研究者総覧

山崎 明子 (ヤマサキ アキコ)

  • 研究院生活環境科学系生活文化学領域 教授
Last Updated :2021/09/02

researchmap

学位

  • 博士(文学), 千葉大学

研究キーワード

  • ジェンダー、視覚文化、芸術、美術教育、女子教育、日本近代 

研究分野

  • 人文・社会, 教育社会学
  • 人文・社会, 美術史
  • 人文・社会, 美学、芸術論
  • 人文・社会, ジェンダー

経歴

  • 2020年04月 奈良女子大学 研究院 生活環境科学系 教授
  • 2013年10月 奈良女子大学研究院生活環境科学系准教授
  • 2009年10月 - 2013年09月 奈良女子大学生活環境学部生活文化学科助教

学歴

  • 1996年04月- 2003年09月 千葉大学 社会文化科学研究科

委員歴

  • ジェンダー史学会 理事 society

    学協会

受賞

  • 奈良ソロプチミスト女性研究者賞, 山崎明子, 国際ソロプチミスト奈良―まほろば, 2015年12月
  • 美術教育学賞, 山崎明子, 2009年03月
  • 女性史学賞, 山崎明子, 2008年01月

論文

  • 手芸文化の現在をみつめるために

    山崎明子

    2017年06月, 民博通信, (157), 22-23

  • 「身体の記憶とテキスタイル」展 講義と展示のコラボレーション実践

    山崎明子; 石垣陽子

    2010年11月, 『芸術工学』神戸芸術工科大学紀要

  • 女子用図画教科書のジェンダー・ポリティクス

    山崎明子

    2008年03月, 『大学美術教育学会誌』, 441-448

  • 昭和初期女子洋画塾に関する研究―赤艸社女子絵画研究所における美術教育―

    山崎明子

    2008年03月, 『美術教育学』, 591-603

  • 女子美術教育における「手芸」の位置―ジェンダー理論による「手芸」概念の検討―

    山崎明子

    2007年03月, 『美術教育学』, (28), 373-382

  • ジェンダーの視点による近代日本における美術教育の枠組みの検討―「女子の美術教育」というテーマをめぐって―

    山崎明子

    2006年03月, 『大学美術教育学会誌』, (38), 375-381

  • 下田歌子の社会構想と「手芸」

    山崎明子

    2005年03月, 『女性学』, (12), 48-62

  • 明治期における女性と美術教育

    山崎明子

    1991年03月, 『美術教育学』, (12), 287-294

MISC

  • 手作りマスクが再編するジェンダー秩序――手仕事と科学の狭間で

    水島希; 山崎明子

    2020年06月, f vision, 1 (1), 23 - 29

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 徳本萌子:ミシンで葉っぱを縫う―現代日本におけるテキスタイル・アート⑪

    山崎 明子

    2019年10月, 美術運動史研究会ニュース, (175), 1 - 7

  • 山﨑香織:ロウケツ染の「快楽」と「実験」―現代日本におけるテキスタイル・アート⑩

    山崎明子

    2019年04月, 美術運動史研究会ニュース, (172), 8-14

  • 中井由希子:奈良で「服」を染める―現代日本におけるテキスタイル・アート⑨

    山崎明子

    2018年10月, 美術運動史研究会ニュース, (169), 1-7

  • 「旅する布たち」:ひろいのぶこの作品世界―現代日本におけるテキスタイル・アート⑧

    山崎明子

    2018年04月, 美術運動史研究会ニュース, (166), 1-7

  • 戦時下の手芸―十五年戦争期における手芸文化と「手芸」の社会的意味―

    山崎明子

    2018年02月, 『未完成―企図/作品/芸術家―』千葉大学大学院人文公共学府研究プロジェクト報告書, (333), 151-163

  • 手芸で社会とつながる――大阪万博の「童心曼陀羅」

    山崎明子

    2017年11月, 月刊みんぱく, 41 (11), 18-19

  • 抵抗の痕跡・碓井ゆいの「シャドウワーク」―現代日本におけるテキスタイル・アート⑦

    山崎明子

    2017年10月, 美術運動史研究会ニュース, (163), 10-15

  • ガラスとジェンダー―フェミナイズされた欠片を拾う―

    山崎明子

    2017年07月, 特別展「BODY/DRESS」展覧会図録 石川県能登島ガラス美術館

  • モンデンエミコの「刺繍日記」―現代日本におけるテキスタイル・アート⑥

    山崎明子

    2017年04月, 美術運動史研究会ニュース, (160)

