研究者総覧

藤田 盟児フジタ メイジ

所属部署名研究院工学系工学領域
職名教授
Last Updated :2022/10/06

researchmap

プロフィール情報

  • 藤田, フジタ
  • 盟児, メイジ

学位

  • 博士(工学)

研究キーワード

  • 建築史 都市史 歴史 意匠 デザイン 美学 芸術

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災), 建築史、意匠

経歴

  • 1996年, 2002年, 名古屋造形芸術大学 助教授
  • 1991年, 1995年, 奈良国立文化財研究所 研究員
  • 広島国際大学 工学部 建築学科 工学部建築学科, 教授

学歴

  • 1991年, 東京大学, 工学系研究科, 建築学, 日本国
  • 1991年, 東京大学, Graduate School, Division of Engineering
  • 1984年, 東京大学, 工学部, 建築学, 日本国
  • 1984年, 東京大学, Faculty of Engineering

所属学協会

  • 建築史学会
  • 日本建築学会

Ⅱ.研究活動実績

論文

  • 査読あり, 日本語, 史跡 寺町廃寺跡, 三次市教育委員会, 堂塔の建築史学的考察, 2022年03月, 296, 308
  • 査読あり, 日本語, 『建築の歴史・様式・社会』中央公論美術出版, 書院造の形成過程と様式定義, 藤田盟児, 2018年01月, 289-307
  • 査読あり, 日本語, 国立歴史民俗博物館研究報告, 厳島神社門前町における町家の14C年代調査とその意義, 藤田盟児, 2015年12月, 196, 53-90
  • 査読あり, 日本語, 建築史学, 鎌倉前半期における上層武家住宅の実態と変遷過程, 藤田盟児, 2009年09月, 53, 2-40
  • 査読あり, 日本語, 日本建築学会計画系論文報告集, 鎌倉における赤橋邸と西殿の沿革, 藤田盟児, 2005年08月, 594, 163-169
  • 査読あり, 日本語, 日本建築学会計画系論文報告集, 鎌倉の執権及び連署の本邸の沿革, 藤田盟児, 2000年07月, 533, 205-211
  • 査読あり, 日本語, 日本建築学会計画系論文報告集, 藤原定家と周辺住民の居住形態, 藤田盟児, 1993年06月, 448, 151-158
  • 査読あり, 日本語, 建築史学, 鎌倉前期の上級貴族住宅における接客部分と障子上, 藤田盟児, 1992年09月, 19, 2-26
  • 査読あり, 日本語, 建築史学, 平安時代の遺営文書による寝殿造付属屋の復原, 藤田盟児; 後藤治; 光井渉, 1991年03月, 16, 92-108

MISC

  • 査読無し, 日本語, 奈良文化財研究所学報, 中世住宅の空間構成の変遷, 藤田盟児, 2016年03月, 96, 116-137
  • 査読無し, 日本語, 名古屋造形芸術大学・名古屋造形芸術短期大学 紀要, 日本の住宅建築における空間的発展 ー日本文化の空間的原理の研究 その1ー, 藤田盟児, 2000年05月, 6, 45-66
  • 日本語, 日本建築学会中国支部研究報告集 日本建築学会中国支部 編, 日本建築学会中国支部, 厳島の17世紀の町家からみた町家形式の形成過程について, 藤田 盟児, 2014年03月01日, 37, 757, 760
  • 日本語, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠, 一般社団法人日本建築学会, 9032 中世前期の空間概念としての上下について, 藤田 盟児, 1992年08月01日, 1992, 999, 1000
  • 日本語, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠, 日本建築学会, 鎌倉前期の貴族社宅における「障子上」について, 藤田 盟児, 1989年09月01日, 1989, 725, 726
  • 日本語, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠, 一般社団法人日本建築学会, 9027 寝殿造から書院造へのアプローチ形式の変遷, 藤田 盟児, 1988年09月01日, 1988, 695, 696

