Researchers Database

TERAOKA Shingo

FacultyFaculty Division of Humanities and Social Sciences Research Group of History,Sociology and Geography
PositionProfessor
Last Updated :2022/10/06

researchmap

Profile and Settings

  • Name (Japanese)

    Teraoka
  • Name (Kana)

    Shingo

Research Interests

  • Sociology of Tourism,
  • 文化メディア学、地域メディア論、ICT利用
  • 社会連携教育、社会技術論、地域調査法、地域社会学、
  • なら学、地域表象論

Research Areas

  • Other, Other
  • Humanities & social sciences, Sociology

Research Experience

  • Sep. 2020, 9999, Akdeniz University, Department of Gerontology, Guest Lecturer
  • Mar. 2019, 9999, 奈良女子大学大和紀伊半島学研究所なら学研究センター, センター長
  • Apr. 2018, 9999, 奈良県立大学ユーラシア研究センター, 客員研究員
  • Apr. 2007, Nara Women's University, Professor
  • Apr. 2005, 奈良女子大学文学部国際社会文化学科 助教授
  • Apr. 2001, Mar. 2005, 甲南女子大学人間科学部行動社会学科助教授
  • Apr. 1999, Mar. 2001, 甲南女子大学文学部人間関係学科助教授
  • Apr. 1994, Mar. 1999, 熊本大学文学部地域科学科専任講師
  • Apr. 1993, Mar. 1994, 大阪産業大学非常勤講師
  • Oct. 2020, 9999, Ritsumeikan University, 人文科学研究所, 学外研究員

Education

  • Apr. 1991, 1994, 京都大学大学院, 文学研究科, 社会学専攻

Teaching Experience

  • Sociology of Tourism, Otani University, 99 Apr. 2019

Association Memberships

  • 日本観光研究学会
  • 日本村落研究学会
  • 観光学術学会
  • 関西社会学会
  • 日本社会学会
  • 関西観光教育コンソーシアム

Ⅱ.研究活動実績

Published Papers

  • Refereed, Journal of Asian Rural Studies, Feasibility and Issues of Rural Tourism Based on Inter-industry Cooperation, Seiichi Sakurai; Shingo Teraoka, Jan. 2020, 4, 1, 88, 97, Scientific journal
  • Refereed, Japanese Journal of Farm Management, The Farm Management Society of Japan, Features of the Contact Transaction of Ingredients on Inter-Industry Cooperation Project, SAKURAI Seiichi; TERAOKA Shingo, Jul. 2019, 57, 2, 89, 94, Scientific journal
  • Refereed, 観光学評論, 流動化する中山間地域と農村観光研究の意義, 寺岡伸悟, Mar. 2017, 5, 1, 79, 92, Scientific journal
  • Refereed, ソシオロジ, (資料)参加型アクション・リサーチとしての「集落点検」―「らくらく農法」プロジェクトの事例から―, TERAOKA Shingo, Feb. 2017, 61, 2, 59-74
  • Refereed, 観光学評論, 現代観光と情報メディアの親和性に関する理論的考察, TERAOKA Shingo, 2014, 2, 1, 15-27
  • Refereed, 5th International ARSA Conference Proceedings., Redesigning Farming Communities for an Aged Society (1): Multidisciplinary Perspectives and Industrial-Academic-Government Cooperation, TERAOKA Shingo, 2014, 1, 167-173
  • Refereed, 社会学評論, マイノリティ組織のエスニシティ-在日光山金氏親族会調査より―, TERAOKA Shingo, Sep. 1993, 176, 131-146
  • Refereed, ソシオロジ, パーク社会学と人種・民族研究, TERAOKA Shingo, Feb. 1992, 37, 1, 3-20
  • Not Refereed, 奈良女子大学社会学教育, (資料)COVID-19下における観光・旅行、農業・地方創生定期刊行物の関連記 事一覧, 寺岡, 伸悟; 櫻井, 清一, Mar. 2022, 4, 10, 39, Research institution
  • Not Refereed, なら学研究報告, 宝塚澤田家所蔵澤田四郎作史料目録, 磯部,敦; 岩坂,七雄; 樽井,由紀; 寺岡,伸悟; 山上,豊, Jun. 2021, 6, 1, 100, Research institution

