Researchers Database

OOTSUKA Hiroshi

FacultyFaculty Division of Human Life and Environmental Sciences Research Group of Culture and Humanities
PositionAssociate Professor
Last Updated :2022/10/06

researchmap

Profile and Settings

  • Name (Japanese)

    Otsuka
  • Name (Kana)

    Hiroshi

Degree

  • (BLANK)

Research Areas

  • Humanities & social sciences, Legal theory and history

Education

  • 1998, Kobe University, 法学研究科, 私法専攻法社会学, Japan
  • 1998, Kobe University, Graduate School, Division of Law
  • 1992, Kobe University, Faculty of Law, Department of Law, Japan
  • 1992, Kobe University, Faculty of Laws

Association Memberships

  • 日本法社会学会
  • 法と経済学会

Ⅱ.研究活動実績

Published Papers

  • Not Refereed, 季刊刑事弁護, 都市型公設事務所における刑事弁護の現状と課題, 大塚浩, Jul. 2020, 103, 151, 155, Scientific journal
  • Refereed, 青山法務研究論集, 刑事弁護の組織的基盤と都市型公設事務所―その課題と展望, 大塚浩, Oct. 2019, 18号, 169, 186, Research institution
  • Not Refereed, 法社会学, コーズ・ローヤリングにおける弁護士-依頼者関係の実態と弁護士倫理, 大塚 浩, 2009, 70
  • Not Refereed, 人間文化研究科年報, 奈良県におけるリーガルサービス供給体制の現状と地域内格差の是正へ向けての課題-法律相談の「空間的/時間的近接性」と「恒常性/随時性」, 大塚 浩, 2009, 24
  • Not Refereed, 人間文化研究科年報, 消費者訴訟と政策形成―製造物責任から団体訴権へ, 大塚 浩, 2005, 20, 201, 207
  • Not Refereed, 法社会学, 訴訟動員と政策形成/変容効果―法運動における訴訟再定位へむけての一試論, 大塚 浩, 2005, 63
  • Not Refereed, 法社会学, 弁護士と社会変革運動―法専門職の関与と倫理―, 大塚 浩, 2004, 61, 77, 91
  • Not Refereed, 法社会学, 「『依頼者なき法動員』としての株主代表訴訟と弁護士の役割」, 大塚 浩, 1999, 51, 160, 163
  • Not Refereed, 神戸法学雑誌, 「依頼者なき法動員-『株主オンブズマン』と株主代表訴訟」, 大塚 浩, 1998, 47, 4, 705, 762
  • Not Refereed, 六甲台論集法学政治学編, 「法運動としての憲法訴訟と弁護士の機能-『君が代』訴訟と衆院定数訴訟を素材として(1)(2・完)」, 大塚 浩, 1995, 42, 1, 52-74 /2,63-92
  • Not Refereed, 法社会学, 「法運動における公益弁護活動-その類型と機能」, 大塚 浩, 1995, 47, 212, 218
  • Not Refereed, 法律時報, 「関西における憲法訴訟の社会運動論的分析-衆院定数訴訟と『君が代』訴訟を中心として」, 大塚 浩, 1993, 65, 11, 71, 74

MISC

  • Not Refereed, 法律時報, 学界回顧「法社会学」, 大塚 浩, 2008, 80, 13
  • Not Refereed, 法律時報, 学界回顧「法社会学」, 大塚 浩, 2007, 79, 13
  • Not Refereed, 別冊法学セミナー法学入門2002, 法化, 大塚 浩, 2002, .175, 56, 57
  • Not Refereed, 別冊法学セミナー法学入門2001, 法化, 大塚 浩, 2001, 169, 74, 75
  • Not Refereed, 比較法学, マッキャン, M. W. 「法動員と権利の政治-合衆国の経験」 (共訳), 大塚 浩, 1999, 31, 1, 1, 26
  • Not Refereed, Kobe law journal, Kobe University, [Translations] The Legal Profession in Korea : Problem and Prospects for Reform, Song Sang-Hyun; Miyazawa Setsuo(translated), 1999, 49, 2, 119, 151
  • Not Refereed, 神戸法学雑誌, 尹大奎 「韓国における最近の司法アクセス改革」 (共訳), 大塚 浩, 1998, 48, 1, 99, 123
  • Not Refereed, Kobe law journal, Kobe University, Law school in action, Dilger Patrick; Miyazawa Setsuo, 1996, 46, 3, 609, 627
  • Not Refereed, 判例時報, シャインゴールド, S. 「アメリカにおける公益的弁護士活動-コーズローヤリングのプロフィール」 (共訳), 大塚 浩, 1995, 1544, 9, 17
  • Not Refereed, JFLニュース, 公益活動義務化規程の実態調査について, 大塚浩, Jun. 2017, 66号, 9, 9, Report scientific journal

