日, 日本語, 国内会議
  • 大背戸豊; 大野正司; 猿橋康一郎; 渡邊久幸, 第63回高分子討論会、長崎大学(長崎市、長崎県), 低分子ヒドロゲル化剤の混合によるチキソトロピー性ゲルの創製, 2014年09月25日, 日本語, 国内会議
  • 大背戸豊; 谷口真規子; 大野正司; 猿橋康一郎; 渡邊久幸, 西日本ナノシート研究会サマーキャンプ 2014、民宿 滝の上(壱岐市、長崎県), 混合による分子性ゲルの機能向上と徐放材料への応用, 2014年07月19日, 日本語, 国内会議
  • 〇Yutaka Ohsedo; Masashi Oono; Akihiro Tanaka; Hisayuki Watanabe, International Symposium on Advanced Soft Materials, October 18, 19, 2013, Hokkaido University, Mixing-Induced Thixotropic Behavior of Low-Molecular-Weight Organogelators with Different Alkyl Chains, 2013年10月18日, 英語, 国際会議
  • 大背戸豊, 西日本ナノシート研究会第2回ワークショップ、FITセミナーハウス大分 (由布市、大分県), 低分子ゲル化剤への機能付与-混合による高機能化, 2013年08月26日, 日本語, 国内会議
  • 大背戸豊; 渡邊久幸; 大野正司; 猿橋康一郎, 第62回高分子年次大会、京都国際会館(京都市、京都府), アルキル鎖長の異なる低分子ゲル化剤同族体における混合効果, 2013年05月30日, 日本語, 国内会議
  • 大背戸豊, 産学連携交流センター入居者交流会、福岡市産学連携交流センター(福岡市、福岡県), 低分子ゲル化剤の開発-新規材料探索と混合による高機能化, 2013年05月30日, 日本語, 国内会議
  • 大背戸豊; 渡邊久幸; 猿橋康一郎; 大野正司, 日本化学会第93春季年会、立命館大学(京都府), 異なる鎖長のアルキル基を有する低分子ゲル化剤の混合化による機能付与, 2013年03月22日, 日本語, 国内会議
  • 大背戸豊; 渡邊久幸; 田中章博; 大野正司, 第61回高分子討論会、名古屋工業大学(名古屋市、愛知県), アルキルヒドラジド誘導体が形成するネットワーク構造とその物性, 2012年09月20日, 日本語, 国内会議
  • 大背戸豊; 渡邊久幸; 田中章博; 宮本操, 第61回高分子学会年次大会、パシフィコ横浜(横浜市、神奈川県), アルキルヒドラジド誘導体のオイルゲル形成能, 2012年05月29日, 日本語, 国内会議
  • 大背戸豊; 渡邊久幸; 田中章博; 宮本操, 日本化学会第92春季年会、慶應義塾大学(横浜市、神奈川県), アルキルヒドラジド誘導体の新規低分子オイルゲル化剤への応用, 2012年03月27日, 日本語, 国内会議
  • 〇Yutaka Ohsedo; Hisayuki Watanabe; Misao Miyamoto; Akihiro Tanaka; Kazuaki Shikii; Masashi Oono, East Asia Young Scientists Gel Symposium 2012, January 6th, Hokkaido University, A Creation of New Low-Molecular-Weight Gelators Containing Squaric Acid Moieties, 2012年01月06日, 英語, 国際会議
  • 大背戸豊; 宮本操; 田中章博; 敷井和彰; 大野正司, 第60回高分子討論会、岡山大学(岡山市、岡山県), スクアリン酸誘導体からなる新規低分子ゲル化剤の創製, 2011年09月29日, 日本語, 国内会議
  • 大背戸豊; 宮本操; 田中章博; 敷井和彰; 大野正司, 第60回高分子学会年次大会 、大阪国際会議場(大阪市、大阪府), 強酸基を有する新規低分子ハイドロゲル化剤の創製, 2011年05月25日, 日本語, 国内会議