MISC

  • Refereed, 2021, 6
  • Not Refereed, 2022, 4, 10, 39
  • Not Refereed, 奈良女子大学社会学教育研究論集, 地域観光系授業における「農村」と「連携」の位置つ?け, TERAOKA Shingo, Mar. 2018, 2, 1-11
  • Not Refereed, 奈良女子大学文学部教育研究年報, 特集なら学 はじめに, TERAOKA Shingo, なら学プロジェクトによる「なら学特集」の企画・監修(上記「はじめに」の他論文2本), Dec. 2017, 14
  • Not Refereed, 農業と経済, 産官学民連携から生み出される繋がり―奈良県吉野郡下市町での事例?, TERAOKA Shingo, May 2016, 82, 5, 48-53
  • Not Refereed, 月刊大和路ならら, 奈良と柿をめぐる話, TERAOKA Shingo, Mar. 2016
  • Not Refereed, 奈良女子大学文学部研究教育年報, 特集なら学?奈良・大和の研究者・研究史?(特集はじめに), TERAOKA Shingo, Mar. 2016, 12, 9-10
  • Not Refereed, 地理, <ゆるキャラ>と地域PR, TERAOKA Shingo, Jun. 2015, 60, 6, 4-11
  • Not Refereed, ソシオロジ, 柿の里の地域づくりにかかわって, TERAOKA Shingo, Jun. 2014, 59, 1, 91-97
  • Not Refereed, 中京大学現代社会学部紀要, 奄美大島の唄文化と文化メディエーター, TERAOKA Shingo, 2014, 7, 2, 93-126
  • Not Refereed, 福祉介護テクノプラス, 高齢者の営農を支える『らくらく農法』の開発, TERAOKA Shingo, 2014, 7, 6, 20-23
  • Not Refereed, 地方自治職員研修, 農商工の連携と地域のつながり, TERAOKA Shingo, Jun. 2013, 648, 31-33
  • Not Refereed, 中京大学現代社会学部紀要, 奄美のうた文化と文化変容論・序説―地域メディア論と文化メディア学的視座―, TERAOKA Shingo, Nov. 2012, 6, 1, 19?76
  • Not Refereed, 中京大学現代社会学部紀要, 奄美における地域メディア研究のための予備考察―文化・メディア・ローカルアイデンティティ―, TERAOKA Shingo, Nov. 2012, 6, 1, 77-110
  • Not Refereed, 中京大学現代社会学部紀要, メディアとパトリの島・奄美―地域からの情報発信とその文化的苗床との連鎖を焦点にして―, TERAOKA Shingo, Dec. 2010, 4, 1, 81-139
  • Not Refereed, 奈良女子大学文学部教育研究年報, 『村と人間』にみる生活考現学, TERAOKA Shingo, Dec. 2009, 6, 65-72
  • Not Refereed, フォーラム現代社会学, 環境とメディア:2つの位相 ─ 食と農をめぐる経験から ─, TERAOKA Shingo, May 2009, 8, 76-88
  • Not Refereed, 奈良女子大学大学院人間文化研究科年報, 地域産業振興における文化資源調査の意義―奈良県のカキ紅葉を事例に―, TERAOKA Shingo, Mar. 2009, 24, 201-212
  • Not Refereed, 奈良女子大学文学部研究教育年報, 伝統果樹振興による地域づくり―奈良県御所柿調査中間報告―, TERAOKA Shingo, Mar. 2009, 5
  • Not Refereed, 奈良女子大学文学部研究教育年報, 地域振興に関する一考察―表象への視点―, TERAOKA Shingo, Mar. 2008, 4, 105-116
  • Not Refereed, 情報美学研究, 情報環境論におけるメディア・フレーム概念と現実構成―ローカルなものメディア「陀羅尼助」のグローバルな流通―, TERAOKA Shingo, 寺岡2003の増補改訂稿, 2008, 2
  • Not Refereed, 奈良女子大学文学部『研究教育年報』, なら学プロジェクトの歩み, TERAOKA Shingo, Mar. 2007, 3
  • Not Refereed, ストレスの社会的・文化的規定性とそれへの適応過程に関する研究(文部科学省科研成果報告書 研究代表者 田口宏昭), 身体的・知的障害と家族ストレス, TERAOKA Shingo, Mar. 2007, pp.18-71
