English
 研究院
 生活環境科学系
 食物栄養学領域
准教授
中田   理恵子
NAKATA Rieko


その他の所属・職名
生活環境学部 食物栄養学科
人間文化研究科 博士前期課程 食物栄養学専攻

出身大学院
奈良女子大学大学院  修士  家政学研究科  食物学専攻  1985/03  修了  国内   
奈良女子大学大学院  博士  人間文化研究科  生活環境学専攻  1987/04  中退  国内   

出身学校
奈良女子大学  家政学部  食物学科  1983/03  卒業  国内   

取得学位
家政学修士  奈良女子大学  1985/03 
学術博士  奈良女子大学  1989/12 

研究分野
栄養化学 
食生活学 
食品機能学 

キーワード
栄養 葉酸 ビタミン 食品機能成分 

研究テーマ
葉酸代謝の調節機構  葉酸   
ビタミンの生理機能について  ビタミン   
ホモシステイン代謝の調節機構  ホモシステイン 動脈硬化 葉酸   

共同・受託研究希望テーマ
ビタミンの生理機能に関する研究    産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  共同研究   
詳細表示...

共同・受託研究実績
食品素材の機能性評価    2008-2009  国内共同研究 
食品素材の機能性評価    2007-2008  国内共同研究 
葉酸高含有機能性卵の有用性評価に関する研究    2006-2007  国内共同研究 
ツイントースの鉄吸収促進作用    2005-2006  国内共同研究 
α‐グリコシルグリセロールの機能性評価    2005-2006  国内共同研究 
詳細表示...

科学研究費採択
親世代の葉酸摂取状況が次世代の代謝反応性に及ぼす影響とその分子機構  基盤研究(C)一般  2014-2016 
葉酸代謝と脂質代謝の関連性に関する基礎研究  基盤研究(C)一般  2011-2013 
生活習慣病予防を目指したホモシステイン代謝調節機構の解明  基盤研究(C)一般  2008-2010 
葉酸の生体内機能の評価に関する研究‐動脈硬化予防因子としての葉酸の重要性‐  基盤研究(C)一般  2005-2006 
葉酸の生体内機能の評価に関する研究‐妊娠期における葉酸摂取の重要性‐  基盤研究(C)一般  2002-2003 
詳細表示...

研究費・寄附金等採択
妊娠期の葉酸摂取状況が次世代の健康に及ぼす影響とDNAメチル化の関与  研究費(科研費を除く)  三島海雲記念財団第52回学術研究奨励金  2014-2015 
大豆たんぱく質による脂質代謝改善効果と作用機序に関する研究  研究費(科研費を除く)  飯島藤十郎記念食品科学振興財団学術研究助成  2014-2015 
詳細表示...

著書
食物科学概論(改訂版)  2014  朝倉書店  31-46       
食品学Ⅰ-食品の化学・物性と機能性―(改訂第2版)「食品の機能」  2011  南江堂    中田理恵子・井上裕康     
食品学Ⅱ-食品の分類と利用法-(改訂第2版)「油糧食品」「微生物利用食品」  2011  南江堂    中田理恵子・井上裕康     
「ビタミン総合事典」 葉酸 -欠乏症-  2010  朝倉書店    中田理恵子     
Techniques Used to Study Regulation of Cyclooxygenase-2 Promoter sites ; Methods and Protocols, Methods in Molecular Biology Vol.644  2010  Springer  11-20  Inoue H, Nakata R     
詳細表示...

論文
Disturbed biopterin and folate metabolism in Qdpr-deficient mouse  FEBS Lett  学術雑誌  共著  in press  2014  Xu F, Sanechika S, Yamashita J, Shimaguchi S, Honda S, Sumi-Ichinose C, Mori-Kojima M, Nakata R, Furuta T, Sakurai M, Sugimoto M, Soga T, Kondo K, Ichinose H       
Possible involvement of a tetrahydrobiopterin in photoreception for UV-B-induced anthocyanin synthesis in carrot  Photochem. Photobiol.  学術雑誌  共著  90, 1043-1049  2014  Takada J, Nakata R, Ueno H, Murakami A, Iseki M, Watanabe M       
Resveratrol and Cardiovascular Disease  Curr Nutr Rep  学術雑誌  共著  3, 163-169  2014  Nakata R, Inoue H       
大豆由来成分による脂質代謝改善効果とPPARα活性化  脂質生化学研究  その他  共著  56  2014  中田理恵子、松下佳奈恵、本郷翔子、伊藤有里加、森本育美、滝澤祥恵、井上裕康       
Role of AMPK and PPARγ1 in exercise-induced lipoprotein lipase in skeletal muscle  Am J Physiol Endocrinol Metab  学術雑誌  共著  306, E1085-E1092  2014  Sasaki T, Nakata R, Inoue H, Shimizu M, Inoue J, Sato R       
詳細表示...

研究発表
講演会、研究集会  Resveratrol improves lipid metabolism and life span via PPARα.  Keystone symposium -Aging and Diseases of Aging-  2012/10 
講演会、研究集会  4'hydroxy group of resveratrol plays a key role in PPARα activation  Keystone symposium -Aging and Diseases of Aging-  2012/10 
シンポジウム発表、特別講演、招待講演等  PPAR活性化を介するレスベラトロールの機能性  第33回日本肥満学会シンポジウム「食品の機能と肥満症」  2012/10 
学会発表  習慣的運動とレスベラトロールによる筋肉PPARα活性化  第33回日本肥満学会  2012/10 
学会発表  Cellular localization of Miraculin-YFP fusion protein  第46回日本味と匂学会  2012/10 
詳細表示...

所属学会
日本生化学会 -現在  国内
日本栄養・食糧学会 -現在  国内
日本家政学会 -現在  国内
関西地区幹事(2006-2012)評議員 2012-現在
日本ビタミン学会 -現在  国内
評議員 2006-現在
日本脂質生化学会 2007-現在  国内
日本栄養改善学会 -現在  国内
評議員 2006-現在
日本肥満学会 2012-現在  国内