日本語
 Faculty
 Division of Human Life and Environmental Sciences
 Research Group of Sport and Health Sciences
Associate Professor
HOSHINO   Satoko

Other faculty or department / position
Faculty of Human Life and Environment Department of Health Sciences Courses of Sport and Health Sciences
Graduate School of Humanities and Sciences Master's Course Department of Human Behavioral Sciences
Graduate School of Humanities and Sciences Doctoral Course School of Social Life and Human Environment

Career
奈良女子大学准教授研究院生活環境科学系  2014/04/01-Present 
奈良女子大学准教授研究院人文科学系  2012/04/01-2014/03/31 
奈良女子大学准教授文学部  2008/04/01-2012/03/31 
奈良女子大学講師文学部  2004/04/01-2008/03/31 
Nara Women's University, Research Associate  1999/04/01-2004/03/31 

Graduate school
Waseda University  Doctor later  Graduate School, Division of Human Science  生命科学専攻  1999/03  Withdrawn after completion of required course credits  Domestic   
Waseda University  Doctor later  人間科学研究科    1995/03  Completed  Domestic   
Nara Women's University  Master course  Graduat School,Division of Literature  体育学専攻  1994/03  Completed  Domestic   

School
Nara Women's University  Faculty of Literature  教育学科  1992/03  Graduated  Domestic   

Academic degrees
Ph.D.  Waseda University  2002/03 
M.A.  Nara Women's University  1994/03 

Current research field
Sport Science 
Sports Psychophysiology 

Subject of research
競技ストレスへの「挑戦・脅威」に関する精神生理学的研究  競技ストレス,挑戦.脅威,精神生理学   
スポーツパフォーマンスに反映される最適覚醒水準モデル構築に向けた精神生理学的研究  生理的覚醒、情動、気づき   
高強度運動における認知的活動と生理応答に関する精神生理学的研究  呼吸、胸部・腹部呼吸、認知機能   
スポーツ競技者・スポーツ観戦者の視線行動に関する精神生理学的研究  視線行動、剣道、審判、テレビ中継映像、バレーボール、ブロッカー、レシーバー   

Achievements of joint or funded research
中高齢期女性に対する骨盤底筋バイオフィードバックの検討ー姿勢の違いに着目して―  花王株式会社  2017/10-2018/09  Commisioned research by the investment 
View details...

Scientific inquiry expense
運動・スポーツ行動への動機づけを規定する挑戦と快情動の精神生理学的研究  基盤研究(C)一般  2019-2021 
競技ストレスへの「挑戦・脅威」に関する精神生理学的研究  基盤研究(C)一般  2015-2018 
高齢者の生活およびQOLに及ぼす夏期と冬期の住環境の影響について  基盤研究(B)展開  2016-2018 
シンクロナイズドスイミング競技の技術向上をめざしたトレーニング方法の開発  基盤研究(C)一般  2015-2018 
競技力に反映される最適覚醒水準モデルの構築に向けた精神生理学的研究  基盤研究(C)一般  2011-2013 
View details...

Research cost, Donation cost, etc.
中高年期女性に対する骨盤底筋バイオフィードバックの検討―姿勢の違いに着目して―  Donation  花王健康科学研究会 平成29年度研究助成  2017-2018 
「健康なら21Stepアップ事業(スポーツ健康科学コース主催)」  Science research expense  地域貢献事業  2018-2018 
女子大学生の月経に伴うストレスマネジメントの有用性提言に向けた試み  Science research expense  平成20年度文学部長裁量経費によるプロジェクト経費  2008-2008 
射撃競技のスキル向上過程における精神生理学的評価とバイオフィードバック  Donation  財団法人日本科学協会平成8年度笹川科学研究助成  1996-1996 
View details...