  • Not Refereed, ストレスの社会的・文化的規定性とそれへの適応過程に関する研究(文部科学省科研成果報告書 研究代表者 田口宏昭), 産地形成と後継者の不安と対処―「村の物語」の視点―, TERAOKA Shingo, Mar. 2007, pp.73-90.
  • Not Refereed, 情報環境論の視座とその適用可能性に関する実証的研究―「農山村」を中心として, TERAOKA Shingo, 博士学位論文(京都大学), Nov. 2006
  • Not Refereed, 『マス・コミュニケーション研究』日本マス・コミュニケーション学会, メディアとしてのカメラ―技術革新と表現文化のゆくえ, TERAOKA Shingo, 学会大会ワークショップ報告, Aug. 2006, 69, 137-138
  • Not Refereed, 現代社会におけるシカゴ学派社会学の応用可能性(文部省科研成果報告書 研究代表者 中野正大), シカゴ学派のコミュニティ研究, TERAOKA Shingo, Mar. 2006, 191-204
  • Not Refereed, 『なら学』(奈良女子大学文学部なら学プロジェクト), 吉野イメージの背景, TERAOKA Shingo, Mar. 2006, 65-71
  • Not Refereed, 『ソシオロジ』社会学研究会, 書評に応えて(『地域表象過程と人間』), TERAOKA Shingo, Oct. 2005, 50, 2, 158-161
  • Not Refereed, 同窓会組織を通した女性の世代間ネットワーク構築のための実践的研究(文部省科研費成果報告書、研究代表者 塩原勉), 同窓会的結合と地域性, TERAOKA Shingo, Mar. 2005, 37-48
  • Not Refereed, 『甲南女子大学研究紀要・人間科学部編』, 都市消費者の志向性把握のために―探索的テキスト型データ解析の適用可能性―, TERAOKA Shingo, 2004, 40
  • Not Refereed, 情報美学研究, 街・うわさ・友達―ケータイ・ネットワークの電子考現学―, TERAOKA Shingo, 2004, 1
  • Not Refereed, 『甲南女子大学研究紀要・文化編』, 聞こえるものとしての社会関係, TERAOKA Shingo, 2002, 28, 51-66
  • Not Refereed, 甲南女子大学研究紀要』, 押すという従属-便利さの経験社会学-, TERAOKA Shingo, Mar. 2001, 37, 43-70
  • Not Refereed, 『甲南女子大学人間科学年報』, 地域性再考-地域情報化の観点から-, TERAOKA Shingo, 2001, 26, 21-31
  • Not Refereed, 『甲南女子大学人間科学年報』, 幻の鉄道が走った村―地域アイデンティティの形成過程に関する中間考察―, TERAOKA Shingo, Mar. 2000, 25, 65-76
  • Not Refereed, 『甲南女子大学研究紀要』, 透明な部屋-居心地の経験社会学-, TERAOKA Shingo, Mar. 2000, 36, 93-129
  • Not Refereed, 『甲南女子大学人間科学年報』, ある地域インターネットの成立―ネットワークと「地域社会」への一考察―, TERAOKA Shingo, Mar. 1999, 24, 23-36
  • Not Refereed, 『甲南女子大学研究紀要, 腕時計の視線-経験社会学の試み-, TERAOKA Shingo, Feb. 1999, 35, 77-109
  • Not Refereed, 『文学部論叢』熊本大学文学会, 民俗学における『ふるさと』概念の位相, TERAOKA Shingo, Feb. 1996, 52, 93-107
  • Not Refereed, 奈良女子大学『社会学論集』, 在日社会から「故郷」済州島への寄贈-エスニック・マイノリティの地縁結合-, TERAOKA Shingo, Feb. 1995, 2, 77-97
  • Not Refereed, 京都工芸繊維大学工芸学部研究報告『人文』, 初期シカゴ社会学の調査方法論(上・中・下), TERAOKA Shingo, 1993,1994,1995年にわたって掲載, Feb. 1993, 42,43,44, 第42号;1-26頁,第43号;17-47頁,第44号;1-
  • Eunarasia Q = ゆーろ・ならじあ・きゅー, 奈良県立大学ユーラシア研究センター事務局, Rethinking of Nara's culture and Industry about Early Modern Times, 岡本 彰夫; 山上 豊; 岩坂 七雄; 寺岡 伸悟, Mar. 2017, 7, 34, 37

