Researchers Database

FUJIHIRA Makiko

    Faculty Division of Human Life and Environmental Sciences Research Group of Residential Architecture and Environmental Science Professor
Last Updated :2021/06/02

researchmap

Research Interests

  • 内装材 住宅材料 木材の耐久性 木造住宅 住居管理 住宅の耐久性 

Research Areas

  • Humanities & social sciences, Home economics, lifestyle science

Research Experience

  • Apr. 2014, Nara Women's University, Faculty, 准教授
  • 2002 - 2014, :奈良女子大学生活環境学部講師
  • 1998 - 2002, :奈良女子大学生活環境学部非常勤講師
  • Apr. 2021, Nara Women's University, 研究院生活環境科学系, 教授

Education

  • - 1997, Nara Women's University, Graduate School of Humanities and Sciences, 生活環境学, Japan
  • - 1997, Nara Women's University, Graduate School, Doctral Research Course in Human Culture
  • - 1993, Nara Women's University, Graduate School of Humanities and Sciences, 住環境学専攻
  • - 1991, Nara Women's University, 家政学部, 住居学科, Japan
  • - 1991, Nara Women's University, Faculty of Home Economics

Awards

  • 日本家政学会賞, 藤平 眞紀子, 「木造住宅の耐久性および耐久性向上 —維持管理からの考察—」, 日本家政学会, May 2018
  • 表彰, 公益社団法人日本しろあり対策協会, Nov. 2016

Published Papers

  • 中学・高等学校家庭科における住居・住生活分野の学習と日常生活への関わりに関する検討 —教育学部および生活環境学部学生を対象とした家庭科教育に関する調査—

    藤平眞紀子、久保博子

    Jan. 2020, 日本家政学会誌, 71 (1), 12 - 30

  • 空き家の維持管理におけるシルバー人材センターの関わりの可能性

    藤平眞紀子

    Nov. 2019, 日本家政学会誌, 70 (11), 739 - 755

    Scientific journal

  • 中等教育における家庭科学習の各分野の学習内容と授業形態に対する大学生の評価 –生活環境学部学生を対象とした家庭科教育に関する調査-

    藤平眞紀子; 佐野奈緒子; 黒川嘉子; 吉本光佐; 久保博子

    2018, 家政学研究, 64 (2), 43 - 49

    Research institution

  • 伝統的木造住宅の維持管理における工務店による共助に関する考察 —工務店を対象としたアンケート調査より—

    藤平 眞紀子

    2017, 日本建築学会誌, 82 (731), 191 - 199, doi

  • 小学校における生活空間としての保健室のあり方 —改修事例からの考察—

    藤平 眞紀子

    2017, 日本家政学会誌, 68 (6), 272 - 284, doi

  • 伝統的木造住宅の残る地域での空き家の管理に関する考察 —地域住民による空き家管理の可能性の検討—

    藤平 眞紀子

    2017, 日本建築学会誌, 82 (738), 2041 - 2051, doi

  • 木造住宅の維持保全計画のあり方に関する研究 —工務店を対象としたアンケート調査より—

    藤平 眞紀子

    2016, 日本家政学会誌, 67 (9), 497 - 507, doi

  • Evaluation of impression brought by yoshino sugi and assessment of its suitability for interior use

    Makiko Fujihira; Takafumi Itoh; Yasuhiro Teranishi

    In order to prepare for proposals that would lead to activate Japanese cedar market, including product development of wooden products using Yoshino Sugi, we tried to understand images of Yoshino Sugi which people have for. From the SD method survey that targeted female students, it was found that Sugi tended to be evaluated as having a neutral image. But Sugi also has images of being slightly exclusive, smooth, glossy, and thick. It was also revealed that such factors as color, gloss, and hardness of Sugi affected the outcome of the surveys for image and conformity as material to be used for the interior of houses. In addition, Sugi was assessed as suitable as flooring in the master bedroom and living room by the reason that Sugi had soothing colors and warm atmosphere. So, it will be important that we propose how to utilize such relaxing and warm image and texture of Sugi. We can say, for example, that Sugi has enough potentiality to be used as flooring in the master bedroom and living room of houses in general., Society of Materials Science Japan, 01 May 2015, Zairyo/Journal of the Society of Materials Science, Japan, 64 (5), 393 - 398, doi

