Researchers Database

SUGA Ayumi

FacultyFaculty Division of Humanities and Social Sciences Research Group of Language and Culture
PositionProfessor
Last Updated :2022/10/06

researchmap

Profile and Settings

  • Name (Japanese)

    Suga
  • Name (Kana)

    Ayumi

Degree

  • M.A., (University of Pennsylvania)

Research Interests

  • Linguistics, Discourse Studies, Conversation Analysis, Pragmatics, reference

Research Areas

  • Humanities & social sciences, Linguistics

Education

  • Apr. 1990, Mar. 1996, Nara Women's University, Graduate School, Doctral Research Course in Human Culture, 比較文化学
  • Sep. 1992, May 1994, University of Pennsylvania, School of Arts and Sciences, Department of Linguistics
  • Apr. 1988, Mar. 1990, University of Tsukuba, Master’s Program in Education, 教科教育専攻英語教育コース
  • Mar. 1988, Nara Women's University, Faculty of Literature, 英語・英米文学

Association Memberships

  • 関西言語学会
  • 会話分析研究会
  • 六甲英語学研究会
  • エスノメソドロジー・会話分析研究会
  • 奈良女子大学英語英米文学会
  • 筑波英語教育学会
  • The English Linguistic Society of Japan
  • The Society of English Grammar and Usage
  • 日本語用論学会
  • JASS
  • International Society for Conversation Analysis

Ⅱ.研究活動実績

Published Papers

  • Refereed, KLS Selected Papers, Resources for Reference Recognition: Names and Demonstratives in Conversation, Jun. 2019, 1, 173, 184
  • Not Refereed, 日本語用論学会第17回大会発表論文集, 聞き手が知らない人物の名前披露―日本語会話における有標な指示―, SUGA Ayumi, Nov. 2015, 10, 65-72
  • Refereed, JELS, 日本英語学会, Name Search and Reference Negotiation, SUGA Ayumi, Feb. 2015, 32, 32, 125-131, 131
  • Not Refereed, 『ことばを見つめて』, 実演と笑いによる語り連鎖, SUGA Ayumi, Mar. 2012, 425-436
  • Refereed, 人間文化研究科年報, On the "Reuse" of Deictic Expressions in Japanese Conversation, SUGA Ayumi, Mar. 2010, 25, 13-23
  • Not Refereed, 日本語用論学会第10回大会発表論文集, 知識想定と指示確立のプラクティス, SUGA Ayumi, Dec. 2008, 89-96
  • Refereed, 英語語法文法研究, 指示表現の属性を導く機能について, SUGA Ayumi, 指示名詞句(that N)の属性を導く機能に注目し「感情のダイクシス(emotional deixis)」「総称的指示詞(generic demonstrative)」として別個に扱われてきた現象の包括的説明を試みた。, 2002, 9, 80-94
  • Refereed, The Penn Review of Linguistics : Proceeding of the Eighteenth Annual Penn Linguistics Colloquium, A Quantitative Analysis of Japanese Discourse Coherence, SUGA Ayumi, 1994, 18, 177-192
  • Refereed, 白馬夏季言語学会論文集, Functions of and and but in Turn Exchange Structure, SUGA Ayumi, 1991, 4, 1-12
  • Refereed, Tsukuba Review of English Language Teaching, An Analysis of Discourse Marker BUT, SUGA Ayumi, 1990, 11, 49-61
  • Not Refereed, 欧米言語文化研究, Using Daddy/Mommy for Self-Reference, Ayumi Suga, Dec. 2020, 8, 21, 41, Research institution