Books etc

  • 4878068213
  • Understanding tourism mobilities in Japan, Routledge, Hideki Endo; Tim Edensor; Shingo Teraoka; Koji Kanda; Richard Sharpley; Hiroshi Sudo; Makoto Yamaguchi; Jonas Larsen, Mobility turn in rural districts in Japan: from "Kanko(tourism)" to "Kankei(relationships)", Oct. 2020
  • 奈良県南部におけるコミュニティ開発の拠点形成と人材蓄積過程に関する研究, 奈良女子大学・奈良県・共同研究, Mar. 2020, 人口減少が進む奈良県南部におけるコミュニティ開発の拠点形成と人材蓄積過程及びその課題を明らかにするためのヒアリング調査及び質問紙調査。, url
  • 現代観光学ーツーリズムから「いま」がみえるー, 新曜社, TERAOKA Shingo, 分担, Jan. 2019, Not Refereed
  • タクシー・ダンスホール, ハーベスト社, TERAOKA Shingo, ポール・クレッシー, 分担, Oct. 2017, Not Refereed
  • 奄美文化の近現代史―生成・発展の地域メディア学―, 南方新社, TERAOKA Shingo, 分担, Mar. 2017, 3-280, Not Refereed
  • モバイル・ライブズ―「移動」が社会を変える―, ミネルヴァ書房, 監訳者 遠藤英樹, アンソニー・エリオット; ジョン・アーリ, 分担, Nov. 2016, 61-87, Not Refereed
  • 質的調査の方法―都市・文化・メディアの感じ方―(第二版), 法律文化社, 寺岡伸悟; 工藤保則; 宮垣元, 編集, 2016, Not Refereed
  • 空間とメディア, ナカニシヤ出版, TERAOKA Shingo, 分担, Jun. 2015, Not Refereed
  • 観光メディア論, ナカニシヤ出版, TERAOKA Shingo, 編集, May 2014, Not Refereed
  • 観光学ガイドブック, ナカニシヤ出版, 橋本和也他共編著, 分担, Apr. 2014, Not Refereed
  • media & culture, ナカニシヤ出版, TERAOKA Shingo, 分担, Mar. 2013, 215-230, Not Refereed
  • 食と農のコミュニティ論, 創元社, TERAOKA Shingo, 分担, Jan. 2013, 76-89, Not Refereed
  • The Tourist, Gakubun sha, 安村克己監訳, ディーン・マキァーネル, 分担, Aug. 2012, Not Refereed
  • よくわかる観光社会学, ミネルヴァ書房, TERAOKA Shingo, 編集, Apr. 2011, Not Refereed
  • 文化社会学入門―テーマとツール―, ミネルヴァ書房, TERAOKA Shingo, 分担, Oct. 2010, Not Refereed
  • 社会学事典, 丸善株式会社, 分担, Jun. 2010, 2, Not Refereed
  • 質的調査の方法―都市・文化・メディアの感じ方―, 法律文化社, TERAOKA Shingo, 編集, Apr. 2010, Not Refereed
  • 大学的奈良ガイド―こだわりの歩き方―, 昭和堂, TERAOKA Shingo, 編集, Apr. 2009, Not Refereed
  • 都市的世界, 世界思想社, 分担, 2008, Not Refereed
  • 観光と文化―旅の民族誌―, 学文社, TERAOKA Shingo, 分担, May 2007, pp.7-51, Not Refereed
  • 現代文化の社会学・入門, ミネルヴァ書房, TERAOKA Shingo, 分担, Apr. 2007, pp.175-192, Not Refereed
