研究者総覧

前田 純夫MAEDA Sumioマエダ スミオ

所属部署名研究院生活環境科学系食物栄養学領域
職名准教授
Last Updated :2022/10/06

researchmap

プロフィール情報

  • 前田, マエダ
  • 純夫, スミオ

学位

  • 農学博士, 名古屋大学

研究キーワード

  • <研究室web → https://www.nara-wu.ac.jp/life/food/microbiol_and_hyg/maedalabo.html>
  • 抗生物質耐性菌・耐性遺伝子
  • パーシスター細胞
  • 大腸菌
  • バイオフィルム
  • 遺伝子水平伝播
  • 微生物
  • persister
  • antibiotic-resistant bacteria
  • Escherichia coli
  • Biofilm
  • Horizontal gene transfer
  • Microbiology

研究分野

  • ライフサイエンス, 遺伝学
  • ライフサイエンス, 細菌学
  • ライフサイエンス, 応用微生物学
  • ライフサイエンス, 応用分子細胞生物学

所属学協会

  • 日本微生物生態学会
  • 日本生化学会
  • 日本分子生物学会
  • 日本農芸化学会

Ⅱ.研究活動実績

論文

  • 査読あり, 英語, Current Research in Microbial Sciences, Subminimal inhibitory concentrations of ampicillin and mechanical stimuli cooperatively promote cell-to-cell plasmid transformation in Escherichia coli, Sayuri Kasagaki; Mayuko Hashimoto; Sumio Maeda, 2022年, (accepted), 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, World Journal of Microbiology and Biotechnology, Bovine serum promotes the formation and phenotype memory retention of persister cells in Escherichia coli liquid cultures, Erika Suzuki; Tomoka Urushidani; Sumio Maeda, 2021年07月, 37, 7, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読無し, 英語, bioRxiv, First and broad detection of three typical carbapenemase genes on the surfaces of commercially available spices worldwide and isolation of complete NDM-1 genes from black pepper, cumin, and clove, Minako Mochizuki; Sumio Maeda, ABSTRACTThe spread of multidrug-resistant bacteria, particularly those producing carbapenemases, has become a major public health concern. The presence of carbapenemase genes has primarily been reported in clinical samples, whereas the presence of these genes in commercially available foods has insufficiently been studied despite its growing importance. The present study aimed to detect and characterize carbapenemase genes (blaNDM,blaIMP, blaKPC, and blaOXA-48-like) on the surfaces of commercially available spices using PCR to amplify conserved regions of these genes. It was revealed that DNAs of these genes are commonly present (13 genes/29 samples) on spices derived from at least 9 different countries. This is the first detection of any carbapenemase gene on eight spices (black pepper, cumin, clove, cardamom, mustard, caraway, parsley, and rosemary) among these. This is also the first detection of the blaIMP and blaNDM as well as the broad detection of the blaOXA-48-like on spices. We also isolated complete, functional blaNDM-1 genes from three spices (black pepper, cumin, and clove) up to the present., 2020年06月10日, 2020, bioRxiv, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, Methods in Molecular Biology "Horizontal Gene Transfer", Natural Transformation in Escherichia coli, Yoko Komiyama; Sumio Maeda, 2020年, 2075, 179, 187, 論文集(書籍)内論文
  • 査読あり, 英語, Biochemical and Biophysical Research Communications, High temperatures promote cell-to-cell plasmid transformation in Escherichia coli, Hashimoto M; Hasegawa H; Maeda S, 2019年06月, 515, 196