Books etc

  • ブリッジブック 法システム入門 第2版, 信山社, 2011, Not Refereed, 9784797223347
  • ブリッジブック 法システム入門, 信山社, 2008, Not Refereed
  • 新・学習憲法, 2006, Not Refereed
  • 情報生活のリテラシー, 2002, Not Refereed
  • 学習憲法, 晃洋書房, 2002, Not Refereed
  • Global Prescriptions-The Procuction, Exportation, and Importation of a New Legal Orthodoxy, 2002, Not Refereed
  • Global Prescriptions-The Procuction, Exportation, and Importation of a New Legal Orthodoxy, 2002, Not Refereed
  • 「アメリカにおける低所得者のための民事法律扶助に関する小史」『アジアの法律扶助―公益的弁護士活動と臨床的法学教育とともに』, 現代人文社, 2001, Not Refereed
  • ジェンダーで問い直す暮らしと文化 : 新しい生活文化学への挑戦, 敬文舎, 奈良女子大学生活文化学研究会, 「消費者運動の展開と消費者法―その意義と女性の役割」pp. 125-145., Mar. 2019, 351p, 9784906822799, cinii_books
  • The legal process in contemporary Japan : a festschrift in honor of Professor Setsuo Miyazawa's 70th birthday, 信山社, 上石, 圭一; 大塚, 浩; 武蔵, 勝宏; 平山, 真理, 「最高裁における個別意見制の現状と活性化へ向けての課題―行政事件の出身母体別反対意見数の分布とグループダイナミクスの作用」pp. 645-662., May 2017, 2冊, 9784797282115, cinii_books
  • ブリッジブック法システム入門 : 法社会学的アプローチ 第3版, 信山社出版, 宮沢, 節生; 武蔵, 勝宏; 上石, 圭一; 大塚, 浩, Unit11「自主的解決と裁判外紛争処理」,13「国や自治体を訴えることはできるか」,16「法使用と政策形成」,17「法による社会変動」, Apr. 2015, xviii, 347p, 9784797223408, cinii_books
  • ブリッジブック法システム入門 : 法社会学的アプローチ 第4版, 信山社出版, 宮沢, 節生; 武蔵, 勝宏; 上石, 圭一; 菅野, 昌史; 大塚, 浩; 平山, 真理, Unit10「紛争は裁判せずに解決できるのだろうか」, 12「国や自治体を訴えることはできるのか」, 15「法の仕様が社会を変えるのか」, Jun. 2018, xix, 367p, 9784797227352, cinii_books
  • スタンダード法社会学, 北大路書房, 佐藤, 岩夫; 阿部, 昌樹, 10講 現代型訴訟, Mar. 2022, xii, 304p, 9784762831843, cinii_books

Presentations

  • Nominated symposium
  • 大塚浩, 奈良県公平委員会連合会 事務研究会, 消費者問題への新しい視点と展開-県内での実践を通して(講演), 30 May 2018
  • 大塚浩, 日本法社会学会2018年学術大会(鹿児島大学), 日本における現代『不平等』研究の法社会学的意義, 26 May 2018, 26 May 2018, 27 May 2018
  • Hiroshi Otsuka, 2017 Asian Law and Society Annual Conference, National Chiao Tung University, Taiwan, Public Interest Lawyering and Cause Lawyering in Japan: The Impact of the Rules on Mandatory Public Interest Activities of Japanese Bar Associations(口頭発表), 15 Dec. 2017, 15 Dec. 2017, 16 Dec. 2017
  • 大塚浩, 奈良県消費者行政担当職員研修, 消費者行政と消費者運動の連携について(講演), 01 Sep. 2017
  • Hiroshi Otsuka; Setsuo Miyazawa, NUS Law Symposium, Lawyers & Access to Justice: Challenging Pro Bono National University of Singapore, Rules on Mandatory Public Interest Activities of Japanese Bar Associations, 09 Jun. 2017, 08 Jun. 2017, 09 Jun. 2017
  • 大塚浩, 特定非営利活動法人 なら消費者ねっと 総会, 「法・社会・消費者—消費者法とNPOの新しい役割について考える」(講演), 03 Jun. 2017, 03 Jun. 2017, 03 Jun. 2017
  • 大塚浩, 高槻市消費者教育推進プログラム人材育成研修会 (高槻市立消費生活センター), 「法律はどこまで役に立つ?-高齢者の消費者問題と法の役割-」(講演), 15 Jan. 2015
  • 大塚 浩, 日本犯罪社会学会 「ミニシンポ 刑事分野弁護士活動の弁護士業務全体における位置づけと高度化・多様 化に関する総合的研究―ウエブ調査とインタビュー調査によって―」, 刑事弁護の組織的基盤としての都市型公設 事務所と法テラス法律事務所の現状と課題, 17 Oct. 2021

Research Projects

  • 2015, 2019, Coinvestigator
  • 2018, 2020, Coinvestigator
  • 2016, 2019, Coinvestigator
  • 地域社会におけるリーガルサービス供給の社会構造の探求, 0, 0, 0, Competitive research funding
  • 社会運動における法律家の役割, 0, 0, 0, Competitive research funding
  • The Role of Lawyers in Social Movements, 0, 0, 0, Competitive research funding

Ⅲ.社会連携活動実績

1.公的団体の委員等(審議会、国家試験委員、他大学評価委員,科研費審査委員等)

  • May 2005, Society
  • Organization Committee, Feb. 2018, Dec. 2019, Society


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.