Researchers Database

OKAZAKI Makiko

FacultyFaculty Division of Humanities and Social Sciences Research Group of Language and Culture
PositionProfessor
Last Updated :2022/10/06

researchmap

Profile and Settings

  • Name (Japanese)

    Okazaki
  • Name (Kana)

    Makiko

Research Areas

  • Humanities & social sciences, Literature - Japanese

Research Experience

  • Apr. 2020, 9999, Nara Women's University, 研究院人文科学系, 教授
  • Apr. 2012, Mar. 2019, -:奈良女子大学, 研究院人文科学系, 准教授
  • Apr. 2008, Mar. 2012, :静岡大学人文学部准教授

Education

  • Apr. 1997, Mar. 2002, 成城大学大学院, Graduate School, Division of Letters, 国文学専攻

Association Memberships

  • 和歌文学会
  • 中古文学会
  • 日本文学協会
  • 中世文学会
  • 説話文学会

Ⅱ.研究活動実績

Published Papers

  • Refereed, 叙説, 『続古今和歌集』神祇歌と高野―祈親上人定誉を手がかりに―, 岡﨑 真紀子, 07 Mar. 2020, 47, 64, 82, Scientific journal
  • 07 Mar. 2020, 47, 64, 82
  • Not Refereed, アナホリッシュ国文学, 学界時評――中世, 岡﨑真紀子, Nov. 2019, 8, 200, 202, Scientific journal
  • Refereed, 前田雅之編『画期としての室町 政事・宗教・古典学』勉誠出版, 「五音連声」の歌学史, OKAZAKI Makiko, Oct. 2018, 335, 359, In book
  • Refereed, 国語と国文学, 書評 渡部泰明著『中世和歌史論 様式と方法』, OKAZAKI Makiko, Sep. 2018, 95, 9, 66-71
  • Refereed, 中古文学, 藤原俊成における声なるものの諸相, OKAZAKI Makiko, May 2018, 101, 15-26
  • Refereed, 『中世古今和歌集注釈の世界 毘沙門堂本古今集注をひもとく』国文学研究資料館編、勉誠出版, 『毘沙門堂本古今集注』における韻学的なもの, OKAZAKI Makiko, Mar. 2018, 105-127
  • Not Refereed, 教育システム研究(奈良女子大学教育システム研究開発センター), 中学校国語科における『平家物語』発展教材「俊寛」の可能性, OKAZAKI Makiko, Oct. 2017, 別冊, 15-22
  • Refereed, 廣木一人教授退職記念論集刊行委員会編『日本詩歌への一視点 廣木一人教授退職記念論集』風間書房, 冷泉為和の和歌表現―『蔵玉集』との関わりを通して―, 岡﨑真紀子, Mar. 2017, 139, 161, In book
  • Refereed, 和歌文学研究, 『毘沙門堂本古今集注』に現れた語学的方法, OKAZAKI Makiko, Dec. 2016, 113, 2-8
  • Refereed, 中世文学, 『極楽願往生歌』と院政期の六波羅, OKAZAKI Makiko, Jun. 2016, 61, 58-67
  • Not Refereed, 『新時代への源氏学9架橋する〈文学理論〉』(竹林舎)助川幸逸郎・立石和弘・土方洋一・松岡智之編、351頁, 「浦島」をめぐる分節と連想―源氏物語研究における文化研究の可能性―, OKAZAKI Makiko, May 2016, 253-281
  • Refereed, 都城制研究, 旧都の礎―平安後期和歌に見る平城京, OKAZAKI Makiko, Mar. 2016, 10, 47-56
  • Refereed, 叙説, 『極楽願往生和歌』の一首, OKAZAKI Makiko, Mar. 2015, 42, 86-101
  • Refereed, 人間文化研究年報(奈良女子大学大学院人間文化研究科), 顕昭の歌学と音韻相通説, OKAZAKI Makiko, Mar. 2014, 29, 1-11
  • Refereed, 和歌文学研究, 和歌文学会, 院政期における歌学と悉曇学, OKAZAKI Makiko, Dec. 2013, 107, 28, 40
  • Not Refereed, 研究教育年報(奈良女子大学文学部), 竜女成仏と和歌―正徹の一首をめぐって―, OKAZAKI Makiko, Dec. 2013, 10, 63-68
  • Not Refereed, 日本文学史 古代・中世編(ミネルヴァ書房), 屏風歌と絵, OKAZAKI Makiko, May 2013
  • Not Refereed, 叙説, 『発心和歌集』の詠歌と享受, OKAZAKI Makiko, Mar. 2013, 40, 147-161
  • Refereed, Japanese Literature, Japanese Literature Association, 勅撰和歌集序という論理―『千載集』から『新続古今集』へ, OKAZAKI Makiko,

