Researchers Database

Ohtaka Chiaki

    Faculty Division of Engineering Research Group of Engineering Assistant Professor
Last Updated :2021/06/02

researchmap

Degree

  • Doctor of Philosophy, Nara Women's University

Research Interests

  • Human Growth and Development Sports Biomechanics Motor Control 生体医工学 人間工学 

Research Areas

  • Life sciences, Sports science
  • Life sciences, Biomedical engineering

Research Experience

  • 2017, -:奈良女子大学 生活環境学部心身健康学科スポーツ健康科学コース 助教
  • 2016 - 2017, :奈良佐保短期大学 地域こども学科 講師

Published Papers

  • The effects of "Force relaxation" on accuracy of force control

    Ohtaka C; Fujiwara M

    2013, Research Journal of Sport Science in Nara Women’s University, 15, 37 - 46

    Research institution

  • The effects of “Force relaxation” on quickness of force control

    Ohtaka C; Fujiwara M

    2014, Research Journal of Sport Science in Nara Women’s University, 16, 1 - 8

  • Effects of control direction on the accuracy of force control

    Ohtaka C

    2015, Annual Reports of Graduate School of Humanities and Sciences, (31), 115 - 125

  • The effects of "Force relaxation" level on force control

    Ohtaka C; Fujiwara M

    2015, Research Journal of Sport Science in Nara Women’s University, 17, 1 - 8

  • Control Strategies for Accurate Force Generation and Relaxation

    Chiaki Ohtaka; Motoko Fujiwara

    Characteristics and motor strategies for force generation and force relaxation were examined using graded tasks during isometric force control. Ten female college students (M age=20.2 yr., SD=1.1) were instructed to accurately control the force of isometric elbow flexion using their right arm to match a target force level as quickly as possible. They performed: (1) a generation task, wherein they increased their force from 0% maximum voluntary force to 20% maximum voluntary force (0%-20%), 40% maximum voluntary force (0%-40%), or 60% maximum voluntary force (0%-60%) and (2) and a relaxation task, in which they decreased their force from 60% maximum voluntary force to 40% maximum voluntary force (60%-40%), 20% maximum voluntary force (60%-20%), or to 0% maximum voluntary force (60%-0%). Produced force parameters of point of accuracy (force level, error), quickness (reaction time, adjustment time, rate of force development), and strategy (force wave, rate of force development) were analyzed. Errors of force relaxation were all greater, and reaction times shorter, than those of force generation. Adjustment time depended on the magnitude of force and peak rates of force development and force relaxation differed. Controlled relaxation of force is more difficult with low magnitude of force control., SAGE PUBLICATIONS INC, Oct. 2016, PERCEPTUAL AND MOTOR SKILLS, 123 (2), 489 - 507, False, doi;web_of_science

    Scientific journal

  • Analysis of the upper limb in basketball dribbling: A focus on differences in proficiency and tempo

    梅本実穂; 大高千明; 藤原素子

    2016, Research Journal of Sport Science in Nara Women’s University, 18, 35 - 46, False

    Research institution

  • The motion characteristics of the forehand stroke on ball speed in tennis

    Tanaka C; Ohtaka C; Fujiwara M

    2016, Research Journal of Sport Science in Nara Women’s University, 18, 13 - 24

    Research institution

  • Practice about "expressive movements" in the practice of mat exercise for physical education in junior High school

    Ohtaka C; Nakagawa M

    2016, Research Journal of Sport Science in Nara Women’s University, 18, 79 - 86

    Research institution

  • Effect of switching the control direction on force control using isometric leg extension

    Ohtaka C; Fujiwara M

    2016, Japan Journal of Physical Education, Health and Sport Sciences, 61, 489 - 501, False, doi

    Scientific journal

  • 幼児の両足跳び動作における「調整力」: 目安跳び動作と連続跳び越し動作の質的分析

    高徳希; 大高千明

    2016, バイオメカニクス研究, 20, 182 - 188

  • 幼児の目安跳び動作における認知とパフォーマンスの関係

    大高千明; 梅本麻実; 藤原素子

    2016, 発育発達研究, 7 (71), 9 - 17, False

    Scientific journal

  • The developmental process of the "foresee-movement" among young children in catching a bouncing ball: data from a two-year longitudinal survey

    Umemoto M; Ohtaka C; Fujiwara M

    2017, Japan Journal of Human Growth and Development Research, (74), 44 - 55, False, doi

    Scientific journal

  • The relationship between force control strategy and performance for force generation and relaxation

    Ohtaka C

    2017, Annual Reports of Graduate School of Humanities and Sciences, (32), 63 - 79

    Research institution

  • 随意的な出力調節能力に関する研究: 力を抜くことの難しさについて

    大高千明

    2017, 家政学研究, 64, 48 - 53

  • Variation of children’s body image in the physical education: Practice of mat exercise focused on the diversity of movements

