論文
公開件数:40件
No. 発表論文の標題 掲載誌名 論文誌種別 単著・共著区分 巻号頁 出版日 共著者名 ISSN DOI 機関リポジトリ
1 京都学派と信州教育――木村素衞「表現愛」の思想を中心に
上小教育
その他
単著
60, 38-69
2017/03




2 主体・母性・家族――近代教育の前提は如何に脱構築されるべきか?
近代教育フォーラム
学術雑誌
単著
25, 148-151
2016/09




3 「自由への教育」と芸術
日本のシュタイナー学校Ⅱ〈架橋のこころみ〉資料編(2012~2016)
その他
単著
141-151
2016/03




4 今、「京都学派」研究から教育学は何を問うことができるか?
近代教育フォーラム
学術雑誌
共著
24, 170-176
2015/09
山田真由美・岡本哲雄・神戸和佳子・山内清郎



5 私学の思想史が照らしだす教育の公共性と大学の危機
近代教育フォーラム
学術雑誌
単著
24, 130-133
2015/09




6 現場というテクスト、テクストという現場
教育哲学研究
学術雑誌
単著
111, 38-45
2015/06




7 Can We Find an Alternative to Mainstream of Modern Education in the Idea of the Kyoto School?
臨床教育人間学
大学・研究所紀要
単著
13, 46-55
2014/12




8 「京都学派」教育人間学の暫定的マッピングの試み
近代教育フォーラム
学術雑誌
単著
23, 77-87
2014/09




9 「高等」教育とは何か:思想史が問う
近代教育フォーラム
学術雑誌
共著
23, 259-267
2014/09
藤本夕衣、松浦良充



10 「伸びて行く」の凄味:または三歳から二十七歳までの「奈良の学習法」
学習研究
その他
単著
469, 22-27
2014/06




11 大学の現在--私たちは日本の高等教育をどうするのか?
関西教育学会年報
学術雑誌
単著
37, 211-219
2013/06




12 あえてシュタイナーのシラー論を語ってみる--「美と教育」再論への一つの試み
近代教育フォーラム
学術雑誌
単著
21, 45-66
2012/10




13 歴史の物語り論と教育哲学
教育哲学研究
学術雑誌
単著
104, 56-76
2011/11




14 教育哲学を考える--おおホレーショよ
教育哲学研究
学術雑誌
単著
103, 85-86
2011/05




15 「美と教育」は如何に論じられたか
教育思想史コメンタール
学術雑誌
単著
97-113
2010/12




16 ハーバーマスのシラー『美育書簡』論--教育的公共性における「美的なるもの」のアクチュアリティに関する覚書(2)
奈良女子大学文学部研究教育年報
大学・研究所紀要
単著
6, 161-173
2009/12




17 何が「論じられなかった」のか--教育哲学会の思想史のための一つの予備的スケッチ
教育哲学研究
学術雑誌
単著
100号記念特別, 344-360
2009/11




18 思想史研究と教育の「現実」
近代教育フォーラム
学術雑誌
単著
18, 155-163
2009/10




19 課題研究「教育研究のなかの教育哲学--その位置とアイデンティティを問う」に関する総括的報告
教育哲学研究
学術雑誌
共著
99, 55-62
2009/05
今井康雄



20 京都学派と美的人間形成論--木村素衞は如何にシラーを読んだのか
奈良女子大学文学部研究教育年報
大学・研究所紀要
単著
5, 83-98
2008/12




21 「外部」としての「あやしいもの」と「子ども」
別冊 子どもの文化
学術雑誌
単著
10, 3-13
2008/07




22 小学校体育科教育法の臨床教育学的検討--教育実習生に授業を如何に「語る」か
教育システム研究
大学・研究所紀要
単著
4, 24-43
2008/04
功刀俊雄、阪本一英



23 教育実習体験の振り返りに関する臨床教育学的検討(1)
教育システム研究
大学・研究所紀要
共著
4, 12-23
2008/04
鈴木卓治



24 「教養」と「教職」と「臨床」--二つの研究プロジェクトについて
教育システム研究
大学・研究所紀要
単著
4, 5-11
2008/04




25 NPO法人による学校づくりにおける教育的公共圏の生成--京田辺シュタイナー学校の事例から
平成17-19年度科学研究費補助金・基盤研究(B)「〈公共圏〉を生成する教育改革の実践と構造に関する総合的研究
その他
共著
29-56
2008/03
吉田敦彦



26 「教育」を問うことの切実さをめぐって--「思想史研究者」が「実践」に直面した経験を語ってみる
教育哲学研究
学術雑誌
単著
95, 15-21
2007/05




27 物語り論から教育研究へ--「臨床教育学」的授業研究の試み(2)
『教育システム研究』奈良女子大学教育システム研究開発センター紀要
大学・研究所紀要
単著
3, 1-13
2007/04




28 「臨床教育学」的授業研究の試行的実践の記録
平成16-18年度科学研究費補助金・基盤研究(C)「臨床教育学的・エスノグラフィー的・物語論的教育研究の展開」研究成果報告書
その他
共著
189-208
2007/03
金津琢哉、岩城裕之他4名



29 「教養・陶冶」の語り直しをめぐって
近代教育フォーラム 教育思想史学会紀要
学術雑誌
単著
15, 263-266
2006/09




30 京都学派における美と教育--木村素衞の表現論に即して
平成14-16年度科学研究費補助金・基盤研究(B)(1)「「美的なもの」の教育的影響に関する理論的・文化比較的研究」研究成果報告書
その他
単著
72-86
2005/03




31 ナショナリズムの「物語」と教育
教育
学術雑誌
単著
698
2004/03




32 「臨床教育学」的授業研究の試み(1)--大学と附属校園の協働のために
奈良女子大学大学院人間文化研究科年報
大学・研究所紀要
単著
19
2004/03




33 「教育的」公共性のアポリアとアリストテレス
教育哲学研究
学術雑誌

87
2003/05




34 教育的公共性における「美的なるもの」のアクチュアリティに関する覚書(1)
奈良女子大学文学部研究年報
大学・研究所紀要

45
2001/12




35 <プリズム>としてのシラー『美育書簡』--「美と教育」に関するトピカのために
近代教育フォーラム 教育思想史学会紀要
学術雑誌

8
1999/09




36 「美」は「底抜けの底」たり得るか?--今井康雄氏の構想を美的教育論のメディア論的組み換えとして読んでみる
近代教育フォーラム 教育思想史学会紀要
学術雑誌

6
1997/10




37 研究ノート:E.カッシーラーの「シンボル形式の哲学」における芸術の位置--「美的認識」論による芸術教育の哲学的根拠の検討
仁愛女子短期大学研究紀要
大学・研究所紀要

26
1995/03




38 研究ノート:現代米国の「美的認識」論による芸術教育の基礎づけについて--成立の背景と基礎理論の素描
仁愛女子短期大学研究紀要
大学・研究所紀要

25
1994/03




39 H.リードの芸術教育思想における深層心理学理論の受容について
京都大学教育学部紀要
大学・研究所紀要

39
1993/03




40 H.リードの芸術教育思想における形而上学的根本理念について--"美的なるもの"の回復としての「芸術による教育」
京都大学教育学部紀要
大学・研究所紀要

38
1992/03