研究者総覧

矢田 詩歩Yada Shihoヤダ シホ

所属部署名研究院自然科学系化学領域
職名助教
Last Updated :2022/11/18

researchmap

プロフィール情報

  • 矢田, ヤダ
  • 詩歩, シホ

学位

  • 博士(理学), 奈良女子大学, 2019年03月

研究キーワード

  • コロイド・界面化学

研究分野

  • ナノテク・材料, 機能物性化学

経歴

  • 2019年04月, 9999年, 奈良女子大学, 研究院 自然科学系 化学領域, 助教

学歴

  • 2016年04月, 2019年03月, 奈良女子大学, 大学院人間文化研究科, 博士後期課程共生自然科学専攻
  • 2014年04月, 2016年03月, 奈良女子大学, 大学院人間文化研究科, 博士前期課程化学専攻
  • 2010年04月, 2014年03月, 奈良女子大学, 理学部, 化学科

担当経験のある科目(授業)

  • 化学のための物理Ⅱ, 奈良女子大学, 2020年10月99日
  • 分子集合体化学, 奈良女子大学, 2019年04月99日
  • 物性反応物理化学セミナーC-Ⅱ, 奈良女子大学, 2019年04月99日
  • 物性反応物理化学セミナーC-Ⅰ, 奈良女子大学, 2019年04月99日
  • 化学基礎実験2, 奈良女子大学, 2019年04月99日
  • 化学基礎実験1(B), 奈良女子大学, 2021年04月99日

所属学協会

  • 日本薬剤学会, 2020年05月, 9999年
  • 日本中性子科学会, 2018年10月, 9999年
  • 色材協会, 2015年09月, 9999年
  • 高分子学会, 2015年01月, 9999年
  • 日本油化学会, 2014年07月, 9999年
  • 日本化学会, 2013年11月, 9999年
  • 日本化学会コロイドおよび界面化学部会, 2013年08月, 9999年

