English
 研究院
 自然科学系
 生物科学領域
教授
渡邊   利雄
WATANABE Toshio

Tel.0742-20-3413
Fax.0742-20-3413

兼務職
附属中等教育学校長 

その他の所属・職名
理学部 化学生命環境学科 生物科学コース
附属中等教育学校長
人間文化研究科 博士前期課程 生物科学専攻
人間文化研究科 博士後期課程 共生自然科学専攻

職歴
東京大学応用微生物研究所(現分子細胞生物学研究所)・助手  1987/08/01-1996/04/14 
マックスプランク免疫生物学研究所・訪問科学者  1992/05/01-1994/04 
東北大学加齢医学研究所・助教授  1996/04/15-2006/03/31 
奈良女子大学大学院人間文化研究科・教授  2006/04/01-現在 

出身大学院
東京大学  修士  理学系研究科  生物化学  1984/03  修了  国内   
東京大学  博士  理学系研究科  生物化学  1987/03  修了  国内   

出身学校
東京大学  理学部  生物化学  1982/03  卒業  国内   

取得学位
理学博士  東京大学  1987/03 

教員からのメッセージ
培養細胞・遺伝子改変マウスを使って、我々哺乳類の生理現象を明らかにしよう。   

研究分野
生物分子科学 
遺伝・ゲノム動態 
分子生物学 
細胞生物学 
発生生物学 
医化学一般 
免疫学 

キーワード
がん細胞、発生、細胞分化、培養細胞、細胞生物学、分子遺伝学、生化学、免疫、血液、幹細胞、再生医療、生命科学、遺伝子操作マウス、ゲノム、 

共同・受託研究実績
Ptproのコンディショナルノックイン組換えマウスの作出とその機能解析  平成26年度個別共同利用研究  2014/06-2015/03  国内共同研究 
Ptprj及びPtproのコンディショナルノックイン組換えマウスの作出とその機能解析  平成25年度個別共同利用研究  2013/07-2014/03  国内共同研究 
新規乳癌関連分子のノックアウトマウスの作成とその解析による新たな発癌機構の解明  平成24年度 東北大学加齢医学研究所共同  2012/04-2013/03  国内共同研究 
改変型Ptprzノックインマウスの作出とその機能解析  平成24年度個別共同利用研究  2012/04-2013/03  国内共同研究 
改変型Ptprzノックインマウスの作出とその機能解析  平成23年度個別共同利用研究  2011/04-2012/03  国内共同研究 
詳細表示...

著書
史上最強図解 これならわかる!分子生物学  2013/04  ナツメ社  1-296    978-4816353499   
バイオイラストレイテッド すくすく育て細胞培養  1996/07  秀潤社         
詳細表示...

論文
A knockout mouse model reveals a critical role of Af10-dependent H3K79 methylation in midfacial development.  Scientific Reports  学術雑誌  共著    2017/09  Honami Ogoh, Kazutsune Yamagata, Tomomi Nakao, Lisa L. Sandell, Ayaka Yamamoto, Aiko Yamashita, Naomi Tanga, Mai Suzuki, Takaya Abe, Issay Kitabayashi, Toshio Watanabe,* and Daisuke Sakai*       
ADP-ribosylation factor 1.  Encyclopedia of Signaling Molecules, 2nd Edition  学術雑誌  単著    2017/03         
argeted disruption of the mouse protein phosphatase ppm1l gene leads to structural abnormalities in the brain.  FEBS Letters  学術雑誌  共著  in press  2016  Rie Kusano, Kousuke Fujita, Yasuharu Shinoda, Yuko Nagaura, Hiroshi Kiyonari, Takaya Abe, Toshio Watanabe, Yasuhisa Matsui, Masahiro Fukaya, Hiroyuki Sakagami, Tatsuya Sato, Jun-ichi Funahashi, Motoko Ohnishi, Shinri Tamura, and Takayasu Kobayashi.       
Partial loss of CALM function affects gamma-secretase-mediated A beta42 production and amyloid deposition in vivo.  Human Molecular Genetics  学術雑誌  共著  in press  2016  Kunihiko Kanatsu, Yukiko Hori, Sho Takatori, Toshio Watanabe, Takeshi Iwatsubo, and Taisuke Tomita       
The protein phosphatase 6 catalytic subunit (Ppp6c) is indispensable for proper post-implantation embryogenesis.  Mechanisms of Development  学術雑誌  共著  139, 1-9  2016/02  Honami Ogoh1, Nobuhiro Tanuma2, Yasuhisa Matsui3, Natsuki Hayakawa1, Ayaka Inagaki1, Mami Sumiyoshi1, Yuki Momoi2, Ayako Kishimoto1, Mai Suzuki1, Nozomi Sasaki2, Tsukasa Ohuchi2, Miyuki Nomura2, Yuriko Teruya1, Keiko Yasuda1, Toshio Watanabe1* and Hiroshi Shima2*       
詳細表示...

研究発表
学会発表  細胞膜近傍でのクラスリン集合を担うCALMの欠損は何故MVB/後期エンドソームを介する分解経路の異常を引き起こす原因を探る  2017年度生命科学系学会合同年次大会/第40回日本分子生物学会年会  2017/12 
学会発表  小胞輸送を制御するArf GTPase 活性化因子SMAP1とSMAP2の二重欠損胚におけるエンドサイトーシス経路の異常  2017年度生命科学系学会合同年次大会/第40回日本分子生物学会年会  2017/12 
学会発表  制御性T細胞の分化誘導に関わるシグナル伝達経路の解明  2017年度生命科学系学会合同年次大会/第40回日本分子生物学会年会  2017/12 
学会発表  Ppp6cは、マウス皮膚のがん抑制遺伝子として働く  第76回日本癌学会学術総会  2017/09/28 
学会発表  マスト細胞脱顆粒過程におけるPI3K経路の役割解明  第39回日本分子生物学会年会  2016/12 
詳細表示...

知的財産権
特許  細胞分化誘導剤  特願昭63-257875  1988/10/30         
詳細表示...

受賞学術賞
Long-Term-Fellowships by Human Frontier Science Program  1992/03/19  国外 
加藤記念日本分子生物学会奨励賞  1987/12  国内 
詳細表示...

担当授業科目
生物学実験 I 
詳細表示...

社会連携・国際交流活動
NWU-UL Mini-symposium on Bioscience  2013/03/08-2013/03/08     
NWU-UL Mini-symposium on Bioscience  2012/03/08-2012/03/08     
詳細表示...

所属学会
京都T細胞カンファレンス -現在  国内
運営委員 2007/06-現在
SUMO研究会 -現在  国内
麒麟塾ー血液学若手研究者勉強会ー -現在  国内
第3回麒麟塾 塾頭 2006/07-2007/07
日本プロテインホスファターゼ研究会 -現在  国内
世話人 監事 2000/04-現在
日本癌学会 -現在  国内
日本分子生物学会 -現在  国内
幹細胞研究会 -現在  国内
日本生化学学会 2012/03/27-現在  国内