English
 研究院
 生活環境科学系
 生活健康学領域
准教授
芝﨑   学
SHIBASAKI Manabu

1969年生まれ

その他の所属・職名
生活環境学部 心身健康学科 生活健康学コース
人間文化研究科 博士前期課程 心身健康学専攻
人間文化研究科 博士後期課程 共生自然科学専攻

職歴
日本学術振興会特別研究員  1998/04/01-1999/03/31 
Institute for Exercise & Environmental Medicine, Presbyterian Hospital of Dallas, Research Associate  1998/08/01-1999/03/31 
奈良女子大学生活環境学部生活環境学科生活健康学講座助手  1999/04/01-2007/03/31 
在外研究(テキサス大学医学部ダラス校)  2004/03/25-2005/03/15 
奈良女子大学生活環境学部生活健康・衣環境学科助教  2007/04/01-2008/02/29 
奈良女子大学生活環境学部生活健康・衣環境学科准教授  2008/03/01-2009/03/31 
奈良女子大学大学院人間文化研究科准教授  2009/04/01-現在 

出身大学院
神戸大学  博士後期  自然科学研究科(学習院大学、甲南大学以外の大学)  知能科学  1998/03/31  修了  国内   

出身学校
神戸大学  教育学部  初等教育  1993    国内   

取得学位
博士(学術)  神戸大学   
修士(教育学)  神戸大学   

研究分野
環境生理学(含体力医学・栄養生理学) 

研究テーマ
高体温時の起立性耐性に関する研究  血圧 皮膚血流量 血管収縮  2004- 
高齢者の体温調節  発汗、皮膚血流量、アセチルコリン、ノルアドレナリン、マイクロダイアリシス  2009- 
皮内マイクロダイアリシスを用いた発汗および皮膚血管機能の評価  マイクロダイアリシス,皮膚,ヒト   
運動時の発汗および皮膚血管反応メカニズム  非温熱性要因 ヒト   

共同・受託研究実績
Neural and non-neural modulators of skin blood flow and sweating in humans.    2006/09-2010/10  国際共同研究 
暑熱負荷時における血圧変動による皮膚血流量調節    2006/06-2006/07  国際共同研究 
機械受容器反射の発汗および皮膚血流量に対する影響    2003/09-2003/10  国際共同研究 
暑熱環境下運動中の発汗および皮膚血流量に対するセントラルコマンドの影響    2002/05-2002/07  国際共同研究 
暑熱暴露時における皮膚血管反応に対するコリン作動性神経から放出されるアセチルコリンの影響    2000/08-2000/09  国際共同研究 
詳細表示...

著書
Fluid Balance, Hydration, and Athletic Performance  2016/01/08  CRC Press  33-58  Manabu Shibasaki and Scott L. Davis  978-1-4822-2328-6   
ニュー運動生理学II  2015/01/20  真興交易(株)医書出版部  329-336頁       
イラスト 社会・環境と健康  2011/04  東京教学社    朝山正己,稲葉 裕,池田若葉,井谷 徹,北川 章,黒澤美智子,芝崎 学,城 憲秀,竹谷 淳,新川美紀,本多恭子     
体温II-体温調節システムとその適応- 汗腺活動と皮膚血管、体温上昇と血圧調節  2010/11  NAP Limited  27-39頁       
運動生理学のニューエビデンス  2010/11  真興交易(株)医書出版部  329-336頁       
詳細表示...

論文
Suppression of cognitive function in hyperthermia; From the viewpoint of executive and inhibitive cognitive processing  Scientific Reports  学術雑誌  共著  in print  2017/01  Shibasaki M, Namba, M, Oshiro M, Kakigi R, and Nakata H.       
暑熱環境下における認知機能  繊維製品消費科学  学術雑誌  共著  58/ 1, 50-54  2017/01  芝﨑学.中田大貴.       
Effects of aerobic exercise under different thermal conditions on human somatosensory processing.  Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol  学術雑誌  共著  311/ 4, R629−R636  2016/10  Nakata H, Oshiro M, Namba, M, and Shibasaki M.       
The effects of elevations in internal temperature on event-related potentials during a single cognitive task in humans.  Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol  学術雑誌  共著  311/ 1, R33−R38  2016/07  Shibasaki M, Namba, M, Oshiro M, Crandall CG, and Nakata H.       
Effects of passive heat stress on human somatosensory processing  Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol  学術雑誌  共著  309, R1387−R1396  2015/12  Nakata H, Oshiro M, Namba, M, and Shibasaki M.       
詳細表示...

受賞学術賞
久野寧記念賞  2006  国内 
詳細表示...

担当授業科目
被服衛生学 
心身健康学概論Ⅰ 
生体機能調節論 
温熱生理学 
被服生理学 
詳細表示...