  • 感情とフィールドワーク, 世界思想社, TERAOKA Shingo, 分担, Dec. 2006, 総240頁, Not Refereed
  • 観光社会文化論講義, くんぷる社, TERAOKA Shingo, 編集, Mar. 2006, pp.49-60., Not Refereed
  • シカゴ学派の社会学, 世界思想社, TERAOKA Shingo, 分担, Nov. 2003, 122-126,153-160,340-351, Not Refereed
  • 地域表象過程と人間 ―地域社会の現在と新しい視座―, 行路社, TERAOKA Shingo, Mar. 2003, Not Refereed
  • ものと人の社会学, 世界思想社, TERAOKA Shingo, 分担, Mar. 2003, Not Refereed
  • addicted to health discourse, 文化書房博文社, TERAOKA Shingo, 分担, Jul. 2000, 3-26, Not Refereed
  • 日之影町史 第9巻 民俗, 日之影町, TERAOKA Shingo, 分担, Mar. 2000, 担当分合計198ページ, Not Refereed
  • シカゴ社会学の研究-初期モノグラフを読む―, 恒星社厚生閣, TERAOKA Shingo, 分担, Nov. 1997, Not Refereed
  • Race : Science and Politics,, 名古屋大学出版会, TERAOKA Shingo, 分担, Aug. 1997, 総232頁, Not Refereed
  • 静岡県のイメージ, 静岡新聞社, TERAOKA Shingo, 分担, Sep. 1995, 165-217, Not Refereed
  • 宗教ネットワーク―民俗宗教、新宗教、華僑、在日コリアン, 行路社, TERAOKA Shingo, 分担, 1995, 279-295, Not Refereed
  • 十津川村史地理自然篇, 十津川村教育委員会, 寺岡伸悟; 西村雄一郎, 地理編編集責任者, Mar. 2021
  • 続・大学的奈良ガイド : 新しい見どころ60編, 昭和堂, 奈良女子大学文学部; 奈良女子大学文学部なら学プロジェクト; 舘野, 和己, Apr. 2022, 4, viii, 251, 7p, 9784812221150, cinii_books
  • 近世の奈良を見つめ直す。 (奈良県立大学ユーラシア研究センター学術叢書), 京阪奈情報教育出版, 奈良県立大学ユーラシア研究センター, おわりに(座談会), 31 Mar. 2022, 265, 4878068213, amazon;amazon_small_image;amazon_medium_image;amazon_large_image
  • 質的調査の方法 : 都市・文化・メディアの感じ方, 法律文化社, 工藤, 保則; 寺岡, 伸悟; 宮垣, 元, Jan. 2022, vi, 180p, 9784589041906, cinii_books
  • よくわかる観光コミュニケーション論, ミネルヴァ書房, 編者)須藤, 廣; 遠藤, 英樹; 高岡, 文章; 松本, 健太郎; 執筆者; 寺岡伸悟ほか, 農村, Mar. 2022, x, 228p, 9784623091874, cinii_books
  • フィールドワークの現代思想 : パンデミック以後のフィールドワーカーのために, ナカニシヤ出版, 遠藤, 英樹; 石野, 隆美; 東, 賢太朗; 市野沢, 潤平; 橋本, 和也; 寺岡, 伸悟; 神田, 孝治; 藤巻, 正己; 須藤, 廣; 山本, 理佳; 安田, 慎; 堀野, 正人; 渡部, 瑞希; 松本, 健太郎, 非在のフィールド,不在のフィールド パンデミック下の日常から考える, Apr. 2022, xi, 183p, 9784779516672, cinii_books
  • よくわかる地域社会学, ミネルヴァ書房, 山本, 努, Mar. 2022, viii, 231p, 9784623093533, cinii_books

