Researchers Database

NISHIMURA Takuo

    Faculty Division of Humanities and Social Sciences Research Group of Human Sciences Professor
Contact:
takuocc.nara-wu.ac.jp
Last Updated :2021/10/20

researchmap

Degree

  • Master of Education, Kyoto University, Nov. 2019

Research Interests

  • education, philosophy of education, history of educational thought, beauty, art, the aesthetic 

Research Areas

  • Humanities & social sciences, Education - general

Research Experience

  • Oct. 2010, 奈良女子大学文学部教授
  • Apr. 2000 Sep. - 2010, 奈良女子大学文学部助教授
  • Apr. 1997 Mar. - 2000, 富山県立大学工学部助教授
  • Apr. 1995 Mar. - 1997, 仁愛女子短期大学幼児教育学科助教授
  • Apr. 1993 Mar. - 1995, 仁愛女子短期大学幼児教育学科講師
  • Apr. 1990 Mar. - 1993, 京都大学教育学部助手

Education

  • - 1990, Graduate School, Kyoto University, Education, 教育学専攻
  • - 1985, Kyoto University, Faculty of Education, 教育学科

Committee Memberships

  • Sep. 2006教育思想史学会理事
  • Nov. 2005 Nov.2020関西教育学会理事
  • Oct. 2013教育哲学会理事

Published Papers

  • 信仰を「教育に開く」ためには?--田辺元の西田幾多郎批判から考えてみる

    NISHIMURA Takuo

    Sep. 2017, 近代教育フォーラム, (26), 92-99

  • 現場というテクスト、テクストという現場

    NISHIMURA Takuo

    Jun. 2015, 教育哲学研究, (111), 38-45

  • 「京都学派」教育人間学の暫定的マッピングの試み

    NISHIMURA Takuo

    Sep. 2014, 近代教育フォーラム, (23), 77-87

  • あえてシュタイナーのシラー論を語ってみる--「美と教育」再論への一つの試み

    NISHIMURA Takuo

    Oct. 2012, 近代教育フォーラム, (21), 45-66

  • 「教育」を問うことの切実さをめぐって--「思想史研究者」が「実践」に直面した経験を語ってみる

    NISHIMURA Takuo

    May 2007, 教育哲学研究, (95), 15-21

  • 音楽の力を思想史に問うこと

    西村拓生

    Sep. 2020, 近代教育フォーラム, (29), 93 - 101

MISC

  • 「国を想うこと」と「世界を想うこと」――教育哲学者・木村素衞の生きた時代、私たちの生きる時代――

    NISHIMURA Takuo

    Mar. 2019, 上小教育, (62), 50-77

  • 国家と哲学の間の教育、あるいはカントと西田の間で

    NISHIMURA Takuo

    Sep. 2018, 近代教育フォーラム, (27), 12-16

  • オルタナティブが照らしだす教育的公共圏の困難と可能性――あたりまえがあたりまえでない場からの問いかけ――

    NISHIMURA Takuo

    Aug. 2018, 関西教育学会年報, (42), 177-182

  • 田邊元の側から読む木村素衞-教師にとってのイデアと政治をめぐって-

    NISHIMURA Takuo

    Mar. 2018, 奈良女子大学大学院人間文化研究科年報, (33), 147-157

  • 美的人間形成論としての京都学派教育哲学-シラーの『美育書簡』と木村素衞-

    NISHIMURA Takuo

    Mar. 2018, 上小教育, (61), 139-165

  • 木村素衞の教育思想のアクチュアリティ-実践における「イデア」の生成と「否定」に媒介された肯定性-

    NISHIMURA Takuo

    Dec. 2017, 奈良女子大学文学部 研究教育年報, (14), 55-66

  • 京都学派と信州教育――木村素衞「表現愛」の思想を中心に

    NISHIMURA Takuo

    Mar. 2017, 上小教育, (60), 38-69

  • 主体・母性・家族――近代教育の前提は如何に脱構築されるべきか?

    NISHIMURA Takuo

    Sep. 2016, 近代教育フォーラム, (25), 148-151

  • 「自由への教育」と芸術

    NISHIMURA Takuo

    Mar. 2016, 日本のシュタイナー学校Ⅱ〈架橋のこころみ〉資料編(2012~2016), 141-151

  • 私学の思想史が照らしだす教育の公共性と大学の危機

    NISHIMURA Takuo

    Sep. 2015, 近代教育フォーラム, (24), 130-133

  • 今、「京都学派」研究から教育学は何を問うことができるか?

