日本語
 Faculty
 Division of Human Life and Environmental Sciences
 Research Group of Food Science and Nutrition
顔写真 Professor
INOUE   HIROYASU
Birth:1959

My website is here.

Other faculty or department / position
Faculty of Human Life and Environment Department of Food Science and Nutrition
Graduate School of Humanities and Sciences Master's Course Department of Food Science and Nutrition
Graduate School of Humanities and Sciences Doctoral Course School of Natural Science and Ecological Awareness

Career
日本学術振興会奨励研究員(ドクターコース)  1986/04-1987/03 
Investigator, Division of Enzyme Chemistry, Dept of Biochemistry,
National Cardiovascular Center Research Institute  1987/04-1994/01 
Southwestern Medical Center at Dalla, Dept. of Biochemistry, University of Kentucky Medical Shool (Professor Louis B. Hersh)  1991/11-1993/10 
Division Chief, Division of Molecular Pharmacololgy, Dept. of Pharmacology,
National Cardiovascular Center Research Institute  1994/01-2004/03 
Professor, Dept. of Food Science and Nutrition, Faculty of Human Life and Environment, Nara Women's University  2004/03-Present 

Graduate school
Osaka University  Master course  Medical School  Medical Science (Master Course)  1983  Completed  Domestic   
Osaka University  Doctor course  Medical School (Doctor Course)  Dept. Nutrition & Physiological chemistry  1987  Completed  Domestic   

School
Kyoto University  Faculty of Science  生物系  1981  Graduated  Domestic   

Academic degrees
Ph. D.  Osaka University   
Master of Medical Science  Osaka University   

Licenses and qualifications
衛生工学衛生管理者  2012/04/24   

Current state of research and teaching activities
googlescholar citation:
http://scholar.google.com/citations?user=ouMvz60AAAAJ&hl=en
Researchgate:
https://www.researchgate.net/profile/Hiroyasu_Inoue/   

Current research field
Molecular Nutrition 
Food Functional Chemistry 
Medical Chemistry in General 

Research keywords
life-style related diseases, molecular nutrition, nuclear receptor, prostaglandin, cyclooxygenase, taste receptor, miraculin 

Subject of research
Discovery of novel molecular mechanism in food constituents toward prevention of lifestyle-related diseases  French Paradox nuclear receptor resveratrol cyclooxygenase  2004- 
Molecular biological study on the perception of taste  taste receptor miraculin taste modifier  2006- 

Proposed theme of joint or funded research
生活習慣病予防をめざした遺伝子プロモーター解析    Wish to undertake joint research with industry and other organizations including private sector.  Commisioned research,Joint research   
味覚に関する分子生物学的研究    Wish to undertake joint research with industry and other organizations including private sector.  Commisioned research,Joint research   
View details...

Achievements of joint or funded research
シロイヌナズナを用いたミラクリンの分子機能の解明  京都大学化学研究所 化学関連分野の深化・連携を基軸とする先端・学際研究拠点  2014/03-2016/03  Domestic joint research within Japan 
シロイヌナズナを用いたミラクリンの大量発現  京都大学化学研究所 化学関連分野の深化・連携を基軸とする先端・学際研究拠点  2010/04-2013/03  Domestic joint research within Japan 
食品素材の機能性評価    2007/04-Present  Domestic joint research within Japan 
植物性ポリフェノール(レスベラトロールなど)の新しい作用機構の解明と利用  シーズ発掘試験研究  独立行政法人 科学技術振興機構  2005/05-2006/03  Commisioned research by the investment 
View details...

Scientific inquiry expense
ミラクリン非感受性のヒト遺伝子解析による味覚修飾分子機構の検討  萌芽研究  2015-2016 
生活習慣病予防が期待される食品機能成分の新しい評価系と応用  基盤研究(B)一般  2012-2014 
甘味および旨味受容体の諸臓器における発現と機能、特に肥満・糖尿病との関連について  基盤研究(C)一般  2011-2013 
中性脂肪蓄積心筋血管症に対する栄養療法の開発  基盤研究(C)一般  2011-2012 
味覚修飾タンパク質ミラクリンによる味覚受容体に対する影響の検討  萌芽研究  2010-2011 
View details...

Research cost, Donation cost, etc.
Improvement of lipid metabolism by soybean-derived components via activation of PPAR  Science research expense  奈良女子大学研究推進プロジェクト  2015-2015 
大豆由来成分による脂質代謝改善効果の分子作用機構解明(共同研究者 中田理恵子)  Science research expense  タカノ農芸化学研究助成  2015-2015 
運動・身体機能維持を促す次世代機能性食品の創製 (代表 京都大 森谷敏夫、  共同分担 奈良女子大 中田理恵子)  Science research expense  運動・身体機能維持を促す次世代機能性食品の創製  2014-2018 
脂質代謝改善の分子栄養学的研究  Science research expense  上原記念生命科学財団研究助成金  2014-2015 
食用植物由来成分によるPPAR活性化を介した脂質代謝改善効果  Science research expense  財団法人旗影会 研究助成  2013-2013 
View details...