Ⅱ.研究活動実績

論文

  • 査読あり, 英語, Colloids Surf. A, Physicochemical and solution properties of quaternary-ammonium-salt-type amphiphilic gemini ionic liquids with spacers containing oxygen or nitrogen, Risa Kawai; Maiko Niki; Shiho Yada; Tomokazu Yoshimura, 2020年10月, 603, 125218, 125218, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, Langmuir, Microstructural Characterization of Foam Formed by a Hydroxy Group-Containing Amino Acid Surfactant Using Small-Angle Neutron Scattering, Shiho Yada; Hiroshi Shimosegawa; Hiroya Fujita; Munehiro Yamada; Yukako Matsue; Tomokazu Yoshimura, 2020年07月14日, 36, 27, 7808, 7813, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, Langmuir, Surface Adsorption and Bulk Properties of Surfactants in Quaternary-Ammonium-Salt-Type Amphiphilic Monomeric and Gemini Ionic Liquids, Risa Kawai; Shiho Yada; Tomokazu Yoshimura, 2020年05月19日, 36, 19, 5219, 5226, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, Colloids Surf. A, Unique interfacial adsorption behavior of a hydroxy group-containing amino acid surfactant, Shiho Yada; Miyako Wakizaka; Hiroshi Shimosegawa; Hiroya Fujita; Munehiro Yamada; Yukako Matsue; Tomokazu Yoshimura, 2021年02月, 611, 125757, 125757, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, Molecules, Surface Adsorption Properties and Layer Structures of Homogeneous Polyoxyethylene-Type Nonionic Surfactants in Quaternary-Ammonium-Salt-Type Amphiphilic Gemini Ionic Liquids with Oxygen- or Nitrogen-Containing Spacers, Risa Kawai; Maiko Niki; Shiho Yada; Tomokazu Yoshimura, The amphiphilic ionic liquids containing an alkyl chain in molecules form nano-structure in the bulk, although they also show surface activity and form aggregates in aqueous solutions. Although insights into the layer structures of ionic liquids were obtained using X-ray and neutron scattering techniques, the nanostructures of ionic liquids remain unclear. Herein, the surface adsorption and bulk properties of homogeneous polyoxyethylene (EO)-type nonionic surfactants (CxEO6; x = 8, 12, or 16) were elucidated in quaternary-ammonium-salt-type amphiphilic gemini ionic liquids with oxygen or nitrogen-containing spacers [2Cn(Spacer) NTf2; (Spacer) = (2-O-2), (2-O-2-O-2), (2-N-2), (2/2-N-2), (3), (5), or (6); n = 10, 12, or 14 for (2-O-2) and n = 12 for all other spacers] by surface tension, small- and wide-angle X-ray scattering, cryogenic transmission electron microscopy, and viscosity measurements. The surface tension of C12EO6 in 2Cn(Spacer) NTf2 with oxygen-containing spacers increased with increasing concentration of C12EO6, becoming close to that of C12EO6 alone, indicating that the amphiphilic ionic liquid adsorbed at the interface was replaced with CxEO6. In contrast, both 2Cn(Spacer) NTf2 with nitrogen-containing spacers and nonionic surfactants remained adsorbed at the interface at high concentrations. In the bulk, it was found that 2Cn(Spacer) NTf2 formed layer structures, in which the spacing depended on the alkyl chain length of CxEO6. These insights are expected to advance the practical applications of amphiphilic ionic liquids such as ion permeation, drug solubilization, and energy delivery systems., 2020年10月22日, 25, 21, 4881, 4881, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, J. Oleo Sci., Micelle Formation of Monoammonium Glycyrrhizinate, Keisuke Matsuoka; Mamoru Arima; Yusuke Goto; Shiho Yada; Tomokazu Yoshimura, Monoammonium glycyrrhizinate is produced by the neutralization of glycyrrhizic acid from plant licorice with ammonia. In this study, the physicochemical properties of aqueous monoammonium glycyrrhizinate were investigated from the viewpoint of surface chemistry. The structure of the amphiphilic molecule is bola type, comprising two glucuronic acid moieties having two carboxylic acids groups and an aglycone part having a carboxylic acid at the opposite end of the molecule from the glucuronic acids. We found that the physicochemical properties of aqueous monoammonium glycyrrhizinate are dependent on the ionization of the carboxylic acid groups. The solubility of monoammonium glycyrrhizinate gradually increased above pH 4 in the buffer solution. The critical micelle concentration (CMC) and surface tension at the CMC (gamma CMC) of monoammonium glycyrrhizinate were determined by the surface tension method to be 1.5 mmol L-1 and 50 mN m-1 in pH 5 buffer and 3.7 mmol L-1 and 51 mN m-1 in pH 6 buffer, respectively. The surface tension gradually decreased with increasing concentration of monoammonium glycyrrhizinate in the pH 7 buffer, but the CMC was not defined by the curve. Light scattering measurements also did not reveal a clear CMC in the pH 7 buffer. The ionization of the carboxylic acid groups in the bola-type amphiphilic molecule with increasing pH is disadvantageous for micelle formation. Cryo-transmission electron microscopy showed that monoammonium glycyrrhizinate forms rod-like micelles in pH 5 buffer, and small angle X-ray scattering experiments confirmed that the average micellar structure was rod-like in pH 5 buffer. Thus, it was found that monoammonium glycyrrhizinate can form micelles only in weakly acidic aqueous solutions., 2021年07月01日, 70, 7, 911, 918, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 日本語, 色材協会誌, 四級アンモニウム塩系両親媒性イオン液体(総説), 河合里紗; 矢田詩歩; 吉村倫一, 2020年03月20日, 93, 3, 91, 98, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, Langmuir, Adsorption and Aggregation Properties of Gemini-Type Amphiphilic Dendrimers., Tomokazu Yoshimura; Nara-Karyn Kawano; Shiho Yada; Hiroki Iwase, Gemini-type amphiphilic dendrimers featuring two dodecyl chains and two poly(amidoamine) dendrons (2C12-2denGn, where n is the dendron (den) generation (G) number (1, 2, 3, 4, or 5)) were synthesized using ethylenediamine, alkyl bromide, and methyl acrylate. These gemini-type dendrimers were characterized by surface tension, pyrene fluorescence, static light scattering, and small-angle X-ray scattering. The results showed clear breakpoints in the surface tension versus concentration plots, which indicated adsorption at the air/water interface and micelle formation in solution despite the bulky dendron structure (e.g., generations 3 to 5), contrasting the behavior of conventional surfactants. The 2C12-2denGn dendrimers could be densely packed at the air/water interface owing to enhanced interaction between the dendrons and between the alkyl chains. Furthermore, these dendrimers formed spherical micelles at a concentration of 5.0 mmol dm-3 in solution (pH 9); the overall micelle size was not dependent on the generation number of the dendron, while as the generation number increased, the core radius of the micelle decreased, and the shell thickness of the micelle increased., 2020年01月21日, 36, 2, 563, 570, 研究論文(学術雑誌), 国際誌
