Researchers Database

MIYAJI Atsuko

FacultyFaculty Division of Humanities and Social Sciences Research Group of History,Sociology and Geography
PositionProfessor
Last Updated :2022/10/06

researchmap

Profile and Settings

  • Name (Japanese)

    Miyaji
  • Name (Kana)

    Atsuko

Research Interests

  • 教材史
  • 文化財科学
  • タンパク質考古学
  • 資源利用
  • 環境考古学・開発史・集落史・動物利用・膠・異分野融合
  • 博物館学
  • Archaeology

Research Areas

  • Humanities & social sciences, Museology
  • Humanities & social sciences, Cultural properties
  • Humanities & social sciences, Archaeology

Research Experience

  • Apr. 2016, 奈良女子大学人間文化研究科・教授
  • Apr. 2007, Mar. 2016, 奈良女子大学大学院人間文化研究科・准教授
  • Apr. 2005, Mar. 2007, 奈良女子大学大学院人間文化研究科・助教授
  • Apr. 2000, Mar. 2006, 京都文教大学人間学部・非常勤講師
  • Apr. 1999, Mar. 2002, 日本学術振興会特別研究員(PD)
  • Apr. 1996, Mar. 1999, 日本学術振興会特別研究員(DC)
  • Apr. 1992, Mar. 1995, 大阪文化財センター, 専門調査員
  • Apr. 2020, Mar. 2022, Nara Women's University, Faculty of Letters, 学科長
  • Oct. 2021, Mar. 2022, Osaka University, Graduate School of Letters, 非常勤講師

Teaching Experience

  • 20 Oct. 2021
  • 20 Oct. 2021

Association Memberships

  • 日本人類学会
  • 考古学研究会
  • 日本文化財科学会
  • AEA
  • Japanese Society for Asian Archaeology
  • 日本モンゴル学会, Sep. 2021, 9999
  • 日本考古学協会

Media Coverage

  • 纒向遺跡から出土したカエル骨の分析, 朝日新聞社, 25 Apr. 2019, Paper
  • 古墳のひつぎに絹使用を確認, NHK奈良放送局, 11 Feb. 2011, Media report
  • 歴史の謎に迫るたんぱく質分析, NHK奈良放送局, 10 Feb. 2011, Media report
  • 奈良県桜井市纏向遺跡から出土した動物遺存体の分析, 朝日新聞社, 22 Jan. 2011, Paper
  • 墨原料 ニカワの動物特定へ, 読売新聞社, 12 Jan. 2010, Paper
  • 奈良女子大生纏向の謎に迫る, 読売新聞社, 読売新聞, 19 Jan. 2021, Paper
  • 纏向遺跡を科学する, NHK奈良放送局, ならナビ, 02 Dec. 2020, Media report

