English
 研究院
 生活環境科学系
 生活情報通信科学領域
講師
高田   雅美
TAKATA Masami

個人ウェブサイトはこちら

その他の所属・職名
生活環境学部 情報衣環境学科 生活情報通信科学コース
人間文化研究科 博士前期課程 情報科学専攻

職歴
独立行政法人 科学技術振興機構・研究員  2004/04/01-2006/03/31 
奈良女子大学・助教  2006/04/01-2013/04/30 
奈良女子大学・講師  2013/05/01-現在 

出身大学院
奈良女子大学  博士前期  人間文化研究科  情報科学専攻  2001/03  修了  国内   
奈良女子大学  博士後期  人間文化研究科  複合領域科学専攻  2004/03  修了  国内   

出身学校
広島県立尾道北高等学校      1996/03  卒業  国内   
奈良女子大学  理学部  情報科学科  2000/03    国内   

取得学位
博士(理学)  奈良女子大学  2004/03 

研究分野
ソフトウエア 

キーワード
数値計算
最適化
並列化 

研究テーマ
Effective Parallelization of Turbulent Flow Simulation  Parallel algorithm  2001-2001  電気通信普及財団「海外渡航旅費援助」
特定問題への新しい特異値分解アルゴリズムの適用に関する研究  特異値分解  2006-2009  若手研究B
マルチコアプロセッサに対応した革新的特異値分解ライブラリの開発  マルチコアプロセッサ  2008-2012  基盤研究A
Speed-up in mdLVs by Limitation in Computational Number of Shift  singular value decomposition  2009-2009  電気通信普及財団「海外渡航旅費援助」
近代デジタルライブラリの自動テキスト化  SVM  2009-2012  科学研究費補助金「基盤研究C」
近代書籍自動テキスト化支援環境の構築  遺伝的プログラミング,パターン認識  2014-2016 
近代書籍からの知の抽出  近代書籍自動テキスト化,深層学習,文語体自動翻訳  2017-2020  基盤研究B 17H01829

論文
Implementation of Computing Partial Singular Value Decomposition for Principal Component Analysis Using ARPACK  情報処理学会論文誌. 数理モデル化と応用  学術雑誌  共著  11/ 1, 37-44  2018/03  Masami Takata , Sho Araki , Kinji Kimura , Yuki Fujii , Yoshimasa Nakamura       
シフト付きCholesky QR分解を用いた特異値分解の高速化  情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS)  学術雑誌  共著  2017-MPS-116/ 1, 1-6  2017/12  髙田 雅美 , 荒木 翔 , 大澤 真之 , 青木 雅奈 , 木村 欣司 , 中村 佳正       
An Improvement of Augmented Implicitly Restarted Lanczos Bidiagonalization Method  In Proceedings of 2017 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications  学術雑誌  共著  281-287  2017/07  Yuya Ishida, Masami Takata, Kinji Kimura, and Yoshimasa Nakamura       
Early-Modern Printed Character Recognition using Ensemble Learning  In Proceedings of 2017 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications  学術雑誌  共著  288-294  2017/07  Kaori Fujimoto, Yu Ishikawa, Masami Takata, Kazuki Joe       
Hand shape recognition using the sEMG of the upper extremity  In Proceedings of 2017 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications  学術雑誌  共著  295-301  2017/07  Mayuko Iwamoto, Yu Ishikawa, Masami Takata, Kazuki Joe       
詳細表示...

研究発表
講演会、研究集会  シフト付きCholesky QR分解を用いた特異値分解の高速化  情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS)  2017/12 
学会発表  Validation of EEG Authentication Accuracy with Electrode Slippage  In Proceedings of 2017 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications  2017/07 
学会発表  Hand shape recognition using the sEMG of the upper extremity  In Proceedings of 2017 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications  2017/07 
学会発表  Early-Modern Printed Character Recognition using Ensemble Learning  In Proceedings of 2017 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications  2017/07 
学会発表  An Improvement of Augmented Implicitly Restarted Lanczos Bidiagonalization Method  In Proceedings of 2017 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications  2017/07 
詳細表示...

芸術系の活動・フィールドワーク等
展覧会:奥行き学習教材 -1000年教材の誕生-  2013/07/12-2013/07/19  フィールドワーク  共同 
詳細表示...

知的財産権
特許  固有値分解装置,及び固有値分解法    2006         
特許  特異値分解装置  特願2005-351089  2005/12         
詳細表示...

受賞学術賞
プレゼンテーション賞  2011/12  国内 
プレゼンテーション賞  2007/03  国内 
HPCS2006最優秀論文賞  2006/01/19  国内 
詳細表示...

担当授業科目
ネットワーク特論 
計算機通信機構論 
情報処理技術1 
情報処理入門 
プログラミング言語2 
詳細表示...

社会連携・国際交流活動
放送大学非常勤講師  2017-2017     
放送大学非常勤講師  2013-2015     
詳細表示...

所属学会
情報処理学会 若手研究者の会 2013/04/01-2016/03/31  国内
数理モデルと問題解決研究会代表 2013/04/01-現在
情報処理学会 数理モデルと問題解決研究会 2007/04/01-現在  国内
幹事(国際会議PDPTA担当) 2018/04/01-2021/03/31
幹事(国際会議PDPTA担当) 2008/04/01-2013/03/31
運営委員 2006/05-現在
情報処理学会 ハイパフォーマンスコンピューティング研究会 2000/04-現在  国内
運営委員会 2018/04-2020/03
情報処理学会 1999/07/01-現在  国内