Researchers Database

Maruya Sachiko

FacultyFaculty Division of Human Life and Environmental Sciences Research Group of Food Science and Nutrition
PositionAssistant Professor
Last Updated :2022/06/30

researchmap

Profile and Settings

  • Name (Japanese)

    Maruya
  • Name (Kana)

    Sachiko

Research Interests

  • 行動変容
  • 生活習慣病
  • 減塩
  • 栄養疫学

Research Areas

  • Life sciences, Nutrition and health science
  • Humanities & social sciences, Home economics, lifestyle science
  • Life sciences, Hygiene and public health (non-laboratory)

Research Experience

  • Apr. 2021, 9999, 奈良女子大学研究院, 生活環境科学系 食物栄養学領域, 助教
  • Apr. 2017, Mar. 2020, Nara Women's University, 生活環境学部 食物栄養学科, 特任助教
  • Apr. 2015, Mar. 2017, Kyoto Koka Women's University, 健康科学部 健康栄養学科, 実験・実習助手

Teaching Experience

  • 20 Apr. 2021

Ⅱ.研究活動実績

Published Papers

  • Refereed, 家政学雑誌(奈良), 奈良女子大学家政学会, 食事調査に用いる料理データベース開発を目的とした男女・年代別の主食の飯および副菜の野菜類のポーションサイズの検討, 高地 リベカ; 本多 泉美; 石井 有里; 丸谷 幸子; 石原 淳子; 高田 和子, Mar. 2021, 67, 1-2, 43, 49
  • Refereed, Nutrients, Short-Term Effects of Salt Restriction via Home Dishes Do Not Persist in the Long Term: A Randomized Control Study., Sachiko Maruya; Ribeka Takachi; Maki Kanda; Misako Nakadate; Junko Ishihara, Salt intake reduction is crucial to prevent non-communicable diseases (NCDs) globally. This study aimed to investigate the short- and long-term effects of monitoring salt concentration in homemade dishes on reducing salt intake in a Japanese population. A double-blind randomized controlled trial using a 2 × 2 factorial design with two interventions was conducted in 195 participants; they were assigned to both interventions for a group monitoring salt concentration in soups (control: no monitoring) and a group using low-sodium seasoning (control: regular seasoning). We evaluated 24-hour urinary sodium excretions at baseline and after a three-month intervention for the changes as major outcomes, at six- and twelve-months after baseline as long-term follow-up surveys. Urinary sodium excretion decreased in both intervention and control groups after the intervention. However, differences in the change for both monitoring and low-sodium seasoning interventions were statistically non-significant (p = 0.29 and 0.52, respectively). Urinary sodium excretion returned to the baseline level after twelve-months for all groups. Monitoring of salt concentration is ineffective in reducing salt intake for short- and long-term among the people studied in this cohort., 03 Oct. 2020, 12, 10, Scientific journal, True
  • Refereed, Open Access Journal of Public Health, The Effect of Educational Background Music on Reducing Salt Intake at a University Canteen, Sachikio Maruya; Yuri Sato; Haruka Nakai; Ribeka Takachi, Sep. 2017, 2, 4, 28
  • 日本病態栄養学会誌, (一社)日本病態栄養学会, 微量栄養補助飲料摂取の血管内皮機能への影響に関する介入研究, 丸山 広達; 江口 依里; 長尾 匡則; 西出 緑; 丸山 皆子; 丸谷 幸子; 高野 裕慎; 吉岡 杏奈; 章 文; 李 媛英; 崔 仁哲; 大平 哲也; 磯 博康, Nov. 2010, 13, 5, 126, 126
  • 脂質栄養学, 日本脂質栄養学会, マウスのアディポネクチン・シグナルに及ぼす魚油の摂取の影響, 樋口 智之; 丸谷 幸子; 益谷 文子; 白井 展也; 西塔 正孝; 鈴木 平光, Aug. 2008, 17, 2, 127, 127
  • Journal of Electrophoresis, 日本電気泳動学会, アガロースゲル支持体に最適な銀染色法の開発(A silver staining procedure for proteins in agarose gels), 横溝 佳代; 丸谷 幸子; 平塚 信夫; 芝 紀代子, 既報の独自のアガロースゲルを用いて低タンパク質濃度を視覚化するためにKerenyiとGallyasの銀染色法の修正を行った。背景染色を減らし、人為的な斑形成を回避するため、染色試薬と固定液(第一、二固定)の組成を含む多数の要因について検討した。染色試薬混合液中の2.5% Na2CO3、0.1% AgNO3、0.1% NH4NO3、0.75% tungtosilicic acid、0.14%ホルムアルデヒドが重要であり、5% ZnSO4を第二固定液添加により一定の低背景染色化をおよび人為的斑数の有意な減少がもたらされることが判明した。銀染色本法はCoomassie brilliant blueよりも約100倍感度が良好で、ウシ血清アルブミンの検出限界はバンドにあたり約1.46ngである。, Mar. 2006, 50, 1, 1, 5
  • 生物物理化学, 日本電気泳動学会, アガロースゲル支持体に最適な銀染色法の開発とその臨床応用, 丸谷 幸子; 平塚 信夫; 芝 紀代子; 坂爪 実; 下条 文武; 大原 佳代子; 波多野 吉治; 井田 隆; 横溝 佳代, Oct. 2005, 49, 補冊, 19, 19

Research Projects

  • 若手研究, 01 Apr. 2019, 31 Mar. 2022, 19K20146, 減塩ソングBGMによるポピュレーション・アプローチの効果-生体試料を用いた検証-, 丸谷 幸子, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究, 奈良女子大学, 4290000, 3300000, 990000, 減塩の、「新たなポピュレーションアプローチ手法の提示」を目指し、適塩ソングのBGM放送による減塩・食行動変容への効果を非無作為化比較試験により検討している。 【2020年4月までの実績】すべての対象についての調査が完了し、現在尿中物質の測定、と資料データ化を進めている。完了後速やかにBGMの効果を検討するための解析に移行する予定である。一部新型コロナウィルス感染症流行の影響により調査方法を変更した。 【対象者】社員食堂をもつ4企業より研究協力の承諾を得、当該企業の従業員に研究への参加を呼びかけた。参加に文書にて同意した対象者を、企業単位で対照群・介入群に割付け、試験を実施した。【介入項目】対照群には視覚資料、介入群には視覚資料+BGM放送による介入を行った。【評価項目】主要指標:随時尿中ナトリウム排泄量より得られる食塩摂取量の介入前後での変化量、副次指標:食塩摂取行動の評価について妥当性が検討された簡易質問紙により算出される食塩摂取行動スコアの変化量とした。食塩摂取量の季節変動の影響を最小限にするため、また、減塩に興味が薄い者も組み入れやすくするため、毎年同時期に定例実施される各企業の健康診断に合わせて調査を行い、随時尿は健診尿検査検体を、解析に必要な身体・生活習慣の情報は、本人の同意を得て健康診結果の提供を受けた。【スケジュール】初年度の健康診断にて介入前の調査(事前調査)を実施し、直後より5週間の初回介入を行った。介入後の事後調査は次年度(1年後)の健康診断時に実施した。初回介入と事後調査の間には、介入群において月に1度BGMの放送(対照群は従来の食育)と、事後調査直前に再度5週間の介入を実施した。また、BGMの減塩への短期間での影響評価のため、中間調査として初回介入直後に簡易質問紙による調査を行った。


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.