    The preface to Shinshoku-kokin-shū was formally modeled on that to Senzai-shū but philosophically not so. Indeed, while the earlier imperial anthology of waka poetry was infused with Buddhist nationalism, Shinshoku-kokin-shū was compiled under the great influence of Neo-Confucianism. At that time the preface to a poetry anthology was written on the assumption that literature was one of the most important ideological apparatuses in the maintenance of social order. Thus, by the poetical and political logic of the preface, we can know that from the Heian Period to the Muromachi Period Neo-Confucianism became preferable to Buddhist nationalism as a philosophy of government.

    , Jul. 2012, 61, 7, 22, 32
  • Not Refereed, 『中世の学芸と古典注釈』(竹林舎), 中世歌学における言語意識-仙覚『萬葉集註釈』をめぐって-, OKAZAKI Makiko, Sep. 2011, 261-286
  • Not Refereed, 『鳥獣虫魚の文学史 鳥の巻』(三弥井書店), 歌ことば「鴫の羽がき」, OKAZAKI Makiko, Aug. 2011, 179-195
  • Refereed, 文学(岩波書店), 源俊頼の連歌と和歌, OKAZAKI Makiko, Jul. 2011, 隔月刊12, 4, 70-85
  • Not Refereed, 『聖なる声』(三弥井書店), 覚如の歌、円空の歌, OKAZAKI Makiko, May 2011, 156-176
  • Not Refereed, 『源氏物語と和歌』(青簡舎), 『源氏物語』と宗祇の連歌論-〈われ〉のありか, OKAZAKI Makiko, Dec. 2008, 340-362
  • Refereed, 説話文学研究, 院政期における説話と題詠-源俊頼を中心に, OKAZAKI Makiko, Jul. 2008, 43, 78-86
  • Not Refereed, 『三宝絵を読む』(吉川弘文館), 『三宝絵』序再読-源為憲における和・漢・仏-, OKAZAKI Makiko, Feb. 2008, 19-40
  • Refereed, 国語と国文学, 「釈教」の詩学-『新撰菟玖波集』巻十八の配列をめぐって-, OKAZAKI Makiko, Oct. 2007, 2007年10月, 26-41
  • Refereed, 文学(岩波書店), 連想をよびおこす音-『散木奇歌集』における掛詞的表現をめぐって, OKAZAKI Makiko, May 2006, 隔月刊7, 8, 150-165
  • Refereed, 『和歌をひらく第一巻』(岩波書店), 「和」という思想-中世古今集注釈の視角-, OKAZAKI Makiko, Oct. 2005, 75-97
  • Refereed, 文学(岩波書店), 釈教と歌-源俊頼四十八願詠をめぐって-, OKAZAKI Makiko, May 2005, 隔月刊6, 3, 146-166
  • Not Refereed, 成城国文学, 説話の展開と歌学-『俊頼髄脳』における「芹摘みし」説話をめぐって-, OKAZAKI Makiko, Mar. 2005, 21, 12-44
  • Not Refereed, 国文学 解釈と鑑賞(至文堂), 平安の物語に見る「日本海」-生起する歌語、回帰する叙述-, OKAZAKI Makiko, Nov. 2004, 69, 11, 53-61
  • Refereed, 和歌文学研究, 仏典・歌詠・歌学-源俊頼における仏教享受をめぐって-, OKAZAKI Makiko, Jun. 2004, 88, 1-15
  • Not Refereed, 『〈新しい作品論〉へ、〈新しい教材論〉へ 古典編1』(右文書院), 逸脱と規範-「教材」としての『源氏物語』桐壺巻-, OKAZAKI Makiko, Jan. 2003, 132-152
  • Refereed, 国語国文, 中央図書出版社, 源氏物語と源俊頼, OKAZAKI Makiko, Apr. 2001, 70, 4, 1, 19
  • Refereed, 国語国文, 中央図書出版社, 俊頼髄脳における和歌の享受, OKAZAKI Makiko, Nov. 1998, 67, 11, 20, 36
  • Not Refereed, 成城国文学, 俊頼髄脳における古今集の享受-七叟の歌から尚歯会和歌へ-, OKAZAKI Makiko, Mar. 1998, 14, 1-13
  • Not Refereed, 成城国文学, 平安朝における王昭君説話の展開, OKAZAKI Makiko, Mar. 1995, 11, 37-60
  • Refereed, 国語国文(京都大学文学部国語学国文学研究室), 『散木奇歌集』における歌題の生成, 岡﨑真紀子, 25 Sep. 2021, 90, 9, 1, 18, Scientific journal