    Ohtaka C; Takezawa M

    2017, Research Journal of Sport Science in Nara Women’s University, 19, 29 - 37, False

    Research institution

  • A strategy for adjusting the distance of the standing long jump in young children

    Ohtaka C; Fujiwara M

    2018, Japan Journal of Physical Education, Health and Sport Sciences, 63, 281 - 290, False

    Scientific journal

  • 反応様式の違いによる随意的な出力調節のパフォーマンス特性

    大高千明; 藤原素子

    2018, 奈良体育学会研究年報, (22), 25 - 30

  • The relationship between cognitive styles and darts performance

    Imanaka M; Ohtaka C; Fujiwara M; Nakata H

    2018, Research Journal of Sport Science in Nara Women’s University, 20, 1 - 13, False

    Research institution

  • 随意的な出力調節からみた「力を抜く」ことの難しさ

    大高 千明

    2018, バイオメカニクス研究, 22, 26 - 32

  • The relationship between physical fitness and intelligence tests among young children: focusing on changes over 15 years

    中田大貴; 室采音; 土生川覚弥; 大高千明; 丹羽劭昭

    2019, Research Journal of Sport Science in Nara Women’s University, 21 (2), 1 - 9

    Research institution

  • The difference in hemodynamic responses between dominant and non-dominant hands during muscle contraction and relaxation: An fNIRS study.

    Yokoyama N; Ohtaka C; Kato K; Kubo H; Nakata H

    2019, ProS One, 14, e0215736

    Scientific journal

  • Effect of switching force control direction on consecutive compared to discrete adjustment.

    Ohtaka C; Fujiwara M

    2019, Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 8, 173 - 180

    Scientific journal

  • 暑熱環境下の運動による脱水がヒト脳認知機能に及ぼす影響

    中田大貴; 上條義一郎; 伊藤倫之; 大高千明; 芝﨑学

    2019, デサントスポーツ科学, 40, 47 - 57

  • Remote effects on corticospinal excitability during motor execution and motor imagery.

    Shironouchi F; Ohtaka C; Mizuguchi N; Kato K; Kakigi R; Nakata H

    2019, Neuroscience Letters, 707, 134284, False

    Scientific journal

  • 幼児期の運動遊びプログラムにおける「調整力」: サーキット遊びおよびリレー遊びの実践から

    大高千明; 杉島尚徳

    2019, 奈良女子大学スポーツ科学研究, 21 (1), 21 - 29, False

    Research institution

  • Ability of young children to control their grip strength

    Ohtaka C; Umemoto M; Fujiwara M

    2019, Japan Journal of Physical Education, Health and Sport Sciences, 64, 229 - 236, False

    Scientific journal

  • The Effect of force level condition before controlling on the characteristics of grading

    大高千明; 藤原素子

    2021, The Japanese Journal of Ergonomics, 57, 34 - 41

  • Force control characteristics for generation and relaxation compared between the upper and lower limbs.

    Ohtaka C; Fujiwara M

    2020, Journal of Human Sport and Exercise, in press

    Scientific journal

  • Relationship between the subjective and objective parameters for accurate force generation and relaxation.

    Ohtaka C; Fujiwara M

    2020, Research Journal of Sport Science in Nara Women’s University, 22 (1), 1 - 11

  • The relationship between continuous bilateral hop and basic exercise ability among young children

    室采音; 高徳希; 大高千明; 藤原素子; 中田大貴

    2020, Research Journal of Sport Science in Nara Women’s University, 22 (1), 12 - 21

    Research institution

  • Ability of adjusting the grip strength in childhood

    Ohtaka C; Nakata H; Fujiwara M

    2020, Descente Sports Science, 41, 244 - 251

  • Force control characteristics for generation and relaxation in the lower limb.

    Ohtaka C; Fujiwara M

    2019, Journal of Motor Behavior, 51, 331 - 341

    Scientific journal

  • Postural control with external perturbation on an unstable support surface: Effect of disturbance magnitude and predictability

    Miura M; Ono K; Hasebe F; Ohtaka C; Fujiwara M

    2020, 奈良女子大学スポーツ科学研究, 22 (2), 1 - 11

    Research institution

  • Kinematic characteristics of standing long jump in young children aged 4 to 5 years old.

