English
 研究院
 自然科学系
 生物科学領域
教授
保   智己
TAMOTSU Satoshi

1956年生まれ

兼務職
動物実験施設長 
共生科学研究センター長 

その他の所属・職名
理学部 化学生命環境学科 生物科学コース
理学部 化学生命環境学科 環境科学コース
人間文化研究科 博士前期課程 生物科学専攻
人間文化研究科 博士後期課程 共生自然科学専攻
共生科学研究センター

出身大学院
浜松医科大学    医学研究科  生理学専攻  1986    国内   

出身学校
岡山大学  理学部  生物  1979    国内   

取得学位
医学博士  浜松医科大学   

研究分野
動物生理・行動 
その他(可視化技術の開発) 

キーワード
松果体、眼、網膜、光受容、眼外光受容器官、神経内分泌、室傍器官、X線顕微鏡、バイオイメージング 

研究テーマ
松果体における神経性情報と液性情報の作用とその作用機構の解明  松果体,光受容細胞,視物質,メラトニン   
光環境と光受容器官の多様性  深海、熱帯、温帯、松果体、網膜   
脊椎動物における「第4の眼」室傍器官の機能及び神経機構の解明  室傍器官、脳深部光受容器官、脳脊髄液接触ニューロン   
X線顕微鏡の生命科学分野への応用  X線顕微鏡、イメージング   
下等脊椎動物松果体におけるメラトニン合成分泌機構の解明  松果体,光感覚器官,神経内分泌細胞,メラトニン   
亜鉛イオン検出プローブの生物学分野への応用技術の開発  バイオイメージング、亜鉛イオン   

共同・受託研究実績
深海性魚類の光受容器官の組織学的及び生理学的研究    2005-現在  国内共同研究 
軟X線顕微鏡による細胞内器官の可視化  軟X線顕微鏡による生きている細胞の生理現象の観察  2005/04-現在  国内共同研究 
生体内亜鉛イオンセンサーの開発    2005/04-現在  学内共同研究 
3D-可視化ソフト、DeltaViewer、の生物学分野への応用    2008/04-2009/03  学内共同研究 
マウス精巣ライディッヒ細胞の顕微分光測光  共同研究  2014/04-2015/03  国内共同研究 
詳細表示...

著書
ヤツメウナギ 日本生理生化学会(編)「研究者が教える動物飼育 第3巻」  2012  共立出版  51-54       
「第3の眼」松果体 日本生理生化学会(編)「動物の多様な生き方1:見える光、見えない光-動物と光のかかわり」  2009  共立出版  134-153       
Effects of 17 b-estradiol and p-nonylphenol on the gonads and papillary process formation in the medaka.   2001  In: Recent Advances in Comparative Endocrinology, (ed. by John Y-L. Yu), Academia Sinica  402-411頁       
詳細表示...

論文
Replacement of quinolines with isoquinolines affords target metal ion switching from Zn2+ to Cd2+ in the fluorescent sensor TQLN (N,N,N’,N’-tetrakis(2-quinolylmethyl)- 2,6-bis(aminomethyl)pyridine)  Dalton Trans  学術雑誌  共著  46, 632-637  2017  Yuji Mikata, Ayaka Takekoshi, Minori Kaneda, Hideo Konno, Keiko Yasuda, Masato Aoyama and Satoshi Tamotsu       
Diversification of non-visual photopigment parapinopsin in spectral sensitivity for diverse pineal functions.  BMC Biol.  学術雑誌  共著  13/ 1, 73  2015  Koyanagi M, Wada S, Kawano-Yamashita E, Hara Y, Kuraku S, Kosaka S, Kawakami K, Tamotsu S, Tsukamoto H, Shichida Y, Terakita A.       
Soft picosecond X-ray laser nanomodification of gold and aluminum surfaces  Applied Physics B  学術雑誌  共著  116/ 4, 1005-1016  2014  S. V. Starikov • A. Ya. Faenov • T. A. Pikuz • I. Yu. Skobelev • V. E. Fortov • S. Tamotsu • M. Ishino • M. Tanaka • N. Hasegawa • M. Nishikino • T. Kaihori • T. Imazono • M. Kando • T. Kawachi       
Isoquinoline-derivatized tris(2-pyridylmethyl)amines as fluorescent zinc sensors with strict Zn²⁺/Cd²⁺ selectivity.  Dalton Trans.  学術雑誌  共著  43/ 28, 10751-10759  2014  Mikata Y, Kawata K, Takeuchi S, Nakanishi K, Konno H, Itami S, Yasuda K, Tamotsu S, Burdette SC.       
Bis(2-quinolylmethyl)ethylenediaminediacetic acids (BQENDAs), TQEN-EDTA hybrid molecules as fluorescent zinc sensors.  Dalton Trans.  学術雑誌  共著  43/ 26, 10013-10022  2014  Mikata Y, Takeuchi S, Konno H, Iwatsuki S, Akaji S, Hamagami I, Aoyama M, Yasuda K, Tamotsu S, Burdette SC.       
詳細表示...

研究発表
学会発表  The characteristics of phototactic behavior in larval aquatic insects  the 87th meeting of zoological society of Japan  2016/11/17 
学会発表  The characteristics of phototaxis and involvement of compound ocelli in the starfish, Asterias amurensis  the 87the meeting of zoological society of Japan  2016/11/17 
学会発表  Comparative investigation of molecular basis of pineal wavelength discrimination in lower vertebrates  the 22nd international congress of zoology  2016/11/17 
学会発表  Neural profections and putative interaction between olfaction and taste inputs in the suboesophageal ganglion in the blowfly, Phormia regina  the 22nd International congress of zoology  2016/11/17 
学会発表  Floral scents and their dietary experience regulate feeding preference formation of a nectar-feeding insect  the 22nd International congress of zoology  2016/11/17 
詳細表示...

受賞学術賞
高柳研究奨励賞  1991  国内 
詳細表示...

担当授業科目
生物学特論Ⅰ 
動物形態学 
環境生物学実習 
詳細表示...

社会連携・国際交流活動
東吉野村野外体験実習  2014/09/27-2014/09/28     
コスモの森づくり  2011-2013     
詳細表示...

所属学会
日本生理学会 1982-現在  国内
日本比較生理生化学会 1981-現在  国内
日本動物学会 1978-現在  国内