MISC

  • Not Refereed, リポート笠間, 和歌文学会例会発表特集「日本語学研究からみる和歌文学」レポート, OKAZAKI Makiko, Nov. 2016, 61, 119-121
  • Not Refereed, リポート笠間, 資料と論理のあいだ―大学院のこと, OKAZAKI Makiko, Nov. 2014, 57, 11-14
  • Not Refereed, リポート笠間, 学界時評(和歌), OKAZAKI Makiko, May 2014, 56, 33-37
  • Not Refereed, リポート笠間, 学界時評(和歌), OKAZAKI Makiko, Nov. 2013, 55, 81-84
  • Not Refereed, 日本文学, 一回性の邂逅-大会テーマ「〈文学〉との出会い方」に向けて, OKAZAKI Makiko, Oct. 2009, 58, 10
  • Not Refereed, 国文研ニューズ, 「まがよふ」「もごよふ」考-『散木奇歌集』の本文, OKAZAKI Makiko, Oct. 2009, 17
  • Not Refereed, 国文学 解釈と鑑賞, 新刊紹介・鈴木徳男『俊頼髄脳の研究』, OKAZAKI Makiko, May 2007, 72, 5
  • Not Refereed, 調査研究報告(国文学研究資料館文献資料部), 国文学研究資料館蔵マイクロフィルムによる古今和歌集奥書集成(二), OKAZAKI Makiko, Sep. 2000, 21, 293-333
  • Not Refereed, 『批評集成源氏物語 第二巻近世後期篇』(ゆまに書房), 「源氏物語大意」翻刻・解題, OKAZAKI Makiko, May 1999, 181-228,396
  • Not Refereed, 『西行のすべて』(新人物往来社), 紅葉の山家-和歌・歌集に見る西行, OKAZAKI Makiko, Mar. 1999, 132-149

Books etc

  • 発心和歌集 極楽願往生和歌 新注, 青簡舎, OKAZAKI Makiko, 筆頭著者, Mar. 2017, 250, Not Refereed
  • 連歌大観 第一巻, 古典ライブラリー, OKAZAKI Makiko, 分担, Jul. 2016, 163-173、535-539, Not Refereed
  • 和歌文学大辞典(書籍版), 古典ライブラリー, OKAZAKI Makiko, 分担, Dec. 2014, Not Refereed
  • 恋をする、とはどういうことか?―ジェンダーから考える ことばと文学, ひつじ書房, OKAZAKI Makiko, 分担, Apr. 2014, 100-112頁, Not Refereed
  • 高校生からの古典読本, 平凡社, OKAZAKI Makiko, 筆頭著者, Nov. 2012, 390, Not Refereed, 9784582767766
  • 日本名歌名句大事典, 明治書院, OKAZAKI Makiko, 分担, Jul. 2012, Not Refereed
  • 慈円難波百首全釈, 風間書房, OKAZAKI Makiko, 分担, Mar. 2009, Not Refereed
  • 新撰菟玖波集全釈 別巻, 三弥井書店, OKAZAKI Makiko, 分担, Mar. 2009, Not Refereed
  • やまとことば表現論-源俊頼へ, 笠間書院, OKAZAKI Makiko, 筆頭著者, Dec. 2008, 449, Not Refereed
  • 新撰菟玖波集全釈 第八巻, 三弥井書店, OKAZAKI Makiko, 分担, Feb. 2007, Not Refereed
  • 新撰菟玖波集全釈 第七巻, 三弥井書店, OKAZAKI Makiko, 分担, Feb. 2006, Not Refereed
  • 新撰菟玖波集全釈 第六巻, 三弥井書店, OKAZAKI Makiko, 分担, Jan. 2005, Not Refereed
  • 新撰菟玖波集全釈 第五巻, 三弥井書店, OKAZAKI Makiko, 分担, Nov. 2003, Not Refereed
  • 新撰菟玖波集全釈 第四巻, 三弥井書店, OKAZAKI Makiko, 分担, Sep. 2002, Not Refereed
  • 新撰菟玖波集全釈 第三巻, 三弥井書店, OKAZAKI Makiko, 分担, Mar. 2001, Not Refereed
  • 新撰菟玖波集全釈 第二巻, 三弥井書店, OKAZAKI Makiko, 分担, Mar. 2000, Not Refereed
  • 新撰菟玖波集全釈 第一巻, 三弥井書店, OKAZAKI Makiko, 分担, Mar. 1999, Not Refereed
  • 連歌大観 第三巻, 古典ライブラリー, 「発句部類」(祐徳稲荷神社中川文庫蔵本)の翻刻・解題, Dec. 2017
  • 日本文学の見取り図 宮崎駿から古事記まで, ミネルヴァ書房, 千葉一幹; 西川貴子; 松田浩; 中丸貴氏編; 岡﨑真紀子ほ; 名分担執筆, 第Ⅱ部 四 中世『俊頼髄脳』210~211頁, 25 Feb. 2022