Ⅱ.研究活動実績

Published Papers

  • Refereed, 2022, 10
  • Not Refereed, 01 Mar. 2022, 28, 29
  • Refereed, Annual Report on Research and Education Faculty of Letters, Nara Women's University, Preliminary study on cattle breeding in the Kofun Period of Japan, Miyaji Atsuko, Dec. 2019, 16, 1, 11
  • Not Refereed, 纒向学研究, 纒向遺跡の3世紀の祭祀土坑より出土したカエル類, 中村泰之; 宮路 淳子, Mar. 2019, 7, 93, 103, Scientific journal
  • Refereed, 考古学と自然科学, 日本文化財科学会, Identification of Animal Sources of Collagen Used as Glue in Chinese Ink Sticks by MALDI Mass Spectrometry, MIYAJI Atsuko, Dec. 2012, 64, 47, 57
  • Refereed, 考古学と自然科学, Archaeological Analysis of Dry Cultivated Field Soils with Regard to Soil Micromorphology, MIYAJI Atsuko, Oct. 2002, 44, 17-32
  • Refereed, 古代文化, 縄紋時代の貯蔵穴−社会組織との関わり−, 宮路淳子, Mar. 2002, 54, 3, 21-41
  • Refereed, 『食文化研究の報告』, 先史・古代の畑作−耕作地遺跡と遺跡土壌の微細形態学的分析から, 宮路淳子, Oct. 2000, 10
  • Refereed, 『動物考古学』, 動物考古学研究会, 弥生時代の畑作耕作地, 宮路淳子, May 2000, 14, 87-109, 109
  • Refereed, WARP Occasional Paper, Storage Pits and the Development of Plant Food Management in Japan during the Jomon Period, MIYAJI Atsuko, Dec. 1999, 12, 165-170
  • Refereed, 『動物考古学』, 動物考古学研究会, 実験考古学の理想と実践−バッツァー鉄器時代実験農場を例として, 宮路淳子, May 1999, 12, 55-68, 68
  • Refereed, 『考古学研究』, 考古学研究会, デンマークにおける先史狩猟社会の終焉, 宮路淳子, Dec. 1995, 42, 3, 100-107, 107
  • Refereed, The News Letter of the Wetland Archaeology Research Project, Ikejima-Fukumanji site at Osaka, MIYAJI Atsuko, May 1995, vol.17, 6-11
  • Refereed, 日本文化財科学会大会, Study of Jomon dog’s morphological variety. Focusing on burial dogs from late and last Jomon site of east Japan., 平良暁子; 宮路淳子, Sep. 2021, 108, 109
  • Not Refereed, 纏向学研究, 弥生集落におけるイノシシ属下顎骨穿孔・配列の再検討, 宮路淳子, Jul. 2022, 10, 85, 94
  • Not Refereed, 牽牛子塚古墳から阿修羅像へ, 牽牛子塚古墳出土の夾紵棺について, 宮路淳子, Dec. 2010, 46, 51
  • 南方遺跡ライフケアセンター調査区出土のイノシシ属下顎骨, 宮路淳子, Dec. 2022
  • Not Refereed, 纏向学研究, 纏向遺跡第166次、第168次調査出土の動物遺存体, 丸山真史; 宮路淳子, Jul. 2022, 10, 275, 282
  • Refereed, 古代学, 奈良女子大学古代学学術研究センター, Xerophilic fungus Chrysosporium xerophilum isolated from a museum specimen of deer antler : From the viewpoint of conserving cultural properties, 鈴木 孝仁; 的場 美帆; 宮路 淳子, The specimen of deer entlers conserved in the Museum of Nara Women's University was foundcontaminated with colonies of a white fungus. Isolation and characterization on the fungus revealed tobe the species of Chrysosporium xerophilum. This organism assimilated both human hair and animalglues, suggesting the risk of damaging cultural properties containing proteins of keratin and collagen., Mar. 2016, 8, 24, 29, Scientific journal

