English
 研究院
 自然科学系
 化学領域
教授
吉村   倫一
YOSHIMURA Tomokazu

1973年生まれ

個人ウェブサイトはこちら

その他の所属・職名
理学部 化学生命環境学科 化学コース
人間文化研究科 博士前期課程 化学専攻
人間文化研究科 博士後期課程 共生自然科学専攻

職歴
東京理科大学理学部応用化学科 助手・講師  2001/04-2006/03 
奈良女子大学大学院人間文化研究科共生自然科学専攻 助教授
(理学部化学科兼担)  2006/04-2007/03 
奈良女子大学大学院人間文化研究科共生自然科学専攻 准教授(学校教育法改正に伴い、名称変更)
(理学部化学科兼担)  2007/04-2012/03 
奈良女子大学研究院自然科学系化学領域 准教授(組織変更による配置換)  2012/04-2014/03 
奈良女子大学研究院自然科学系化学領域 教授  2014/04-現在 

出身大学院
熊本大学大学院  博士後期  自然科学研究科  生産科学専攻  2001/03  修了  国内   

出身学校
熊本大学  工学部  応用化学科  1996/03  卒業  国内   

取得学位
博士(工学)  熊本大学  2001/03 

研究分野
コロイド・界面化学 
機能物質化学 
物理化学 

キーワード
コロイド・界面化学 

研究テーマ
高性能・高機能化を目指した新規界面活性剤および両親媒性高分子の開発  ジェミニ,オリゴマー,テロマー,デンドリマー,フッ素,糖  1998- 
界面活性剤の水溶液物性に関する研究  表面張力,電気伝導度,蛍光,動的表面張力,界面粘弾性  2001- 
X線・中性子小角散乱、低温透過型電子顕微鏡を用いた分子集合体のナノ構造解析に関する研究  DLS,SAXS,SANS,cryo-TEM  2003- 
金属ナノ粒子の調製と物性に関する研究  TEM,触媒活性,活性酸素消去活性  2008- 
環境適合型界面活性剤を用いたエマルションの物性に関する研究  タービスキャン,顕微鏡  2005- 

共同・受託研究希望テーマ
次世代型新規界面活性剤の開発と性能評価(ジェミニ型、オリゴマー型、両親媒性高分子型、糖鎖型、フッ化炭素系など)    産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  技術相談,受託研究,共同研究   
小角散乱を用いた分子集合体のナノ構造解析    産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  技術相談,受託研究,共同研究,その他   
エマルションの調製と物性評価    産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  技術相談,受託研究,共同研究   
金属ナノ粒子の開発    産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  技術相談,受託研究,共同研究   
詳細表示...

共同・受託研究実績
X線小角散乱を用いた両親媒性化合物が形成する会合体の会合体特性に関する研究(企業)  共同研究  2016/04-現在  国内共同研究 
界面活性剤の物性に関する研究(企業)  共同研究  2015/07-現在  国内共同研究 
新規非イオン性界面活性剤の物性に関する研究(企業)  共同研究  2015/04-現在  国内共同研究 
新規界面活性剤の開発(企業)  共同研究  2015/04-現在  国内共同研究 
新規非イオン性界面活性剤の開発(企業)  共同研究  2015/04-現在  国内共同研究 
詳細表示...

著書
泡の生成メカニズムと応用展開  2017/04/27  シーエムシー出版  pp.101-110  19名執筆者     
界面活性剤の最新研究・素材開発と活用技術  2016/08  シーエムシー出版  pp.53-64  27名執筆者     
エマルションの特性評価と新製品開発、品質管理への活用-吸着挙動の解析、界面張力の測定、構造の解析、安定性の評価-(第2章4節「界面活性剤の性能評価法」担当)  2014/10  技術情報協会  pp.53-60  60名執筆者     
油脂・脂質・界面活性剤データブック  2012/12  丸善         
改訂第2版 界面と界面活性剤-基礎から応用まで-(第3章7節「ポリマー界面活性剤」担当)  2009/03  日本油化学会  pp.83-88       
詳細表示...