    NISHIMURA Takuo

    Sep. 2015, 近代教育フォーラム, (24), 170-176

  • Can We Find an Alternative to Mainstream of Modern Education in the Idea of the Kyoto School?

    NISHIMURA Takuo

    Dec. 2014, 臨床教育人間学, (13), 46-55

  • 「高等」教育とは何か:思想史が問う

    NISHIMURA Takuo

    Sep. 2014, 近代教育フォーラム, (23), 259-267

  • 「伸びて行く」の凄味:または三歳から二十七歳までの「奈良の学習法」

    NISHIMURA Takuo

    Jun. 2014, 学習研究, (469), 22-27

  • 大学の現在--私たちは日本の高等教育をどうするのか?

    NISHIMURA Takuo

    Jun. 2013, 関西教育学会年報, (37), 211-219

  • 歴史の物語り論と教育哲学

    NISHIMURA Takuo

    Nov. 2011, 教育哲学研究, (104), 56-76

  • 教育哲学を考える--おおホレーショよ

    NISHIMURA Takuo

    May 2011, 教育哲学研究, (103), 85-86

  • 「美と教育」は如何に論じられたか

    NISHIMURA Takuo

    Dec. 2010, 教育思想史コメンタール, 97-113

  • ハーバーマスのシラー『美育書簡』論--教育的公共性における「美的なるもの」のアクチュアリティに関する覚書(2)

    NISHIMURA Takuo

    Dec. 2009, 奈良女子大学文学部研究教育年報, (6), 161-173

  • 何が「論じられなかった」のか--教育哲学会の思想史のための一つの予備的スケッチ

    NISHIMURA Takuo

    Nov. 2009, 教育哲学研究, (100号記念特別), 344-360

  • 思想史研究と教育の「現実」

    NISHIMURA Takuo

    Oct. 2009, 近代教育フォーラム, (18), 155-163

  • 課題研究「教育研究のなかの教育哲学--その位置とアイデンティティを問う」に関する総括的報告

    NISHIMURA Takuo

    May 2009, 教育哲学研究, (99), 55-62

  • 京都学派と美的人間形成論--木村素衞は如何にシラーを読んだのか

    NISHIMURA Takuo

    Dec. 2008, 奈良女子大学文学部研究教育年報, (5), 83-98

  • 「外部」としての「あやしいもの」と「子ども」

    NISHIMURA Takuo

    Jul. 2008, 別冊 子どもの文化, (10), 3-13

  • 「教養」と「教職」と「臨床」--二つの研究プロジェクトについて

    NISHIMURA Takuo

    Apr. 2008, 教育システム研究, (4), 5-11

  • 教育実習体験の振り返りに関する臨床教育学的検討(1)

    NISHIMURA Takuo

    Apr. 2008, 教育システム研究, (4), 12-23

  • 小学校体育科教育法の臨床教育学的検討--教育実習生に授業を如何に「語る」か

    NISHIMURA Takuo

    Apr. 2008, 教育システム研究, (4), 24-43

  • NPO法人による学校づくりにおける教育的公共圏の生成--京田辺シュタイナー学校の事例から

    NISHIMURA Takuo

    Mar. 2008, 平成17-19年度科学研究費補助金・基盤研究(B)「〈公共圏〉を生成する教育改革の実践と構造に関する総合的研究, 29-56

  • 物語り論から教育研究へ--「臨床教育学」的授業研究の試み(2)

    NISHIMURA Takuo

    Apr. 2007, 『教育システム研究』奈良女子大学教育システム研究開発センター紀要, (3), 1-13

  • 「臨床教育学」的授業研究の試行的実践の記録

    NISHIMURA Takuo

    Mar. 2007, 平成16-18年度科学研究費補助金・基盤研究(C)「臨床教育学的・エスノグラフィー的・物語論的教育研究の展開」研究成果報告書, 189-208

  • 「教養・陶冶」の語り直しをめぐって

    NISHIMURA Takuo

    Sep. 2006, 近代教育フォーラム\n教育思想史学会紀要, (15), 263-266

  • On "The Asthetic" and Education in Kyoto School; Theory of Expression of KIMURA MOTOMORI

    NISHIMURA Takuo

    Mar. 2005, 平成14-16年度科学研究費補助金・基盤研究(B)(1)「「美的なもの」の教育的影響に関する理論的・文化比較的研究」研究成果報告書, 72-86