    Scientific journal

  • 伝統的木造住宅における維持管理の変遷と今後の継承 —ヒアリング調査による維持管理の実態白と今後の課題—

    藤平 眞紀子; 村田順子; 田中智子

    2015, 日本家政学会誌, 66 (6), 272 - 283, doi

  • 伝統的木造住宅における部材周囲の温湿度環境と維持管理に関する研究 —歴史的市街地における空き家をケーススタディとして—

    藤平 眞紀子

    2015, 日本建築学会誌, 80 (712), 1391 - 1400, doi

  • A study on the housing maintenance cost adapted to climate conditions

    Takuya Umikawa; Hiroki Tsutsumi; Makiko Fujihira; Junki Tsunekawa; Masao Nakajima; Yoshihisa Fujii

    For appropriate maintenance program, it is necessary to know the regional differences of the climate condition that affect building deteriorations. This study classified the nation into 5 regional categories of the housing maintenance cost adapted to the climate conditions. Moreover, this study suggested 2 methods that of simple and detailed calculations of maintenance cost between 60 years, for comparing with current method as required for long-life quality housing. In the result, the methods enabled to show not only the standard maintenance cost but also the direction of maintenance program suitable for the housing location., Oct. 2013, AIJ Journal of Technology and Design, 19 (43), 1175 - 1178, doi

    Scientific journal

  • 称念寺本堂の温湿度環境と床下部材の劣化状況

    藤平 眞紀子

    2013, 木材保存, 39 (3), 125 - 139, doi

  • 室内犬飼育を考慮した住宅用床仕上げ材 —室内犬飼育者および獣医師からみた—

    藤平 眞紀子

    2012, 木材工業, 67 (5), 208 - 213

  • Maintenance Management of Detached Houses and their Durability -In Suburban Residential Neighborhoods with Residents of Advanced Age-

    FUJIHIRA Makiko

    2012, 日本家政学会誌, 63 (7), 399 - 411, doi

  • The Management, Conservation and Utilization of Unoccupied houses in Historical City - A Case Study on the Preservation District for the Groups of Traditional Buildings -

    FUJIHIRA MAKIKO; MUKAI YOICHI; MASUI MASAYA

    Housing Research Foundation, Mar. 2011, Journal of Housing Research Foundation, (37), 157 - 168

    Scientific journal

  • The Present State and Future Subject of Recycling and Reuse of Scrap Wood Targeted at Dwellers -Through the Research in Two Districts in Nara City-

    FUJIHIRA Makiko

    2008, Journal of Home Economics of Japan, 59 (7), 493 - 502, doi

  • 住宅解体木材の再利用・再使用における工務店従事者からみた現状と課題

    藤平 眞紀子

    2008, 日本家政学会誌, 59 (8), 607 - 615

  • The Maintenance and Management of Imported House against Damage

    FUJIHIRA Makiko

    2002, Journal of Home Economics of Japan, 53 (7), 703 - 714, doi

  • The Improvement of the Decay Durability of Medium Density Fiberboard (MDF) treated with Preservatives in Glues

    FUJIHIRA Makiko

    1999, Wood Preservation, 25 (3), 112 - 120, doi

  • 木製枠組壁体の劣化(第4報)