  • 査読あり, 英語, Frontiers in Microbiology, Horizontal Plasmid Transfer by Transformation in Escherichia coli: Environmental Factors and Possible Mechanisms, Hasegawa H; Suzuki E; Maeda S, 2018年10月, 9, 2365
  • 査読あり, その他, Frontiers in Microbiology, Bacterial memory of persisters: Bacterial persister cells can retain their phenotype for days or weeks after withdrawal from colony–biofilm culture, Saki Miyaue; Erika Suzuki; Yoko Komiyama; Yu Kondo; Miki Morikawa; Sumio Maeda, 2018年, 9, 1396
  • 査読あり, その他, AIMS Microbiology, Bacteriophage P1vir-induced cell-to-cell plasmid transformation in Escherichia coli, Chiaki Sugiura; Saki Miyaue; Yuka Shibata; Akiko Matsumoto; Sumio Maeda, 2017年, 3, 4, 784, 797
  • 査読あり, その他, Microbes in the spotlight: recent progress in the understanding of beneficial and harmful microorganisms, Competence development and horizontal plasmid transfer in natural Escherichia coli strains, Akiko Matsumoto; Ayuka Sekoguchi; Yukako Murakami; Junko Imai; Kumiko Kondo; Yuka Shibata; Sumio Maeda, 2016年, 468, 473
  • 査読あり, その他, Biochemical and Biophysical Research Communications, Natural Escherichia coli strains undergo cell-to-cell plasmid transformation, Akiko Matsumoto; Ayuka Sekoguchi; Junko Imai; Kumiko Kondo; Yuka Shibata; Sumio Maeda, 2016年, 481, 59, 62
  • 査読あり, その他, 家政学研究, 大腸菌標準野生株(ECOR strains)におけるバイオフィルム形成能の分析, 柴田有加; 松本晃子; 世古口歩華; 前田純夫, 2014年, 60, 2, 111, 116
  • 査読あり, その他, Biochemical and Biophysical Research Communications, Genome-wide screen for Escherichia coli genes involved in repressing cell-to-cell transfer of non-conjugative plasmids, Matsuda, A; Kurono, N; Kawano, C; Shirota, K; Hirabayashi, A; Horino, M; Etchuya, R; Sobue, R; Sasaki, Y; Miyaue, S; Sekoguchi, A; Sugiura, C; Shibata, Y; Ito, M; Ando, T; Maeda, S, 2012年, 428, 445, 450
  • 査読あり, その他, Biochemical and Biophysical Research Communications, Genome-wide screening of Escherichia coli genes involved in execution and promotion of cell-to-cell transfer of non-conjugative plasmids: rodZ (yfgA) is essential for plasmid acceptance in recipient cells., Naomi Kurono; Ayako Matsuda; Rika Etchuya; Rina Sobue; Yumi Sasaki; Miki Ito; Tsuyako Ando; Sumio Maeda, 2012年, 421, 119, 123
  • 査読あり, その他, Peptide Science 2010, Genome-wide screening of Escherichia coli genes involved in repression of peptide-pheromone-regulated natural transformation, MAEDA Sumio; Ayako Matsuda; Naomi Kurono; Chinatsu Kawano; Kozue Shirota; Akiko Hirabayashi; Mutsumi Horino; Rika Etchuuya; Rina Sobue; Yumi Sasaki; Tsuyako Ando; Miki Ito; Sumio Maeda, 2011年, 81
  • 査読あり, その他, Peptide Science 2010, Genome-wide screening of Escherichia coli genes involved in exection and promotion of peptide-pheromone-regulated natural transformation, Naomi Kurono; Ayako Matsuda; Rika Etchuuya; Rina Sobue; Yumi Sasaki; Tsuyako Ando; Miki Ito; Sumio Maeda, 2011年, 79
  • 査読あり, その他, FEBS Letters, Identification of a novel DNA element that promotes cell-to-cell transformation in Escherichia coli., Rina Sobue; Naomi Kurono; Rika Etchuya; Sumio Maeda, 2011年, 585, 2223, 2228