    Ogawa M; Ohtaka C; Fujiwara M; Nakata H

    2021, Journal of Motor Learning and Development, 9, 80 - 94

    Scientific journal

  • Characteristics of ball throwing motion among young children from the viewpoint of two-dimensional motion analysis

    重松咲; 大高千明; 藤原素子

    2021, Research Journal of Sport Science in Nara Women’s University, 23 (1), 1 - 10

    Research institution

Presentations

  • 幼児の目安跳び動作における距離調節方略

    日本体育学会第65回大会, 2014

  • バウンドボール捕球における幼児の見越し動作の発達過程

    日本体育学会第65回大会, 2014

  • 素早い出力増加および減少時の力制御方略

    第23回日本バイオメカニクス学会大会, 2014

  • 両側同時力発揮による素早い出力調節: 等尺性膝関節伸展動作における張力増加時と減少時の比較

    第23回日本バイオメカニクス学会大会, 2014

  • 「力の抜き」のレベルが出力調整に及ぼす影響

    日本体育学会第64回大会, 2013

  • 等尺性肘関節屈曲動作を用いた一側および両側同時力発揮による素早い出力調節

    日本体育学会第64回大会, 2013

  • 「力の抜き」が出力調整の正確性に及ぼす影響

    日本体育学会第63回大会, 2012

  • サイドステップからの素早い走方向変更動作: 変更角度の違いに着目して

    日本体育学会第63回大会, 2012

  • 「力の抜き」が出力調整の素早さに及ぼす影響

    第22回日本バイオメカニクス学会大会, 2012

  • 両側同時力発揮による素早い出力調節: 等尺性肘関節屈曲動作における張力増加時と減少時の比較

    第22回日本バイオメカニクス学会大会, 2012

  • 小学校低学年を対象とした立ち幅跳びの介入研究

    宗加奈恵; 大高千明; 藤原素子; 中田大貴

    第35回日本体力医学会近畿地方会, Feb. 2021

  • 両足連続跳び越しを用いた運動能力要素の検討

    室采音; 大高千明; 藤原素子; 中田大貴

    令和1年度奈良体育学会大会, 2019

  • 幼児の目安跳び動作における認知とパフォーマンスの関係

    日本発育発達学会第13回大会, 2015

  • Force control strategy for accurate generation and relaxation

    The 25th Congress of the International Society of Biomechanics, 2015

  • Developmental process of “foresee-movement” in young children catching a bouncing ball

    The 25th Congress of the International Society of Biomechanics, 2015

  • 素早い出力増加および減少時の力制御方略: 等尺性力発揮動作における上肢と下肢の比較

    日本体育学会第66回大会, 2015

  • 等尺性膝関節伸展動作を用いた両側同時力発揮による素早い出力調節: 調節方向が左右で異なる場合と同じ場合の比較

    日本体育学会第66回大会, 2015

  • 幼児のバウンドボール捕球における見越し動作の発達過程: ボールの軌道が異なる捕球課題の比較

    日本体育学会第66回大会, 2015

  • バスケットボールの前後ドリブルにおける上肢の動作分析

    日本体育学会第66回大会, 2015

  • テニスのフォアハンドストロークにおける打球速度打ち分け時の運動連鎖特性

    日本体育学会第66回大会, 2015

  • 力を調節する: 思った通りに身体を動かすことの難しさ

    関西圏女子大学連携プロジェクト異分野キックオフ交流会, 2016

  • 幼児の目安跳び動作における距離調節方略: 動作パターンの変容に着目して

    日本発育発達学会第14回大会, 2016

  • 幼児のバウンドボール捕球における見越し動作の発達過程: 3年間の縦断的データから

    日本発育発達学会第14回大会, 2016

  • 随意的な出力増加および減少時の制御方略: 力を入れるより抜くほうが難しいのはなぜか

    関西圏女子大学連携プロジェクト第2回異分野交流会, 2016

  • 認知スタイルの違いがダーツパフォーマンスに及ぼす影響

    日本体育学会第67回大会, 2016

  • 幼児と成人における立幅跳びの跳躍距離獲得方略

    日本体育学会第67回大会, 2016

  • バスケットボールの前後ドリブル時の上肢の動作とボールの軌跡

    日本体育学会第67回大会, 2016

  • バドミントンのオーバーヘッドストローク動作に関するキネマティクス的研究

    第24回日本バイオメカニクス学会大会, 2016

  • バスケットボールの前後ドリブルにおける上肢の動作分析: ドリブルスキルコーチと大学生バスケットボール部員の比較

    第24回日本バイオメカニクス学会大会, 2016

  • 中等教育期における運動不振生徒の筋出力調節能力に関する研究

    日本体育学会第68回大会, 2017

  • 随意的な出力増加および減少時における主観と客観の関係

    日本体育学会第68回大会, 2017

  • バスケットボールにおける前後ドリブル時の上肢動作方略

    日本体育学会第68回大会, 2017

  • 身体運動における筋出力調節メカニズム: なぜ力を抜くことは難しいのか?

    奈良女子大学スポーツ科学研究会, 2017

  • 反応時間の違いによる随意的な出力調節のパフォーマンス特性

    平成29年度奈良体育学会大会, 2017

  • Control strategies for accurate force generation and relaxation in isometric contraction of lower limb.

