English
 研究院
 自然科学系
 化学領域
教授
中澤   隆
NAKAZAWA Takashi


その他の所属・職名
理学部 化学生命環境学科 化学コース
理学部 化学生命環境学科 環境科学コース
人間文化研究科 博士前期課程 化学専攻
人間文化研究科 博士後期課程 共生自然科学専攻

職歴
岡崎国立共同研究機構生理学研究所・講師(非常勤)  1983/04-1983/12 
奈良女子大学・理学部・助手  1984/01-1989/03 
奈良女子大学・理学部・講師  1989/04-1993/03 
奈良女子大学・理学部・助教授  1993/04-2007/03/31 
奈良教育大学・教育学部・非常勤講師  1997/04-現在 
奈良女子大学・理学部・准教授  2007/04/01-2008/03/31 
奈良女子大学・理学部・教授  2008/04/01-現在 

出身大学院
大阪大学    理学研究科  有機化学  1982  修了  国内   

出身学校
大阪大学  理学部  化学  1977    国内   

取得学位
理学博士  大阪大学   

教員からのメッセージ
My research interests include proteomics related to the development of chemical modification techniques of proteins for facilitating the structural analysis using MALDI-MS. I also devoted to analysis, elucidation, and prediction of protein structure in three dimensions.   

研究分野
生物分子科学 
構造生物化学 
有機化学 
考古学 
分析化学 
文化財科学 
生物物理学 

キーワード
タンパク質科学、プロテオミクス、有機化学、質量分析学、核磁気共鳴法、文化財科学 

研究テーマ
セリンプロテアーゼの化学修飾による基質特異性の改変  セリンプロテアーゼ 化学修飾 分子認識  1988- 
タンパク質のC末端活性化法の開発  タンパク質、C末端、オキサゾロン  1999-2009 
プロテオミクスのための化学的方法の開発  プロテオミクス 質量分析 アミノ酸配列分析  1999- 
コラーゲンモデルペプチドの構造研究  コラーゲン ペプチド タンパク質の構造形成  2000- 
ヒスチジンをミクロ環境プローブとするタンパク質の動的構造解析  ヒスチジン、ミクロ環境、タンパク質の動的構造  2007-  ヒスチジンC2-プロトンのH-D交換反応を質量分析法により追跡し、その速度論的パラメーターからタンパク質中の各ヒスチジン固有のpKa値と交換反応速度定数を求める。
文化財に含まれる膠のコラーゲンのアミノ酸配列解析による動物種の特定法に関する研究  文化財, 膠, コラーゲン, アミノ酸配列解析, 質量分析,プロテオミクス.  2008- 
デヒドロアミノ酸含有ペプチドの合成  デヒドロアミノ酸,ペプチド,非天然アミノ酸   
エネルギー最小化によるペプチド,タンパク質の非経験的立体構造予測  エネルギー最小化,徐冷モンテカルロ法,タンパク質の立体構造予測   

共同・受託研究希望テーマ
タンパク質の化学修飾による機能改変および解析    産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  技術相談,受託研究,共同研究   
タンパク質の化学修飾による機能改変および解析    大学等の研究機関との共同研究を希望     
古代のタンパク質のプロテオミクス(タンパク質考古学)  遺跡からの出土品や文化財に含まれるタンパク質の分析により、素材や原料生物の特定を行う。その結果をもとに、古代の歴史、文化、技術について研究を行う。  産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  技術相談,受託研究,共同研究  代表的な考古学的タンパク質として、膠のコラーゲン、絹のフィブロインとセリシンについて研究しています。 
詳細表示...

共同・受託研究実績
コラーゲンの三本鎖へリックス構造形成機構の研究    -現在  国内共同研究 
第一原理からのタンパク質の立体構造予測    -現在  国際共同研究 
プロテオミクスのための化学的方法の開発    -現在  企業からの受託研究 
詳細表示...

著書
纒向遺跡の絹が語る古代日本の養蚕  2013/09/25  化学  12-16    0451-1964   
生命元素事典  2006/03  オーム社  407-411  矢野重信     
生体成分のFD-Massによる分析  1982/06  講談社  263-273  崎山文夫     
詳細表示...