  • 査読あり, その他, PLoS One, Cell-to-Cell Transformation in Escherichia coli: A Novel Type of Natural Transformation Involving Cell-Derived DNA and a Putative Promoting Pheromone., MAEDA Sumio; Rika Etchuuya; Miki Ito; Seiko Kitano; Fukiko Shigi; Rina Sobue; Sumio Maed, 2011年, 6, 1, e16355
  • 査読あり, その他, World Journal of Microbiology and Biotechnology, Horizontal transfer of non-conjugative plasmid in colony biofilm of Escherichia coli on food-based media, Ando, T; Maeda, S, 2009年, 25, 1865, 1869
  • 査読あり, その他, World Journal of Microbiology and Biotechnology, Freeze-thaw-induced lateral transfer of non-conjugative plasmids by in situ transformation in Escherichia coli in natural waters and food extracts, Ishimoto, Y; Kato, S; Maeda, S, 2008年, 24, 11, 2731-2735, doi:10.1007/s11274-008-9761-z
  • 査読あり, その他, DNA多型, Phi29 DNA polymeraseで増幅した米ゲノムDNAのPCRによる遺伝子多型分析への適用例と条件検討, 伊藤他; 前田 純夫, 2007年, 15, 299, 303
  • 査読あり, その他, IFO Research Communications, バイオフィルム状微生物の遺伝子転移に関する研究, 前田 純夫, 2007年, 21, 71, 81
  • 査読あり, その他, DNA多型, Phi29 DNA polymeraseで増幅したヒト口腔粘膜細胞DNAのPCRによる遺伝子多型分析への適用例と条件検討, 伊藤未来; 井上幸子; 前田純夫, 2006年, 14, 46, 51
  • 査読無し, その他, 食品機械装置, 微生物バイオフィルムと食品製造環境, 前田純夫, 2006年, 43, 48, 53
  • 査読無し, その他, 日刊工業新聞, 食の安心を築くために, 前田純夫, 2006年, 19871, 14
  • 査読あり, その他, FEMS Microbiology Letters, Horizontal Transfer of Nonconjugative Plasmids in a Colony Biofilm of Escherichia coli., Maeda, S; Ito, M; Ando, T; Ishimoto, Y; Fujisawa, Y; Takahashi, H; Sawamura, A; Matsuda, A; Kato, S, 2006年, 255, 115, 120
  • 査読あり, その他, 家政学研究, 遺伝子組換え食品の社会的受容過程の分析, 堺谷展子; 前田純夫, 2005年, 52, 27, 38
  • 査読あり, その他, 家政学研究, Cell-direct PCR法によるヒトゲノムSNPの簡便検出法, 石本裕子; 前田純夫, 2004年, 51, 1, 5
  • 査読あり, その他, 家政学研究, 奈良女子大学学生の遺伝子組換え食品への意識調査, 堺谷展子; 前田純夫, 2004年, 50, 154, 162
  • 査読あり, その他, FEMS Microbiology Letters, Transformation of Colonial Escherichia coli on Solid Media, Maeda, S; Sawamura, A; Matsuda, A, 2004年, 236, 61, 64
  • 査読あり, その他, Enzyme and Microbial Technology, Purification and Characterization of an Extracellular Laccase of a Fungus (Family Chaetomiaceae) Isolated from Soil., Saito, T; Hong, P; Kato, K; Okazaki, M; Inagaki, H; Tanaka, K; Takada, M; Maeda, S; Yokogawa, Y, 2003年, 33, 520, 526
  • 査読無し, その他, 食物科学概論, バイオテクノロジーと食物, 前田 純夫, 2003年, 6.3
  • 査読あり, その他, Microbes & Environment, Competency Development of Escherichia coli in Foodstuffs., MAEDA Sumio, 2003年, 18, 2, 100, 103
  • 査読あり, その他, Cell Biology International, Spatial Distribution of mDLG6 mRNA in Embryonic and Adult Mouse Brain., Inagaki, H; Tanaka, K; Takada, M; Maeda, S; Ichihara, S; Saito, T, 2002年, 26, 635, 640
  • 査読あり, その他, DNA Sequence, Isolation of rat mitochondrial transcription factor A (r-Tfam) cDNA, Inagaki, H; Hayashi, T; Matsushima, Y; Lin. K.H; Maeda, S; Ichihara, S; Kitagawa, Y; Saito, T, 2002年, 11, 131, 135
  • 査読あり, その他, 化学と工業, プロテイントランスダクション:外来タンパク質を細胞内に導入する新方法, 前田 純夫, 2000年, 53, 4, 519
  • 査読あり, その他, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Staurosporine Promotion of Formation of Continuous Monolayers of Primary Rat Hepatocytes by Improving Attachment and Spreading., MAEDA Sumio; Maeda, S; Lin, K.H; Inagaki, H; Saito, T, 2000年, 64, 9, 1985, 1987
  • 査読あり, その他, The Hepatocyte Review, Mechanisms of Active Cell Death in Isolated Hepatocytes, MAEDA Sumio, 2000年, Chapter 18, 251, 267