  • 査読あり, 英語, Phys. Chem. Chem. Phys., Physicochemical and Solution Properties of Quaternary-Ammonium-Salt-Type Amphiphilic Trimeric Ionic Liquids, Risa Kawai; Shiho Yada; Tomokazu Yoshimura, 2019年12月07日, 21, 45, 25065, 25071, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, J. Mol. Liq., Solubilization Ability of Star-Shaped Trimeric Quaternary Ammonium Bromide Surfactant, Keisuke Matsuoka; Naohiro Takahashi; Shiho Yada; Tomokazu Yoshimura, © 2019 Elsevier B.V. The solubilization ability of surfactants is closely related to their molecular design. The number of alkyl chains in a surfactant molecule accordingly affects the forming of micellar structures. In the present study, the solubilization ability of cationic surfactants was studied by changing number of alkyl chains by using one of these three types of surfactants: star-shaped trimeric quaternary ammonium bromides (tris(N-alkyl-N,N-dimethyl-2-ammoniumethyl)amine bromides (3CntrisQ, n = 10, 12, and 14 is the number of carbon atoms in the alkyl chains)), dimeric surfactants (1,2-bis(alkyldimethylammonio)ethane dibromide (n-2-n, n = 10, 12, and 14)), and dodecyltrimethylammonium bromide (DTAB). The solubilization abilities of the above surfactants were studied using naphthalene and stearic acid at 298.2 K. Judging from the value of the molar solubilization ratios (MSR) for naphthalene and stearic acid, the solubilization ability generally improved as the number of alkyl chains of the surfactant molecules increased, as follows: DTAB <12-2-12 < 3C12trisQ. The Gibbs free energy change (ΔG0) values for the solubilization of naphthalene and stearic acid into 3C12TrisQ solutions were relatively large negative numbers, −28.3 and −59.4 kJ mol−1, respectively. Moreover, small angle X-ray scattering analysis indicated that electron density at the ellipsoidal micellar surface of 3C12trisQ was decreased by solubilizing naphthalene and stearic acid, however, the micellar shape was not drastically changed from ellipsoidal micelle. These results indicated that the trimeric surfactant presented better potential as solubilizer compared to typical monomeric surfactants., 2019年10月01日, 291, 1, 111254, 111260, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, ACS Omega, Characterization and Solution Properties of Quaternary-Ammonium-Salt-Type Amphiphilic Gemini Ionic Liquids, Risa Kawai; Shiho Yada; Tomokazu Yoshimura, 2019年09月03日, 4, 10, 14242, 14250, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, J. Mol. Liq., Characterization and solution properties of adamantane-containing quaternary-ammonium-salt-type amphiphilic ionic liquids, Risa Kawai; Shiho Yada; Tomokazu Yoshimura, 2019年08月19日, 294, 15, 111586, 111591, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, J. Mol. Liq., Adsorption and Aggregation Properties of Alkoxy-Group-Modified Homogeneous Polyoxyethylene Alkyl Ether Nonionic Surfactants, Shiho Yada; Toshiyuki Suzuki; Satoru Hashimoto; Tomokazu Yoshimura, 2019年06月, 28, 586, 591, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, Langmuir, Structure and Catalytic Activities of Gold Nanoparticles Protected by Homogeneous Polyoxyethylene Alkyl Ether Type Nonionic Surfactants, Shiho Yada; Tomokazu Yoshimura, 2019年04月, 35, 15, 5241, 5249, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 日本語, 材料表面, 環境負荷の低減を目指した非イオン界面活性剤の開発, 矢田詩歩; 吉村倫一, 2019年04月, 4, 2, 69, 80
  • 査読あり, 英語, Colloids Surf. A, Emulsification, Solubilization, and Detergency Behaviors of Homogeneous Polyoxypropylene- Polyoxyethylene Alkyl Ether Type Nonionic Surfactants, Shiho Yada; Keisuke Matsuoka; Yu Nagai Kanasaki; Keiko Gotoh; Tomokazu Yoshimura, 2019年03月, 564, 51, 58
  • 査読あり, 英語, J. Mol. Liq., Solubilization ability of N,N-dimethyl-N-alkyladamantylammonium bromide, Keisuke Matsuoka; Rinpei Omori; Shiho Yada; Tomokazu Yoshimura; Hiroki Iwase, Adamantane is difficult to dissolve in water owing to its bulky steric hydrocarbon structure. We designed a novel amphiphilic molecule by introducing an alkyl chain and a cation group into an adamantyl group. N,N-dimethyl-N-alkyladamantylammonium bromide (CnAdAB n is the alkyl chain length, where n = 10, 12, and 14) dissolves easily in water by forming micelles above the critical micelle concentration. Aggregates of this surfactant series form small nonspherical micelles several nanometers in size with relative small aggregation number 53 (n = 10), 59 (n = 12), and 63 (n = 14) at the typical concentration. Small-angle X-ray scattering measurement showed that the micellar structure of C12AdAB was changed slightly by solubilization of naphthalene and stearic acid. Moreover, the solubilization ability of the aggregates was studied using naphthalene and long-alkyl-chain fatty acids (myristic, palmitic, and stearic acids). The same solubilization experiments were performed using typical cationic surfactants (dodecyltrimethylammonium bromide and a gemini surfactant) for comparison. The molar solubilization ratios indicate that the CnAdAB series can solubilize the aromatic compound naphthalene as well as the other surfactants, whereas they can barely solubilize the long-alkyl-chain fatty acids. The solubilization stability can be analyzed by estimating the Gibbs free energy change (ΔG0) for the transfer of solubilizate molecules to the aggregate phase. The gemini surfactant system showed the largest negative value of ΔG0 for both naphthalene and the fatty acids. On the other hand, solubilization of fatty acids into CnAdAB micelles was not advantageous energetically. These results indicate that the solubilization ability of CnAdAB surfactants is not generally suitable for solubilization of long-alkyl-chain fatty acids owing to the smallness of the micelles., 2018年06月15日, 260, 131, 137, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, J. Mol. Liq., Adsorption dynamics of homogeneous polyoxypropylene-polyoxyethylene alkyl ether nonionic surfactants at the air/water interface, Shiho Yada; Toshiyuki Suzuki; Satoru Hashimoto; Tomokazu Yoshimura, The dynamic surface tensions of two homogeneous polyoxyethylene (EO) alkyl ether nonionic surfactants with terminal hydroxy group (C12EOx, where C12 is a dodecyl chain and x is the length of the EO chain x = 6, 8) and two homogeneous polyoxypropylene-polyoxyethylene (PO-EO) alkyl ether nonionic surfactants (C12EOxPO3, where PO3 is a trioxypropylene chain inserted between the EOx and the terminal hydroxy group) were measured using the maximum bubble pressure method. The effects of EO chain length, the presence or absence of the PO3 chain, and the surfactant concentration on the maximum rates of surface-tension reduction and diffusion coefficient were investigated. The C12EO6PO3 surfactant exhibited the fastest rate of surface-tension reduction of the four systems studied, despite its complex hydrophobic-alkyl-chain/hydrophilic-EO-chain/hydrophobic-PO-chain structure that differs from that of conventional EO alkyl ether surfactants. The diffusion coefficients obtained from short and long time analyses indicate that surfactant diffusion to the subsurface is faster for the C12EOxPO3 surfactants than the C12EOx surfactants (short time data), while surfactant adsorption from the subsurface to the air/water interface is faster for the C12EOx surfactants than the C12EOxPO3 surfactants (long time data)., 2018年04月01日, 255, 1, 208, 214, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, Langmuir, Adsorption and Aggregation Properties of Homogeneous Polyoxypropylene-Polyoxyethylene Alkyl Ether Type Nonionic Surfactants, Shiho Yada; Toshiyuki Suzuki; Satoru Hashimoto; Tomokazu Yoshimura, Homogeneous polyoxypropylene (PO)-polyoxyethylene (EO) alkyl ether type nonionic surfactants comprising alkyl, EO, and PO chains with identical chain length distributions (CnEOxPOy; alkyl chain length n = 10, 12, 14, or 16; E0 chain length x = 4, 6, or 8; and PO chain length y = 1, 2, or 3) were synthesized from homogeneous polyoxyethylene alkyl ether bromide and monosodium polyoxypropylene by Williamson ether synthesis. The adsorption and aggregation properties of these surfactants were characterized (cloud point, surface tension, dynamic light scattering, small angle X-ray scattering, polarization microscopy, and cryogenic transmission electron microscopy) and compared to those of