  • 刑務所の伝統工芸

    山崎明子

    2017年03月, 『テクストと引用―原典,異本,翻案―』千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書, (321), 128-137

  • 「Nousぬう」:批評の場の構築ために―現代日本におけるテキスタイル・アート⑤

    山崎明子

    2016年10月, 美術運動史研究会ニュース, (157), 11-16

  • ニッポンの「手芸」―近代から現代まで

    山崎明子

    2016年05月, 月刊みんぱく, 40 (5), 18-19

  • 新田恭子のあばり編み:コンセプチュアル・ネッティングの試み―現代日本におけるテキスタイル・アート④

    山崎明子

    2016年04月, 美術運動史研究会ニュース, (154), 11-16

  • 展示空間のポリティクス―アイヌ民族表象をめぐって―

    山崎明子

    2016年03月, 『歴史=表象の現在Ⅲ 記す/編む/現す』千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書, (305), 190-202

  • 野田凉美:テキスタイルを哲学する―現代日本におけるテキスタイル・アート③

    山崎明子

    2015年12月, 美術運動史研究会ニュース, (152), 12-18

  • 書評 上羽陽子著『インド染織の現場 つくり手たちに学ぶ』

    山崎明子

    2015年08月, デザイン理論, (66), 88-89

  • 酒井稚恵のスモッキングと「ポエム」―現代日本におけるテキスタイル・アート②

    山崎明子

    2015年04月, 美術運動史研究会ニュース, (148), 5-11

  • 言説としての「女職人」

    山崎明子

    2015年03月, 『歴史=表象の現在Ⅱ―記憶/集積/公開―』千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書, (294), 212‐221

  • 震災の記憶と表象の不可能性―「震災から20年 震災 記憶 美術」展

    山崎明子

    2015年02月, 美術運動史研究会ニュース, (147), 1-5

  • 現代日本におけるテキスタイル・アート―呉夏枝の作品をめぐる「記憶」の表象

    山崎明子

    2014年08月, 美術運動史研究会ニュース, (144), 1-8

  • 「「人口知能」誌の表紙デザイン意見・議論に接して―視覚表象研究の視点から―」

    山崎明子; 池田忍

    2014年03月, 『人工知能』人工知能学会誌, 29 (2), 167-171

  • 「藤島武二『造花』に関する試論~学部演習の実践報告として~」

    山崎明子

    2014年03月, 奈良女子大学研究報告書『藤島武二『造花』に関する試論』

  • 「社会システム〈芸術〉とジェンダー 「森美術館問題」における「撤去」の議論を通して―」

    山崎明子

    2014年03月, 『社会システム〈芸術〉とその変容―現代における視覚文化/美術の理論構築』平成23―25年度科学研究費補助金基盤研究(A)研究成果報告書, 41-49

  • 「「針々と、たんたんと」――今、手仕事と向き合うアーティストのまなざし」

    山崎明子

    2014年03月, 『AC2』青森公立大学国際芸術センター, (15), 26-27

  • 「「手芸の近代史」からみるアイヌ女性の手仕事」

    山崎明子

    2014年02月, 『歴史=表象の現在』千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書, (279), 205-215