MISC

  • Not Refereed, 奈良女子大学百周年記念資料室整理作業報告書ー平成28年度ー, 奈良女子大学所蔵平等坊・岩室遺跡出土土器, MIYAJI Atsuko, Feb. 2017, 7-14
  • Not Refereed, 相国寺旧境内発掘調査報告書 今出川キャンパス整備に伴う発掘調査第4次~第6次(本文編), 相国寺旧境内出土櫛の質量分析による材質の特定, MIYAJI Atsuko, Mar. 2015, 163-169
  • Not Refereed, 日本古代の都を探る, 古代官衙関連遺跡から出土する動物遺存体, MIYAJI Atsuko, 2015
  • Not Refereed, 古代(上), 古代における牛馬利用, MIYAJI Atsuko, 2015
  • Not Refereed, 奈良女子大学文学部研究教育年報, 奈良女子大学文学部, インターネットコンテンツによる大学広報―奈良県内諸大学を事例として比較分析―, MIYAJI Atsuko, Dec. 2014, 11, 9, 33
  • Not Refereed, 月刊大和路ならら, 平城京から出土した奈良時代の墨の材料, MIYAJI Atsuko, Aug. 2014, 17, 191, 44-45
  • Not Refereed, 帯広畜産大学学術研究報告, A possibility of clarifying the origin of milk usage based on indexing the peptides derived from milk casein-Toward the establishment of assay system using MALDI/TOF mass spectrometry-, MIYAJI Atsuko, Nov. 2013, 34, 89-95
  • Not Refereed, 纏向学研究, 纏向遺跡出土巾着状布製品の質量分析, MIYAJI Atsuko, Mar. 2013, 1, 80-84
  • Not Refereed, 文化財に含まれる膠の自然科学的分析による古代文化史および技術士の解明, 正倉院文書にみる”膠”, MIYAJI Atsuko, Mar. 2012, 32, 77
  • Not Refereed, 文化財に含まれる膠の自然科学的分析による古代文化史および技術史の解明, 纏向遺跡出土絹資料のMALDI質量分析, MIYAJI Atsuko, Apr. 2012, 19-25
  • Not Refereed, 古墳時代の考古学, 動物利用, MIYAJI Atsuko, Mar. 2012, 8, 156-172
  • Not Refereed, 古代学, 奈良女子大学, 日本の古墳からの出土品に含まれる絹資料の質量分析‐質量分析による絹の特定とその古代的考察‐, MIYAJI Atsuko, Mar. 2012, 4, 4, 52-59, 59
  • Not Refereed, 古代学, 奈良女子大学, 膠に生育する真菌に関する研究, MIYAJI Atsuko, Mar. 2012, 4, 4, 60-66, 65
  • Not Refereed, 季刊考古学, 平城京の環境, MIYAJI Atsuko, Jul. 2010, 112, 76-81
  • Not Refereed, The Capital City in Ancient Japan, The Current State and Challenges of Studies on Early Cities in East Asia, MIYAJI Atsuko, Mar. 2010, 49-68
  • Not Refereed, 月刊奈良, 墨と膠, MIYAJI Atsuko, 2010, 50, 5, 56-59
  • Not Refereed, 日本考古学年報, 奈良県, MIYAJI Atsuko, May 2009, 61
  • Not Refereed, 東アジアの複都制, 開発史からみた複都建設の諸条件, MIYAJI Atsuko, Feb. 2009, 110-116
  • Not Refereed, 奈良歴史研究会, 陵墓立入り参加記-五社神古墳(神功皇后陵)の公開-, MIYAJI Atsuko, 2009, 71, 1-4
  • Not Refereed, 古代東アジアにおける都市の成立, 東アジアにおける初期都市論の現状と課題, MIYAJI Atsuko, Feb. 2008, 1-18
  • Not Refereed, 『大阪文化財研究』, 「縄紋時代研究における社会生態学的理解への一試論−河内平野を例として」, MIYAJI Atsuko, Mar. 1995, 8, 49-68
  • Not Refereed, 青陵, 橿原遺跡出土の動物遺存体再整理について(予報), 石丸恵利子; 宮路淳子; 丸山真史; 松井章, 2005, 115, 1, 4
  • Not Refereed, Feb. 2021