    藤平眞紀子; 中村嘉明; 疋田洋子

    1998, 木材保存, 24 (5), 324 - 329, doi

  • 木製枠組壁体の劣化(第3報)室内培地接地条件下での劣化状況の目視観察

    藤平眞紀子; 中村嘉明; 疋田洋子

    1998, 木材保存, 24 (2), 85 - 90, doi

  • 木製枠組壁体の劣化(第2報)非接地非暴露条件下の劣化状況の目視観察

    藤平眞紀子; 中村嘉明; 疋田洋子

    1998, 木材保存, 24 (1), 25 - 30, doi

  • 枠組壁工法構造用木材の耐朽性と曲げ強度性能の変化

    藤平眞紀子; 中村嘉明; 磯田憲生; 疋田洋子

    1997, 木材学会誌, 43 (7), 589 - 594

    Scientific journal

  • 市販中質繊維板(MDF)の耐朽性

    藤平眞紀子; 中村嘉明; 磯田憲生; 疋田洋子

    1997, 日本防菌防黴学会誌, 25 (8), 439 - 445

  • 中質繊維板(MDF)の接着剤混入防腐処理法の可能性

    藤平眞紀子; 中村嘉明; 磯田憲生; 疋田洋子; 高橋英明

    1997, 日本防菌防黴学会誌, 25 (10), 573 - 579

  • 市販中質繊維板(MDF)の腐朽による曲げ強度性能の変化とその評価

    藤平眞紀子; 中村嘉明; 磯田憲生; 疋田洋子

    1997, 日本防菌防黴学会誌, 25 (11), 633 - 639

  • ユーカリを主原料とした中質繊維板(MDF)の接着剤混入法による防腐性能の向上

    藤平眞紀子; 中村嘉明; 磯田憲生; 疋田洋子; 高橋英明

    1997, 日本防菌防黴学会誌, 25 (12), 689 - 696

  • 木製枠組壁体の劣化(第1報)非接地暴露条件下の劣化状況の目視観察

    藤平眞紀子; 中村嘉明; 疋田洋子

    1997, 木材保存, 23 (5), 236 - 243, doi

  • 枠組壁工法構造用木材の耐朽性

    藤平(旧姓; 村田)眞紀子; 疋田洋子

    1992, 家政学研究, 39 (1), 42 - 49

    Research institution

  • 高等学校家庭科における住居管理に関する指導内容の分析と考察 -「家庭総合」教科書の記載から-

    速水多佳子; 藤平眞紀子

    2017, 鳴門教育大学研究紀要, 32, 529 - 539

    Research institution

  • 木造住宅における床下および土間付近の温湿度環境の実測例

    藤平眞紀子

    Nov. 2019, 木材保存, 46 (6), 280 - 290

MISC

  • 木造住宅のメンテナンス

    藤平 眞紀子

    2011, 木材保存, 37 (6), 258—263, doi

  • 不在木造家屋の構造健全性維持のための保守管理に関する調査研究

    藤平 眞紀子; 向井洋一他

    2010, 歴史都市防災論文集, 4, 209 - 216

  • 学生の交流と憩いの場に木材を! 〜国立大学法人奈良女子大学 国際交流プラザ〜

    藤平眞紀子

    Mar. 2006, 木材保存, 32 (2), 72 - 74, doi

  • アカシアマンギュームの高度利用 〜トラック・トレーラー用床材への加工〜

    藤平眞紀子

    Mar. 2004, 木材保存, 30 (2), 61 - 63, doi

  • 明日香実験林、屋外杭試験報告(第5報)2×4工法構造用製材と青森ヒバ、能登産アテ材等18樹種の素材の屋外耐久性

    藤平 眞紀子; 中村嘉明

    1998, 奈良県林試木材加工資料, 27, 12 - 15

  • 木材の耐朽性試験(第4報)早成樹を含む輸入木材13樹種の耐朽性

    藤平 眞紀子; 中村嘉明

    1997, 奈良県林試木材加工資料, 26, 26 - 29

  • 青森ヒバ、能登アテ、ラオスヒノキの耐朽性

    藤平 眞紀子

    1994, 奈良県林試木材加工資料, 23, 21 - 23

  • 腐朽木材の軟X線観察

    藤平 眞紀子

    1994, 奈良県林試木材加工資料, 23, 18 - 20

  • 市販2×4工法構造用木材の耐朽性

    藤平 眞紀子

    1993, 奈良県林試木材加工資料, 22, 16 - 19

  • 市販2×4工法構造用木材の曲げ強度

    藤平 眞紀子

    1993, 奈良県林試木材加工資料, 22, 20 - 22

  • 2019春季生物劣化研究会(見学会)に参加して

    藤平眞紀子

    May 2019, 木材保存, 45 (3), 138 - 142

  • 国立大学法人奈良女子大学生活環境科学系住環境学領域の教育研究の現状とビジョン 第9回 木材と住環境

    藤平眞紀子

    Mar. 2019, 士會奈良, 507, 4 - 5

  • 公開講演会「伝統木造建築の耐震と劣化調査」に参加して

    藤平眞紀子

    Mar. 2017, 木材保存, 43 (2), 169 - 172

  • 公益社団法人 日本木材加工技術協会関西支部 ウッドサイエンスセミナー「長持ちする木造住宅のための7つのポイント 設計・材料・施工と維持管理技術の要点と実務」開催報告