  • 「宮脇綾子のアップリケ~手芸の歴史から見る」

    山崎明子

    2013年06月, 『宮脇綾子展 アプリケにつづる愛』一宮市立三岸節子記念美術館, 6-12

  • 「アジアをつなぐ―境界を生きる女たち1984-2012」展

    山崎明子

    2013年03月, 「女たちの21世紀」, (73), 70-73

  • 美術教育とジェンダー

    山崎明子

    2013年03月, 科研費報告書

  • 里山アートと地域コミュニティ―関西圏のアートイベントから

    山崎明子

    2012年12月, 『美術運動史研究会ニュース』, (132), 1-5

  • Handicrafts in modern Japan: Raising mothers, cultivating feminine virtue

    山崎明子

    2012年05月, Motherhood- Mother Images in Korean Art, Mother Images in Asian Art, 178-185

  • 「月経」という経験の表象

    山崎明子; 研究代表者; 鈴木則子

    2012年03月, 歴史における周縁と共生―疫病・触穢思想・女人結界・除災儀礼―, 154-162

  • HANARART―奈良・町家の芸術祭―

    山崎明子

    2012年01月, 『美術運動史研究会ニュース』, (124), 1-5

  • Women's Art「やわらかな皮膚感覚―「私」を触発するテキスタイルアート」

    山崎明子

    2011年06月, 月刊「We learn」, (698), 12-13

  • Women's Art 「ノスタルジック手芸―「手芸」から立ち上がるアートの世界」

    山崎明子

    2011年05月, 月刊「We learn」, (697), 12-13

  • Women's Art「手芸とジェンダー―手芸はアートじゃないのか?」

    山崎明子

    2011年04月, 月刊「We learn」, (696), 12-13

  • 踊る女学生の身体―教育空間に示された近代的女性身体

    山崎明子

    2011年02月, 千葉大学人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書, 第213, 104-115

  • 再び、女性画家展をみるということ「京の閨秀・女流・女性画家―担ったもの/担わされたもの」展

    山崎明子

    2010年09月, 『美術運動史研究会ニュース』, (114), 7-10

  • 展示評「神話―日本美術の想像力」

    山崎明子

    2010年08月, 『歴史学研究』, (869), 58-61

  • ピンクリボンキャンペーンをめぐる表象の政治学

    山崎明子

    2010年03月, 『イメージ&ジェンダー』, (10), 27-35

  • リカちゃん人形の身体表象への欲望――着替える身体から着替えない身体へ

    山崎明子; 武田佐知子編

    2010年03月, 『着衣する身体―身体と衣服をめぐる表象のジェンダー・ポリティクス』大阪大学科研報告書, 114-129

  • 展評 特別展 神戸の美術家「亀高文子とその周辺」

    山崎明子

    2010年03月, 『イメージ&ジェンダー』, (10), 103

  • 「医学と芸術」――その狭間にあるものと、周縁にあるもの

    山崎明子

    2010年03月, 『美術運動史研究会ニュース』, (110), 1-5

  • 事業はすでに形骸化スパイラルにおちいっている!??指定管理化される女性センター、その過渡期的分析

    山崎明子; 水島希他

    2009年12月, 『女たちの21世紀』, (60), 18‐21

  • 美術教育とジェンダー(8)-戦後美術教育のジェンダー枠組みの形成

    山崎明子

    2009年08月, 『美術運動史研究会ニュース』, (105), 7-11

  • 美術教育とジェンダー(7)-岸田劉生『図画教育論』再考

    山崎明子

    2009年05月, 『美術運動史研究会ニュース』, (103), 1-5

  • 「「女学生」という表象――袴からセーラー服へ」(コラム)