conventional homogeneous EO alkyl ether type nonionic surfactants (CnEOx). The introduction of a PO terminal group of the CnEOx species lowered the cloud points, especially for x = 6. Contrary to our expectations, the CnEOxPOy surfactants adsorbed efficiently at the air/water interface, despite their complex structure (hydrophobic alkyl chain/hydrophilic EO chain/hydrophobic PO chain) They also displayed excellent micelle-forming ability in solution. Furthermore, the CnEOx species formed small micelles in solution at low concentrations and the structures transformed to hexagonal liquid crystals as the surfactant concentration increased. Conversely, CnEOxPOy maintained a micellar structure even at high concentrations. Notably, the introduction of a PO chain into the CnEOx surfactant controlled the formation of aggregates with a higher-order structure (hexagonal liquid crystals)., 2017年04月, 33, 15, 3794, 3801, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, J. Mol. Liq., Layer structure of quaternary-ammonium-salt-type amphiphilic gemini and trimeric ionic liquids, Risa Kawai; Shiho Yada; Tomokazu Yoshimura, 2021年08月15日, 336, 15, 116459, 116459, 研究論文(学術雑誌)
  • 英語, Chem. Eur. J., Fine Tunable, Redox Active Octapalladium Chains Supported by Linear Tetraphosphines, Leading to Dynamically 1D Self‐Assembled Coordination Polymers, Tomoaki Tanase; Kanako Nakamae; Haruka Miyano; Yasuyuki Ura; Yasutaka Kitagawa; Shiho Yada; Tomokazu Yoshimura; Takayuki Nakajima, A series of the octapalladium chains supported by meso-Ph2PCH2P(Ph)CH2P(Ph)CH2PPh2 (meso-dpmppm) ligands, [Pd8(meso-dpmppm)4(L)2](BF4)4 (L=none (1), solvents: CH3CN (2 a), dmf (2 b), dmso (2 c), RN≡C: R=Xyl (3 a), Mes (3 b), Dip (3 c), tBu (3 d), Cy (3 e), CH3(CH2)7 (3 f), CH3(CH2)11 (3 g), CH3(CH2)17 (3 h)) and [Pd8(meso-dpmppm)4(X)2](BF4)2 (X=Cl (4 a), N3 (4 b), CN (4 c), SCN (4 d)), were synthesized by using 2 a as a stable good precursor, and characterized by spectroscopic (IR, 1H and 31P NMR, UV-vis-NIR, ESI-MS) measurements and X-ray crystallographic analyses (for 1, 2 a, b, 3 a, b, e, f, 4 a–d). On the basis of DFT calculations on the X-ray determined structure of 2 b ([2b-Pd8]4+) and the optimized models [Pd8(meso-Ph2PCH2P(H)CH2P(H)CH2PH2)4(CH3CN)2]4+ ([Pd8Ph8]4+) and [Pd8(meso-H2PCH2P(H)CH2P(H)CH2PH2)4(CH3CN)2]4+ ([Pd8H8]4+), with and without empirically calculating dispersion force stabilization energy (B3LYP-D3, B3LYP), the formation energy between the two Pd4 fragments is assumed to involve mainly noncovalent interactions (ca. −70 kcal/mol) with four sets of interligand C−H/π interactions and Pd⋅⋅⋅Pd metallophilic one, while electron shared covalent interactions are almost canceled out within the Pd8 chain. All the compounds isolated are stable in solution and exhibit characteristic absorption at ∼900 nm, which is assignable to a spin allowed HOMO to LUMO transition, and shows temperature dependent intensity change with variable absorption coefficients presumably due to coupling with some thermal vibrations. The structures and electronic states of the Pd8 chains are found finely tunable by varying the terminal capping ligands. In particular, theoretical calculations elucidated that the HOMO-LUMO energy gap is systematically related to the central Pd−Pd distance (2.7319(6)–2.7575(6) Å) by two ways with neutral ligands L (1, 2, 3) and with anionic ligands X (4), which are reflected on the NIR absorption energy of 867–954 nm. The isocyanide terminated Pd8 complexes (3) further reacted with excess of RNC (6 eq) to afford the Pd4 complexes, [Pd4(meso-dpmppm)2(RNC)2](BF4)2 (13), and the cyclic voltammograms of 2 a (L=CH3CN), 3, and 13 (R=Xyl, Mes, tBu, Cy) demonstrated wide range redox behaviors from 2{Pd4}4+ to 2{Pd4}0 through 2{Pd4}2+↔{Pd8}4+, {Pd8}3+, and {Pd8}2+ strings. The oxidized complexes, [Pd4(meso-dpmppm)2(RNC)3](BF4)4 (16), were characterized by X-ray analyses, and the two-electron reduced chain of [Pd8(meso-dpmppm)4](BF4)2 (7) was analyzed by spectroscopic and electrochemical techniques and DFT calculations. Reactions of 2 a with 1 equiv. of aromatic linear bisisocyanide (BI) in CH2Cl2 deposited insoluble coordination polymers, {[Pd8(meso-dpmppm)4(BI)](BF4)4}n (5), and interestingly, they were soluble in acetonitrile, 31P{1H} and 1H DOSY NMR spectra as well as SAXS curves suggesting that the coordination polymers may exist in acetonitrile as dynamically 1D self-assembled coordination polymers comprising ca. 50 units of the Pd8 rod averaged within the timescale., 2021年08月19日, 27, 47, 12078, 12103, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, Langmuir, Adsorption and Aggregation Behavior of Mixtures of Quaternary-Ammonium-Salt-Type Amphiphilic Compounds with Fluorinated Counterions and Surfactants, Risa Kawai; Shiho Yada; Tomokazu Yoshimura, 2021年09月28日, 37, 38, 11330, 11337, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, Langmuir, Effect of Spacer Structures on the Interfacial Adsorption and Micelle Properties of Quaternary Ammonium Salt-Based Gemini Surfactants, Tsukasa Morita; Shiho Yada; Tomokazu Yoshimura, 2022年01月11日, 38, 1, 156, 163, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, Colloid Surf. A, Adsorption and Aggregation Properties of Homogeneous Polyoxyethylene Alkyl Ether- and Ester-Type Nonionic Surfactants with Multi-Branched Double Chains, Shiho Yada; Yuiko Yoshioka; Masashi Ohno; Toshinari Koda; Tomokazu Yoshimura, 2022年09月05日, 648, 129247, 研究論文(学術雑誌)
  • その他, Chemistry – A European Journal, Cover Feature: Fine Tunable, Redox Active Octapalladium Chains Supported by Linear Tetraphosphines, Leading to Dynamically 1D Self‐Assembled Coordination Polymers (Chem. Eur. J. 47/2021), Tomoaki Tanase; Kanako Nakamae; Haruka Miyano; Yasuyuki Ura; Yasutaka Kitagawa; Shiho Yada; Tomokazu Yoshimura; Takayuki Nakajima, 2021年08月19日, 27, 47, 12010, 12010, 研究論文(学術雑誌)
  • 査読あり, 英語, Colloids Surf. A, Linear- and Star-Type Quaternary Ammonium Salt-Based Trimeric Surfactants: Effect of Structure on Adsorption and Aggregation Properties, Tsukasa Morita; Shiho Yada; Tomokazu Yoshimura, 2022年10月, accepted, 研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 査読あり, 日本語, C & I Communication, 中性子小角散乱を用いたヒドロキシ基含有アミノ酸系界面活性剤によって安定化された泡沫のミクロ構造評価, 矢田詩歩, 2021年05月10日, 46, 462, 36, 38, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 日本語, オレオサイエンス, Japan Oil Chemists' Society, 新規界面活性剤の分子設計・合成と分子集合体の物性および構造に関する研究, 矢田詩歩, 2021年01月, 21, 1, 5, 12, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 日本語, オレオサイエンス, Japan Oil Chemists' Society, ヒドロキシ基含有アミノ酸系界面活性剤, 吉村 倫一; 矢田 詩歩, 2020年09月08日, 20, 9, 425, 430, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 査読無し, 日本語, C & I Communication, 単一鎖長ポリオキシエチレン系非イオン界面活性剤の開発, 矢田詩歩, 2019年12月, 44, 4, 15, 16, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 査読無し, 日本語, 科学と工業(大阪工研協会), 泡沫の新たな構造解析法, 矢田詩歩; 吉村倫一, 2019年11月, 93, 374, 378, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 査読無し, 日本語, C & I Communication, 分岐2鎖型界面活性剤の水溶液物性に及ぼす親水基と疎水鎖の影響, 吉岡優惟子; 矢田詩歩; 吉村倫一, 2018年05月, 43, 2, 40, 43, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 査読無し, 日本語, 化学工業, 単一鎖長ポリオキシプロピレン-ポリオキシエチレン系非イオン界面活性剤の開発, 矢田詩歩; 吉村倫一, 2018年02月, 69, 2, 41, 46, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 査読無し, 日本語, コンバーテック, 加工技術研究会, 次世代クローズド水系洗浄システム, 仲野真一; 山本健; 矢田詩歩; 吉村倫一; 林啓太; 中村秀美, 2014年07月, 42, 7, 109, 111, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 査読無し, 日本語, コンバーテック, 加工技術研究会, 次世代洗浄システムによるデバイス製造工程のパラダイムシフト, 仲野 真一; 山本 健; 長谷部 伸治, 2014年05月, 42, 5, 71, 73, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