  • 中尾 仁亮, 小関 健一, 山崎 健志, 山野 順三, 大背戸豊, 第57回高分子学会年次大会、パシフィコ横浜(横浜市、神奈川県), スクアリリウム色素を分光増感剤とするフォトポリマー〜532nmによるホログラム記録〜, 2008年05月, 日本語
  • 関森裕子, 宮崎崇, 大背戸豊, Gong Jian Ping, 長田義仁, 第38回高分子学会北海道支部研究発表会、北海道大学学術交流会館(札幌市、北海道), ヒドロキシプロピルセルロース(HPC)誘導体による形状記憶ゲル, 2004年02月, 日本語
  • 牟田口 大介, 大背戸豊, 奥本 健二, 城田 靖彦, 第12回 ポリマー材料フォーラム、千里ライフサイエンスセンター(豊中市、大阪府), π電子系側鎖基を有する新規ビニル高分子の創製と有機EL素子への応用, 2003年11月27日, 2003年11月27日, 2003年11月28日, 日本語
  • 大背戸豊, 高階力也, Gong Jian Ping, 長田義仁, 第52回高分子討論会、山口大学(山口市、山口県), ルの表面摩擦特性[ⅩⅩⅡ] ゲルの表面グラフト鎖制御と摩擦特性, 2003年09月, 日本語, 国内会議
  • 長田義仁(代理演者 大背戸豊), 平成14年度共同研究推進セミナー産学連携プロジェクト公開フォーラム, 独創的高機能材料創製技術の研究開発, 2003年03月, 日本語
  • 牟田口大介, 大背戸豊, 奥本健二, 城田靖彦, 第51回高分子討論会、九州工業大学(北九州市、福岡県), π電子系側鎖基を有する新規ビニル高分子を用いる有機EL素子, 2002年10月, 日本語, 国内会議
  • 牟田口大介, 大背戸豊, 奥本健二, 城田靖彦, 日本化学会第82秋季年会、大阪大学(豊中市、大阪府), π電子系側鎖基を有する新規ビニル高分子の創製と有機EL素子への応用, 2002年09月, 日本語, 国内会議
  • 大背戸豊, 17th Summer University in Hokkaido(高分子学会北海道支部)、新しのつ温泉たっぷの湯(石狩市、北海道), π共役系高分子・π共役系オリゴマーの機能材料への応用, 2002年08月, 日本語
  • 船木隆文, 山岡寛司, 大背戸豊, Gong Jian Ping, 長田義仁, 金子達雄, 上田充, 芝崎祐二, 日本化学会北海道支部2002年夏季研究発表会、旭川高専(旭川市、北海道), 剛直主鎖型高分子電解質水溶液の液晶特性と特異な挙動, 2002年07月, 日本語, 国内会議
  • 牟田口大介, 大背戸豊, 奥本健二, 城田靖彦, 第48回高分子研究会[神戸] 、兵庫県民会館(神戸市、兵庫県), π電子系側鎖基を有する正孔輸送性新規ビニル高分子の合成と有機EL素子への応用, 2002年07月, 日本語, 国内会議
  • 大背戸豊, 高分子学会北海道支部会員増強セミナー、(苫小牧市、北海道), π共役系側鎖基を有する光・電子機能性高分子の応用, 2002年03月, 日本語
  • 大背戸豊, 奥本健二, 森脇和之, 城田靖彦, 第50回高分子討論会、早稲田大学(東京都), 新規π電子系側鎖基を有するビニル高分子の合成と有機EL素子への応用, 2001年09月, 日本語, 国内会議
  • 大背戸豊, 山手俊彦, 奥本健二, 城田靖彦, 第47回高分子研究会[神戸] 、兵庫県民会館(神戸市、兵庫県), アモルファス分子材料-オリゴアリレン骨格を有する新規発光性アモルファス分子材料を用いる有機エレクトロルミネッセンス素子の開発, 2001年07月, 日本語, 国内会議
  • 大背戸豊, 山手俊彦, 奥本健二, 城田靖彦, フォトポリマーコンファレンス2001、千葉大学(千葉市、千葉県), アモルファス分子材料-オリゴアリレン骨格を有する新規発光性アモルファス分子材料の創製, 2001年06月, 日本語, 国内会議
  • Yutaka Ohsedo, Ichiro Imae, and Yasuhiko Shirota, 7th Asian Symposium on Intelligent Electrophotonic Materials and Molecular Electronics (ASIEMME’7) 、北京(中国), SYNTHESIS AND ELECTROCHROMIC PROPERTIES OF NEW METHACRYLATE POLYMERS CONTAINING PENDANT OLIGOTHIOPHENES, 2000年12月, 英語, 国際会議