  • 査読あり, その他, Biochemical and Biophysical Research Communications, rDLG6: a Novel Homolog of Drosophila DLG Expressed in Rat Brain., Inagaki, H; Maeda, S; Lin, K.H; Shimizu, N; Saito, T, 1999年, 265, 462, 468
  • 査読あり, その他, Biochemistry and Molecular Biology International, Inhibition of Mitochondrial Gene Expression by Antisense RNA of Mitochondrial Transcription Factor A (mtTFA)., Inagaki, H; Kitano, S; Lin, K.H; Maeda, S; Saito, T, 1998年, 45, 567, 573
  • 査読あり, その他, Materials Sci. Eng. C, Influence of Aldehyde Groups on the Thermostability of an Immobilized Enzyme on an Inorganic Support., Saito, T; Yoshida, Y; Kawashima, K; Lin, K.H; Maeda, S; Kobayashi, T, 1997年, 5, 149, 152
  • 査読あり, その他, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Long-Term Culture of Rat Hepatocytes on Heparin- or Lambda Carrageenan- containing Collagen Gels, Lin, K.H; Maeda, S; Inagaki, H; Saito, T, 1997年, 61, 971, 974
  • 査読無し, その他, 工業技術, アポトーシス(細胞の自殺)誘導機構の解明とその生物工学的利用, 前田 純夫, 1997年, 38, 2, 33
  • 査読無し, その他, KITEC INFORMATION, アポトーシス(細胞の自殺)誘導機構の解明とその生物工学的利用, 前田 純夫, 1997年, 36, 4, 6
  • 査読あり, その他, Journal of Biochemistry, Molecular Biology and Biophysics, Promotive Effect of DMSO on TGF-b1-Induced Apoptosis in Primary Culture of Rat Hepatocytes., MAEDA Sumio; Maeda, S; Miyazawa, A; Lin, K.H; Inagaki, H; Saito, T, 1997年, 1, 117, 124
  • 査読あり, その他, Life Sciences, Osteonectin Gene Expression in Fibrotic Liver., Inagaki, H; Lin, K.H; Maeda, S; Saito, T, 1996年, 58, 927, 934
  • 査読あり, その他, Biochemistry and Molecular Biology International, Induction of Apoptosis in Primary Culture of Rat Hepatocytes by Protease Inhibitors., Maeda, S; Lin, K.H; Inagaki, H; Saito, T, 1996年, 39, 447, 453
  • 査読あり, その他, Experimental Cell Research, Albumin Synthesis by Rat Hepatocytes Cultured on Collagen Gels Is Sustained Specifically by Heparin., Lin, K.H; Hino, H; Maeda, S; Inagaki, H; Valiakhmetov, A.J; Saito, T, 1995年, 218, 717, 721
  • 査読あり, その他, 名古屋工業技術研究所報告, 肝実質細胞と血管内皮細胞の相互作用による増殖と分化機能の発現制御に関する研究, 前田純夫; 林孔華; 稲垣英利; 斎藤隆雄, 1995年, 44, 530, 546
  • 査読あり, その他, Biotechnology and Applied Biochemistry, Long-Term Maintenance of Liver-Specific Functions in Three-Dimensional Culture of Adult Rat Hepatocytes with a Porous Gelatin Sponge Support.., Lin, K.H; Maeda, S; Saito, T, 1995年, 21, 19, 27
  • 査読あり, その他, Journal of Biochemistry, DNA Fragmentation Induced in High-Cell-Density Culture of Primary Rat Hepatocytes Is an Active Process Dependent on Energy Availability, Gene Expression, and Calmodulin., MAEDA Sumio; Maeda, S; Suzuki, A; Lin, K.H; Inagaki, H; Saito, T, 1995年, 118, 1161, 1165
  • 査読あり, その他, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Inhibition by Retinoic Acid of Albumin and DNA Synthesis in Adult Rat Hepatocytes., Lin, K.H; Maeda, S; Koga, N; Saito, T, 1994年, 58, 584, 585
  • 査読あり, その他, Applied and Microbiological Biotechnology, Immobilization and Characterization of a Thermostable ß-Galactosidase from a Thermophilic Anaerobe on a Porous Ceramic Support, Saito, T; Yoshida, Y; Kawashima, K; Lin, K.H; Maeda, S; Kobayashi, T, 1994年, 40, 618, 621
