研究者総覧

淺井 智子 (アサイ トモコ)

  • 研究院生活環境科学系食物栄養学領域 助教
Last Updated :2021/10/20

researchmap

学位

  • 修士, 県立広島大学大学院, 2015年03月
  • 博士(農学), 京都大学大学院, 2020年03月

研究分野

  • ライフサイエンス, 食品科学

経歴

  • 2018年06月 奈良女子大学 研究院 生活環境科学系 食物栄養学領域 助教

学歴

  • 2015年04月- 2018年09月 京都大学大学院 農学研究科 応用生物科学専攻
  • 2013年04月- 2015年03月 県立広島大学大学院 人間文化学専攻
  • - 2013年03月 県立広島大学 人間文化学部 健康科学科

委員歴

  • 2020年04月 日本調理科学会近畿支部 京滋奈地区・支部委員 society

    学協会

  • 2021年04月 日本家政学会関西支部 会計幹事

  • 2021年07月 日本フードファクター学会 第25回学術集会実行委員 society

    学協会

  • 2013年04月 - 2015年01月 日本調理科学会 平成26年度大会実行委員および大会事務局補佐

受賞

  • the 2019 winner of the Flash Talk Session 1 Competition, 淺井 智子, The International Society for Nutraceuticals and Functional Foods (ISNFF), 2019年12月
  • トピックス賞, 分離大豆タンパク質のアミノ酸残基に対する加圧加熱処理の影響, 日本栄養・食糧学会, 2021年07月
  • トピックス賞, サメ調理肉摂取後の血漿中コラーゲン由来ペプチドの同定と定量, 日本栄養・食糧学会, 2017年05月

論文

  • Mouse skin fibroblasts with mesenchymal stem cell marker p75neurotrophin receptor proliferate in response to prolyl-hydroxyproline

    Tomoko Asai; Kazunobu Yoshikawa; Kazuhiro Sawada; Kazuna Fukamizu; Yoh-ichi Koyama; Shiro Jimi; Shigemura Yasutaka; Kenji Sato

    2020年02月, Journal of Functional Foods (J. Funct. Foods), 66, 103752, doi;rm:research_project_id;rm:research_project_id

    研究論文(学術雑誌)

  • Food-derived collagen peptides, prolyl-hydroxyproline (Pro-Hyp) and hydroxyprolyl-glycine (Hyp-Gly), enhance growth of primary cultured mouse skin fibroblast using fetal bovine serum free from hydroxyprolyl peptide.

    Tomoko Asai; Fumi Oikawa; Kazunobu Yoshikawa; Naoki Inoue; Kenji Sato

    2020年01月, International Journal of Molecular Sciences (Int. J. Mol. Sci.), 21 (1), 229 - 237, doi

    研究論文(学術雑誌)

  • Amount of Collagen in the Meat Contained in Japanese Daily Dishes and the Collagen Peptide Content in Human Blood after Ingestion of Cooked Fish Meat

    Tomoko Asai; Akira Takahashi; Kumie Ito; Tatsuo Uetake; Yasuki Matsumura; Kaori Ikeda; Nobuya Inagaki; Masahiro Nakata; Yoshiharu Imanishi; Kenji Sato

    2019年03月13日, Journal of Agricultural and Food Chemistry, 67 (10), 2831 - 2838, doi;url

    研究論文(学術雑誌)

  • Effects of Milk Fat Cream and Rapeseed Oil Addition on the Rheological Properties of Liquid Egg and its Heat-induced Gel Structure and Texture (in Japanese)

    Asai Tomoko; Kakuda Mikiko; Suzuki Maki; Ueno Mari; Sugiyama Sumi

    乳化特性を有する卵は油脂を配合しやすく,その加熱ゲルは特有のテクスチャーとなることが知られている。しかし,実際の調理過程における卵液への油脂配合の影響を検討した報告はみあたらない。本研究では,乳脂肪クリームあるいは菜種油を加えた卵液の加熱過程でのレオロジー特性,加熱ゲルの構造とテクスチャー特性について検討した。動的粘弾性測定の結果,10℃の線形領域は,乳脂肪クリーム配合で広く,菜種油配合で狭くなり,80℃の線形領域は乳脂肪クリーム配合で狭く,菜種油配合で広くなった。また,乳脂肪クリームあるいは菜種油を配合した卵液をオムレツ状に加熱したゲルは,走査電子顕微鏡観察の結果から小さな空隙を多く有する多孔質な構造であることが示された。さらに,テクスチャー測定,官能評価から乳脂肪クリームを配合したものは,脆弱なゲルであることが確認された。これらの結果から,乳脂肪クリームあるいは菜種油の卵液への配合は,卵液の加熱過程でのレオロジー特性および加熱ゲルの構造を変化させ,脆弱あるいはしなる様な硬さ(軟らかさ)のテクスチャーを生じさせることが示された。, 一般社団法人 日本調理科学会, 2014年, Journal of Cookery Science of Japan, 47 (6), 312 - 319, doi;cinii_articles;cinii_books;url