  • 大背戸豊, 今栄一郎, 城田靖彦, 第9回ポリマー材料フォーラム、千里ライフサイエンスセンター(吹田市、大阪府), 側鎖にオリゴチオフェンを有するメタクリレート高分子のエレクトロクロミック特性, 2000年11月, 日本語, 国内会議
  • 大背戸豊, 今栄一郎, 城田靖彦, 第49回高分子討論会、東北大学(仙台市、宮城県), オリゴチオフェンを側鎖に有するメタクリレート高分子の電気化学的特性とエレクトロクロミック材料への応用, 2000年09月, 日本語, 国内会議
  • 大背戸豊, 今栄一郎, 城田靖彦, 平成 12 年度日本写真学会年次大会、機会振興会館(東京都), 側鎖にオリゴチオフェンを含む新規メタクリレート高分子の合成とエレクトロクロミック材料への応用, 2000年05月, 日本語, 国内会議
  • 大背戸豊, 今栄一郎, 城田靖彦, 第49回高分子学会年次大会、京都国際会館(京都市、京都府), オリゴチオフェンを側鎖に有するメタクリレート高分子におけるπダイマー形成とエレクトロクロミック特性, 2000年05月, 日本語, 国内会議
  • 大背戸豊, 今栄一郎, 城田靖彦, 日本化学会第 78 春季年会、日本大学(船橋市、千葉県), 側鎖にオリゴチオフェンを有する新規メタクリレート高分子の合成と高分子ゲル電解質を用いたエレクトロクロミック素子への応用, 2000年03月, 日本語, 国内会議
  • 大背戸豊. 今栄一郎, 城田靖彦, 第48回高分子討論会、新潟大学(新潟市、新潟県), チオフェン3〜6量体を側鎖に有する新規メタクリレート高分子の合成、物性およびエレクトロクロミック材料への応用, 1999年10月, 日本語, 国内会議
  • 城田靖彦, 野間直樹, 今栄一郎, 大背戸豊, 舩岡創平, 山口洋二, 河本浩光, 第23回エレクトロオーガニックケミストリー討論会、アクアリウム長岡(長岡市、新潟県), オリゴチオフェンおよびそれを側鎖に含む高分子の電解酸化と生成する塩の導電性およびエレクトロクロミック材料への応用, 1999年07月, 日本語, 国内会議
  • Yutaka Ohsedo, Ichiro Imae, and Yasuhiko Shirota, 4th International Symposium on Functional Dyes–Science and Technology of Functional π-Electron Systems, Osaka, Japan, 31 May–4 June 1999, Osaka, JAPAN, SYNTHESIS OF NEW METHACRYLATE POLYMERS CONTAINING PENDANT OLIGOTHIOPHENE AND THEIR APPLICATION AS ELECTROCHROMIC MATERIALS, 1999年05月31日, 1999年06月04日, 英語
  • 大背戸豊, 今栄一郎, 城田靖彦, 第48回高分子学会年次大会、京都国際会館(京都市、京都府), チオフェン6量体を側鎖に有する新規メタクリレート高分子の合成とエレクトロクロミック材料への応用, 1999年05月, 日本語, 国内会議
  • 大背戸豊, 今栄一郎, 城田靖彦, 日本化学会第 76 春季年会、神奈川大学(横浜市、神奈川県), 側鎖にチオフェン6量体を有する新規メタクリレート高分子の合成とエレクトロクロミック材料への応用, 1999年03月, 日本語, 国内会議