Books
はじめて学ぶ健康・スポーツ科学シリーズ5 体力学 3章 体力テストの方法 4章 体力をどう評価するか 12章 技能関連体力の加齢変化  2014/02/10  化学同人  25-54, 143-159  中谷敏昭他6名  978-4-7598-1703-4   
スポーツ心理学大事典 第9章 パーソナリティと競技者、第21章 競技者の自信の増強と理解  2013/11/01  西村書店  182-203, 423-434  山崎勝男 他12名  978-4-89013-439-7   
Sports Psychophysiology  2012/11/20  西村書店  223-237  山崎勝男 他13名  978-4-89013-429-8   
Handbook of Sport Psychology-The effect of personality on Sports performance  2000  (株)実務教育出版  149-154  上田雅夫 他44名  4-7889-6078-8   
地域貢献特別事業報告書 健康なら21Stepアップ事業(2004~)  2015/03/31  奈良女子大学企画広報室         
View details...

Papers
呼気を用いた腹筋群の収縮が骨盤底筋収縮に及ぼす影響 -有効な骨盤底筋収縮を導く呼吸法と収縮時間の検討-  健康・体力づくり事業財団女性研究報告書  Other  Joint    2018  辻野和美・大東実里・星野聡子       
呼吸を伴う腹筋群の収縮が骨盤底筋の随意収縮に及ぼす影響  日本女性骨盤底医学会誌  Academic Journal  Joint  15/ 1, 109-113  2018/12  辻野和美・星野聡子  2187-5669     
骨盤底筋体操教室による筋収縮感覚の獲得と主体的取り組みへの可能性  日本女性骨盤底筋医学会誌  Academic Journal  Joint  14/ 1, 74-80  2017/12  辻野和美・星野聡子・竹山政美       
攻防の面白さを楽しむ剣道の授業 ―奈良女子大学附属中等教育学校1年女子体育科の授業検討―  教育システム研究(奈良女子大学教育システム研究開発センター)  Bulletin of Universities and Institutes  Joint  別冊, 173-186  2017/10  中司みずほ      Repository 
The effect of low-oxygen normal pressure environment on respiratory and cardiovascular responses to uphill walking for the skilled climber  奈良女子大学スポーツ科学研究  Bulletin of Universities and Institutes  Joint  19, 11-19  2017/03  星野聡子(奈良女子大学) 井上摩紀(大谷大学) 小森康加(大阪国際大学)       
View details...

Research presentations
Conference presentation  対戦者への認知的評価が自律神経系活動に及ぼす影響 -心拍変動パワースペクトル解析を用いて-  日本体育学会69回大会  2018/08/25 
Conference presentation  剣道競技場面における注意の変化と瞬目・心拍変動との関係  第36回日本生理心理学会  2018/05/27 
Conference presentation  剣道審判員の注意と視線行動  第36回日本生理心理学会  2018/05/26 
Conference presentation  Psychophysiological evaluations on cardiovascular response while watching different skill-level kendo games  ECSS2017  2017/07/06 
Conference presentation  剣道の対峙場面における挑戦・脅威に関する精神生理学的評価―正面打ちに対するわざのイメージを用いて―  第35回日本生理心理学会大会  2017/05/28 
View details...

Memberships of academic societies
日本生理心理学会 -Present  Domestic
日本バイオフィードバック学会 -Present  Domestic
日本スポーツ心理学会 -Present  Domestic
日本体育学会 -Present  Domestic
日本心理学会 -Present  Domestic
日本コーチング学会 -Present  Domestic
日本運動生理学会 -Present  Domestic
奈良体育学会 -Present  Domestic
理事長 2016/04/01-2018/03/31
理事 2014/04/01-2018/03/31
監事 2006/04/01-2012/03/31
庶務幹事 2004/04/01-2006/03/31

Open class
呼吸と代謝  出雲高校SSH研究室訪問  2016/10-2016/10 
電気生理学の基礎を学ぶ  スポーツ科学研究会  2015/11-2015/11 
運動と疲労  出雲高校SSH研究室訪問  2015/10-2015/10 
平成27年度 健康なら21 Step アップ事業 年間5回  生活環境学部スポーツ健康科学コース  2015/05-2016/03 
平成27年度 フォローアップ研修会 講義  生活環境学部スポーツ健康科学コース  2015/05-2015/05 
View details...