English
 研究院
 自然科学系
 環境科学領域
顔写真 教授
高須   夫悟
TAKASU Fugo

1967年生まれ

個人ウェブサイトはこちら

その他の所属・職名
理学部 化学生命環境学科 環境科学コース
人間文化研究科 博士前期課程 情報科学専攻
人間文化研究科 博士後期課程 複合現象科学専攻

職歴
日本学術振興会特別研究員 DC  1994/04-1994/08 
奈良女子大学理学部助手  1994/09-1996/12 
奈良女子大学理学部講師  1997/01-2000/11 
奈良女子大学理学部助教授  2000/11-2006/12/31 
奈良女子大学理学部教授  2007/01/01-現在 

出身大学院
京都大学  博士  理学研究科  生物物理学  1994/08  中退  国内   

出身学校
京都大学  理学部  生物物理学  1990/03  卒業  国内   

取得学位
博士(理学)  京都大学   

教員からのメッセージ
数理的手法を用いた生物集団の構造ならびに進化に関する研究を行っています   

研究分野
生物物理学 
数理生物学 
理論生物学 

キーワード
生物集団の構造並びに進化に関する数理的研究 

研究テーマ
空間個体群動態ならびに空間進化動態  連続空間、個体群動態、進化動態、数理モデル  2010- 
鳥類の育児寄生における共進化の理論的研究  托卵,共進化,数理モデル   
動物の分散に関する理論的研究  移動分散,拡散モデル   
進化動態に関する数理的研究  進化、数理モデル   

共同・受託研究実績
Evolutionary games in continuous space    2008-現在  国際共同研究 
Brood parasitism in arctic area  Research grant of Norwegian University of Science and Technology, Dept. Biology, Norway  2005/11-現在  国際共同研究 
Avian brood parasitism  学術振興会二国間協同事業  2005/09-現在  国際共同研究 
Evolution of competition  学術振興会外国人特別研究員(欧米・短期)  2005/03-2005/12  国際共同研究 
Coevolution of avian brood parasites and their hosts  学術振興会二国間協同事業  2003/06-2005/05  国際共同研究 
詳細表示...

科学研究費採択
点パターンの定量化に注目した空間生態学の新たな数理的展開  基盤研究(C)一般  2014-2016 
南半球における托卵性鳥類と宿主の軍拡競争の新展開:温帯ドグマからの脱却  基盤研究(A)海外  2011-2014 
個体の視点に基づく進化ゲーム理論の新たな展開  基盤研究(C)一般  2011-2013 
空間構造と進化動態に関する数理的研究  基盤研究(C)一般  2008-2010 
確率論的進化動態に関する数理的研究  基盤研究(C)一般  2006-2007 
詳細表示...

研究費・寄附金等採択
鳥類育児寄生の共進化に関する総合的研究  寄附金  日本学術振興会 日欧科学協力事業(ハンガリー)・共同研究  2003-2005 
詳細表示...

著書
Chapter "Evolution and Maintenance of Egg Rejection by Hosts as Adaptation Against Conspecific Brood Parasites: An Individual-Based Model" in Avian Brood Parasitism, Behaviour, Ecology, Evolution and Coevolution  2018/04/07  Springer International Publishing      978-3-319-73137   
招かれない虫たちの話 虫がもたらす健康被害と害虫管理, 第11章「感染症流行の数理的研究」執筆  2017/03/20  東海大学出版部      978-4-486-02125-4   
行動生物学辞典  2013/11/22  東京化学同人      9784807908370   
シリーズ現代の生態学・第5巻・行動生態学 第5章執筆  2012/06  共立出版  98- 119    978-4-320-05738-8   
進化 分子・個体・生態系  2009  メディカル・サイエンス・インターナショナ  第20章       
詳細表示...