  • Yutaka Ohsedo, Ichiro Imae, and Yasuhiko Shirota, The Sixth International Symposium on Polymer Electrolytes, 1st - 6th November 1998 (ISPE-Ⅵ) Hayama,Kanagawa, JAPAN, Synthesis of Methacrylate Homo- and Copolymers Containing Pendant Oligothiophene and Oligo(ethyleneoxide) Moieties and Their Application as Electrochromic Materials, 1998年07月, 1998年11月01日, 1998年11月06日, 英語, 国際会議
  • 大背戸豊, 今栄一郎, 城田靖彦, 第47回高分子討論会、名古屋国際会館(名古屋市、愛知県), 側鎖にチオフェン4量体、5量体を有する新規メタクリレート高分子の合成とエレクトロクロミック材料への応用, 1998年10月, 日本語, 国内会議
  • Yutaka Ohsedo, Ichiro Imae, and Yasuhiko Shirota, International Conference of Science and Technology of Synthetic Metals, July 12-18 1998 (ICSM’98) Montpellier, FRANCE, Synthesis and electrochromic properties of methacrylate copolymers containing pendant terthiophene and oligo(ethyleneoxide) moieties, 1998年07月12日, 1998年07月18日, 英語
  • 大背戸豊, 今栄一郎, 城田靖彦, 1998 年度日本写真学会年次大会、機械振興会館(東京都), 側鎖にチオフェン4量体を含む新規メタクリレート高分子の合成とエレクトロクロミック材料への応, 1998年05月, 日本語, 国内会議
  • 大背戸豊, 今栄一郎, 城田靖彦, 第47回高分子年次大会、京都国際会館(京都市、京都府), オリゴチオフェンを側鎖に有する新規メタクリレート高分子の合成とエレクトロクロミック材料への応用, 1998年05月, 日本語, 国内会議
  • 大背戸豊, 今栄一郎, 城田靖彦, 1997年度日本写真学会年次大会、アルカディア市ヶ谷(東京都), オリゴチオフェンとオリゴエチレンオキシドを側鎖に有する新規メタクリレート共重合体の合成とエレクトロクロミック材料への応用, 1997年05月, 日本語, 国内会議
  • 大背戸豊, 今栄一郎, 城田靖彦, 第46回高分子学会年次大会、東京工業大学(東京都), ターチオフェンを側鎖に有する新規メタクリレート型共重合体の合成とエレクトロクロミック材料への応用, 1997年05月, 日本語, 国内会議
  • 大背戸豊, 今栄一郎, 城田靖彦, 日本化学会第 72 春季年会、立教大学(東京都), 側鎖にターチオフェンとオリゴエチレンオキシドを有する新規メタクリレート型共重合体の合成とエレクトロクロミック特性, 1997年03月27日, 日本語, 国内会議
  • 大背戸豊, 今栄一郎, 野間直樹, 城田靖彦, 第45回高分子年次大会、名古屋国際会館(名古屋市、愛知県), ターチオフェンを側鎖に有する新規メタクリレート型高分子の合成とエレクトロクロミック材料への応用, 1996年05月, その他, 国内会議
  • 大背戸豊, 今栄一郎, 野間直樹, 城田靖彦, 日本化学会第70春季年会、青山学院大学(東京都), 側鎖にターチオフェンを有する新規メタクリレート型高分子の合成とエレクトロクロミック特性, 1996年03月, 日本語, 国内会議
  • 佐々木檀; 大背戸豊, 国内, 日本化学会第102春季大会、オンライン開催, ポリアニリン誘導体を用いた導電性複合ヒドロゲル材料の創製, 口頭発表(一般), 2022年03月23日, 2022年03月23日, 2022年03月26日, 日本語
  • 大背戸豊; 上野和佳菜, 国内, 日本化学会第102春季大会、オンライン開催, 高分子ゲル化剤と極性基を有する高分子との混合による分子性ゲル材料の創製, 口頭発表(一般), 2022年03月23日, 2022年03月23日, 2022年03月26日, 日本語
