English
 研究院
 生活環境科学系
 スポーツ健康科学領域
准教授
星野   聡子
HOSHINO Satoko


その他の所属・職名
生活環境学部 心身健康学科 スポーツ健康科学コース
人間文化研究科 博士前期課程 人間行動科学専攻

職歴
奈良女子大学准教授研究院生活環境科学系  2014/04/01-現在 
奈良女子大学准教授研究院人文科学系  2012/04/01-2014/03/31 
奈良女子大学准教授文学部  2008/04/01-2012/03/31 
奈良女子大学講師文学部  2004/04/01-2008/03/31 
奈良女子大学助手文学部  1999/04/01-2004/03/31 

出身大学院
早稲田大学大学院  博士後期  人間科学研究科  生命科学専攻  1999/03  単位取得満期退学  国内   
早稲田大学大学院研修生  博士後期  人間科学研究科    1995/03  修了  国内   
奈良女子大学大学院  修士  文学研究科  体育学専攻  1994/03  修了  国内   

出身学校
奈良女子大学  文学部  教育学科  1992/03  卒業  国内   

取得学位
博士(人間科学)  早稲田大学  2002/03 
修士(文学)  奈良女子大学  1994/03 

免許・資格
高等学校教員専修免許(保健体育科)  1994/03   
中学校教員専修免許(保健体育科)  1994/03   
高等学校教員普通免許(保健体育科)  1992/03   
中学校教員普通免許(保健体育科)  1992/03   
剣道六段  2015/11/15   

研究分野
スポーツ科学 
スポーツ精神生理学 

研究テーマ
競技ストレスへの「挑戦・脅威」に関する精神生理学的研究  競技ストレス,挑戦.脅威,精神生理学   
スポーツパフォーマンスに反映される最適覚醒水準モデル構築に向けた精神生理学的研究  生理的覚醒、情動、気づき   
高強度運動における認知的活動と生理応答に関する精神生理学的研究  呼吸、胸部・腹部呼吸、認知機能   
スポーツ競技者・スポーツ観戦者の視線行動に関する精神生理学的研究  視線行動、剣道、審判、テレビ中継映像、バレーボール、ブロッカー、レシーバー   

科学研究費採択
競技ストレスへの「挑戦・脅威」に関する精神生理学的研究  基盤研究(C)一般  2015-2017 
シンクロナイズドスイミング競技の技術向上をめざしたトレーニング方法の開発  基盤研究(C)一般  2015-2018 
競技力に反映される最適覚醒水準モデルの構築に向けた精神生理学的研究  基盤研究(C)一般  2011-2013 
クローズドスキルスポーツにおける心理的ストレスと内臓知覚に関する研究  若手研究(B)  2002-2003 
射撃スキルの精神生理学的評価とバイオフィードバックに関する研究  若手研究(B)  2000-2001 
詳細表示...

研究費・寄附金等採択
女子大学生の月経に伴うストレスマネジメントの有用性提言に向けた試み  研究費(科研費を除く)  平成20年度文学部長裁量経費によるプロジェクト経費  2008-2008 
射撃競技のスキル向上過程における精神生理学的評価とバイオフィードバック  寄附金  財団法人日本科学協会平成8年度笹川科学研究助成  1996-1996 
「平成26年度健康なら21Stepアップ事業(スポーツ健康科学コース主催)」  研究費(科研費を除く)  地域貢献事業  2015-2015 
詳細表示...

著書
はじめて学ぶ健康・スポーツ科学シリーズ5 体力学 3章 体力テストの方法 4章 体力をどう評価するか 12章 技能関連体力の加齢変化  2014/02/10  化学同人  25-54, 143-159  中谷敏昭他6名  978-4-7598-1703-4   
スポーツ心理学大事典 第9章 パーソナリティと競技者、第21章 競技者の自信の増強と理解  2013/11/01  西村書店  182-203, 423-434  山崎勝男 他12名  978-4-89013-439-7   
スポーツ精神生理学 第15章スポーツ観戦の精神生理学  2012/11/20  西村書店  223-237  山崎勝男 他13名  978-4-89013-429-8   
スポーツ心理学ハンドブック 5章2節 運動パフォーマンスに対するパーソナリティの関与  2000  (株)実務教育出版  149-154  上田雅夫 他44名  4-7889-6078-8   
地域貢献特別事業報告書 健康なら21Stepアップ事業(2004~)  2015/03/31  奈良女子大学企画広報室         
詳細表示...