    山崎明子

    2009年04月, 『歴史評論』, 77-80

  • 養蚕をめぐる文化表象の現在

    山崎明子

    2009年04月, 『美術運動史研究会ニュース』, (102), 3-7

  • 美術教育とジェンダー(6)―女子の美術教育機関 赤艸社女子絵画研究所

    山崎明子

    2009年02月, 『美術運動史研究会ニュース』, (100), 17-20

  • 美術教育とジェンダー(5)―女子美術学校の美術教育

    山崎明子

    2008年12月, 『美術運動史研究会ニュース』, (98), 1-4

  • 美術教育とジェンダー(4)女の子はどのように「美術」を学んだのか?―女子用図画教科書③

    山崎明子

    2008年11月, 『美術運動史研究会ニュース』, (97), 5-9

  • 美術教育とジェンダー(3)女の子はどのように「美術」を学んだのか?―女子用図画教科書②

    山崎明子

    2008年09月, 『美術運動史研究会ニュース』, (96), 9-12

  • 美術教育とジェンダー(2)女の子はどのように「美術」を学んだのか?―女子用図画教科書①

    山崎明子

    2008年07月, 『美術運動史研究会ニュース』, (95), 4-8

  • 美術教育とジェンダー(1)「女子の美術」の論じ方

    山崎明子

    2008年06月, 『美術運動史研究会ニュース』, (94), 4-8

  • 戦後手芸ブームと新たな「主婦」規範

    山崎明子

    2008年02月, 『表象/帝国/ジェンダー―聖戦から冷戦へ―』千葉大学人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書、第175集, 91-110

  • ミシン・アート考 美術/手芸/ジェンダー

    山崎明子

    2008年02月, 『美術運動史研究会ニュース』, (91), 1-4

  • 明治における婦徳の象徴としての手芸

    山崎明子

    2007年04月, 『女性学年報』川村女子大学女子学研究所, (4), 28-34

  • 表象としての「千人針」―「千人針」の表象分析のためのジェンダー理論によるアプローチ―

    山崎明子

    2007年03月, 『家父長制世界システムにおける戦時の女性差別の構造的研究』, 115-129

  • 近代日本社会のジェンダー編成と「手芸」の位置―「手芸をする女」の表象を手がかりに―

    山崎明子

    2007年03月, 『近代日本の女性美術家と女性像に関する研究』, 139-152

  • 戦争を巡る「物語」 ―ジェンダーの視点から見る「遊就館」と「昭和館」の展示

    山崎明子

    2006年12月, 『美術運動史研究会ニュース』, (85), 1-4

  • 今、女性画家展を見るということ―「島成園と浪華の女性画家」展―

    山崎明子

    2006年04月, 『美術運動史研究会ニュース』, (80), 1-4

  • 「剥ぎ取られた意味」の意味―ブリコラージュ展―

    山崎明子

    2005年07月, 『美術運動史研究会ニュース』, (75), 2-4

  • The National Encouragement of Handicrafts in the Meiji Period

    山崎明子; Sanae Tokizane

    2005年03月, Womanly Expertise: Women's Skills and the Modernization of Japan, 25-37

  • 展覧会評「アジアの華」展

    山崎明子

    2005年03月, 『イメージ&ジェンダー』, (5), 121

  • 制度としての「美術」、方法論としての「手芸」―ファイバー・アートの可能性を考える

    山崎明子

    2005年01月, 『美術運動史研究会ニュース』, (71), 1-3

  • たばこ広告にみる女性イメージ

    山崎明子

    1998年03月, 『喫煙倫理とジェンダー』, 126-142

  • 明治国家における女性役割と「手芸」

    山崎明子

    1998年03月, 『女性の技芸と労働をめぐる性差構造―特に「紡ぐ女・織る女」のイメージとその意味について』, 1-15

  • <天狗煙草>ポスターにみる女性の裸体表象

    山崎明子

    1997年03月, 『たばこをめぐる女性の表象』, 7-33

  • LIFE誌のたばこ広告に見る男女像

    山崎明子

    1996年03月, 『喫煙表現におけるジェンダー』, 57-92

  • テレビコマーシャルにみるジェンダー

    山崎明子

    1995年03月, 『女性の喫煙と社会規範』, 93-125

  • 昭和30年代のたばこ広告ポスターにおける女性像と新たな規範

    山崎明子

    1993年03月, 女性とたばこをめぐるディスクールとビジュアル・メッセージ, 97-126

  • ぬいぐるみとジェンダー

    山崎明子

    2021年01月, ユリイカ, 53 (1), 255 - 262

書籍等出版物

  • 現代手芸考 : ものづくりの意味を問い直す

    上羽, 陽子; 山崎, 明子; 蘆田, 裕史; 五十嵐, 理奈; 金谷, 美和; 木田, 拓也; 齋藤, 玲子(学芸員); 塩本, 美紀; 新本, 万里子; 杉本, 星子; 中谷, 文美; 野田, 涼美; 平芳, 裕子; ひろい, のぶこ; 南, 真木人; 宮脇, 千絵; 村松, 美賀子