    藤平眞紀子

    May 2016, 木材保存, 42 (3), 169 - 172

  • 第8回木材劣化診断研修会に参加して

    藤平眞紀子; 酒井温子

    Nov. 2013, 木材保存, 39 (6), 299 - 303

  • 事例から学ぶ木の学校づくり

    藤平眞紀子

    Jul. 2008, スクールアメニティ, 23 (269), 38 - 41

  • 生活者の視点から「床」を実験する

    藤平眞紀子

    Dec. 2007, 建築と社会, 88 (1029), 18 - 19

  • 生活空間における木材・吉野材の魅力

    藤平眞紀子

    Jan. 2021, 月刊 大和路ならら, 24 (1), 38 - 39

Books etc

  • ずっと、この家で暮らす。 住まいの管理がつむぐ美しい生活

    圓津喜屋, 2009

Presentations

  • 半炭化処理による木チップ舗装の歩行性に関する研究 —半炭化木チップと未処理木チップの比較 —

    藤平眞紀子

    2019年度日本建築学会, Sep. 2019

  • 木造住宅における床下および土間付近の温湿度環境からみた生物劣化の可能性の検討 (その2)2018年の測定結果より

    藤平眞紀子

    日本木材保存協会第35回年次大会, May 2019

  • 空き家の維持管理におけるシルバー人材センターの関わりの可能性(その2) —全国のシルバー人材センターを対象として—

    藤平眞紀子

    第71回日本家政学会, May 2019

  • 半炭化処理による木チップ舗装の歩行性に関する研究 —岩沼市内の公園における施工例からの検討 —

    藤平眞紀子

    2018年度日本建築学会, Sep. 2018

  • 空き家の維持管理におけるシルバー人材センターの関わりの可能性

    藤平眞紀子

    第70回日本家政学会, May 2018

  • 竹材の内装材としての使用の可能性

    第69回日本家政学会, 2017

  • The Potential for the Maintenance of Vacant Houses by Local Residents in Areas with Traditional Wooden Houses

    ARAHE, 2017

  • Case study of the renovation of the traditional house In order to continue to live in the traditional house

    ARAHE, 2017

  • 歴史的街道沿いの町並みの変化と住民の意識に関する研究 —町並み写真展来場者へのアンケート調査からの検討—

    2017年度日本建築学会, 2017

  • The Potential for the Maintenance of Vacant Houses by Local Residents in Areas with Traditional Wooden Houses

    ARAHE, 2017

  • Case study of the renovation of the traditional house In order to continue to live in the traditional house