論文
常圧低酸素環境下における登坂歩行運動の呼吸循環応答 ―登山熟練者と非熟練者の比較―  奈良女子大学スポーツ科学研究  大学・研究所紀要  共著  19, 11-19  2017/03  星野聡子(奈良女子大学) 井上摩紀(大谷大学) 小森康加(大阪国際大学)       
バレーボールのトスコース判断時におけるブロッカーの視覚探索ストラテジ  奈良女子大学スポーツ科学研究  大学・研究所紀要  共著  19, 39-47  2017/03  須波 真央  星野 聡子       
呼吸様式の違いが骨盤底筋収縮に及ぼす影響 ―腹横筋と腹直筋に着目して―  奈良体育学会研究年報  学術雑誌  共著  21, 25-30  2017/03  辻野和美・星野聡子  1882-6210     
胸郭に着目した呼吸様式による登坂歩行時の呼吸系応答  奈良体育学会研究年報  学術雑誌  共著  21, 31-36  2017/03  星野聡子・井上摩紀・小森康加・辻野和美・須波真央   1882-6210     
「スポーツを支える教育的サポート」司会・コーディネータ記録  奈良体育学会研究年報  学術雑誌  単著  21, 37  2017/03    1882-6210     
詳細表示...

研究発表
学会発表  Psychophysiological evaluations on cardiovascular response while watching different skill-level kendo games  ECSS2017  2017/07/06 
学会発表  Effect of blocked vision on the reproducibility of ballet leg position in elite Japanese synchronized swimmers  ECSS2017  2017/07/05 
学会発表  剣道の対峙場面における挑戦・脅威に関する精神生理学的評価―正面打ちに対するわざのイメージを用いて―  第35回日本生理心理学会大会  2017/05/28 
学会発表  高齢者の生活環境と日常生活の季節的変化に関する研究  日本家政学会第69回大会  2017/05/27 
学会発表  腹横筋と腹直筋に着目した呼吸様式が骨盤底筋収縮に及ぼす影響  第35回日本生理心理学会大会  2017/05/27 
詳細表示...

担当授業科目
スポーツ生理学 
スポーツ精神生理学 
スポーツ実習C4(武道) 
生命・運動・健康 
健康・スポーツ科学 
詳細表示...

社会連携・国際交流活動
奈良県なら10歳若返り推進事業プログラム評価委員  2012/06-2013/03/31     
財団法人佐保会 学内理事  2009/09-2011/09    学内理事 
奈良市ヘルシーアンドハッピー講座 講師  2005/10-現在     
奈良県運動普及ボランティア養成講座 講師  2002-現在     
健康なら21ステップアップ事業(地域貢献特別事業)(2002-2016)  2002/04-現在     
詳細表示...

所属学会
日本生理心理学会 -現在  国内
日本バイオフィードバック学会 -現在  国内
日本スポーツ心理学会 -現在  国内
日本体育学会 -現在  国内
日本心理学会 -現在  国内
日本コーチング学会 -現在  国内
日本運動生理学会 -現在  国内
奈良体育学会 -現在  国内
理事長 2016/04/01-2017/03/31
理事 2014/04/01-2016/03/31
監事 2006/04/01-2012/03/31
庶務幹事 2004/04/01-2006/03/31

公開講座
呼吸と代謝  出雲高校SSH研究室訪問  2016/10- 
電気生理学の基礎を学ぶ  スポーツ科学研究会  2015/11- 
運動と疲労  出雲高校SSH研究室訪問  2015/10- 
平成27年度 フォローアップ研修会 講義  生活環境学部スポーツ健康科学コース  2015/05- 
平成27年度 健康なら21 Step アップ事業 年間5回  生活環境学部スポーツ健康科学コース  2015/05-2016/03 
詳細表示...