書籍等出版物

  • 界面活性剤の選び方、使い方 事例集, 技術情報協会, 矢田詩歩; 吉村倫一, 第2章第3節「ユニークな構造のポリオキシエチレン系非イオン界面活性剤の開発」, 2019年07月31日, 日本語, 査読無し, その他
  • ─化粧品開発のための最新の美容皮膚科学理論と具現化するための最新の処方技術─ 最新・化粧品開発のための美容理論、処方/製剤、機能評価の実際, 技術教育出版, 矢田詩歩; 吉村倫一, (第32章「ジェミニ型界面活性剤の創製~アミノ酸・糖・ポリオキシエチレンを用いて」, 2018年07月, 日本語, 査読無し, その他
  • 分散系のレオロジー, 株式会社エヌ・ティー・エス, 矢田詩歩, 第4章第3節担当:「泡の界面粘弾性の測定」pp.141-144, 2021年08月13日, その他, その他
  • エマルションの安定化のための新しい調製技術と評価, 技術情報協会, 矢田 詩歩; 吉村 倫一, 第2章第7節「ジェミニ型界面活性剤の分子設計と合成方法」担当 pp. 191-199, 2022年10月31日, その他, その他
  • 泡の生成・消泡の基礎と産業利用, シーエムシー出版, 矢田 詩歩, 第7章第3節「中性子小角散乱による泡沫の構造解析」担当 pp.156-162, 2022年09月30日, その他, その他
  • 泡の生成・消泡の基礎と産業利用, シーエムシー出版, 矢田 詩歩,吉村 倫一, 第4章第1~4節「動的表面張力」「界面粘弾性」「動的粘弾性」「泡膜の分離圧」担当 pp. 30-51, 2022年09月30日, その他, その他