論文
X-Ray snapshots of a pyridoxal enzyme: a catalytic mechanism involving concerted [1,5]-hydrogen sigmatropy in methionine γ-lyase  Scientific Reports  学術雑誌  共著  7, 1-10  2017/07  Dan Sato, Tomoo Shiba, Tsuyoshi Karaki, Wataru Yamagata, Tomoyoshi Nozaki, Takashi Nakazawa, Shigeharu Harada    doi:10.1038/s41598-017-05032-6   
カイコガの種で見る日本の古代養蚕史 —古代の文献史料から家蚕と天蚕を読み取る  古代学  大学・研究所紀要  単著  9, 1-10  2017/03  中沢 隆  2187-4093    機関リポジトリ 
Mass spectrometry of collagen preserved in archaeological specimens including human bones  Proceedings of the 63rd ASMS Conference on Mass Spectrometry and Allied Topics.  その他  共著  http://asms.inmerge.com/Proceedings/CurrentProceedings.aspx  2015/06  Shunsuke Fukakusa1, Kazuki Kawahara, Mehdi Moini, Takashi Nakazawa       
Characterization of binding media in Egyptian Romano portraits using enzyme-linked immunosorbant assay and mass spectrometry  e-Preservation Science (e-PS)  学術雑誌  共著  11, 76-83  2014/09  Joy Mazurek, Marie Svoboda, Jeffrey Maish, Kazuki Kawahara, Shunsuke Fukakusa, Takashi Nakazawa, Yoko Taniguchi  1854-3928     
Imidazole C-2 hydrogen/deuterium exchange reaction at histidine for probing protein structure and function with MALDI mass spectrometry  Biochemistry  学術雑誌  共著  53/ 11, 1818-1826  2014/03  Naoka Hayashi, Hiroki Kuyama, Chihiro Nakajima, Kazuki Kawahara, Masaru Miyagi, Osamu Nishimura, Hisayuki Matsuo    10.1021/bi401260f   
詳細表示...

研究発表
学会発表  How Collagen Molecules Get Older? - A Strange Life of Collagen -  Workshop 03: Art and Cultural Heritage Mass Spectrometry In 64th ASMS Conference on Mass Spectrometry and Allied Topics  2016/06/07 
学会発表  Mass Spectrometry of Collagen and Casein in the Remains of the 5th to 7th Century Bamiyan Buddhas  64th ASMS Conference on Mass Spectrometry and Allied Topics  2016/06/06 
シンポジウム発表、特別講演、招待講演等  エジプトの膠  シンポジウム:西アジア発掘と関連科学  2015/03/28 
シンポジウム発表、特別講演、招待講演等  骨と皮のコラーゲン  シンポジウム:皮と膠  2014/07/19 
学会発表  Characterization by nano-LC/ESI-MS/MS of highly degraded collagen detected in 4,400-year-old Egyptian wall paintings of the Idout tomb  62nd ASMS Conference on Mass Spectrometry and Allied Topics  2014/06/17 
詳細表示...

知的財産権
特許  タンパク質又はペプチドのC末端修飾法、C末端固定化法、及び解析法  特願2005-307831  2005/10         
特許  Method for derivatizing protein or peptide to sulfonic acid derivative (European Patent)  EP20040024436 20041013  2004/10  EP1561755  2005/08     
特許  Method for derivatizing protein or peptide to sulfonic acid groups  G103073US  2004/10  US20050084927  2005/04  US 7,579,165 B2   
特許  Method for determining amino acid sequence of a peptide (US-Patent)  G103015US  2004/03  US20040180381  2004/09     
特許  Novel metal complex and method for determining amino acid sequence of protein (US Patent)  US20030614324 20030708  2003/07    2004/02  US2004029181   
詳細表示...

担当授業科目
生体機能化学 
化学専門実験2 
有機構造論 
パサージュ7A:錬金術から現代化学の最先端に至る科学史と研究の実例 
環境生物化学 
詳細表示...

所属学会
日本分析化学会 2013/07/01-現在  国内
近畿支部幹事 2013/08/01-現在
日本蛋白質科学会 2012/11/01-現在  国内
日本質量分析学会 2012/01/10-現在  国内
日本文化財科学会 2010-現在  国内
日本生化学会 2010-現在  国内
評議員 2012/04/01-現在
有機合成協会 2004-2010/03/31  国内
幹事(関西支部) 2004/01-2011/12/31
American Society for Mass Spectrometry 2002/02/01-現在  国外
American Chemical Society 2000/12/23-現在  国外
日本化学会 1984-現在  国内
代議員 2011/10/29-2012/10/26