Books etc

  • 奈良女子大学所蔵資料 おもちゃ, 奈良女子大学記念館, 宮路 淳子, Mar. 2019, Not Refereed, 13610609, rm:research_project_id;rm:research_project_id
  • 奈良女子大学百周年記念資料室整理作業報告書-平成29年度ー, 宮路 淳子, Mar. 2018, Not Refereed, 13610609, rm:research_project_id
  • 奈良女子大学所蔵資料 軒丸瓦, 奈良女子大学記念館, MIYAJI Atsuko, 筆頭著者, Feb. 2017, 1-38, Not Refereed, 13610610, rm:research_project_id
  • 奈良女子大学所蔵資料 写真乾板(2), 奈良女子大学記念館, MIYAJI Atsuko, 筆頭著者, Feb. 2017, 1-128, Not Refereed, 13610610, rm:research_project_id
  • 奈良女子大学所蔵資料 写真乾板(3), 奈良女子大学記念館, MIYAJI Atsuko, 筆頭著者, Feb. 2017, 1-132, Not Refereed, 13610610, rm:research_project_id
  • 奈良女子大学百周年記念資料室整理作業報告書-平成28年度ー, 奈良女子大学記念館, MIYAJI Atsuko, 筆頭著者, Feb. 2017, 1-41, Not Refereed, 13610610, rm:research_project_id
  • 古代東アジアにおける膠生産の研究 中間報告書, 科学研究費助成金(基盤研究B)研究課題番号26284121, MIYAJI Atsuko, 筆頭著者, Mar. 2016, 1-58, Not Refereed, 13610605, rm:research_project_id
  • 奈良女子大学所蔵資料 正倉院模造宝物, 奈良女子大学記念館, MIYAJI Atsuko, 筆頭著者, Feb. 2016, 1-96, Not Refereed, 13610609, rm:research_project_id
  • 奈良女子大学所蔵資料 写真乾板(1), 奈良女子大学記念館, MIYAJI Atsuko, 筆頭著者, Feb. 2016, 1-109, Not Refereed, 13610610, rm:research_project_id
  • 川路聖謨のみた寧府―奈良女子大学が奉行所だったころ―, 奈良女子大学記念館運営委員会, MIYAJI Atsuko, 監修, Mar. 2015, Not Refereed
  • 日本女性史研究文献目録1868-2002, 東京大学出版会, MIYAJI Atsuko, 分担, Oct. 2014, Not Refereed
  • 文化財に含まれる膠の自然科学的分析による古代文化史および技術史の解明\n平成24・25年度, 奈良女子大学異分野融合プロジェクト, MIYAJI Atsuko, 筆頭著者, Jan. 2014, Not Refereed, 12113121, rm:research_project_id
  • 文化財に含まれる膠の自然科学的分析による古代文化史および技術史の解明\n平成21~23年度, 奈良女子大学異分野融合プロジェクト, MIYAJI Atsuko, 編集, Apr. 2012, Not Refereed, 12113121, rm:research_project_id
  • 夾紵・乾漆シンポジウム‐牽牛子塚古墳から阿修羅像へ‐, 奈良女子大学古代学学術研究センター\n「文化財に含まれる膠の自然科学分析による古代文化史および技術史の解明」プロジェクト, MIYAJI Atsuko, 編集, Dec. 2010, Not Refereed, 12113121, rm:research_project_id
  • The Capital City in Ancient Japan, Center for Research of Ancient Culture, Nara Women's University, MIYAJI Atsuko, 編集, Mar. 2010, Not Refereed
  • 大学的奈良ガイド・奈良町奉行所の暮らし向き, 昭和堂, MIYAJI Atsuko, 分担, Apr. 2009, 148-149, Not Refereed
  • 奈良盆地の古墳時代集落<資料集成>, 奈良女子大学21世紀COEプログラム, MIYAJI Atsuko, 監修, Mar. 2009, Not Refereed
  • ヤマトの開発史(2), 奈良女子大学21世紀COEプログラム, MIYAJI Atsuko, 編集, Jul. 2008, Not Refereed
  • ヤマトの開発史(1), 奈良女子大学21世紀COEプログラム, MIYAJI Atsuko, 編集, Nov. 2007, Not Refereed
  • 考古学ハンドブック, 新書館, MIYAJI Atsuko, 分担, Jan. 2007, 185-186, Not Refereed
  • 『環境考古学マニュアル』「土壌微細形態学」, 同成社, MIYAJI Atsuko, 分担, Jul. 2003, 85-96, Not Refereed
  • 『日本女性史研究文献目録Ⅳ 1992-96』「Ⅱ考古学」, 東京大学出版会, MIYAJI Atsuko, 分担, Apr. 2003, Not Refereed
  • 『日本の美術8』No.423「遺跡土壌の微細形態学的解析」, 至文堂, MIYAJI Atsuko, 分担, Aug. 2001, 28-31, Not Refereed
  • 『古代湖の考古学』「旧河内湾・河内湖をめぐる漁労活動と居住パターン」, クバプロ, MIYAJI Atsuko, 分担, Dec. 2000, 137-154, Not Refereed
  • 『講座 人間と環境1』「先史採集社会のテリトリー:縄紋時代の大阪湾沿岸地域を例に」, 昭和堂, MIYAJI Atsuko, 分担, Jan. 1999, 22-43, Not Refereed
  • 奈良女子大学所蔵資料 写真乾板(七), 奈良女子大学記念館, Feb. 2021
  • 奈良女子大学所蔵資料 写真乾板(六), Feb. 2020
  • 13610610