  • 査読無し, その他, 工業技術, プログラムされた細胞死:アポトーシス(工業技術), 前田 純夫, 1993年, 34, 6, 23, 24
  • 査読無し, その他, 通産ジャーナル, プログラムされた細胞死 : アポトーシス (通産ジャーナル), 前田 純夫, 1993年
  • 査読あり, その他, Biochemical and Biophysical Research Communications, Cell Density-Dependent DNA Fragmentation and Its Suppression by Heparin in Primary Culture of Adult Rat Hepatocytes., MAEDA Sumio; Maeda, S; Kimura, H; Koga, N; Lin, K.H; Saito, T, 1993年, 195, 270, 275
  • 査読あり, 英語, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, A MODIFIED COLORIMETRIC MTT ASSAY ADAPTED FOR PRIMARY CULTURED-HEPATOCYTES - APPLICATION TO PROLIFERATION AND CYTOTOXICITY ASSAYS, M OKA; S MAEDA; N KOGA; K KATO; T SAITO, 1992年09月, 56, 9, 1472, 1473
  • 査読あり, 英語, Journal of Fermentation and Bioengineering, Overproduction of Thermostable ß-Galactosidase in Escherichia coli, Its Purification and Molecular Structure., Saito, T; Kato, K; Maeda, S; Suzuki, T; Shiba, S; Iijima, S; Kobayashi, T, The lacN gene encoding thermostable, beta-galactosidase from a thermophilic anaerobe strain NA10 was overexpressed in Escherichia coli strain MV1184 by cloning the gene downstream from the lac promoter on pUC119. The amount of the enzyme produced by the E. coli transformant was estimated to be about 20% of the total cellular proteins when induced with isopropyl-beta-D-thiogalactopyranoside. Fed-batch culture of this strain resulted in about a 2,400-fold increase in enzyme production as compared to that in the original bacterium, strain NA10. The enzyme was purified, and its molecular structure was determined by SDS-polyacrylamide gel electrophoresis and gel filtration to be a tetrametric protein consisting of identical subunits., 1992年, 74, 1, 12, 16, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, その他, FEMS Microbiology Letters, Expression of micF Involved in Porin Synthesis in Escherichia coli: Two Distinct Cis-Acting Elements Respectively Regulate micF Expression Positively and Negatively, Takayanagi, K; Maeda, S; Mizuno, T, 1991年, 83, 39, 44
  • 査読あり, その他, Journal of Biochemistry, Activation of the Osmoregulated ompC Gene by the OmpR Protein in Escherichia coli : A Study Involving Synthetic OmpR-Binding Sequences, MAEDA Sumio; Maeda, S; Takayanagi, K; Nishimura, Y; Maruyama, T; Mizuno, T, 1991年, 3, 324, 327
  • 査読あり, 英語, JOURNAL OF BACTERIOLOGY, EVIDENCE FOR MULTIPLE OMPR-BINDING SITES IN THE UPSTREAM ACTIVATION SEQUENCE OF THE OMPC PROMOTER IN ESCHERICHIA-COLI - A SINGLE OMPR-BINDING SITE IS CAPABLE OF ACTIVATING THE PROMOTER, S MAEDA; T MIZUNO, 1990年01月, 172, 1, 501, 503, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, その他, Journal of Biological Chemistry, Activation of the ompC Gene by the OmpR Protein in Escherichia coli : the Cis-Acting Upstream Sequence Can Function in Both Orientations with Respect to the Canonical Promoter., MAEDA Sumio; Maeda; S. Mizuno, T, 1988年, 263, 14629, 14633
  • 査読あり, その他, Journal of Molecular Biology, Stereospecific Positioning of the Canonical Promoter Is Required for Activation of the ompC Gene by a Positive Regulator, OmpR, in Escherichia coli., MAEDA Sumio; Maeda, S; Ozawa, Y; Mizuno, T; Mizushima, S, 1988年, 202, 433, 441