論文
Dynamic Surface Tension of Heterogemini Surfactants with Quaternary Ammonium Salt and Gluconamide or Sulfobetaine Headgroups  J. Oleo Sci.  学術雑誌  共著  in press  2017  T.Yoshimura, K.Nyuta       
Tadpole-Type Amphiphilic Dendrimers with Bulky Dendrons: Adsorption and Aggregation Properties  Colloids Surf., A  学術雑誌  共著  533, 197-203  2017/11  T. Yoshimura, A. Ebihara, H. Iwase    10.1016/j.colsurfa.2017.08.010   
Structure and Rheology of Wormlike Micelles Formed by Fluorocarbon-Hydrocarbon-Type Hybrid Gemini Surfactant in Aqueous SolutionHeadgroups  Langmuir  学術雑誌  共著  33/ 24, 6084-6091  2017/05  K.Morishima, S.Sugawara, T.Yoshimura, M.Shibayama    10.1021/acs.langmuir.7b00902   
Adsorption and Aggregation Properties of Homogeneous Polyoxypropylene-Polyoxyethylene Alkyl Ether Type Nonionic Surfactants  Langmuir  学術雑誌  共著  33/ 15, 3794-3801  2017/03  S.Yada, T.Suzuki, S.Hashimoto, T.Yoshimura    10.1021/acs.langmuir.7b00104   
Single-Alkyl and Multi-Alkyl Chain-Containing Amphiphilic Oligomers with Several Sugar Side Chains: Solution Properties and Nano-Structural Analysis of Aggregates by SANS  Colloid Polym. Sci.  学術雑誌  共著  295/ 5, 793-802  2017/05  T.Yoshimura, Y.Nakatani, K.Matsuoka, K.Akutsu, H.Iwase,    10.1007/s00396-017-4063-3   
詳細表示...

研究発表
シンポジウム発表、特別講演、招待講演等  小角散乱による界面活性剤集合体の構造解析  第2回小角X線散乱による評価技術開発研究会(名古屋・科学技術交流財団 研究交流センター)  2017/09/15 
学会発表  Micellar Structure and Solubilization Ability of N,N-Dimethyl-N-Alkyladamanthylammonium Bromide  The Asian Conference on Oleo Science (ACOS) 2017 & 第56回日本油化学会年会(東京・東京理科大学神楽坂キャンパス)  2017/09/13 
学会発表  各種エチレンアミン誘導体をスペーサーに用いた四級アンモニウム塩系ジェミニ型イオン液体の性質と水溶液中での物性  The Asian Conference on Oleo Science (ACOS) 2017 & 第56回日本油化学会年会(東京・東京理科大学神楽坂キャンパス)  2017/09/13 
その他  各種産業分野への利用を目指した新規界面活性剤の開発  奈良女子大学 新技術説明会(東京・JST東京本部別館1Fホール)  2017/09/12 
学会発表  N–アシル–N–(2–ヒドロキシエチル)– β –アラニン塩のアミノ酸系界面活性剤の気/液および液/液界面における吸着挙動の解明  The Asian Conference on Oleo Science (ACOS) 2017 & 第56回日本油化学会年会(東京・東京理科大学神楽坂キャンパス)  2017/09/12 
詳細表示...

知的財産権
特許  ジェミニ型界面活性剤  特願2014-047268  2014/03/11  特開2015-168680  2015/09/28     
特許  貴金属コロイド内包ラメラ構造体、その分散液及びこれを含む化粧品並びにその分散液の製造方法  特許出願2006-80734  2006/03/23  特許公開2007-254353  2007/10/04     
特許  糖質化合物及びそれからなる界面活性剤      特許公開2005-82555       
特許  低沸点有機化合物の固形化方法,その取り扱い方法及び固形状集合体からの低沸点有機化合物の再生方法      特許公開2001-48811  2001     
特許  両親媒性を有する部分4級化ビニルピリジン重合体およびそれから成る界面活性剤      特許公開平10-195139       
詳細表示...

受賞学術賞
20th J. Oleo Sci. Editor's Award  2017/05  国内 
平成24年度日本油化学会進歩賞  2013/04/30  国内 
平成18年度色材協会賞(論文賞)  2006/09/05  国内 
平成15年度色材協会賞(論文賞)  2003  国内 
詳細表示...

担当授業科目
パサージュ(15A) 
化学熱力学 
反応速度論 
環境機能化学 
電解質溶液化学 
詳細表示...

所属学会
日本化学会 -現在  国内
近畿支部幹事、代表正会員 2011/03-2013/02
日本化学会コロイドおよび界面化学部会 -現在  国内
役員会幹事 2015/04-現在
編集委員会委員 2008/04-現在
編集委員会副委員長 2015/04-2017/03
編集委員会委員長 2017/04-2019/03
討論会委員会委員 2013/04-現在
広報委員会委員 2015/04-現在
関西支部委員 2014/04-現在
日本油化学会 -現在  国内
関西支部幹事 2009/03-現在
若手の会委員長 2011/03-2013/02
アメリカ化学会 -現在  国外
色材協会 -現在  国内
高分子学会 2015/04-現在  国内