    フィルムアート社, 2020年09月, 295p, xv, cinii_books (ISBN: 9784845919116)

  • 問いかけるアイヌ・アート

    池田, 忍; 五十嵐, 聡美; 貝澤, 徹; 小笠原, 小夜; 吉原, 秀喜; 高橋, 桂; 山崎, 明子; 中川, 裕 (, 範囲: 第7章「アイヌ文様に触発されて」(pp.167-178)、第9章「アイヌ文化をめぐる表象の現在―「誰」が「何」を作るのか」(pp.215-239))

    岩波書店, 2020年09月, xi, 281, 2p, cinii_books (ISBN: 9784000614207)

  • 趣味とジェンダー〈手づくり〉と〈自作〉の近代

    山崎 明子 (, 範囲: 「ジュニアそれいゆ」にみる少女の手芸(pp.34-62))

    青弓社, 2019年06月

  • ジェンダーで問い直す暮らしと文化―新しい生活文化学への挑戦ー

    山崎 明子 (, 範囲: 手工芸品の価値をめぐるジェンダー・ポリティクス(pp.81-98))

    敬文社, 2019年03月

  • <妊婦>アート論 孕む身体を奪取する

    山崎明子 (, 範囲: 分担)

    青弓社, 2018年01月, pp.9-15

  • 同性愛をめぐる歴史と法 尊厳としてのセクシュアリティ

    山崎明子 (, 範囲: 分担)

    明石書店, 2015年08月, 285-291

  • 歴史を読み替える ジェンダーから見た日本史

    山崎明子; 久留島典子ほ (, 範囲: 分担)

    大月書店, 2015年01月, 18-19

  • 『交錯する知―衣装・信仰・女性―』

    山崎明子 (, 範囲: 分担)

    思文閣出版, 2014年03月, 498-518

  • 着衣する身体と女性の周縁化

    山崎明子; 脇田晴子他 (, 範囲: 分担)

    思文閣出版, 2012年04月, 402-419

  • ひとはなぜ乳房を求めるのか 危機の時代のジェンダー表象

    山崎明子 (, 範囲: 筆頭著者)

    青弓社, 2011年08月, 7-22、64-92、207-213

  • 女性とたばこの文化誌 ジェンダー規範と表象

    山崎明子; 舘かおる他 (, 範囲: 分担)

    世織書房, 2011年03月, 113-134、149-214

  • 『視覚表象と音楽』ジェンダー史叢書第4巻

    山崎明子 (, 範囲: 分担)

    明石書店, 2010年02月, pp.279-298

  • 「日本女性史叢書」第5巻下田歌子著『日本の女性』復刻解説

    山崎明子 (, 範囲: その他)

    クレス出版, 2007年, 1-6

  • 『近代日本の「手芸」とジェンダー』

    山崎明子

    世織書房, 2005年10月

  • 「青鞜の表紙絵」『『青鞜』を読む』

    山崎明子 (, 範囲: 分担)

    學芸書林, 1998年11月, pp.402-423

  • 下田歌子と近代日本: 良妻賢母論と女子教育の創出 (実践女子大学下田歌子記念女性総合研究所研究叢書 第 1巻)

    (, 範囲: 第8章 下田歌子の手芸論―「手芸」による女子の自立を目指して)

    勁草書房, 2021年09月01日, 346, amazon;amazon_small_image;amazon_medium_image;amazon_large_image (ISBN: 4326603399)

