English
 研究院
 自然科学系
 物理学領域
顔写真 教授
林井   久樹
HAYASHII Hisaki

1955年生まれ
Fax.0742-20-3390

兼務職
理学部長 

その他の所属・職名
理学部 数物科学科 物理学コース
人間文化研究科 博士前期課程 物理科学専攻
人間文化研究科 博士後期課程 複合現象科学専攻

職歴
奈良女子大学理学部助手  1985/04/01-1996/08/01 
奈良女子大学理学部助教授  1996/08/01-2003/11/01 
奈良女子大学理学部教授  2003/04/11-2012/04/01 
奈良女子大学研究院自然科学系教授  2012/04/01-現在 

出身大学院
名古屋大学  修士  理学研究科    1981/03  修了  国内   
名古屋大学    理学研究科  物理学  1984/03  単位取得満期退学  国内   

取得学位
理学博士  名古屋大学   
理学修士  名古屋大学   

教員からのメッセージ
素粒子の実験的研究を行う高エネルギー物理学が専門です。高エネルギー加速器機構で行われている電子・陽電子衝突実験(通称ベル実験)に1990年代から参加しています。今はそれをアップグレードしたベルII測定器を用いて、素粒子の標準理論を越える新しい物理の発見を目指しています。URL: http://belle.kek.jp/   

研究分野
素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理 
素粒子実験 

キーワード
2018年度から、Belle II実験のデータを用いたダークマター探索を始める予定。
素粒子、小林・益川理論、B-ファクトリー、CP対称性の破れ、タウ・レプトン、レプトンフレーバー非保存,ハドロンスペクトラム関数、荷電レプトン系のCP対称性の破れ、B中間子 

研究テーマ
タウ粒子におけるレプトンフレーバー保存則をやぶる崩壊の探索  タウ粒子、レプトンフレーバーの保存則,新物理  2001-2015 
レプトン加速器を用いたダークマターの探索  ダークマター  2018- 
タウレプトンのハドロン崩壊における構造関数の測定  タウレプトン、ハドロン構造関数, CKM 行列、 ストレンジクオークの質量、ミュー粒子異常磁気モーメント  2001-2018 
タウレプトンのハドロンは崩壊におけるCP非対称性の破れの探索  タウ・レプトン、CPの破れ、ハドロン電流  2004-2018 
タウ-レプトンの研究  タウレプトン,CP非保存   
CP非保存の研究  CP非保存,B中間子,非対称衝突型加速器   
高エネルギーe+e-反応の研究  標準モデル,弱い相互作用,強い相互作用   

共同・受託研究希望テーマ
レプトンフレーバーを破る崩壊の探索実験    大学等の研究機関との共同研究を希望     
タウ・レプトンの崩壊を用いたベクター・軸ベクタースペクトラル関数の測定    大学等の研究機関との共同研究を希望     
詳細表示...

論文
Search for the Lepton-Flavor-Violating Decay B^0->K^*0 \mu e.  Phys. Rev.  学術雑誌  共著  D 98/ 071101(R), 1-8  2018/10  S. Sandilya, et al., and Belle collaboration.    10.1103/PhysRevD.98.071101   
Measurement of eta_c(1S), eta_c(2S) and non-resonant eta'pi+pi- production via two-photon collisions.  Phys. Rev.  学術雑誌  共著  D 98/ 072001, 1-19  2018/10  Q.N. Xu, et al., and Belle collaboration.    10.1103/PhysRevD.98.072001   
Inclusive study of bottomonium production in association with an eta meson in e+e- annihilations near Upsilon(5S).  EPJ  学術雑誌  共著  C/ 78, 633(10 page)  2018/08  U. Tamponi, et al., and Belle collaboration.    10.1140/epjc/s10052-018-6086-4   
Observation of Upsilon(4S)->eta' Upsilon(1S)  Phys. Rev. Lett.  学術雑誌  共著  121/ 062001, 1-6  2018/08  E. Guido, et al., and Belle collaboration.    10.1103/PhysRevLett.121.062001   
Observation of an excited Omega^- baryons  Phys. Rev. Lett.  学術雑誌  共著  121/ 052003, 1-6  2018/08  J. Yelton, et al., and Belle collaboration.    10.1103/PhysRevLett.121.052003   
詳細表示...

研究発表
学会発表  タウレプトン崩壊tau- -> pi- pi+pi-pi0 nu_tauの崩壊分岐比およびスペクトラル関数の測定  2015年春の物理学会  2015/03/21 
シンポジウム発表、特別講演、招待講演等  Measurement of the branching fraction and the spectral fucntion in the tau- ->pi-pi+pi-pi0 nu decay.  International conference on the tau lepton physics (TAU 2014)  2014/09/15 
シンポジウム発表、特別講演、招待講演等  Measurement of the tau lepton lifetime  International conference on the high energy physics (ICHEP 2014)  2014/07/08 
シンポジウム発表、特別講演、招待講演等  Flavor Physics at e+e- colliders, status and outlook  Recontre Blois (Blois 2013)  2013/05/30 
シンポジウム発表、特別講演、招待講演等  CP Violation in charm and tau  Flavor Physics and CP Violation (FPCP2012)  2012/05/22 
詳細表示...

担当授業科目
物理学実験2 
相対性理論 
現代の物理(B) 
物理学特別実験I 
物理学特別実験II 
詳細表示...

教育実績
マスマティカを用いた講義  2008/04/01-現在  「可視化GP」事業の一環として導入された「プロジェクト演習B」においてマスマティカを用いた講義を行っている。 
実験指導書,講義ノートの作成  2008/04/01-現在  基礎実験3の実験指導書を作成、相対性理論、現代の物理学の講義ノートを作成し、学生の理解度の向上の努めている。 
詳細表示...

社会連携・国際交流活動
タウレプトンの物理に関する国際会議の国際アドバイサリ委員会メンバー  2002/10/01-2017/12/01     
バングラディシュチッタゴン大学大訪問  2016/05/07-2016/05/15  チッタゴン大学  理学部長 
EAIE conference 2015に参加、およびトルコ共和国中東工科大訪問  2015/09/12-2015/09/24  EAIE conference 2015 and METU  理学部長 
低エネルギーe+e-衝突反応に関する国際会議の国際アドバイサリ委員会メンバー  2002/10/01-2014/12/01     
奈良先端科学技術大アドバiサリー委員会委員  2017/05/01-2019     
詳細表示...

所属学会
日本物理学会 1980/04/01-現在  国内
素粒子実験領域代表 2011/10/01-2013/03/30

公開講座
放射線の社会的利用と原子力発電法を考える  奈良女子大学 理学部  2018/11-2018/11 
これでわかるノーベル賞受賞の理由  奈良女子大学 理学部および理系女性教育開発共同機構  2015/11-2015/11 
放射線と素粒子のお話  奈良女子大学 理学部物理科学科  2013/09-2013/09 
物理科学科公開講座  奈良女子大学理学部物理科学科  2007/09-2007/09 
物理科学科公開講座  奈良女子大学理学部物理科学科  1999/09-1999/09 
詳細表示...