English
 研究院
 自然科学系
 環境科学領域
顔写真 教授
高須   夫悟
TAKASU Fugo

1967年生まれ

個人ウェブサイトはこちら

その他の所属・職名
理学部 化学生命環境学科 環境科学コース
人間文化研究科 博士前期課程 情報科学専攻
人間文化研究科 博士後期課程 複合現象科学専攻

職歴
日本学術振興会特別研究員 DC  1994/04-1994/08 
奈良女子大学理学部助手  1994/09-1996/12 
奈良女子大学理学部講師  1997/01-2000/11 
奈良女子大学理学部助教授  2000/11-2006/12/31 
奈良女子大学理学部教授  2007/01/01-現在 

出身大学院
京都大学  博士  理学研究科  生物物理学  1994/08  中退  国内   

出身学校
京都大学  理学部  生物物理学  1990/03  卒業  国内   

取得学位
博士(理学)  京都大学   

研究分野
生物物理学 
数理生物学 
理論生物学 

キーワード
生物集団の構造並びに進化に関する数理的研究 

研究テーマ
空間個体群動態ならびに空間進化動態  連続空間、個体群動態、進化動態、数理モデル  2010- 
鳥類の育児寄生における共進化の理論的研究  托卵,共進化,数理モデル   
動物の分散に関する理論的研究  移動分散,拡散モデル   
進化動態に関する数理的研究  進化、数理モデル   

共同・受託研究実績
Evolutionary games in continuous space    2008-現在  国際共同研究 
Brood parasitism in arctic area  Research grant of Norwegian University of Science and Technology, Dept. Biology, Norway  2005/11-現在  国際共同研究 
Avian brood parasitism  学術振興会二国間協同事業  2005/09-現在  国際共同研究 
Evolution of competition  学術振興会外国人特別研究員(欧米・短期)  2005/03-2005/12  国際共同研究 
Coevolution of avian brood parasites and their hosts  学術振興会二国間協同事業  2003/06-2005/05  国際共同研究 
詳細表示...

科学研究費採択
点パターンの定量化に注目した空間生態学の新たな数理的展開  基盤研究(C)一般  2014-2016 
南半球における托卵性鳥類と宿主の軍拡競争の新展開:温帯ドグマからの脱却  基盤研究(A)海外  2011-2014 
個体の視点に基づく進化ゲーム理論の新たな展開  基盤研究(C)一般  2011-2013 
空間構造と進化動態に関する数理的研究  基盤研究(C)一般  2008-2010 
確率論的進化動態に関する数理的研究  基盤研究(C)一般  2006-2007 
詳細表示...

研究費・寄附金等採択
鳥類育児寄生の共進化に関する総合的研究  寄附金  日本学術振興会 日欧科学協力事業(ハンガリー)・共同研究  2003-2005 
詳細表示...

著書
招かれない虫たちの話 虫がもたらす健康被害と害虫管理, 第11章「感染症流行の数理的研究」執筆  2017/03/20  東海大学出版部      978-4-486-02125-4   
行動生物学辞典  2013/11/22  東京化学同人      9784807908370   
シリーズ現代の生態学・第5巻・行動生態学 第5章執筆  2012/06  共立出版  98- 119    978-4-320-05738-8   
進化 分子・個体・生態系  2009  メディカル・サイエンス・インターナショナ  第20章       
オナガの分布域拡大に伴うカッコウとの新たな関係、「鳥の自然史」第6章  2009  北海道大学出版会  第6章       
詳細表示...