MISC

  • 英語, bioRxiv, Cold Spring Harbor Laboratory, First and broad detection of three typical carbapenemase genes on the surfaces of commercially available spices worldwide and isolation of complete NDM-1 genes from black pepper, cumin, and clove, 2020年, 2020, 14614

書籍等出版物

  • Methods in Molecular Biology "Horizontal Gene Transfer" 2075 179-187, Chapter 13: Natural Transformation in Escherichia coli, Springer Nature, Komiyama Y; Maeda S, 2020年, その他, その他
  • 食物科学概論 改訂版, 朝倉書店, 6.3 バイオテクノロジーと食物, 2014年, vii, 165p, 日本語, その他, 9784254606263, cinii_books
  • 食物科学概論、6.3 バイオテクノロジーと食物, 朝倉書店, 2003年, その他, 査読無し, その他
  • The Hepatocyte Review, Chapter 18: Mechanisms of Active Cell Death in Isolated Hepatocytes, Kluwer Academic Publishers, Maeda S, 2000年, その他, 査読無し, その他

講演・口頭発表等

  • 笠垣さゆり; 小宮山瑶子; 漆谷智加; 前田純夫, 国内, 第43回日本分子生物学会年会, 大腸菌のDNAメチル化遺伝子変異のpersister cell記憶保持機構への影響, 2020年12月, 英語, rm:research_project_id
  • 漆谷智加; 鈴木江梨果; 前田純夫, 国内, 第43回日本分子生物学会年会, ウシ血清添加がEscherichia coliのpersister cell形成に及ぼす促進および記憶効果, 2020年12月, 英語, rm:research_project_id
  • Sayuri Kasagaki; Yoko Komiyama; Tomoka Urushidani; Sumio Maeda, 国際, FEMS ONLINE CONFERENCE ON MICROBIOLOGY 2020, Involvement of DNA Methylation in Memory Phenomenon of Persisters in Escherichia coli, 2020年10月, 英語, rm:research_project_id
  • Tomoka Urushidani; Yoko Komiyama; Sumio Maeda, 国際, FEMS ONLINE CONFERENCE ON MICROBIOLOGY 2020, Promoting and memory effects of air-solid biofilm culture on persister formation : analysis on mutants of toxin-antitoxin system genes, 2020年10月, 英語, rm:research_project_id
  • Sayuri Kasagaki; Mayuko Hashimoto; Haruna Akase; Yuna Hayase; Sumio Maeda, 国際, World Microbe Forum, Sub-minimal inhibitory concentration (sub-MIC) of ampicillin promotes horizontal plasmid transfer by transformation during culture in Escherichia coli, ポスター発表, 2021年07月22日, 2021年07月20日, 2021年07月24日, 英語
  • 早瀬裕菜; 笠垣さゆり; 前田純夫, 国内, 第95回日本細菌学会総会, 最小増殖阻止濃度のタンパク質合成阻害系抗生物質と機械的刺激は大腸菌の細胞間形質転換を相乗的に促進する, ポスター発表, 2022年03月, 2022年03月, 2022年03月, その他
  • 笠垣さゆり; 橋本茉由子; 前田純夫, 国内, 第44回日本分子生物学会年会, 最小増殖濃度以下のアンピシリンと機械的刺激は相乗的に大腸菌の細胞間形質転換とプラスミドDNA形質転換を促進する, ポスター発表, 2021年12月02日, 2021年12月01日, 2021年12月03日, その他
  • 早瀬裕菜; 三田村裕葉; 笠垣さゆり; 前田純夫, 国内, 第44回日本分子生物学会年会, 最少増殖阻止濃度のタンパク質合成阻害系抗生物質は大腸菌の形質転換を促進する, ポスター発表, 2021年12月02日, 2021年12月01日, 2021年12月03日, その他
  • 赤瀬はるな; 河村妙奈; 笠垣さゆり; 前田純夫, 国内, 第44回日本分子生物学会年会, 最少増殖阻止濃度のペプチドグリカン合成阻害系抗生物質は大腸菌の形質転換を促進する, ポスター発表, 2021年12月02日, 2021年12月01日, 2021年12月03日, その他
  • 漆谷智加; 坂本七海; 渡邊舞; 前田純夫, 国内, 第44回日本分子生物学会年会, 気相-固相バイオフィルム培養による大腸菌のパーシスター形成促進とその長期維持に関与する遺伝子の探索, ポスター発表, 2021年12月01日, 2021年12月01日, 2021年12月03日, その他, rm:research_project_id

受賞

  • 国内学会・会議・シンポジウム等の賞, 日本細菌学会総会優秀発表賞, 日本細菌学会, 望月美奈子(研究グループ責任者:前田純夫), 2020年02月

産業財産権

  • 特許権, 初代肝細胞の単層シート構造体とその形成方法, 3435458
  • 特許権, Continuous cell-sheet structure consisting of monolayer of primary hepatocytes and the method of forming the sheet