  • 大背戸豊, 国内, 京都ビジネス交流フェア、京都パルスプラザ(京都市、京都府), 次世代材料となるゲル状物質, ポスター発表, 2022年02月17日, 2022年02月17日, 2022年02月18日, 日本語
  • 大背戸豊, 国内, 奈良女子大学第19回研究フォーラム「女子大学における工学」、奈良女子大学(奈良市、奈良県), 次世代材料となるゲル状物質, 口頭発表(招待・特別), 2021年12月17日, 2021年12月17日, 2021年12月17日, 日本語
  • 大背戸豊, 国内, 奈良女子大学アカデミックWeek2021、奈良女子大学(奈良市、奈良県), やわらかいゲルに機能を付与する試み, 口頭発表(招待・特別), 2021年12月08日, 2021年12月08日, 2021年12月08日, 日本語
  • 山口久那子; 山岡哲二; 玉田靖; 大背戸豊; 橋本朋子, 国内, 日本バイオマテリアル学会関西ブロック 第16回若手研究発表会プログラム、関西大学(吹田市、大阪府), 機能性モノフィラメント創出のためのシルク-多糖混合材料の特性評価, 口頭発表(一般), 2021年12月04日, 2021年12月04日, 2021年12月04日, 日本語
  • 大背戸豊; 佐々木檀, 国内, 第70回高分子討論会、オンライン開催, 高分子ヒドロゲル化剤と機能性材料による複合化分子性ゲル材料の創製, ポスター発表, 2021年09月06日, 2021年09月08日, 2021年09月08日, 日本語
  • 佐々木檀; 大背戸豊, 国内, 第70回高分子討論会、オンライン開催, 高分子ヒドロゲル化剤/水分散ポリアニリン複合化による導電性分子性ゲル材料の創製, ポスター発表, 2021年09月06日, 2021年09月06日, 2021年09月08日, 日本語

産業財産権

  • 特許権, 無機ナノシート-ポリマー複合体の製造方法、及び無機ナノシート-ポリマー複合体, 宮元義展, 諸岡時希, 大背戸豊, 学校法人福岡工業大学, 特願2018-140340, 2018年07月26日, 特開2020-015845, 2020年01月30日, 特許第7006885号, 2022年01月11日, 2022年01月11日
  • 特許権, 無機ナノシート-ポリマー複合体の製造方法、及び無機ナノシート-ポリマー複合体, 宮元義展, 古川聡起, 大背戸豊, 学校法人福岡工業大学, 特願2018-140339, 2018年07月26日, 特開2020-015844, 2020年01月30日, 特許第6986755号, 2021年12月02日, 2021年12月02日
  • 特許権, ゲル化剤, 大背戸 豊, 国立大学法人九州大学, 日産化学工業株式会社, 特願2014-250924, 2014年12月11日, 特開2016-113486, 2016年06月23日, 特許第6440254号, 2018年11月30日, j_global;url
  • 特許権, ヒドロゲル化剤, 大背戸 豊, 国立大学法人九州大学, 日産化学工業株式会社, 特願2014-178440, 2014年09月02日, 特開2016-053100, 2016年04月14日, 特許第6397274号, 2018年09月07日, j_global;url
  • 特許権, 誘電エラストマー材料およびそれを用いたトランスデューサ, 高▼垣 有作, 松下 祐子, 小林 淳, 吉川 均, 高橋 渉, 伊藤 貴雅, 高原 淳, 松野 亮介, 大背戸 豊, 住友理工株式会社, 国立大学法人九州大学, 特願2017-049455, 2017年03月15日, 特開2018-059042, 2018年04月12日, j_global;url
  • 特許権, ゲル化剤及びオルガノゲル, 大背戸 豊, 国立大学法人九州大学, 日産化学工業株式会社, 特願2015-500292, 2014年02月13日, 特許第6227623号, 2017年10月20日, j_global;url
  • 特許権, オイルゲル化剤, 大背戸 豊, 国立大学法人九州大学, 日産化学工業株式会社, 特願2011-198519, 2011年09月12日, 特開2013-060496, 2013年04月04日, 特許第5917053号, 2016年04月15日, j_global;url