Presentations

  • MIYAJI Atsuko, 日本文化財科学会第31回大会, マスタバ・イドゥートの壁画中に存在する経年劣化した動物膠の分析, Jul. 2014, rm:research_project_id
  • MIYAJI Atsuko; HUKAKUSA SUNSUKE, 40th Internatinal Symposium on Archaemetry, Characterization of degraded animal blue, May 2014, rm:research_project_id
  • 宮路淳子, 万葉学習, 都での暮らし, 02 Jul. 2022
  • 宮路淳子, 奈良県警察本部トップ・マネジメントセミナー, 奈良町奉行所の暮らしむき, 11 Nov. 2020
  • 本多貴之、下大迫幹洋)、宮路淳子, 日本文化財科学会第39大会, 平野塚穴山古墳出土の棺の科学分析, Sep. 2022
  • 平良暁子; 宮路淳子, 日本文化財科学会第38回大会, 縄文犬の形態特徴における多様性の研究 後期・晩期の東日本出土の犬骨を中心に, Sep. 2021
  • 六車 美保; 田口 智子; 的場 美帆; 杉原 裕子; 桐野 文良; 奥田 紫乃; 岡嶋 克典; 宮路 淳子, 日本文化財科学会第37回大会, 奈良女子大学所蔵正倉院模造宝物紅牙撥鏤尺に用いられた色材と染色技術に関する研究, Sep. 2020, 05 Sep. 2020, 13 Sep. 2020

Works

  • 文化財に含まれる膠の自然科学的分析による古代文化史・および技術史の解明, Oct. 2009, Mar. 2012

Awards

  • 第12回学会賞ポスター賞, 日本文化財科学会, 六車美保;武藤夕佳里;新免歳靖;山田卓司;二宮修治;宮路 淳子, Jul. 2018, 奈良女子大学所蔵正倉院模造宝物黄金瑠璃背十二稜鏡の材料とその制作背景の研究, rm:research_project_id;rm:research_project_id
  • ポスター賞, 河原一樹;アルブタンダゴラ;中沢隆;宮路 淳子, 2018, モンゴル国ハルゲント村出土馬鞍(13-14世紀)の研究