書籍等出版物

  • 澤村家建造物調査報告書, 福山市教育委員会, 日本語, 調査報告書
  • 御所まち -御所市伝統的建造物群保存対策調査報告書-, 御所市教育委員会, 日本語, 調査報告書
  • 和室学, 平凡社, 日本語, 一般書, 978-4-582-54468-8
  • 築何年?, 吉川弘文館, 藤田盟児; 坂本稔; 中尾七恵他, 分担, 2015年03月, 42-110, 日本語, 査読無し, その他
  • 都市のあこがれ, 鹿島出版会, 藤田盟児, 分担, 2009年10月, 80-83, 日本語, 査読無し, その他
  • 中世的空間と儀礼, 東京大学出版会, 藤田盟児, 分担, 2005年03月, 150-191, 日本語, 査読無し, その他, 9784130652032
  • 日本建築様式史, 美術出版社, 藤田盟児, 分担, 1999年11月, 77-88, 日本語, 査読無し, その他
  • 建築史の空間 -関口欣也先生退官記念論文集-, 中央公論美術出版, 藤田盟児, 分担, 1999年01月, 25-49, 日本語, 査読無し, その他, 9784805503690
  • 建築史の鉱脈 -大河直躬先生退官記念論文集-, 中央公論美術出版, 藤田盟児; 江面嗣人; 後藤治; 太記裕一; 田中文男; 玉井哲雄; 土本俊和; 藤川昌樹; 丸山純; 宮沢智士, 分担, 1995年05月, 日本語, 査読無し, その他, 9784805508237
  • 中世の空間を読む, 吉川弘文館, 藤田盟児; 藤原良章; 高橋慎一郎; 高橋英樹, 分担, 1995年03月, 172-210, 日本語, 査読無し, その他, 9784642027489
  • 和室学 : 世界で日本にしかない空間, 平凡社, 松村, 秀一; 服部, 岑生; 藤田, 盟児; 小沢, 朝江; 桐浴, 邦夫; 平井, ゆか; 内田, 青蔵; 上西, 明; 鈴木, 義弘; 岡, 絵理子; 稲葉, 信子; 松本, 直之, 第2章 和室の起源と性格, 2020年10月, 369p, 日本語, その他, 9784582544688, cinii_books

講演・口頭発表等

  • 藤田盟児, 国内, 観光ちいきづくりシンポジウム, 上下のまちなみと重伝建制度, 口頭発表(基調)
  • 藤田盟児, 国内, 歴史まちづくりシンポジウム, 御所のまちなみ, 口頭発表(基調)
  • 藤田盟児, 国内, 住総研シンポジウム, 平等へのあこがれと和室の誕生, 口頭発表(招待・特別)
  • 藤田盟児, 国内, 府中歴史フォーラム, 建築からみる府中の近代, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 日本語
  • 藤田盟児, 中世における「建築」、日本とヨーロッパ, 中世日本建築における住宅様式の生成過程, 2014年11月, 日本語, パリ=ソルボンヌ大学・京都工芸繊維大学, アンスティチュ・フランセ, 国際会議
  • 藤田盟児, 第88回歴博フォーラム, 民家編年と測定年代, 2013年06月, 日本語, 国立歴史民俗博物館, 国立歴史民俗博物館講, 国内会議
  • 藤田盟児, 2013年全国町並み連絡会議講演, 瀬戸内海の港町とその調査方法, 2013年01月, 日本語, 重要伝統的建造物群保存地区連絡会議, 呉市安芸灘会館ホール, 国内会議
  • 藤田盟児, 広島県文化財臨地研究会講演, 広島に残る伝統的な町並みについて, 2009年10月, 日本語, 広島県文化財協会, 呉市安芸灘会館ホール, 国内会議
  • 藤田盟児, 説話文学会シンポジウム, 座敷の建立, 2009年06月, 日本語, 説話文学研究会, 奈良女子大学, 国内会議
  • 藤田盟児, 日本民族建築学会シンポジウム, 安芸国の港町-宮島と呉の町家-, 2007年10月, 日本語, 日本民族建築学会, 福山大学, 国内会議
  • 藤田盟児, 日韓建築史交流フォーラム講演, 日本文化の空間的性質について, 2001年02月, 日本語, 日本学術振興会, ソウル大学, 国際会議
  • 藤田盟児, 名古屋音楽大学講演会, 日本文化の時空構造, 2000年06月, 日本語, 名古屋音楽大学, 同朋学園成徳館, 国内会議

Works(作品等)

  • 斎宮1/300復元模型設計, 藤田盟児, 1998年04月, 1999年03月
  • 大乗院1/200復原模型設計, 藤田盟児; 山岸常人, 1994年04月, 1995年03月
  • “Tokyo Spirit” of “Tokyo : From and Spirit”, 藤田盟児; 槙文彦; 粟津潔; 大野秀敏, 1984年04月, 1986年03月, 原宿ラフォーレ、ウォーカーアートセンター、ポンピドーセンター

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 基盤(c), 2019年, 2021年, 19K04805, 研究代表者, 中近世移行期における書院造の研究
  • 1989年, 2020年, 日本中世住宅史の研究, 0, 0, 0, 鎌倉時代の都市・鎌倉における上層武家住宅を中心に、中世住宅史を研究している。, 競争的資金
  • 建築美学の構造論的検討, 0, 0, 0, 日本建築を中心的な題材として、時間と空間の性質を中心的な研究対象とする構造論的美学の研究をしている。, 競争的資金
  • Research on the Transformation Process of the spacial conception, 0, 0, 0, 競争的資金
  • Research on the space Structure of the Residences in the Middle Ages in Japan., 0, 0, 0, 競争的資金


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.