Presentations

  • TERAOKA Shingo, 平成30年度日本農業経営学会大会, 農商工連携事業における原材料契約取引の特性, Oral presentation, Sep. 2018, 日本農業経営学会, 筑波大学, False
  • Seiich Sakurai; Shingo Teraoka, Asian Rural Sociolgy Association 6th International Conference, “Feasibility and Issues of Rural Tourism Based on Inter-industry Cooperation, Poster presentation, Aug. 2018, Asian Rural Sociolgy Association, マカッサル、インドネシア, True
  • TERAOKA Shingo, 観光学術学会研究集会, Comment for tourism study on "souvenir", Nominated symposium, 18 Feb. 2018, 観光学術学会, 奈良女子大学, False
  • TERAOKA Shingo, 長寿社会を共創する―高齢者機をリードする課題解決拠点を目指して―, 楽で楽しい営農コミュニティづくり(補足:高齢者の営農をささえるらくらく農法の開発を起点とする下市町での地域づくり事業の現状について), Invited oral presentation, Nov. 2017, 東京大学高齢社会総合研究機構、高齢社会共創センター, 東京大学, False
  • Shingo Teraoka; Seiichi Sakurai, XIV World Congress of Rural Sociology, Agriculture, commercial, and industrial collaboration: potential and challenges, Poster presentation, Aug. 2016
  • TERAOKA Shingo; Shingo TERAOKA; Gentaro MIZUGAKI; Sadahiro HAMASAKI, ACAP(Fukuoka Active Aging Conference in Asia Pacific 2016), Innovations in Age-friendly Farming, Poster presentation, 05 Mar. 2016, 05 Mar. 2016, 06 Mar. 2016, Fukuoka JAPAN, True
  • TERAOKA Shingo, 平成27年度領域シンポジウム「コミュニティで創る新しい高齢社会のデザイン」, 高齢者の営農を支える『らくらく農法』の開発, Poster presentation, Mar. 2016, JST(RISTEX), 東京大学安田講堂, False
  • TERAOKA Shingo; Sadahiro HAMASAKI; Gentaro MIZUGAKI; Hiroaki OBITANI, 5th International ARSA Conference, Redesigning Farming Communities for an Aged Society (1): Multidisciplinary Perspectives and Industrial-Academic-Government Cooperation, Oral presentation, Sep. 2014, Asian Rural Sociology Association, LAOS National University, True
  • TERAOKA Shingo, 日本社会学会 68回大会, 中山間地域の営農と集落維持に向けた地域参加型研究の実践と課題, Oral presentation, Oct. 2013, 日本社会学会, 慶応大学, False
  • TERAOKA Shingo, 観光学術学会 第2回大会, 観光的現象と「メディア」観―「ご当地もの」から考える―, Jul. 2013, 観光学術学会, False
  • TERAOKA Shingo; Seiichi Sakurai; Shingo TERAOKA, World Congress of Rural Sociology XIII, Issues on the Development of Plans for The Agriculture, Commerce and Industry Collaboration Program in JAPAN, Jul. 2012, International Rural Sociological Association, Lisobon, True
  • TERAOKA Shingo; Shingo Teraoka, XII World Congress of Rural Sociology, The Meaning of Agricultural Production in an Advanced Consuming Society: The Case of Nara, JAPAN, Jul. 2008, korea, True

Works

  • 平成30年発行奈良県版タウンページの表紙・特集内容の企画・立案・誌面レイアウト・素材提供等。, Jan. 2017, Dec. 2017
  • 地方地域社会の現状分析と活性化のための集落点検手法開発とその実践のためのアクション・リサーチ, 2012
  • 奈良県吉野地方における地域づくり活動でのアクションリサーチ, 2012
  • 農業改良普及推進事業(産官学連携経営革新新技術普及強化促進事業), Apr. 2010, Mar. 2011
  • 農業改良普及推進事業(産官学連携経営革新新技術普及強化促進事業), Apr. 2009, Mar. 2010
  • 先端技術を活用した農林水産研究高度化事業「カキ紅葉の安定生産技術の開発」, Apr. 2007, Mar. 2010
  • 地域格差とインターネットによる情報発信の可能性に関する研究, 2008, 2010
  • 御所市における御所柿復興プロジェクトへの参加, Apr. 2007
  • 奄美群島におけるメディア文化についてのフィールドワーク, Mar. 2007
  • 地域ブランド特産物の流通・消費についての社会学的調査, Mar. 2007
  • 「下市らくらく体操」体操音楽の作曲・編曲・制作, 寺岡伸悟, url;rm:research_project_id