MISC

  • Not Refereed, 1月 2021, 2020年, 36, 72
  • 2月 2020, 8, 21, 41
  • Not Refereed, 欧米言語文化学研究, Searching for a Certain Name: A Practice for Reference in Conversation, SUGA Ayumi, Dec. 2018, 6, 21-40
  • Not Refereed, 教育システム研究「本学の教員養成課程の改善・高度化に向けた大学教員と附属教員の連携研究推進事業」成果論文集, 意味のある文脈での表現活動―英語文法の理解からコミュニケーションの実践へ―, SUGA Ayumi, Mar. 2018, 13
  • Not Refereed, Studies in European and American Language and Culture, Practices for Referring to Non-Recognitional Entities, SUGA Ayumi, Dec. 2017, 5, 47-68
  • Not Refereed, Studies in European and American Language and Culture, 奈良女子大学文学部 欧米言語文化学会, Practices for Word Selection in Everyday Conversation, SUGA Ayumi, Dec. 2016, 4, 51-72, 72
  • Not Refereed, Studies in European and American Language and Culture, Announcing Names and Reporting Talk in Japanese Storytelling, SUGA Ayumi, Dec. 2014, 2, 1-17
  • Not Refereed, 『チャートネットワーク』, 会話における指示―はじめて言及する対象をどのように指示するか―, SUGA Ayumi, May 2014, 73, 9-12
  • Not Refereed, 英語英米文学論集, 受け手の知識に関する想定と二段構えの指示交渉―日常会話の分析から―, SUGA Ayumi, Mar. 2014, 40, 1-23
  • Not Refereed, 奈良女子大学文学部研究教育年報, Reference as Interaction: Practices for Referent Recognition in Japanese Conversation, SUGA Ayumi, Mar. 2007, 3, 63-73
  • Not Refereed, Annual report of studies in humanities and social sciences, Nara Women's University, Assessments by Story-Recipient in Japanesse Conversation―From the Perspective of Grammar and Interaction―, SUGA Ayumi, Dec. 2002, 46, 46, 91-103, 104
  • Not Refereed, 六甲英語学研究, 同一指示をしないthis/that+名詞について, SUGA Ayumi, 1998, 1, 65-78
  • Not Refereed, Annual report of studies in humanities and social sciences, Nara Women's University, Centering and Discourse Functions of Referring Expressions, SUGA Ayumi, 1997, 41, 41, 59-73, 74
  • Not Refereed, Annual Reports of Graduate School of Human Culture, Some Aspect of Demonstratives This and That in Discouse, SUGA Ayumi, 1992, 7, 67-76
  • Not Refereed, 国際交流センター年報, セブ島プロジェクト(1) :Global Studies and Communication A/B 報告: 学習支援と効果検証の観点から, 須賀あゆみ; 鍵和田聡; 大高千明; 松原千恵, Nov. 2021, 2020年, 36, 72, Introduction research institution

Books etc

  • 『相互行為における指示表現』, ひつじ書房, SUGA Ayumi, Jan. 2018, 1-249, Not Refereed, 9784894768208, 12113058, rm:research_project_id
  • 『ことばを見つめて―内田聖二教授退職記念論文集―』, 英宝社, SUGA Ayumi, 編集, Mar. 2012, 425-436, Not Refereed
  • 内田聖二(編)『英語談話表現辞典』, 三省堂, SUGA Ayumi, 分担, Apr. 2009, Not Refereed
  • 溝越彰 他(編)『英語と文法と―鈴木英一教授還暦記念論文集』「指示交渉と「あれ」の相互行為上の機能」, 開拓社, SUGA Ayumi, 分担, Mar. 2007, 157-169, Not Refereed
  • Cohesion and Coherence, くろしお出版, SUGA Ayumi, 分担, 1992, 161-183, Not Refereed