  • 特許権, ヒドロゲル化剤, 大背戸 豊, 国立大学法人九州大学, 日産化学工業株式会社, 特願2012-102812, 2012年04月27日, 特開2012-236995, 2012年12月06日, 特許第5917274号, 2016年04月15日, j_global;url
  • 特許権, 電荷貯蔵材料、電極活物質、電極及び電池, 大背戸 豊, 国立大学法人九州大学, 日産化学工業株式会社, 特願2011-151427, 2011年07月08日, 特開2013-020741, 2013年01月31日, 特許第5679448号, 2015年01月16日, j_global;url
  • 特許権, ゲル化剤及びオルガノゲル, 大背戸 豊, 国立大学法人九州大学, 日産化学工業株式会社, JP2014053375, 2014年02月13日, WO2014-126173, 2014年08月21日, j_global;url
  • 特許権, アルキルヒドラジド化合物からなるゲル化剤, 大背戸 豊, 国立大学法人九州大学, 日産化学工業株式会社, 特願2012-051669, 2012年03月08日, 特開2013-151628, 2013年08月08日, j_global;url
  • 特許権, スクアリリウム化合物を含む光学フィルター, 大背戸 豊, 澤田 貴弘, 衣笠 元晴, 山野 順三, 協和発酵ケミカル株式会社, 特願2008-119795, 2008年05月01日, 特開2009-139911, 2009年06月25日, j_global;url
  • 特許権, スクアリリウム化合物およびそれを用いた短波長光源用光重合性組成物, 大背戸 豊, 澤田 貴弘, 衣笠 元晴, 山野 順三, 協和発酵ケミカル株式会社, 特願2008-119793, 2008年05月01日, 特開2009-138175, 2009年06月25日, j_global;url
  • 特許権, スクアリリウム化合物を含有した短波長光源用体積型ホログラム記録用感光性組成物, 山崎 健志, 山野 順三, 大背戸 豊, 小関 健一, 協和発酵ケミカル株式会社, 国立大学法人 千葉大学, 特願2007-294543, 2007年11月13日, 特開2009-122266, 2009年06月04日, j_global;url
  • 特許権, スクアリリウム化合物およびそれを用いた短波長光源用光重合性組成物, 大背戸 豊, 山野 順三, 協和発酵ケミカル株式会社, 特願2007-207328, 2007年08月09日, 特開2009-042491, 2009年02月26日, j_global;url
  • 特許権, スクアリリウム化合物およびそれを用いた短波長光源用光重合性組成物, 大背戸 豊, 山野 順三, 協和発酵ケミカル株式会社, JP2006321098, 2006年10月24日, WO2007-049579, 2007年05月03日, j_global;url
  • 特許権, スクアリリウム化合物ならびにこれを用いた光電変換材料、光電変換素子および光電気化学電池, 清水 幾夫, 生田 昌徳, 加藤 繁明, 大背戸 豊, 協和発酵ケミカル株式会社, JP2005018952, 2005年10月14日, WO2006-041156, 2006年04月20日, j_global;url
  • 特許権, スクアリリウム化合物ならびにこれを用いた光電変換材料、光電変換素子および光電気化学電池, 清水 幾夫, 生田 昌徳, 加藤 繁明, 大背戸 豊, 協和発酵ケミカル株式会社, JP2005018951, 2005年10月14日, WO2006-041155, 2006年04月20日, j_global;url
  • 特許権, スクアリリウム化合物およびその金属錯体ならびにこれを用いた光電変換材料、光電変換素子および光電気化学電池, 清水 幾夫, 生田 昌徳, 加藤 繁明, 大背戸 豊, 昆野 昭則, 協和発酵ケミカル株式会社, 国立大学法人静岡大学, 特願2004-248702, 2004年08月27日, 特開2006-063221, 2006年03月09日, j_global;url