Awards

  • Japan society, Jul. 2016

Research Projects

  • Sep. 2021, Mar. 2022, Coinvestigator
  • Apr. 2021, Mar. 2022, Coinvestigator
  • 2021, 2024, 21K12452, Principal investigator
  • Apr. 2019, Mar. 2020, Coinvestigator, 奈良県南部におけるコミュニティ開発の拠点形成と人材蓄積過程に関する研究, 代表者; 水垣源太郎, 奈良県, 共同研究, 0, 0, 0, 文学部なら学プロジェクトの推進, Competitive research funding
  • Oct. 2011, Mar. 2015, Principal investigator, Community Based participatory action research, JST(RISTEX), コミュニティで解決する高齢社会のデザイン, 奈良女子大学, 0, 0, 0, Competitive research funding, rm:works
  • 基盤研究(C), Apr. 2017, Mar. 2022, 17K02107, 持続可能な農村観光のための異業種連携の条件研究, 寺岡 伸悟; 櫻井 清一, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 奈良女子大学, 4290000, 3300000, 990000, 国による農商工連携の認定事業例を中心に、必要に応じて先進的な事例も加えて、観光を含む異業種連携事業を選択し、観光業者と農業者による連携、連携のなかで結果として観光が創発したタイプに分け、それぞれにおける異業種連携の成立の条件、事業化の課題、持続のための地域貢献と利益追求のバランス、さらに観光が有する効果等を、インテンシブなインタビュー等によって明らかにしてきた。 今年度は、前年度までに農商工連携事業認定事例として調査した栃木県の地域企業が沖縄県に事業展開したことに注目し、沖縄県うるま市の事例を訪問調査し、その意義や手法、課題などについて調査した。また琉球大学などにおいて関連の研究者の訪問インタビューを行ない、地域社会という少し広い枠組みから、こうした観光をふくめた異業種連携の潮流やプロセス、さらに沖縄における現状などを聞いた。 また、学会や研究者個別の事例調査によって、各地の事例や状況についても知見を深めた。 こうした結果や共同のディスカッションの成果をもとに前年度に2つの学会で報告した研究成果を整理し、論文化を行い、一つの国内学会誌、1つの国際学会誌にそれぞれ投稿し、両方とも、査読をへて研究論文として掲載された。
  • Dec. 2020, Mar. 2021, Coinvestigator, 奈良県における小さな拠点および地域運営組織の形成, 研究代表者 水垣源太郎, 奈良県, 共同研究, 奈良女子大学
  • Jun. 2020, Nov. 2020, Coinvestigator, 奈良県過疎地域の集落構造分析と社会地図化, 研究代表者 水垣源太郎, 奈良県, 奈良女子大学
  • Grant-in-Aid for Scientific Research (C), 01 Apr. 2013, 31 Mar. 2016, 25511016, Study on Development of the Traditional Culture by Media, and Identity Formation in Amami., Kato Haruhiro, Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Chukyo University, 4290000, 3300000, 990000, As result in the proof study on “culture mediator”, in Kikaijima, Amami-oshima, I investigated that the tradition of the fork song and dance were handed down by the area media business not a traditional village. We named “the mediated cultural project” which had a mission. As result in the study on mediated development of traditional culture, I listed the public hall lecture of the tradition song and dance in the Amami group of islands. And I produced a chronological table and the history of “cultural mediator”. As results of research on the theory construction side, I submitted the paradigm of the new area media study more than existing area media theories by making the key concepts such as “spirals of the expression in a media activities”, “a total process of the local media”., url
  • Grant-in-Aid for Scientific Research (C), 28 Apr. 2011, 31 Mar. 2015, 23530665, The sociological study of ACI-Collaboration, TERAOKA Shingo; SAKURAI Seiichi, Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Nara Women's University, 5070000, 3900000, 1170000, The research clarifies that many of the operators of " the Agriculture, Commerce and Industry Collaboration (ACI-Collaboration)" are aware of their community revitalization. About 90 percent of the operators start their business by recommendation of others (ex. administrative office, JA, ACI-Collaboration coordinator). Effect of coordination is high. Motivation of cooperation is , . Obstacles of ACI-Collaboration are , ,. For the duration of ACI-Collaboration, mutual understanding between the industries. is essential., url
  • 2010, Apr. 2021, Principal investigator, ICTを活用した遠隔コミュニケーションシステムSailを使用することでコミュニティ形成に与える影響の効果検証, 水垣源太郎; 佐藤克成, 株式会社HELTE, 共同研究, 奈良女子大学
  • Jul. 2020, Mar. 2025, オンラインコミュニケーションサービスの効果に関する研究, 寺岡伸悟; 水垣源太郎; 佐藤克成, 研究協力覚書, 奈良女子大学,東京大学高齢社会研究機構、(一社)未来社会共創センター、布施新町みらいプロジェクト、(株)HELTE

Ⅲ.社会連携活動実績

1.公的団体の委員等(審議会、国家試験委員、他大学評価委員,科研費審査委員等)

  • Nov. 2020, Mar. 2021, Others
  • Society
  • Oct. 2020, 9999, Society
  • 2019, Mar. 2020
  • Apr. 2018, 9999
  • Apr. 2019, 9999, Autonomy
  • Apr. 2019, 9999, Autonomy
  • Oct. 2018, 9999, Autonomy
  • 2017, Mar. 2020, Autonomy
  • Society
  • Society
  • Autonomy


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.