Presentations

  • SUGA Ayumi, 関西言語学会第43回大会, Resources for Reference Recognition: Names and Demonstratives in Conversation, Jun. 2018, 関西言語学会, 甲南大学, False
  • SUGA Ayumi, 第24回奈良女子大学英語学・言語学研究会, 不確かな名前の使用による認識要求, May 2018, False
  • SUGA Ayumi, 大塚英語教育研究会5月例会, 会話における指示―指示対象の認識・理解をめぐる相互行為, May 2015, 大塚英語教育研究会, False
  • SUGA Ayumi, エスノメソドロジー・会話分析研究会2014年度春の研究例会, 書評 山本真理氏「物語の受け手によるセリフ発話:物語の相互行為的展開」, Mar. 2015, エスノメソドロジー・会話分析研究会, 立命館大学梅田キャンパス, False
  • SUGA Ayumi, 奈良女子大学文学部研究交流集会, 言葉探しと認識探索:相互行為における指示の一面, Feb. 2015, False
  • SUGA Ayumi; Ayumi Suga, The Thirty-Second Conference of the English Linguistic Society of Japan, Name Search and Reference Recognition, Nov. 2014, The English Linguistic Society of Japan, 学習院大学, False
  • SUGA Ayumi; Suga Ayumi, The 17th Annual Conference of Pragmatics Society of Japan, 聞き手が知らない人物の名前披露―日本語会話における有標な指示―, Nov. 2014, Pragmatic Society of Japan, False
  • SUGA Ayumi, 第7回奈良女子大学英語学言語学研究会, 表現産出上の問題に対処する指示交渉, Sep. 2014, 奈良女子大学, False
  • SUGA Ayumi; Ayumi Suga, The 4th International Conference on Conversation Analysis, Announcing Names and Reporting Talk in Japanese Storytelling, Jun. 2014, International Society for Conversation Analysis, UCLA, True
  • SUGA Ayumi; Ayumi Suga, 第4回奈良女子大学英語学・言語学研究会, 会話における名前指示, Mar. 2014, 奈良女子大学
  • SUGA Ayumi, 筑波英語教育学会第31回大会, 物語の終盤での「名前披露」―相互行為における指示の一面―, Jun. 2011, 筑波大学
  • SUGA Ayumi; Ayumi Suga, 社会言語科学会第26回大会, 実演と笑いによる語り連鎖, Sep. 2010, 社会言語科学会, 大阪大学
  • SUGA Ayumi, シンポジウム「エスノメソドロジー研究のフロンティア―ケアと教育の現場から―」, シンポジウム「エスノメソドロジー研究のフロンティア―ケアと教育の現場から―」におけるコメント, Jan. 2010, 奈良女子大学大学院人間文化研究科社会環境生活学専攻社会・地域学講座主催
  • SUGA Ayumi; Ayumi Suga, 社会言語科学会第24回大会, 会話における直示表現の「再使用」について, Sep. 2009, 社会言語科学会, 京都大学, False
  • SUGA Ayumi, 社会言語科学会第22回大会, 話し手はどのように受け手の知らない人物を指示するか―日本語会話におけるストーリー・テリングの事例から―, Sep. 2008, 社会言語科学会, 愛知大学
  • SUGA Ayumi, 関西Relevance Group 談話会, 属性認識を伴う指示の確立について, Mar. 2008, 奈良女子大学, False
  • SUGA Ayumi, 日本語用論学会第10回大会, 知識想定と指示確立のプラクティス, Dec. 2007, The Pragmatics Society of Japan, 関西外国語大学 中宮キャンパス, False
  • SUGA Ayumi, 六甲英語学研究会, 日本語の会話における指示の相互行為的側面について, Sep. 2007, False
  • SUGA Ayumi, 日本語用論学会第4回大会, 物語の聞き手のアセスメントに関する一考察, Dec. 2001, 日本語用論学会, 桃山学院大学, False
  • SUGA Ayumi, 英語語法文法学会第9回大会, 指示表現の属性を導く機能, Oct. 2001, 英語語法文法学会, 大阪市立大学, False
  • SUGA Ayumi, 六甲英語学研究会, 同一指示をしない指示表現, Apr. 1999, False
  • SUGA Ayumi, 第27回得奈良女子大学英語英米文学会, 同一指示をしないthis/that+名詞について, Nov. 1998, False
  • SUGA Ayumi, 第23回奈良女子大学英語英米文学会, 照応表現と談話のつながり, Nov. 1994, False
  • SUGA Ayumi, 関西英語学談話会, 日本語の談話のつながりの数量的分析, Sep. 1994
  • SUGA Ayumi; Ayumi SUGA, The 18th Annual Penn Linguistics Colloquium, A Quantitative Analysis of Japanese Anaphoric Expressions, Feb. 1994, True
  • SUGA Ayumi, 関西英語学談話会, 発話交換に現れるandとbutの機能, Sep. 1990, False
  • SUGA Ayumi, 第21回白馬夏季言語学会, 談話標識の分析, Aug. 1989, False
  • 須賀 あゆみ, 第34回奈良女子大学英語学・言語学研究会, 自己指示に用いられるDaddy/Mommyについて, Oral presentation, 18 Dec. 2020

Works

  • 映画シーンにおける言語機能の研究, Oct. 2017, Dec. 2017

Research Projects

  • 2007, 2015, 相互行為における指示に関する研究, 0, 0, 0, 指示(reference)」を社会的活動とみなす立場から、会話者は指示対象の認識や理解をどのように確立するか、指示の相互行為的確立が会話全体の活動にどのように貢献するかについて考察する., Competitive research funding, rm:books_etc
  • 2007, 2015, Reference in Interaction, 0, 0, 0, Competitive research funding
  • 日本語話者の会話分析, 0, 0, 0, Competitive research funding
  • 日本語話者の会話分析, 0, 0, 0, Competitive research funding
  • Conversation Analysis of Japanese, 0, 0, 0, Competitive research funding

Ⅲ.社会連携活動実績

1.公的団体の委員等(審議会、国家試験委員、他大学評価委員,科研費審査委員等)

  • Apr. 2012, Mar. 2014, Society
  • Apr. 2010, Mar. 2014, Society


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.