講演・口頭発表等

  • 特攻兵と慰問人形―手作りの贈答品による「励まし」と「慰め」―

    山崎明子

    第十五回ジェンダー史学会大会, 2018年12月, 東京外国語大学, false

  • 「戦後から生まれた手芸」

    山崎明子; 山﨑明子

    秋季特別展示「アプリケと暮らしの美 - 宮脇晴・綾子・檀親子展」講演, 2018年11月, 姫路市書写の里・美術工芸館, 姫路市書写の里・美術工芸館

  • 『日本婦人』にみる「慰問」ディスクール

    山崎明子

    第十四回ジェンダー史学会大会, 2017年12月

  • 「戦後」から生まれた手芸 ―手芸の近代史から宮脇綾子の作品をみる―

    山崎明子

    神戸ファッション美術館「宮脇綾子 美しいアプリケ\n布がつむぐ暮らしの装い」展, 2017年11月

  • 展示空間のポリティクス

    山崎明子

    シンポジウム「いま、あらためて考えるアイヌ・アート―地域・民族・伝統・想いの表象とその未来」, 2016年03月, アイヌ文化交流センター(東京)

  • 手仕事とジェンダー~女性の創造活動をめぐる社会背景~

    山崎明子

    関西圏女子大学連携プロジェクト「異分野キックオフ交流会」, 2016年02月, 武庫川女子大学

  • 周縁化のポリティクスを考える

    山崎明子

    「すごいぞ、これは!」展(高知会場)スペシャル・トークイベント「それらを愛でること・批評すること―美術のまなざしは「障がいのある人のアート」になにができるのか?」, 2016年01月, 心揺さぶるアート事業実行委員会, 藁工ミュージアム, false

  • 近代日本の「手芸」から戦後の手芸ブームまで 2」

    山崎明子

    共同研究会「現代「手芸」文化に関する研究」, 2015年03月, 国立民族学博物館, 国立民族学博物館, false

  • 近代日本の「手芸から戦後の手芸ブームまで

    山崎明子

    共同研究会「現代「手芸」文化に関する研究」, 2014年11月, 国立民族学博物館, 国立民族学博物館, false

  • Issues Surrounding Women’s Handicrafts

    山崎明子

    Sharing Gender Issues in Asia, 2014年09月, 奈良女子大学アジアジェンダー文化学研究センター, 奈良女子大学

  • 「藤島武二『造花』に関する試論_x000B_~学部演習の実践報告として~」

    山崎明子; 北ヶ嵜知聡; 髙原葵; 小宮山由莉

    イメージ&ジェンダー研究会, 2013年11月, false

  • 「ジェンダーシステムとアートを考える」

    山崎明子

    公開コロキウム「社会システム<芸術>―全体像の解明に向けて」, 2013年11月, 山口芸術センター

  • 「宮脇綾子と日本近代の手芸史」

    山崎明子

    一宮市立三岸節子記念美術館「特別展アプリケにつづる愛 宮脇綾子展」, 2013年07月, 一宮市立三岸節子記念美術館, false

  • 「近代日本の手芸―下田歌子の社会構想と手芸」

    山崎明子

    実践被服科会総会講演会, 2013年04月, 実践被服科会

  • 近代日本の手芸:母と婦徳の育成

    山崎明子

    梨花女子大学博物館国際シンポジウム2012「母性―アジアのアートにおける母のイメージ」, 2012年05月, 梨花女子大学博物館, 梨花女子大学, true

  • 絵を描く「娘たち」を育てる:赤艸社と近代美術教育

    山崎明子

    イメージ&ジェンダー研究会, 2009年09月

  • ピンクリボンキャンペーンをめぐる表象の政治学

    山崎明子

    イメージ&ジェンダー研究会, 2009年07月, false

  • 指定管理化される女性センター―その過渡期的分析

    山崎明子

    日本女性学会, 2009年06月, false

  • 近代女子図画教育にみる教科の枠組み―家事・裁縫科目との関連から

    山崎明子

    美術科教育学会全国大会, 2008年03月, 群馬大学, false

  • 女性関連施設における手芸活動

    山崎明子

    男女共同参画週間記念フォーラム・シンポジウム, 2007年06月, 東京都港区男女平等参画センター, 港区立男女平等参画センター, false

  • 昭和初期女子洋画塾に関する研究\n?神戸・赤艸社女子絵画研究所にみる画家と同人の社会的関係について?

