日本語
 Faculty
 Division of Humanities and Social Sciences
 "Research Group of History,Sociology and Geography"
Professor
OGAWA   Nobuhiko
Birth:1962

Additional position
"Director, Admission Center" 

Other faculty or department / position
Faculty of Letters Department of History,Sociology and Geography Courses of Studies in Cultural Media
Graduate School of Humanities and Sciences Master's Course "Department of International Studies for History, Sociology and Geography"
Graduate School of Humanities and Sciences Doctoral Course School of Social Life and Human Environment

Career
京都大学文学部助手  1992/04/01-1993/03/31 
奈良女子大学文学部専任講師  1994/04/01-1997/03/31 
奈良女子大学文学部助教授  1997/04/01-2007/03/31 
奈良女子大学文学部准教授  2007/04/01-Present 
Professor, Nara Women's University  2012/10/01-Present 

Graduate school
Kyoto University  Master course  Graduate School, Division of Letters  社会学  1989/03  Completed  Domestic   
Kyoto University  Doctor later  Graduate School, Division of Letters  社会学  1992/03  Withdrawn after completion of required course credits  Domestic   

School
Kyoto University  Faculty of Literature  sociology  1986/03  Graduated  Domestic   

Academic degrees
Master of Letters  Kyoto University  1989/03 

Current state of research and teaching activities
I engage in the sociological study of the relation between cultural heritage and society.   

Current research field
sociology 

Research keywords
sociology of culture and society, cultural heritage, preservation of disaster ruins 

Subject of research
Sociological Study on the Cultural Properties and Museums  Cultural Property,Museum   
東日本大震災の「震災遺構」保存に関する研究  記憶と社会、災害の記憶、文化社会学   
Application of the Social Theory of E. Durkheim  Durkheim   

Scientific inquiry expense
社会学のディシプリン再生はいかにして可能か――デュルケーム社会学を事例として  基盤研究(B)一般  2015-2018 
『社会学者は誰に何を教え、どんな人を創っていくのか 』  基盤研究(B)一般  2002-2004 
理想的人格像の形成と変容に関する比較社会論的研究  基盤研究(B)一般  2001-2003 
『記憶と文化-「赤穂事件」記憶への文化社会学的アプローチ』  基盤研究(C)一般  2001-2002 
View details...

Books
はじまりの社会学-問いつづけるためのレッスン-  2018/05/10  ミネルヴァ書房  165-182  奥村隆他13名  978-4-623-08141-7   
Benedict Anderson Lecturing in Nara Women's University  2014/03/20  かもがわ出版 (奈良女子大学文学部〈まほろば〉叢書)      978-4-7803-0691-0   
『2011(平成23)年度京都市多文化施策懇話会報告書』  2012/03  京都市総合企画局国際化推進室  懇話会主宰および監修       
「モノの民主主義とアメリカ社会――D. ブーアスティンのパッケージ論」『パッケージ ―モノと人をつなぐメディア―』所収  2011  奈良女子大学文学部人文社会学科文化メディア学コース編  146-151頁       
「日常生活と疎外――H. ルフェーブル『日常生活批判序説』」『社会学ベーシックス別巻 社会学的思考』所収  2011  世界思想社  95-104       
View details...

Papers
小川 伸彦、2018「論文作成のエッセンス(上)――社会学教育の“痒いところ”に手を伸ばす――」  『奈良女子大学社会学教育研究論集』  Bulletin of Universities and Institutes  Only  2, 12-16  2018/03         
内側と外側の関係を探求する教科としての公民科―社会学との関連性をめぐって―  『教育システム研究』(奈良女子大学教育システム研究開発センタ-)  Bulletin of Universities and Institutes  Only  別冊, 57-67  2017/10        Repository 
ディシプリン/教科書関係論のために―社会学入門テキスト分析における対象書目抽出方法論―  『奈良女子大学社会学教育研究論集』  Bulletin of Universities and Institutes  Only  1/ 17-28  2017/03         
The Invention of "Shinsai-ikou" (Earthquake Disaster Remains): Social Construction of a Category after the Great East Japan Earthquake  『奈良女子大学文学部教育研究年報』  Bulletin of Universities and Institutes  Only  12号, 65-80  2015/12        Repository 
高松塚古墳のメディア学―発見当時の新聞報道を読む―  月刊大和路ならら  Other  Only  42-3  2014/12         
View details...

Research presentations
Etc.  災害・ことば・社会  <奈良女子大学第15回研究フォーラム> 災害研究 -大和・紀伊半島の災害・防災に向けて-  2018/03/08 
Symposium  日本におけるシルクロードへのまなざし―社会学的考察―  国際学術シンポジウム「日中交流とシルクロード研究―課題と展望」  2017/11/27 
Etc.  索引の中のデュルケーム――装置としての教科書から<古典化>プロセスを解読する手法について  科研費研究「社会学のディシプリン再生はいかにして可能か――デュルケーム社会学を事例として」第4回全体研究会科研関連報告ミニシンポジウム  2017/04/15 
Etc.  在日朝鮮人の「本名宣言」実践における「当事者」と「宣言」~名前・社会・個人~  『<当事者宣言>の社会学』関西研究会  2015/12/05 
Symposium  民族まつりと「共生」―京都・東九条マダンの事例より―  福祉人類学フォーラム「福祉人類学の可能性を探る」  2015/02/24 
View details...

Social cooperation and an international exchange activity
「奈良女子大学生による奈良に関わる研究会」場 所: 国宝元興寺 禅室  2016/03/23-2016/03/23  一般市民  運営・司会(後半) 
「奈良女子大学生による奈良に関わる研究会」場 所: 国宝元興寺 禅室  2015/03/23-2015/03/23  一般市民  運営 
「奈良女子大学生による奈良に関わる研究会」場 所: 国宝元興寺 禅室  2014/03/23-2014/03/23  一般市民  司会(前半) 
京都市地域・多文化交流ネットワークサロン 事業推進委員  2012-Present     
(公益財団法人)京都市国際交流協会理事  2012/04/01-Present     
View details...

Memberships of academic societies
奈良女子大学社会学研究会 -Present  Domestic
運営委員 -Present
デュルケーム/デュルケーム学派研究会 -Present  Domestic
世話人 2005/04-Present
日本社会学会 -Present  Domestic
研究活動委員 2012/04/01-2015/09
日本社会学史学会 -Present  Domestic
日仏社会学会 -Present  Domestic
理事・研究活動委員長→編集委員 2012/11-Present
関西社会学会 -Present  Domestic
社会学研究会 1990/04-Present  Domestic
『ソシオロジ』編集代表  2014/01-2015/12