    ARAHE, 2017

  • 木造住宅における床下および土間付近の温湿度環境からみた生物劣化の可能性の検討

    日本木材保存協会第31回年次大会, 2016

  • 生活空間としての保健室のあり方に関する研究 -小学校における保健室の改修事例を通じて-

    第68回日本家政学会, 2016

  • 高齢期における居住の継続に関する研究 —住民生活の事例—

    第68回日本家政学会, 2016

  • 伝統的木造住宅の残る地域での空き家の管理に関する研究

    平成28年度日本建築学会近畿支部研究発表会, 2016

  • 伝統的木造住宅の残る地域での空き家の管理に関する研究 —空き家活用の方向性—

    2016年度日本建築学会, 2016

  • 伝統的の木造住宅の維持管理に関する研究 –近年の改修・建て替えを中心として-

    日本家政学会関西支部第38回研究発表会, 2016

  • 重要伝統的建造物保存地区における住まいの維持管理 —伝統的木造住宅の維持管理に関する研究—

    日本家政学会第67回大会, 2015

  • 新興住宅地住民の地域生活に対する意識 ー高齢期の在宅生活継続を支える住民主体の活動に関する研究ー

    日本家政学会第67回大会, 2015

  • 地域性を考慮した木造住宅の維持保全計画に関する検討

    日本木材保存協会第30回年次大会, 2015

  • 木造住宅の劣化と維持管理に関する研究 沿岸地域における部材周囲の温湿度環境からみた生物劣化の可能性の検討

    平成27年度日本建築学会近畿支部研究発表会, 2015

  • 木造住宅の劣化と維持管理に関する研究 沿岸地域における部材周囲の温湿度環境と部材の劣化

    2015年度日本建築学会, 2015

  • 針葉樹フローリングに関する研究 —住宅用床材としての使用の可能性—

    日本家政学会第66回大会, 2014

  • 長期優良住宅における維持保全計画に関する検討

    日本木材保存協会第30回年次大会, 2014

  • ボランティア活動の実態 高齢期の在宅生活継続を支える住民主体の活動に関する研究 その5

    平成26年度日本建築学会近畿支部研究発表会, 2014

  • ボランティア活動による生活と意識の変化 高齢期の在宅生活継続を支える住民主体の活動に関する研究 その6

    平成26年度日本建築学会近畿支部研究発表会, 2014

  • 長期優良住宅における維持保全計画に関する研究 維持保全計画の現状と地域性の検討

    平成26年度本建築学会近畿支部研究発表会, 2014

  • ボランティア活動の実態 高齢期の在宅生活継続を支える住民主体の活動に関する研究 その5

    2014年度日本建築学会, 2014

  • ボランティア活動による生活と意識の変化 高齢期の在宅生活継続を支える住民主体の活動に関する研究 その6

    2014年度日本建築学会, 2014

  • 長期優良住宅における維持保全計画に関する研究 維持保全計画における地域性の検討

    2014年度日本建築学会, 2014

  • 住まいにおける木材利用に関する研究

    第65回日本家政学会, 2013

  • まちづくり活動と高齢者の生活支援に対する意識との関係

    第65会日本家政学会, 2013

  • まちづくり活動への参加実態 高齢期の在宅生活継続を支える住民主体の活動に関する研究 その3

    平成25年度日本建築学会近畿支部研究発表会, 2013

  • 住民同士の生活支援活動のあり方 高齢期の在宅生活継続を支える住民主体の活動に関する研究 その4

    平成25年度日本建築学会近畿支部研究発表会, 2013

  • 高齢者福祉施設における内装の木質化に関する研究

    平成25年度日本建築学会近畿支部研究発表会, 2013

  • 改修による既存木造住宅建築に対する価値付与の可能性 築70年超の伝統木造住宅長寿命化改修事例

    日本建築学会第29回建築生産シンポジウム論文集, 2013

  • 気象条件が住宅劣化に与える影響を考慮した地域区分の作成

    2013年度日本建築学会, 2013

  • まちづくり活動への参加実態 高齢期の在宅生活継続を支える住民主体の活動に関する研究 その3

    2013年度日本建築学会, 2013

  • 住民同士の生活支援活動に対する住民の意向 高齢期の在宅生活継続を支える住民主体の活動に関する研究 その4

    2013年度日本建築学会, 2013

  • 入居者の行動との関わり 高齢者居住施設における木質系内装材の影響 その1

    2013年度日本建築学会, 2013

  • 職員の移動特性との関わり 高齢者居住施設における木質系内装材の影響 その2

    2013年度日本建築学会, 2013

  • 内装材の維持管理 高齢者居住施設における木質系内装材の影響 その3

    2013年度日本建築学会, 2013

  • 住宅の長寿命化における維持管理のあり方

    第64回日本家政学会, 2012

  • 伝統的木造住宅における維持管理からみた居住の継続性 その2 —奈良県内の歴史的街道における—

    平成24年度日本建築学会近畿支部研究発表会, 2012

  • まちづくり活動の評価と高齢期における地域生活の課題 高齢期の在宅生活を支える住民主体の活動に関する研究 その1

    平成24年度日本建築学会近畿支部研究発表会, 2012

  • 高齢期における生活支援に対する意識 高齢期の在宅生活継続を支える住民主体の活動に関する研究 その2

    平成24年度日本建築学会近畿支部研究発表会, 2012

  • 長期優良住宅の維持保全計画の最適化に関する研究 気候差を考慮したマニュアル化の検討

    日本建築学会第28回建築生産シンポジウム論文集, 2012

  • 歴史的街道における木造住宅の維持管理 伝統的木造住宅における維持管理手法の現代的継承 その1

    2012年度日本建築学会, 2012