講演・口頭発表等

  • 矢田詩歩; 吉村倫一, 国内, ソフト界面科学研究会2020, 気/液界面における両親媒性物質の吸着挙動, 口頭発表(一般), 2021年03月16日, 2021年03月16日, 2021年03月16日, 日本語, オンライン
  • 中川真緒; 岡田篤; 稲岡享; 矢田詩歩; 吉村倫一, 国内, 第38回関西界面科学セミナー:若手・学生研究発表・討論会, ポリオキシエチレンセカンダリーアルキルエーテル界面活性剤の気/液界面における吸着と固体表面の濡れ性, 口頭発表(一般), 2021年01月09日, 2021年01月09日, 2021年01月09日, 日本語, 日本化学会コロイドおよび界面化学部会関西支部, オンライン, 国内会議
  • 安部美季; 大畑哲也; 山田武; 矢田詩歩; 吉村倫一, 国内, 第38回関西界面科学セミナー:若手・学生研究発表・討論会, ドデカン酸カリウムとジグリセリン誘導体混合系の吸着ダイナミクスと泡沫特性, 口頭発表(一般), 2021年01月09日, 2021年01月09日, 2021年01月09日, 日本語, 日本化学会コロイドおよび界面化学部会関西支部, オンライン, 国内会議
  • 矢田詩歩, 国内, R&Dセミナー, 泡のメカニズムと泡特性の評価・応用技術, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 2020年11月20日, 2020年11月20日, 2020年11月20日, 日本語, R&D支援センター, オンライン
  • 矢田詩歩, 国内, 日本油化学会第59回年会, 新規界面活性剤の分子設計・合成と分子集合体の物性および構造に関する研究, 口頭発表(招待・特別), 2020年10月, 2020年10月02日, 2020年10月07日, 日本語, 日本油化学会, オンライン, 国内会議
  • 王珊,橋本悟; 鈴木敏幸; 矢田詩歩; 吉村倫一, 国内, 日本油化学会第59回年会, 水素添加レシチンを用いたリポソームの特性に及ぼす単一鎖長ポリオキシエチレン系非イオン界面活性剤の影響, 口頭発表(一般), 2020年10月, 2020年10月02日, 2020年10月07日, 日本語, 日本油化学会, オンライン
  • 守田つかさ; 矢田詩歩; 吉村倫一, 国内, 日本油化学会第59回年会, 単一鎖長ポリオキシエチレン鎖を有するアルキルエーテル硫酸塩系界面活性剤の界面化学的性質, 口頭発表(一般), 2020年10月, 2020年10月02日, 2020年10月07日, 日本語, 日本油化学会, オンライン, 国内会議
  • 中川真緒; 河合里紗; 岡田篤; 稲岡享; 矢田詩歩; 吉村倫一, 国内, 日本油化学会第59回年会, ポリオキシエチレンセカンダリーアルキルエーテル界面活性剤の水溶液物性と相挙動, 口頭発表(一般), 2020年10月, 2020年10月02日, 2020年10月07日, 日本語, 日本油化学会, オンライン, 国内会議
  • 河合里紗; 仁木舞子; 矢田詩歩; 吉村倫一, 国内, 日本油化学会第59回年会, スペーサーに酸素または窒素を含む四級アンモニウム塩系ジェミニ型両親媒性イオン液体の水溶液物性とバルク特性, 口頭発表(一般), 2020年10月, 2020年10月02日, 2020年10月07日, 日本語, 日本油化学会, オンライン, 国内会議
  • Shiho Yada; Hiroshi Shimosegawa; Hiroya Fujita; Yukako Matsue; Tomokazu Yoshimura, 国内, 日本油化学会第59回年会, Microstructural Characterization of Foam Formed by Amino Acid Surfactant with Hydroxy Group Using Small-Angle Neutron Scattering, 口頭発表(一般), 2020年10月, 2020年10月02日, 2020年10月07日, 英語, 日本油化学会, オンライン, 国内会議
  • 矢田詩歩; 大原梨乃; 河合里紗; 大野泰弘; 松本武志; 細谷務; 吉村倫一, 国内, 日本油化学会第59回年会, アニオン界面活性剤LASと高分子混合系の水溶液物性に及ぼす高分子構造の影響, 口頭発表(一般), 2020年10月, 2020年10月02日, 2020年10月07日, 日本語, 日本油化学会, オンライン, 国内会議
  • 吉村倫一; 長野真季; 矢田詩歩, 国内, 第69回高分子討論会, X線小角散乱を用いたポリオキシエチレン系非イオン両親媒性オリゴマーミセルの構造解析, 口頭発表(一般), 2020年09月, 2020年09月16日, 2020年09月18日, 日本語, 高分子学会, オンライン, 国内会議
  • 王珊,橋本悟; 鈴木敏幸; 矢田詩歩; 吉村倫一, 国内, 第71回コロイドおよび界面化学討論会, 単一鎖長EO系非イオン界面活性剤と水素添加レシチンによるリポソームの特性, 口頭発表(一般), 2020年09月, 2020年09月14日, 2020年09月16日, 日本語, 日本化学会 コロイドおよび界面化学部会, オンライン, 国内会議
  • 河合里紗; 矢田詩歩; 吉村倫一, 国内, 第71回コロイドおよび界面化学討論会, 異種のアルキル鎖を有する四級アンモニウム塩系ジェミニ型両親媒性イオン液体を媒体とした非イオン界面活性剤のバルク特性, 口頭発表(一般), 2020年09月, 2020年09月14日, 2020年09月16日, 日本語, 日本化学会 コロイドおよび界面化学部会, オンライン, 国内会議
  • 矢田詩歩; 下瀬川紘; 藤田博也; 松江由香子; 吉村倫一, 国内, 第71回コロイドおよび界面化学討論会, 中性子小角散乱を用いたヒドロキシ基含有アミノ酸系界面活性剤によって安定化された泡沫のミクロ構造評価, 口頭発表(一般), 2020年09月, 2020年09月14日, 2020年09月16日, 日本語, 日本化学会 コロイドおよび界面化学部会, オンライン, 国内会議
  • 矢田詩歩; 王珊; 橋本悟; 鈴木敏幸; 吉村倫一, 国内, 日本薬剤学会第35年会, 水素添加レシチンと単一鎖長ポリオキシエチレン系非イオン界面活性剤混合系によるリポソームの創製, ポスター発表, 2020年05月, 2020年05月14日, 2020年05月16日, 日本語, 日本薬剤学会, 国内会議
  • 矢田詩歩, 国内, 油化学関連シンポジウム in 奈良「“泡”~最新の評価方法からアプリケーションまで~」, 中性子小角散乱による泡沫の構造解析, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 2020年02月21日, 2020年02月21日, 2020年02月21日, 日本語, 日本油化学会 関西支部, 奈良女子大学
  • 矢田詩歩, 国内, 第8回異分野交流会「みつける」「ささえる」「つなげる」, 新規ポリオキシエチレン系非イオン界面活性剤が形成する分子集合体の物性と構造に関する研究, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 2020年02月02日, 2020年02月02日, 2020年02月02日, 日本語, 奈良女子大学, 奈良女子大学
  • 矢田詩歩; 吉村倫一, 国内, 第37回関西界面科学セミナー「界面活性剤・両親媒性物質の基礎と今後の潮流~界面活性剤による新しい価値の創造~」, 四級アンモニウム塩系ジェミニ型両親媒性イオン液体, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 2019年07月20日, 日本語, 日本化学会コロイドおよび界面化学部会関西支部, 関西大学千里山キャンパス(吹田)
  • 矢田詩歩, 国内, 単一鎖長ポリオキシエチレン系 非イオン界面活性剤の開発, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 2018年02月21日, 2018年02月21日, 2018年02月21日, 日本語, 企業, 企業
  • 小林礼実; 際川香菜; 岩瀬裕希; 羽羽田容介; 澤木茂豊; 矢田詩歩; 吉村倫一, 国内, 第72回コロイドおよび界面化学討論会, SANSとSAXSを用いたアミノ酸−糖ハイブリッド界面活性剤ミセルの構造解析, ポスター発表, 2021年09月17日, 2021年09月15日, 2021年09月17日, 日本語
  • 王珊; 矢田詩歩; 吉村倫一, 国内, 第72回コロイドおよび界面化学討論会, 水素添加レシチンと単一鎖長ポリオキシエチレン系非イオン界面活性剤から成るリポソームおよび層構造によるクルクミンの可溶化, ポスター発表, 2021年09月17日, 2021年09月15日, 2021年09月17日, 日本語
  • 矢田詩歩; 際川香菜; 羽田容介; 澤木茂豊; 吉村倫一, 国内, 第72回コロイドおよび界面化学討論会, アミノ酸−糖ハイブリッド界面活性剤の泡沫の安定性評価と中性子小角散乱によるミクロ構造解析, ポスター発表, 2021年09月17日, 2021年09月15日, 2021年09月17日, 日本語
  • 安部美季; 大畑哲也; 山田武; 矢田詩歩; 吉村倫一, 国内, 第72回コロイドおよび界面化学討論会, ドデカン酸カリウムとジグリセリン誘導体混合系の泡沫特性におけるジグリセリン付加物の影響, 口頭発表(一般), 2021年09月15日, 2021年09月15日, 2021年09月17日, 日本語
  • 中川真緒; 岡田篤; 片岡裕貴; 稲岡享; 矢田詩歩; 吉村倫一, 国内, 第72回コロイドおよび界面化学討論会, ポリオキシエチレン系セカンダリー非イオン界面活性剤の水溶液物性と相挙動, 口頭発表(一般), 2021年09月15日, 2021年09月15日, 2021年09月17日, 日本語
  • 河合里紗; 矢田詩歩; 吉村倫一, 国内, 第72回コロイドおよび界面化学討論会, 四級アンモニウム塩系両親媒性イオン液体と界面活性剤混合系の気/水界面における吸着および水中での会合挙動, 口頭発表(一般), 2021年09月15日, 2021年09月15日, 2021年09月17日, 日本語
  • 小林礼実; 佐々木勝行; 鯉江信慶; 遠藤亮; 原優介; 関口孝治; 矢田詩歩; 吉村倫一, 国内, 日本油化学会第60回年会, ホスホリルコリン基を有するジェミニ型界面活性剤の水/油界面吸着と乳化特性, ポスター発表, 2021年09月06日, 2021年09月06日, 2021年09月11日, 日本語
  • 中川真緒; 岡田篤; 片岡裕貴; 稲岡享; 矢田詩歩; 吉村倫一, 国内, 日本油化学会第60回年会, ポリオキシエチレン系セカンダリー非イオン界面活性剤による固体表面の濡れ性, 口頭発表(一般), 2021年09月06日, 2021年09月06日, 2021年09月11日, 日本語