    The 17th International Conference on Environmental Ergonomics (Kobe, Japan), 15th November, 2017., 2017

  • 幼児のボール投げ動作に関するキネマティクス的研究

    藤原素子; 重松咲; 大高千明; 中田大貴

    日本発育発達学会第16回大会, 2018

  • 幼児の握力発揮における出力調節

    日本発育発達学会第16回大会, 2018

  • 子どもが主体的に取り組むマット運動授業の提案: 子どもが主体的、対話的に深い学びを実現するために

    日本体育科教育学会第23回大会, 2018

  • 武庫川女子大学オープンカレッジ講座参加者を対象とした運動機能に関する調査報告: 調整力テストについて

    大高千明

    関西圏女子大学連携プロジェクト第6回異分野交流会, 2018

  • 児童のボール投げ動作におけるキネマティクス的研究

    重松咲; 大高千明; 藤原素子

    日本体育学会第69回大会, 2018

  • サイドステップ動作の素早い切り換えに関するキネティクス的研究

    大高千明; 重松咲; 藤原素子

    日本体育学会第69回大会, 2018

  • サッカーのクッションコントロールにおける下肢の動作分析

    大高千明; 藤原素子

    第25回日本バイオメカニクス学会大会, 2018

  • 幼児の立ち幅跳びにおける跳躍距離獲得方略: 上肢および下肢の協調性に着目して

    大高千明; 重松咲; 藤原素子

    日本発育発達学会第17回大会, 2019

  • ボール投げ動作に関するキネマティクス的研究: 5歳児と7歳児の比較

    重松咲; 大高千明; 藤原素子

    日本発育発達学会第17回大会, 2019

  • 〈ニッポン〉のオリンピック~1940/1964/2020年~: トップアスリートの動きの巧みさを探る(1964年~2020年)

    大高千明

    奈良女子大学・近鉄文化サロン阿倍野連携<共催講座>, 2019

  • 児童の目安投げ動作における距離調節方略

    大高千明; 重松咲; 藤原素子

    日本体育学会第70回大会, 2019

  • 幼児のまりつき動作に関するキネマティクス的研究

    重松咲; 大高千明; 藤原素子

    日本体育学会第70回大会, 2019

  • 始めに保持する力の有無が出力のグレーディング特性に及ぼす影響

    大高千明; 藤原素子

    日本人間工学会第61回大会, 2020

  • 握力発揮における調節能力の発達過程: 力を入れる場合と力を抜く場合の比較から

    大高千明; 重松咲; 藤原素子

    日本発育発達学会第18回大会, 2020

  • 不安定板上での外乱に対する姿勢制御: 予測の有無および外乱の大きさの影響

    三浦舞子; 小野夏純; 長谷部楓美; 大高千明; 藤原素子

    第26回バイオメカニクス学会大会, 2020

  • 主観的努力度の違いが走動作に及ぼす影響: グラウンドとトレッドミル上での走行を比較して

    長谷部楓美; 三浦舞子; 小野夏純; 後藤悠太; 大高千明; 中田大貴; 藤原素子

    第26回バイオメカニクス学会大会, 2020

  • 上肢による両側同時力発揮時の運動制御特性: 左右で出力が異なるグレーディング課題を用いて

    小野夏純; 長谷部楓美; 三浦舞子; 大高千明; 藤原素子

    第26回バイオメカニクス学会大会, 2020

  • 児童の両足連続跳躍過程における時空間的変容と下肢関節運動

    高徳希; 大高千明; 小野夏純; 長谷部楓美; 三浦舞子; 中田大貴; 藤原素子

    第26回バイオメカニクス学会大会, 2020

  • 児童の目安跳び動作における下肢関節運動からみた身体コントロール方略

    大高千明; 高徳希; 小野夏純; 長谷部楓美; 三浦舞子; 中田大貴; 藤原素子

    第26回バイオメカニクス学会大会, 2020

  • 学童期における随意的な運動調節能力の発達特性

    大高千明; 福井あかり; 藤原素子

    日本発育発達学会第19回大会, 13 Mar. 2021, 13 Mar. 2021, 14 Mar. 2021

  • 末梢性疲労が運動開始時における脳血流動態に及ぼす影響

    姫野夏那; 牧井美波; 大高千明; 中田大貴; 芝﨑学

    第35回日本体力医学会近畿地方会, 2021

Association Memberships

  • Japan Human Factors and Ergonomics Society

  • Japanese Society of Physical Fitness and Sports Medicine

  • Japan Society of Human Growth and Development

  • Japan Society of Physical Education, Health and Sports Sciences

  • Japanese Society of Biomechanics



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.