Research Projects

  • 01 Apr. 2014, 31 Mar. 2019, Principal investigator
  • 01 Apr. 2017, 31 Mar. 2019
  • Apr. 2017, Mar. 2019, Principal investigator, 奈良女子高等師範学校教材資料群デジタルアーカイブ事業, 宮路 淳子, 公益財団法人図書館振興財団, 0, 0, 0, Competitive research funding, rm:awards;rm:misc;rm:books_etc;rm:books_etc;rm:books_etc
  • Apr. 2014, Mar. 2019, Principal investigator, 古代東アジアにおける膠生産の研究, 宮路 淳子, 日本学術振興会, 科学研究費助成金基盤研究(B), 0, 0, 0, Competitive research funding, rm:published_papers;rm:published_papers;rm:misc;rm:books_etc
  • Oct. 2009, Mar. 2014, Principal investigator, 文化財に含まれる膠の自然科学的分析による古代文化史および技術史の解明, 宮路 淳子, 日本学術振興会, 異分野融合による方法的革新を目指した人文・社会科学研究推進事業, 0, 0, 0, 本研究では、タンパク質の正確な同定に基づいて、古代の遺跡や文化遺産、文化財などの原料や産地、製造法などの歴史情報を解読する、古代から近世に至る歴史研究のための新しい学際的研究法の確立を目的としています。歴史的資料に含まれるタンパク質、特に膠(コラーゲン)や絹の分析より、文献資料の記載に物的裏付けを与えることが出来ます。, Competitive research funding, rm:published_papers;rm:misc;rm:misc;rm:misc;rm:misc;rm:misc;rm:misc;rm:misc;rm:misc;rm:misc;rm:books_etc;rm:books_etc;rm:books_etc;rm:presentations;rm:presentations
  • 2011, 2014, 古代日本成立期の自然環境基盤:平城京と奈良盆地 周辺の完新世環境変動から, 高田将志, 日本学術振興会, 科学研究費助成金基盤研究(B), 0, 0, 0, Competitive research funding
  • 2011, 2013, 古代都城・都市をめぐる環境論, 舘野和己, 日本学術振興会, 科学研究費助成金基盤研究(B), 0, 0, 0, Competitive research funding, rm:misc;rm:misc
  • Apr. 2011, Mar. 2012, Principal investigator, 天理市石上神宮の傍示浚神事からみる布留川流域の水資源利用と土地開発に関する研究, 宮路 淳子, 河川整備基金助成事業, 0, 0, 0, Competitive research funding
  • Apr. 2009, Mar. 2010, Principal investigator, 文学部所蔵の明治・大正・昭和期の女子高等教育教材・標本・文化財に関する調査・研究, 宮路 淳子, 奈良女子大学, 文学部長裁量経費, 0, 0, 0, Competitive research funding, rm:awards;rm:misc;rm:books_etc;rm:books_etc;rm:books_etc;rm:books_etc;rm:books_etc;rm:books_etc
  • 2005, 2009, Principal investigator, 奈良盆地における開発史, 宮路 淳子, 奈良女子大学21世紀COEプログラム, 古代日本形成の特質解明の研究教育拠点, 0, 0, 0, 奈良盆地における弥生時代から飛鳥・藤原にいたる各時代の遺跡の構造とその変遷を、その内容・諸要素の抽出とともに自然環境・地理的環境を併せて考察することにより、奈良盆地開発の歴史を明らかにする, Competitive research funding
  • 1999, 2002, Principal investigator, 先史時代研究における生態学的アプローチの有効性について-動植物遺存体および土壌の微細形態学的分析, 宮路 淳子, 日本学術振興会, 特別研究員奨励金, 0, 0, 0, Competitive research funding, rm:published_papers;rm:published_papers;rm:published_papers;rm:published_papers;rm:published_papers
  • 1996, 1999, Principal investigator, 先史時代研究における生態学的アプローチの有効性について, 宮路 淳子, 日本学術振興会, 特別研究員奨励金, 0, 0, 0, Competitive research funding, rm:published_papers;rm:published_papers;rm:misc
  • 桜井市内の遺跡土壌研究, Dec. 2020, Feb. 2021, Principal investigator, 桜井市内の遺跡土壌研究, 桜井市, 受託研究
  • 奈良県内の遺跡土壌研究による地域史の継承」 −纒向遺跡第195次調査出土の微細遺物の検討−, Jul. 2020, Feb. 2021, Principal investigator, 奈良県内の遺跡土壌研究による地域史の継承, 奈良女子大学, 奈良女子大学地域貢献事業, 奈良女子大学
  • Jul. 2021, Mar. 2022, 奈良県内の遺跡から出土する有機質遺物分析による地域史の継承, 宮路淳子, 奈良女子大学, 奈良女子大学地域貢献事業
  • Oct. 2021, Sep. 2022, Principal investigator, 弥生・古墳時代の動物飼養と人畜共通感染症の研究, 公益財団法人 三菱財団, 三菱財団助成金
  • Nov. 2021, Feb. 2022, Principal investigator, 桜井市内の遺跡土壌研究, 桜井市, 受託研究
  • 01 Apr. 2014, 31 Mar. 2019, Principal investigator
  • 01 Apr. 2014, 31 Mar. 2019, Principal investigator
  • 2011, 2014
  • 2011, 2014
  • 2011, 2013
  • Jun. 2022, Mar. 2024, Coinvestigator, 古代の畜産技術解明のための質量分析によるヤギとヒツジの動物種判定, 奈良女子大学大和・紀伊半島学研究所, 一般共同研究, 奈良女子大学
  • Jul. 2022, Feb. 2023, 奈良県内の遺跡から出土する考古遺物分析による地域史の研究, 宮路淳子, 奈良女子大学, 地域連携事業, 奈良女子大学
  • Jul. 2022, Oct. 2022, チョクセム44号墳出土遺物の研究, 宮路淳子; 林志暎, 奈良女子大学・釜山大学校, 共同研究, 奈良女子大学

Ⅲ.社会連携活動実績

1.公的団体の委員等(審議会、国家試験委員、他大学評価委員,科研費審査委員等)

  • Dec. 2021, 9999
  • Oct. 2021, 9999, Autonomy
  • Nov. 2020, 9999, Autonomy
  • Jul. 2020, 9999
  • 2019, 9999, Autonomy
  • 2018, 9999, Society
  • Apr. 2017, 9999, Others
  • 2016, Sep. 2021, Autonomy
  • 2016, 9999, Government
  • Nov. 2020, 9999, Autonomy
  • Jul. 2020, 9999
  • 2019, 9999
  • 2018, 9999
  • Apr. 2017, 9999
  • 2016, Sep. 2021
  • 2016, 9999
  • Apr. 2010, Dec. 2021, Autonomy
  • 2019, 9999
  • 2018, 9999
  • Apr. 2017, 9999
  • 2016, Sep. 2021
  • 2016, 9999
  • 2018, 9999
  • Apr. 2017, 9999
  • 2016, 9999
  • 2016, 9999
  • 2016, 9999


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.