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 2022年04月, 2024年03月, 研究代表者, 極低濃度の抗生物質が示す新作用:細菌の細胞間形質転換を促進する作用, 公益財団法人発酵研究所
  • 基盤研究(C), 2019年04月, 2023年03月, 19K05791, 研究代表者, 細菌のパーシスター細胞化の『記憶』現象の機構解明, 前田 純夫, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 奈良女子大学, 4420000, 3400000, 1020000, rm:published_papers;rm:presentations;rm:presentations;rm:presentations;rm:presentations;rm:presentations
  • 2022年04月, 2024年03月, 研究代表者, 極低濃度の抗生物質が示す新作用:細菌の細胞間形質転換を促進する作用, 公益財団法人発酵研究所
  • 基盤研究(C), 2019年04月, 2023年03月, 19K05791, 研究代表者, 細菌のパーシスター細胞化の『記憶』現象の機構解明, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
  • 基盤研究(C), 2019年04月, 2023年03月, 19K05791, 研究代表者, 細菌のパーシスター細胞化の『記憶』現象の機構解明, 前田 純夫, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 奈良女子大学, 4420000, 3400000, 1020000, rm:published_papers;rm:presentations;rm:presentations;rm:presentations;rm:presentations;rm:presentations
  • 挑戦的萌芽研究, 2015年04月, 2018年03月, 15K14694, 研究代表者, 細菌細胞の『記憶』現象の解析:Persistence高発現の記憶現象発見を糸口に, 前田 純夫, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究, 奈良女子大学, 4160000, 3200000, 960000, パーシスター細胞は、一時的に抗生物質耐性を獲得した特定の細菌細胞小集団である。本研究では、コロニーバイオフィルム培養の大腸菌が、通常の液体培養の菌よりパーシスター細胞を多く生成すること、およびそのパーシスター細胞がバイオフィルム培養を止めても抗生物質を含む栄養豊富な37℃の培地中で4週間もの長期にわたり保持されることを見出した。この結果は、大腸菌細胞におけるパーシスター細胞状態の記憶効果の存在を示唆する。さらに、このバイオフィルム培養で促進されるパーシスター細胞生成とその記憶現象は、大腸菌種内のみならず他細菌種でも見られることを見出した。またこの現象に関わる数種の大腸菌候補遺伝子を同定した。, rm:published_papers
  • 挑戦的萌芽研究, 2015年04月, 2018年03月, 15K14694, 研究代表者, 細菌細胞の『記憶』現象の解析:Persistence高発現の記憶現象発見を糸口に, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
  • 基盤研究(B), 2013年04月, 2017年03月, 25292051, 研究代表者, 大腸菌の遺伝子水平伝播の新機構解明と普遍性検証, 前田 純夫, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 奈良女子大学, 17290000, 13300000, 3990000, 本研究では、申請者が最近発見した大腸菌の新規な遺伝子水平伝播現象(細胞間形質転換)の詳細と普遍性を明らかにすることを目的とした。その結果、1) DNase感受性の細胞間形質転換は、いくつかの天然株間でも起こること、2) ある種の天然株間での細胞間形質転換はファージ非依存性の機構で行われること、3)ある特定の実験室株が関わる高頻度の細胞間形質転換には、ある種のファージとその関連タンパク質の働きで引き起こされるDNase感受性の形質転換機構が働くこと、などを発見した。これらにより、本現象の機構解明と大腸菌種内での普遍性検証を行うことができた。, rm:published_papers;rm:published_papers;rm:published_papers;rm:published_papers
  • 挑戦的萌芽研究, 2015年04月, 2018年03月, 15K14694, 研究代表者, 細菌細胞の『記憶』現象の解析:Persistence高発現の記憶現象発見を糸口に, 前田 純夫, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究, 奈良女子大学, 4160000, 3200000, 960000, パーシスター細胞は、一時的に抗生物質耐性を獲得した特定の細菌細胞小集団である。本研究では、コロニーバイオフィルム培養の大腸菌が、通常の液体培養の菌よりパーシスター細胞を多く生成すること、およびそのパーシスター細胞がバイオフィルム培養を止めても抗生物質を含む栄養豊富な37℃の培地中で4週間もの長期にわたり保持されることを見出した。この結果は、大腸菌細胞におけるパーシスター細胞状態の記憶効果の存在を示唆する。さらに、このバイオフィルム培養で促進されるパーシスター細胞生成とその記憶現象は、大腸菌種内のみならず他細菌種でも見られることを見出した。またこの現象に関わる数種の大腸菌候補遺伝子を同定した。, rm:published_papers