Books
食品因子による栄養機能制御(日本栄養・食糧学会 監修) 第14章 北海道で命名されたレスベラトロールのPPAR活性化を介した機能性  2015  建帛社  130-143  井上裕康、滝澤祥恵、中田理恵子  978-4-7679-6181-1   
赤ワインの機能性成分レスベラトロールの分子標的と将来展望 赤ワインの機能性成分レスベラトロールの分子標的と将来展望 食品分析開発センターSUNATEC メールマガジン 2015年9月号  http://www.mac.or.jp/mail/150901/01.shtml  2015/09  食品分析開発センターSUNATEC メールマガジン 2015年9月号         
栄養・食糧学用語辞典改訂2版  2014  建帛社         
分子栄養学 第8章 ヒトの遺伝子  2014/07/10  羊土社  116-133       
食品学 II 改訂第2版 第8章 微生物利用食品  2011/11  南江堂  181-189  中田理恵子、井上裕康     
View details...

Papers
Resveratrol targets in Inflammation (Invited review)  ENDOCRINE METABOLIC AND IMMUNE DISORDERS-DRUG TARGETS (EMID-DT; Bentham Science Publishers PMID:25772176  Academic Journal  Joint  in press  2015  Hiroyasu Inoue, Rieko Nakata       
The 4’-hydroxyl group of resveratrol is functionally important for direct activation of PPARα  PLOS ONE  Academic Journal  Joint  in press  2015  Yoshie Takizawa, Rieko Nakata, Kiyoshi Fukuhara, Hiroshi Yamashita, Hideo Kubodera, Hiroyasu Inoue       
Resveratrol and Cardiovascular Disease (invited review)  Current Nutrition Reports, Springer  Academic Journal  Joint  3, 163-169  2014  Rieko Nakata, Hiroyasu Inoue       
The role of AMPK and PPARγ1 in exercise-induced lipoprotein lipase in skeletal muscle.  Am J Physiol Endocrinol Metab.  Academic Journal  Joint  306, E1085-92  2014/05  Sasaki T, Nakata R, Inoue H, Shimizu M, Inoue J, Sato R.       
健康保持増進への寄与が期待できる精油成分の機能性評価 井上裕康、中田理恵子  日本食品化学研究振興財団 第19回研究成果報告書  Other  Only  19, 32-36  2013        Repository 
View details...

Research presentations
Conference presentation  レスベラトロールによるPPARα活性化におけるcAMPを介したフィードフォワード制御  BMB2015(第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会)  2015/12/02 
Conference presentation  GPR120活性化を指標とする新規食品機能評価系の検討  BMB2015(第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会)  2015/12/02 
Conference presentation  マウスマクロファージ様RAW264細胞の極性化におけるPPARとCOX経路の関与の検討  BMB2015(第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会)  2015/12/02 
Conference presentation  レスベラトロール長期摂取による抗動脈硬化作用の検討  BMB2015(第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会)  2015/12/02 
Conference presentation  COX-2発現抑制とPPAR活性化を指標にした辛味成分の機能性評価  第54回 日本栄養·食糧学会 近畿支部大会  2015/10/10 
View details...

Academic awards
ICOFF2011 poster award  2011/11  Overseas 
実用化のための可能性試験(FS)  2006  Domestic 
Research grant from the Nestle Nutrition Council, Japan  2005  Domestic 
森永奉仕会賞  2005  Domestic 
日本ビタミン学会奨励賞  2002  Domestic 
View details...

Social cooperation and an international exchange activity
レスター大学の国際交流促進および視察、今後の打合せ等。 JASSOによる学生の短期留学に同行  2013/11/09-2013/11/17     
岡山バイオアクティブ研究会シンポジウム 「肥満を抑制する機能性食品素材〜基礎から応用〜」 基調講演:PPAR活性化を標的とするレスベラトロールの機能性評価と新しい食品素材の探索:薬食同源の機能性食品素材  2012/06/08-2012/06/08     
View details...

Memberships of academic societies
脂溶性ビタミン総合研究委員会 -Present  Domestic
委員 2012/04-Present
日本脂質生化学会 -Present  Domestic
幹事 2009/11-2012/12
日本家政学会 -Present  Domestic
関西支部庶務幹事 2010/05-2012/04
日本ビタミン学会 -Present  Domestic
評議員 2006/05-Present
日本分子生物学会 -Present  Domestic
日本肥満学会 2011/04-Present  Domestic
日本ポリフェノール学会 2010/11-Present  Domestic
理事 2011/11/10-Present
日本味と匂い学会 2006-Present  Domestic
評議員 2011-Present
日本栄養食糧学会 2005-Present  Domestic
評議員 2005-Present
日本生化学会 2005-Present  Domestic
評議員 2005-Present

Open class
平成26年度奈良女子大学生活環境学部公開講座 「食に関する最近の話題」  奈良女子大学生活環境学部  2014/11- 
COC学術研究会 第8回健康長寿長野研究会における学術講演  松本大学 2014年6月7日  2014/06-2014/06 
第8回神戸女子大学栄養研究会講演会 2011年6月26日(日)に神戸女子大学教育センターで開催された神戸女子大学栄養研究会講演会で講演する  神戸女子大学 「管理栄養士キャリア支援ネットワークの構築」事業  2011/06- 
あなたの知らない身近な世界 「食品について」  奈良市生涯学習センター  2010/11-2010/11 
平成21年度奈良女子大学公開講座 薬食同源:本草学から機能性食品の開発へ  奈良女子大学  2009/09- 
View details...