  • 大原梨乃; 矢田詩歩; 山本一裕; 大野泰弘; 松本武志; 細谷務; 吉村倫一, 国内, 日本油化学会第60回年会, ポリエチレンイミン系高分子とアニオン界面活性剤LASの混合系の水溶液物性, ポスター発表, 2021年09月06日, 2021年09月06日, 2021年09月11日, 日本語
  • 河合里紗; 仁木舞子; 矢田詩歩; 吉村倫一, 国内, 日本油化学会第60回年会, 四級アンモニウム塩系ジェミニ型両親媒性イオン液体を媒体としたポリオキシエチレン-ポリオキシプロピレン共重合体ジアルキルエーテルの吸着挙動とバルク特性, 口頭発表(一般), 2021年09月06日, 2021年09月06日, 2021年09月11日, 日本語
  • 永田夕佳; 矢田詩歩; 吉村倫一, 国内, 日本油化学会第60回年会, 末端基修飾型単一鎖長ポリオキシエチレン系非イオン界面活性剤の泡沫特性, ポスター発表, 2021年09月06日, 2021年09月06日, 2021年09月11日, 日本語
  • 矢田詩歩; 黒田瑞穂; 大野正司; 好田年成; 吉村倫一, 国内, 日本油化学会第60回年会, 多分岐鎖を有する単一鎖長ポリオキシエチレン系非イオン界面活性剤の泡沫の安定性と中性子小角散乱による構造解析, 口頭発表(一般), 2021年09月06日, 2021年09月06日, 2021年09月11日, 日本語
  • 水口裕惠; 矢田詩歩; 大野正司; 好田年成; 吉村倫一, 国内, 日本油化学会第60回年会, 多分岐鎖を有するポリオキシエチレン系非イオン界面活性剤の泡沫特性, 口頭発表(一般), 2021年09月06日, 2021年09月06日, 2021年09月11日, 日本語
  • 安部美季; 大畑哲也; 山田武; 矢田詩歩; 吉村倫一, 国内, 日本油化学会第60回年会, ドデカン酸カリウムとジグリセリン誘導体混合系の界面吸着および会合体特性, 口頭発表(一般), 2021年09月06日, 2021年09月06日, 2021年09月11日, 日本語
  • 天野沙耶; 川上隼人; 矢田詩歩; 吉村倫一, 国内, 日本油化学会第60回年会, N-アシルアラニンのカルボキシ基にリン酸基を導入したアミノ酸系界面活性剤の吸着および会合体特性, 口頭発表(一般), 2021年09月06日, 2021年09月06日, 2021年09月11日, 日本語
  • 小林礼実; 羽田容介; 澤木茂豊; 矢田詩歩; 吉村倫一, 国内, 日本油化学会第60回年会, バリンとラクトビオン酸を用いたアミノ酸-糖ハイブリッド界面活性剤の合成と水溶液物性, 口頭発表(一般), 2021年09月06日, 2021年09月06日, 2021年09月11日, 日本語
  • 中川真緒; 岡田篤; 稲岡享; 矢田詩歩; 吉村倫一, 国内, 第70回高分子学会年次大会, X 線小角散乱によるポリオキシエチレンセカンダリーアルキルエーテルミセルの構造解析, 口頭発表(一般), 2021年05月27日, 2021年05月26日, 2021年05月28日, 日本語
  • 矢田 詩歩, 国内, 第4回 オレオマテリアル学術交流会, 新規界面活性剤の分子設計・合成と分子集合体の物性および構造に関する研究, 口頭発表(招待・特別), 2021年11月05日, 2021年11月05日, 2021年11月05日, 日本語
  • 黒田瑞穂; 矢田詩歩; 吉村倫一; 大野正司; 好田年成, 国内, 分離技術会年会 2021, 多分岐鎖を有するポリオキシエチレン系非イオン界面活性剤のGaとAuの泡沫分離, ポスター発表, 2021年11月05日, 2021年11月04日, 2021年11月05日, その他
  • 矢田詩歩, 国内, R&D支援センター, 泡のメカニズムと泡特性の評価・応用技術, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 2021年10月29日, 2021年10月29日, 2021年10月29日, 日本語
  • 天野沙耶; 川上隼人; 矢田詩歩; 吉村 倫一, 国内, 日本化学会第102春季年会, リン酸エステル塩型アニオン界面活性剤の泡沫特性に及ぼすアミド結合の影響, 口頭発表(一般), 2022年03月, 2022年03月23日, 2022年03月27日, 日本語
  • 長濱佑美; 小林礼実; 羽田容介; 澤木茂豊; 矢田詩歩; 吉村倫一, 国内, 日本化学会第102春季年会, グリシンとマルトースを用いたアミノ酸-糖ハイブリッド界面活性剤の合成と水溶液物性, 口頭発表(一般), 2022年03月, 2022年03月23日, 2022年03月26日, 日本語
  • 中川真緒; 岡田篤; 片岡裕貴; 稲岡享; 矢田詩歩; 吉村倫一, 国内, 日本化学会第102春季年会, ポリオキシエチレン系セカンダリー非イオン界面活性剤の水溶液中における相挙動, 口頭発表(一般), 2022年03月, 2022年03月23日, 2022年03月26日, 日本語
  • 小林礼実; 長濱佑美; 岩瀬裕希; 羽田容介; 澤木茂豊; 矢田詩歩; 吉村倫一, 国内, 日本化学会第102春季年会, バリンを用いたアミノ酸-糖ハイブリッド界面活性剤が形成する会合体のX線小角散乱とレオロジーによる構造解析, 口頭発表(一般), 2022年03月, 2022年03月23日, 2022年03月26日, 日本語
  • 天野沙耶; 岩瀬裕希; 川上隼人; 矢田詩歩; 吉村 倫一, 国内, 日本化学会第102春季年会, リン酸エステル塩型アニオン界面活性剤/四級アンモニウム塩系カチオン界面活性剤混合系のX線小角散乱とレオロジーによる会合挙動, ポスター発表, 2022年03月, 2022年03月23日, 2022年03月26日, 日本語
  • 大門あい; 河合里紗; 矢田詩歩; 吉村倫一, 国内, 日本化学会第102春季年会, アミノ酸を対イオンとする四級アンモニウム塩系ジェミニ型界面活性剤の水溶液物性, ポスター発表, 2022年03月, 2022年03月22日, 2022年03月26日, 日本語
  • 天野沙耶; 岩瀬裕希; 矢田詩歩; 吉村倫一, 国内, 2021年度量子ビームサイエンスフェスタ, SAXSを用いたリン酸エステル塩型アニオン界面活性剤/四級アンモニウム塩系カチオン界面活性剤混合系の会合挙動, ポスター発表, 2022年03月, 2022年03月07日, 2022年03月09日, 日本語
  • 小林礼実; 岩瀬裕希; 矢田詩歩; 吉村倫一, 国内, 2021年度量子ビームサイエンスフェスタ, SAXSを用いたアミノ酸-糖ハイブリッド界面活性剤が形成する会合体の構造解析, ポスター発表, 2022年03月, 2022年03月07日, 2022年03月09日, 日本語
  • 長濱佑美; 岩瀬裕希; 矢田詩歩; 吉村倫一, 国内, 2021年度量子ビームサイエンスフェスタ, SAXSとレオロジーによるアミノ酸-糖ハイブリッド界面活性剤の会合体特性, ポスター発表, 2022年03月, 2022年03月07日, 2022年03月09日, 日本語
  • 矢田詩歩, 日本テクノセンター, 泡の発生・安定化メカニズムと泡特性の評価・最新技術および産業応用, 2022年06月10日, 日本語
  • 平田直之; 下村澄愛; 西澤佑一朗; 沼崎英一; 矢田詩歩; 加藤暢浩; 内橋貴之; 鈴木大介; 吉村倫一; 川口春馬, 第 21 回高分子ミクロスフェア討論会, カチオン化ベシクルへのジェミニ型界面活性剤の適用, 2022年03月11日, 2022年03月09日, 2022年03月11日, 日本語
  • 大畑 哲也; 山田 武; 吉村 倫一; 矢田 詩歩; 安部 美季, 第88回SCCJ研究討論会, 皮膚洗浄剤における泡の形成と安定性へ保湿剤が及ぼす影響, 2022年07月22日, 2022年07月22日, 2022年07月22日, 日本語
  • 王 珊; 岩瀬 裕希; 高田 慎一; 河合 里紗; 矢田 詩歩; 吉村 倫一, 第73回コロイドおよび界面化学討論会, アミノ酸を対イオンに有するジェミニ型カチオン両親媒性化合物の会合体特性, 2022年09月22日, 2022年09月20日, 2022年09月22日, 日本語
  • 長濱 佑美; 羽田 容介; 澤木 茂豊; 矢田 詩歩; 吉村 倫一, 第73回コロイドおよび界面化学討論会, 中性子小角散乱を用いたアミノ酸-糖ハイブリッド界面活性剤がつくる泡沫の構造と安定性の評価, 2022年09月22日, 2022年09月20日, 2022年09月22日, 日本語
  • 河合 里紗; 王 珊; 矢田 詩歩; 吉村 倫一, 第73回コロイドおよび界面化学討論会, グリシンを対イオンとする四級アンモニウム塩系ジェミニ型界面活性剤の合成と水溶液物性, 2022年09月22日, 2022年09月20日, 2022年09月22日, 日本語
  • 渡邊 萌; 河合 里紗; 矢田 詩歩; 吉村 倫一, 第73回コロイドおよび界面化学討論会, ベンザルコニウム系新規ジェミニ型界面活性剤の合成と水溶液物性, 2022年09月22日, 2022年09月20日, 2022年09月22日, 日本語
  • 守田 つかさ; 矢田 詩歩; 吉村 倫一, 第73回コロイドおよび界面化学討論会, 直鎖状および星状四級アンモニウム塩系トリメリック型界面活性剤の会合挙動に及ぼす分子構造の影響, 2022年09月22日, 2022年09月20日, 2022年09月22日, 日本語
  • 安部 美季; 大畑 哲也; 山田 武; 矢田 詩歩; 吉村 倫一, 第73回コロイドおよび界面化学討論会, ドデカン酸カリウムとジグリセリン誘導体混合系の気/液界面における吸着特性, 2022年09月21日, 2022年09月20日, 2022年09月22日, 日本語
  • 矢田 詩歩; 永田 夕佳; 吉村 倫一, 第73回コロイドおよび界面化学討論会, 中性子小角散乱を用いた単一鎖長ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸エステルナトリウムによって安定化された泡沫のミクロ構造評価, 2022年09月21日, 2022年09月20日, 2022年09月22日, 日本語
  • 長濱 佑美; 小林 礼実; 岩瀬 裕希; 羽田 容介; 澤木 茂豊; 矢田 詩歩; 吉村 倫一, 第73回コロイドおよび界面化学討論会, X線小角散乱とレオロジーを用いたアミノ酸-糖ハイブリッド界面活性剤会合体の構造解析:糖の構造の影響, 2022年09月20日, 2022年09月20日, 2022年09月22日, 日本語
  • 矢田 詩歩, R&D支援センター, 泡のメカニズムと泡特性の評価・応用技術, 2022年10月14日, 日本語
  • 矢田 詩歩, 第 68 回界面科学部会秋季セミナー ~放射光を用いた界面研究の最前線~ ~生命現象と界面科学~, 中性子小角散乱を用いた泡沫の構造解析, 2022年10月31日, 日本語