論文
マツ枯れ進展における潜在感染木の役割に関する数理的研究  日本森林学会誌  学術雑誌  単著  3月8日付受理  2018/03         
How can distinct egg polymorphism be maintained in the rufescent prinia (Prinia rufescens) - plaintive cuckoo (Cacomantis merulinus) interaction - a modeling approach  Ecology and Evolution  学術雑誌  共著  1-8  2017  Wei Liang, Canchao Yang, and Fugo Takasu    10.1002/ece3.3090   
Ancient origin and maternal inheritance of blue cuckoo eggs  Nature Communications  学術雑誌  共著  7/ 10272  2016  Frode Fossøy, Michael D. Sorenson, Wei Liang, Torbjørn Ekrem, Arne Moksnes, Anders P. Møller, Jarkko Rutila, Eivin Røskaft, Fugo Takasu, Canchao Yang & Bård G. Stokke    10.1038/ncomms10272   
Modeling the cuckoo's brood parasitic behavior in the presence of egg polymorphism  Journal of Ethology  学術雑誌  共著  34, 127-132  2016  Wei Liang, Canchao Yang, Fugo Takasu    10.​1007/​s10164-015-0455-3   
Disappearance of eggs from non-parasitized nests of brood parasite hosts – the evolutionary equilibrium hypothesis revisited  Biological Journal of the Linnean Society  学術雑誌  共著  118, 215-225  2016  B.G. Stokke, E Røskaft, A Moksnes, A.P. Møller, A. Antonov, F. Fossøy, W. Liang, G.Lopez-Iborra, C. Moskat, J.A. Shykoff, M. Soller, J.R. Vikan, C. Yang, and F. Takasu    10.1111/bij.12733   
詳細表示...

研究発表
学会発表  Spatial metapopulation dynamics as a point pattern dynamics  日本生態学会第65回大会  2018/03/15 
講演会、研究集会  Mathematical and Computational Approaches to Spatial Modeling in Ecology  Seminar at the School of Mathematical Sciences of Soochow University  2017/12/22 
講演会、研究集会  Spatial population dynamics of biological phenomena  Seminar at the School of Mathematics and Statistics of Wuhan University  2017/12/19 
講演会、研究集会  Meta-population dynamics as a stochastic point pattern  Seminar at National Institute of Ecology of Korea  2017/09/22 
シンポジウム発表、特別講演、招待講演等  Modeling the spatial spread spread of the pine wilt disease - how does vector beetle dispersal affect disease expansion?  ISEM 2017 Global Conference, Jeju, Korea  2017/09/19 
詳細表示...

受賞学術賞
The Akira Okubo Prize  2007/07/31  国外 
Ecological Research 論文賞(2007年度)  2007/03/21  国内 
詳細表示...

担当授業科目
プログラミング言語1 
プログラミング演習1 
大域情報学 
環境科学基礎プログラミング 
環境科学基礎プログラミング演習 
詳細表示...

社会連携・国際交流活動
国際会議 ISEM 2017 Global Conferenceの Pre conference courseとして2日間空間個体群動態に関する数理モデリングの講義を英語で行った。  2017/09/16-2017/09/17    Lecturer 
JSTさくらサイエンスプラン 2017  2017/08/01-2018/08/10  バングラデシュ・チッタゴン大学  10名の大学院+教員1名を招へいし、数理モデリングに関する講義・演習を実施した。 
SEAMS School for Mathematical Modeling in Biology にて、ベトナムをはじめとする東南アジア諸国+日本からの大学生を対象に英語による講義を行った。  2017/03/13-2017/03/15     
サクラ・サイエンス 2016 にて海外からの高校生対象に英語による授業を行った  2016/09/02-2016/09/05     
奈良女子大学環境科学国際シンポジウムを本学で開催した。  2016/02/03-2016/02/03  バングラデシュ・チッタゴン大学  シンポジウム企画者 
詳細表示...

所属学会
日本鳥学会 -現在  国内
英文誌編集委員、広報委員 2010/01-現在
日本数理生物学会 -現在  国内
運営委員 2010/01-2011/12
日本生態学会 2002-2003  国内
近畿地区会事務局幹事 2002-2003

公開講座
理学部公開講座2011年度 生き物の数の変動の数理:希少動物の保全への応用    2011/08-2011/08 
詳細表示...