Presentations

  • OKAZAKI Makiko, 中古文学会秋季大会 シンポジウム「平安時代文学・文化における「音声」と「書記」」, 藤原俊成における声なるものの諸相(パネリスト報告Ⅱ), Invited oral presentation, Oct. 2017, 中古文学会, 静岡大学
  • OKAZAKI Makiko, 和歌文学会例会, 『毘沙門堂本古今集注』に現れた語学的方法, Keynote oral presentation, Jun. 2016, 和歌文学会, 立教大学, False
  • OKAZAKI Makiko, 中世文学会秋季大会, 『極楽願往生歌』と院政期の六波羅, Oral presentation, Nov. 2015, 中世文学会, 静岡文化芸術大学, False
  • OKAZAKI Makiko, 第9回都城制研究集会, 旧都の礎―平安後期和歌に見る平城京, Oral presentation, Feb. 2015, 奈良女子大学古代学学術センター, 奈良女子大学, False
  • OKAZAKI Makiko, 和歌文学会関西例会, 『発心和歌集』の詠歌と享受, Oral presentation, Dec. 2012, False
  • OKAZAKI Makiko, 和歌文学会例会, 院政期における歌学と悉曇学, Nov. 2011, 和歌文学会, 昭和女子大学, False
  • OKAZAKI Makiko, 物語研究会, 皇女・歌詠・法文-選子内親王『発心和歌集』をめぐって, Mar. 2010, 明治大学, False
  • OKAZAKI Makiko, 日本文学協会 第64回大会, 〈文学〉との出会い方(シンポジウム司会), Nov. 2009, 日本文学協会, 立正大学, False
  • OKAZAKI Makiko, 説話文学会例会, 題詠・故事・注釈-院政期におけることばの位相-, Apr. 2007, 説話文学会, 東京家政学院短期大学, False
  • OKAZAKI Makiko, 和歌文学会例会, 「釈教」の連歌-『新撰菟玖波集』巻十八の配列をめぐって-, Jan. 2006, 和歌文学会, 早稲田大学, False
  • OKAZAKI Makiko, 和歌文学会大会, 和歌と仏経-『散木奇歌集』「釈教」をめぐって-, Oct. 2003, 和歌文学会, 香川大学, False
  • OKAZAKI Makiko, 和歌文学会例会, 源氏物語と源俊頼, Nov. 2000, 和歌文学会, 慶應義塾大学, False
  • OKAZAKI Makiko, 和歌文学会例会, 『俊頼髄脳』における和歌の享受, Nov. 1997, 和歌文学会, 立教大学, False