  • 歴史的街道における格子の管理の現状と課題 伝統的木造住宅における維持管理手法の現代的継承 その2

    2012年度日本建築学会, 2012

  • まちづくり活動の評価と高齢期における地域生活の課題 高齢期の在宅生活を支える住民主体の活動に関する研究 その1

    2012年度日本建築学会, 2012

  • 高齢期における生活支援に対する意識 高齢期の在宅生活継続を支える住民主体の活動に関する研究 その2

    2012年度日本建築学会, 2012

  • 屋外鋼製物置における収納物の経時変化調査

    日本家政学会関西支部第34回研究発表会, 2012

  • 伝統的木造住宅の維持管理の現状 —奈良県内の歴史的街道における事例調査より—

    日本家政学会関西支部第34回研究発表会, 2012

  • 高取町土佐街道における居住の継続性—その1 まちづくり活動と地域生活

    第63回日本家政学会, 2011

  • 高取町土佐街道における居住の継続性—その2 伝統的木造住宅の維持管理にける現状と課題

    第63回日本家政学会, 2011

  • 高取町土佐街道における居住の継続性—その3 住民生活の具体的事例

    第63回日本家政学会, 2011

  • 伝統的木造住宅における維持管理からみた居住の継続性 奈良県高市郡高取町土佐街道における

    平成23年度日本建築学会近畿支部研究発表会, 2011

  • 伝統的町並み居住者の属性と住宅の概要 住民主体の活動による高齢期の生活支援に関する研究 その1

    平成23年度日本建築学会近畿支部研究発表会, 2011

  • 伝統的住宅における住宅改修の実態 住民主体の活動による高齢期の生活支援に関する研究 その2

    平成23年度日本建築学会近畿支部研究発表会, 2011

  • 工務店の木造長期優良住宅に対する取組みに関する調査 その1アンケート調査による実態把握

    2011年度日本建築学会, 2011

  • 工務店の木造長期優良住宅に対する取組みに関する調査 その2 維持保全計画の実態把握

    2011年度日本建築学会, 2011

  • 木材の利用促進に関する研究 —自然環境に関するシンポジウム参加者および学生へのアンケート調査—

    藤平眞紀子

    2020年度日本建築学会, Sep. 2020

  • 視覚および触覚による吉野材の感覚評価

    藤平眞紀子

    第70回日本木材学会, Mar. 2020

  • 婦人雑誌掲載記事からみた住居管理の変遷

    藤平眞紀子

    第72回日本家政学会, May 2020, 2020

  • 木造住宅の耐久性および耐久性向上 —維持管理からの考察—

    藤平眞紀子

    日本家政学会学会賞受賞講演, May 2018

  • 住宅解体木材のリサイクル —ユーザーの意識からのアプローチ—

    藤平眞紀子

    日本材料学会関西支部第4回若手シンポジウム 〜環境を創造する材料科学〜, Dec. 2009

  • 住宅部材の循環 —住宅の解体木材の再利用・再使用に関する検討—

    藤平眞紀子

    日本家政学会関西支部第26回研究発表会シンポジウム「循環型社会におけるライフスタイルを考える」, Nov. 2004

  • 枠組壁工法住宅の構造用木材・木質ボードの耐久性と維持管理の実態

    藤平眞紀子

    (社)日本材料学会 第247回木質材料部門委員会定例研究会講演, Jul. 2002

Association Memberships

  • 日本防菌防黴学会

  • 日本木材加工技術協会

  • 日本木材保存協会

  • 日本木材学会

  • 日本建築学会

  • 日本家政学会

Works

  • 半炭化処理による高性能木質舗装材の製造技術開発

    Apr. 2017, Mar. - 2018

  • 奈良県産針葉樹挽き板フロア材の使用感と耐久性評価

    2016, - 2018

  • フローリング材の印象評価

    2012, - 2012

  • ツーバイフォー地域密着型特別養護老人ホームにおける入居者の心身への影響および木材利用の継続性に関する調査研究

    2012, - 2012

  • 歴史的市街地における空き家の管理に関する研究

    2011, - 2012

  • 住み手のモノの管理からみた住まいの収納に関する研究

    Mar. 2010, Mar. - 2011

  • 物置収納物の経時変化調査及び評価に関する研究

    2011, - 2011

  • 住まいの管理からみた玄関の快適性に関する研究

    Mar. 2009, Mar. - 2010

  • 物置収納物の経時変化調査及び評価に関する研究

    2010, - 2010

  • 歴史的市街地における空き家の管理と保存・活用に関する研究 重伝建地区におけるケーススタディ

    2009, - 2010

  • 柿タンニンの有する機能の調査

    Jan. 2009, Mar. - 2009

  • 物置収納物の経時変化調査及び評価に関する研究

    2009, - 2009

  • 物置収納物の経時変化調査及び評価に関する研究

    2007, - 2008

  • 竹サンダーダストを建築用内装壁材としたときの感性評価

    2005, - 2006

  • スギ、ヒノキ樹皮を原料とする和紙の壁紙としての性能評価およびその高機能化

  • 表面圧密化軟質針葉樹材を床材等の内装材とするための可能性研究調査

  • 循環型・共同参画型社会をめざすライフスタイルのあり方に関する研究

  • Evaluation the Properties and Increasing the Qualities as Wallpaper of Japanese Paper Made from Sugi and Hinoki Bark



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.