論文
How can distinct egg polymorphism be maintained in the rufescent prinia (Prinia rufescens) - plaintive cuckoo (Cacomantis merulinus) interaction - a modeling approach  Ecology and Evolution  学術雑誌  共著  1-8  2017  Wei Liang, Canchao Yang, and Fugo Takasu    10.1002/ece3.3090   
Ancient origin and maternal inheritance of blue cuckoo eggs  Nature Communications  学術雑誌  共著  7/ 10272  2016  Frode Fossøy, Michael D. Sorenson, Wei Liang, Torbjørn Ekrem, Arne Moksnes, Anders P. Møller, Jarkko Rutila, Eivin Røskaft, Fugo Takasu, Canchao Yang & Bård G. Stokke    10.1038/ncomms10272   
Modeling the cuckoo's brood parasitic behavior in the presence of egg polymorphism  Journal of Ethology  学術雑誌  共著  34, 127-132  2016  Wei Liang, Canchao Yang, Fugo Takasu    10.​1007/​s10164-015-0455-3   
Disappearance of eggs from non-parasitized nests of brood parasite hosts – the evolutionary equilibrium hypothesis revisited  Biological Journal of the Linnean Society  学術雑誌  共著  118, 215-225  2016  B.G. Stokke, E Røskaft, A Moksnes, A.P. Møller, A. Antonov, F. Fossøy, W. Liang, G.Lopez-Iborra, C. Moskat, J.A. Shykoff, M. Soller, J.R. Vikan, C. Yang, and F. Takasu    10.1111/bij.12733   
Spatially explicit model applied to pine wilt disease dispersal based on host plant infestation  Ecological Modelling  学術雑誌  共著    2016/11  Tuyen Van Nguyen, Young-Seuk Park, Chang-Sik Jeoung, Won-Il Choi, Yong-Kuk Kim, Il-Hyo Jung, Nanako Shigesada, Kohkichi Kawasaki, Fugo Takasu, Tae-Soo Chon    10.1016/j.ecolmodel.2016.10.022   
詳細表示...

研究発表
講演会、研究集会  Point pattern dynamics - a challenge to work on spatial population dynamics  VNU NUS Miniworkshop "Selected topics in mathematical modeling"  2016/11/04 
講演会、研究集会  Spatial population dynamics as a point pattern dynamics  Symposium - What is a good model? Evidential statistics, information criterion and model evaluation  2016/01/13 
講演会、研究集会  Spatial population dynamics as a point pattern dynamics  東京大学大学院数理科学研究科・数理生物学セミナー  2015/11/18 
講演会、研究集会  Hidden Markov Model as a tool to study animal behaviors  Seminar at the Institute of Forestry and Environmental Science, Chittagong University, Bangladesh  2015/11/10 
シンポジウム発表、特別講演、招待講演等  Spatial epidemic models as a point pattern dynamics  Symposium "Advances in spatial ecology", JSMB CJK 20015, Doshisha University 26- 29 August 2015.  2015/08/28 
詳細表示...

受賞学術賞
The Akira Okubo Prize  2007/07/31  国外 
Ecological Research 論文賞(2007年度)  2007/03/21  国内 
詳細表示...

担当授業科目
環境科学基礎プログラミング 
環境科学基礎プログラミング演習 
個体群動態の数理 
パサージュ 24A 
生態情報学特論 
詳細表示...

社会連携・国際交流活動
SEAMS School for Mathematical Modeling in Biology にて、ベトナムをはじめとする東南アジア諸国+日本からの大学生を対象に英語による講義を行った。  2017/03/13-2017/03/15     
サクラ・サイエンス 2016 にて海外からの高校生対象に英語による授業を行った  2016/09/02-2016/09/05     
奈良女子大学環境科学国際シンポジウムを本学で開催した。  2016/02/03-2016/02/03  バングラデシュ・チッタゴン大学  シンポジウム企画者 
ジャパン・マレーシア交流プロジェクト2015にて英語による講義を行った。  2015/11/20-2015/11/20     
ベトナム留学生フェア参加、ならびにベトナム理系大学との交流の可能性を探る試み  2015/10/29-2015/11/03     
詳細表示...

所属学会
日本鳥学会 -現在  国内
英文誌編集委員、広報委員 2010/01-現在
日本数理生物学会 -現在  国内
運営委員 2010/01-2011/12
日本生態学会 2002-2003  国内
近畿地区会事務局幹事 2002-2003

公開講座
理学部公開講座2011年度 生き物の数の変動の数理:希少動物の保全への応用    2011/08-2011/08 
詳細表示...