受賞

  • 第71回コロイドおよび界面化学討論会 オンライン優秀講演賞, 2020年09月
  • オレオマテリアル賞, 日本油化学会オレオマテリアル部会, 2020年07月
  • 日本油化学会第58回年会 ヤングフェロー賞, 2019年11月
  • 日本油化学会第58回年会 優秀ポスター賞, 2019年09月
  • 日本油化学会若手の会サマースクール最優秀ポスター賞, 2019年08月
  • 奈良女子大学 学長賞, 2019年03月
  • 日本油化学会第2回オレオマテリアル学術交流会 ポスター賞, 2018年08月
  • 平成29年度大学院人間文化研究科奨励賞, 2018年03月
  • 日本油化学会第1回オレオマテリアル学術交流会 ポスター賞, 2017年11月
  • 第67回コロイドおよび界面化学討論会 ポスター賞, 2016年09月
  • 日本油化学会第55回年会 ポスター賞, 2016年09月
  • 2015年度色材研究発表会 最優秀ポスター賞, 2015年10月
  • 日本油化学会第54回年会 学生奨励賞, 2015年09月
  • 第4回CSJ化学フェスタ2014 優秀ポスター発表賞, 2014年11月
  • 日本油化学会第53回年会 学生奨励賞, 2014年09月
  • 日本油化学会第60回年会 ヤングフェロー賞, 2021年09月
  • 令和4年度奈良ゾンタクラブ理系若手女性研究者奨励賞, 2022年09月
  • 第73回コロイドおよび界面化学討論会 若手口頭講演賞, 2022年10月

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 2019年04月, 2022年03月, 研究代表者, 新規界面活性剤が形成する分子集合体の物性と構造に関する研究, 共同研究, 0, 0, 0, 競争的資金
  • 2021年04月, 2024年03月, 研究代表者, 泡沫分離法による有害物質や目的金属の効率的な回収とそのメカニズムの解明, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究, 奈良女子大学
  • 2019年12月, 2021年12月, 研究代表者, ポリオキシエチレン系非イオン界面活性剤を用いた泡のミクロ構造に関する革新的評価技術の確立, 公益財団法人コーセーコスメトロジー研究財団, 2019年度 コスメトロジー研究助成, 奈良女子大学
  • 2020年04月, 2021年03月, 研究代表者, 末端基修飾型ポリオキシエチレン系非イオン界面活性剤によって安定化された泡沫のミクロ構造解析, 奈良女子大学, 令和2 年度 奈良女子大学研究推進プロジェクト経費, 奈良女子大学

Ⅲ.社会連携活動実績

1.公的団体の委員等(審議会、国家試験委員、他大学評価委員,科研費審査委員等)

  • 日本化学会 コロイドおよび界面科学部会, 若手ワーキンググループ, 2021年04月, 9999年, 学協会
  • 日本油化学会, 若手の会, 2020年04月, 9999年, 学協会


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.