English
 研究院
 自然科学系
 数学領域
教授
柳沢   卓
YANAGISAWA Taku

その他の所属・職名
理学部 数物科学科 数学コース
人間文化研究科 博士前期課程 数学専攻
人間文化研究科 博士後期課程 複合現象科学専攻

職歴
奈良女子大学理学部助手  1986/10-1991/06 
奈良女子大学理学部講師  1991/07-1994/03 
奈良女子大学理学部助教授  1994/04-2003/03 
奈良女子大学大学院人間文化研究科助教授  2003/04-2007/03 
奈良女子大学大学院人間文化研究科准教授  2007/04-2010/11 
奈良女子大学理学部教授  2010/12-現在 

出身大学院
北海道大学大学院  修士  理学研究科  数学  1985/03  修了  国内   
北海道大学  博士  理学研究科    1986/10  中退  国内   

出身学校
北海道大学  理学部  数学  1983/03  卒業  国内   

取得学位
博士(理学)  北海道大学   

研究分野
基礎解析学 
偏微分方程式 

キーワード
非線型偏微分方程式 

研究テーマ
ベクトル場の分解定理とその流体力学への応用  分解定理 流体力学  2003-2010 
Free Boundary Problems in Plasma Dynamics  Free Boundary Problem, MHD, Plasma Dynamics  2016-2018  Brescia大学Paolo Secchi氏との共同研究.
対称双曲系に対する初期値境界値問題  対称双曲系,初期値境界値問題   
圧縮性及び非圧縮性流体に対するEuler方程式系の解の特異性について。  解の特異性,Euler方程式系   
境界層の安定性  境界層,安定性,プラントル方程式   

科学研究費採択
流体及び電磁流体力学に現れる境界値問題の数学的構造の解明  基盤研究(C)一般  2015-2017 
分解定理に基づく流体及び電磁気現象の統一的解析方法の展開  基盤研究(C)一般  2012-2014 
領域の位相的性質に依存する流体及び電磁気現象の数学的構造の解明  基盤研究(C)一般  2009-2011 
特異摂動極限として流体及び電磁気学に現れる双曲系境界値問題  基盤研究(C)一般  2001-2003 
特異摂動極限として流体及び電磁気学に現れる双曲系境界値問題  萌芽研究  1999-2000 
詳細表示...

著書
Advances in Nonlinear Partial Differential Equations and Stochastics (Series on Advances in Mathematics for Applied Sciences Vol.48)  1998/01  World Scientific    S. Kawashima     
詳細表示...

論文
定常MHD方程式に対する境界値問題  数理解析研究所講究録  大学・研究所紀要  単著  1905, 40-52  2014/07         
L^r Helmholtz Decomposition and Its Application to the Navier-Stokes Equations  Lectures on Analysis of Nonlinear Partial Differential Equations: Part 3, Morningside Lectures in Mathematics, International Press  学術雑誌  共著  3, 237-290  2013  Hideo Kozono       
Global compensated compactness theorem for general differential operators of first order  Archive for Rational Mechanics and Analysis  学術雑誌  共著  207/ 3, 879-905  2013  Hideo Kozono    10.1007/s00205-012-0583-7   
Generalized Lax-Milgram theorem in Banach spaces and its application to the elliptic system of boundary value problems  Manuscripta Math.  学術雑誌  共著  141, 637-662  2013  Hideo Kozono    10.1007/s00229-012-0586-6   
Leray's inequality in general multi-connected domains in R^n  Math. Ann.  学術雑誌  共著  354, 137-145  2012  Reinhard Farwig, Hideo Kozono,    10.1007/s00208-011-0716-6   
詳細表示...

研究発表
シンポジウム発表、特別講演、招待講演等  On the existence and stability of stationary solutions of MHD equations under the inhomogeneous boundary conditions  The Navier-Stokes Equations and Related Topics -In Honor of the 60th Birthday of Professor Reinhard Farwig-  2016/03/10 
シンポジウム発表、特別講演、招待講演等  On the stability of stationary solutions to the MHD equations with large boundary data  RIMS Workshop on Mathematical Analysis in Fluid and Gasdynamics  2015/07/09 
講演会、研究集会  The solvability and stability of boundary value problems for stationary MHD equations  第4回弘前非線形方程式研究会  2014/12/06 
シンポジウム発表、特別講演、招待講演等  The boundary value problem for stationary MHD equations  Classical Problems and New Trends in Mathematical Fluid Dynamics on occasion of Professor Konstantin Pileckas' 60th birthday  2014/10/02 
シンポジウム発表、特別講演、招待講演等  The solvability and stability of boundary value problems for stationary MHD equations  ICM 2014 Satellite Conference, Mathematical Theory of Gases and Fluids and Related Applications  2014/08/12 
詳細表示...

担当授業科目
関数方程式 
卒業研究I 
線形代数学Ⅰ(B) 
微分積分学I演習(A)  
現代数学概論 
詳細表示...

教育実績
自然科学考房における企画(算額をめぐるツアー)  2017/02/18-2017/02/18  数学の問題が書かれた奉納絵馬である算額をめぐるツアーを企画.実施した.京都の北野天満宮,八坂神社絵馬堂,御香宮神社絵馬堂を拝観した.事前に,算額に関する説明会を2回実施した. 
自然科学考房 セミナー(クラドニ図形の数理)  2016/10/20-2016/11/11  振動板上の砂が描くクラドニ図形の数理的考察を行うセミナーを3回実施した.強制項付き波動方程式の解のnodeとしてクラドニ図形を捉え得ることを解説した.理論上の結果と実験結果の突き合わせを今後の研究課題として提示した. 
自然科学考房における企画セミナー  2015/04/01-2016/03/31  自然科学考房の企画セミナーとして「ボードゲームの数理」と題したセミナーを3回行った.更に,講演内容の教材化の検討を参加学生と共に行った. 
詳細表示...

社会連携・国際交流活動
「子どもゆめ基金助成活動」としての「数学と理科の体験工房2016」の開催  2016/04/01-2017/03/31  奈良女子大近隣の中学校  実行委員会委員 
「子どもゆめ基金助成活動」としての「数学と理科の体験工房2015」の開催  2015/04/01-2016/03/31  奈良女子大近隣の中学校  実行委員会委員 
詳細表示...

公開講座
奈良女子大学大学院公開講座「数学・物理・情報科学の未解決問題」  奈良女子大学大学院  2014/10-2014/10 
数学の楽しみ2007  理学部数学科  2007/08-2007/08 
「数と形の不思議な旅(第5回)」  奈良女子大学理学部数学教室  2004/08-2004/08 
詳細表示...