Works

  • 特定研究「中世古今集注釈書の総合的研究―「毘沙門堂本古今注」を中心に―」, Apr. 2016, Mar. 2017

Awards

  • 第2回 日本古典文学学術賞, 国文学研究資料館賛助会, 岡崎真紀子, Jul. 2009

Research Projects

  • Grant-in-Aid for Scientific Research (B), Apr. 2018, Mar. 2022, 18H00647, Coinvestigator, 近世において文庫を創設・形成した大名に関する総合的研究, 前田 雅之; 木下 華子; 小助川 元太; 渡辺 麻里子; 岡崎 真紀子; 松本 大; 福田 安典; 山本 啓介; 志立 正知; 松本 麻子; 渡瀬 淳子, Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B), Meisei University, 16120000, 12400000, 3720000, 2019年5月18日、明星大学において、研究代表者(前田)・分担者・協力者が集合し、研究集会を催し、昨年度の調査実績および今年の調査目標・予定を報告して、2019年度の科研研究がスタートした。その時に、昨年度の欠席者に対してアップロードの手続きや方法などについて再度行った。 代表者以下分担者は自己の対象である大名文庫(島原松平家、仙台伊達家、上田真田家、弘前津軽家、宇和島伊達家、秋田佐竹家など)を実際に調査し、書物の書誌データを取り(統一基準による)、形態(書物の大きさ、紙質、表紙の色文様、見返し、印記など)等を撮影し、両者のデータをグーグルクラウドにアップロードすることになっているが、昨年度もかなりのデータがアップロードされた。 たとえば、代表者は分担者・協力者とともに、19年8月と20年3月に島原市の肥前島原松平文庫における文庫創設大名である松平忠房蒐集書物類の悉皆調査を行い、二回の調査で計140点の書物調査を終え、グーグルクラウドにアップロードしている。 分担者等のアップロード数は着実に増えており、大名文庫間における共通性(書物の内容・書物の形態=大きさ・紙質・表紙の色・題簽・見返し・印記)や差異性(大名の関心の違いなどに基づくか)が明らかになりつつある。 あと二年の調査で、大名間における知のありようと近世における古典および古典的書物のありよう、さらにに言えば、近世における古典なるものの存在形態がかなりの程度明らかになるだろうと考えている。
  • Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Apr. 2017, Mar. 2021, 17K02417, Principal investigator, 鎌倉後期から室町期における歌論・連歌論についての韻学史的研究, 岡崎 真紀子, Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Nara Women's University, 2990000, 2300000, 690000, 本研究は、鎌倉後期から室町期に成立した歌論や連歌論に現れる、日本語の音韻に関する言及や、音図を利用した考え方にもとづく注釈方法に着目して考察する。その考察を通して、和歌や連歌について論じた言説を、韻学史という観点からとらえ直し、文学と日本語学の方法を架橋する視座から、日本の中世後期の詩歌の深奥にある言語意識と思想を解明することを目的とするものである。 研究の計画は、全体で平成29年度から32年度までの四年間でたてている。その期間を三つの段階に分けておこなう予定である。すなわち、まず(1)鎌倉後期から南北朝期における歌論・連歌論について、資料収集と注釈的検討をおこなうこと。次に、(2)韻書類や歌学書・悉曇学書・能楽論等との比較と分析をおこなうこと。そして、(3)平安後期から江戸期にわたる韻学史および文学史のなかに位置づけること、である。 研究の3年目にあたる令和元年度(平成31年度)には、昨年に引き続いて、連歌論と百韻連歌の賦物に現れる、韻学的な発想に関連があると思われる用語について検討した。前者においては、音韻相通に関連する記述について、さらに検討を進めた。心敬『さゝめごと』などをおもに対象とした。後者においては、たとえば「二字反音」「三字中略」等といった連歌に特徴的な賦物について、用例を収集した。そのうえで、韻学に関する書物の現れる「反音」という用語も参照しながら、連歌において上記のような賦物がおかれることについて考察した。
  • Apr. 2018, Mar. 2022, 18H00647, Coinvestigator
  • Apr. 2017, Mar. 2021, 17K02417, Principal investigator
  • Grant-in-Aid for Scientific Research (B), Apr. 2018, Mar. 2022, 18H00647, Coinvestigator, 近世において文庫を創設・形成した大名に関する総合的研究, 前田 雅之; 木下 華子; 小助川 元太; 渡辺 麻里子; 岡崎 真紀子; 松本 大; 福田 安典; 山本 啓介; 志立 正知; 松本 麻子; 渡瀬 淳子, Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B), Meisei University, 16120000, 12400000, 3720000, 2019年5月18日、明星大学において、研究代表者(前田)・分担者・協力者が集合し、研究集会を催し、昨年度の調査実績および今年の調査目標・予定を報告して、2019年度の科研研究がスタートした。その時に、昨年度の欠席者に対してアップロードの手続きや方法などについて再度行った。 代表者以下分担者は自己の対象である大名文庫(島原松平家、仙台伊達家、上田真田家、弘前津軽家、宇和島伊達家、秋田佐竹家など)を実際に調査し、書物の書誌データを取り(統一基準による)、形態(書物の大きさ、紙質、表紙の色文様、見返し、印記など)等を撮影し、両者のデータをグーグルクラウドにアップロードすることになっているが、昨年度もかなりのデータがアップロードされた。 たとえば、代表者は分担者・協力者とともに、19年8月と20年3月に島原市の肥前島原松平文庫における文庫創設大名である松平忠房蒐集書物類の悉皆調査を行い、二回の調査で計140点の書物調査を終え、グーグルクラウドにアップロードしている。 分担者等のアップロード数は着実に増えており、大名文庫間における共通性(書物の内容・書物の形態=大きさ・紙質・表紙の色・題簽・見返し・印記)や差異性(大名の関心の違いなどに基づくか)が明らかになりつつある。 あと二年の調査で、大名間における知のありようと近世における古典および古典的書物のありよう、さらにに言えば、近世における古典なるものの存在形態がかなりの程度明らかになるだろうと考えている。
  • Apr. 2017, Mar. 2021, 17K02417, Principal investigator
  • Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Apr. 2017, Mar. 2021, 17K02417, Principal investigator, 鎌倉後期から室町期における歌論・連歌論についての韻学史的研究, 岡崎 真紀子, Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Nara Women's University, 2990000, 2300000, 690000, 本研究は、鎌倉後期から室町期に成立した歌論や連歌論に現れる、日本語の音韻に関する言及や、音図を利用した考え方にもとづく注釈方法に着目して考察する。その考察を通して、和歌や連歌について論じた言説を、韻学史という観点からとらえ直し、文学と日本語学の方法を架橋する視座から、日本の中世後期の詩歌の深奥にある言語意識と思想を解明することを目的とするものである。 研究の計画は、全体で平成29年度から32年度までの四年間でたてている。その期間を三つの段階に分けておこなう予定である。すなわち、まず(1)鎌倉後期から南北朝期における歌論・連歌論について、資料収集と注釈的検討をおこなうこと。次に、(2)韻書類や歌学書・悉曇学書・能楽論等との比較と分析をおこなうこと。そして、(3)平安後期から江戸期にわたる韻学史および文学史のなかに位置づけること、である。 研究の3年目にあたる令和元年度(平成31年度)には、昨年に引き続いて、連歌論と百韻連歌の賦物に現れる、韻学的な発想に関連があると思われる用語について検討した。前者においては、音韻相通に関連する記述について、さらに検討を進めた。心敬『さゝめごと』などをおもに対象とした。後者においては、たとえば「二字反音」「三字中略」等といった連歌に特徴的な賦物について、用例を収集した。そのうえで、韻学に関する書物の現れる「反音」という用語も参照しながら、連歌において上記のような賦物がおかれることについて考察した。