    山崎明子

    美術科教育学会全国大会, 2007年03月, 金沢大学, false

  • 表象としての千人針―千人針の表象分析のためのジェンダー理論によるアプローチ

    山崎明子

    シンポジウム「戦争と女性」, 2006年12月, 東京ウィメンズプラザ, false

  • 表象としての「皇后の養蚕」

    山崎明子

    女性史総合研究会, 2006年09月, false

  • 女子美術教育における「手芸」の位置づけ

    山崎明子

    美術科教育学会全国大会, 2006年03月, 京都教育大学, false

  • 女が画家であり続けるということ―昭和初期の神戸・亀高文子と赤艸社

    山崎明子

    ジェンダー史学会 「女が絵を描くということ―日本近代における女性と美術の社会史的考察」, 2005年11月, 中央大学, false

  • 明治における婦徳の象徴としての手芸

    山崎明子

    シンポジウム「女性の創造力と布」, 2005年10月, 川村学園女子大学, false

  • 近代日本社会のジェンダー編成と「手芸」の位置―「手芸をする女」の表象を手がかりに―

    山崎明子

    公開シンポジウム「ジェンダー史の視座」, 2005年05月, 東京女子大学, false

  • “The National Encouragement of Handicrafts in the Meiji Period”

    山崎明子

    “Womanly Expertise: Women's Skills and the Modernization of Japan”, 2004年06月, Chiba University, true

  • 下田歌子の社会構想と手芸―近代日本の女性統御システムの構築

    山崎明子

    イメージ&ジェンダー研究会, 2003年10月, false

  • 下田歌子の社会構想と「手芸」

    山崎明子

    日本女性学会全国大会, 2003年06月, 十文字学園大学, false

  • The Creativity of Meiji Period Women: Reconsidering the Concept of Handicraft"

    山崎明子

    Graduate Student Conference “Female Images, Female Lives,”, 2000年02月, Yale University

  • 明治国家における女性役割と「手芸」

    山崎明子

    美術史学会東支部特別例会, 1998年02月, 千葉大学, false

  • 美術批評におけるセクシャルバイアス

    山崎明子

    美術史学会東支部例会, 1995年03月, 慶応義塾大学, false

  • 明治期における女性と美術教育

    山崎明子

    美術科教育学会, 1990年03月, 福岡教育大学, false

担当経験のある科目(授業)

  • キャリアデザイン・ゼミナールB(57) (奈良女子大学)

  • ジェンダー表象論演習 (奈良女子大学)

  • ジェンダー表象論 (奈良女子大学)

  • ジェンダーから見た人間と社会 (奈良女子大学)

  • 視覚文化論演習 (奈良女子大学)

  • なら学 (奈良女子大学)

  • 視覚文化論 (奈良女子大学)

  • 表象文化論演習 (奈良女子大学)

  • 表象文化論 (奈良女子大学)

  • 服飾とジェンダー (奈良女子大学)

  • 生活文化学各論 (奈良女子大学)

  • 生活文化学特論 (奈良女子大学)

  • 地域のくらしとグローバル社会 (奈良女子大学)

  • ジェンダー論入門 (奈良女子大学)

  • 生活文化学各論演習 (奈良女子大学)

  • 生活文化学入門 (奈良女子大学)

所属学協会

  • 意匠学会

  • イメージ&ジェンダー研究会

  • 美術史学会

  • 日本女性学会

  • ジェンダー史学会

  • 美術科教育学会

Works(作品等)

  • 現代『手芸』文化に関する研究

    2014年10月 - 2018年03月

  • 展覧会「石垣陽子作品展 身体の記憶とテキスタイル―身体経験をまなざすこと/身体と向き合うこと」

    2010年07月 - 2010年07月



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.