English
 研究院
 自然科学系
 化学領域
准教授
浦   康之
URA Yasuyuki

1975年生まれ

個人ウェブサイトはこちら

その他の所属・職名
理学部 化学生命環境学科 化学コース
人間文化研究科 博士前期課程 化学専攻
人間文化研究科 博士後期課程 共生自然科学専攻

職歴
日本学術振興会特別研究員(DC2)  2000/01/01-2001/04/30 
京都大学大学院工学研究科物質エネルギー化学専攻 助手  2001/05/01-2007/03/31 
スクリプス研究所化学科 博士研究員 (米国)  2006/04/01-2007/12/17 
奈良女子大学理学部化学科 准教授  2008/01/01-2012/03/31 
奈良女子大学研究院自然科学系化学領域 准教授  2012/04/01-現在 

出身大学院
北海道大学  博士前期  薬学研究科  製薬化学専攻  1999/03  修了  国内   
北海道大学  博士後期  薬学研究科  創薬化学専攻  2001/04  中退  国内   

出身学校
北海道大学  薬学部  総合薬学科  1997/03  卒業  国内   

取得学位
博士(薬学)  北海道大学  2002/09 

免許・資格
有機溶剤作業主任者  2003/05/16   
特定化学物質等作業主任者  2003/06/10   
エックス線作業主任者  2005/02/03   
衛生工学衛生管理者  2013/09/09   

研究分野
合成化学 

キーワード
環境負荷低減を指向した遷移金属錯体触媒を用いる新しい有機合成反応の開発,およびその基盤となる遷移金属錯体の合成と反応性に関する研究 

研究テーマ
環境負荷低減を指向した遷移金属錯体触媒を用いる新しい有機合成反応の開発,およびその基盤となる遷移金属錯体の合成と反応性に関する研究  環境負荷低減、遷移金属錯体、触媒、有機合成反応、グリーンケミストリー  2001- 

共同・受託研究実績
フッ素系ガラスコーティング原料の開発  フッ素含有ケイ素系被膜の作成  2015/07-2018/03  国内共同研究 
詳細表示...

科学研究費採択
金属集合系の精密分子設計とナノ集合体の次元制御による新物質創成  基盤研究(A)一般  2018-2022 
脂肪族アルケンからのアルデヒドおよびその誘導体の環境低負荷型合成法の開発  基盤研究(C)一般  2018-2020 
末端アルケンへの酸素求核剤の逆マルコフニコフ型付加反応の開発  その他  2016-2017 
アルケンへの逆マルコフニコフ求核攻撃を鍵段階とする環境低負荷型酸化反応の開発  基盤研究(C)一般  2013-2015 
アルケンへの逆マルコフニコフ求核攻撃を鍵段階とするヘテロ官能基新導入法の開発  若手研究(B)  2011-2012 
詳細表示...

研究費・寄附金等採択
逆マルコフニコフ型求核攻撃を鍵段階とするアルケンへの二ヘテロ官能基導入によるヘテロ環骨格構築新反応  寄附金  有機合成化学協会研究企画賞(旭化成ファーマ研究企画賞)寄附金  2011-2012 
配向基の効果的利用を鍵とするアルケン類の高効率的な共二量化反応の開発  研究費(科研費を除く)  奈良女子大学研究推進プロジェクト経費  2011-2011 
環境負荷低減を目指したアルケン類の選択的共オリゴメリゼーション反応の開発  研究費(科研費を除く)  奈良女子大学プロジェクト経費  2008-2008 
詳細表示...

論文
Ruthenacyclopentanes as Intermediates in the Regio- and Stereoselective Linear Codimerization of N-Vinylamides with Electron-deficient Alkenes  Organometallics  学術雑誌  共著  36, 3931-3939  2017/10  Fukuzawa, Hiroko; Aoyagi, Nozomi; Sato, Ruriko; Kataoka, Yasutaka; Ura, Yasuyuki*    10.1021/acs.organomet.7b00545   
Templated Self-Assembly of Dynamic Peptide Nucleic Acids  Biochemistry  学術雑誌  共著  57, 160-172  2017/08  Beierle, John M.; Ura, Yasuyuki; Ghadiri, M. Reza; Leman, Luke J.*    10.1021/acs.biochem.7b00656   
A Fluxional Cu₈H₆ Cluster Supported by Bis(diphenylphosphino)methane and Its Facile Reaction with CO₂  Chem. Eur. J.  学術雑誌  共著  23, 9457-9461  2017/05  Nakamae, Kanako; Tanaka, Miho; Kure, Bunsho; Nakajima, Takayuki; Ura, Yasuyuki; Tanase, Tomoaki*    10.1002/chem.201702071   
Linear Triplatinum Tetrahydride Complex Supported by Triphosphine Ligands, [Pt₃(μ-H)₂(H)₂(μ-dpmp)₂](BF₄)₂ (dpmp = bis(diphenylphosphinomethyl)phenyl phosphine)  Eur. J. Inorg. Chem.  学術雑誌  共著  1422-1426  2017/01  Tanase, Tomoaki*; Yamamoto, Kana; Hatano, Rika; Nakamae, Kanako; Kure, Bunsho; Ura, Yasuyuki; Nakajima, Takayuki    10.1002/ejic.201601505   
Palladium-catalyzed Aerobic Synthesis of Terminal Acetals from Vinylarenes Assisted by pi-Acceptor Ligands  ChemCatChem  学術雑誌  共著  9, 751-757  2016/12  Matsumura, Satoko; Sato, Ruriko; Nakaoka, Sonoe; Yokotani, Wakana; Murakami, Yuka; Kataoka, Yasutaka; Ura, Yasuyuki*    10.1002/cctc.201601517  機関リポジトリ 
詳細表示...

研究発表
学会発表  パラジウムを用いた2-ピリドン類のN-H結合のアルケニルホスフィンへの量論的な逆マルコフニコフ付加反応  日本化学会第98春季年会  2018/03/22 
学会発表  第二級ホスフィンオキシドが促進するパラジウム上のベンジル配位子の酸素化反応  日本化学会第98春季年会  2018/03/22 
学会発表  イリジウム錯体を触媒とする末端アレンのヒドロシリル化反応  日本化学会第98春季年会  2018/03/22 
学会発表  Ind-P配位子を有するイリジウム錯体を用いた(sp2)炭素‐ケイ素結合の光開裂反応  日本化学会第98春季年会  2018/03/21 
シンポジウム発表、特別講演、招待講演等  Anions or Acids-promoted Oxygenation of a Benzyl Ligand in Palladium Complexes  2017 International Symposium on Chemistry Frontiers  2017/12/02 
詳細表示...

知的財産権
特許  エナミド及びその製造方法、並びにジエナミド及びその製造方法        2007/03  WO2007026654   
特許  2-アルキリデンテトラヒドロフラン誘導体及びその製造方法      2007-055936  2007/03     
特許  ルテニウム錯体触媒及びα,β―不飽和カルボン酸誘導体の製造方法      2005-279340  2005/10     
詳細表示...

受賞学術賞
有機合成化学協会研究企画賞(旭化成ファーマ研究企画賞)  2011/02/18  国内 
詳細表示...

担当授業科目
化学専門実験2 
芳香族有機化学 
パサージュ(18A) 
反応化学セミナーⅢ 
錯体触媒設計論 
詳細表示...

所属学会
日本化学会 1997-現在  国内
近畿支部 幹事 2015/03-現在
近畿支部 化学教育協議会委員 2009-2015/03
近畿化学協会 2001-現在  国内
錯体化学会 2008-現在  国内
有機合成化学協会 2010-現在  国内
触媒学会 2001-現在  国内