  • On the "Clinicalpedagogical" Study of Schools(1); For Collabiration of Our University and Attached Schools

    NISHIMURA Takuo

    Mar. 2004, Annual Reports of Graduate School of Humanities and Sciences, Nara Women's university, (19)

  • ナショナリズムの「物語」と教育

    NISHIMURA Takuo

    Mar. 2004, 教育, (698)

  • 「教育的」公共性のアポリアとアリストテレス

    NISHIMURA Takuo

    May 2003, 教育哲学研究, (87)

  • 教育的公共性における「美的なるもの」のアクチュアリティに関する覚書(1)

    NISHIMURA Takuo

    Dec. 2001, 奈良女子大学文学部研究年報, (45)

  • <プリズム>としてのシラー『美育書簡』--「美と教育」に関するトピカのために

    NISHIMURA Takuo

    Sep. 1999, 近代教育フォーラム 教育思想史学会紀要, (8)

  • 「美」は「底抜けの底」たり得るか?--今井康雄氏の構想を美的教育論のメディア論的組み換えとして読んでみる

    NISHIMURA Takuo

    Oct. 1997, 近代教育フォーラム 教育思想史学会紀要, (6)

  • 研究ノート:E.カッシーラーの「シンボル形式の哲学」における芸術の位置--「美的認識」論による芸術教育の哲学的根拠の検討

    NISHIMURA Takuo

    Mar. 1995, 仁愛女子短期大学研究紀要, (26)

  • 研究ノート:現代米国の「美的認識」論による芸術教育の基礎づけについて--成立の背景と基礎理論の素描

    NISHIMURA Takuo

    Mar. 1994, 仁愛女子短期大学研究紀要, (25)

  • H.リードの芸術教育思想における深層心理学理論の受容について

    NISHIMURA Takuo

    Mar. 1993, 京都大学教育学部紀要, (39)

  • H.リードの芸術教育思想における形而上学的根本理念について--"美的なるもの"の回復としての「芸術による教育」

    NISHIMURA Takuo

    Mar. 1992, 京都大学教育学部紀要, (38)

  • 教師の養成・研修の「臨床性」 ――奈良女子大学・奈良教育大学の法人統合の現場からの覚書

    西村拓生

    Mar. 2021, 教育システム研究, (16)

  • 木村素衞におけるイデアと救済 ――教師の仕事を導くもの、支えるもの

    西村拓生

    Mar. 2020, 上小教育, (63)

Books etc

  • (書評)山名淳・矢野智司編著『災害と厄災の記憶を伝える--教育学は何ができるのか』

    NISHIMURA Takuo

    関西教育学会研究紀要 第18号, Aug. 2018, 68-73

  • (書評)守屋治代著『「看護人間学」を拓く--ナイチンゲール看護論を再考して--』

    NISHIMURA Takuo

    ホリスティック教育/ケア研究 第21号, Mar. 2018, 52-54

  • (書評)広田照幸著『教育は何をなすべきか』

    NISHIMURA Takuo

    教育学研究, Mar. 2016, 88-89

  • ケアと人間--心理・教育・宗教

    NISHIMURA Takuo (, Range: 分担)

    ミネルヴァ書房, Sep. 2013

  • (書評)M.パーモンティエ著『ミュージアム・エデュケーション』

    NISHIMURA Takuo

    近代教育フォーラム 教育思想史学会紀要, Sep. 2013

  • 教育哲学の現場--物語りの此岸から

    NISHIMURA Takuo

    東京大学出版会, Jun. 2013

  • 教育人間学--臨床と超越

    NISHIMURA Takuo (, Range: 分担)

    東京大学出版会, Aug. 2012, 165-200

  • (書評)大西正倫著『表現的生命の教育哲学--木村素衞の教育思想』

    NISHIMURA Takuo

    教育学研究, Mar. 2012

  • 「人間と教育」を語り直す--教育研究へのいざない

    NISHIMURA Takuo (, Range: 分担)

    ミネルヴァ書房, Jan. 2012, 69-92,157-193 (ISBN: 9784623061976)

  • Education and the Kyoto School of Philosophy

    NISHIMURA Takuo (, Range: 分担)

    Springer, 2012, 65-76

  • ランゲフェルト教育学との対話--「子どもの人間学」への応答

    NISHIMURA Takuo (, Range: 分担)

