English
 研究院
 生活環境科学系
 食物栄養学領域
教授
松田   覚
MATSUDA Satoru

Tel.0742-20-3451
Fax.0742-20-3451

その他の所属・職名
生活環境学部 食物栄養学科
人間文化研究科 博士前期課程 食物栄養学専攻
人間文化研究科 博士後期課程 共生自然科学専攻

職歴
学術振興会特別研究員  1990/04-1992/03 
東京大学医科学研究所助手  1992/04-1997/06 
名古屋大学医学部講師  1997/07-2000/03 
名古屋大学医学部助教授  2000/04-2003/09 
奈良女子大学生活環境学部教授  2003/10-現在 

出身大学院
東京大学大学院  博士  医学系研究科  第一臨床医学  1988  修了  国内   

取得学位
医学博士  東京大学   

研究分野
医化学一般 

研究テーマ
RNA干渉を応用したヒト疾患の予防と治療  RNA干渉 がん Dicer  2001- 

著書
食物科学概論  2014/03/25  朝倉書店    松田覚 他     
高校生物基礎  2012/01  実教出版         
未来を拓く理数教育への挑戦―奈良女子大学附属中等教育学校  2010/07  文理閣    吉田 信也     
恋愛食ー賢い女子中高生のための食育  2006/02  久美    松田覚他22名     
食 up to date  2005/01  金芳堂         
詳細表示...

論文
Roles of oncogenes and tumor-suppressor genes in osteoclastogenesis.  Int J Mol Med  学術雑誌  共著  39/ 2, 261-267  2017  Minami A, Ogino M, Nakano N, Ichimura M, Nakanishi A, Murai T, Kitagishi Y, Matsuda S.    10.3892/ijmm.2017.2847   
PI3K/AKT signaling mediated by G protein‑coupled receptors is involved in neurodegenerative Parkinson's disease.  Int J Mol Med  学術雑誌  共著  39/ 2, 253-260  2017  Nakano N, Matsuda S, Ichimura M, Minami A, Ogino M, Murai T, Kitagishi Y.    10.3892/ijmm.2016.2833   
PINK1 signaling in mitochondrial homeostasis and in aging.  Int J Mol Med  学術雑誌  共著  39/ 1, 3-8  2017  Kitagishi Y, Nakano N, Ogino M, Ichimura M, Minami A, Matsuda S.    10.3892/ijmm.2016.2827   
Effective PI3K modulators for improved therapy against malignant tumors and for neuroprotection of brain damage after tumor therapy.  Int J Oncol  学術雑誌  共著  49/ 5, 1785-1790  2016  Matsuda S, Ichimura M, Ogino M, Nakano N, Minami A, Murai T, Kitagishi Y.    10.3892/ijo.2016.3710   
Roles of PTEN with DNA Repair in Parkinson's Disease.  IJMS  学術雑誌  共著  15/ 17, E954  2016/06  Matsuda S, Ogino M, Ichimura M, et al.    10.3390/ijms17060954   
詳細表示...

芸術系の活動・フィールドワーク等
奈良県なら健康減塩食プロジェクトの減塩ツール作成と監修  2014/10-2015/03  その他  共同 
詳細表示...

担当授業科目
臨床栄養学総論 
食医化学 
分子食医化学 
病態内科学 
食医化学演習 
詳細表示...

所属学会
日本家政学会 -現在  国内
日本癌学会 -現在  国内
日本生化学会 -現在  国内
日本分子生物学会 1990-現在  国内