  • 特許権, 光電変換材料、光電変換素子および光電気化学電池, 清水 幾夫, 生田 昌徳, 加藤 繁明, 大背戸 豊, 昆野 昭則, 協和発酵ケミカル株式会社, 国立大学法人静岡大学, 特願2004-248704, 2004年08月27日, 特開2006-063034, 2006年03月09日, j_global;url
  • 特許権, 光電変換材料、光電変換素子および光電気化学電池, 清水 幾夫, 生田 昌徳, 加藤 繁明, 大背戸 豊, 協和発酵ケミカル株式会社, JP2005010572, 2005年06月09日, WO2005-122320, 2005年12月22日, j_global;url
  • 特許権, スクアリリウム化合物ならびにこれを用いた光電変換材料、光電変換素子および光電気化学電池, 清水 幾夫, 生田 昌徳, 加藤 繁明, 大背戸 豊, 協和発酵ケミカル株式会社, JP2005010570, 2005年06月09日, WO2005-121098, 2005年12月22日, j_global;url
  • 特許権, スクアリリウム化合物ならびにこれを用いた光電変換材料、光電変換素子および光電気化学電池, 清水 幾夫, 生田 昌徳, 加藤 繁明, 大背戸 豊, 協和発酵ケミカル株式会社, JP2005010571, 2005年06月09日, WO2005-121127, 2005年12月22日, j_global;url
  • 特許権, ビニルポリマー及びそれを用いた有機エレクトロルミネッセンス素子, 城田 靖彦, 大背戸 豊, 森脇 和之, 奥本 健二, 城田 靖彦, ダイセル化学工業株式会社, 特願2003-042575, 2003年02月20日, 特開2003-313240, 2003年11月06日, j_global;url

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 基盤研究(C), 2019年04月, 2023年03月, 19K05634, 低分子性網目および高分子性網目を活用する多成分混成系ゲル材料創製, 大背戸 豊, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 足利大学, 4290000, 3300000, 990000, 競争的資金
  • 基盤研究(C), 2015年10月, 2019年03月, 15K05610, 研究代表者, 多成分系網目構造を利用する分子性ゲル材料創製, 大背戸 豊, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 4550000, 3500000, 1050000, 競争的資金
  • 2015年09月, 2017年03月, 高齢化社会におけるソフトメカニクスのためのスマートソフトマテリアルに関する研究, 高原淳, 科学技術振興機構, 研究成果最適展開支援プログラムA-STEP, 0, 0, 0, 競争的資金
  • 1997年04月, 2002年03月, フォトニクス用有機材料の創製とデバイスへの応用, 城田靖彦, 日本学術振興会, 未来開拓学術研究推進事業, 0, 0, 0, 競争的資金
  • 基盤研究(C), 2019年04月, 2023年03月, 19K05634, 研究代表者, 低分子性網目および高分子性網目を活用する多成分混成系ゲル材料創製, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C)

Ⅲ.社会連携活動実績

1.公的団体の委員等(審議会、国家試験委員、他大学評価委員,科研費審査委員等)

  • 西日本ナノシート研究会, 組織委員, 2014年04月, 9999年, その他
  • 一般社団法人 日本繊維機械学会, 企画委員, 2021年04月, 2022年03月, 学協会
  • 西日本ナノシート研究会, 組織委員, 2014年, 9999年


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.