English
 研究院
 生活環境科学系
 生活情報通信科学領域
顔写真 教授
城   和貴
JOE Kazuki

1958年生まれ

その他の所属・職名
生活環境学部 情報衣環境学科 生活情報通信科学コース
人間文化研究科 博士前期課程 情報科学専攻
人間文化研究科 博士後期課程 複合現象科学専攻

職歴
日本DEC ソフトウェア技術者  1984/04-1990/12 
ATR視聴覚機構研究所 研究員(日本DECより出向)  1986/09-1990/03 
(株)クボタ 主任研究員  1991/04-1993/03 
奈良先端科学技術大学院大学 助手  1996/07-1997/03 
和歌山大学 講師  1997/04-1998/03 
和歌山大学 助教授  1998/04-1999/03 
奈良女子大学 教授  1999/04-現在 

出身大学院
奈良先端科学技術大学院大学  博士  情報科学研究科  情報システム学専攻  1996  修了  国内   

出身学校
大阪大学  理学部  数学科  1984  卒業  国内   

取得学位
博士(工学)  奈良先端科学技術大学院大学   

研究分野
計算機科学 
知能情報学 
情報システム学(含情報図書館学) 
情報通信工学 

研究テーマ
自動並列分散化コンパイラ PROMIS-NWU の開発  コンパイラ 自動並列化 分散メモリ  2000-2003 

著書
コンピュータアーキテクチャ入門  2014/01/10  サイエンス社      978-4-7819-1328-5   
Lecture Notes in Computer Science 4759  2008/01  Springer         
International Journal of High Performance Computing and Networks, Vol.2, No.1 Special Issue on ISHPC-V  2005  InderScience         
International Journal of High Performance Computing and Networks, Vol.1, No.4 Special Issue on ISHPC-V  2004  InderScience         
International Journal of Parallel Programming, Vol.31, No.1  2003  Plenum Press,         
詳細表示...

論文
Evaluating Elements of Communicative Stuffed-toy Device Describes Scripts on SNS  The 2015 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications  学術雑誌  共著  2, 310-316  2015/07  Haruka Mase, Tomoko Yonezawa       
Visualization of Sensory Weight for Shouldering Randseru  The 2015 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications  学術雑誌  共著  2, 297-303  2015/07  Hitomi Oigawa, Yu Ishikawa, Masami Takata       
An Effective and Interactive Training Data Collection Method for Early-Modern Japanese Printed Character Recognition  The 2015 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications  学術雑誌  共著  2, 276-282  2015/07  Kazumi Kosaka, Taeka Awazu, Yu Ishikawa, Masami Takata       
Sign Language Recognition using Leap Motion Controller  The 2015 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications  学術雑誌  共著  2, 263-269  2015/07  Makiko Funasaka, Yu Ishikawa, Masami Takata       
A Music Composition Model with Genetic Programming -A Case Study of Chord Progression and Bassline-  The 2015 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications  学術雑誌  共著  2, 256-262  2015/07  Kanae Kunimatsu, Yu Ishikawa, Masami Takata       
詳細表示...

研究発表
学会発表  DeepLearningを用いたSNSからの知識抽出の一手法  情報処理学会数理モデル化と問題解決研究会  2016/03/08 
シンポジウム発表、特別講演、招待講演等  GPを用いた活字風手書き文字の生成  進化計算シンポジウム2015  2015/12/20 
学会発表  脳波計測位置のずれが脳波個人認証に与える影響  情報処理学会数理モデル化と問題解決研究会  2015/09/22 
学会発表  近代書籍用OCRのための学習用特定フォントセットの自動生成手法  情報処理学会数理モデル化と問題解決研究会  2015/09/22 
学会発表  上肢神経系セルフチェックのためのHapLogを用いた評価システムの試作  情報処理学会数理モデル化と問題解決研究会  2015/09/22 
詳細表示...

知的財産権
  ・ニューラルネットにおける学習方法3          1949819   
  ニューラルネットにおける学習方法1          2046960   
  ニューラルネットにおける学習方法4          2054649   
  ニューラルネットにおける学習方法2          2094529   
  高速アレイ・アクセス方式          2594062   
詳細表示...

受賞学術賞
PDPTA2006 Achievement Award  2006/06  国外 
情報処理学会数理モデル化と問題解決研究会功労賞  2006/03  国内 
PDPTA2005 Achievement Award  2005/06  国外 
PDPTA2002 Achievement Award  2002  国外 
PDPTA2001 Achievement Award  2001  国外 
詳細表示...

担当授業科目
マルチメディア情報工学 
並列計算システム特論 
情報理論 
パターン認識論 
情報衣環境学概論 
詳細表示...

所属学会
情報処理学会論文誌数理モデル化と応用編集委員長 2012-現在  国内
情報処理学会 2002-2003  国内
関西支部幹事 2002-2003
情報処理学会 2001-2004  国内
代表会員 2001-2005
情報処理学会数理モデル化と問題解決研究会 2001-2004  国内
主査 2001-2004