    研究論文(学術雑誌)

  • Collagen Characteristics and Textural Properties of Chicken Wing Sticks Prepared in a Cook-chill System Using a Cooking Pan or Vacuum Package

    Furuifchi Tsugumi; Komekura Midori; Suzuki Maki; Asai Tomoko; Sugiyama Sumi

    食肉の結合組織を構成するコラーゲンの量とその構造は食肉のテクスチャーを決定する最も大きな要因である。しかし,実際の調理過程におけるコラーゲンの構造変化とテクスチャーの関係についての報告は少なく,食肉の加熱過程におけるコラーゲンの構造変化とテクスチャーの関係は明らかではない。本研究では,鶏手羽元を試料とし,ホテルパンあるいは真空パックを用いたクックチルシステムにおいて,一次加熱および二次加熱過程でのコラーゲンの量と構造変化を把握し,テクスチャー等に及ぼす影響を評価した。
    その結果, 真空パックを用いて加熱した鶏手羽元の肉部分は,ホテルパンを用いて加熱した場合と比較して,二次加熱後の試料でも総コラーゲン量,ISC量が多く,脂肪量,水分量も多かった。官能評価の結果においても,真空パックを用いた鶏手羽元は多汁性,弾力性があるとされ,一次加熱よりも二次加熱を行った試料で総合評価が高かった。 これは,真空パックでの加熱は調味液が少ないために,収縮したコラーゲンの構造弛緩が抑制され,コラーゲン量が高く維持されたためと推察された。, 一般社団法人 日本調理科学会, 2013年12月05日, Journal of cookery science of Japan, 46 (6), 372 - 380, doi;cinii_articles;cinii_books;url

    研究論文(学術雑誌)

  • Collagen-Derived Di-Peptide, Prolylhydroxyproline (Pro-Hyp): A New Low Molecular Weight Growth-Initiating Factor for Specific Fibroblasts Associated With Wound Healing

    Kenji Sato; Tomoko T. Asai; Shiro Jimi

    Many cells and soluble factors are involved in the wound healing process, which can be divided into inflammatory, proliferative, and remodeling phases. Fibroblasts play a crucial role in wound healing, especially during the proliferative phase, and show heterogeneity depending on lineage, tissue distribution, and extent of differentiation. Fibroblasts from tissue stem cells rather than from healthy tissues infiltrate wounds and proliferate. Some fibroblasts in the wound healing site express the mesenchymal stem cell marker, p75NTR. In the cell culture system, fibroblasts attached to collagen fibrils stop growing, even in the presence of protein growth factors, thus mimicking the quiescent nature of fibroblasts in healthy tissues. Fibroblasts in wound healing sites proliferate and are surrounded by collagen fibrils. These facts indicate presence of new growth-initiating factor for fibroblasts attached to collagen fibrils at the wound healing site, where the collagen-derived peptide, prolyl-hydroxyproline (Pro-Hyp), is generated. Pro-Hyp triggers the growth of p75NTR-positive fibroblasts cultured on collagen gel but not p75NTR-negative fibroblasts. Thus, Pro-Hyp is a low molecular weight growth-initiating factor for specific fibroblasts that is involved in the wound healing process. Pro-Hyp is also supplied to tissues by oral administration of gelatin or collagen hydrolysate. Thus, supplementation of gelatin or collagen hydrolysate has therapeutic potential for chronic wounds. Animal studies and human clinical trials have demonstrated that the ingestion of gelatin or collagen hydrolysate enhances the healing of pressure ulcers in animals and humans and improves delayed wound healing in diabetic animals. Therefore, the low molecular weight fibroblast growth-initiating factor, Pro-Hyp, plays a significant role in wound healing and has therapeutic potential for chronic wounds., 2020年11月27日, Frontiers in Cell and Developmental Biology, 8, 548975, doi;url

