English
 研究院
 自然科学系
 環境科学領域
准教授
久慈   誠
KUJI Makoto


その他の所属・職名
理学部 化学生命環境学科 環境科学コース
人間文化研究科 博士前期課程 情報科学専攻
人間文化研究科 博士後期課程 複合現象科学専攻

取得学位
博士(理学)  東北大学  1999/03/03 

研究分野
環境動態解析 
気象・海洋物理・陸水学 
環境リモートセンシング 

研究テーマ
リモートセンシングデータ解析による雲・水蒸気・エアロゾルの研究  リモートセンシング 大気 環境  1993- 
リモートセンシングデータを用いた気候変動の研究  リモートセンシング 大気 環境  1993- 

共同・受託研究希望テーマ
大気環境リモートセンシング    大学等の研究機関との共同研究を希望     
詳細表示...

共同・受託研究実績
地球観測衛星から推定されたエアロゾルのしらせ船上観測との比較検証  国立極地研究所一般共同研究  2011-2012  国内共同研究 
雲頂・雲底高度推定アルゴリズムの開発  委託研究  2009-2012  国内共同研究 
SKYNETデータを用いた衛星観測大気プロダクトの検証  プロジェクト研究  2009-2011  国内共同研究 
アジアにおける水田・牧畜活動の大気環境負荷の研究 〜宇宙観測とフィールド観測の融合を目指して〜  Incubation Study (IS) / Feasibility Study (FS)  2009-2010  国内共同研究 
地球観測衛星から推定されたエアロゾル・雲の比較検証研究    2009-2010  国内共同研究 
詳細表示...

著書
南極氷床と大気物質循環・気候  2017/08/31  日本気象学会  345-354  久慈誠、宮川真友、塩原匡貴  978-4-904129-16-6   
北極ニーオルスン基地開設25周年と将来展望  2017/03/31  創文印刷工業株式会社  40       
Special Issue on SKYNET  2014/09/25  Gakujutsu-tosho Printing Co.  i-iii, 1-203       
大気と微粒子の話 エアロゾルと地球環境  2008/03  京都大学学術出版会         
詳細表示...

論文
Cloud fractions estimated from shipboard whole-sky camera and ceilometer observations between East Asia and Antarctica  J. Meteor. Soc. Japan  学術雑誌  共著  96/ 2, 201-214  2018  M. Kuji, A. Murasaki, M. Hori, and M. Shiobara    10.2151/jmsj.2018-025   
天文学を通じた地学学習の実践検討 −高等学校理科「地学」領域教育における高大連携授業研究の試み−  奈良女子大学教育システム研究開発センター・教育システム研究  大学・研究所紀要  共著  153-156  2017/10  米田隆恒、林田佐智子、久慈誠       
南極昭和基地で観測された雲の特徴  気象研究ノート「南極氷床と大気物質循環・気候」  その他  単著  233, 345-354  2017/08  久慈誠、宮川真友、塩原匡貴       
ニーオルスンで観測された雲量  北極ニーオルスン基地開設25周年と将来展望  その他  単著  40  2017/03         
Cloud Fractions Estimated from Shipboard Whole-Sky Camera and Ceilometer Observations  Trans. JSASS Aerospace Tech. Japan  その他  共著  14, pp7  2016/12  M. Kuji, R. Fujimoto, M. Miyagawa, R. Funada, M. Hori, H. Kobayashi, S. Koga, J. Matsushita, and M. Shiobara    10.2322/tastj.14.Pn_7   
詳細表示...

研究発表
講演会、研究集会  しらせ船上観測による雲量の変動  第21回南極エアロゾル研究会  2018/07/27 
講演会、研究集会  Cloud Measurements with an All-sky Camera System for Investigating Long-term Variability of Cloud Properties at South Pole  NOAA ESRL Global Monitoring Annual Conference 2018  2018/05/22 
学会発表  船舶搭載型全天カメラ観測データ解析による雲量の推定  日本気象学会春季大会  2018/05/16 
シンポジウム発表、特別講演、招待講演等  奈良における地上光学観測データ解析によるエアロゾルの経年変化  第20回CEReS環境リモートセンシングシンポジウム  2018/02/15 
講演会、研究集会  Retrieval and validation of cloud geometrical properties  Joint PI Meetings of Global Environmental Observation Mission FY2017  2018/01/25 
詳細表示...

芸術系の活動・フィールドワーク等
大気微粒子観測  2013-現在  フィールドワーク  共同 
しらせ搭載全天カメラ観測による南極航海中の雲の出現特性  2013-2015  フィールドワーク  共同 
熱帯大気組成ー雲ー気候結合ミッション  2007/07-2007/08  フィールドワーク  共同 
詳細表示...

受賞学術賞
NASA Honor Group Achievement Award  2008/05/08  国外 
日本リモートセンシング学会 論文賞  2003  国内 
詳細表示...

担当授業科目
現代社会と職業 
化学生命環境学入門 
地学実験I(C) 
環境科学応用プログラミング演習 
実践環境科学英語演習I 
詳細表示...

教育実績
授業方法の改善  2008-現在  授業評価アンケートの結果を踏まえ、授業方法を工夫している。具体的には授業資料をオンラインで配布することにより、授業以外の予習や復習で利用しやすいものとした。 
詳細表示...

所属学会
日本気象学会 1993-現在  国内
日本リモートセンシング学会 1993-現在  国内
日本大気化学研究会 -現在  国内
日本地球惑星科学連合 2011-現在  国内
アメリカ気象学会 -現在  国外
米国地球物理連合 2012-現在  国外