English
 研究院
 自然科学系
 化学領域
教授
三方   裕司
MIKATA Yuji

その他の所属・職名
理学部 化学生命環境学科 化学コース
理学部 化学生命環境学科 環境科学コース
人間文化研究科 博士前期課程 化学専攻
人間文化研究科 博士後期課程 共生自然科学専攻
共生科学研究センター

職歴
日本学術振興会特別研究員-DC  1992/04-1993/03 
日本学術振興会特別研究員-PD  1993/04-1993/05 
奈良女子大学理学部助手  1993/06-2001/03 
日本学術振興会海外特別研究員(マサチューセッツ工科大学博士研究員)  1999/09-2001/08 
奈良女子大学共生科学研究センター助教授  2001/04-2012/03 
奈良女子大学研究院自然科学系准教授  2012/04-2015/03 
奈良女子大学研究院自然科学系教授  2015/04-現在 

出身大学院
京都大学    理学研究科  化学  1993  修了  国内   

出身学校
神戸大学  理学部  化学  1988    国内   

取得学位
博士(理学)  京都大学   

研究分野
有機化学 
無機化学 

研究テーマ
生体機能の解明を目指した蛍光センサーの開発  蛍光,亜鉛,カドミウム,水銀,ピロリン酸   
金属含有酵素の活性中心のモデル化と触媒反応メカニズムの解明  酵素モデル,補酵素モデル   
糖含有金属錯体を用いた細胞機能の制御および構造化学  糖,金属錯体,光線力学的療法,不斉酸素   

著書
“Metal-Carbohydrate Interactions/Complexes,” in “Encyclopedia of Inorganic and Bioinorganic Chemistry”  2017/06  Wiley    Yuji Mikata     
Metal complexes of carbohydrate-targeted ligands in medicinal inorganic chemistry  2014  Wiley  145-173  Michael Gottschaldt     
詳細表示...

論文
Substituent effects on the crystal structures of salts prepared from (R)-2-methoxy-2-(1-naphthyl)propanoic acid and (R)-1-arylethylamines  Crystals  学術雑誌  共著  7/ 9, 263  2017/08  A. Ichikawa, H. Ono and Y. Mikata       
TQOPEN (N,N,N’,N’-Tetrakis(2-quinolylmethyl)-3-oxa-1,5-pentanediamine) Family as Heptadentate Fluorescent Cd2+ Sensors  Inorg. Chem.  学術雑誌  共著  56/ 13, 7404-7415  2017/06  Y. Mikata, A. Kizu, K. Nozaki, H. Konno, H. Ono, S. Mizutani, and S. Sato    10.1021/acs.inorgchem.7b00560   
Synthesis and Structural Characterization of Diazulenylborinic Acid  Heterocylces  学術雑誌  共著  94/ 4, 676-690  2017/03  T. Murafuji, K. Shintaku, K. Nagao, Y. Mikata, K. Ishiguro, and S. Kamijo       
The Crystal Structure of the More-soluble Mosher’s Salt  Chem. Lett.  学術雑誌  共著  46/ 4, 550-553  2017/03  A. Ichikawa, H. Ono, and Y. Mikata       
Replacement of quinolines with isoquinolines affords target metal ion switching from Zn2+ to Cd2+ in the fluorescent sensor TQLN (N,N,N’,N’-tetrakis(2-quinolylmethyl)-2,6-bis(aminomethyl)pyridine)  Dalton Trans.  学術雑誌  共著  46/ 3, 632-637  2017/02  Y. Mikata, A. Takekoshi, M. Kaneda, H. Konno, K. Yasuda, M. Aoyama and S. Tamotsu       
詳細表示...

研究発表
学会発表  キレート配位子BAPTAを基本骨格とするテトラキスキノリン誘導体のカドミウム特異的蛍光応答  日本化学会第98春季年会  2018/03/22 
学会発表  Synthesis and Reactivity of Cobalt Complexes with Isoquinoline-Based Ligands Derived from TPA  The Chemical Society of Japan 98th Annual Spring Congress  2018/03/21 
学会発表  キノリン類縁体を含む配位子を用いたマンガン二核錯体の合成とその特性  日本化学会第98春季年会  2018/03/20 
学会発表  Structure of Zinc Alkoxide Complexes in Asymmetric Autocatalysis of Pyrimidyl Alkanol  67th JSCC Conference  2017/09/17 
学会発表  イソキノリン部位を有するTPA誘導体を用いたオキソ架橋を含む鉄二核錯体の構造と反応  第67回錯体化学会討論会  2017/09/16 
詳細表示...

知的財産権
特許  金属イオン蛍光プローブ      特開2014-136675  2014/07/28     
特許  脱顆粒反応及びサイトカイン産生を抑制する活性を有する化合物及びその用途  2009-152600  2009/06/26  2011-6364  2011/01/13     
詳細表示...

受賞学術賞
先端錯体工学研究会賞  2010/10/15  国内 
詳細表示...

担当授業科目
有機化学通論Ⅰ 
化学専門実験2 
基礎有機化学通論Ⅰ 
有機化学通論Ⅰ 
化学専門実験2 
詳細表示...

所属学会
有機合成化学協会 -現在  国内
アメリカ化学会 -現在  国外
日本化学会 -現在  国内
錯体化学会 2012/04/01-現在  国内
Society of Bioinorganic Chemistry (SBIC) 2009/01/01-現在  国外
近畿化学協会 2005/01/01-現在  国内