  • 基盤研究(B), 2013年04月, 2017年03月, 25292051, 研究代表者, 大腸菌の遺伝子水平伝播の新機構解明と普遍性検証, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
  • 基盤研究(B), 2013年04月, 2017年03月, 25292051, 研究代表者, 大腸菌の遺伝子水平伝播の新機構解明と普遍性検証, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
  • 挑戦的萌芽研究, 2012年04月, 2015年03月, 24650488, 研究代表者, 腸内細菌叢のプロバイオティクス化を目指したファージによる生体内遺伝子導入の試み, 前田 純夫, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究, 奈良女子大学, 3900000, 3000000, 900000, 本研究では、腸内細菌叢を遺伝子工学的にプロバイオティクス化するための基礎技術として、バクテリオファージを利用した腸内細菌叢への生体内遺伝子導入法の端緒を開くことを目的とした。申請者は今回、宿主域が比較的広いファージ種を用いた腸内細菌叢への遺伝子導入に関する方法論について、種々の条件検討を行った。その結果、大腸菌の野生株やラット腸由来大腸菌群の一部に対して、ファージによる遺伝子導入が可能であることを見出した。ただしその効率や他細菌種への導入などの点で、生体内遺伝子導入の実用的実施には、今後のさらなる検討が必要と考えられた。, rm:published_papers
  • 基盤研究(B), 2013年04月, 2017年03月, 25292051, 研究代表者, 大腸菌の遺伝子水平伝播の新機構解明と普遍性検証, 前田 純夫, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 奈良女子大学, 17290000, 13300000, 3990000, 本研究では、申請者が最近発見した大腸菌の新規な遺伝子水平伝播現象(細胞間形質転換)の詳細と普遍性を明らかにすることを目的とした。その結果、1) DNase感受性の細胞間形質転換は、いくつかの天然株間でも起こること、2) ある種の天然株間での細胞間形質転換はファージ非依存性の機構で行われること、3)ある特定の実験室株が関わる高頻度の細胞間形質転換には、ある種のファージとその関連タンパク質の働きで引き起こされるDNase感受性の形質転換機構が働くこと、などを発見した。これらにより、本現象の機構解明と大腸菌種内での普遍性検証を行うことができた。, rm:published_papers;rm:published_papers;rm:published_papers;rm:published_papers
  • 挑戦的萌芽研究, 2012年04月, 2015年03月, 24650488, 研究代表者, 腸内細菌叢のプロバイオティクス化を目指したファージによる生体内遺伝子導入の試み, 前田 純夫, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究, 奈良女子大学, 3900000, 3000000, 900000, 本研究では、腸内細菌叢を遺伝子工学的にプロバイオティクス化するための基礎技術として、バクテリオファージを利用した腸内細菌叢への生体内遺伝子導入法の端緒を開くことを目的とした。申請者は今回、宿主域が比較的広いファージ種を用いた腸内細菌叢への遺伝子導入に関する方法論について、種々の条件検討を行った。その結果、大腸菌の野生株やラット腸由来大腸菌群の一部に対して、ファージによる遺伝子導入が可能であることを見出した。ただしその効率や他細菌種への導入などの点で、生体内遺伝子導入の実用的実施には、今後のさらなる検討が必要と考えられた。, rm:published_papers
  • 基盤研究(C), 2007年, 2009年, 19580089, 研究代表者, 細菌コロニーバイオフィルム中で特異的に起こる新規な遺伝子水平伝播現象の解析, 前田 純夫, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 奈良女子大学, 4810000, 3700000, 1110000, 本研究では、申請者が最近発見した大腸菌コロニーバイオフィルム中での非接合性・非ウイルス性の新規な遺伝子水平伝播現象の詳細と普遍性を明らかにすることを目的とした。その結果、この遺伝子水平伝播が新規な形質転換の一種であること、この機構に関わる大腸菌遺伝子群が数十個存在すること、この現象が食品成分を栄養源とした培養でも起こること、また大腸菌-枯草菌間でも起こること、などを発見した。, rm:published_papers;rm:published_papers;rm:published_papers;rm:published_papers;rm:published_papers;rm:published_papers
  • 2001年, バイオフィルム中での細菌細胞の生理, 0, 0, 0, 競争的資金
  • 2001年, 細菌間遺伝子水平伝播, 0, 0, 0, 競争的資金
  • バイオフィルム制御, 0, 0, 0, 競争的資金
  • 食環境中での細菌の挙動, 0, 0, 0, 競争的資金


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.