日本語
 Faculty
 Division of Humanities and Social Sciences
 Research Group of Language and Culture
Professor
SAITO   miwa
Birth:1967

Other faculty or department / position
Faculty of Letters Department of Language and Culture Courses of European and American Literature
Graduate School of Humanities and Sciences Master's Course Department of Language and Culture
Graduate School of Humanities and Sciences Doctoral Course School of Comparative Culture

Career
奈良女子大学文学部・助教授[准教授]  2006/04/01-Present 
京都工芸繊維大学・助教授  2003/10/01-2006/03/31 
奈良女子大学大学院・助手  2000/04/01-2003/09/30 

Graduate school
Nara Women's University  Doctor later  Graduate School, Doctral Research Course in Human Culture  比較文化学  1998/03  Withdrawn after completion of required course credits  Domestic   
Nara Women's University  Doctor prophase  Graduate School, Division of Letters  英文学  1994/03    Domestic   

Academic degrees
(BLANK)  Nara Women's University  2000/02 
文学修士  Nara Women's University  1994/03 

Current state of research and teaching activities
詩を中心に、イギリス文学を研究しています。

【大学院(博士前期・後期課程)】 これまでの指導学生の研究テーマ例
   ロマン派詩人、現代アメリカ詩人、児童文学・ファンタジー(ヴィクトリア朝および現代)など。

【学部】 これまでの指導学生の卒論テーマ例
   テニソン、キーツ、ダン、ロセッティ、イェイツ、ディキンソン、ルイス・キャロル、G.マクドナルド、
   ウルフ、ブロンテ、ディケンズなど。   

Current research field
European Language Literature 

Research keywords
English Poetry, Biography, Early Modern English Literature 

Subject of research
英米詩  近・現代詩   
Biography  Biography   
Elegy  English Elegy   
Metaphysical Poetry  John Donne   

Proposed theme of joint or funded research
伝記文学         
英米詩         
View details...

Scientific inquiry expense
近代英国における女性の<偉人伝>研究  基盤研究(C)一般  2013-2015 
キリスト教世界における子供の殉教研究  基盤研究(C)一般  2010-2012 
外国語力の長期保持に繋がる学習要因の解明に関する研究  萌芽研究  2004-2006 
ヨーロッパの自殺観  基盤研究(C)一般  2002-2003 
Political Lamentation:The Funeral Elegy in Early Modern England, 1603-1660 〔研究成果公開促進費〕  その他  2001-2001 
View details...

Books
(編著)『イギリスの詩を読む ―ミューズの奏でる寓意・伝説・神話の世界―』  2016/03/10  かもがわ出版  33-126  西出良郎  978-7803-0824-2   
(共著)『十七世紀英文学を歴史的に読む』  2015/05/30  英宝社  233-252       
(共著)『十七世紀英文学における終わりと始まり』  2013/05/30  金星堂  143-160       
(共著)『十七世紀英文学とミルトン』  2008/03  金星堂  233-49  荒川光男他13名     
(共訳)『ジョン・ダン「自殺論」』  2008/07  英宝社    吉田幸子他2名     
View details...

Papers
(翻訳)マーガレット・キャベンディッシュ「著者の生い立ちと人生についての真実の話」(1656年)〈後編〉  欧米言語文化研究  Bulletin of Universities and Institutes  Only  4, 93-104  2016/12         
無名少女の偉人伝 ―ジョン・ダン『周年追悼詩』―  欧米言語文化研究  Bulletin of Universities and Institutes  Only  3, 71-91  2015/12         
(翻訳)マーガレット・キャベンディッシュ「著者の生い立ちと人生についての真実の話」(1656年)〈前編〉  欧米言語文化研究  Bulletin of Universities and Institutes  Only  2, 113-124  2014/12         
殉教者を演じる魂-バニヤンの内的自伝『溢れる恩寵』についての考察-  欧米言語文化研究  Bulletin of Universities and Institutes  Only  1, 59-76  2013/12         
Review: Karen Weisman(ed.), The Oxford Handbook of Elegy  Notes and Queries, Oxford Journal  Academic Journal  Only  256/ 3, 465-6  2011/09         
View details...

Research presentations
Symposium  「英文学の楽しみ方ー英文学研究の展望」  日本英文学会「関西支部」設立準備大会シンポジアム  2005/12/17 
Symposium  「イギリスにおける〈文学〉の誕生」  日本英文学会 第77回全国大会:シンポジア「第一部門」  2005/05/21 
Conference presentation  「John Bunyan, Grace Abounding to the Chief of Sinners についての考察」(十七世紀英文学会関西支部での発表とほぼ同一の内容)  十七世紀英文学会全国大会  2013/05/24 
Conference presentation  「殉教者を演じる魂―John Bunyan, Grace Abounding to the Chief of Sinners―」  十七世紀英文学会関西支部例会  2013/03/30 
Conference presentation  「マーガレット・キャベンディッシュから読者へ」  奈良女子大学英語英米文学会  2006/11/18 
View details...

Alloted class
コンプリヘンシブ・イングリッシュ(1) 
表象文化論概論 
プラクティカル・イングリッシュ(5) 
イギリス文学テクスト論演習 
イギリス言語文化論特論AⅠ 
View details...

Social cooperation and an international exchange activity
独立行政法人大学入試センター教科科目第一委員会委員 英語(リスニング)   2010/04/01-2012/03/31     
View details...

Memberships of academic societies
日本英文学会 -Present  Domestic
日本英文学会関西支部 -Present  Domestic
編集委員長 2017/04/01-2018/03/31
副編集委員長 2016/04-2017/03
大会運営委員 2008/04/01-2010/03/31
十七世紀英文学会 -Present  Domestic
編集委員 2013/04/01-2017

Open class
奈良女子大学文学部公開講座  奈良女子大学  2017/10-2017/10 
View details...