    研究論文(学術雑誌)

MISC

  • コラーゲンの豊富な調理肉摂取後のヒト血中コラーゲン由来ペプチド

    淺井智子

    2020年12月, 食品加工技術, 40 (2), 54 - 62

  • コラーゲンまたはゼラチン摂取による血中コラーゲン由来ペプチド

    淺井 智子

    2018年10月, 家政学研究(奈良), 65 (1)

  • Food-derived collagen peptide in human blood after ingestion of cooked fish meat

    Tomoko Asai; Kenji Sato

    2016年10月, Wageningen University – Kyoto University (Graduate School of Agriculture) International Exchange Program − Seminar on Food Science by Young Researchers –

    講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)

  • サメ調理肉摂取後のヒト血中コラーゲンペプチド

    淺井智子; 高橋滉; 大倉千里; 植竹達雄; 松村康生; 池田香織; 稲垣暢也; 佐藤健司

    2016年04月25日, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 70th, 272, j_global;url

  • 腸から皮膚

    佐藤 健司; 淺井 智子

    2020年09月, 美容皮膚医学『BEAUTY』, 3 (9), 20 - 27

講演・口頭発表等

  • Effect of cooking treatment on the amount of pepsin/pancreatin-soluble collagen in meat

    Tomoko T. Asai; Kyoka Sugiyama; Kumiko Saito; Takayo Mannari; Hitoshi Takamura; Kenji Sato

    19th World Congress on Nutrition and Food Chemistry, 2020年09月

  • Effect of high temperature treatment on amino acid residues in soy protein isolate

    Mami Yamada; Tomoko T. Asai; Takayo Mannari; Hitoshi Takamura; Kenji Sato

    19th World Congress on Nutrition and Food Chemistry, 2020年09月

    ポスター発表

  • Pro-Hyp is specifically incorporated in fibroblast expressing p75NTR

    Kazuhiro Sawada; Kazunobu Yosikawa; Tomoko Asai; Kenji Sato

    The 7th International Conference of Food Factors (ICoFF2019), 2019年12月

  • Generation of Pro-Hyp and p75NTR- positive cell in cultured skin

    Xin Wei; Shiro Jimi; Kazunobu Yosikawa; Tomoko Asai; Kenji Sato

    The 7th International Conference of Food Factors (ICoFF2019), 2019年12月

  • The p75NTR-positive fibroblasts from mouse skin respond to Pro-Hyp, collagen-derived peptide

    Tomoko Asai; Kazunobu Yosikawa; Kazuhiro Sawada; Xin Wei; Kenji Sato

    The 7th International Conference of Food Factors (ICoFF2019), 2019年12月, true

  • 食品由来コラーゲンペプチドPro-Hyp は体性幹細胞マーカーp75NTR発現細胞の成長を促進する

    淺井智子; 吉川和伸; 澤田和浩; 自見至郎; 佐藤健司

    第51回日本結合組織学会学術大会, 2019年06月01日, false

  • Pro-Hyp, food-derived collagen peptide in blood, enhances growth of fibroblasts expressing p75NTR, somatic stem cell marker

    ASAI T. Tomoko; Kazunobu Yosikawa; Kazuhiro Sawada; Shiro Jimi; Kenji Sato

    2nd International Symposium on Bioactive Peptides, 2019年05月22日, true

  • マウス皮膚より遊走する線維芽細胞へのPro-Hypの取り込み

    澤田和浩; 淺井智子; 吉川和伸; 佐藤健司

    第73回日本栄養・食糧学会大会, 2019年05月

  • 調理肉中コラーゲンの性質が血中コラーゲンペプチド量に及ぼす影響

    淺井智子; 佐藤健司

    第57回日本栄養・食糧学会近畿支部会, 2018年12月, false

  • Characterization of Pro-Hyp responding cells and non-responding cells using migrating cells from mouse skin

    Kazunobu Yoshikawa; Tomoko Asai; Kenji Sato

    The 11 th International Society For Nutraceuticals and Functional Foods (ISNFF 2018), 2018年10月, true

  • Pro-Hyp添加によるコラーゲンゲル上マウス由来皮膚遊走細胞への影響

    吉川和伸; 淺井智子; 佐藤健司

    第72回日本栄養・食糧学会, 2018年05月, false, url

  • 培養マウス皮膚からの遊走細胞に対するPro-Hyp添加の影響

    淺井智子; 吉川一伸; 佐藤健司

    第72回日本栄養・食糧学会, 2018年05月, url

  • Identification and quantification of food-derived collagen peptide in human plasma after ingestion of cooked shark meat

