English
 研究院
 自然科学系
 生物科学領域
顔写真 教授
佐伯   和彦
SAEKI Kazuhiko

1957年生まれ

その他の所属・職名
理学部 化学生命環境学科 生物科学コース
理学部 化学生命環境学科 環境科学コース
人間文化研究科 博士前期課程 生物科学専攻
人間文化研究科 博士後期課程 共生自然科学専攻
共生科学研究センター

職歴
ミシガン州立大学 生化学科およびミシガンバイオテクノロジー研究所Visiting Research Associate  1986/08-1987/08 
大阪大学理学部生物学科・教務職員  1987/09-1989/10 
大阪大学理学部生物学科・助手  1989/11-1995/05 
大阪大学理学部生物学科・講師  1995/06-1996/03 
大阪大学大学院理学研究科生物科学専攻・講師  1996/04-2000/04 
大阪大学大学院理学研究科生物科学専攻・助教授  2000/05-2004/09 
奈良女子大学理学部生物科学科・教授  2004/10-現在 

出身大学院
大阪大学  博士  理学研究科  生物化学専攻  1986  修了  国内   

出身学校
東京大学  理学部  生物化学科  1981  卒業  国内   

取得学位
理学博士  大阪大学   

研究分野
植物生理 
機能生物化学 
微生物ゲノミクス 

キーワード
窒素固定、共生、植物微生物相互作用、タンパク質分泌系 

研究テーマ
窒素固定共生のゲノム生物学  根粒菌 植物微生物相互作用 共生  1999- 

共同・受託研究実績
科学技術総合研究委託費・委託業務・平成19年度「科学技術連携施策群の効果的・効率的な推進 食料・生物生産研究」、 「植物・微生物間共生におけるゲノム相互作用」のうち、「3-2.宿主防御システムに対抗し回避・抑制するための根粒菌マシナリー」  文部科学省受託事業・ゲノム相互作用  2007/09-2010/03  出資金による受託研究 
詳細表示...

著書
“Chapter 5: Genome sequence and gene functions in Mesorhizobium loti and relatives” In The Lotus japonicus Genome (Eds. Tabata S and Stougaard J)  2014/10/09  Springer-Verlag, Berlin, Germany  41-57    978-3662442692   
光合成微生物の機能と応用  2006/12  シーエムシー出版  170-176  上原赫・監修、三室守他56名     
モデル植物の実験プロトコール(第3版)イネ・シロイヌナズナ・ミヤコグサ編  2005/04  秀潤社  315-317  島本功・岡田清孝・田畑哲之監修・長戸康郞他86名     
“Electron Transport to Nitrogenase: Diverse Routes for A Common Destination” In Genetics and Regulation of Nitrogen Fixing in Free-Living Bacteria (Eds. W. Klipp, B. Masepohl, J.R. Gallon & W.E. Newton) pp.257-290  2004  Kluwer Academic Publishers, Dortrecht, Netherland (ISBN: 1-4020-2178-X)         
“Genome analysis of Mesorhizobium loti” In Biotechnology in Agriculture and Forestry Vol 52. Brassica and Legumes: From genome structure to plant breeding (Eds. T. Nagata and S. Tabata) pp.203-216  2003  Springer-Verlag, Berlin, Germany (ISBN: 3-540-42728-7)         
詳細表示...

論文
Whole-Genome Sequence of the Nitrogen-Fixing Symbiotic Rhizobium Mesorhizobium loti Strain TONO  Genome Announcements  学術雑誌  共著  4/ 5, e01016-16  2016/10  Shimoda Y, Hirakawa H, Sato S, Saeki K, Hayashi M    10.1128/genomeA.01016-16   
Genome analysis of a novel Bradyrhizobium sp. DOA9 carrying a symbiotic plasmid  PLOS One  学術雑誌  共著  10/ 2, e0117392  2015/05  Okazaki S, Noisangiam R, Okubo T, Kaneko T, Oshima K, Hattori M, Teamtisong K, Songwattana P, Tittabutr P, Boonkerd N, Saeki K, Sato S, Uchiumi T, Minamisawa K and Teaumroong N    10.1371/journal.pone.0117392   
Peribacteroid solution of soybean root nodules partly induces genomic loci for differentiation into bacteroids of free-living Bradyrhizobium japonicum cells  Soil Science and Plant Nutrition  学術雑誌  共著  61/ 1, 1-10  2015/01  Ohkama-Ohtsua N, Ichida S, Yamaya H, Ohwada T, Itakura M, Hara Y, Mitsui H, Kaneko T, Tabata S, Tejima K, Saeki K, Omori H, Hayashi M, Maekawa T, Murooka Y, Tajima S, Simomura K, Nomurak M, Uchiumil T, Suzukim A, Shimodai Y, Abel M, Minamisawa K, Arima Y and *Yokoyama T    10.1080/00380768.2014.994470   
Involvement of a novel genistein-1 inducible multidrug efflux pump of Bradyrhizobium japonicum early in the interaction with Glycine max (L.) Merr  Microbes and Environments  学術雑誌  共著  28/ 4, 414-421  2013/11  Takeshima K, Hidaka T, Wei M, Yokoyama T, Minamisawa K, Mitsui H, Itakura M, Kaneko T, Tabata S, Saeki K, Omori H, Tajima S, Uchiumi T, Abe M, Tokuji Y and *Ohwada T and Sato S    10.1264/jsme2.ME13057   
Hijacking of leguminous nodulation signaling by the rhizobial type III secretion system  Proc. Natl. Acad. Sci. U. S. A.  学術雑誌  共著  110/ 42, 17131-17136  2013/10  *Okazaki S, Kaneko T, Sato S and Saeki K    10.1073/pnas.1302360110   
詳細表示...

研究発表
学会発表  How do host legume plants reject cheating rhizobia?  The 58th Annual Meeting of The Japanese Society of Plant Physiologists  2017/03/17 
学会発表  Rhodobacter capsulatusにおけるレチナールの合成に向けて  第58回日本植物生理学会年会  2017/03/16 
学会発表  GFP派生物を用いたin vivo, in plantaでの細胞内外pHの計測へ向けて  第58回日本植物生理学会年会  2017/03/16 
学会発表  根粒菌ゲノムのマーカーレス改変のための新規ツールセットの開発とその利用  第10回日本ゲノム微生物学会年会  2016/03/05 
学会発表  ミヤコグサ根粒菌のNaCl耐性に関する比較ゲノムおよび分子遺伝解析  BMB2015(第38回分子生物学会年会/第88回日本生化学会大会・合同大会)  2015/12/02 
詳細表示...

担当授業科目
パサージュ(8A) 
パサージュ(8B) 
生物環境科学特論6 
分子・細胞生物学特論1 
生物環境科学特論1 
詳細表示...

所属学会
日本ゲノム微生物学会 2011/01/01-現在  国内
International Society for Molecular-Plant Microbe Interaction 1999-現在  国外
植物微生物研究会 1997-現在  国内
年会プログラム委員 2015/01/01-2016/12/31
米国微生物学会 1987-現在  国外
日本生化学会 1982-現在  国内
日本植物生理学会 1981-現在  国内
会計幹事 2004/01/01-2005/12/31
庶務幹事 1992-1993