  • Grant-in-Aid for Scientific Research (B), Apr. 2014, Mar. 2018, 26284041, Coinvestigator, The study on movement of books and construction of Daimyo's collection of books from Muromachi times to early Edo times, Maeda Masayuki; UCHIDA Mioko; HARA Katsuaki; TAKATSU Kiwako; KANBAYASHI Naoko; MATSUMOTO Ooki; OOTSUBO Mai; ARAKAWA Shinnichi, Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B), Meisei University, 6500000, 5000000, 1500000, The construction of database on movement of books from the year 1333 to 1640 era and the date of books are based on records , documents and diaries.there are three classifications in datebase,firstone is "movement of books",second one is "movement of books"and third one is"movement of title paper,square piece of high-quality paperboard and so on. And each date has "The date of movement""name of books""from who""to who""type of movement""based records""type of records""recorder""note".The construction of database on 200 books Matsudaira Tadafusa collected., url
  • Apr. 2014, Mar. 2018, 26284041, Coinvestigator
  • Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Apr. 2013, Mar. 2017, 25370218, Principal investigator, Relation of Medieval Waka to Buddhism: A Cross-Disciplinary Study, OKAZAKI Makiko, Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Nara Women's University, 3770000, 2900000, 870000, This study examines the relation of certain waka (type of Japanese poems) to Buddhism. In medieval Japan, various types of literature came into existence, including setsuwa-shu (collections of stories), classical commentaries (books discussing classical literary works), Shinto-sho (books on the doctrines of Shinto), and jikidan-sho (records of discourses on doctrines as found in Buddhist scriptures). In this study, we focused on the waka recorded in these literary works and in collections of waka. Thus, the state of language in medieval Japan when waka and Buddhism were profoundly linked was clarified from a cross-disciplinary perspective., url
  • Apr. 2014, Mar. 2018, 26284041, Coinvestigator
  • Apr. 2013, Mar. 2017, 25370218, Principal investigator
  • Grant-in-Aid for Scientific Research (B), Apr. 2014, Mar. 2018, 26284041, Coinvestigator, The study on movement of books and construction of Daimyo's collection of books from Muromachi times to early Edo times, Maeda Masayuki; UCHIDA Mioko; HARA Katsuaki; TAKATSU Kiwako; KANBAYASHI Naoko; MATSUMOTO Ooki; OOTSUBO Mai; ARAKAWA Shinnichi, Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B), Meisei University, 6500000, 5000000, 1500000, The construction of database on movement of books from the year 1333 to 1640 era and the date of books are based on records , documents and diaries.there are three classifications in datebase,firstone is "movement of books",second one is "movement of books"and third one is"movement of title paper,square piece of high-quality paperboard and so on. And each date has "The date of movement""name of books""from who""to who""type of movement""based records""type of records""recorder""note".The construction of database on 200 books Matsudaira Tadafusa collected., url
  • Apr. 2013, Mar. 2017, 25370218, Principal investigator
  • Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Apr. 2013, Mar. 2017, 25370218, Principal investigator, Relation of Medieval Waka to Buddhism: A Cross-Disciplinary Study, OKAZAKI Makiko, Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Nara Women's University, 3770000, 2900000, 870000, This study examines the relation of certain waka (type of Japanese poems) to Buddhism. In medieval Japan, various types of literature came into existence, including setsuwa-shu (collections of stories), classical commentaries (books discussing classical literary works), Shinto-sho (books on the doctrines of Shinto), and jikidan-sho (records of discourses on doctrines as found in Buddhist scriptures). In this study, we focused on the waka recorded in these literary works and in collections of waka. Thus, the state of language in medieval Japan when waka and Buddhism were profoundly linked was clarified from a cross-disciplinary perspective., url
  • Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Apr. 2010, Mar. 2014, 22520203, Coinvestigator, Fundamentaral study on transfer of books from Nanbokucho preiod to earily Edo preid, MAEDA Masayuki, Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Meisei University, 3120000, 2400000, 720000, The primary purpose of this study was the building of transfer of books database from Nanbokucho preid to earily Edo preid. But,quantity of database on "Sanetaka koki(16th century)" was too large. So,we finished the building of transfer of books database on "Sanetaka koki"and so on.The database is classified in transfer of books and initiation-lecture of books.And the report was published on March 2014. We can understand the actual condition on books(transfer/initiation/leture...)in 16th century in japan., url
  • Grant-in-Aid for Young Scientists (B), 2010, 2012, 22720080, Principal investigator, A Synchronic Study of a Linguistic Outlook in the Commentaries on the Classical Works of the Mid-Kamakura Period, OKAZAKO Makiko, Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Young Scientists (B), 2990000, 2300000, 690000, In the mid-Kamakura Period Sengaku, a Buddhist monk and scholar, completed a commentary on Manyo-shu titled Manyo-shu-chushaku. In the same period there were also written some other commentaries on the classical works such as Shimei-sho and Sanryu-sho which annotated on Genji-monogatari and Kokin-shu respectively. The aim of this study is to synchronically examine a linguistic outlook in those contemporary commentaries which were all under the profound influence of “sittan-gaku,” the philology of Sanskrit named after Siddham., url
  • Apr. 2010, Mar. 2014, 22520203, Coinvestigator
  • Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Apr. 2010, Mar. 2014, 22520203, Coinvestigator, Fundamentaral study on transfer of books from Nanbokucho preiod to earily Edo preid, MAEDA Masayuki, Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Meisei University, 3120000, 2400000, 720000, The primary purpose of this study was the building of transfer of books database from Nanbokucho preid to earily Edo preid. But,quantity of database on "Sanetaka koki(16th century)" was too large. So,we finished the building of transfer of books database on "Sanetaka koki"and so on.The database is classified in transfer of books and initiation-lecture of books.And the report was published on March 2014. We can understand the actual condition on books(transfer/initiation/leture...)in 16th century in japan., url
  • Apr. 2014, Mar. 2018, 26284041, Coinvestigator
  • Apr. 2014, Mar. 2018, 26284041, Coinvestigator
  • Apr. 2018, Mar. 2022, 18H00647, Coinvestigator


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.