    Asai Tomoko; Takahashi Akira; Okura Chisato; Uetake Tatsuo; Matsumura Yasuki; Ikeda Kaori; Inagaki Nobuya; Sato Kenji

    The 10 th International Conference and Exhibition on Nutraceuticals & Functional Foods, 2017年10月, true

  • サメ調理肉摂取後の血漿中コラーゲン由来ペプチドの同定と定量

    淺井 智子; 高橋 滉; 大倉 千里; 植竹 達雄; 松村 康生; 池田 香織; 稲垣 暢也; 佐藤 健司

    第71回日本栄養・食糧学会, 2017年05月, false

  • Food-derived collagen peptide in human blood after ingestion of cooked fish meatFood

    Asai Tomoko; Takahashi Akira; Okura Chisato; Uetake Tatsuo; Matsumura Yasuki; Ikeda Kaori; Inagaki Nobuya; Sato KenjiAsaf

    The 9 th International Society For Nutraceuticals and Functional Foods, 2016年10月, true

  • サメ調理肉摂取後の血中コラーゲンペプチド

    淺井 智子; 高橋 滉; 大倉 千里; 植竹 達雄; 松村 康生; 池田 香織; 稲垣 暢也; 佐藤 健司

    第70回日本栄養・食糧学会, 2016年05月, false, url

  • Amount of collagen and gelatin in meats for Japanese daily meals

    Tomoko Asai; Kenji Sato

    The 6th International Conference on Food Factors, 2015年11月, true

  • 飯と組み合わせて食べた時のレモン外皮を含む汁物の塩味の嗜好性

    角田 美紀子; 野村 希代子; 淺井 智子; 杉山 寿美

    平成26年度日本調理科学会大会, 2014年08月

  • 食塩添加量を減少させたハンバーグへのパン粉の添加がテクスチャーへ及ぼす影響

    松本 茜; 淺井 智子; 石橋 ちなみ; 杉山 寿美

    平成26年度日本調理科学会大会, 2014年08月

  • 乳脂肪クリームと菜種油を配合したオムレツのテクスチャー特性と冷却遠心分離による脂質分画

    淺井智子; 杉山寿美

    日本調理科学会 平成26年度大会, 2014年08月, false

  • 食塩添加量と混捏程度がハンバーグのテクスチャーと組織構造に及ぼす影響

    淺井智子; 石橋ちなみ; 杉山寿美

    日本家政学会第66回大会, 2014年05月

  • コロッケの冷凍過程,保存過程が衣の水分量に及ぼす影響

    鈴木 麻希; 上野 真理; 浅井 智子; 富田 美鈴; 杉山 寿美

    平成25年度日本調理科学会大会, 2013年08月

  • 乳脂肪クリームと菜種油を配合したオムレツの組織構造とレオロジー特性

    淺井智子; 杉山寿美

    平成25年度日本調理科学会大会, 2013年08月, false

  • オムレツに配合した乳脂肪クリームと菜種油のレオロジー特性への影響

    淺井智子; 杉山寿美

    日本家政学会中国四国支部研究発表会, 2012年10月, false

  • Long-term dietary intake of high temperature treated soy protein isolate impairs social behavior in mice

    Takayo Mannari-Sasagawa; Mami Yamada; Tomoko T. Asai; Mayumi Nishi; Kenji Sato; Hitoshi Takamura

    the 44th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, 2021年07月

  • 加圧加熱処理した大豆タンパク質の長期摂 取による社会性行動への影響

    萬成 誉世; 山田 真実; 淺井 智子; 西 真弓; 佐藤 健司; 高村 仁知

    第, 2021年06月

  • 分離大豆タンパク質のアミノ酸残基に対する加圧加熱処理の影響

    淺井智子; 山田真実; 萬成誉世; 高村仁知; 佐藤健司

    第75回日本栄養・食糧学会大会, 2021年06月

所属学協会

  • 奈良県栄養士会

  • 日本給食経営管理学会

  • 奈良女子大学家政学会

  • 日本フードファクター学会(JSoFF)

  • 日本農芸化学会

  • 日本調理科学会

  • 日本家政学会



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.