    玉川大学出版部, Jun. 2011, 100-122 (ISBN: 9784472404351)

  • 特集:子ども学--未刊のプロジェクト

    NISHIMURA Takuo (, Range: 編集)

    奈良女子大学文学部研究教育年報, Dec. 2008

  • 敢えて今こそ「子ども学」を

    NISHIMURA Takuo (, Range: 分担)

    奈良女子大学文学部研究教育年報, Dec. 2008

  • (書評)野平慎二著『ハーバーマスと教育』

    NISHIMURA Takuo

    教育哲学研究, May 2008

  • 教職用語辞典

    NISHIMURA Takuo (, Range: 分担)

    一藝社, Apr. 2008

  • Concepts of Aesthetic Education

    NISHIMURA Takuo; Yasuo Imai (, Range: 分担)

    Waxmann Verlag, 2007, 64?76

  • ハーバート・リードの美学--形なきものと形

    NISHIMURA Takuo (, Range: 分担)

    玉川大学出版部, Mar. 2006

  • 最新教育キーワード137

    NISHIMURA Takuo (, Range: 分担)

    時事通信出版局, Jun. 2005

  • (書評)佐藤学・今井康雄編『子どもたちの想像力を育む--アート教育の思想と実践』

    NISHIMURA Takuo

    近代教育フォーラム 教育思想史学会紀要, Sep. 2004

  • 「美しい仮象の国」はどこにあるのか?--シラーの『美育書簡』をめぐる、仮象の人間形成論のための覚書(矢野智司・鳶野克己編『物語の臨界--「物語ること」の教育学』所収)

    NISHIMURA Takuo

    世織書房, Apr. 2003

  • 教育における「公」と「私」をめぐるアリストテレス(山崎高哉編『応答する教育哲学』所収)

    NISHIMURA Takuo

    ナカニシヤ出版, Mar. 2003

  • 子どもの表現活動と保育者の役割

    NISHIMURA Takuo

    明治図書, Oct. 1998

  • 「美的なるもの」の人間形成的・教育学的意義に関する覚書--現代ドイツ教育哲学における議論から--(和田修二編『教育的日常の再構築』所収)

    NISHIMURA Takuo

    玉川大学出版部, Mar. 1996

  • 美的経験の人間形成的意義--E.カッシーラーの芸術論を手がかりに(岡田渥美編『人間形成論--教育学の再構築のために』所収)

    NISHIMURA Takuo

    玉川大学出版部, Mar. 1996

  • 教育学のパトス論的転回

    西村拓生 (, Range: 第2章 木村素衞におけるイデアと救済)

    東京大学出版会, May 2021

  • 大正新教育の実践--交響する自由へ

    西村拓生 (, Range: 第7章 木村素衞の教育思想の臨床性--プラクシスを語る言葉)

    東信堂, Jan. 2021

Presentations

  • Motomori Kimura’s concept of “Idea” as self-generating in the midst of educational practice: How can we resist the instrumental-rationalistic concept of education?

    NISHIMURA Takuo; Takuo Nishimura

    16th International Network of Philosophers of Education Conference 2018, Aug. 2018, University of Haifa, Haifa, Israel

  • オルタナティブが照らしだす教育的公共圏の困難と可能性――あたりまえがあたりまえでない場からの問いかけ――

    NISHIMURA Takuo

    関西教育学会第69回大会 公開シンポジウム, Nov. 2017

  • 現場というテクスト、テクストという現場

    NISHIMURA Takuo

    教育哲学会第57回大会 課題研究, Sep. 2014

  • シンポジウム〈「大学の危機」を思想史が問う〉のメタ・クリティークのために

    NISHIMURA Takuo

    教育思想史学会第23回大会コロキウム, Sep. 2013

  • Can We Find an Alternative to Mainstream of Modern Education in the Idea of the Kyoto School?

    NISHIMURA Takuo; Takuo Nishimura

    The Sixth International Conference between Graduate School of Education, Kyoto University and th Institute of Education, University of London, Sep. 2013

  • あえてシュタイナーのシラー論を語ってみる--「美と教育」再論への一つの試み

    NISHIMURA Takuo

    教育思想史学会第21回大会フォーラム, Sep. 2011

Association Memberships

  • 関西教育学会

  • 日本教育学会

  • 教育史学会

  • 教育思想史学会

  • 教育哲学会



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.